_DSC3532.jpg

おいらがヤフオクで落札した茶碗なんだが、里帰り品で、1837年頃から長崎を通じて輸出された品物です。出品者は「和歌が書いてある」というんだが、読めないのでネットゲリラで募集したら、読める人がいた。流石です。

三味線の てふし(調子)をかへて 幾度(いくたび)も
     誨(おしえ)を引き出す 酒呑のくせ

くどくどと能書きを垂れたがる酒飲みっていますよねw
そんな人を皮肉ってるのか、と。

こりゃ、和歌じゃないなw 狂歌といいますw 酔っ払って説教始めるオヤジがいるもんだが、ほっとくとそのうちまた、再開するw 何度でもエンドレスw そんな光景を描いていますw オランダかイギリスあたりに輸出されたんだろうが、それ以来、かれこれ百有余年、この文字は誰にも読まれないままに、歳月を重ねて来たのだ。

_DSC3538.jpg

この時代、それまで陶磁器の輸出大国だった中国・清は、社会の混乱、皇帝の権力の低下で、官窯の生産力を壊滅的に失っていた。官窯というのは、皇帝お抱えの窯です。輸出用の高級磁器は官窯でないと作れない。欧州で好評だったのが卵殻手と呼ばれる極薄の磁器で、景徳鎮で作られていた。景徳鎮は明・清時代を通じて官窯として手厚く保護された窯です。

景徳鎮を語るうえで、重要なのが清朝のピーク時世界中で最も技術レベルが高かった景徳鎮は、おそらくできないものがないレベルだったため、皇帝のスペシャルオーダ以外に、海外からのオーダでこれも全く味わいの違う焼き物を焼いていました。
有名なのはタイ王朝むけの、ベンジャロン。現在はタイ国内で作られているタイ王室向けの焼き物ですがこれは清朝期の景徳鎮に絵付け師を派遣して焼成したいたといわれます。これは、当然中国国内にはほとんど残っておらずタイのナショナルミュージアムに膨大なコレクションがあります。
その他、マレーシアあたりの華僑向けのスペシャルな焼き物や、日本向けの祥端などスペシャルオーダーは景徳鎮のもう一つの顔です。

もちろん、欧州向けにもヨーロッパ人好みのデザインの磁器を大量に輸出していたんだが、1839年阿片戦争。そんな混乱の中で、景徳鎮からの品物が手に入らなくなり、その代替えとして日本に目が向けられる。日本でも官窯というのはあり、まだ明治維新の混乱を迎えてなかったので、優れた製品が作れた。ただし、初期にこの卵殻手を作れたのは平戸焼きだけです。極薄の生地を作るには、針尾島の網代陶石が必要、というか、それでないと作れなかったのだ。なので、輸出磁器のごく初期の物は、平戸の三川内焼きです。生地だけ平戸製で、それを有田に持って行って絵付けしたりもしていたらしい。その後、他の産地でも技術が向上し、またロクロ挽きでなく型で作る方法が使われ、有田や瀬戸でも作られるようになる。

蓄電しとけばいいだけ

| コメント(20)
太陽光発電で大騒ぎ、というんだが、とうとう九州電力ではピーク時、太陽光発電が81パーセントまで占めたそうで、四国電力では100パーセント超えて、余った分で揚水蓄電だそうでw これね、色々と問題があるんだが、最大の問題は、電力会社が家庭用の蓄電池を使わせない事。太陽光発電している各家庭に蓄電池が設置されていれば、いくらでも時間差で電力を供給できる。ところが、家庭用蓄電池はほとんど普及してない。政府と電力会社が物凄く抵抗しているからだ。

異例の猛暑で電力需要が拡大する中、大手電力会社の各エリアで夕方以降に需給バランスが不安定になる事態が起きている。
普及が進んだ太陽光発電の出力が急減するためで、今夏は特に熱帯夜続きで夜間でも冷房需要が増えている。九州電力管内では7月、供給力に占める需要の割合(電力使用率)が午後7時台に「厳しい」とされる95%に達したケースもあった。
国は将来的に太陽光など再生可能エネルギーを主力電源にする方針だが、いかに安定供給を維持するかが課題になりそうだ。

太陽光発電家庭に蓄電池が入ったら、そもそも「電力会社と契約する必要がない」という事態になってしまう。必要な電力の全てを自宅の屋根で賄ってしまったら、電力会社が潰れてしまうわw

そんな事より、豆州楽市特選の「たくあん」と「梅干し」です。たくあんは熱海の七尾です。明治時代から特産として知られ、同じ製法でずっと作られてます。秘伝の三年漬けで、深い味わいです。梅干しもまた、三年漬け。こちらは江戸時代から小田原の特産品として知られています。


<(株)友和組合> 元祖七尾たくあん三年漬 3本入り 2500円
三年漬けの味わい深いたくあんです。熱海の高級旅館で明治以来、磨き抜かれた逸品です。ミシュランで星の付いた和食店でも使ってます。でも、三越では買えません。


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 17-23粒袋入 送料・税込み1150円 
江戸時代から愛された小田原の梅干しです。塩だけで漬けた本物です。蜂蜜・砂糖などは加えておりません。

豆州楽市がお届けします。

工作員大喜利大会

| コメント(14)


政府が広告代理店使って工作したら、それを見透かされてネタにされてしまった、という話なんだが、

自分磨きの一種としてオリンピックボランティアに応募、定型文を使ったtwitter大喜利を楽しんでいる方々もたくさん。こちらの意気込みの方にこそ本物のボランティア精神を感じるのです...。【ネット工作?】東京五輪のボランティア応募する人続出も、ツイートが定型文

元ネタは上の画像のヤツなんだが、石原さとみの画像を無断でアイコンにして、しかし、文面が同じのがズラズラとたくさん出てくるというのは手抜きだなw

 3500円(税・送料込み)
<カネサ鰹節商店 「田子節花かつお」10pcセット>

本枯れ節は、何度も何度もカビ付けをして、それを磨いています。手間と時間のかかる作業ですが、その手間によって、鰹節内部の水分が完全に除去され、香り高い日本一の鰹節になります。本枯れ節は全国の鰹節生産量のわすが1パーセントとも言われる貴重品。その本枯れ節を、仕上がってすぐに削り、新鮮パック致しました。

豆州楽市がお届けします。

そばつゆ再入荷!

| コメント(10)


お待たせしました! 品切れになっていたそばつゆ、出来ました。豆州楽市のそばつゆは、醤油は丸大豆、味醂は三河本みりん、鰹節は田子の本枯節、宗田節も希少な本枯節と、入手困難な最上級の素材で作られています。市販されてない素材も多いので、同じモノを個人で作るのは難しいと思う。

thuyu.jpg

豆州楽市そばつゆの詳細な成分表です。本来、部外秘なんだが、あえて公開します。材料さえ揃えれば家庭でも同じように作れます。作り方は、ネットゲリラで以前、何度も紹介してます。自分で探して下さいw ただし、「厚削りの本枯節」とか、なかなか入手は難しいかも知れない。食品添加物としてカラメル色素というのが出ているんだが、コレは中双糖に含まれている物です。カラメルは砂糖を煮詰めて作る物なので、化学薬品の類いではありません。密閉包装してあるので、常温で12ヶ月の賞味期限となっております。

そばつゆ3.jpg 750円(税・送料込み)
<豆州楽市オリジナルそばつゆ 60ml×10袋 使いきり10人前>

超高級食材だけで作った、至上の蕎麦ツユです。田子のカネサ製の本枯節、網代のカツオ節問屋、丸藤さんちの本枯れ宗田節、ヤマサの特選丸大豆醤油、三河本味醂、そしてザラメです。いずれも、現在入手可能なベストの食材を使いました。市販の蕎麦ツユで、これだけ贅沢をしたモノはないと思う。もりそば、ざるそば専用として、そのまま使う原液タイプです。一人前60ccずつパックになってます。

全部仮病

| コメント(24)
アベシンゾーの「病気」って、全部仮病だから。子供の頃から、都合が悪くなると仮病で大騒ぎする。股関節炎の設定を忘れて、一週間したらゴルフしてるもんw 嘘をついて人を騙す事をちっとも悪いと思ってない。こいつの爺いが吐いた嘘で、満蒙開拓団がどれだけの悲劇を生んだか。処女がロシア兵に犯され、殺され、赤ん坊は捨てられた。先祖代々、嘘のカタマリ。日本人を苦しめるために存在する家系です。

忙しい合間にイチゴ味のかき氷を食べながら、柔らかな表情を見せる安倍首相の写真に対し、中国のネットユーザーは「店を封鎖したり、規制を掛けたりしていない。日本はどうしてこんな風にできるのだろう」「少なくとも彼の統治してる国では、偽ワクチンの問題など発覚しない」「政治的な問題はさておき、安倍首相は国のリーダーという点では合格だと思う」などといった感想が寄せられた。
一方、「大国の指導者らしくない」「宣伝みたいで気分が悪い」「あれ、前に胃腸の調子が悪くて辞めなかったっけ?」などいった批判ややゆも見られたが、「わが国の指導者だって屋台で市民と朝食を食べるパフォーマンスをしてたじゃないか。どうして日本がやると冷笑や批判の対象になるのか。われわれには大国としての気風が足りないのではないか」とたしなめるユーザーもいる。
また、「面白いのは、他の客が首相に構わず思い思いに食べたり、おしゃべりしたりしているところ」との指摘も。「首相の背後の席にいる3人のおばちゃんたちはボディガードなのかもしれない」とのコメントも複数見られた。

アベシンゾーが嘘で糊塗して作り上げた「王国」と、現実の日本との落差がかつてないほど広がって、もはや収集がつかない。遠からずカタストロフィが訪れるだろう。東京五輪より早いかも知れない。

そんな事より国産烏龍茶なんだが、台湾の凍頂ウーロン茶といえば、製法が門外不出でいまだに中国本土では作れないんだが、日本だったら真似して、同じような製品が作れますw 花いろ烏龍茶は、香り高いお茶、そして黒烏龍茶は安くてよく出る常用のお茶です。

K
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上ティーバッグ 2g×20 1080円(税・送料込み)
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上リーフ 50g 1080円(税・送料込み

なんでお茶だけで添加物もないのに、こんなに花の香りがするの? と不思議に思う人が多いんだが、この製法で作るお茶はそれが特徴です。水色も鮮やかな金色で、さっぱりした爽やかな飲みくちです。ただ、日本茶ではないので、ちょっと淹れ方が違う。基本的に烏龍茶は熱湯で淹れます。お湯を冷まして入れる日本茶と違います。値段は高いですが、少量の茶葉で、何度でも淹れられます。

1300円(税・送料込み)
<ヤマセン 黒烏龍 5g×38個 38リットル分>

常用として飲みやすく、値段も安い、静岡産の黒烏龍のティーバッグです。一個で1リットル、煮出せば38リットル分になります。ポットで淹れる場合でも、19リットル分です。ボディがシッカリした美味しい烏龍茶です。癖がなく、和洋中華、どんな料理にも合います。豆州楽市オリジナルのパッケージ商品です。

豆州楽市がお届けします。

ぬまっき議員

| コメント(9)
沼津の市議が翁長さんの事を「中国の支援を受けている」と発言して炎上、というんだが、この人、さすがぬまっきの沼津で、頭の悪さは天下一品、なんせ卒業した大学がもう消えたというFランク私大、twiterやFacebookで色々と発信しているんだが、ほとんどが「ラブライブ」絡みという、実に沼津ですw 

静岡県沼津市の小澤隆市議(32)=無所属=が9日付の自身の短文投稿サイト「ツイッター」に、8日に死去した沖縄県知事の翁長雄志さんについて「前回の知事選挙においても中国の支援を受けていることが確定だったといわれている」との投稿をしていたことが16日、分かった。
発言の根拠について小澤市議は本紙取材に「どのメディアで誰が発信したのかは思い出せていませんし確認も出来ない」とメールで回答。さらに「申すまでもなく、私が一次情報を持っているわけではありませんから、沖縄県内で取材なさったほうが真実に近づけるのではないでしょうか」とした。

結局、参議院議員であるホラ吹き青山のホラを真に受けたようだが、アベシンゾー一味はこうして自ら嘘を発信し、身内で嘘を転がして雪だるまのように太らせる。末端の信者は、都合の良い情報しか見ないので、聖教新聞しか読まない創価学会員と同じw

980円(税・送料込み)
<食べる緑茶・ヤマセン80g>

上級煎茶を、時間をかけてゆっくりと粉末にしました。熱い湯を注いでかき混ぜてお飲み下さい。水だしの時は、水に溶いて15分ほどしてから飲むと味がしっかりと出て来ます。まろやかで風味が良く、お茶の栄養を丸ごと補給できます。お茶として飲んで頂いてももちろん美味しいですが、緑茶塩やごま塩に混ぜて使うと彩りにもなり、おすすめです。また、人気の緑茶の焼酎割りや、ミルクに溶いても美味しく頂けます。
豆州楽市がお届けします。

18081704.jpg

五輪ボランティアが集まらないというので、政府が広告代理店にカネ渡していつものネット工作を始めたそうで、画像はその証拠です。どちらも写真は女優・石原さとみの画像を流用してますね。ちなみにバレたので業者はアカウント消して逃亡w

総務省が発表した国内インターネットのダウンロード通信量(5月時点、推計値)は、前年同月比29・7%増の毎秒約12・5テラ・ビット(テラは1兆)だった。
通信量が大きい動画の視聴が増えているためとみられ、2012年以降では3~5割前後の高い伸びが続いている。

ネットの流量が増えて大変、というんだが、ほとんどが動画だろう。エロ動画はどうせ10分か20分しか見ないので、たいしたトラフィックの原因にはなってない。問題はアマゾンプライムみたいな映画をダラダラ見てるヤツ。映画は長い。

友和組合の「元祖七尾たくあん」ハーフパックです。通常、お得意様にのみ格安提供している規格外品。サイズや重量を整えた際に発生する端物をパッキングした物です。格安品設定ですが地元料亭やホテルで、お客様に格安販売、或いはおみやげ提供されている物で、当然味に変わりはございません。格安ながら本来のたくあんをお試し下さい。ハーフパックは、価格的にはMサイズ(約250g)より更にお得なパッケージです。親しい方やご近所様へのご挨拶等にも最適です。コチラもイレギュラー商品なので、在庫切れが長期にわたる事もあるとは思いますが、出来次第出品します。

_DSC2467_300.jpg 税・送料込み 750円
<友和組合 元祖七尾たくあん三年漬け 200g×2>

サイズを揃えるのにカットした端切れを集めたアウトレット品です。味は同じ。滅多に出ないので、出たら買っておきましょうw 売り切れゴメン!

今年のウインドブロウは無料だ!

| コメント(2)

wb18-main.jpg

PC苦手、とか、スマホが苦手、とか、そういう話なんだが、日本では学校でコンピューター教育をしなかった時代が長いので、得意な人は得意、ダメな人はダメという、その落差が大きいね。世代の差ではない。学校がそんなだったので、仕事の現場でも、コンピューターが不得手なまま偉くなっちゃった管理職が多く、管理職なので部下に任せっきり。それでも通用したのだ。

スマホなどの普及により、インターネットは現代人にとってより身近なモノとなってきた。
それに伴い、個人のみならず企業側も広告・PRの場をネットやSNSに移すなど、時代に合わせて変化や対応を余儀なくされている。
そんな中、浮き彫りとなったのが、ネットリテラシーの低い「情弱おっさん問題」。
「知り合いの地元の飲食店店長がSNSをやり始めて客足が増えたとの情報を上司が聞きつけたんです。
そこで、個人が顧客対象のうちでもSNSをやろう! と当初はやる気にみなぎっているようでした」
 とはいえ、SNSでつぶやく以前の段階で情弱上司はつまづいてしまったのだとか。
「SNSの登録方法がわからないと言い出したんです。何がわからないのか聞くと、メールアドレスに認証メッセージが来ないと

確認すると、上司のキャリアのメールアドレスを登録していたので、『メールを確認してください』と言ったら、 そもそも『スマホでのメールの見方がわからない』ですよ。

コンピューターの教育をしないんだから、スマホの教育なんてするわけがない。そもそもこうした一般向けのIT技術というのは、「教えなくても直感的に操作できる」というのが売りなんだが、世の中には「教えられた通りにしか動けない」人というのも多いのだ。特に日本人にはw

 1100円(税・送料込み)
<豆州楽市 薪炒り番茶ティーバッグ 3g x10pc ×3> 

自然食品業界では三年番茶と呼ばれ、定番のお茶です。10年以上も放置され、農薬も肥料もナシで自然に還った自然栽培茶。茶の樹の旨味が存分に味わえます。苦味がなく、優しい味ですが、ミネラルが濃く、ボディが強くてしっかりしています。

リーフもあります!<豆州楽市・薪炒り番茶リーフ100g×3>3200円

読めない・・・

| コメント(24)
_DSC3522.jpg

平戸焼きの逸品なんだが、これ、日本の陶磁器の歴史に残るという代物でありまして、なんせ江戸時代です。まだ開国してない時代に、長崎からの要請で、ヨーロッパ輸出用として作られた。デンマークのエミール・ハノーバーという人は博物館長を勤めたんだが、著書「日本陶磁器考」の中で、「1750年から1830年の間の日本磁器の中では白色に光り輝く最高の製品」と褒め称えている。

_DSC3527.jpg

和歌らしきモノが書いてあるんだが、くずし字なので読めない。誰か読んで下さい。

平戸カップの歴史は1804年に今村鉄槌太郎がオランダ人より長崎の商人を通じて珈琲器具の注文を領主に上申して製造が始まり、1837年に池田安二郎が純白で卵殻のように軽い磁器を製作し主に海外に輸出され、その薄さ、軽さで高い評価を得た技術です。一般的に卵殻手(エッグシェル)と申しましても本作品は後年の伏焼式(型押)ではなく轆轤引きで製作されたものとなり、職人の非常に高い技術が要るため明治30年以降大戦等の影響で造られなくなった歴史がございます。

平戸焼きはそれ以前から欧州に輸出されていて好評だったんだが、中国の混乱で清からの輸出が止まり、その代替えとして日本に注文が来るわけです。コーヒーカップやティーカップを作れ、という要請で、こうした作品が作られる。ちなみにこのカップには取手がありません。卵殻手の代表的な作品だが、これは皿までもが極薄で、手が込んだものです。卵殻手というのは中国の景徳鎮が得意としていた技術で、

その名が示す通り、光を通すほど薄く、網代陶石のみを使用・手作りで成型・起こし焼きで焼成したものでなければならない。 「箸より軽い茶碗を」という藩命で、相神浦(相浦)出自の池田安次郎が完成させた。輸出先のヨーロッパでも「エッグシェル」と呼ばれ人気を博す。第二次大戦後、製作が途絶えていたが、平成18年に平戸藤祥窯が復元。皇室に献上され、著名人にも贈られた。

この平戸焼きが出発点となって、日本の磁器輸出は始まった。ちなみに平戸焼きの祖は、秀吉が朝鮮から連れ帰った陶工です。在日陶工が中国の得意技である卵殻手をコピーして、オランダ人に売りつけていたw この当時の日本は、決して先進国ではないw
前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山