姑娘の最近の記事

山野菜王

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】一目瞭然、タラの芽です。中国雲南でも「山野菜王」と呼ばれるらしい。炒めたり、茹でたり、みじん切りして卵とじにしたり、四季折々の食材に恵まれた土地、雲南です。大王は出し殻の豚骨もらって大喜びw

花まみれ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【李子柒 Liziqi】このところ更新が遅れがちなんなだが、農村動画の女王といったらやっぱりこの人で、今回はまた花まみれで四川の春です。日本では桜が散ってからGWあたりまでが花と新緑に染まる季節なんだが、大陸は季節が早いらしい。海に近いところは海水温度が巨大な緩衝として働くので、暖まるにも冷めるにも時間がかかる。Ami号の船長は、「海の気候は2ヶ月遅れだ」と言っていた。その点、内陸部はダイレクトに気候が変動する。山桜や芍薬、八重桜、みんな一斉に咲き誇っている。春を迎えて羊の毛を刈って、花を使ったご馳走を色々と作る。というわけで、3月3日は女の子の祭りです。お弁当持ってピクニック。花を彩りに使った女の子の祭りらしいお弁当です。

滴水滩瀑布

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【贵州李俊】贵州 滴水滩瀑布というんだが、交通の便が悪く、少なくとも1時間は歩かなけりゃならないし、観光地として開発されてるわけでもない。貴州省とか雲南省というのはそういうところです。雨季ではないので水量は少ないようで、アヒルがのんびりと行き来してます。

Dishuitan滝に行くのは簡単ではありません、そしてHuangguoshu滝から行きたい車両を見つけるのは簡単ではありません。シャトルバスで観嶺方面に行けば、Dishuitan Waterfallへの分岐道路に行くことができます。道路の真ん中に古い青い交通標識があり、交差点の西の斜め上に、峡谷を横切る壮大なバリン川橋がありました。この道は滝に通じています。滝に到達する前に、峡谷で約3.5キロハイキングする必要があります。あるいは、黄国舟の滝で約100元で車をチャーターすることもできます。

いつも書いているんだが、中国は未だ開発されてないフロンティアを自分の領土にかかえている。

露出度の高い衣装で

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Inori】以前、水着で踊っていた娘です。今回もまた露出度の高い衣装でサンビス、サンビスw 顔に自信がないのかメイクが異常に濃いし、踊りも素人でヘタクソだし、ま、衣装が良いのでこれでヨシとしようw

猫仙人降臨

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【椭奇】猫仙人降臨、というんだが、猫耳っぽい衣装で踊ります。まぁ、この娘も中国らしい幼形成熟で、おいらの好みなんだが、6年くらい前からやっているので、20代なのは間違いない。20代後半という可能性も高い。安達祐実みたいなもんだ。また、この手の幼形成熟オンナというのは自分のセールスポイントを知っていて、ピカチューの格好して踊ったり、女子高生風の制服で踊ったりして、意図的にやっている雰囲気もあるね。

Inori

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Inori】なんというか、なんともシンプルな歌で、シンプルなダンス、撮り方にも何の工夫もなく、踊りはフラフラして下手だし、でも、何とも細くて魅力的な身体をビキニの水着で、もう全部許しちゃうw

レシピを固める

| コメント(0)
DSC02466.jpg

コーヒークッキー、試作を繰り返してます。右が新作。前回とほぼ同じだが、今回は卵黄が入って、いっそうホロホロサクサクした食感が出てます。

薄力粉 100g
無塩バター 50g
粉糖 35g
卵黄 一個分
乳の粉 6g
粗挽きコーヒー 10g
濃く淹れたコーヒー液 20ml

団子を作って、上から板で押して潰す。上からグラニュー糖を振り掛け、スプーンでまん中に多めに乗せる。上記の分量で15、6個というのが適量だろう。

中国の風の乙女

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【黨妹】上海の3億円とかのマンションに住まう、自分大好きコスプレ娘です。以前にもイタリアの映像をアップしていたので、その折のものだろう。例によってアイドルのイメージビデオみたいなのが延々と続きます。

中国の風の乙女は、美しいアルプスのビーズを目の当たりにするためにヴェネツィアを通過します。

こういう動画を何本か撮るために、お付きの女中とかカメラマンとかスタッフを引き連れて渡欧するんだから豪勢なもんだ。それも芸能プロダクションとかそういうの関係なしで。中国のインデペンデント・アイドルはスケールが違うw

咖纳

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【咖纳】この衣装は好きだな。ちょうちんブルマみたいなミニスカートと黒のハイソックス。顔も美人だし、色気はあるけど生臭さはない。全盛期の森高千里みたいな女の子が、中国にはたくさんいて、見ていて飽きない。

琵琶行

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】琵琶行というのはこの手の踊り手さんが非常に好むところで、演る人は多いんだが、微小微さんも練習w ところが団地の中庭みたいなところなので、子供が邪魔をするw あっちでは割と子供は放任で、自由みたいですね。さすがに近代的な団地なので、尻割れズボンは見当たらないようですw

最近太っちゃって

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】笑顔が素敵で、身体つきもオトナで迫力がある小仙若さん、この動画では、「最近太っちゃって・・ダイエットしなきゃ」なんて言ってます。確かにいつもよりムチムチしてて色っぽいぞw 

茶飯

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】中国南部の産地ではお茶の時期です。日本より一ヶ月以上早い。支那鍋で炒って、袋に詰めて揉んで製茶。これは中国の伝統的な緑茶製造法です。釜炒り茶。日本では蒸し茶だが、薪炒り番茶KKの緑茶は釜炒り茶です。お茶が出来たら、南京豆と炒めて茶飯を作る。茶飯というと日本でもあるんだが、作り方はずいぶん違う。

ゲリラ撮影

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】この動画はショッピングモールのBGMに合わせて踊ったそうで、音は後付けです。本当にゲリラ撮影なんだねw

先日妹の誕生日があり、新しくオープンしたばかりのモールに食事に行ったのですが、この動画のシーンがありました[ニヤリ]、実は何に合わせて踊っていたのかわからないんですよね! はぁ?

この人の動画では必ず、見ている人の中にも踊る人が出てくるw 中国人は踊るのが好きなんですねw

カネをかければカネが稼げる

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】日本のYoutuberや「踊ってみた」がなんでこうもショボいのかと考えるに、「カネにならないから」というのが大きいと思う。Youtuberがいくら儲けたという話はいくらでもあるんだが、アレは色んな意味で、「宣伝」であって、どうも信じがたいねw それは、動画制作にカネをかけてないので見れば判る。で、この娘の動画も何度か紹介してるんだが、こんなシンプルな動画でも衣装を12着も用意して、スタジオ借りて撮っているわけで、毎回、それなりにカネをかけて気合いの入ったところを見せてくれる。これでカネを稼げるんですね。中国の動画サイトでは投げ銭システムもあるし、コスプレイベントに呼ばれれば謝礼も貰えるだろう。カネをかければカネが稼げるから、好循環が進む。日本はインターネットのトレンドから取り残されてます。意外にも中国はその最先端を行っているのかも知れない。

世界一高い橋

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【貴州李俊】雲南省玄尾と貴州省水城の合流点に位置している。雲南省と貴州省にまたがり、全長1341.4メートル、橋の甲板から谷底までの垂直高さ565メートルである。世界一高い橋となっている。という事で、中国の辺境にも成長の足音がヒタヒタとやって来た、という事か。アメリカと違って中国はまだこうしたフロンティアを抱えている。そこにはASIANLIFEで紹介して来たような、素朴な生活を送る人たちがいて、そこは中国なのでちゃんと教育を受けて、標準語も読み書きできるし、まだ破壊されてない自然がある。

キャベツ料理各種

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp nhà quê】キャベツ料理各種、というので予想した通りで、ロールキャベツなんだが、また独特の作り方をしてます。まずはキャベツ丸ごと、芯を抜いて、そこに餡を入れて蒸す。あるいは小さいロールキャベツを作って串刺しにして揚げる。キャベツ千切りのスープも作る。いずれも日本ではあまりお目にかかれない調理法で面白い。同じようでもちょっと違う。違うようでもやっぱり同じ。

菜の花ご飯

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】日本でも定番の菜の花なんだが、温室で栽培されるので冬の野菜としてスーパーでも花形なんだが、豚の脂身と炒めて、それを炊きたてのご飯に混ぜて菜花飯です。中国のコメの炊き方は湯どり法です。

 中世までは、ご飯を炊くのは「湯取り法」というやりかただった。湯取り法は、多めに水を張った鍋に米を入れ、沸騰後に余分な煮汁を捨てる炊き方だ。つまり、炊き干しのように最後に蒸さずに、ご飯を「煮る」方法だ。

日本以外ではどこでもこの炊き方で、日本でも昔はそうだった。この炊き方だとあまり粘りが出ないので炒飯には最適だ。

メイキング映像

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【黃明志Namewee】以前紹介した高雄観光曲のMVなんだが、そのメイキング映像です。アイデアも映像もシンプルで、さほどカネもかからないけど、こういうビデオを撮るには現場の苦労は並大抵ではない。計算し尽くして映像を作るというのではなく、その場のアドリブ性をどれだけ取り込めるか、現場仕事は楽しそうだなw

面白枠

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】この人、顔が不細工なわけでもなし、踊りもちゃんと本格的に踊れる人なんだが、何を考えているのか、突然、街ナカで踊りだすという奇病に取り憑かれて、まぁ、何も考えてないんだろうw こういうまん中が吹き抜けになったショッピングモールというのはあちらでは大きな街だったらどこにでもある。消防法の関係か、日本ではあまり見掛けないが。こういう面白枠というのは、美人でちゃんと踊れる人がやらないと悲惨な結果になるのでコレはコレでいいんだろう。

鍋振りの基本、玉子チャーハン

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【馋小漆】調理師の修行中の女の子です。今日は中華の鍋振りの基本、玉子チャーハンです。いつもながらに鷹揚で穏やかなオヤジさんが見守ってます。田舎はのどかだねw

タケノコ団子

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】日本じゃ採らないような成長しすぎのタケノコなんだが、中国人に食えない物はない。茹でたタケノコを割いて叩いてなるほど、こうすれば固いタケノコも食えるのかw タケノコでミンチ肉とニラを包んでタケノコ団子。しっかりしたタケノコでないと作れないね。タニシをタケノコとともに煮て豚肉もタケノコと煮て、今日はタケノコのフルコースだw タケノコ団子は焼いて仕上げてます。

どこでもキス

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【紫颜】この人は踊ってみた系もやるけど、基本的には中国舞踊系の踊り手さんで、この曲のタイトルは「どこでもキス」だそうだが、清楚なお色気があって良いですね。貧乳だけど。おいらの個人的な好みで言うなら、中国娘は貧乳が似合うような気がする。

振り袖娘が踊ります

| コメント(14)

過去のAsian Life はこちら↑



【咬人猫/ririchiyo】桜をバックに振り袖娘が踊りますw 鹿もいるので奈良だな。振り袖でこういう踊りをやる人というのは初めて見たw 衣装を何度も換えているので、外人相手のレンタル衣装だろうか。白人や黒人と違って中国人の和服はまったく違和感がないw ちなみに彼女は四川人です。

エンドウ豆の炊き込みご飯

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】エンドウ豆の季節で、日本でもエンドウ豆の炊き込みご飯とか作ったりするんだが、ここでは干し肉をサイコロに切ったものと米粉と合わせて黒砂糖水で味付けして蒸す。完成した映像がないんだが、一種の餅みたいな炊き込みご飯になるんだが、ずいぶん甘いので、食事だかオヤツだかワカランw BGMは黒人霊歌じゃないかと思うんだが、聞き覚えはあるんだが、タイトルが出て来ない。あっ、やっと思い出した。スイングロースイートチャリオットだ。

怪しげな四輪車

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【小代的乡村生活】なにやら怪しげな四輪車なんだが、中国の田舎ではこういうのが流行っているらしい。通販で買って、自分で組み立てたりするらしい。エンジンはバイクのエンジンの流用、チェンドライブです。田舎の人は器用というより、必要に迫られて何でも自分でやる人なので、組み立てくらいは楽勝w

ゴーカートは基本的に完了し、村の周りのスピンのためにあなたの妻と子供たちを取る、あなたの周りをエスコートするためにいくつかの犬は喜びです。

犬が放し飼いでいっぱいいます。防犯だろうね。この家はバイクは前からあったけど、四輪は初めてのようで、奥さん子供と犬が大喜びw

清明団子

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】清明菜とか魚腥草とか出てくるんだが、清明菜というのはどうやら日本で言うところの春の七草のゴギョウらしい。魚腥草はドクダミです。清明菜は茹でて潰して米粉と混ぜて練って蒸して餅にする。清明団子。魚腥草は酸菜という漬物と調味料で和える。初春の食卓です。

自然発酵

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【夏媽廚房】肉まんというと、イーストかベーキングパウダーか、なんだが、これは伝統的なお作法で、どちらも使わない自然発酵のやり方です、しかも餡が入ってないしw 肉まんじゃねーよ。饅頭だ。

昔ながらの自家製の老麺パンは、小麦粉、水、砂糖、アルカリ性の材料が必要です。

200gの小麦粉に200g40℃の水で溶いて、密閉する。一日置くと自然発酵するので、300gの小麦粉を足し、酵母の餌となる砂糖を加え、あとはいつものように揉んでまとめて団子を作る。それにしてもこんなに簡単に自然発酵の饅頭が出来るものなのか。

乾したほうが味が良くなる

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】中国ではよく食材を一度乾燥させてから戻して使ったりするんだが、日本人はナマコを生で食べるが、中華料理では乾しナマコを戻して使う。遠くから食材を運ぶ都合とかあるんだが、さて、タケノコです。まだ埋もれているタケノコを上手に探し当て、皮を剥いて四つ割りにして蒸す。それを更にスライスして15mmくらいにして乾す。「乾したほうが味が良くなる」と言います。日本ではタケノコを乾すというのは聞かないね。アバラ肉と戻したタケノコ、ニンジンを使ってスープ。これは美味しそうです。

恋するフォーチュンクッキー

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】なんか日本語の曲だなぁとボンヤリ聞いていたんだが、サビでやっと、「恋するフォーチュンクッキー」だと気がついた。おいらがいかにアイドル事情に疎いか、といったところだが、中国人は日本人以上に熱心にこういうのを取り入れている。でも、集団でお遊戯しか出来ない日本人と比べて、中国娘たちは一人で衣装も考え、何をどうやるかも考える。日本のアイドルは振付け覚えただけのマリオネットだ。

ネットアイドル

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】相変わらず可愛い猫餅さん、中国舞踏もレッスン重ねているようで、なかなか優雅です。それにしてもこういう「ネットアイドル」というのは何なんだろう。中国独特で、基本的には芸能プロの所属ではなく、活動も誰かの依頼でやってるわけじゃない、自分で自分のやりたい事をやっている。インデペンデントなアーティストです。歌を歌ってみたりもするのでダンサーでもないし、まぁ、いわばインディーズのアイドル。日本でそういうと薄汚れた地下アイドルの臭そうな娘になっちゃうんだが、彼女にはそういう「臭そう」なところは何もないね。

丁香、酸李子、滇橄榄

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】クローブ、酸っぱい梅、ディアンオリーブというんだが、丁香というのはクローブなんだが、ここのはクローブではないような気がする。半乾きにして酸っぱい梅、というのもこの地方独特の物だろう。ジャムにしてますね。滇橄榄というのは「ユカン」と呼ぶらしい。余甘子です。

果実はインドで古くから食用・薬用に利用されている。繊維質で酸味とタンニンによる渋味があり、そのままあるいは料理の材料として食用にされるが、南インドでは特に漬物とすることが多い。ビタミンCを豊富に含む[3]。 アーユルヴェーダにて使用されるハーブの一つ。
また、ユカンの根やタイワンニンジンボク(Vitex negundo)の根の抽出物はラッセルクサリヘビやタイコブラ(Naja kaouthia)の毒を著しく中和するという研究も存在する[5]。
日本では果実の抽出物を配合したヘアケア製品やフェイスジェル、石鹸などが販売されている[6]。

これは叩いて割れ目をつけて砂糖漬けにしてます。雲南というのは植生の豊かなところで、四季折々、色んな果実が採れます。

パパイヤのサラダ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】パパイヤのサラダというと、タイのソムタムというのがあって、昔、パハンンやポクポクという歌が流行ったな。ポクポクというのは鉢で突いて柔らかくするからで、ここのヤツは突かないのでシャキッとしたままです。パパイヤ畑、土地が黒いです。河が運んできた泥が堆積した土だね。東南アジアは酸化鉄の赤い火山灰土が多いんだが、コレは肥沃で、いい野菜が採れそうだ。遊んでいる子供を呼んでサラダをいっしょに食べたら、凧を作って飛ばします。

ココナツライス

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】ひよこ豆と米をココナツジュースで炊いてフクロタケを炒めて、これもココナツジュースで炒め煮。ココナツの白い果肉はそのまま食べてます。山でひとり子供食堂やってた娘だが、最近は実家に戻っているらしい。

折耳根

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】貴州省もすっかり春ですね。何かせっせと掘ってるんだが、折耳根というので、ドクダミの一種だそうです。このドクダミの根っこを料理に使うのが、貴州省では定番らしい。味は「パクチーより好みが分かれる」というので、かなりのシロモノのようだ。

折耳根。
と現地では書く定番の食材で、ドクダミの根っこのこと。
葉っぱをハーブとして使うのはベトナムなどでもおなじみですが、貴州省では根っこを使う。
これがかなり独特の香り。
土というか、なんというか。
一筋縄ではいかない香りです。笑
見た目通り食感はポリポリ、ボキボキ。

この根っこを揚げた豆腐と炒めて一品、、葉っぱも乗せて、香辛料と熱した油をかけたり、葉っぱだけを炒めたり、貴州省独特のもののようです。

桃の花を食べる

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】桃の花を食べる、という企画なんだが、「また花を食べる時期になったら桃の花は外せない」というんだが、翻訳ソフトをDeepLってヤツに換えたら非常に快適で、ドイツの会社だそうだが、中国語、英語ともに優秀な出来です。

ここは交通の便が悪い。どこもかしこも山がある。でも植物の楽園です。この桃の花の香りを見つけました。桃の花や野菜を作る原料となる

さて、桃の花が満開です。中国では花と言えば桃。その桃の花を食べようというんだが、花びらを潰してその色を活かして、小麦粉と豚脂で練って、花餅を作ってます。卵黄で中心部を黄色くして、黒胡麻を振ってシベを作り、蒸し焼きすると、サクサクした伸びない餅ができる。毎年作っているようです。

ザリガニ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【馋小漆】田舎の娘で、ガサツなんだが性格は良さげw 調理人になるべく、調理学校で勉強中。今日はナニ、沼を這いまわっているのかと思ったら、採りです。こういう娘だと、丈夫でよく働いて、子供とか毎年産みそうだねw 調理の最中に隣で見守っているのはこの娘の親父さんか? それにしてもいかにも中国人らしい、けたたましい娘ですw

フラッシュモブ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】フラッシュモブです。バックダンサーがフリもたどたどしい素人なのはいいんだが、最初から待機しているのが見え見えで、ネタ割れしているぞw まぁ、みんな楽しそうなのでいいかw それにしても中国人というのは踊るのが好きだ。ああ見えて、意外に童心あふれるところがあるんだろうw

英雄たちの帰宅

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Beautiful Music and Culture 2】3787人の英雄たち、という話題なんだが、武漢を救えと駆け付けた医療スタッフが長い戦いを終えて帰路についた。中国共産党は軍医だけでも2000人を送り込んだからね。これが第一弾で、引き続き、残りのスタッフも引き揚げるのだろう。武漢の軍人スポーツ大会で帝国主義国家アメリカが撒いたウイルスとの戦いに勝って、意気揚々w 張子の虎アメリカは、逆上陸したコロナ禍に四苦八苦w もう「新型インフルエンザ」なんて言葉では騙せませんねw

ヒラメっぽい

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【樰婴】何度か紹介した伝統中国舞踏の踊り手さんなんだが、これはまた徹底的にイメージビデオ寄りで、もはや舞踏ではないw 樰婴さん、踊りは上手なんだが、顔がちょっと平面的で、ヒラメっぽいw このビデオは上手に作られていて、美人に見えますw

コスプレイベント

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】コスプレイベントに参加者した欣小萌さん、楽屋の様子です。なかなか遊び心のある娘で、利発、という言葉が似合いそうw この娘は肉まん食ってもカワイイし、表情が豊かですね。

バレンタインキッス

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】 どっかで聞いた歌だと思ったら、「バレンタインキッス」だ。この娘は幼形成熟のロリータ加減と色気が絶妙のバランスで、そういう意味では猫餅さんと同じ路線で、少なくともおニャン子クラブの100倍くらい良いぞw

巨大カリンバ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑

【 April Yang】巨大カリンバです。120キーだと言うんだが、豊かな共鳴音でまぁ、こういうのはヒーリング用の楽器ですね。これだけキーが多く、自在に演奏できると、ピアノ並みの表現力があるかというと、逆に音が濁って難しかったりするw

韓国のようです

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【LUV-busking】韓国人らしいんだが、割と素朴な顔した娘っ子が路上で踊ります。美人でもないし、あまり上手ではないけど、巨乳です。整形かも知れないが。どっちでもいいや、どうせ触らしてくれるわけでもなし。背後にパク森というカレー屋の看板と、三昧食堂という看板が見えるんだが、どちらも韓国で流行っているチェーン店らしい。あと、わけわかんない男性のパフォーマーがウロウロしてるんだが、実に目障りだ。せっかくの巨乳の印象が薄れるので、自重を願いたいw

武漢支援

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】この警察官の奥さんは武漢支援で54日間も行っていたそうで、やっと帰宅したというので、抱きしめようとしてたしなめられる、という映像です。

甘肅は初回湖北の医療チームを援助して蘭州に戻ります。蘭州市公安局交通警官支隊の東の崗大隊は5の中隊指導員の趙氷の妻の伍厳駿は人民病院のICUの看護師長を省いて、二人はもう54日を分けます。妻を見て、趙氷はちょうど強く前に出て抱擁したいと思って、かえって側の作業員に止まることを叫ばれます。彼は忙しく足どりを停止させて、妻と側の同僚たちは深く礼を敬って、妻はお辞儀をして応答します。

少しずつだが、中国にも日常が戻りつつある。あれだけの混乱を、中国共産党指導部はよく収めたもんだ。次はニューヨークで医療崩壊するそうで、シューキンペーは自慢の仮設病院かついで支援に駆けつけてやれw

高雄観光の歌

| コメント(3)


過去のAsian Life はこちら↑



【黃明志Namewee】才人の新作は高雄観光の歌です。高雄市から依頼されたのかね? トラックの荷台に部屋の中みたいなセットを組んで、それで見せたい場所を走り回るというアイデア勝負で、実はあまりカネはかかってなかったりするw AVのシースルー号かよ。あるいは寺山修司の映画「田園に死す」のラストシーンを思い出すな。ネタバレになるのでどういう場面か解説はしないがw 

内臓系

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】牛の内臓系をひととおり買って来て、ダイナミックに料理してます。肺の血抜きが面白い。水を送り込んで爪楊枝でつついて開けた穴から肺を洗浄した水を抜いている。内臓使ったうどん作って食べてます。この娘、メガネをかけて大都市上海でグルメレポートもやってますw そっちは毎日のように更新しているんだが、農村動画は週一本がやっとのようだ。

伢伢

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【伢伢】この娘に限らないんだが、この手の動画をアップしている娘って、踊ってみた系のダンスと中国舞踏のどっちも演る娘が多くて、どういう事なんだろう、と戸惑うんだが、まぁ、踊ってみた系のダンススクールというのはないんだろうから、普通にダンススクールのある中国舞踏を習ったりしているのかも知れない。この娘の踊りは、中国舞踏にしては動きがバタバタしていて優雅さがないんだが、まぁ、若すぎるのだろう。

紅衛兵、欧州で踊る

| コメント(11)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】どこか欧州の街角で紅衛兵ルックで踊ってますw 文化大革命の時代には考えられなかった快挙だw 中国というのは政治的にはシタタカな国で、文化大革命は「終わった」けど、否定されたわけではない。ラストでお尻を隠すんだが、ズボンが破れてパンツが見えていたのか?

叉焼包

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【我是马小坏】メガネのインテリっぽい若妻なんだが、肉まん作りです。肉はザックリ粗切りして、あっちの紫色の小さな玉葱を炒め、味付けは「叉焼醤」というので、まぁ、醤油と砂糖ですね。それにオイスターソース、醤油、蜂蜜。コレを合わせて煮込む。40分というからかなり徹底的に煮込んでます。片栗粉で固めて、これを餡にする。肉がメインの、叉焼包です。この餡は温まると流動化するので、底をしっかり厚く作っておかないと底が溶けて抜けてしまう。肉まんの皮は均一ではいけない。

藍染めの後編

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【李子柒 Liziqi】藍染めの後編です。前編はこちら。リーズーチーさんは確かに美人だが、なんと言っても動画を作るまでの仕込みが凄い。四川省にも桜の季節が訪れたようです。

藍染め

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【李子柒 Liziqi】ひと月ほど更新がなくて心配したんだが、リーズーチーさんの新作は藍染めです。上下編の二部になっていて、これは上。なんせズーチーさんだから、種を蒔いて藍を育てるところからです。今は山岳少数民族でも既製品の化学藍を使うので、タイでも本物の藍染めはなかなか手に入らない。次の下編で色々と染めるんだが、素晴らしい本物の藍染めの色です。天然藍の場合、濃くするには何度も何度も染めなきゃならない。ズーチーさんの場合、料理だけでなく、伝統的な手工の技に対する敬愛の念があって、目先のカネカネカネに振りまわされる現代人に対する警鐘となっています。

名瀑布

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【貴州李俊】鉄道橋の下に素晴らしい名瀑布があるんだが、特に観光地として開発されているわけでもないので、貴州省にはまだまだ観光開発の余地がありそうです。中国でも貧しい地域として有名なんだが、貴州省とか雲南省とか、自然はまだまだ残っていて、素晴らしい。中国だったら、外国人観光客なんか呼ばなくても、国内観光だけで十分。
20031101.jpg

ピールというと、柑橘類の皮の砂糖漬けなんだが、オレンジピールとかレモンピールが知られているんだが、これは伊豆特産、ニューサマーオレンジのピールです。柑橘類の皮なら何でもいいわけではなくて、合う、合わないがある。この界隈で採れる柑橘類を試作しまくって、レモンとともに合格点だったのが、コレ。ニューサマーオレンジというのは夏柑の種類で、爽やかな味なんだが、ピールも癖のないナチュラルな味です。ニューサマーオレンジの果皮と、ビート糖だけで作りました。保存料、着色料、香料などは使っておりません。ひと袋30g入りが6袋での販売となります。

DSC02419_300.jpg 税・送料込み 2200円
<ニューサマーオレンジのピール 30g×6袋>

保存料・着色料・香料不使用の皮の砂糖漬けです。コーヒーブレイクに、ティータイムのお伴に、自然な甘みと爽やかな香りに癒やされます。手作りでコツコツ作ってます。大量生産が出来ないので、あまり流通してないんだが、置いてある土産物屋では評判の良い人気商品です。

冬のタケノコ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【乡野丫头】みんなでタケノコ掘り。30分で15kgの収穫です。冬のタケノコだから小さいけど、味はいいんだよ、というんだが、よくこんなところで、地中に隠れたタケノコを探せるもんだ。人間の食欲というのは限りがないw タケノコには時期があるんだが、植生が豊富な山では、竹の種類も多いので、入れ代わり立ち代わり、一年中は大袈裟だが、かなりの長期間、タケノコは採れる。

野生のトマト

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】なんか河原に生えている野生のトマト!を採ってます。まだ青いんだがw みんな狙っているので、赤くなるまで待てないのか? もっとも東南アジアでは未熟の果実を調理する事も多いので、これでいいのかも知れない。ナマズは大胆にぶつ切り、肉もぶつ切りにして青トマトと炒め、ナマズは赤っぽいトマトともにスープにします。

なんともアナーキー

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】スーパーマーケットに母親と行ったら、母親が、「アンタは面の皮が厚いから、ここでも踊れるんじゃない?とそそのかしたので、踊ってみました、というような意味か? 機械翻訳ではそんな感じです。背後では子供が自転車で走り、手前をフォークリフトが走り、なんともアナーキーです。

ササゲの豚肉炒め

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】やたら長い、30cmくらいあるインゲンみたいなの、「ササゲ」と呼ぶんだがインゲンとは原産地も違い、まったく別の野菜です。でも、味は同じだけどw さて、綺麗なお母さんが幼い息子に料理を教えながら、ササゲの塩漬けを作り、それで炒めものを作ってます。豚肉は叩いて挽き肉に、ササゲは細切りに、中国ではオトコもオンナも同じように料理するので、料理はオンナの仕事という概念はないそうです。

武漢にも遅い春が

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



(武汉FC日记)今日は初めて、武漢でも新規感染者ゼロ、という事で、やっと武漢にも遅い春がやって来ました。武漢に閉じ込められていた動画製作者が、やっと実家に行くことが出来ました、という動画なんだが、田舎では既に春の農作業が始まっている。菜の花を摘んで、厳しい戦いの後の平穏を味わっているようです。

インデペンデントアイドル

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】こういう踊り手さんというのは、アクセス集めるだけでもカネになるし、ファンからの投げ銭というのもある。YouTubeで見るのは中国の動画サイトから転載された物であって、そっちは計算外なんですね。本人ではなく、有志が、中国のダンスを見てもらいたくてYouTubeに転載しまくっているw まぁ、中抜きなしで直接稼げるので、日本のアイドルより稼げるだろう。だから仕込みにカネも使う。この動画も何度も衣装を替え、費用かかってますね。その上で、美人でなければ、踊りも上手でなければ見てくれない。幼稚園のお遊戯みたいにみんなでチーパッパやってりゃいいというもんじゃない。インデペンデントアイドル。まぁ、いまさら日本が追いつける水準ではない。

乾しワラビ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】ワラビを採ってきて乾してますね。それを戻して、干し豚肉と炒める。あるいは醤油味で和える。中華料理では「干してから戻して使う」というのは基本で、その方がアミノ酸がーとか、そういう理屈もあるらしい。「新鮮、採れたて」だから良い、というのは日本人の一面的な価値観でしかない。

酸苞苞

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】久々なんだが、「家族の事情」でしばらく動画アップが停まっていたらしい。で、酸苞苞というんだが、調べてもワカラナイ。日本で言うところのタラの芽的な山菜か。茹でて辛いタレをかけて食べます。揚げて天麩羅。豆鼓で炒めたり、煮たり、この時期、この地域でしか食べられないご馳走だ。

薔薇の接ぎ木

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】メイメイさん、今日は植物のお手入れです。東洋ランは本場だね。西洋ランのように派手ではないが、シンプルで清楚な花が咲く。薔薇の接ぎ木もしているようだ。栽培されている薔薇はほとんどが接ぎ木されたもので、病気に強い台木を使わないとうまく育たない。薔薇を接ぎ木するくらいだから、園芸でもかなりの上級者です。

いつも可愛い晓丹さんです

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】いつも可愛い女の子なんだが、今回もヒラヒラのミニで下着がチラチラして素晴らしいです。今回も人の多い公園で撮ってますね。日本の公園はどこも管理が厳しくて、コスプレで踊ったりできない。修善寺の虹の郷くらいか? コスプレ歓迎なのはw

鍋振り

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【馋小漆】この娘は料理が好きで、前から動画をあげてるんだが、最近は街の料理学校に行ってるらしい。これは実家で、中華の基本、「支那鍋振り」のトレーニングです。よく料理漫画に出てくるアレですw 塩を入れて振ってます。砂を使う場合もあるらしい。横で見ている爺さん、名人なのかと思ったら、からっきしw この娘はなんか雑で荒っぽくて、たおやかさみたいなものが皆無なんだが、よく見ると美人だし、性格も良さそうだw

過去のAsian Life はこちら↑



【吾佟】割とシッカリ踊れる人で、ゴビ砂漠です。背後にラクダの行列が通っている。踊り手さんに人気のあるシチュエーションです。中国というのは自分の国の中に異邦を抱えていて、漢人の中国人にとっては、こういうのがエスニックなんだろう。日本人にとってのアイヌや沖縄と同じように。キリッとした顔立ちで、なかなか良い雰囲気を出している。貧乳だけどw ブラ紐が透明ビニールなんだが、おっぱいが大きけりゃブラ紐なくても落ちないが、この貧乳では落ちてしまうw というか、踊りの上手い中国娘はたいてい貧乳だねw

鴨鍋

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】刈り残した稲穂を集めて鴨にやってます。小舟のオバチャンから買った芋を剥いて、庭先の鴨を絞めて、ぶつ切りにして発酵豆腐で炒め煮。農作業の終わったタンボで鴨鍋つつくシアワセの日。農家の庭先でウロウロしている鶏や鴨というのは、アレはペットではない。歩く食料ですw

咬人猫

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【咬人猫】この娘の動画は前にも紹介した事あったな。可愛い娘です。スリッパで踊っている割には脚が長いので、スタイルの良さは正味ですね。イベントでファンに囲まれて。中国では、こういう娘がヘタなアイドルタレントより人気がある。しかしオタクの醸し出す雰囲気というのは、中国も日本も同じだw

白菜

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】この人の動画はいつも特有の色なんだが、北野ブルーみたいなもんで、撮っているカメラマンの「こだわり」なんだろう。撮影時に色温度で操作してもいいし、編集時にもアレンジできる。フィルム時代には考えられなかったテクニックw さて、今回のお題は白菜。紅麹でインスタント漬物を作り、茹でた葉でキューリとニンジンの細切りを巻いて白菜巻き。豚肉と合わせて白菜鍋と、日本とあまり変わらない感じです。鍋は豆板醤味だが。

風流

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】これは「踊ってみた」系の素人ではなく、ちゃんと中国舞踏を踊れる人のようです。撮影場所がいいね。日本の山はどこも杉ばかりで、こうした開けた場所はない。霧がかかって遠くが霞んで、風流です。日本ではあまり日舞を戸外で踊らないですね。伊豆長岡に行って芸者遊びをすると、旅館の庭で踊ってくれたりするがw

焼き唐辛子

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】インゲンかと思ったら青唐辛子だ。ピータンを糸で切って、タレをかけて、焼き唐辛子を付け合わせにしていただきます。

桃の花

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】日本では花といえば桜なんだが、中国ではそれが「桃」となる。湖のほとりで桃の花びらを摘むオバチャン。空き瓶に詰めて、そこに焼酎を注ぐ。氷砂糖も入れて、そして、川魚料理。炒め煮にした魚にも桃の花びら散らして、味はともかく見てくれはいかにも春らしい。

クネクネと柔らかではかなげで

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】20代後半です。元博物館勤務、今はインターネットのVlogで稼いでいて、踊りはその活動の一部、というのが猫餅さんのプロフィールなんだが、身長158cm体重39kgというのは、日本のアイドルがサバを読んで自称する数字みたいなんだが、こっちは本当だろう。ずいぶん細いもの。これ以上痩せたら病人だ。ところでいにしえの昔から、中国で理想とされるオンナはこういうのだと思われる。中国の古い美人画とか春画とか見ていると、こういう身体付きのオンナばかり出てくる。窈窕という言葉があるんだが、「美しく上品で奥ゆかしい」だそうで、羊腸ではない。羊腸の小径は苔なめらか♪って、そりゃ箱根山だ。どっちもあまり使わない言葉だなw クネクネと柔らかではかなげで、こういう体力のなさそうなオンナは、医療の遅れていた昔だったらちょっとした病いであっけなく死んでいたのだろう。そういうのを美人薄命と言う。今は医療が発達したので、元気いっぱいw

農村動画のスポンサー

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



染云Ranyun】この娘については3つのシリーズ動画でちょっと解説したんだが、現在3つのシリーズを同時にやっていて、上海のグルメレポートもやってますw 化粧して眼鏡かけてw グルメレポートは毎日のようにアップしているんだが、週イチで農村動画もアップしているので、どちらもスポンサーの付いた仕事なんだと思う。あっちの娘というのは、使える娘は徹底的に使えるが、ダメなヤツは何をやらせてもダメw 今回はゼンマイ料理です。毎週1日はこの田舎で撮影しているんだろう。残りの日は都会で化粧してグルメレポートw

アナトー

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】ベトナムは有名なカシューナッツの産地で、タイトルのベトナム語をグーグル翻訳にかけてみたら「カシューナッツの油が」とかあるので、カシューナッツかと思ったら、どうも見てくれが違う。調べてみたら、「アナトー」という「ベニノキの種子から抽出される色素」だそうで、食品添加物や化粧用色素として使われるらしい。

アナトー (annatto) は、ベニノキの種子から抽出される色素。油脂、溶剤、水またはアルカリ水溶液により抽出され、黄色~赤色の食品用(食品添加物)または化粧品用(口紅など)色素として用いられる。

この種子から色素を採った油を使って、豆腐のケーキを作ってます。あと、いちじくらしい果実もサラダにして、ヴィーガンにして充実した食事です。なお、いつもと撮影場所が違うんだが、彼女の実家です。コーヒー農家です。

おこげ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉小吴 馋嘴小吴】武漢の女の子なんだが、ヒマなので動画政策がはかどるようですw 「おこげ」です。幼少期の懐かしの味だと言ってます。米をフードプロセッサで軽く砕いて、砂糖を加えて、イースト、水。酒臭くなって泡が出てきたらフライパンで煎餅みたいに焼いて黒胡麻を振る。素朴な子供のオヤツです。

古典舞《知否》古筝版

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【摄影阿昆】コスプレした少女たちの弾く琴に合わせて踊るオンナ、というんだが、お琴の教室の発表会的なものなんだろうが、中国人の道楽というのはここまで徹底的にカネと手間を惜しまずやるから凄いね。中国人は金儲けにも積極的だが、道楽にもカネを使う。カネ遣いが思い切り良い。

3つのシリーズ動画

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【哎哟阿尤上海吃播】これね、今は「染云Ranyun」という名前で農村動画を毎週作っている女の子です。農村動画の前には都会のオフィスワーカーで、自炊の動画を出していた。それが、田舎に行って突然、農村動画を作り始めたんだが、妙に生活感のないセットみたいな厨房だけで動画が作られていて、妙だな、と思ったら、ちゃっかり都会の眼鏡っ娘路線も続け、あらたにグルメレポートも始めたようだ。これはアップされたばかりの動画で、上海の「桃园眷村」という店の紹介です。化粧して都会のオンナになってますw

今回は今上海で人気の中国式朝食を食べられる食堂をご紹介します。数年ほど前から市内にチェーン展開しているお店ですが、豆乳や中国式揚げパンと訳される油条といった、極めて庶民的な中華式朝食をスタイリッシュに提供するスタイルが人気を呼び、現在上海市内に13店舗展開しています。

店の名前も出しているので、一種のプロモーションだろう。店からカネ貰って、紹介するわけです。広告代理店的な商売です。このシリーズは毎日のようにアップされてるんだが、どれも店の名前を出しての宣伝的な物のようです。彼女のルーツである「都会で一人暮らしの自炊」シリーズも、続いている。この娘は、3つのシリーズ動画を掛け持ちで作ってますね。店の紹介グルメレポートは確実にビジネスだろうが、してみると農村動画もスポンサーがいてのビジネスなのか? おいらが前から言っていた、「農村動画は中国共産党のプロパガンダ」なのか? 謎は謎を呼ぶw

打上花火

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【阿聖是嗩吶精】チャルメラお兄さん、意外にチャルメラで現代的な音楽をやる人はいなくて、この人くらいですね。きっちり作り込んだ映像で見せてくれるので楽しい。今や、音楽演奏も舞踏もそれだけで完結する世界ではなく、インターネットという舞台でそれを武器としてどれだけ「世界」にアピールできるか? という時代です。

悪気はないけど傍若無人

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】乌镇というのは日本語だと烏鎮で、古き良き中国の面影を残した観光地です。中国はどこの街も小綺麗に整った近代的なタワービルばかりで、あまり古い町並みというのがないので、こういうのが人気あるわけですね。例によって「悪気はないけど傍若無人」の微小微さんが踊ります。

烏鎮(うちん、中国語: 乌镇、ウーヂェン、拼音: Wūzhèn)は、中華人民共和国浙江省北部の嘉興市桐郷市烏鎮鎮にある観光地で、「アジアのヴェネツィア」と呼ばれることもある[1]。
大運河に面していて、古くからの、あるいは復元された江南の街並みが残る[2]。
上海、杭州、蘇州を結ぶ三角形の真ん中あたりの交通が便利なところにあり、国内外の観光客が多い[3]。

支那美人のトランプが出て来たので、紹介して行きます。1920年代、30年代のポスターやカレンダーの絵らしい。戦前の中国で、どういうのが美人だったのか、どういうファッションが人気だったのか、興味深いね。

ゲームショー

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【紫颜】ウチのサイトでも何度か紹介させていただいてるんだが、紫顔さんです。今回はVLOGです。ゲームショーのアトラクションに出演してコスプレと踊りを見せたらしい。コスプレもゲームショーも日本の方が先輩なんだが、今じゃ完全に追い越されましたね。こういう機会に名前と顔を売って、動画サイトで稼ぐ。投げ銭システムと再生数で商売になる。中国は広く、コンテンツビジネスは良い商売です。

味付き茶茹で玉子

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】茶摘みしてるんだが、なんとも雑な茶畑で、もちろん手摘み専門。新芽だけ摘んで、すぐに釜で炒って殺青してますね。ついでに揉んで、もっとも簡便な緑茶の製造法です。お湯に玉子を入れて、茹であがったら唐辛子、八角、クミン、シナモン、花椒、砂糖などで煮るんだが、作ったばかりの新茶も入れて殻をひび割れさせた茹で卵に味をつける。砂糖と茶葉を炒って、そこにミルクを注いでミルクティー。貴州省もお茶の産地として有名です。

オオカミお姉さん

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【中国农村】オオカミお姉さんですw 新疆です。オオカミと犬は交配して子孫を作れるので、基本的には同じ動物です。ブタとイノシシくらいの違いしかない。でも、オオカミは犬より臆病で神経質なので、ここまで馴らすのは容易ではないと思う。

ウーハンチャイヨー

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】武漢が封鎖された頃によく見た動画で武漢の応援歌なんだが、欣小萌さんがそれに合わせて手話を演じています。意外に中国人は社会的な意識が高い。日本の池沼アイドルやネトウヨとは比較にならない。

幼形成熟美人

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】久しぶりの猫餅さんです。一昨年の動画なので、猫餅さんがダンス動画を撮りはじめてすぐの頃だろう。ダンスというより、面白動画w 衣装が可愛い。彼女はアジア人特有の幼形成熟美人です。ウーパールーパーみたいなもんだ。こういう20代後半オンナは日本でも特に珍しくはない。安達祐実みたいなw 最近、安達祐実はよく刑事モノのドラマに出ているんだが、こないだは回想シーンでセーラー服着ていたw そういうオンナは白人の国に行くと未成年かと思われて、酒を売ってくれないw 猫餅さんは身体が非常に柔らかいですね。

母ちゃん腹減った

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【奕甜甜全村第一吃货】顔立ちが整っているのでつい、見ちゃったんだが、コイツは「母ちゃん腹減った」が口癖の大食いオンナです。今日は芋の苗を植えている。美人だけど田舎の娘で、性格は良さそうだ。家に帰ると、母ちゃんが仔豚を洗ってますw もうちょっと大きくなるまではペットですw

人蔘菜、抱子芥菜、儿菜、娃娃菜

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】この手の農村動画で犬が繋がれてるのを見ないんだが、みんな嬉しそうに飼い主のあとを追っかけて歩きまわってますね。田舎暮らしではこれがアタリマエで、そもそも繋がれていたんじゃ番犬にならない。さて、奇妙な菜が出てくるんだが、日本ではあまり見ない品種です。

「娃娃菜」が指す野菜はかなりの数に上ります。通常「娃娃菜」と呼ばれるのは、別名「人蔘菜」などと呼ばれる野菜で、中国語の正名を「抱子芥菜」といいます。茎から多くの小型の白菜が生えてくるブロッコリーと白菜の相の子のような野菜です。日本のGoogleで「娃娃菜」を検索するとこちらの「娃娃菜」が多数ヒットします。正しい「娃娃菜」の形を見たければ「抱子芥菜」などで検索してみてください。

人蔘菜、抱子芥菜とか呼ばれるんだが、ここでは「儿菜」となってますね。この野菜は名称が統一されておらず、業界でも混乱をもたらしているらしい。

牛になった気分

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】こんな赤い布をヒラヒラさせられたら闘牛の牛になった気分で突進したなるっつーもんだが、腰巻きかよw 前回の撮影から太っちゃって、この撮影の為に半月、体型を整えていたというから、踊り手さんも大変だ。この娘は顔もいいし、色っぽいし、まさに「欣小萌」という感じですね。

色っぽさもある

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】若いんだけど芸の幅が広い娘で、幼稚園児のコスプレで踊ったり、古典風の中国舞踏やったり、なかなか見せてくれます。カワイイし。ヒラヒラ系とミニスカートと、交互に出て来るんだが、カワイイだけじゃなく、色っぽさもあるという、いつもながらにいい感じです。

ノイシュバンチャイナ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【貴州李俊】貴州に万峰林という景勝地があるんだが、その万峰湖にたたずむ古城です(嘘 ノイシュバンチャイナ城ですw なんでもホテルだというんだが、「高い」という評判はあるものの、どこにも案内がなく、詳細は不明。ラブホテルかと思ったw

万里の長城で

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】毎度、元気いっぱい。今日は万里の長城で踊ってます。なんか走ってる人が多くて、すごい邪魔そうだw 万里の長城は北京から遠くない場所にもあって、観光のメッカです。

疑問は尽きない

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】毎度、アタマオカシイとしか言いようがないんだが、今回は空港と港で踊ってます。それにしてもこの曲は何だ? 何語なのかも不明。おとなしく眺めている赤ん坊は何なのか? 疑問は尽きないw

雲南の春

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】雲南はすっかり春模様です。ニンニクの苗らしきものを植えてますね。撮影の舞台になる家が変わったような気がする。茶の収穫時期などから考えて、雲南の春は日本より一ヶ月以上早いようだ。

鼠麹草で草餅

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】鼠麹草で草餅、なんだが、鼠麹草というのは何かと言うと、日本で言うところのハハコグサ。春の七草ではゴギョウと呼ばれる。今では草餅というとヨモギで作るが、古くは日本でもコレで草餅を作っていた。ちなみに田舎の売春婦を隠語で草餅と呼びますw 餅なんだが、糯米を粉に挽いて作ってますね。犬が放し飼いでとっとこ付いて歩いていて、田舎生活はコレが楽しいね。

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】カタツムリを食うのはフランスの植民地だったからなのか? 蓮の花は、茎の部分を食べます。魚と煮る。カタツムリは発酵させた酸っぱいタレで。無料で拾ってきた食材で多種多様な食生活というのは、アジアの豊かさそのものだ。

ウズラの串焼き

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【隔壁林妹妹】ウズラの串焼きです。特製のタレを塗りながら焼く。いつもながらにワイルドで色気のない娘だw

ハオハオドリームミュージック

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【Haohaohan Music】ハオハオドリーミュージックというチャンネルなんだが、この手のギター+女性ボーカルがたくさんアップされている。なんか懐かしいね。実は、宇多田ヒカルがデビューする前に、宇多田のオヤジがギター抱えて藤圭子に歌わせて、同じようなスタイルで売り出そうとしていた。おいら、TVで見たけど一回だけで消えた。これはボーカルがなかなか良いですね。カワイイし。

農村のモータリゼーション

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【乡野小婷】コロナで閉鎖されていた村にもやっと正月が来て、みんなで車を連ねてご挨拶w なんだか怪しげなシロモノばかりなんだが、3輪トラック、4輪バギー、2輪バイクにスクーターと、様々です。これが現代の中国農村です。

化粧とコスプレ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【黨妹】多分、この娘、物凄く性格が悪くてサイアクだと思うんだが、人気のビデオブロガーらしい。凄い金持ちなのは確かで、上海の何億もするマンションに住んでます。この娘の売りは、化粧とコスプレ。女の子の憧れですねw 踊れるわけでもないので、ただ気取ってウロウロ歩くだけ。今回はベネチア編です。前半は化粧するだけなので、見なくてもいいw 中国人はこうやって、イタリアでも傍若無人にウロツキまわって、コロナを拡散していたわけだw

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】日本でも菜の花は定番の野菜で、割と長い期間、手に入るんだが、それは温室で栽培してるからですね。さて、中国人は菜の花をどうやって食べるのか? 開いた花は天麩羅にしてます。コレは美味しそうだ。また、炒めものにもする。地物なので、年に一度の楽しみです。

ドイツもワタシのステージよ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】わざわざアニメの中国娘みたいなコスプレして踊ってるんで、どこだろうかと思ったら、ドイツだそうですw いきなり店の中で踊られたら、レストランも驚くw ドイツ人がみんな笑ってます。犬が怪しんで吠えてますw カメラは車の中から手持ちで撮ってますね。

伸びやかな声の女の子

| コメント(14)

過去のAsian Life はこちら↑



【Haohaohan Music】実に素直で伸びやかな声の女の子です。上海の公園らしい。伴奏のギターのお兄さんも上手だ。こういう声の「質」とか、勉強して身に付くものではなく、歌の上手いヤツというのは生まれつき上手いんです。

夜明けのコーヒー二人で飲みたい

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】「晓」というのは「暁」だそうで、丹というのは朱色。夜明けの空の色です。こんなカワイイ娘と夜明けのコーヒー二人で飲みたいもんだ。芸の幅が広い人で、時には幼稚園児、時にはツインテール、そして、こんな伝統的な衣装も身に付ける。ロングスカートとミニスカートを交互に見せてくれるのがいいね。

牛挽き肉の肉まん

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【プロが作る手作り肉まん】この肉まんは珍しく牛挽き肉です。イースト2.5g、ぬるま湯240ml、小麦粉375g、発酵90分。中の具は牛挽き肉450g、醤油、オイスターソース、ネギ、酒、などなど。皮の作り方が独特で、よく中国の人がやるんだが、中心部を厚く、周辺部を薄くしてます。全部が同じ厚みだと、底が抜けてしまう。割と、具が水っぽいので、完成した肉まんを割ると肉汁が流れ出す。コレね、よほど慎重に作らないと、横にベチャッと延びて拡がって無残な事になる。この肉まんも割と平べったいです。まぁ、ここまで上達するには、かなりの経験が必要だ。

幼稚園児のコスプレ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】こないだはツインテールで踊っていた娘です。今回は幼稚園児のコスプレw こういう踊りを見せている人というのは基本的に「コスプレ」なんですね。単に「踊りを見せる」「というのではない。ツインテールの時に「ヤル対称として観れない」と言った人がいたが、それじゃあ、コレでどうだ! という極めつけw

優雅な踊り

| コメント(15)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】このチャンネルで紹介される動画は正統派の中国舞踏が多いようだが、今回もヒラヒラと優雅な踊りです。中国舞踏というのは、静と動のコントラストで見せる部分があって、体幹がしっかりして重心移動がちゃんとなっていないと、止まるべきところでブレてみっともない。この人は上手なのでとても優雅に見える。

一人二役の合成

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】にぎやかな街なかで踊るのが生き甲斐の彼女も、さすがにこのコロナショックで街に出られず、部屋の中で撮るしかない。一人二役の合成で上手に作ってます。彼女は割と体格が良いので、男役も似合うね。踊りがドリフのヒゲダンスみたいw

3月8日の武漢

| コメント(10)

過去のAsian Life はこちら↑



【Li Gang street food】3月8日の武漢です。団地の敷地は厳重に封鎖されていて、自由には出入りできない。相変わらずの厳戒態勢が続いてます。武漢以外ではかなり平時に戻っているようだが、武漢はまだまだですね。雨が降ってます。外出時にはマスクとゴーグルは欠かせない。街に人影は少なく、店もほとんど閉まっている。食料などが不足しているという話も聞かないので、最低限のインフラは稼働しているのだろう。11日から仕事が再開されるという情報もあるんだが、どうなる事か。

スティールタングドラム

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑


【April Yang】スティールタングドラムという楽器。ヒーリングとか、癒やし効果とか、そういう楽器らしい。カリンバと似たところがあって、普通はもっと音域が狭いんだがこれは舌が多くて出せる多いようだ。Amazonでは5000円から15000円くらいのヤツが多いね。

水琴窟のような癒しの音を出すことから、
海外ではメディテーションや
ミュージックセラピーに
使われる機会も多いようです。

澄み切った響きが、
シンギングボウルと同様
身体にも共鳴し、
リラックスへ導く
癒しの楽器とも言えます。

非常に限定されたマイナーな楽器なんだが、ヨガとかヒーリング業界では人気のようです。

微小微乳

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】セルビアで撮ったらしい。ホント、この人どこにでも行ってどこででも踊るね。微小微というのはひょっとして微乳だからか? 「いろんなところで踊る」ということ自体がひとつのパフォーマンスであり、表現活動なんだろう。まぁ、本人が楽しそうなんで、それもいいか。

マカオで一泊20万円

| コメント(11)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】猫餅さんは元はゲーム業界にいた人で、動画も最初はブログ的な物が多かった。これはマカオで一泊20万円のホテルに泊まりました、という企画です。丁寧に紹介をしてますね。ホテルの次は食レポ、街の案内。豊かになった中国では、観光であちこち出向く人も多いので、こうした動画でアクセスを稼ぐというのも商売になるわけです。趣味でやっているわけじゃない。中国では、動画そのものに広告を付けるわけじゃなく、単にアクセスがあっただけでカネを貰えるので、こういう小口の動画でも稼ぎやすいのだろう。こういうのを見てしまうと、日本のYouTuberとやらが貧乏くさくて見るに堪えないw

ペンペン草の餃子

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】ナズナは食べられる野草の代表的な物でもあり、春の七草にも入っているんだが、そうした儀式的な例ではなくても、野菜の少ない冬に貴重な存在です。貝原益軒にはこんな言葉がある

『天生此物為幽人山居之為』コレ味ヨキ故也」(大意:「天は世を捨て暮らしている人の為にナズナを生じた』

ペンペン草と呼ぶととたんに有難みが薄れるが、ペンペン草です。このナズナを採って餃子にする。餃子というのは余り物の野菜で作るが、余り物がなければそこらへんでペンペン草を採ってきて作る。肉とナズナとネギ、卵を練り込んだだけのシンプルな餃子です。ナズナは夏になると消えてしまうので、この時期にしか食べられない季節の味です。

ザリガニ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女】河でザリガニが大量に獲れました。生姜、ローリエ、ニンニク、花椒、唐辛子など定番の香辛料で炒め煮です。この息子は10歳だそうで。日本ではあまりザリガニは食べないが、中国人なら喜んで食べるだろう。それは、中国人が意地汚いからというんじゃなく、好奇心が旺盛だから。食べたら死ぬようなもの以外は何でも食う。もっとも食べたら死ぬような河豚まで工夫で食ってしまう日本人はもっと意地汚いかw

ミカン料理

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】ミカンを収穫しているんだが、料理に使うわけです。皮を削いで、中身とともに煮てマーマレード、大腸をミカン風味で焼き、ニンジンを混ぜた小麦粉で偽物のミカンを作るw 犬が二匹になってますね。

ツインテール

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【晓丹】ツインテールの少女が普通に普通の街を歩きながら踊ってます。芸術を街に!世界はワタシのステージよ!この娘は「踊ってみた」系と中国舞踏系とどっちもやる人で、可愛くて踊りも上手です。それにしてもみんな、楽しそうに踊るね。

清明菜

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】清明菜ってなんだ?と思ったら、清明祭の時期に採れる野草だそうで、ここでは清明菜を混ぜた餅を作って、乾し肉と豆腐を餡にして饅頭にしてますね。豆腐がまた、ガチガチの豆腐だw

キク科のハーブ。江蘇省とjiang江省の人々は、清明期の前後に柔らかい苗を選んで調理し、それらを米麺に練ってケーキを作ることがよくあります。

ちなみに清明祭というのは、中国文化圏で行われる風習で、「墓掃除の日」だそうで、日本では沖縄で行われています。

阿里郎

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】阿里郎というから何だと思ったらアリランだった。中国人というのは好奇心が旺盛で、隣接する他文化の国をあまり差別しないので、この娘も東京盆踊りもやれば、アリランもやる。西の方にいる山岳少数民族も、割と好奇心だけで見られているようだ。狭い世界に固執しないというのは、中国人がグローバリズムと相性が良い事を示していて、だから世界中どこに行っても中国人がいる。

簡易水道

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【貴州李俊】貴州省の山の村で、簡易水道を作ろうというので大変な大騒ぎですw 鉄工所で作らせた巨大なタンクを村人総出で人力で運び上げ、そこから更に重いホースをかついで水源を目指す。水源から何百メートルもこのタンクに水を流し入れ、生活用水として使う。共産党の言うところの「自力更生」だ。この自力更生という言葉は毛沢東時代によく言われたんだが、元は日本発祥。

日本は1930年から翌1931年にかけて昭和農業恐慌に見舞われ、この対策として、兵庫県農会長だった山脇延吉が政府に意見書を提出して農村救済費の予算計上と農林省に経済更生部新設を要請するとともに、農村の自力更生を提唱し、「自力更生運動」に発展した[1][2]。この運動は内地や朝鮮などの農山漁村で、成功したとされる[3][4]。また、自力更生は、日本の傀儡政権である中華民国臨時政府の打ち出した新民主義においても使われ、「独立の自由は唯自力更生によつて始めて成功し得る」とされていた[5]。

これを毛沢東もパクってスローガンにした。最近はあまり使われてないが、米中貿易戦争で再びシューキンペーが使い始めているね。

街はワタシのステージよ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】お利口そうな顔して平気でバカやるw 今日は上海で踊ってます。街はワタシのステージよ。それにしても楽しそうに踊るね、この娘。警察に注意されてもヘラヘラ笑ってるしw 街で踊るといろいろ異物が混入して来るが、そこが面白いところだ。

毛沢東をバックに踊る

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】天安門の毛沢東をバックに踊るという、まことに恐れを知らぬ中国のバブルっ子ですw それにしてもこの娘、物凄い勢いで、毎週何本も動画をアップしているんだが、中国ではインターネットでの小口収益システムがうまく機能しているんだろうね。カネになるから続けられるんです。「欲と二人連れ」ですw

世界を股にかけて踊る

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】前にもクルーズ船で踊ってる娘がいたが、世界を股にかけて踊る微小微さんもクルーズ船に乗ってます。日本では定年組という印象が強いんだが、中国では若い人にも人気があるみたい。中国娘としては理知的な顔で、貧乳だけどなかなか美人です。それにしても元気だ。貧乳だけど。日本のTV局もツマランひな壇芸人にカネ払うくらいだったら、こういう自己プロデュースできるカシコイ娘を飼っといて勝手に動画作らせればいいのに。馬鹿の馴れあい見せられても面白くない。

いくらでも穫れる

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】ベトナムは世界第二位の米生産国で、ちなみに一位はタイです。で、稲刈りです。イマドキなので機械です。タイとかベトナムとか、水利さえ確保されていれば、年に3回は収穫できる。4回作ると土地が痩せるw 米はいくらでも穫れるけど、いくらでも穫れるので極めて安いですw

恥の女王

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】この人、割と理知的な顔をしているんだが、やる事は無茶苦茶で、世界中、どこでも行って、人の多いところで好き勝手な踊りを披露するというw ちなみにこのスペイン編は「先週、私は幸運にも国立観光局のマドリッド事務所から2018年マドリード国際観光博覧会に参加するよう招待されました。展示会中にダンスの機会を無駄にしませんでした。」というので、なんと博覧会に招待されたようです。踊りは割と好き勝手な踊りだが、たまにシッカリした基礎があるところを見せるので、本職はバレリーナかも知れない。

恥ずかしい女王

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】この人は人通りが多いところで公然と踊るのがスタイルの人で、まぁ、一種の「露出狂」とでも言うべきか。わざわざイタリアまで行ってピサの斜塔バックに踊りますw 鳩の踊りだそうです。世界中どこの観光地に行っても中国人が「大声で喋ってうるさい」「爆買い」とか言われるんだが、そのうち、世界中どこの観光地に行っても「中国人が踊ってる」みたいなw ブログもやっているようです。「恥ずかしい女王」のふたつ名を持ってますw

チャルメラ吹き

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【阿聖是嗩吶精】台湾のチャルメラ吹きお兄さんです。この世代のお中華ミュージシャンは好んで日本アニメの曲とか、やりたがるよね。落書きだらけの廃墟みたいなところで、サックスやトランペットの練習してそうな場所なんだが、チャルメラってのが素晴らしく間抜けで、いい感じ。

磨きをかけた「カワイイ」のプロ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】猫耳つけて広瀬すずみたいなんだが、こっちの方が可愛いやw 猫餅さんは20代後半らしいんだが、若いだけが取柄の娘より、磨きをかけた「カワイイ」のプロって感じだな。しなやかな手の動き、足運び、よっぽど鏡の前で研究しつくした成果だな。若いだけの娘には、この「味」は出せない。

柿酒

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】なんで今頃、柿なんだろうと思ったら、100日前の様子ですね。、柿を使ってお酒を作る。日本では柿酒というのは聞いたことがないんだが、なーに、砂糖加えて麹まぜりゃなんでも酒になる。そして100日。腐ったドブみたいなドロドロを籾殻と混ぜて蒸留します。それにしてもこの人、何でも酒にしてしまうw この手の動画で父親が映ってないのは、たいていカメラを廻しているからですw

セクシー

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



《桃花旗袍》短いチャイナドレスはとても美しいです!足の長い女の子が踊る「桃の花チャイナ」とタイトルになっているんだが、細すぎない身体というか太腿で美人でミニスカートのチャイナで、それもシンプルな黒で、ピンヒールで素晴らしい。中国で「セクシー」というとこういうイメージなんだろう。

蒸し餃子

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】セロリと言っても幅広の茎ではなく、細い茎の品種なんだが、何に使うのかと思ったら叩いて作った挽き肉と混ぜて餃子です。中国では挽き肉はカタマリから叩いて作る。その方が味が良いらしい。ショウガを叩いて醤油、酢、ネギ。蒸し餃子で食べます。

キャバ嬢の余興みたい

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】顔も身体もオトナっぽくて女子高生ファッションは似合わないんだが、まぁ、本人が喜んでやってるのでヨシとしよう。なんかキャバ嬢の余興みたいだがw 小仙若さんも楽しそうに踊るね。

おいらのイチオシ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】コリアンダーキャットケーキさんです。20代後半、元ゲーム業界。158cm39kg。彼女は手指の仕草がたおやかで美しい。踊りはまだ1、2年だが、仕草とか表情が美しい。顔は童顔で可愛い。おいらのイチオシです。

プロの中国人

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【农家的小勇】この家には既に黒犬が一匹いるんだが、オヤジがどっかからもう2匹貰ってきた。まだ小さいオドオドした仔犬です。それはさておき、肉まんです。この家の肉まんは大根とネギをみじん切りにして豚肉と混ぜてます。肉まん包む手付きがさすがですね。プロだ。プロの中国人w オヤジも幼児も犬も黒で、きっとこの人、黒が好きなんだろう。

ギネス級の超ミニで可愛く踊る

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】この人もお馴染みなんだが、美人でスタイルが良くて、結構オトナっぽいんだが、よくセーラー服で踊ってます。これはギネス級の超ミニで可愛く踊る。こんなんでもエロくならない、楽しそうに、爽やかな笑顔で素晴らしい。癒やされます。

丸ごと揚げて丸ごと食べる

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【隔壁林妹妹】いつもの情けない顔した犬から始まるんだが、ニワトリを見たと思ったら、次の瞬間、もう処理されてますw 平らに潰して下味つけて、コロモを付けて油で揚げる。丸ごと揚げて丸ごと食べる。いつもながら豪快な林妹妹です。食いっぷりが良いね。

魚のトマトソース煮

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】畑仕事をして、空芯菜とトマトを収穫。何を作るのかと思ったら、どっかから魚が出てきて、魚のトマトソース煮です。イタリアンみたいw 魚は揚げてからトマトソースと合わせる。美味しいらしくて、息子はご飯を三杯食べました。

豆腐の燻製

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】日本でもやる人はいるんだが、豆腐の燻製です。チーズのようにねっとりした舌触りで、酒のツマミに良いらしい。使う豆腐は木綿豆腐で、しっかり重しをして水を抜きます。一週間も燻し続けるらしい。カラカラになった燻製豆腐は茹でて戻して、薄切りにして葉物野菜と和える。まぁ、中国の田舎って最寄りの店まで1時間くらいかかるところも珍しくないので、食事は家庭菜園と保存食材がメインですね。

北国の春

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Dandan Shuffle】ひょっとして中国人て、老若男女問わず、踊るのが好きなんじゃないかと思うんだが、頼みもしないのにオッサンやオバサンが踊ってる動画がいっぱいある。それも、ヘロヘロした歌謡曲でです。どっかで聞いた曲だと思ったら、北国の春ですね。

もう茶摘み

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】このおばさんは貴州省なんだが、春が早いらしくてもう茶摘みしてます。粗放栽培なので、手でないと摘めない。開いてない新芽だけを集めて最高級の新茶ができます。お茶とお酒で魚を煮る。魚の腹に茶葉を詰めてますね。また、茶葉を玉子とじ。東南アジアではお茶を野菜扱いするところもあるので、特に珍しい風習でもない。

竹筒飯

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉】竹筒飯です。日本ではあまりやらないんだが、中国南部から東南アジアにかけては非常にポピュラーで、竹というのは再生能力が異常に高いので、いくら使っても使い尽くす事のない便利な物ですw 燃料にもなるし、建材にもなるし。細切れにした腸詰め、トウモロコシ、人参、漬物などを米と混ぜて竹筒に詰め、大根で蓋をする。肉、魚、海老なども味付けして竹筒に。使い捨ての鍋であり、食器であり、使用後は焚付にもw 無駄のない暮らしです。

茶畑

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】公園みたいなところと、茶畑の二ヶ所で踊っているんだが、茶畑がこれ、手摘みの茶畑ですね。機械刈りしているところだと、てっぺんが平らになる。実は、中国ではほとんどが手摘みで、中国茶は発酵させるので葉が途中で切れると発酵度が違ってやりにくい、という事情もあるらしいんだが、なので中国茶というのは日本のお茶より値段が高いです。

大根のケーキ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】かつて大都会でメガネっ娘としてワンルームで調理していたんだが、田舎に移って厨房を建てるところからの自力更生です。今日は大根のケーキ。干し海老干し肉を炒めて、大根を千切りにして砂糖で味付け、米粉でまとめてケーキを作る。それを蒸して焼いて、手間はかかるけど、大根の他は保存食品だけで作れるので、冬のメニューですね。犬がまだ子供で、チョロチョロと付いて歩いている。

廃村カメラマン

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【一条Yit】14億の人口を抱える中国でも、限界集落とかあるわけで、彼はそんな廃村になった集落を専門に撮っているカメラマンです。いままで40の廃村を撮ったというんだが、みんな華やかな都会に出てしまって、残された爺婆が死に絶えるとあとは自然に還るだけ。通信と交通のインフラを整備すれば、こういう村では都会より豊かな暮らしが出来ると思うんだが。

コリアンダーキャットケーキ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】80年代のカラオケ映像風にやってみました、という動画で、わざわざ古臭い曲を選んで、レトロな雰囲気でおどってます。猫餅さんというのは色々と考える人で、元はゲームを作っていた人らしい。こちらのサイトによれば、6年前北京の国立博物館の職員として働き始め、観光客に「写真は撮らないで」と呼び掛ける仕事をしていたそうで、逆算すると彼女は20代後半ですねw その後ゲーム業界に移り、ダンス動画を作り始めたのはまだ最近です。コリアンダーキャットケーキさんです。彼女の動画は色々とアイデアが満載で面白い。身長158cm、体重39kgですw

ホイアンチキンライス

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Nhà Mình】放し飼いのニワトリを追いかけ回すところから料理は始まるw 犬が大興奮w 今日はホイアンチキンライスです。鶏を茹であげたら、その茹で汁でご飯を炊く。黄色いのはターメリックか? バンコクでもチキンライスはもっともベーシックな食べ物で、おいらもしょっちゅう食っていた。ニワトリ一羽潰せば一家4人の夕食になります。

ギネス級に短いスカート

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【雾奈】とりあえずお姉さん、バンザイしてみてw まぁ、ギネス級に短いスカートで、バンザイしたらパンツが丸見えになりそうだ。秘密の花園の松田聖子状態w ミニスカートは「膝上何センチ」かいうんだが、こういうのは「股下何センチ」。細すぎず、日本人にも馴染みのある体型でこのチャイナドレスは反則だよねw パッツンパッツンで素晴らしい。この娘さんは「踊ってみた」系の人です。

天然自然のもやし

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】大豆を水に浸しているんで、豆腐でも作るのかと思ったら、土を取りに行ってますね。もやし作りです。普通もやしは土では作らないんだが、土で作った方が栄養はあるかも知れないw 一週間で天然自然のもやしが出来ます。このもやしは美味しそうだ。

ダイナミックな娘

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【馋小漆】この娘、顔はそこそこ可愛いんだが、やる事がダイナミックで素朴な田舎の娘ですw 鴨料理です。ダイナミックに鴨をとっ捕まえて捌きます。中華包丁は出刃的な使い方から細かい細工まで、これ一つでやってしまう。ダイナミックな包丁さばきです。調理もダイナミックなので、かまどが戸外にありますね。この娘、普段は街の学校の寮かなんかにいるらしい。撮影してるのは実家です。

身長158cm、体重39kg

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】猫餅さんは身長158cm、体重は42kgだったのを糖質オフダイエットやって39kgになったというんだが、体重が30kg台のオンナというのはかなり細いです。よくそれで若いカップルが揉めるんだが、アイドルの娘が自称する30kg台というのはたいていインチキで、カレシからそれを要求されてオンナが切れるw 日本で158cm39kgの娘がいたら、かなり弱々しい娘です。でも、猫餅さんはダンサーなので、実に健康的で活発。今回は割と静かな中国風の踊りなんだが、こういうのもいいね。裸足で踊る少女というのも実に味わい深い。顔が童顔で身体が華奢なのでローティーンにしか見えないw 安達祐実みたいな例もあるので、オンナの年齢というのはワカラナイ。本当はいくつなんだ?

酸凝固豆腐

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】大豆を収穫して豆腐を作るんだが、後ろでまったりとくつろいでいる犬がいいねw こういう動画に出てくる犬は田舎なのでみんな放し飼いで、自由です。なんで繋がれてないかというと、番犬だから。繋がれていたんじゃ番犬にならん。吠えるだけしか出来ない。豆腐の作り方はお馴染みなんだが、珍しいのは酸凝固を利用している事。一般的に中国では凝固剤に「石膏」を使うんだが、あまり良いものではないですね。ここでは、乳酸発酵した漬物を利用している。日本では「グルコノデルタラクトン」という凝固剤が酸凝固です。主に充填豆腐に使われている。

玉子の塩漬け

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【农家的小勇】山西省の人らしい。玉子の塩漬けを作ってます。皮蛋と似ているが、微妙に違う。「鹹鶏蛋」(シエンジータン)と言うらしい。焼酎に浸して塩をまぶしてしまっておく。一ヶ月で食べられるらしい。黄身がほどよく固まるので、お菓子の中に入れたりする。山西省でも外出禁止令があるようで、一家に一人、何日かに一度しか買い物も認められないので、 こうしてある物を大量に仕入れて保存食にするわけだ。やはり外に出られないというので、子供の髪も母親が刈ってます。

日本の街は汚い

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【みこ】No.1 / HoneyWorks【踊ってみた】これは日本の娘です。珍しく戸外で撮っているんだが、この程度の動画でも色々とツッコミどころはあって、「足が短い」とか「顔が」とか、そういう話は置いといて、だ。中国の動画に映る街の光景はすっきりしていて綺麗だが、日本はツギハギの建物や建造物が混在しているので統一感がなくてバラバラ。これも、公園は良くても、背景に映っている高速道路の橋脚がいかにも古ぼけてて、美観をそこなっているね。まぁ、若い女の子は背景なんかに興味がないんだろうが。

黃魚

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【隔壁林妹妹】黃魚というのは「イワシ」みたいな魚らしい。台湾海峡のあたりで春先に穫れるというんだが、日本ではあまり馴染みがないですね。さて、中国ではあまり海の魚というのは食べなかったんだが、流通が発達して、こうした海の魚も食卓にあがるようになって来た。ハラワタ取って、アタマも取って、唐揚げに。いつもの情けない顔した犬が、今日はまた一段と情けないw ヨダレ垂らして見つめていますw

仮設病院

| コメント(9)

過去のAsian Life はこちら↑



【WB Channel】仮設病院で、患者さんの誕生日を祝うために「琵琶行」を踊ってサービスする看護婦さんというんだが、武漢もピークを越して、こういうのを楽しむだけのゆとりが出て来たと言うべきか? 毎日、何十人も退院して、入院して来る患者は数名、というんだから、中国は抑え込みに成功したと言えよう。日本は?

話題のパツパツ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【默 那英歌曲 吉他弹唱】データがなくて全然わからないんだが、YouTubeの再生数が186万というので、評判になっているようだ。この女性、巨乳のムチムチでパツパツで素晴らしいんだが、それはさておき、たしかに歌がうまい。バックのギターも相当な腕の人です。

グアバ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】グアバなんだが、割と寒さには強く、霜があたりさえしなきゃ実が付くので、日本で温室なら収穫できるというんだが、まぁ、そんなに有り難い果物というわけでもない。

グアバは熱帯の国々で食用として栽培されており、ストロベリー、コスタ・リカ、アップル、ギニア、カットリー、マウンテンなどの品種がある。果実はそのまま食用とするか、デザートなどに使われる。アジアでは、生のグアバに食塩、唐辛子粉、またはプルーンの粉末や乾燥梅干しの粉末(酸梅粉)をつけて食べる。

後半は芋を煮て潰して米粉と混ぜて団子にしてココナツミルク煮を作ってます。砂糖が入って甘いので、これもデザートだな。

撮影場所には苦労します

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】どこかレストランで撮ったらしい。おいらがエロカメやってた頃、戸外で撮影していて咎められたら「学生です、卒業制作で」とかイイワケすればたいていの場合、許されるという話があって、40歳過ぎのカメラマンが米軍基地に入り込んでオンナを裸にして撮っててMPに捕まって「学生です」で逃げおおせたというんだが、このレストランでも似たような話を店長にして使わせてもらったようだw それにしても猫餅さんの踊りは、技術が素晴らしいとかいうんじゃなくて、仕草に何とも言えない柔らかさと品があって可愛らしい。この娘に「お願ぁい」と上目遣いで頼まれたら、店長もイヤとは言えなかっただろうw

非常によろしい

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【萌球球】中国娘というと、身体が細くって、手足が長~いスレンダーな美人を想像するんだが、この娘は妙にガッチリしていて、ムチムチしていて、お尻の振り具合とか、非常によろしいです。一般論で言えば、満州系の満族にはこういう体型のオンナが多く、南部は細い娘が多い。

刺身用の一本釣りカツオのカツ

| コメント(1)

DSC02352.jpg

中学生の息子に持たせる弁当みたいだw カツオのカツ、冷凍で揚げるだけになっているんだが、お弁当にいいんじゃないか?という意見があって、作ってみた。すぐに食べるんだったら中がレアでも良い食感なんだが、お弁当でレアのカツオフライを持たせるわけにも行かないので、中までしっかり火を通す。レアだと中がしっとり柔らかくて素敵なんだが、火を通すと固くならないか? でも、作り立てなので、今は判らない。スタッフが出社したら食べさせて感想を聞きます。まぁ、ネタはオトスイさんの一本釣り、最高級の焼津カツオなので、味が悪いわけがないんだがw

さて、スタッフの感想です。「肉! これ、肉でしょ? ものすごい柔らかい肉みたいで、生臭さがなくて、魚嫌いの子供でも『肉だよ』って騙せるよ!」というわけで、お弁当にもうってつけ。コロッケくらいの大きさですが、ずっしり重くて充実してますw ヒレカツの上位互換です。高校生の男の子だったら二枚、女の子だったら一枚だな。

古北水鎮

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】猫餅さんは単なる踊り手ではなくブロガーなので、こういう旅行記みたいな動画もアップしてます。これは古北水鎮という北京から120kmほど離れた万里の長城近くの村で、といっても再開発された「古い村風のテーマパーク」らしい。

古北水鎮は、43万ヘクタールもある大きな古鎮です。中国では再開発をやりすぎて原型をとどめないほど新しく作り直しても、古鎮と言います。古北水鎮はまさにそんなところです。現時点での規則では、司馬台長城だけを見学したい人は前日までに申し込みます。参観当日も決められた時間にしか入場できません。古北水鎮と司馬台長城の両方を見るのなら、入場時間に制限はありません。この古北水鎮は再開発に途方もない金額がかかったので、入場料が150元(約3000円)もします。インターネットで感想を知らべると、「入場料が高い!」という文句はもちろんのこと、賛否両論です。

水路沿いには明清風の民宿風ホテルが並んでいるそうで、猫餅さんと「ガールフレンド」もそういうホテルに泊まってますね。かなり良い部屋だ。ガールフレンドって何だ? こういう美少女というのはたいていボディガードみたいな不細工な娘を連れて歩いていて、美人が二人では歩かないw ここは田舎なので「星空が綺麗だ」と評判のところで、それもあって、夜のライトアップには力を入れてるらしい。夜が明けると、お仕事です。11:21あたりで撮影シーンが出てきます。みんなが普通に行き交う場所で堂々と撮ってますw こういう「作られた偽物の故郷」というのが、実は中国の中高年層には人気があるそうで、まぁ、考えてみりゃ、今の中国人というのは毛沢東以降の社会しか知らないわけで、日本人が江戸時代に抱く郷愁みたいなもんだろう。

コロナ検査のキット

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】コロナ検査のキットと、その使い方を記者が説明してます。中国から日本に15000件分の検査キットが贈られたそうだが政府は放置。色々と検査しない屁理屈は並べ立てるんだが、なんでも厚労省の補助金で開発した機械がキョーリンで実用化されるそうで、それを待っているらしい。もちろん、天下りが入ってます。来月なので、それを待っているそうで、国民の命より天下りが大事。

海草の踊り

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Weibo Official Channel】海草の踊りだそうです。中国人は踊りが好きなんだね。例の急ごしらえの病院で、入院させられているけど元気な患者のストレス解消で、こういう体操をやっているのだそうで、なんせ武漢封鎖から一ヶ月、症状の出てない患者としては不満が出る。下層の中国人というのは堪え性がなくて突発的に怒ったり、暴れたりする人が多いので、上に立つ人も大変ですw

日本大好き娘

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【露露】この娘は日本人じゃない、中国人なんだが、撮影場所は日本ですねw 日本の曲に合わせて、クラシックな女学生的ファッションで踊ります。まぁ、そういう時代だ。

窯場で1日

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】窯場で1日を過ごしました、という企画で、絵付けした皿を登り窯で焼いてます。日本では「赤松」とか言うんだが、ベトナムに赤松はないので、適当な木を使う。あまり温度は上がらないが、それで焼ける土なんだろう。ベトナムは、古くは宋時代から安南焼きというのがあって、素朴で味わい深い陶磁器の産地だ。アロエの葉の中のゼリー状の部分を砂糖で炊いて、みんなに振る舞う。ここでも、放し飼いの犬がウロウロしてますねw

時計の宣伝

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】ドラマ仕立てで始まるんだが、なんだかスマホみたいな時計をいじってるな、と思ったら踊り始める。次から次にお色直しw どんだけ衣装代使うんだよw と思ったら、ラストで時計の宣伝が入って納得w HONOR MagicWatch 2というIT時計の広告をやっているんですね。いくら貰ったか知らんけど、そのカネで衣装をいっぱい揃えられたらしいw 若者はあまりTVを見ないので、こういう動画で宣伝した方が効果があるんだろう。

海老のソース

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Nhà Mình】むく犬を洗っているんだが、それは料理とは何の関係もない。料理は海老のソースが決めてです。タイではガピと呼ぶんだが、とてつもない旨味のカタマリみたいな調味料で、チャーハンに使うと格好の隠し味になる。

「ガピ」とは、オキアミ(小エビ)を塩漬けして発酵させたエビ味噌。
発酵調味料の一種でシュリンプペーストとも言われ、独特な香りと塩辛さが特徴でアミノ酸のうま味も多く含み、料理の良い隠し味となり、タイ料理ではなくてはならない調味料のひとつです。

しかし、あっちの犬はどいつもこいつもリードなしで、人間の後をチョロチョロついて歩いてますね。自由でいいなぁ。さて、肉の薄切りは茹で、豚のモツ、春巻き、ソイチーズなどを揚げて、準備。ソイチーズというのは、

テレビで話題の美味しくてヘルシーな濃厚豆乳から作られたまるでチーズ。低脂肪豆乳と独自の発酵技術でチーズのような自然な旨味になりました。普通のチーズと同じ食感と風味なのでお好みの形にカットしてお使いいただけます。加熱するととろけて更に美味しく食べられます。乳製品のチーズ同様に発酵の工程を経ています。そのため、香料は一切添加せずに濃厚なコクや大豆本来のうま味とやさしい味わいを実現しています。

という食品らしい。さて、これらの食材を海老ソースで食べるわけだが、ガピは味噌みたいな固形的なモノなので、ベトナムのレモン的な汁を絞って液状にして使います。用意していた食材をこのソースに漬けて食べるわけです。米粉で作った麺らしきモノも用意されてるようだ。

番茄炒蛋

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【中華一筋】番茄炒蛋と呼ぶんだが、新しい中華の定番として日本でも人気上昇中。簡単に作れるし、誰が作っても美味しい。コツは、「卵は事前に炒めておく」というだけ。ここではトマトを湯通ししているが、おいらはトマトの湯通しはせずにそのまま炒め、ラストで事前に炒めておいたスクランブルエッグと合流させる。いずれにしても「卵は事前に炒めてスクランブルエッグにしておく」というのだけが秘訣だ。

台湾式のハンバーガー

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【小田太太の玩樂廚房】刈包というんだが、グアバオです。台湾式のハンバーガーだそうで、軽食として人気なんだが、元は福州料理らしい。福州というのは中国本土の台湾に近い地域です。挟む具は、豚の角煮とか酢漬け菜とかパクチーとか。作り方はご覧のように、肉まんより簡単そうだ。さっそくやってみようw

わらび

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【故山春】中国でも南の方なんだろう、早くも山に春が来て、蕨を採ってます。茶畑は去年植えたのがここまで育ちました。道すがら、野生のラズベリーや胡椒の花が満開です。中国では機械でお茶を刈らない、手摘みなので、茶畑の茶樹は粗放的ですね。

手際が素晴らしく良い

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【小高姐的 Magic Ingredients】西安出身で今は北京在住だそうで、この手の小麦粉料理が得意な人のようです。生海老を使った肉まんを作ってます。肉は羊だ。卵の白身を混ぜてますね。餡を皮で包む時の手際が素晴らしく良い。おいらもこういう動画を見て勉強しなけりゃw

菜の花餅

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】菜の花?を摘んで来て炊き込みご飯にするのかと思ったら、撞いて半殺しの餅みたいにして、それを焼いて食べてます。米ではなく、米粉ですね。中国人は色々と工夫して手を加えますね。昔の生活では食材が単調なので、調理法で工夫しないと飽きるし。

ノビルのクレープ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑

【酒鬼小莉 Drunkard Lee】野葱というから何だろうと思ったんだが、見たところ「のびる」っぽい。野蒜というのは山野草で、そこらへんに勝手に生えてます。昔はみんな採って食ってた。今はわざわざ採る人もいないだろうが。野蒜の「蒜」というのは、ネギやニンニクなどのネギ属の野菜の総称で、味もそんな感じです。さて、ノビルとタケノコ、錦糸卵、漬物、豚肉、などを小麦粉の生地でクレープみたいにクルクル巻いて、15分間蒸す。オカズパンみたいなもんかw

そこはかとないアングラ臭

| コメント(9)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】素足だし、結構露出度の高い衣装で、素材の良さを感じさせる動画で、こういうのになったら猫餅さん、強い。振付けは怪しい女形ダンサー白小白センセイで、そこはかとないアングラ臭がアクセントと言うべきか?それにしても、毎週のように衣装と新しい振付けとロケ場所を手配して動画を作るのは大変だろう。

おばさんタオル

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】タイトルが「100张姨妈巾能吸多少水?」というんだが、「100個のおばさんタオルはどれくらいの水を吸収できますか?」という事で、猫餅さんはこういうネタ動画もやりますw なんか、とてつもないアニメ声でびっくり。後は、・・・あまり詳しく解説する必要もないだろうw

雲南は春が早い

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】雲南は春が早い。桜が満開、桃も満開。30歳の南方小蓉さん、花を摘んでます。何をするのかと思ったら、ゼラチンで花入りゼリーを作ってます。例によって撮っているのは亭主です。地球規模での壮大なお惚気だw

中国舞踏

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【竹玉】この人は素人が遊びでやってるというレベルじゃない、きっちりプロの舞踏です。動きに無駄がなく、きっちり決まっている。素人が真似しても、止めるべきところで止まらなくて、手や足がブレるんですね。中国には専門の国立の学校もあるし、かつては舞台というのもプロパガンダの場だったので、国家が舞踏家を養成していたし、今でも公的な舞踏団みたいなのがあるんだろう。

怪物ピザ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Terry Films】台中の夜市のようです。怪物ピザの店と、チャーハン、焼きそば、焼肉スパゲッティ。いずれも惚れ惚れするような手際の良さで、見ていると簡単そうだが、それなりの手練れでないとこうは行かないし、下準備が大変で、客から見えるのはごく一部です。台北の夜市で、一尺ほどの小さい屋台でソーセージを売っているオヤジのドキュメントを前に見たが、自宅の工場には冷蔵の間があって、厨房が広くて、そこで1日かかってソーセージを作り、屋台ではそれをどんどん売るだけ。一尺あれば足りるw 我々の見ているのはごく一部です。

3万人が退院した

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】中国では続々と退院する人が増え、一方で新規の感染者は劇的に減って、3万人が退院したという。シューキンペーは見事にコロナを力技でねじ伏せたと言えそうだ。コレを乗り切ればピークを越えたと言えそうだ。あとはどこでシューキンペーの勝利宣言が出るか、だな。日本はまだこれから。

犬夜叉

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【阿聖是嗩吶精】おいらが今、もっとも注目しているミュージシャンの一人、チャルメラお兄さんです。犬夜叉を演ってます。カメラワークが綺麗だね。雰囲気のある映像に仕上がっている。あちらの伝統楽器の人は日本のアニメが好きで、犬夜叉はたくさんのアーティストがカバーしている。

通りすがりの親父とコラボ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【香菜猫饼】屈託のない笑顔がカワイイ猫餅さん、奇しくも通りすがりの親父とコラボになってしまって、普通の公園で勝手に撮っているみたいだね。足が汚れているのか怪我をしているのか。猫餅さんは基本的には裸足で踊りますね。

山川異域 風月同天

| コメント(24)

過去のAsian Life はこちら↑



【山川異域 風月同天】日本の首相の中ではもっとも優秀な人だったと思うんだが、中国でもロシアでも、この人は評価されていると思う。アメリカには嫌われたがw 日本人の平均知能よりIQで50か60くらい違うので、ネトウヨには徹底的にイビられたがw 感心したのは、中国語の漢詩を読むのに、ちゃんとピンインで発音を確かめて、それらしく発音している。やっぱり外交というのは教養人でなければw

武漢救援

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



「山川异域 日月同天」池袋が新しい中華街として有名になって来たんだが、日本人の女子中学生が武漢救援の募金活動をしている、という話題です。ネトウヨはここんとこ、鬼の首でも獲ったかのように「中国人を追い出せ~」と騒いでいるんだが、そもそも問題なのは日本側で、中国が都市閉鎖までしているというのに、日本は湖北省縛りで無防備都市w この件では完全に日本が馬鹿だ。

跳ねない

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Ethel Anima】YouTubeで踊りばかり見ているので、時々、こういうのも紛れ込む。中東系の踊り手さんなんだが、欧米圏で活動している人たちらしいんだが、このトライバル・フェスティバルはなかなか見応えあるダンサーが多い。芸術的なまでに磨き抜かれた肉体で、素晴らしい腰使い、ちんぽ食い千切られそうw って、おいらの形容詞はこればっかだなw 西洋のバレエなんぞのダンスと決定的に違うのは、「跳ねない」という事で、その点では日本の暗黒舞踏にも似ている。暗黒舞踏の真髄は、西洋舞踏の根底を流れる「重力に逆らった動き」との決別だった。

映画音楽を琴で演奏

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【玉面小嫣然】中国版ポニョみたいな雰囲気もあるんだが、「大魚」というアニメがあって、中国では大ヒットしたらしい。その映画音楽を琴で演奏してます。カリンバ弾きのエイプリル・ヤンさんも演ってたな。中国では伝統楽器の奏者もこういう新しい音楽に積極的に取り組んでいるようで、素晴らしい。

吾亦不畏迢迢

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【紫颜】白狐情书というんだが、情书というのは「ラブレター」です。紫顔さんのシロギツネ姿がカワイイです。実写の本物と組み合わせて、斬新な良い雰囲気の映像作品に仕上がってます。この人は基本にベーシックなバレエ技術を持っているようで、安定してます。

君在千里遥
君一言
吾亦不畏迢迢

という字幕が出るが、吟风曲という曲の歌詞です。この動画のバックにも流れてます。中国人は基本的に、こういうたおやかでヘロヘロした音楽が好きなようです。

うめき草
わんわんなるよう
星空は私の歌を聞いた
贈り物を探しています
ああ、ミステリーと歓迎
千マイル離れた
ああ、人生と同じくらい古い
一言、恐れない

うめき草
わんわんなるよう
星空は私の歌を聞いた
贈り物を探しています
ああ、ミステリーと歓迎
千マイル離れた
ああ、人生と同じくらい古い
一言、恐れない
王のためなら
山道を歌う

機械翻訳だが、少しは雰囲気が伝わるだろうか。

セニョリータ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】セニョリータというのはKPOPSらしい。まぁ、セニョリータなので猫餅さんも南欧風のテラスとリゾート風の衣装で決めて、パンツとブラは黒で、何をやってもセクシーであってもエロではないところが、この娘の持ち味だな。ハイヒールで踊るのは「まだ練習中」だそうです。

古琴台

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【古琴Guqin】古琴台というのは武漢の名所で、中国十大古琴曲の一つ「高山流水」の舞台といわれるところです。戦国時代に編纂された書に、次のような逸話が出てくる。

伯牙は古琴の名人で、鍾子期はその良い聴き手だった。伯牙が高い山に登る気持ちで琴を弾くと、鍾子期は「すばらしい、まるで険しい泰山のようだ」と言い、伯牙が川の流れを思い浮かべて弾くと、鍾子期は「すばらしい、まるで広大な長江か黄河のようだ」と言った。鍾子期が死ぬと、伯牙は琴を弾くに値する人がいなくなったと思い、琴を壊して絃を絶ち、生涯琴を弾かなかったという

弦を切って、琴を弾かなくなったというエピソードは、違うバージョンをおいらは親父から聞いた事があるんだが、それは一弦琴の話だったな。ちなみにおいらの親父というのは、諸橋轍次の大漢和辞典を持っていたよう人です。高等小学校卒だが。

豚肉加工

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】毎年、旧正月には豚を潰して加工するというんだが、中世ヨーロッパの農業でもそれは基本だった。中国でも同じように、ハムやソーセージを作ります。ソーセージは能率の悪い作り方をしてますねw 三枚肉や腿はは砂をまぶして吊るす。杉の葉で燻して風通しの良い室内に。骨付きリブは大根とともにスープに。中国ソーセージはチェンマイでよく食ったが、香辛料がよく効いて、おいらは好物だ。

アイドルごっこ

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】今回は踊りではなく、偽MVです。この娘は特に踊りがやりたいわけじゃなくて、アイドルごっこをしたいらしい。中国人のカラオケ好きは有名だが、ここまでやるという凝り性なのも中国らしいところだw 日本の女の子はアイドルを目指すとしみったれたグループに参加して、お膳立てされたコースに乗ろうとするが、こういう娘は自分で勝手に自分をプロディースして独力でアイドルになろうと考える。歌はカバーだが、歌っているのも本人ですね。オリジナルに比べると歌い方が一層アイドルっぽくなっていて面白いw

赤ピーマンの熟れ寿司

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】何か不思議なモノを作っているんだが、米を挽いて粉にする。それを赤いピーマンなのか唐辛子なのかシシトウなのか、そこに詰めて一週間。乳酸発酵するのかな? 米粉にフードプロセッサで砕いた唐辛子を混ぜて、塩をたくさん入れて、コレも保存食料らしい。赤ピーマン米粉詰めは油で揚げてますね。、唐辛子と混ぜたヤツは、黒豆?とともに炒める。こういう料理は知らなかった。この人は湖南省の西部らしいが、ミャオ族のいるところで、ミャオ族の料理なのか? 確かにミャオ族は熟れ寿司をよく作る。こないだはBS-NHKの番組で、「30年前の鯉の熟れ寿司」というのが出ていたw

人気の犬「大王」くん

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】今回は人気の犬、「大王」くんの特集です。とてつもなくデカい犬で、でもまだ子供なので遊び好きの甘えん坊。犬種はアラスカンマラミュートだそうで、都会で働いていた彼女が家に戻る時に、自分へのご褒美として買ったようだ。体重は100kgくらいありそうだw いつもリード無しで、伸び伸びと育ってます。田舎暮らしの醍醐味だなw 牛よりちょっと小さい、豚と同等のサイズなので、こいつの巨大さはまた特別だ。

ウサギの丸揚げ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Nhà Mình】最近YouTubeは日本語に自動翻訳してくれたりするのでありがたい。時々、妙な訳もあるがw で、「寒い季節に適したカリカリうさぎ肉のグリルポークベリー(毎日おいしい料理)|私のキッチン」です。ウサギは冬の食べ物らしい。油でヒラキを丸揚げw 豪快だねw

路上パフォーマンス

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】いつもの猫餅さん、この娘はかなりアタマが良くて、色々と撮影のコンセプトを考える人です。で、今回は「通行人を映像に取り込む」のを意識してやっている。立ち止まって見ている人もいれば、すぐ脇を通る人もいて、なにやら不思議な景色w アングラ演劇の路上パフォーマンスみたいw ちなみに振付けはあの「白小白」師で、クネクネとオカマのように踊る、全盛舞蹈工作室のあのオッサンですw 「白小白老师!超爱你!」だってw

ぜいたく海鮮肉まん

| コメント(0)
DSC02310.jpg

腕が上達したところで、ぜいたく海鮮肉まんです。豚肉と太葱がベースなのは当然だが、そこに海鮮が加わる。海鮮は、ホタテ、カニ、海老です。海老だけは干し海老だが、ホタテとカニは缶詰。700円以上です。高いね。あとは干し椎茸とタケノコ。味付けはオイスターソースと醤油、唐辛子と花椒。まぁ、ごく標準的な中華定番の海鮮肉まんです。帆立は本来だったら干し貝柱を使うべきなんだが、スーパーは高いので、次は市場で業務用を仕入れよう。

猫餅の猫屋

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】猫餅さん、今回は猫屋という曲をやってます。何かと思ったら、韓国の48らしい。

PRODUCE 48(韓: 프로듀스 48、プロデュース フォーティーエイト)は、韓国の音楽専門チャンネルMnet企画・AKB48グループ協力による日韓同時放送の公開オーディション番組である。Mnet並びにBSスカパー!で2018年6月15日から2018年8月31日まで放送された[2]。日韓参加者96人(日本側はAKB48グループ所属者39人、韓国側は中国籍、米国出身者を含む57人[3])のうち合格者12人がグローバルガールズグループ「IZ*ONE」として2018年10月29日にデビューした[2]。

それはそうと、猫餅さんは衣装とかセンスが良くて、ここでも「制服らしくないセーラー服にセーラー帽、スカートの中は短パンではなくジャーブルと、申し分ないw 多人数のグループで足の引っ張りあいで消耗するジッパヒトカラゲの娘たちとは違う、自己プロディユースでこれだけ出来るというのは素晴らしい。

嘘が二つ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】動画のタイトルが「I was alone in the mountains looking for a natural food called chicken wing fungus」となっているんだが、この短い文章の中に嘘が二つw I was alone って、じゃあ誰なんだよ撮ってるのは? chicken wing fungusというのは鶏の手羽をキノコと炒めた料理(特にきくらげ)だが、ここでは採ってきた野生のキノコをシシトウ、ニンニクと塩で味付け、豚脂で蒸した料理で、どこにも鶏がないw まぁいいや、いつもの事だw

ベトナム風クレープ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】川砂取っているので、何だろうと思ったら、豆を置いてます。もやしを作ってるんですね。なるほど。米粉とネギでクレープ。炒めたキノコとモヤシを乗せて、ベトナム風クレープ。それをレタスとともにライスペーパーで巻いて食べてます。なるほど。自給自足で手に入るモノだけで工夫して美味しい料理に仕立てる。こういうのが人間の生命力というものです。

ミニスカ・チャイナ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】この娘もオキニなんだが、いつもニコニコして楽しそうに踊っているのが感じ良い。ミニスカ・チャイナの中身が短パンなのは中国当局の規制で、パンツ型だと怒られるので仕方ないw

顔が童顔なので幼児体型に見える

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】《芒种》猫餅さんがトラディショナルな中華風の踊りを披露してます。この娘は舞踏家というのではなく、もともとビデオブロガーで、踊りも自己表現のひとつなんだが、その割にはなかなか見られる。手足がやたら長い娘とは違って、標準的な体型なんだが、顔が童顔なので幼児体型に見えるw カワイイけどw

ピリ辛肉まん

| コメント(3)
DSC02294.jpg

肉まんプロジェクト、今回はベーキングパウダーを使わずに、イーストだけでやってみた。薄力粉250g強力粉50g、イースト3g、砂糖10gです。砂糖はイースト菌の餌なので、ぬるま湯で溶いてしばらく置くと、ブクブク泡立って来る。そこで小麦粉と合わせて温度をキープしつつ、30分。倍以上に膨れるので、空気抜きに揉んで、更に15分。具を入れて成形したらすぐに蒸さずに、蒸し器で保温。20分も置くと、こうしてフワフワに膨れます。予備発酵と、二回の発酵、そして蒸し器の中でも蒸す前に発酵と、十分に時間と温度をかけて発酵させるというのがコツで、時間がかかるので最近ネットに出廻っているレシピは、手間のかからないベーキングパウダー使ったモノが多い。具は、リクエストに応えて干し椎茸戻したモノとタケノコを入れてみた。豚肉と太葱だけでも美味しいんだが、味に奥行きが出る。味付けはオイスターソースと醤油ななんだが、今回は唐辛子と花椒を多めに入れてみた。ちょっとピリ辛で、これもいい。次は何を使うか。ホタテなんかいいかも知れない。横浜聘珍樓の海鮮肉まんは、海老と貝柱と紅ずわい蟹が入ってますね。フカヒレなんかも合うかも知れないが、自分でフカヒレ戻すのはさすがに面倒だw

【咬人猫X露露】

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【咬人猫X露露】新宝島というのは踊り手さんには人気のある曲で、たくさんの人がやっているんだが、これが一番だと思う。エロいし。メガネ掛けてムチムチの女教師風の娘がいいね。脚が生々しい。顔がアレだし、無愛想なメガネだし、見るべきところが脚だけに集中するのでなかなかカシコイですw

ラブリーヤン

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【杨可爱】ラブリーヤンさんはウクレレの弾き語りをする人です。中国楽器の素養があるらしく、ウクレレだけでなく琴や琵琶も弾くんだが、これはストーリー仕立てになっますね。ウクレレばっか弾いてるんじゃねーよ、と、理解してくれない父親にウクレレを捨てられて悲しいよ、というのでオフィスワーカーになって働くんだが、やっぱりアタシ、ウクレレが好き! みたいな。映像がキレイです。

ジャーブル

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】我又初恋了丨童装体操服,自唱跳というんだが、この程度の中国語は日本人でも読める。ブルマー姿で踊っているんだが、見たところ、これは体操着のブルマーではなく、スカートの中に穿く「ジャーブル」ってヤツだな。ジャーブルはブルマーより微妙に小さくて、お尻がはみ出す。はみ出したお尻がまた味わい深い。歌も猫餅さんが歌っているそうで、昔の日本のアイドル的な下手くそかげんが素晴らしいw

コケット

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】猫餅さんです。この娘、独特のセンスがあって、今回もゆったりしたワンピースと赤いベレー帽で可愛らしくまとめてます。ラストでお姫さまみたいにお辞儀するところがコケットw

プロパガンダ

| コメント(12)

過去のAsian Life はこちら↑



【Weibo Official Channel】新型コロナでは陰謀論も盛んなんだが、中国共産党の対応を厳しく糾弾する動画と称するモノをよくよく分析してみたら、武漢の住人だと称する人物が台湾訛りで、背景を分析したらそれが裏付けられたとか、中国共産党をここぞとばかりにDisる情報を発信している工作員もいるようだが、中国共産党は中国共産党でまた、プロパガンダとして利用している面もある。

吉林は湖北医療チームの「最前線」日記をサポートしています。武漢に行くこれらの医療スタッフは、吉林省の人々の誇りです!安心して戻ってください。勝利の知らせをお待ちしています!

武漢を救え!というので、中国中が沸いている。今度はマスクが足りないというので、マスク工場を6日で建てるというんだが、そのダイナミックな動きに、世界が呆然w 統制取れた団結ぶりを世界に知らしめて、シューキンペーもにっこり、というような話もあるんだが、少なくとも「1000人病院を10日で建てるような国とは戦争できないぞ」、とビビらせた効果はあっただろうねw

ゆるベジ肉まん

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【我是马小坏】ベジタリアン肉まん、というんだが、おいおい、なんだそれw ベジタリアンといっても卵とオキアミ使っているので、肉を使わないというそれだけのゆるベジなんだが、オンナってゆるベジ好きだよねw この人の生地作りはおいらとほぼ同じで、でも、この人は発酵が上手でよく膨らんでいます。具は、ニラ、炒めた卵、春雨、オキアミ、きくらげ。醤油とオイスターソースと塩で味付け。やんちゃそうな子供二人の子持ちのようです。皮の作り方とか包み方とか、さすがベテランの料理好き主婦w 包んでから蒸すまでに、10分から20分くらい二次発酵させてますね。

脆骨の鉄板焼

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】脆骨の鉄板焼、というんだが、脆骨というのは「軟骨」です。茹でてから焼いてます。付け合せはジャガイモとニラ。例によって醤油、花椒、唐辛子で味付け。ところでタイトルが「2人の母子の山の生活、山での「鉄板揚げサクサクの骨」の辛い生活」となっているので、これは母と息子のようだ。息子は9歳くらいだろう。それにしちゃ母が若いように見えるがアジア人というのは、あまり老けないので、これで30過ぎなのかも知れない。父親はいないのか? いえ、こっち側でカメラ廻してますw

インスタント高級麺

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】今日は山で柴刈り、忙しいので夕飯はインスタントラーメンです。最近中国では、具が小分けされたパックに入った高級麺が人気らしい。つうか、ひょっとしてステマ? 影響力のある農村動画製作者に依頼して、こうやって宣伝してるのかも。

手打ちラーメン、江苏省南京市
醤油豚骨スープ、辽宁省大连市
ラー油高菜、湖南省益阳市
チャーシュー&筍、贵州省遵义市
ラー油、四川省德阳市
胡麻、河南省驻马店市
葱、江苏省泰州市
種類は色々とあるようだが、たとえば上記のような具材が小袋に収まって入っている。パッケージに「マーラー」とカタカナで書いてあります。家里的拉面馆というところで出してるらしい。立派な箱入りで、いかにも高級そうだ。

電動ベンツ

| コメント(9)

過去のAsian Life はこちら↑



【小代的乡村生活】台湾から来ている友人が、家に戻る前に子どもたちのために電動ベンツを買いました、という事なんだが、ずいぶん本格的な、オモチャとも言えないような車で驚くんだが、20km/hくらい余裕で出そうだw 野良犬が群がって後を追い掛けているし、なんとも雑で安直な世界ですw 世の中、これくらい雑でないと息が詰まるw 

今のイチオシ

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】今のイチオシなんだが、猫餅さん。根っからの踊り手というわけじゃなくて、ビデオブログで上海ディズニーランドの案内をしていたり、ギターの弾き語りをやっていたりするんだが、とにかく顔が愛くるしくて仕草も愛らしい。素人なのにw 中国では芸能人の地位があまり高くないので、金持ちの娘は磨きに磨いた美人でも芸能人なんかにはならず、こうして遊び半分にネットで踊ってるだけです。こういう娘を見ていると、日本の地下アイドルなんて貧乏くさくてw

猫餅ラビアンローズ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】《玫瑰人生》いつもの猫餅さん。コレもまた踊りですらないw 完全にアイドルのイメージビデオ。しかし童顔でカワイイ娘だね。ラビアンローズ、誰の歌だろうか。しかし自己プロデュースでこんなん作って経費が回収できたら、ずいぶん楽しいだろう。日本のナントカ48よりずっとクリエイティブだし。面白くって、とても芸能人になんかなりたいとも思わないだろうねw

おどるポンポコリン

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【欣小萌】《樱桃小丸子》例によってほっそーい中国娘なんだが、この娘はそのわりに色気もあってよろしいです。厦門の街をフルに使って、おどるポンポコリンを踊ってます。元気があってよろしい。

聾者へ捧げる歌

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】美人の踊り手の猫餅さん、今回は合成画面の一人二役で、ウクレレ弾きながら歌い、手踊りを見せている。手踊りというか、手話ですかね? 不思議な事をしますw 手話で通訳したって、耳の聞こえない人は歌が聞こえないだろう、とか、無粋か? 意外に歌も可愛らしくて上手です。

巨大カリンバ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Measured Workshop】巨大カリンバという、何とも面妖な代物なんだが、丁寧な木工工作でなかなか美しく出来たんだが、音はあまり戴けないね。共鳴箱リゾネーターが真四角で、そのせいで特定周波数で定在波が出て、ブンブンと籠もった音がする。グランドピアノが何故四角くないのか? 手間かけて作るんだから、リゾネーターにはもう少し工夫が欲しかったな。

東京の明日の姿

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【Li Gang street food】武漢には雪が降ったらしい。相変わらず街にはひと気は少ない。スターバックスは閉まってるが、スーパーマーケットだけは営業中。品物は多くないが、とりあえず最低限のモノは手に入るようだ。みんな盛大に買い溜めしているだろうから、それでも品物を絶えず供給し続ける力があるというのは、さすが中国だ。朝の開店時は品物が揃うが、午後にはスカスカになるらしいので、買い溜めだな。仕事がなくてみんなヒマだしw 買って来た商品は全てスプレーで消毒し、水で洗ってます。東京の明日の姿です。

スーパーシェフ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【超小厨】スーパーシェフです。今日は久しぶりに鍋だというので、家族みんなはしゃいでます。この村でも道路封鎖で車が入れず、歩いて買い出し。肉は売り切れていたのでミートボールと、新型肺炎の影響があるようです。それにしても中国女は声がデカいw 字幕が出るんだが、翻訳がいい加減なので、微妙に何を言ってるのか分からんw

巨大なカリンバ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】巨大なカリンバを弾いているんだが、こんなのあるんだね。初めて見た。お姉さん、歌もなかなか良い。裏声で細い声を出すところが可愛いです。

カリンバの弾き語り

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【落-kalimba & vocal】カリンバの弾き語りというのはいいね。こういう共鳴箱付きのカリンバは音が豊かなので、弾き語りには合いそうだ。カリンバの音をピックアップで拾ってエコー掛けてやりゃ万全だ。それにしてもこの人の動画を見るとカリンバ買いたくなるw

それにしても短いスカートだ

| コメント(13)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】オンナの値段、について考える。結婚が両親の選んだ相手と否応なく決められる社会では、恋愛というのがないので、オンナに値段が付かない。イスラムとか、インド、スリランカとか、そうですね。社会がまだ近代的ではない。アメリカみたいに恋愛至上主義の社会では、見てくれの良いオンナに高い値が付く。トロフィーワイフという言葉があるんだが、まぁ、そういう意味です。だからせっせと磨くんですね。日本は、旧世界的な「お見合い」という世界から恋愛至上主義に舵を切ったんだが、国民の多くがそれに馴染めず、結婚しない人が増えている。で、中国。改革開放以来、都市部では「自分を磨いて高く売る」というオンナが増えて、急速に美人が増えたw あれだけ格差の激しい社会では、なまじ勉強したり努力したりしてオンナが自立するより、キレイになって金持ちのオトコを捕まえる方が手っ取り早いw 中国に美人が多いのは、「美人だと得をするから」、です。それにしても短いスカートだw

承認欲求

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】ロリっ子幼児体型ダンサーの猫餅さん、ちょっと中近東風の衣装で踊ります。去年の4月に撮ったそうだが、気に入らなくて撮り直ししたらしい。このブルーのスタジオセットは、その間に他の踊り手さんも使ってしまって残念、みたいな事を言っている。

私はこのダンスを2、3か月練習し、自分で多くの動きを変え、ダンス教師が私のためにミドルレンズを設計しました
コスチュームが大きすぎて、頭からつま先まで縫い直されています。
撮影は簡単ではなく、膝は半月ほど腫れ、足もガラスに数回刺さります。
しかし、ビデオはまだ非常に満足しており、私はそれが好き

色々と苦労もあるけど、こういう娘にとっては、承認欲求が満たされるシアワセな時なんだろう。それにしても中国の市井のアイドル?は自己研鑽というか、磨きっぷりが凄いね。1日8時間くらい鏡とニラメッコしてそうだw タイのリゾートで。ずいぶん高そうな良い部屋に泊まってます。なんとプライベートプール付きw 金持ちなのか、パパさんがいるのかw 後半で映っている中性的なお兄ちゃんは金持ちのカレシか?

無人配送車

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】武漢の街に出現した無人配送車です。世界が四苦八苦してる自動運転の開発を、危機に瀕した武漢が一気に成し遂げたw ヤマト運輸はこういうの欲しいだろうねw

李姉妹の巨大肉まん

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【李姉妹ch】日本在住の中国人なのか日中混血なのか、バイリンガルの姉妹です。どっちも微妙に「美人」とは言いたくないけど、まぁ、そこそこです。日本語が関西弁なのが、そこはかとなく下品さを露呈しているんだが、まぁ、若いから何でも許されるw 巨大肉まんw 餡は挽き肉、キャベツ、ネギ、セロリ、人参です。粉は強力粉ですね。ベーキングパウダーではなく、イーストです。生地をこねるのも、野菜を微塵にするのも機械ですw 包むところは難しいので、お母さんが手伝ってます。この娘たち、日本語だけ喋っていたら大阪の娘と区別がつかない。今はこういう人がたくさんいる。そういう時代です。

中国がプリズナーNo.6になる日

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【可爱china】TVでもやっているんだが、マスクを付けずに外出している人や外で遊んでいる人に、ドローンから「マスク付けろ」「家に帰れ」と呼び掛けてます。まさかあの中国がプリズナーNo,6になるとは思わなかったw 

『プリズナーNo.6』(原題:The Prisoner)は、1967年9月29日から1968年2月4日にかけてイギリスで製作・放映された連続テレビドラマ作品。主演・企画・監督(一部の回)はパトリック・マクグーハン(Patrick McGoohan)。各話約52分、全17本。
ジャンルとしてはSF的なスパイものであるが、斬新で前衛的な演出や哲学的なメッセージが随所にちりばめられており、2017年現在でも一部に熱狂的なファンをもちカルト的な人気を保っている。

プリズナーNo.6はリアルタイムで見ていたが、主演のマグハーンが監督もやった最終回が一番狂ってて面白かった。

幼児体型

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】この娘、顔がカワイイ系で、素足で踊って、貧乳で、ロリータ系でいいよね。おいらは好きだ。幼児体型w でも、踊りは意外にしっかりしている。ここはさすがに戸外なのでベタ靴履いているが。

中国の動画製作者はフリーダムだ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】カワイイ系の猫餅さんなんだが、ちょっと大人っぽく踊りますw 衣装がドレスっぽくて背中が開いているのに黒いブラしてて、ちょっとチグハグ。この衣装だったら貼り付けブラだろ、貧乳だしw それにしても中国の動画製作者はフリーダムだw

猫餅ってどんな餅?

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【猫饼】猫餅ってどんな餅? 顔が可愛い踊り手さんで、色々とツッコミどころの多い動画を見せてくれるんだが、今回は「東京盆踊り」です。いつも素足で踊り、貧乳です。まだ若そうだね。日本の偽アイドルの100倍カワイイw

チャイナドレスは高いぞ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【紫颜】さっきは「琵琶行」踊っていた紫颜さんなんだが、今回は「芒种」という、これも人気の曲です。彼女は踊りの技術も高いし、美人だし、それに今回はチャイナドレスも着ていて、むっちりと色っぽい。ちなみにヒラヒラした漢服みたいなのは15万くらいで買えるが、チャイナドレスは身体に合わせての注文生産なので、本格的なのは日本の和服くらいカネがかかります。

カメラ目線で弾きます

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Erhu Eilleen 二胡依琳】おなじみのアイリーンちゃんです。台湾の音楽学校の生徒さん。卒業したのかな? 美人です。カメラ目線で弾きますw ちなみに胡弓という楽器はそこそこ難しいんだが、バイオリン弾ける人だったらすぐにマスター出来ます。多分、逆もそうだろうね。

過去のAsian Life はこちら↑



【紫颜】 《琵琶行》舞踏では定番の「琵琶行」なんだが、風光明媚な景色の中、ヒラヒラと優雅な衣装で美人が踊る、まぁ、中国というのはこうしたサービス精神が旺盛で、おいらはバンコクでは美味しい料理と美人の歌手が寄り添ってお酌をしてくれる台湾カフェに入り浸っていたんだが、なんでも噂では、同じサービスをしてくれる風呂屋があるそうで、裸のネーチャンと風呂に浸かって美味しい中華料理食いながら酒飲んで、って、ノボセちゃうだろw それにしても、こういう舞踏は、ステージやスタジオよりはこういう庭園が似合いますね。

踊れ踊れ

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】新型肺炎の患者でも、全然元気なのがいっぱいいるわけです。そういうのも中国は強制的に狩り集めて隔離しているんだが、ストレスで気が滅入るというので、中庭で踊らせていますw 何とも奇妙な景色だが、国を挙げてウイルスと戦っているという雰囲気は伝わって来るw

退院患者

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉火神山医院首批7名治愈患者出院】アベノ肺炎は「3週間で治るか死ぬか」なので、武漢の急ごしらえの病院からは、早くも退院患者が出ています。とっとと出ていかないと、後が詰まっているw 66歳から33歳までの7人(重症だった患者も含む)が退院して行くところです。事態をこじらせてしまってこれから患者がボロボロ出てくる日本では、初期の患者を3週間やり過ごして誤魔化そうとしたんだが、失敗。今から徹底的な対策とっても、まだ一ヶ月かかる。先は長い。オリンピックは諦めよう。

全員マル坊主

| コメント(12)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】中国各地から武漢支援に乗り込む医療関係者が全員マル坊主になって準備している、という映像です。完全防備の服を着るに際しては、女性でも長い髪は邪魔だそうで、まぁ、何とも気合いの入った姿です。それに対して日本では、ハゲの検疫官がハゲ丸出しで皮膚感染してしまうというテイタラクw

砂漠のロケ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Adele Liu】巷は俄に新型コロナで大騒ぎなんだが、今度は、「死んだ婆さんはタクシー運転手の義理の母親」だそうで、家庭内感染が疑われるところなんだが、おいらはマイペースでいつもの仕事を続けるだけです。さて、砂漠でのロケという映像なんだが、中国はバリエーションに富んだ撮影場所があって面白そうだ。衣装や踊りも凝っているが、ラストにメイキングのオマケ映像があって、いかにも楽しそうですw

オヤジが邪魔

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【暮子】どこかの公園らしきところで踊っているんだが、こういうの、いつもそうだが、他の普通の客が行き来しているところで撮っているんですね。この動画でも、オヤジが邪魔しに入って来るようなシーンがあるが、気にしないで踊り続けるところがリアルでよろしいw

肉まんプロジェクト

| コメント(2)
DSC02255.jpg

肉まんプロジェクト、餡も皮もほぼレシピが決まって、味としては満足の行く物が出来たんだが、皮と餡のバランス、蒸し器の能力など、まだ詰めるところが残っている。蒸す時に下に料理用の紙を敷けば張り付きは防止できるが、隣との間隔をしっかり空けておかないと、隣とくっついてしまう。とりあえずレシピ。薄力粉250g強力粉50gドライイースト3g(砂糖20gとともにぬるま湯で予備発酵をする)塩少々。餡は豚肩ロースの粗く切った物を、太葱と玉ねぎで軽く炒め、醤油とオイスターシューターで味を付けておく。これで6個出来たんだが、蒸し器が小さいのでもっと大きい蒸し器が欲しいね。、二段式とか。

承認欲求

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【琳汐+筱言】高校の構内のようだが、文化祭でもやっているのか、外部の人もいるようです。よくこんな場所で踊るな、と思うんだが、それは話が逆で、こんな場所だからこそ、踊るんですね。誰もいないところで踊っても誰も見てくれないからw 承認欲求ってヤツだ。ロリータ・ファッションもそうで、そういう承認欲求の持ち主はどこにでもいるんだが、日本じゃ高校でコスプレして踊るヤツはいないw

ドローンで消毒液を散布

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】貴州省らしいんだが、ドローンで消毒液を散布してます。どんだけ効果があるのか知らんが、近未来的な光景だw 日本ではそもそも都市でドローン飛ばせないので、考えられない。新世代の発展の芽を片っ端から潰して行くスタイルw それがニッポンw

ちょっと太った

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【南方小蓉 XiaoRong】久々の南方小蓉さんです。前回の動画が去年の12月31日だったので、6週間の間が空いたんだが、ちょっと太ったみたい。シアワセ太りw オンナは結婚して落ち着くと太るね。今日は種芋みたいな小さい芋を茹でて食べます。唐辛子振って食ってますね。

過去のAsian Life はこちら↑



【呜哝x奶果】仲良しかと思ったら、双子だそうです。こんな娘を二人も飼うのは、親も容易じゃないなw 毎度違う衣装で多数の動画をアップしている。カネかかってたまらんわ、それも倍w 素人なので、微妙に合ってないところがイイね!

精進料理の日

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】精進料理の日だそうです。バンコクでもそんなの聞いた事があるので、割と知られた風習なのだろう。普段使っている包丁や食器をヨモギ汁で洗い、穢れを落とす。冬瓜と豆腐で紅焼、エリンギに匠に包丁を入れて、烏賊みたいに。干栏片というのはエンドウ豆で作る湯葉のようなもので、コレは揚げてトマトとともにスープにする。凄いね、精進でもこれだけの料理を作る。スーパー主婦だ。ちなみに彼女は身長170cm、年齢は29歳、ボーイフレンドはいないそうですw

切り干し大根

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】切り干し大根というのは田舎では定番で、ところで野小妹は小さなコテージの家を手に入れたようだ。台所をその横に建てているんだが、この程度の造作は田舎では自分でやります。彼女もせっせとブロックを運んでいる。自力更生です。犬が二匹に増えてますw 切り干し大根は水で戻して、調味料で和えてちょっとしたツマミに、また豚肉などと炒めてオカズにと、野菜の少ない時期には大活躍です。

過去のAsian Life はこちら↑



【Jsenta】例によって日本大好き少女の踊ってみた系動画なんだが、途中で衣装替えがあったり、場所もそれらしいスタジオ用意したり、やる事が半端じゃないですねw 上海あたりでは、こういう撮影スタジオがあって、コスプレ愛好者が借りて、こういう動画の製作に励んでいるらしいw 日本人よりやる事が本格的で、凄いわw

眼福というもの

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【莓可】 旗袍『夜宴風波』細い娘です。おまけにヒールが10cm以上ある靴で踊るので、見栄えは良い。特に踊りが上手というわけじゃないが、とりあえず露出度が高くて見事なまでに細い肉体を鑑賞させていただくだけで眼福というものだ。これくらい身体が細いと、貧乳でないと似合わないねw

小正月の団子

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】黒胡麻と砂糖を等量ずつ混ぜて、豚の脂で練って餡にします。菜っ葉は粉砕して青汁にし、火龙果というのは「ピタヤ」と読むんだがドラゴンフルーツです。これも潰して色付けに使う。さっきの胡麻を中に入れて、うるち米で団子を作る。青と、紫と、プレーンの白と。茹でて出来上がり。小正月の素朴な団子です。キンモクセイの花をトッピングして完成。

連獅子女

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【Jsenta】こうした踊り手さんなんだが、ほぼ例外なく髪の毛が長い。日本では、特においらの世代の田舎では、中学生になると女の子は全員ショートカットを強制され、中学生は全員ショートカットだったので、若い娘のロングヘアーというのはむしろ珍しいくらいだったんだが、この娘さんはまた一段と長い髪で、連獅子みたいにブンブン髪をブン回してチャイナドレスが黒なのにパンツは白くて、なかなかw ところで「中国娘はパンツ見られても平気」という話があって、昔、中国が改革開放に舵を切った頃、日本のカメラマンがあっち行って女の子のヌードをたくさん撮って来たんだが、パンツが妙に薄汚れていて驚いたんだが、おまけに脇毛はボーボーだし、ストッキングは伝染しているし、なんか、生々しくて良かったですw 脇毛マニアはまだいて、YouTubeにも中国のkireiな姉さんの脇毛動画コレクションを公開している助兵親父がいますw 伝統的に中国では「まんこ見られるより素足を見られる方が恥ずかしい」という纏足に由来する美意識があるらしいw 実は、足というのはそのヒトの生活が反映されるので、足を見れば育ちが判るんですね。裸足で野良仕事やってる百姓娘は足の指が開いているし、都会のお嬢さんは小さい靴を履いているので足の指がくっついている。

かぼちゃのフルコース

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】かぼちゃのフルコースという、まぁ、あんまり有難みはないわなw かぼちゃの皮だけ集めて炒めたり、薄切りにしてポテトチップみたいに揚げたり、米粉と混ぜて胡麻団子にしたり、かぼちゃのフルコースw 自給自足の田舎暮らしでは、どうしても食材が偏るね。

今度は肉まん

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【三丰美食 China Family Food】こないだ花巻を作っていたお兄さんなんだが、今度は肉まんです。豚肉と大葱です。小麦粉750gにイースト7g、生地作りは花巻といっしょです。中国人はコレに慣れているので、餃子の皮でも麺でも自分で作れる。太葱はずいぶんいい加減な切り方をしてるね、と思ったら、手廻しのフードプロセッサーで粉々にしてしまった。肉もペーストになるまで刻んで混ぜ合わせる。醤油、オイスターソースなどで味を付け、餃子の皮を作る要領で肉まんの皮を作って、具を包む。蒸して出来上がり。見る分にはずいぶん簡単そうだw

車は馬ほど速くありません

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】今度は雲南です。貴州省の村医者は小舟で診察に廻っていたが、この医者は馬だw 中国では田舎が発展から取り残されていて、都会との格差が激しい。また、都会でも正式な戸籍を持たず、田舎から出稼ぎに来ている貧乏人のスラムみたいのもある。武漢のパンデミックも、そうした中から必然的に発生した物だ。中国は、改革開放以来頑張って、今の繁栄を勝ち取った。だが、それを国の隅々まで行き渡らせないと、本当の勝利ではない。

雲南省紅河県の元陽郡は、世界遺産の元陽段々畑の場所であり、Pan枝花郷の管轄下にある珠村は、深い山の中にある貧しい李村です。村の道路は村のグループ間で開いていますが、高い山や斜面には多くの急な曲がりがあり、「車は馬ほど速くありません」。

最後に赤い貼り紙が出て来るんだが、「野生動物にさわるな、絶対に食っちゃいかん」とありますねw

出だしのショットで呆然

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【Jsenta】出だしのショットで呆然w なんちゅーエロいネーチャンだよw 超ミニスカのチャイナで、踊りはバタバタしていてあんまり優雅じゃないが、よくある黒の短パンではなく、ちゃんと白いパンツなのも評価が高いw

農村動画の製作者

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Goldthread】雲南の滇西小哥 Dianxi Xiaogeチャンネルはここでも散々紹介してお馴染みなんだが、こういう農村動画の製作者のところにはマスコミも取材に訪れるようで、リーズーチーさんもそうなんだが、嘘をつけないですね。共産党のバックアップがあっての「ヤラセ」ではあっても、実際にこういう生活があるわけです。で、「大王」なんだが、アラスカンマラミュートだそうで。


柴刈り

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】「おじいさんは山に柴刈りに」というんだが、柴というのは現代ではほとんど使う機会のない言葉で、燃料にする雑木を拾ってくるわけです。山の暮らしでは、食べるものだけではなく、エネルギーもカネで買うわけではない。

柴(しば)は、山野に生える、小さな雑木である[1][2]。「柴木(しばき)」とも。
折って薪(燃料)にする[1]。また、垣根や壁、その他の材料としても使われる。 特に木の種類は限定しないが、結果として多くはツツジ科の雑木・灌木。 柴を採取することを「柴を刈る」と言う。刈ったもの(多くは束ねて用いる)は「粗朶(そだ)」という。

さて、弟を連れて柴刈りに行くお姉さん。年齢差から考えて、息子ではないと思う。柴で燻した魚の干物を料理します。ここは新型肺炎の影響もなさそうで何よりですw

武漢支援

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】河南省の貧しい地域なんだが、100エーカー分の大葱を武漢支援に寄付した、というNEWSです。日本も太葱の季節なんだが、中国でも太葱は料理には定番でよく使うので、有り難いだろう。河南省はコロナの流行地ではないんだが、みんなマスクをしてますね。

村医

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】貴州省というのは中国でも最も発展が遅れた地域だそうで、医療体制も不十分なので、今回の騒動では大変で、「村医」が人々のところを廻って体温を測ったりしてます、というNEWSなんだが、ただでさえ医者が足りないので、こういう田舎には限定的な資格の医者というのがいるらしい。日本でも戦後の沖縄で、正式な資格を持たない軍の医務官アガリの医者が特例として認められて存在したケースがあるが、さすがにみんな死に絶えたw 

大連から500人の医者

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】大連から4機の飛行機で500人の医者が武漢支援に送り込まれた、という映像なんだが、いかにもダイナミックな中国らしい人海戦術ですw この他にも軍医が何百人も送り込まれている。「医療体制がなってない」という不満に対して、共産党も必死で応じているようだ。こういう時、中国の民衆というのは凶暴で、収容された患者が暴れたりするので、やっているところを見せないと国家が危うい。

中国文化の原点は唐帝国

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】なかなか凝ったセットで撮ってます。シルエットでの手指の動かし方とか、優雅だ。唐風という事で、今の中国ではファッションとか化粧とか、唐風のあしらいが人気のようです。中国文化の原点が唐帝国なのだろう。

中国茶

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【Gongfu Tea Tutorial】中国茶道というのは日本みたいに儀式的なものではなく、美味しいお茶を淹れるための手順です。バシャバシャこぼしながら淹れるので、あまり気を使わなくて良いし、お道具も使いやすければそれでいいので、高価な物が必要なわけでもない。それぞれの道具の使い方さえ判っていれば、あとは自己流で良い。中国茶は熱湯で淹れるので、そこが煎茶とは違う。

具の入ってない肉まん

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【三丰美食 China Family Food】花巻というんだが、具の入ってない肉まんみたいなもんです。小麦粉で作った蒸しパン的な物です。

花捲(ホアジュアン)は、中華料理の点心の一種。小麦粉を使った蒸しパンのようなものである。ほんのりと甘く柔らかな食感のものが多い。その名前は、渦巻きのような模様が表面にあることに由来する。中国語で「花」の字には模様などの意味もあり、ここでは面白い形といった意味である。

作り方は、小麦粉をベースにした酵母による発酵生地を使う。薄く伸ばした生地に油を塗って棒状に巻き、短く切り分けた後に、折り畳んで捻るなどの方法で成形する。この工程により、棒状に巻いた生地の断面が表面に出て、独特の渦巻き模様ができる。成形後に2次発酵させてから、蒸籠で蒸し上げる。

中国では、小麦が主食の地域が多くて、麺にする事が多いんだが、花巻や肉まんも食べられている。動画ではオッサンが何やら喋りなから作っているが、解説なくても見れば判る程度の物です。

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】美人でスタイル良くて踊りも上手で、おいらの中ではナンバーワン的な踊り手さんなんだが、思えば中国もここまで来たか、という感慨があるね。おいらがご幼少のみぎり、こういう若い娘っ子らは毛沢東語録を片手に掲げ、人民服で造反有理とかやっていた。自動車なんて個人で持ってる人はいなくて、みんな自転車漕いでいた。踊りといえば革命劇で舞台化粧塗りたくった人民服の女優が舞台で踊るだけだった。半世紀で世の中、こまで変わる。そりゃ日本も老いるわけだw

ねこと自給自足

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑


【ねこと自給自足生活】フィリピンの少女たちが猫や犬と戯れるという、それだけのチャンネルなんだが、造りが日本語なので、日本のボランティア団体とか絡んでいるかも知れない。

いつもコメント頂き有難うございます。
当チャンネルは日本語が読めない複数のフィリピン人が管理しております。絵文字や簡易な英単語でメッセージを頂けると相手に意思が伝わります。理解可能なコメントには「グッド」や「ハート」で気持ちお返しさせていただきます。
日本語のみのコメントも勿論OKです。コメントの自治ならびに代理返信など歓迎します。
当チャンネルの収益は100%現地人と動物たちに使われます。

NPOのフィリピン支援というのはキリスト教の関係で昔からやっていて、実家が裕福なキリスト者だった山本太郎は小学生の頃から夏休みなどを利用して親の手伝いでフィリピン支援に行っていた。その時に、フィリピンのソウルフード、バナナキュー(バナナの黒糖コーティング焼きバーベキュー)を食べて好きになり、不思議なダンスを踊って小銭を稼ぐ街の乞食を見て、あのメロリンQを思いついたという話がある。そして今、スマホとPCを与えられた少女たちは、インターネットによって世界と結びつき、世界を変えようとしている。

中国人は大食い

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【渝乡桃子】いっぺんに150kgの腸詰め作っているんだが、商売というわけじゃない、自家消費です。中国人は大食いだ。まぁ、冷蔵庫をあまり使わないだろうから、豚を潰したらハムかソーセージにしておかないと保存できない。例によって、塩、唐辛子、花椒、白胡椒を混ぜ、燻して作る。砂糖と菜種油が隠し味だ。

揚げバナナ

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】このシリーズは旦那が女房使って動画作っているらしい。希少動物食って警察に捕まったりしてますw アクセス稼ぎのためならエンヤコーラw  今日はバナナです。バナナを剥いて、小麦粉と削ったココナツ、コンデンスミルク、卵、胡麻などでコロモを作り、平べったく叩いて延ばしたバナナを揚げる。サツマイモの天婦羅みたいな味がするんじゃないかと思われるw

归去来兮

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【归去来兮】この娘は西洋的な活発な踊りが得意なんだが、帰去来の辞です。美人でスタイル抜群なので、何をやっても見栄えがするね。踊りもかなり本格的に上手いし。You Tubeで「小仙若」で検索するといっぱい出てくる。

武漢封鎖も三週間目

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城日记15】武漢封鎖も三週間目に入った。薬局の店内には入れてくれないが、店頭で体温計や消毒液は供給されているようで、特に騒ぎにはなっていない。最近の中国人は民度が高くなったのか、こういう時に暴れたりしないようだw 名所、黄鶴楼にも人影はない。そろそろ規制は少しずつ緩和されて行くのだろうか。

サツマイモがたくさん穫れた

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】サツマイモがたくさん穫れたので保存用に加工します。まずは干し芋。蒸かして切って天日乾燥。これは日本でもやっているね。豆州楽市の通販でも売っているんだが、遠州の干し芋は薩摩から伝わった。

明治3年、江戸に向かう薩摩の御用船「豊徳丸」が嵐のため御前崎沖で遭難、それを助けた村人が、お礼に、と、サツマイモの栽培方法を伝授されました。やがて、サツマイモはこの地ならではの、強い風と、冬の太陽によって、天日干しの干し芋となって、今に伝わっております。遠州の特産品です。

もちろん薩摩では琉球から、琉球では中国から伝わったのだろう。さて、もうひとつの保存法としては、精製して粉にして、薄い皮みたいなのを作って、干します。これは切って、幅広の麺として使う。揚げた肉で鍋やってますね。中国人は複数の調理法を組み合わせて使うので、なかなか凝ってます。

 1260円(税・送料込み)
<ヤマセン 遠州産干し芋 180g×2>

今では日本中どこでも作っている干し芋、安い物では中国製もあるんだが、元祖は遠州です。さつまいもを蒸して切って寒風に干しただけの、無添加自然食品です。干し芋は茨城で生産されている物が多いんだが、発祥は遠州地方、それも浜岡周辺です。その、元祖の干し芋です。素朴な甘みがヘルシーなオヤツとして人気です。

小正月の団子

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】元宵節というのは日本で言うところの「小正月」です。中華文化圏では提灯祭りというのをやる。さて、小正月の団子です。日本でも小正月というと「団子飾り」というのを作るんだが、遠く離れた貴州省の田舎と日本と、似たような風習があるというのは珍しいね。日本の団子刺しは食紅で色を付けるんだが、こちらは色々な食材を使って色とりどりに仕上げてます。

武漢支援

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】武漢支援で活動する面々のために食事を作るボランティアとして参加した人たちだそうです。しっかりした食事を提供していて、離れて食べるように指定されていて、中国では政府が必死で街を維持するために頑張ってます。ここで踏ん張られないと、中国全土にウイルスがバラ撒かれ、国家の存亡にかかわる事態になってしまう。

豚肉の胃袋

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】豚肉の保存法のひとつなんだが、香辛料まみれにした三枚肉を豚の胃袋の中に詰めて、軒先に吊るして置くだけです。生姜、焼酎、塩、花椒、カルダモン、胡椒、唐辛子、しかし豚さんも悲惨ですねw 細切れにされて自分の胃袋に詰められるw 縫って閉じて、外科手術みたいw 二ヶ月以上も保存できます。外気に触れさせないので、いい感じで保存されている。不思議な作り方のチャーハンに使ったり、胃袋は煮てツマミにしたり、余すところなく利用し尽くして、巨大犬「大王」も胃袋の端っこ貰ってますw

火神山医院雷神山医院

| コメント(33)

過去のAsian Life はこちら↑



【火神山医院雷神山医院】10日で2000床の病院を作ってしまうという、実はコレって軍事力そのものなんですね。もちろん、それに見合うだけの軍医も飼っている。日本でも軍医は1000人近くいるらしいが、10日で2000床の病院を作る能力はない。決断力も実行力もない。アメリカではインフルエンザが大流行で、貧乏人が治療もされないままに何万人も死んでいる。どれだけ蔓延しても、それは貧民窟の話なので、高級住宅街と会社を車で行き来する金持ちにはどうでもいい話だ。中国では、密告を奨励してまで患者を狩り集め、隔離する。対照的だねw 別に中国の権力者が偉いわけではない。中国では疫病で王朝が倒れるという歴史が繰り返され、それを恐れているだけなんだがw

武漢封鎖14日目

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封闭日记14】武漢封鎖14日目です。スーパーへ買い出しに。飲食店はみんな閉まっているが、品物は豊富で、レジだけは行列。入店の際に体温を測られる測られるようです。続いてカルフール。ここでも体温を測ってから入場。品薄の野菜も出ているようだ。急いで補給しないと、人民どもが暴動起こすぞ、しっかりしろ、シューキンペーw

武漢封鎖から13日

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城日记13】武漢封鎖から13日が経過。ゴーストタウンのようになって、住民は家で息を殺して刻の過ぎるのを待っている。特に大きな混乱は見られないので、これから徐々に都市機能は回復して行くだろう。みんなマスクして、手を洗って、中国人のくせに衛生観念がいきなり向上して笑えるんだが、インフルエンザで何万人も殺して威張っているアメリカとは大違いw 最近はツアー客も「行儀が良い」と評判だしw 中国でこういう病気が流行するのは、中国語というのが抑揚で意味を伝える言語なので、大声でしゃべるからではないか? まるでケンカしてるんじゃないかという勢いで、ツバ飛ばして喋るんだものw

中国やロシアはレベルが違う

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【汉服舞蹈《一念花开》】ひとつひとつの仕草が指の先まできちんとコントロールされていて美しい。それでいながら、脚を上げたり、身体を反らせたりといった動きは素人離れしていて、まぁ、毛沢東の時代から、中国はこういうオンナを国家が養成して来たからね。美人だしw 北朝鮮の「喜び組」は有名だが、中国やロシアはレベルが違う。幼い頃から少女たちを教師が観察して、使えそうな娘がいると、そっちの道へ進まされる。その中から更に、上海雑技団、新体操、舞踊団などに配属されるわけで、親や子供がやりたいからと言ってバレエを習ったりするのとはわけが違う。今はどうなのかね? 幼い頃から肉体的な訓練を積んでいるというのは同じらしいが。

搾菜

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】ザーサイなんだが、英語でmustard tuber と書いてある。「辛子の根塊」です。ザーサイはカラシ菜の変種らしい。搾菜という中国語は、漬物にする時に、最初塩漬けにして、その塩を絞って抜くから名付けられたそうで、そう、基本的には漬物にします。一年寝かせた古漬けがポピュラーなんだが、最近は浅漬けもあって、長野あたりで作っているらしい。中国でも歴史の浅い野菜で、1930年頃から出まわりはじめたようだ。

収穫したザーサイの茎の肥大部を天日に干し、一度塩漬けにしてから搾って塩分を抜き、調味料(塩、唐辛子、花椒、酒など)と共に甕に押しこんで本漬けする。「搾菜」の名前の「搾」は塩水を搾ることあるいは搾るように甕(かめ)に押しこむところから来ている。最初の塩漬けだけをした搾菜もあり、香辛料で本漬けしたものは「四川搾菜」と呼ばれ区別される。

さて、メイメイさん、塩で水抜きして、絞って、花椒と焼き唐辛子で漬けてます。メーカー製と違って、刻んでから漬けてます。この方が早く漬かるのだろう。

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】この娘、顔はかなり可愛い美人だし、何よりスタイルが素晴らしい。中国娘にしては肉付きも良く、でも、まあ、踊りはそこそこです。また今日は何という衣装だよw 日本式のセーラー服は人気あるね。クールジャパンって、スカートがこんなに短いと、腰が冷えるぞ、毛糸のパンツ穿きなさいと婆さんが言ってましたw

明日は我が身

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城日记07】武漢の様子です。全員マスクを付けてます。スーパーには品物が並んでいるので生活に支障はなさそうだ。街には人はほとんどいない。みんな必死に耐えている。次は東京がこうなる。覚悟しておけ。

台湾カステラの店

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Terry Films】台湾カステラの店です。台湾の路地裏にあるらしい。オッサンが丁寧に作ってます。焼けたらひっくり返して卵黄を塗って再び焼く。丁寧に寸法を測って切り分ける。台湾カステラは最近スイーツ業界でちょっとしたブームになっているんだが、普通のカステラよりプルプルしてます。台湾人のお茶とお茶請けのお菓子にかける情熱というのは凄いねw

金砂情书

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【金砂情书】金色の「砂に書いたラブレター」というタイトルです。金持ち娘の仕掛けた敦煌ロケの折に撮られた映像だろう。踊りそのものを見せるというより、コスプレと映像と踊りと、様々な方向から切り込んで作られた動画です。発表手段も含めて、インターネットならでは、の世界だな。

タンブラー娘のドバイツアー

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【西安网红不倒翁小姐姐来迪拜,】タンブラー娘なんだが、世界ツアーに出ているらしい。1月の27日から29日までドバイのアミューズメントパークアンドリゾートで公演をしたようで、その映像です。

爆弾アラレ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Crispy Popped Rice Candy】爆弾アラレなんだが、最近見ないね。昔は家からお米貰って駆けつけたもんだ。ここでは更に、飴とからめて「雷おこし」みたいなのを作ってます。台湾らしい。

ポップライスの原料は米で、これを圧力炉に入れ、圧延圧力炉で加熱します。加熱プロセス中、米粒の水は圧力炉で加熱されますが、体積を増やすことはできません。圧力炉の電源を入れると、炉内の圧力が突然解放され、米粒の水分が即座にガスに変わり、内部の高圧ガスが放出するには遅すぎるため、爆発が発生し、爆発音を生成します。

昔はこういう素朴なお菓子で子供は大満足でしたw

武汉不孤单

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉不孤单】「武漢は独りじゃない」という応援ソングです、今、中国は国を挙げて安倍ノ介助ウイルス撲滅に向けて頑張っている。この動画にも出てくるんだが、各地の人民解放軍から軍医が何百人も送り込まれ、一週間で建てた病院で命懸けの救援活動をしてます。医療スタッフは、「カネのためではなく、命も要らない」という誓約書にサインさせられ、泣きながら、立ったまま食事をしながら患者を診ている。一方、日本では隠蔽に走ったw

Irina Akulenko

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【Irina Akulenko - "Justice"】この動画は前に紹介したかも知れない。10年前の動画なので、今でも活躍するイリーナさんも若いです。実に美しい、パーフェクトなボデイです。舞踏というのは、いかにオンナとしての魅力をアピールするかという部分があるんだが、ひたすら優雅な中国と違って、ベリーダンスというのは生々しくてエロいですね。あんなクネクネと動く腰つきのオンナとセックスしたらチンポ食い千切られそうでタマランw 

琵琶行

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【琵琶行 】踊り手さんたちに人気のある曲なんだが、この人はオリジナルの振り付けで踊っていて、なかなかよろしい。かなり達者な人で、優雅な動きと、激しい動きと、両方できる人です。美人だし。しかし、こういう動画を史跡や古寺などで撮っているのをよく見るんだが、中国はそういうところは割とフリーダムですね。

コーヒー園は花盛り

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】山で一人子ども食堂をやっていた20歳のお嬢さんなんだが、何かの事情があったのか、山を引き払って実家に戻ったらしい。しみじみと歌をうたってます。派手さも色気もないが、可愛い人だ。このお花畑は、コーヒー園だそうで、多分、ロブスタ種だろう。アラビカ種はこんなにたくさん実を付けない。ベトナムは世界第二位のコーヒー産地です。

肉まん

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【 手工鮮肉包】台湾のストリートフーズというんだが、肉まんです。肉まん、美味しいね。このところ白飯の代わりにせっせと肉まん食っているんだが、20分くらいジックリ蒸すと美味しい。ところで、横浜中華街の肉まんは、ごく一部を除いて全部同じ工場で作っているそうで、まぁ、そんなもんだろうw

歩いているだけで色っぽい

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】中国舞踊というのは、女らしい魅惑的な姿を見せるものだと思う。クネクネと歩いているだけで色っぽい。今回は衣装も露出度高めでいいですねw もっとも現実の中国娘は、もっとガラッパチで仕草が荒っぽいみたいな感じがするんだが、まぁ、それは理想と現実の差というものかw

やっぱりコレも亭主が撮っていた

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】東南アジアはナスに気候が合っているらしく、市場に行くと豆みたいに小さいのからミズナスみたいに大きいヤツまで色んなヤツがあるんだが、これは日本のナスに近い品種ですね。さて、あっちの人はニンニクを包丁の腹でベシッと叩いて潰してから切ります。なかなかカシコイ。ナスは丸ごと焼いて、皮を剥いて微塵切り。粗挽き肉やネギと炒める。また、丸ごと焼いたヤツを開いてバターを塗って、さっきの挽き肉炒めを乗せて、ちょっとお洒落に、見てくれの良いひと皿です。

ところでこのサイトは「奇抜さを求めるあまり、保護指定されている動物を調理して食った」というので、カンボジアの環境省にアゲられて、警察の取り調べを受けたそうで、そうか、やっぱりコレも亭主が撮っていたのかw

雷神山医院建设

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【雷神山医院建设】ホントに10日間で病院を建ててしまった。現場は2交代で24時間廻しているらしい。立ったまま5分でメシをかっこみ、凄い勢いで頑張ってる。これが病院建設だからいいけど、戦争になったらこの勢いで空母だ、戦車だと作るだろうから、日本なんかが太刀打ち出来る相手ではないねw 

朝の5時か6時に目を覚まし、2つの交代制が24時間オープンし、5分で食事をし、終日建設を急ぎます。全国の建設業者が残業してレイセオン山病院を建設しています。

アメリカも太平洋戦争時には、「週刊空母」と呼ばれるカサブランカ級護衛空母を月に2隻、3隻、4隻と作っていて、戦争というのはそういう物です。

漢服美人

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑


【Music Selection】 いつもの創作ミュージックビデオなんだが、美人に漢服でコスプレさせて、ポートレート的な動画を撮りため、曲に合わせてストックから継ぎ接ぎしてまとめるという手法のようだ。

"歸去來兮MV"漢服美人出場序
1、卓啊卓
2、思詩
3、七嶼
4、半舟舟
5、雲清
6、林思意

漢服風のコスプレというのは若い人にも人気のようで、少なくともチャイナドレスより人気なんだが、チャイナドレスというのは清王朝の服で、満州人の衣装なので、漢人の嗜好するところではないのだろう。

封鎖前の武漢の街

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【封城前的武汉】一ヶ月前というから、封鎖前の武漢の街だそうです。平和で穏やかな街があった。そして今、武漢はウイルスという見えない敵と戦っている。封鎖から2週間になろうとしている。1600人収容の病院も完成した。がんばれ、武漢の市民たち。明けない夜はない。そして、夜明けはもうすぐだ。

古琴在此

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【NordicChinese Times北欧时报】武漢のイメージソングなんだが、今回のコロナ騒動とは関係ない。おととし中国共産党の武漢市委員会のプロパガンダ部が作ったビデオだそうです。歌詞がなかなか良いです。とても共産党のプロパガンダ部が作ったとは思えないw 

私の街は病気です

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【我的城市生病了】

私の街は病気です
しかし、私はまだそれが大好き
武漢
交差点の風
夏の昆虫を覚ます
竹のベッドで夢を見る子
ホットヌードルスープ
食べながら同じに見える
世界の終わりにもかかわらず、忘れられない味
これは私の家です
ここで育った
今まで橋を渡って、心を注ぐ
夜のドライバー
街を見せてくれた
夜遅くまで
黄鶴楼についての詩
とてもおなじみです
何度も見下ろして静かに話しました
私だけがそれを直言できます
他の人はそれを賞賛する必要があります
最愛の武漢

武漢が大好き

江漢路の雨
何回経験しましたか
チャールズのソーダはワイングラスに置き換えられました
誰が自慢していますか
お願いします
数千マイル先
母は息子に家に帰りたい
これは私の家です
ここで育った
扇だけで真夏を過ごします
冬に雪が降る
人生はいつも暑い
武漢の素敵な男の子
これは私の家です
それを守る
故郷の地球が私の足にキスをした
いつか
私が必要です
手伝います
できる
手伝います
できる

ガンバレ! 武漢

南京豆の収穫

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】今日は南京豆の収穫です。南京豆というのは、米が作れない土地で作る。土地が痩せていても採れる。静岡では、遠州の砂地の土地とか、富士山麓の水田が作れない土地で作ってます。映像で見ても、乾いた土地のようです。収穫終えたら、そのままそこで食事。土を掘って簡単な炉を組んで、ご飯を炊いて魚を焼く。カンボジアは意外に人口密度が高いんだが、なんだかんだ、土地の生産性が高いんですね。

余所者が入って来ないように

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【乡野小婷】家鴨飼いのオバチャンなんだが、湖南省です。湖北省が近いので、村境には人が溜まって検問してます。余所者が入って来ないように見張ってます。今、中国のあちこちでこうして孤立した村落があるんだろう。

女剣客

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】中国では「時代劇」というと「剣客」というのが定番で、それも「女剣客」というのが人気だったりするんだが、実際には唐の末期から清朝まではオンナは纏足していてヨチヨチ歩きしか出来なかったので、女剣客なんか存在するわけがない。共産主義は男女同権については徹底していて、オンナもいっちょ前になったので、今では中国ではオンナが威張っていて、そうした反映なんだろうね。で、ヒラヒラの優雅な衣装で、でも刀持って、女剣客ですw まぁ、悪役日本軍人とか女剣客とか、ステロタイプなキャラを作っておくと、物語はやりやすいw

中国人のくせに400円の麺は贅沢だ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【多多其木格】内蒙古の大草原でインスタント麺をすする女の子w このタイプの麺は今、中国で流行っているらしい。お湯を沸かさなくても、熱々の具だくさんの麺が食べられます! 日本でもあったよね。石灰か何かで、水を入れると熱々になる弁当というのが。

濃厚スープと
ゴロゴロ香辣牛肉が
ほろほろで美味しいです。

「速達」というわりには
合計20分かかるのですが
美味しいからいいんです

25元、400円弱です。中国人のくせに400円の麺は贅沢だ。おいらでさえ、128円のセブンイレブンのカップ麺食ってるというのにw

自家製XO醤

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【自製 XO 醬 】XO醤というのは1980年代後半に香港で考案された調味料だというんだが、誰も商標登録しなかったし、特許も取らなかったので、今ではあちこちのレストランが自家製XO醤を作って看板にしてます。

XOとはブランデーの最高の等級を示すエクストラオールド(eXtra Old)からの命名である。あくまで高級感を持たせるための修飾語であり、実際には古く熟成させる工程はない。また、各種素材をブランデーにて加工した醤と思われることがあるがこれも誤解である(但し、風味づけとしてブランデーを使用している製造元もある)。中国語の「醤(ジャン)」はペースト状の調味料のこと。

他の醤と異なり、乾物を主原料とするXO醤は、香港では調味料としてだけでなく、高級な酒の肴や箸休めとしても食され、レストランでも単品メニューとして載せている場合がある。日本においては、白飯にXO醤と刻んだ青ネギを盛りつけた「XO丼」をメニューに置く中華料理店もある。また、高級レストランの中には自慢の自家製XO醤を瓶詰めにし、販売をする例もある。

基本的な材料としては、干しエビ、干し貝柱、金華ハム、など。あとは生姜、唐辛子、ニンニク、などで味を調整する。さて、このXO醤を自家製で作ろうというんだが、YouTubeの設定から字幕を日本語にするとわかり易いです。

複刻日本7-11超商人氣早餐

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【糖餃子Sweet Dumpling】複刻日本7-11超商人氣早餐、というんだが、日本で人気のセブンイレブンの玉子サンドを作ってみた、という企画です。台湾のオバチャンが作っているらしい。

日本のスーパースタイルのエッグサラダサンドイッチは和風マヨネーズで作られており、最も有名なブランドは小さなベビー柄のキューピーで、日本のマヨネーズの味はより鮮やかで酸っぱく、甘くて風味があります。

ここではキューピーマヨネーズが入手できない人のために、マヨネーズから手作りです。卵黄、出汁粉、砂糖、塩、マスタード、グレープシードオイルです。ここから作ると、結構面倒臭いね。買って来た方が早いわw

マレーシアでは放映禁止

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【黃明志】ネーチャンのオッパイが立派すぎて、マレーシアでは放映禁止になったそうです(嘘 まぁ、反禁煙ソングなので禁止されたんだろうねw この人、マジメなのかふざけてるんだか判らないところがあっていいですねw

肉霊芝

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【黃明志】この人、ミュージシャンというよりコントやる人みたいなんだが、才人で、ビートたけしみたいなキャラです。これは、幻の肉霊芝について。肉霊芝というのは秦の始皇帝が求めた幻の秘薬で、白亜紀から生き延びてきた生物だそうです。

一部の研究者はこの「太歳」は白亜紀に発生、現存する生物の中で最古の生命体であり、全ての生命体の祖先であるという説を唱えているのだが、その根拠となるものは見つかっていない。

リンク先に画像があるんだが、大発見!と騒がれたものの、実はコレ、シリコン製のオナホールだったというオチで、

まあその実態はキノコのような形をしたシリコン製のオナホールだったというwww
肉霊芝は刃物で傷つけてもすぐに内部から粘液を出して修復したり、形を変えようと強く圧力をかけても元の形に戻ったりするというので、グニャグニャしたシリコンがそれっぽかったのかもなーーなんてw
女性記者が真面目にニュースとして報じているところが更に笑いをさそいますww

という基礎知識で、このミュージックビデオ、コント動画ですw

支那鍋の仕込み方

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【粤菜八哥】新しい支那鍋の仕込み方です。使う前に焼いて油と馴染ませて、表面に黒い肌を作る。しかし凄い火力だ。鉄が真っ赤になっている。この火力で作るから、中華料理というのはあっという間に作られる。プロの厨房ってのは凄いね。ウチもコンロはいちおうプロ仕様だが、ここまでではない。

武漢封鎖から一週間

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城第七天】武漢封鎖から一週間。ヒマでやることないので、観葉植物の葉っぱを一枚ずつ拭いてますw 医用アルコールとマスクは売り切れのまま。親切な女性の上司から分けてもらってるらしい。ゴミ捨てにもマスク2枚重ねです。戸外には誰もいない。猫しかいない。ほとんど車は走ってなくて、バイクくらい。走っている車は、特別の許可を取った物だけです。やっと手に入れた消毒液で部屋中を消毒してます。

あやかしのMV

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑





【Music Selection】あやかしのミュージックビデオなんだが、公式の物ではないと思うんだが、ずいぶんカネ使ってます。日本のカラオケビデオも凝ったの作っていた時代があったよね。それはそうと、よくこうした古典風の化粧で、オデコにワンポイント描いてるけど、何のマジナイなのか? 登場するオトコの二枚目がきしょいです。

農村動画にはマニュアルがある

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女】農村動画にはマニュアルがある、とおいらは見ているんだが、共通したパターンがあるわけですね。犬や子供を登場させるというのもそうだが、風景や雲の流れを叙情的に写しながら、タイムラプスで時の流れを意識させるやり方とか、基本的な撮影テクニックとか、教え込んだスタッフを3名くらいのチームで田舎に派遣して、現地で適当な娘を探して毎週一本ずつアップする、というのが基本パターンだと思う。もちろん、そうした動画を真似して自撮りで、あるいは亭主に撮らせて、作っている人もいるだろうが。そもそも、人里離れた田舎で、自給自足の世界で生きている若い娘など、さすがにイマドキ珍しいw そこも含めて、中国共産党のプロパガンダという気がする。日本と違って、中国は「革命は農村から」という国なので、農村が過疎化するまま放置はしないだろう。

武汉城市

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【Performing Wuhan City Theme Song "Here"】武漢の曲だそうです。中国の人たちの武漢に寄せる思いが伝わって来る。明日は我が身、とうとう日本での感染者が出た。武漢からの帰国者もいったん収容されるというんだが、発病してなきゃ帰宅するんだろうから、ヤバいね。既に、中国人を拒絶すれば済むという段階ではないのだ。明日は我が身、明日は我が身。

武漢の街の様子

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城日记3】封鎖された武漢の街の様子です。混乱はないようで、スーパーには物資を買い溜めする人がチラホラいるものの、物流も途絶えてないし、近場での往来はしてるようですね。これは25日なんだが、その後、自動車の使用は禁じられたようで、今は徒歩とバイクだけらしい。

今日はリブ鍋

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】惚れ惚れとする主婦っぷりで、お姉さん、一家を仕切ってます。両親は外で働いていて家事はしないみたいだね。豚の解体から、雲南ハムの仕込み光景。ついでにリブも同じように塩と胡椒を大量にまぶして、軒先に吊るして一月後。今日はリブ鍋です。畑で野菜を収穫。カリフラワー、キャベツ、茎レタス、菜花、ネギ、必要なモノはなんでも植わっている。、この村には八百屋はないに違いない。唐辛子を焼いてから潰してますね。ニンニクミンチにしてネギも添えて、タレを作る。野菜と湯葉も入れて、リブ鍋です。テキパキと、惚れ惚れするような仕切りっぷりだw

武汉封城第4天

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【武汉封城第4天】武漢から生の声が伝わって来ます。インターネット時代の威力です。商店には品物は豊富に揃っていて、近所の人が徒歩で買い出しに来てます。特に混乱はなく、車が途絶えているので街は平穏です。みんな重装備なので、コロナ肺炎の拡散はこれで止まるだろう。根絶はまだ数ヶ月かかるだろうが。中国は雨が降ってますね。雨が降るとウイルスが不活性化するので、ちょっとひと安心。

オンナは売り物

| コメント(11)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】女が奇麗な国というのは、奇麗な事によって得をする社会だから、化粧もするしダイエットにも励むわけです。スリランカに行った時に、なんか女がパッとしないので不思議だったんだが、自由恋愛というのがほとんどなくて、みんなお見合いで結婚するんだという。化粧してお洒落しても、その事で得をするわけじゃないので、気合が入らないw 中国は何千年も前からオンナは売り物で、金持ち捕まえようというのでオンナが張り切って来たので、奇麗な娘は綺麗ですね。磨いているから。もっとも脱北娘の人身売買ではブサイクなオンナの方が喜ばれるそうで、美人は「すぐ逃げる」ので値が安いw さて、数千年の歴史で磨かれた美女が踊ります。あくまで優雅にヒラヒラと。動きのひとつひとつがたおやかで色っぽい。まぁ、観賞用のオンナです。

バイクの練習

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑




【李氏可春】なんかパンパン音がするんだが、近くの山で猟をしてるのかね? いや、正月の爆竹かw 中学生らしき瑶族の女の子が原チャリの乗り方を学んでますw タイ北部では、女子中学生がカブ通学していたし、長野県では女子高生が原チャリ通学していたし、山ではこんなんアタリマエです。ノーヘルだしw

鴨の姿造り

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【隔壁林妹妹】お馴染み剣客少女です。鴨の姿造りw 器用に骨と肉だけ抜いて皮はそのまま残し、そこに炊いた米と様々な具材を詰め込んで、上手に閉じて、油で揚げる。肉はスープにします。鴨が破けてしまったけど、まぁ、いいかw

武漢ガンバレ

| コメント(16)


過去のAsian Life はこちら↑

【爱丽丝伪娘团 | Alice Cos Group】武漢ガンバレ! というので、もう一発、アリス偽娘歌劇団をw しかし中国って、潜在的に性倒錯者が日本より多いような気がする。改革開放から間がないので表面化してないだけで。

武漢閉鎖4日目

| コメント(9)

過去のAsian Life はこちら↑



【武漢閉鎖4日目】武漢の状況を現地の人がリポートしてます。交通が遮断されているので遠くには行けないが、スーパーは営業していて、完全装備の客が買い溜めしてます。品物はあるようです。山積みになってます。食料が途絶えたらそれこそ暴動になるので、共産党も必死です。

偽娘歌舞団

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【爱丽丝伪娘团 | Alice Cos Group】話題の武漢からお送りします。アリス偽娘歌舞団ですw もちろん「偽娘」なので全員オトコです。もう10年もやってるそうですw CIAが撒いた生物兵器、新型肺炎と戦っている武漢のお兄さんたちも頑張って下さい。事態は急速に、収束に向かってます。新たな感染を抑える事ができれば、2週間で死ぬ人は死に、生きる人は生き残る。まぁ、この寒空に薄着でウロウロして肺炎にならないようにw

牛の糞飴

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】牛の糞飴という、まことにみっともない飴ですw 見てくれが牛の糞なんだが、味は悪くない。実は麦芽糖です。まずは小麦を発芽させてもやしにして、そのまま放置すると芝生みたいになるので、そこで水を切って潰して絞る。これが麦芽液ですね。一方でサツマイモを蒸かして煮て、麦芽液を絞った時の滓と混ぜ合わせて、これもまた絞って液にする。そこに何やら黄色い粉を投入して煮詰めているんだが、この粉は何だろうか? 小麦か? キビかも知れない。「黍」はキビだが、黍子は小麦です。煮詰まると、茶色い「牛の糞」が出来るので、冷やして割れば牛の糞飴です。田舎の子供の素朴なオヤツです。

正月料理

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】正月の準備で大忙し。ここでは御札も手書きですね。とっておきの3年ものの雲南ハム、鶏、海老、豊富な食材で、次から次に手品のように繰り出される料理の数々。爆竹声声、紅紅火火、年年高、黄金万两、甜甜蜜蜜、喜气洋々、などなど、お目出度い名前のついた伝統料理を次々に作り並べる。凄いね。この娘、雲南料理店のシェフがつとまるぞw

日中交流こと公開処刑

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【楽小漫x足太ぺんた】足太ペンタというのは日本の踊ってみた系踊り手で、身長151cm体重50kg、南山大学卒の24歳だそうだが、踊ってみた系11年のベテランです。楽小漫さんはここでも何度か紹介した中国の踊り手で、コラボしてます。交流があるんだね。まるで俗に言うところの「公開処刑」だが、まぁ、本人たちが楽しそうなので、これはこれで良いだろうw 日中交流だw

元祖馬鹿娘

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【黨妹】上海の3億円マンションに住む元祖馬鹿娘です。この娘もローマまでロケに行くほどの贅沢ぶりで、基本的には単なるコスプレイヤーなので踊りは素人なんだが、踊るとアクセスが増えるというのを知って、工夫しているようですw この娘の衣装は一着10万円超えだそうで、一点物を作らせているんだろう。脚が素人の脚でムチムチしてて色っぽいぞw 無邪気なワガママ娘でいいですねw ちなみに、中国みたいな国では、女優よりランクの高い女というのがいる。清朝の皇女だった川島芳子は日本人の養女となって大人気だったんだが、本人いわく、「女優に毛が生えた程度の人気」と言っていたそうで、まぁ、日本にはそういう女はあまりいない。

大所帯の撮影隊

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【小豆蔻儿】 馬鹿娘、シンガポールロケのメイキング映像です。カメラマンは動画とスチールと、少なくとも二人。それにレフ持ちの助手、スタイリストのお姉さん。洋服を売っているというんだが、最近は中国でもコスプレが流行っていて、こういう服が10万円くらいするのに売れるらしい。もっともこういう人というのは、元々金持ちで収入が多いので、商売が赤字でも経費になるんですね。日本でもそういうビジネスやってる人、いますね。どっかの奥さんみたいw だから、大所帯の撮影隊引き連れて世界を旅しても余裕ですw

お中華バカ娘

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【小豆蔻儿】お中華バカ娘のニューフェイスですw この娘も何人も撮影隊引き連れて世界中を旅してコスプレ楽しんでいる素人です。芸能人ではない。日本の各地でロケしてますね。芸能人ではないから商売ではないし、「見て見て、ワタシ綺麗でしょ?」というそれだけ。上海3億円マンションのバカ娘に負けず劣らずです。

左手指月

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【左手指月】単なるイメージビデオなので、意味もストーリーもないんだが、中国人の「美意識」というのが見えて面白いです。中国では「美女」というと宮廷のナヨナヨしたか弱いお人形みたいなのが理想なんだが、最近ではそれに女剣客というのが加わって、そもそも剣客って何だよw 鬼平犯科帳に出てくる盗人一味の用心棒みたいなもんか? この「左手指月」というのもずいぶんヒットした曲らしく、よく聞きます。ちなみに、"指月"とはここで禅宗での"直指人心"つまり、月を指さす意味ではなく人の心に向けているという意味。だそうで、よく分からん。歌がまた絶品なんだが、薩頂頂という女性の作曲と歌唱だそうです。

1998年12月22日の22歳かな、貴州省の黔南布依族苗族自治州罗甸县龙坪镇出身です。漢族ではないんですね。2014年,"中国音乐学院附中好声音歌手大赛"に参加し一等を獲得。2015年浙江卫视《中国好声音第四季》に参加し,汪峰の4強に選ばれ、全国16强に選ばれている。以後様々な番組に引っ張りだこで自身の楽曲も発売している。

この手の動画では必ず、徳利から酒を口に流し込むシーンがあって、ダラダラと溢れるんだが、どういうお約束なのか、中国人でないおいらにゃ分からんw

素朴にして優雅

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】宗次郎のオカリナ曲をカリンバで演奏してます。いつもながらに、素朴ながらに優雅です。このカリンバはサウンドホールのないタイプで、彼女はこっちの方を好むらしい。

回眸一笑摄心魂 振り返って笑顔

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【王者荣耀 King of Glory】製作者が「王者荣耀同人短片」というんで、日本で言うところの自主制作映画みたいなもんか。飛天をテーマにした動画です。飛天はチラッとしか映らないが、なかなか魅力的に描かれてます。提供はコスプレやゲームなどの愛好者団体のようだ。

遇见飞天

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【热门视频排行榜】遇见飞天というタイトルなんだが、たまたま天女に遭いました、という意味。エキゾチックな衣装のお姉さん、不思議な化粧です。飛天とか天女とかって、何なんですかね? 元は仏教の天使とルーツを同じくして、だから飛天も最初は羽があったんだが、中国に伝わる途中で羽はなくなったらしい。食いしん坊の中国人が食おうと思って毟ってしまったんだろう。

飛天(ひてん)とは仏教で諸仏の周囲を飛行遊泳し、礼賛する天人。仏像の周囲(側壁や天蓋)に描写されることが多い。
阿弥陀如来などの仏を中心に、花を散らし楽を奏し香を薫じるなどして優雅に舞う姿が一般的に見られる。ガンダーラ美術にはすでにその姿が描かれており、インドではアジャンター、中国では敦煌や雲崗の石窟寺院においてその優美な姿を数多く見せている。 日本では法隆寺金堂壁画や薬師寺東塔水煙、平等院鳳凰堂後背、法界寺阿弥陀堂壁画などにその作例が見られる。

中国人は歴史好きで、自分の国の歴史に誇りを持っているので、さりげなくこういう踊りをオリジナルで演る人もいるわけです。ダンスの腕はかなり達者な人で、撮った人の映像技術もなかなか。中国では動画をネットにアップして見られるだけで収入になる。広告は関係ない。ダンサーや映像クリエイターにとっては、面白くてしょうがないだろうw

男女同権

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【馋小漆】ソ連も中国もそうなんだが、共産主義でもっとも大きな変化は、「オンナが働くようになった」という事だ。男女同権で、重機のオペレーターは女だし、力仕事もこなす。中国では清朝までは纏足という風潮があって、ヨチヨチ歩きしか出来ないんだから、力仕事どころじゃない。それがいまでは、こうやってうら若き乙女がネコで煉瓦を運びます。動画を見ていても、ちょっとした土木や建築くらいはこなすようですね。まぁ、都会の子は何にも出来ないのかも知れないがw

お年玉

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】中国のお正月なんだが、やはりお年玉とかおせち料理とかあるようで、この娘は偉いね。一人で全部用意してます。お年玉は小額紙幣をポチ袋に入れて、たくさん作っておく。

旧正月の利是は親戚や知り合いの子どもはもちろん、日ごろからお世話になっている人たち、たとえば常連のレストランの店員、マンションの管理人、会社の部下、お得意先などに幅広く配ります。

料理は、豚肉、魚、鶏と豪勢です。さすがだね、ニワトリとっ捕まえて〆て毟って、そこから自分でやる。中国女は逞しいw やはり前回と同じように、ラストでオトコが出てきて一緒にメシ食ってるんだが、この亭主は少しは手伝わないのか?

泰國恰恰

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



[Namewee Tokok]黄明志のタイを扱った動画です。黄明志は才人で、これもうまくタイという国、音楽をよく捉えている。タイランド・チャチャの踊り方を教えてます。それにしても下品だw

お中華レゲトン

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



黄明志【China Reggaeton】レゲトンです。
80年代から90年代にアメリカ合衆国のヒップホップの影響を受けたプエルトリコ人によって生み出された音楽である。

黄明志という人は、シンガポールのミュージシャンなんだが、日本をテーマにした「東京盆踊り」とか、タイをテーマにした「泰國恰恰」とか、色々と国際的な活動をしているようだ。変なメガネがトレードマーク。今回は、マトモな中国ポップス、と思わせて、中国的な道具立てはそのままに、レゲトンに走るという、なかなかノリの良い曲です。女の子たちの金太郎腹掛けがエキゾチックに色っぽいねw

人の多いところで踊るのが大好き

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】人の多いところで踊るのが大好きな女の子、今回はサッカー会場ですw さすがみんな浮かれているので、ノリがいいねw コレは大成功だろうw

浮かれ節

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】なんか、チャカポコチャカポコ、浮かれ節のリズムでハタと気がついたんだが、ひょっとしてタイポップスか? と思ったら案の定で、歌が始まったらタイ語だった。「私は彼女の電話番号を交換したい」という、まぁ、ナンパソングです。どっかのオフィスで執務中に踊り、ショッピングモールで、繁華街で、まぁ、他人の迷惑かえりみず、やって来ました電線音頭、みたいな騒ぎですw この人、敦煌の夜市でも踊ってたな。賑やかなところで踊るのが好きなのか。

搗屋

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】三島には「搗屋のみち」と呼ばれる小路があって、白滝公園から赤橋まで続いているんだが、湧水が勢いよく流れ、その流れを利用した「搗屋」が並んでいた。

白米にすると持ちが悪く、籾の付いたままの米を保存するのが当たり前で今も同じ方法がとられています。江戸時代の納税は米で、大量の米俵が江戸に運ばれましたが、米俵の中身は白米としなければなりません。問屋小路に田方方面より運ばれて来た米の精米や、三嶋大社や旅籠や一般三島宿に暮らす人々から精米を頼まれ、次第に御殿川上流域に水車小屋が増えて行き、つまり搗屋(つきや)が軒を並べるようになりました。

ここは製粉もやっていて、菊川さんという家が製粉業だった。のちに、この菊川さんは和菓子屋になり、時代の変化で洋菓子屋になり、太宰治の通ったカフェを経営し、今ではララ洋菓子屋となっているんだが、雲南省の搗屋が登場します。米を蒸しているので餅搗きするのかと思ったら、せっせと運んでますね。水車を利用した搗屋に運び込んで、餅搗きです。この搗屋、普段は三島の搗屋と同じように脱穀に使っているのだろう。水車で搗くので、いっぺんに大量に餅搗き出来ます。中国は棒状に丸めますね。コレは切って使う。平べったい煎餅状にもする。コレはそのまま焼く。棒にした餅は固くなるとどうにも始末が悪いので、水に漬けて保存だ。と、こうして見ると、雲南省って、日本とあまり変わらない生活をしてますね。

中国舞踊

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】良いロケーションだね。映像が美しい。踊りもたおやかで素晴らしい。中国舞踊というのは、やはり西洋のバレエとは違った優雅さというのを持っている。伊豆長岡で芸者遊びにカネを使うと、日本庭園で芸者さんが踊ってくれるが、踊りというのは屋内より野外の方が見ている方も気分が良いね。

カリンバのテクニック

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】この人、撮影場所に凝って、いつも素晴らしい映像を見せてくれる。この動画で面白いのは、サウンドホールの上で指を動かして音を揺らしているところ。カリンバにも、こんなテクニックがあるんだね。この人はカリンバを売る商売をやっていて、こういうのを見せられると、つい、買いたくなるw 3000円から5000円くらいと、そんなに高くない。

正月飾り

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【山药村老板娘】新年の風味が強くなってきています。春祭りで提灯を吊るします!というんだが、中国はどこでも正月の準備で忙しいようです。縁起物の提灯の飾り付けをして、赤いロウソクを溶かして、指を使って器用に花を作ってます。指を水に漬けて冷やして、それを溶けたロウの中に入れると、一瞬にして指の形に固まる。それを花びらにして枝に飾ってます。

深い山の竹林の人々、木造の家の青いタイルフェンス、石の道の切り株の花。夕焼け、自分の世界。
私は田舎の女の子で、山で静かに暮らし、東洋料理を静かに調理し、私が切望する田舎の生活を楽しく過ごしています
春祭りは近日開催予定で、少女は二行連句の掲示、提灯の吊るし、旧正月の歓迎に忙しい。

武漢は正月なのに外出禁止で閉鎖されたらしい。騒ぎが早く収まってくれる事を願いたいね。武漢はアレで東京並の1000万人都市だ。

これが新型肺炎の感染源だ

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



【华农兄弟】竹鼠を養殖している業者です。もちろん食用です。この竹鼠が新型肺炎の原因ではないか? とも言われている。ネズミを食うというと日本人はドブネズミでも食うのかと思いがちだが、竹鼠は自然の中にいる、竹を食べる種類です。ベトナムのお姉さんは水田にいる鼠を食べていたね。「冬なので、竹鼠が風邪をひいてないかチェックしてる」というんだがw それってw

中国メイク

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Music Selection】中国メイクが大ブーム、というんだが、チャイボーグと言うらしい。肌を真っ白に仕上げて、そこに赤をさしてコントラストで見せる。割とキリッとした、いかにも上海バブルを象徴するような派手なメイクなんだが、なんせ景気が良いので、オンナどもも化粧に力が入りますw そのうち日本でもおでこに1円玉貼り付けたオンナどもが氾濫するのか?

過去のAsian Life はこちら↑



【麦麥籽】上海のドリフト走行イベントの中で踊るという大胆な事やってますw

オートバイとスポーツカーの間で震えながら踊ることは、おそらく人生で忘れられない経験です!
ライブエンジンのro音は耳障りでした!幸いなことに、写真はBluetoothヘッドセットをもたらしました!ダンスを終わらせて
また、写真家でありロジスティックな小林氏と主催者のWenwenとLuluに昼から夜まで同行してくれたことに感謝します。

なんだかんだ、上海は勢いがあるわ。

ローズアップルの海鮮鍋

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】タイで食後にフルーツの盛り合わせを頼むと、このローズアップルというのがよく出て来たんだが、日本にはない果物なので説明しにくいんだが、ナシみたいに水っぽくてシャキシャキしている。あまりベタベタには甘くはない。むしろ爽やかな、上品な感じです。それにしてもずいぶん大量に出来るようで、有難みはないようだw おいらはそのままフルーツとして食った事しかないんだが、他の野菜やエノキとと海鮮と合わせて、ついでにインスタントラーメン打ち込んでごっちゃ煮の鍋です。中国人と比べると、カンボジア人の料理はアバウトだねw でも、余分な調味料を使ってないので素材の味。美味しそうではある。

過去のAsian Life はこちら↑



【樰婴】「私はあなたが35歳になるのを待ってます」という曲なんだが、35歳になったら結婚する約束でもしたのかね? 樰婴さんはちょっと顔が大きくてバランス的にどうか、というところもあるんだが、身体のトレーニングは出来ていて、ベタ足で踊るのでクラシックバレエ出身ではないんだろうが、新体操とか、何かしらの基礎がある人だと思う。安っぽいCGで雨を降らせたりする演出は気に入らないが、全体的にはストーリーのある踊りでよくまとまっている。

布団を作ります

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【李子柒 Liziqi】布団を作ります。といっても、まずは綿花を栽培するところから、という徹底ぶりw ズーチーさん凄いわ。特に、綿を平均的に均して置いて布団にする工程が興味深い。イマドキこんな風に布団を作る人もいなかろうが、なんとも贅沢な手仕事です。

上海娘

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【麦麥籽】背景の特徴的なタワーからして、上海だね。音楽は、なんだかガシャガシャ騒々しいだけで歌詞も聞き取れないんだが、どうせ日本のアニメかゲームの曲だろう。脚の長い娘で、スカートの中がチラチラと白くて文句なし、です。中国娘は黒い短パン穿いてる事が多くて、ハイレグはもちろん、普通のタイプでも駄目なようで、短パン型でないと共産党に捕まって思想強制センターに送られるらしいw

田舎のカレー

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】ベトナムの山で、少数民族の子ども食堂を一人でやっている20歳の娘さんです。ジャガイモがたくさん穫れたので、ニンジン、シイタケ、栗など合わせてカレーを作ります。日本の田舎のオバチャンが作りそうだw ご飯ではなく、パンと合わせてますね。

単なるイメージビデオです

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Music Selection】公式のミュージックビデオでも、映画のシーンでもなく、単なるイメージビデオのようです。別にストーリーがあるわけでもなく、ただ美人が憂い顔して見せるというだけなんだが、中国の美人はホントに綺麗なので、癒やされますね。それにしてもこういう古典のコスプレだと、漢服ばかりでチャイナドレスは人気ないな。アレは満族の服だから、というのもあるだろうが、それよりスケベな外国人向けに上海で流行したから、という自尊心を傷つけられるイメージがあるらしい。確かにチャイナドレスは色っぽいけど優雅ではない。

豚肉の熟(な)れ寿司

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】これが何なのかというと、「豚肉の熟れ寿司」ですね。魚の熟れ寿司があるんだから、肉だって。中国でも、漢人の風習ではないらしい。この娘は漢人なんだが、少数民族の風習にも詳しく、これは少数民族の料理だそうです。

雲南省には、肉を漬けて発酵させて食べる少数民族がいます。バナナの葉で包まれ、もち米と調味料で発酵されています。発酵させた肉は、わずかな酸味があり、香りがよいが脂っこいではありません!

豚の三枚肉を適度なサイズに切り分け、塩を染み込ませて、3時間ほどしたらモチ米を炒めて生姜、唐辛子粉、塩、花椒、カルダモンを混ぜ合わせてところでここで妙な事をしているんだが、漬け込む壺をひっくり返して、線香の煙で燻してます。ナンカの呪いなのか、香り付けなのか? 焼酎で肉を洗って、モチ米で漬ける。三ヶ月くらいは余裕で食べられるらしい。食べる時には、普通の肉と同じようにスライスして蒸したり、焼いたり、炒めたり。文化人類学者が泣いて喜ぶような、照葉樹林帯料理です。

お中華暗黒舞踏

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【 孙科舞蹈工作室 SUN KE Dance Studio】横浜マリーかと思ったw Sunkeさんです。まん中の一人が男性で、残りは女性。そこはかとなくアングラっぽい。まるで暗黒舞踏だ。実はおいら、暗黒舞踏とかモダンダンスとか大好物で、中国でもこういうのが出て来るのかと、感慨に耐えないw

ジャパニーズ・カルチャー

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【尾狐】さっきスクール水着で踊っていた娘なんだが、ジャパニーズ・カルチャーの愛好者のようで、持ち合わせているコスプレ衣装を総動員でお色直しショーですw タワーマンションなので、これが中国の「中産階級」ってヤツか? 日本の中産階級の娘より使える小遣い多いようだなw 中国のコスプレは、必ずしも日本の漫画やアニメのキャラばかりではないんだが、人気があるのは確かなようだ。

中国娘がベランダでスクール水着

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【尾狐】まさか中国娘がマンションのベランダでスクール水着で踊るのが21世紀になるとは思わなんだw フワフワの白い尻尾がついているのはご愛嬌でw この娘は他にも和風の衣装で踊ったりしているので、日本好きらしい。化粧が薄いので、まだ若いのか? 他にも色々とおふざけ動画を作っているようです。

カロリーモンスター台湾カステラ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【EMOJOIE CUISINE】カロリーモンスター台湾カステラ、というんだが、台湾発祥で韓国でも大流行、そして日本でも流行り始めているらしい。作り方を見ただけで味が想像つくんだが、まぁ、間違いなく美味しいだろう。フワッフワのプルップルで、でも、砂糖とバターがてんこもり入っているので、カロリーモンスターですw

生春巻き

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Vuong Anh's Cooking Journey】この娘、可愛いよね。でも、あまりに英語が流暢だし、田舎の娘ではないだろう。市場でお買い物。東南アジアの市場では、肉はこんな状態で売られています。買ってすぐに使うので、何の問題もないw

モクチャウでは、子牛肉ともちろん非常に新鮮な野菜で有名です。そのため、これらのモックチャウの特産品を組み合わせて、仔牛の春巻きを作ることにしました。ディップソースには、ベトナム北部で非常に有名なソースである発酵豆ソース(ツォンバン)を使用しました。

生春巻きです。茶畑のまん中で料理してます。この、モクチャウという土地は、高原で四季のある素晴らしい土地だそうで、それでいて冬でも寒すぎず、まぁ、東南アジアにはよくある無憂郷ってヤツだな。

深海少女

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【楽小漫×小五】踊り手が楽小漫でピアノが小五という人なのか? 歌は誰だ? この曲のオリジナルは初音ミクらしいのだが。楽小漫さんは色々と工夫こらして見せてくれるんだが、イタリアや奈良でも撮ったりしてるので、やはり金持ちなんだろう。海に浸かりながら踊る人というのは初めて見た。砂浜で踊るのだったら珍しくないがw

シエナで踊る

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【楽小漫】イタリアのシエナ、大聖堂やらマンジャの塔といった世界遺産をバックに踊るという、まぁ、なんて贅沢なw 早朝、人がいない時間を狙っての撮影だろうが、ドローンも使って、やる事が大胆です。中国娘の自己顕示欲は凄いわw

パッツンパッツン

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【Hot Girl Cooking VN】もうね、圧倒的な存在感でパッツンパッツンの服着て、おっぱいは半分はみ出しているし、顔は頼めばすぐに股を開きそうなドン臭い顔で、作る料理はソーセージ入りのインスタントラーメンという、盛りのついた男子高校生の天国みたいな娘ですw 特に、ソーセージを手に意味深な表情を浮かべるところが素晴らしいですねw この娘、肌の色からして、中国系です。ベトナムのようだが、タイ、ベトナムあたりは中国系と現地系が混在していて、まぁ、おいらからすると、どっちも可愛いw

フェンリー

| コメント(10)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】田舎に帰ったらすっかり田舎の娘の顔になってしまった旧メガネっ子なんだが、今日は広西省の伝統的な食べ物、フェンリーを作ります。餅米を摺って粉にして練って、菜の花採ったり、ネギ抜いたり、鶏〆たり、魚捌いたり、今日は大忙しだ。そのかたわら、仔犬とはムニャムニャ会話してるしw 重湯みたいな粥みたいなスープで豚レバーとか餅とかをシャブシャブみたいにして食べてます。ラストで登場するオトコは誰だ? ひょっとして結婚した?

bilibili動画の収益システム

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【泡芙喵】思いっ切り高いピンヒールで、洒落たワンピースで、どこかハウススタジオみたいな場所で踊っているんだが、これで素人です。芸能人なんかじゃない。まぁ、金持ちというのもあるんだろうが、bilibili動画の収益システムというのもあるわけです。それもYouTubeと違って、広告ではなく、再生されるだけでカネになる。視聴者からの「投げ銭」というのもある。

ビリビリで収益を得るための条件
ビリビリクリエイター奨励プログラム「bilibili 創作激励計画」</strong>と呼ばれているのですが、「オリジナルの動画を作成し、いいコンテンツを発信している人」に対して、フォロワー数・認知度に応じて報酬が支払われるといったプログラムです。え、それってyoutubeでいう「広告収入」と同じようなもの?実はビリビリにはyoutubeみたいに、動画の冒頭部分や途中に企業の広告が流れることは全くありません。youtubeでは、それらの広告を動画内に入れることによって収入を得ることができますが、ビリビリでは、ビリビリから動画配信者に直接お金が支払われるといった形です。そしてやっぱり一番気になるのは単価ですよね。「1再生あたり約0.05円」です。
実はyoutubeと同じように正確な額は発表されていません。ですが、僕のデータから推測すると、人気動画配信者になれば、もっと単価はアップするのかもしれませんが、大体の人はこれくらいの単価だと思いますよ。投げ銭・充電プログラム二つ目は「視聴者からの投げ銭と充電」です。投げ銭とは簡単に言うと、視聴者が自分の気に入った動画に対してお金を支払うといったシステムです。

中国は人口が多いので、フォロワーも集めやすい。化粧してお洒落して、スタジオ借りてレッスンしたり撮影したりして、それに対する収入がたとえ僅かでも得られるなら、気合も入ろうってもんだw まぁ、日本で言うところのコミケットみたいな感じか?

コスプレ

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Cosplay Queen】なんかお中華な美人さんのイメージビデオなんだが、特に映画の1シーンとかではなく、単なる美人写真の動画版のようです。中国人の「美意識」というのが何となく見える。最近はチャイナドレスではなく、ヒラヒラゆったりの漢服というのが流行りらしくて、コスプレする人もいっぱいいるようだ。中国人ではないおいらには、漢服と唐服、呉服の区別がつかないがw

庶民の正月

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】中国が正月というのはマスコミでも報じられるんだが、みんながみんな海外に遊びに行くわけじゃなくて、ささやかな庶民の正月というのもあるわけです。で、子供を連れて街まで正月のお買い物。橋を渡って市場へ。購入したのは、麺と、出汁ジャコみたいな小魚、それにヒマワリの種、正月飾り、小麦粉を油で揚げた、油条みたいなもの、それにオレンジジュース。オレンジジュースを何に使うのかと思ったら、温めて白玉団子浮かせて、子供の喜ぶスープですw ラディッシュと菜っ葉でスープを作り、出汁ジャコは素揚げにしている。出汁ジャコを素揚げにして正月に食べるというのは、何故か、ウチにもあった風習だw さて、ジュースで乾杯して、子供はお年玉貰って大喜び。ささやかな正月です。

敦煌の夜市

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【微小微】敦煌の夜市で踊りました、という動画なんだが、さすが中国で人が多いわw 撮り始めたら、夜市のスタッフが現れて、スピーカーを貸してくれたり、カメラの横に立って人が邪魔をしないように見張ったりしてくれたそうですw 日本とはずいぶん違うね。

台所の神様

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】の日、だそうで、鉢植えを買って玄関に飾り、焼きそばとスープを作ってカマドにお供えしてます。練り物とフクロタケの入った細麺の焼きそばが美味しそうだ。タイでもこういうの、よく食べたなぁ。果物はドラゴンフルーツと龍眼と、後は花も飾って、お供えした魚は活きたまま川に逃してやって、また、これからの一年、カマドの神さまに平安を祈ります。

コスプレで演奏

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【音若子兮】琵琶の演奏なんだが、中国の琵琶は日本みたいに大きなバチを使って弾くのではなく、爪を付けてマンドリンのように弾きますね。弾き方が違う。古い民家を使って雰囲気のある映像に作ってます。ここまで手間をかけてくれると、見る方も楽しい。YouTubeは偉大なりw

上海の街で踊ります

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【兰幼金】日本を意識したコスプレ衣装らしい。初音ミクの歌に合わせて、上海の街で踊ります。江沢民時代の、あの反日騒動というのは何だったのかw 街の人が遠巻きにしながら生暖かく見ている様子が何ともw 違う場所で距離と位置を正確に合わせて何度も踊って、編集で繋ぐだけなので簡単な機材でできる。iPhoneの動画で十分だが、手間はかかるw

菊次郎の夏

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】4月馬鹿ヤンさんが「菊次郎の夏」を演奏します。この人、見せ方が上手い。カリンバというのはどう転んでも派手さに欠ける地味~な楽器で、YouTube映えがしないんだが、曲に合わせて景色の良いところで弾き、手元の映像とロングの全身とが交互に、雰囲気のある映像に仕立てています。若くて美人だしw

琵琶

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【华夏古风音乐】西洋の楽器というのはほとんど例外なく、「大きな音を出す」ように作られているんだが、中国の楽器はそうでもなくて、チャルメラは例外的なんだが、音の小さい楽器が多い。琵琶というのも、あまり大きな音ではなく、サスティーン(持続音)が弱いので、マンドリンみたいに連続的に弾き続けて音を強調します。ところで、中国の古い衣装のファッションで、こうして顔の下半分を隠すというの、よく見るんだが、なんか不思議でいいよね。

過去のAsian Life はこちら↑



【汉服小怪兽】実はこの人、伝統的な中国舞踊の舞者なんだが、珍しく踊ってみた系の踊りをやってます。曲はKPOPらしい。日本語歌詞だけどw 日本語の歌を韓国人が歌って中国人が踊るw 今はそういう時代なんです。この人、所作がキレイで感心するんだが、こんな曲でも相変わらずオンナっぽいです。この人に限らず、中国の踊り手さんはジャンル関係なく物怖じしないで踊りますね。

これはどこですか?

| コメント(6)

過去のAsian Life はこちら↑



【猛女版】新 宝 岛 背景の建物に「JR」とあるので、東京のどこかの駅らしい。中国娘はどこででも踊るねw 結構盛んに来日して、あちこちで踊っているらしい、彼女たちはw 日本が外国だという感覚もあまりないし、普段から日本のアニメを見て、日本の曲を聞いているので、田舎の子が上京したくらいの気分なのだろう。新宝島というのはサカナクションの曲だそうだが、中国娘が踊っている動画でしか聴いた事がないw 本家のMTVより中国娘のダンスカバーの方が鑑賞に耐えるねw

元気があってよろしい

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【徐珺大哥】このお姉さんの動画はずいぶんたくさんあるようなんだが、色々と工夫をこらして楽しいんだが、道路のまん中で踊るのはさすがに危ないぞw 彼女、ちょっと面白い顔をしていて、美人なんだが、眼と眼の間隔が離れていて、成長したポニョみたいです。クラシックバレエとか中国古典舞踊の素地がある人ではなさそうだが、まぁ、元気があってよろしいw

鹅と書いてガチョウ

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



鹅と書いてガチョウです。ガーガー鳴くからガチョウw アヒルとはちょっと違うという説もあるんだがこの動画のヤツはアヒルのような気がする。遠近感のオカシナ犬、大王が追い廻してます。次のカットは既に羽を毟られ丸裸。大王が仕留めたか? さて、コレは板鹅に仕立てるんだが、その前に、日持ちのしない砂肝とレバーをさっそく食べます。ふたつ割りにしたガチョウに焼酎を振りかけ、塩をまぶし、いったん収納。砂肝とレバーはガチョウの脂で炒めて、醤油と豆板醤で味付け。きしめんの上に乗せて晩飯だ。さて、翌日、ガチョウを広げて板で重しをして3日。縁側に吊るして風に当てる。数日後、だろうか、ヤマイモを乱切りにして板鹅のアラと一緒に煮込んでスープ、肉の付いてる方は炒めて、草果(カルダモンの一種)や水豆鼓(含有水分量が多く煮豆の趣きを残す豆鼓)で食べるようです。あとで骨をあげるから、大王は大人しくしてるようにw

大魚

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【Official Trailer】しばらく前に中国で公開され、ヒットしたアニメ「大魚」だそうです。宮崎アニメの影響が明らかに見て取れるんだが、水の描写などはイマイチという感もあるものの、頑張ってます。中国は人口が多いので、こういうコンテンツ産業にとっては有利だ。

カリンバ弾きの四月馬鹿ヤンさん

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】大魚という曲で、中国で公開された映画の主題歌だそうで。予告編を見ると、宮崎アニメに触発されたような感じなんだが、宮崎駿は高齢なので、これからは中国人作家に期待だなw

紅き大魚の伝説(あかきたいぎょのでんせつ、繁体字:大魚·海棠、簡体字:大鱼·海棠、ピンイン:Dà Yú Hǎi Táng、英題:Big Fish & Begonia)は、2016年に公開された中華人民共和国のファンタジーアニメ映画作品。アニメーション作家の梁旋、張春の監督デビュー作であり、二人が設立したアニメ制作会社B&Tが手がけた初の商業作品でもある。

さて、カリンバ弾きの四月馬鹿ヤンさんがカリンバの弾き語りです。カリンバの弾き語りはギターの弾き語りより難しそうだ。

古琴

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【自得琴社 Zi De Guqin Studio】古琴というらしいんだが、構造的には共鳴体が小さいので、大きな音が出ない。ハーモニクスを使って音域を広げているから、なおさら大きな音は出ない。なので、合奏したり他人に聞かせたりする物ではなく、独り、琴を携えて山奥で弾いて楽しむモノだろうね。古琴で他の楽器と競演したり、も、あまりしないようだ。せいぜい琵琶とかオカリナとか。プロの演奏者というより、文人墨客の手慰みといった風情です。

犬の代わりに子供

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】これも型に嵌ったカタチの農村動画なんだが、犬が出て来ない。代わりに少年が登場します。畑からエシャロット採ってきて、鶏のモモ肉と炒める。鶏モモといえば今夜はおいら、カシューナッツと炒めたんだが、ふと思いついて、シューマイ蒸していた横でモモ肉も蒸して、それから炒めた。炒めるのが短時間で済むし。そしたら素晴らしく柔らかく仕上がりました。中国人の知恵はなかなか参考になるw この動画の解説では、「これを食べた後、学校に行きます」とあるんだが、朝から鶏を潰す人もいなかろうから、まぁ、そういう設定なんだろう。鶏肉はエシャロットと炒め、ニラも別に炒め、トマトと卵はスープ仕立てです。美味しそうだな。w 今度やってみよう。

農村動画のテンプレ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】農村動画にはテンプレがあって、【李子柒 Liziqi】さんのがその典型じゃないかと思うんだが、【滇西小哥】さんとか、【二米炊烟】さんとか、造りがよく似てるわけです。ナレーションやトークがなく、自然の音やちょっとした会話程度。食材を調達するところから料理の完成までをカメラワークを駆使して、アップの映像をところどころインサートしたり、引いた絵で撮ったり、その間にチョコチョコ犬が絡むという、あとは山の景色を、雲が流れたり霧が湧いたり、タイムラプスで時間の経過を表現する、というのもあるな。そんな中でも【李子柒 Liziqi】【滇西小哥】さんのは特に出来が良いんだが、3、4名のチームで撮影しているようだ。やってみて判ったんだが、動画の撮影ではほとんど三脚が使われるので、三脚の脚を延ばしたり引っ込めたりする助手がいないと能率が上がらないw 撮るのが一人だと、ほとんど据えっぱなしの映像になって画面が単調になる。

さて、かつてのアーバンでシティライフなメガネっ子だが、すっかり田舎のネーチャンになってますw 今日は流しを作って、魚料理。漬物の菜っ葉と酢漬け唐辛子で、魚を煮る。教科書通りに犬がウロウロしてるし、時折、食材がアップされて調理の様子が判るように撮っている。カット割りが上手いです。カメラを意識しない自然な映像で、こういうのはちゃんと設定が統一されていないとうまく行かない。ハムスターにあった素人カップルのSEX動画で、オネーチャンが「今からエッチします、わーい」とか言ってカメラに手を振ってからSEXするのがあって笑ったんだが、そういうのがない。ただ淡々と、そこにある景色を追っているだけです。考えるに、どうも映像の作り方の教育を受けている素人ではないスタッフがその背景に居るんじゃないかと思う。もちろん、こうした動画を真似して、自撮り、亭主撮りで似たような事をやる人も無数にいるので、ケースバイケースだが。それと、登場する女性が全て、「都会で働いていたが、田舎に戻って農村ぐらし」というパターンで共通してるのも特徴的だ。これが、中国共産党のプロパガンダで、都会に集中してしまう人口を抑制し、地方が発展から取り残されて過疎化するのを防ごうという意図で下放策として仕組まれているとしたら、ずいぶん頭の良い人もいたもんだw

フレットレスの琴

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【自得琴社 Zi De Guqin Studio】中国の琴というのは2種類あって、日本と同じように駒があるタイプと、こうしたフレットレスのタイプです。フレットレスの琴は弾くのが難しそうだ。、ギリギリまで余分な要素を削ぎ落とした美意識みたいなのを感じさせますね。

今回はまた格別に色っぽい

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【夏酥酥】この娘のは三本目です。今回はまた格別に色っぽいね。ランジェリーパブのネーチャンみたいw このクネクネ具合が白人ダンサーには見られないところで、中国オンナは「キレイに見せる」とか「オンナらしい仕草」とか、上手ですね。みんながみんなではないだろうがw

貴州省でもイチゴが採れる

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】貴州省でもイチゴが採れるんだね。、ハウスだけど。一斤40元だそうです。500gで600円。安いと言えば安いのか? さて、彼女には幼い子供が二人いるので、爪楊枝を刺して砂糖を絡めて、子供が喜ぶように甘くしてます。おいらが子供の頃には、コンデンスミルク掛けて食っていたw 残った分はジャムにして、餅に塗って食べてます。このあたりではパン食しないのか? このオバサンは割と喋って解説してくれるんだが、それでもこの程度。言葉は漢字と英語で字幕が出ます。素人が作る動画は、日本でもそうだが、TV番組のレポーターみたいに喋りっぱなしで垂れ流しなので、見るに耐えない。

農村動画製作マニュアル

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】Old Corn とあるんだが、夏に収穫して乾しておいたトウモロコシです。粗く挽いて米と混ぜて粥に、工場に持ち込んで、「それにつけてもおやつはカール」みたいなのを作って貰ったり、子供と犬のオヤツですw この手の動画には「喋り」がほとんど収録されてない物が多いんだが、中国というのは地域によって言葉が違う、というか、発音が違うので、香港映画でも長く、無声映画的な演技が続いた。字幕といっても、字が読めない人も多い。なので、穿った見方をするなら、中国共産党が作った「農村動画製作マニュアル」に、そういう指導があるのかも知れないが、インターネット時代には世界中で見られるわけで、全てを絵で説明する、というその姿勢は正しい。

過去のAsian Life はこちら↑



【夏酥酥】さっきの小悪魔と同じ娘なんだが、こちらは中華風のヤツをやってるんだが、なんか動きがバタバタしていて優雅さがない。踊りのベースになっているモノが違うんだろう。こういう踊りにはピンヒールの必要もないし。

ピンヒールで踊る

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【夏酥酥】10cmくらいありそうな高いピンヒールで踊る娘です。こういう娘はベースにクラシックバレエの素養があるのかね? 他にも新体操出身とか、中国だったら人材は豊富だろう。少女漫画みたいなメガネを掛けて、可愛く仕上がっている。

敦煌天女

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【精美视频收藏夹】天女の踊りっぽい設定でやってますが、コレ、実は去年、上海のお金持ち娘のコスプレゴッコのためにセッティングされた物で、その時撮ったうち、コスプレ娘のいないバージョンです。コスプレ娘がスポンサーとなって、敦煌でロケをやったんだろうか? あのコスプレ娘はローマに撮影旅行するくらい金持ちなので、天女の舞のための衣装代、旅費、人件費くらいは平気で出すだろう。中国人は意外にケチではなく、道楽のためならカネを惜しまないところがある。

中国の胃袋には四季がある

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】ここでも豚の屠殺と仕込みです。中国の農村では、この季節、風物詩なんだろうね。中国の胃袋には四季があるものw 近所の人が集まって、ワイワイガヤガヤ、料理を作っているその背景では、やはりソーセージとかベーコンとかハムとかみんなで作っているんだろう。毎日豚を潰すわけにも行かないので、基本は保存食になる。農村に豚は居ても、肉屋はないのだ。

豚の仕込み

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑


【李子柒 Liziqi】リーさんのところでも豚の仕込み時期です。中国の田舎では相変わらずそこら辺で豚の屠殺してるのかね? 昔は日本でも田舎では豚の密殺やってて、肉を貰った事があるんだが、密殺した豚は臭いですw 豚は解体されて半割にしたのをレバー、腸とともに台車に乗せて運びます。ずいぶん豪快だねw 塩をまぶしてひと晩、香辛料を混ぜて腸詰めを作ります。レバーには切れ目を入れて、ピータンになりかかった卵の黄身を詰める。杉の葉や柑橘類の皮で燻して、これで、干し肉、ソーセージ、レバーと、3種類の保存食になります。

克罗地亚狂想曲

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【一米七的小仙女】克罗地亚というのは、クロアチアの事です。克罗地亚狂想曲という曲があるのかどうか調べてみたんだが、出て来ない。あるとしても有名な曲ではなさそうだ。エッフェル塔の下で琴を弾いてます。周囲には普通の生活があって、なかなか不思議な光景ですw しかし中国人というのは物怖じしないですねw 

八荒印痕

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【OctoEast八荒印痕】台北の音楽集団のようです。お中華な楽器でアンサンブルを演奏する。中国人は自国の文化的なアイデンティティに誇りを持っていて、こういう伝統楽器で西洋音楽を演奏するというような行為を割とよくやりますね。

野鳩のロースト

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【Vuong Anh's Cooking Journey】このシリーズはスポンサーがいるんじゃないかと睨んでいるんだが、あるいは政府の事業としてやっているのか。美人というよりアイドル的に可愛い娘さん、英語をペラペラ喋って、ベトナム語の字幕が出る。地域の紹介ビデオですね。日本でもよくケーブルテレビで二流タレント使って旅番組やってるけど、そんな感じ。今日は野鳩のローストです。ハーブの種類が豊富なので、ジビエも美味しそうだ。

意識高い系

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】ベトナム北西部の市場にて、というんだが、この、20歳にして一人子ども食堂のお嬢さん、実はとても意識高い系の人で、それもアジアらしい地に足のついた実践ぶりです。

ビニール袋の使用を制限して、地球をより緑にしましょう!
1.食料品を運ぶために食料品の袋または買い物袋を使用し、蓋付きの余分な箱を持って魚の肉、豆腐などの湿った食品を保管します
2.プラスチックカップとプラスチックストローの使用を1回に制限します。
私たちの小さな行動のそれぞれは、コミュニティと環境にとって非常に重要です。
ビデオのようにタム・アンのショッピング方法が好きな人は、この小さいながらも重要な仕事をするために手を取り合ってみましょう!
本当にありがとうございました!

まぁ、アジアはバナナの葉っぱという便利なモノがあるのでいいが、東京じゃそうも行かない。せいぜいマイバックだな。

パイレーツ・オブ・カリビアン

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】引き続き拇指琴 羊阿宝さん。英語でApril Yang というのは、アホーの羊で、4月馬鹿でAprilなのか? 今回はパイレーツ・オブ・カリビアンを多重録音で演ってます。カリンバのチューニングをGメジャーに設定して、FをF#に、とか言ってるので、曲によってチューニングが設定できるらしい。実は、彼女の名前のカリンバが通販で売られていて、一番良いので37ドルです。自力で音楽活動も商売もやってしまう。おとなしそうな顔したお嬢さんなのに、なかなかヤリテなのか?

カリンバ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【April Yang】なかなかの美人さんなんだが、カリンバ奏者です。ギターも弾くし、自分で歌ったりもする。器用だね。浙江省嘉興市の人だそうです。カリンバは何器も持っているようで、かなり本格的なプレイヤーだ。カリンバというと単音でポツンポツンと鳴るオルゴール的な素朴な音色なんだが、これはあえてカリンバ向きではない曲で、歌をメインに演ってます。

いかにも、な、中国の田舎の農家

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【湘西小农女Hunan Girls】この娘、正面から見ると美人さんなんだが、横から見ると顎がしゃくれてるね。まぁ、どうでもいいが。いかにも、な、中国の田舎の農家です。ほとんど自給自足だろう。何百年も前から、同じような暮らしをしているんだろう。自家製ベーコンと自家製ソーセージの料理です。ベーコンはネギと、ソーセージはラディッシュと炒めてます。中国人は豚食いだが、自給自足の農村には冷蔵庫がなかったりして、こうしたソーセージやベーコンや鶏肉がメインだったんだろう。この家では、鶏とホロホロ鳥をたくさん飼ってます。

タマリンドの揚げワンタン

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】タマリンドというのは東南アジアでは酸味を加えるための調味料として使われるんだが、今回は「タマリンドのケーキ」を作るというので見ていたら、タマリンドの果肉を微塵切りにしてひき肉と混ぜて、ワンタンみたいなのを作って揚げてます。タマリンドの揚げワンタンw スイートチリソースで食べてますね。美味しいかも知れないが、想像がつかないw

過去のAsian Life はこちら↑



【汉服小怪兽】おいら、中国舞踊については何の知識もないんだが、だからといってクラシックバレエや日本舞踊について詳しいわけでもないし、まぁ、単なる野次馬なんだが、毎晩、YouTube動画を見ていて気が付いたのは、中国舞踊というのは、「オンナを見せるのに最適化された所作」であるという事か? たおやかな動きと優雅な衣装で、美人がコレを目の前で踊ったらたまらんねw この人は舞踏教室の先生をやってるらしい。弟子たちと集団で踊っている動画もあるんだが、やっぱり先生が一番いいオンナですw

NG

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【巫小萤】こういうの、勝手にどこでもやっちゃうわけですねw だから邪魔者が入ってNGになったりする、という、そういう動画です。日本人で、こんな公共の場で踊って自撮りするヤツはいないw 脚が太すぎず、細すぎす、いい具合です。

五花肉

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【陕北霞姐官方频道】日本では三枚肉と呼ぶんだが、中国では五花肉と呼びます。半分が脂身みたいなヤツですね。日本人はコレの調理法をあまり知らない。中国人は上手に調理します。ここでもまた違った調理法で、まずは茹でてから表面に蜂蜜を塗って揚げ、スライスしてから蒸している。なんでこんなに手間を掛けるかというと、脂身から脂を溶かして抜くためです。脂身から脂を抜くと、ゼラチンが残って、プルプルで美味しいのだ。三枚肉は35パーセントくらいが溶ける脂なので、時間をかけてしっかり抜く必要がある。

雲南甜白酒

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥】雲南甜白酒というんだが、甘酒、それも液体になりきっていない、ドロドロした状態のモノらしい。一種の調味料です。保存性がないので、昆明ですら手に入りにくいという代物で、中国はまだ流通が発達してないので、日本みたいにクール宅急便で翌日届くというわけには行かない。地方の隠れた名産品です。

【甕だし甘酒は通海限定】
 初めて雲南を訪れたとき、バスで立ち寄った通海の甕出し甘酒に病みつきになり、その後は昆明市内で探し求めました。雲南の名産は、市場や路上で季節になると「どこどこのいちご」とか「建水 毛豆腐」などというように場所と製品の名前をボール紙や木札に書いて売っていたので、注意していたのです。こういうものは大抵、昆明に持ってきてわざわざ売るほどの価値がある、昔ながらで防腐剤などのまぜもののない、おいしいものなのです。

糯米を蒸して粗熱を取ってオニギリ作っているんだが、これはついでで、オヤツですw 焼きおにぎりにして食べる。糯米には水を足して、麹を混ぜて瓶に詰める。密閉して保存します。5日後、甜白酒が出来上がりです。そのまま食べたり、調味料として使ったりします。日本人も嵌るほど美味しいようだが、流通がダメなので、自分で作るしかないようです。そのままでは一週間しか保たないらしい。

豚角煮と漬物

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Khói Lam Chiều】豚肉をざっと湯通しして、玉子を茹でて、肉は切り分けて下味付けて、干してますね。こういうやり方は初めて見た。表面が乾くくらいまで水分が抜けたら、炒めてから煮る。何か葉っぱ乗せてますね。おまじないか? 茹で卵も合流させて豚角煮です。さて、キャベツとも白菜ともつかぬ野菜を漬けようというんだが、タイトルにMustard Greensとある。カラシ菜ですね。エシャレットかラッキョウか、カラシ菜とともに漬物にします。カラシ菜は半割りにして乾して、クタッとさせる。エシャレットも乾し、塩をまぶして漬けるだけ。カラシ菜は軽く湯掻いて塩水に漬ける。日本で言う高菜漬けみたいなもんですかね。

TO TRAVEL IS TO LEARN!

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Vuong Anh's Cooking Journey】若い娘さんの調理人がベトナムを旅して各地の料理を紹介する、というチャンネルらしい。若いオトコの撮影スタッフを少なくとも3人くらい引き連れているんだが、ちなみにTO TRAVEL IS TO LEARN!というのが合言葉のようだ。こういうの、政府から補助金でも出ているのかね?

巨大な肉団子

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【隔壁林妹妹】3斤のバラ肉と蓮根一本で巨大な肉団子を作って食べる、というんだが、紅焼獅子頭と呼んでますね。これだけデカいと芯まで火を通すのが容易ではないんだが、油で揚げてから煮込んでます。なるほど。平べったく作ればあるいはもっと小さく作れば、もっと火が通りやすくなるだろうが、まぁ、こんなモノは見た目の迫力だからねw

酿酒

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】酿酒、というんだが、酿というのは醸造するという意味です。つまり、酒の醸造。コメが採れるところではどこでも、たいていはコメからドブロクを作るんだが、ドブロクは保存性が良くないので、そこから更に蒸留して焼酎にする事が多い。特に熱帯ではそうだ。ドランカードリーさんはいつも酒を作っているが、商売なんだろうね。、それにしては規模がささやかだが。米を蒸して、赤麹と混ぜて瓶に。60kgの糯米が入るそうです。糯米が10に、赤麹米が1、水が15だそうです。さて、イチゴワインみたいな赤い酒が出来るんだが、さっそく晩飯で飲んでますね。幼い子供まで飲んでるw そりゃ、リーさんも「ドランカード」になるわけだw

今度は増殖しとるぞ

| コメント(10)

過去のAsian Life はこちら↑



【孙科舞蹈工作室 SunKe Dance Studio】引き続きオッサンダンスをお送りしますw 今度は増殖しとるぞw しかもライブw 胡社光という人のファッションショーでの演目らしいです。中国もここまで来たか、という感慨しきりなんだが、なんかピカピカしてるのは肌にラメでも塗っているのか? 

いつものオッサン

| コメント(11)

過去のAsian Life はこちら↑



【孙科舞蹈工作室 SunKe Dance Studio】オッサンだよね、踊ってるの。いつものオッサンか? 髪はカツラか。踊りがダイナミックで、それでいて仕草が色っぽい。性差を超越した技巧というものだろうか。こういうヒトが女装して舞台に立ったら、さぞや見栄えがするだろう。

バナナ餡の南瓜焼き饅頭

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【Polin Lifestyle】故郷の料理、南瓜ケーキというんだが、饅頭を焼いたようなモノです。バナナはココナツの白い果肉といっしょに潰して、砂糖で味付け。南瓜は潰して米粉と混ぜて生地にする。饅頭を作ったら平らにして焼く。バナナ餡の南瓜焼き饅頭。素朴なお菓子です。

佛手瓜

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】佛手柑というのがあるんだが、これは佛手瓜。日本で言うところのハヤトウリです。色々と使い途のある野菜で、ここでは牛肉でスープにしたり、細く千切りにしてニンジンと和えてかき揚げにしたりしてます。子供がそばで見守りながら摘み食いw 中国では男の子もこうして料理を覚えるので、一般家庭でも多くが共働きなので、「早く帰宅した方が晩飯を作る」というのが多いらしいです。

人魚伝説

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【樰婴】中国伝統舞踊の踊り手さんだが、「人魚伝説」というのでちょっと変わった振り付けをしてます。この人、そんなに手足が長いわけじゃないが、踊りは抜群に上手いです。胸もそこそこあるしw ちなみに昨日、西域風の衣装で露出度高めでおどっていた人です。

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】モチ米を蒸して麹コウジを入れて3日。空気を遮断する容器に収納します。コメを街に持って行ってポン菓子みたいなのを作ったり、餅をスライスして煮て食べたり、コメというのは万能で、使い途が多い。さて、仕込んだコメはいつドブロクになるのか?

トウモロコシ

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】雲南では、トウモロコシは一年中採れるそうで、みんな大好き、というんだが、皮付きのまま焼いたり、剥いて蒸したり、巨大な犬の「大王」もトウモロコシは大好きで、ペロッと何本も食べちゃうw それにしてもデカい犬だw 擂り潰して、小麦粉、砂糖など混ぜて蒸してます。粒に外したトウモロコシは小麦粉まぶして煎餅みたいに揚げたり。彼女の手にかかると、ありふれた素材と素朴な調理道具から、魔法のように多彩な料理が産まれる。それにしても大王はデカいw

豚が人気

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【华农兄弟】豚と犬とハムスターを飼っている兄ちゃんたちです。豚は小ぶりで黒いね。豚の仔と犬の仔がいっぱいいて区別がつかないw これで結構人気コンテンツのようで、10万を超えるアクセスがあるw スマホとネット環境の普及で、誰でも動画を撮って世界に発信出来るようになり、時として意外なネタが受けるw

死库水

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【死库水】どこか判らないんだが、繁華街の公園で踊る女の子のTシャツに「死库水」と書いてあるんだが、「スクール水着」という意味です。日本のアニメやロリコン文化の影響で、中国でもスクール水着が人気らしいw でも、本物は手に入らなかったのか、Tシャツに書いて踊ってますw 中国娘は自由だw

西域風の衣装で露出度高め

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【樰婴】この人、ファンダンスが得意なんだが、大きな扇子を巧みに操って踊るんだが、これは西域風の衣装で露出度高めですw 素足なんだが、他の動画でも、この人、ヒールの高い靴は履かないようだ。西洋式のバレエを習った人はヒールが高くても平気なのかな。

オッサンだけどw

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【孙科舞蹈工作室 SunKe Dance Studio】前にもこの人は紹介した事があるんだが、当代随一のダンサーだと思う。身体の動きがしなやかでたまらなく色っぽい。オッサンだけどw 日本舞踊でもトップはオッサンだったりするので、技術的な物としては性別を超えた世界があるのだろう。それにしても溜息が出るほど色っぽいねw 困った困ったw

青いトンビ

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【青鸢】猫ダンスを踊っていた青いトンビさんです。今回も工夫をこらした楽しい動画に仕上がっています。こういうのは明らかに自撮りではないし、素人撮りでもないので、数名のチームで作っている。これはYou Tubeに転載された物なのでアクセスは少ないが、中国の動画サイトではそれなりのアクセスがあるんだろう。

天女が手を差し伸べる

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【不倒翁小姐姐】大人気の西安タンブラーガール。なるほど、よく見ると美人だし、貧乳だし、天女のようなお姉さんが宙を舞い、手を差し伸べてくれるんだから、人気が出るのも当然だ。暗黒舞踏の人も、キャバレーで金粉ショーやってないで、コレやれよw 

小仙若

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【小仙若】この娘も踊ってみた系の動画をbilibiliでやってるようだが、基礎にクラシックバレエなのか中国舞踊なのか、アカデミックなダンスのトレーニングがありますね。中国はそういう踊り手が多くて、見応えがある。

猫ダンス

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【青鸢】青鸢というのは、青い鳶だそうで、鳶職ではなさそうなので、鳥の鳶だろうが、猫ダンスです。この娘もホッソイけど、表情がいいのでそこはかとない色気もあって可愛いです。猫ダンスというのもベタなアイデアだが屋外での黒のミニスカート、室内の2つのパターンと合わせて3回踊らせて、それを繋ぎ合わせているので、手間もかかってるね。それにしても芸能人でもないのにここまで追求する中国の道楽娘たちの熱も凄いわw

過去のAsian Life はこちら↑



【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】ヨーロッパでもそうなんだが、冬になると豚を屠ってハムやソーセージを作り、冬籠りの準備です。豚の腸は長いので、肉だけでは足りず、雲南では豆腐と血を混ぜてカサ増しするというんだが、他にも様々な香辛料を加えてます。軒下に吊るして干す。豆腐や血の入らないバージョンも作る。保存用としては、コレを蒸して、油で揚げて、ラードに漬けて一年間保ちます。

神仙鴨

| コメント(2)


過去のAsian Life はこちら↑



【山药村老板娘】鴨です。例によってマルで作ります。まずは茹でてから、タレを掛ける。この手の料理には必ず使うんだが、紅糖。日本で言うところの黒糖ですね。これは主に艶出し用です。このあたりの砂糖の使い方も日本とは異なるところで、甘くするために使うのではなく、カラメル化させての色出し、艶出しのためです。茹でた鴨に、焼け溶かした紅糖を掛け、熱した油を掛け、トウモロコシ、椎茸、魚肉ソーセージといっしょに布で包んで蒸す。豪快に脚を毟ってくらいついてます。奇麗な娘さんだが、中国人らしくワイルドだw


過去のAsian Life はこちら↑



【SNH48 China】上海48です。アジア系では中国のオンナが一番、見てくれが良いね。母数が多いところから選ばれるから美人だし、身体が細くて、日本人より明らかにスタイルが良い。下着メーカーの人に言わせると、同じ数字のサイズでも、日本人は横幅が広くて、中国人は断面積が円形に近いので細く見えるんだそうだ。ただ、見てくれの良いオンナというのは自分を高く売るために磨いているので、性格はキツイし、飼うのにカネがかかるw

四川腸詰

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【山藥村老闆娘】お父さんから教わった四川風ソーセージの作り方、というんだが、これから寒くなるこの時期はソーセージの仕込みには絶好です。肉を細切れにして、料理酒、醤油、落花生、十三香、唐辛子、ショウガ、ニンニク、塩、よく混ぜ合わせて、ペットボトルの飲み口部分を使って豚の腸に詰める。熱湯を掛けてますが、煮てはいけない。表面を消毒してるだけです。さて、杉の葉らしき物を採ってますが、コレで燻すんですね。様々な香辛料と杉の葉の燻蒸で、風味豊かな四川腸詰です。

不倒翁小姐姐の仕掛け

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【CHINA LIVE】不倒翁小姐姐というパフォーマンスが西安の街で人気、というんだが、アレはもちろん「仕掛け」があるわけで、それを作る業者もいる、という話です。町工場レベルの工場で、ちょっとした鉄工所だったら作れるだろう。意外に重そうで、男四人でやっと運んでいるので、200kg近くあるかも知れない。

最近、西安の大唐市にある「タンブラーガール」がインターネットで人気を博し、彼女が使用する小道具も多くの人々の関心を集めています。福州のタンブラー小道具の製造業者の事業も非常に熱くなり、全国からの注文により圧倒され、製品が不足しています。

半球の底に鉛か鉄か知らんけど錘が仕込んであって、どの方向に倒れても自動的に起き上がります。従業員がやって見せているが、とりあえず誰でも出来る。だが、ああいう風に優雅に素敵に見せるのには修行が必要なのは言うまでもない。

プチ肉饅

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【小食光光】プチ肉饅みたいなのです。物凄く雑に、肉を芯にして小さい饅頭か肉厚の餃子みたいなのを作って、大きな平たい鍋で焼く。水を掛けてふやかして、油を掛けて焼き目をつけ、ひっくり返して仕上げる。短時間で100個焼けるといいます。庶民的な食堂です。スープを付け合わせにして軽食です。大きな具なしのピザみたいなのも美味しそうだ。陝西省はやはり小麦文化ですね。

片手で扇子をパッと開く

| コメント(7)

過去のAsian Life はこちら↑



【泡芙喵】日本の「踊ってみた」系とは違って、中国ではちゃんと踊れる女の子がやってくれるので、見ても楽しい。セクシーな衣装で、扇子をパタパタ開いたり閉じたり裏返したり、見せ方が上手いです。この、「片手で扇子をパッと開く」というのは踊りの基本で、実は、おいらも出来る。おいらは紅顔の美少年の頃、剣舞というのをやっていたのだw

小悪魔

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【轩喵酱】夜景のきれいな場所で小悪魔衣装の娘が踊りますw キャンディーズを思い出すわw この踊り手さんはピョンピョン跳ねるお子ちゃまダンスだけではなく、オトナの色気みたいなのも表現できる娘さんで、なかなか宜しいです。

手が延びる

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【唯舞娱乐IWeiwu Entertainment】中国舞踏というと、こうやって優雅にヒラヒラと絹がそよぐんだが、途中から袖が変わって、ワンピースのルフィみたいに手が延びますw これ、延ばしたり振り廻したりするのはそんなに難しくないだろうが、それをヒョイと縮ませて収納するところが難しいと思う。修行が必要だろうw

吉原哀歌·扇舞

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【LexiaoM 楽小漫_Official】シルエットのクネクネ踊りをやっていた人なんだが、何をやらせても本格的で、今回は和風です。日本舞踊ではないんだが、それらしく演じているので大したもんだ。コスプレイヤー活動もしているようだが、踊りは素人じゃないですね。

金持ちの道楽です

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【LexiaoM 楽小漫_Official】この人、踊りも上手いし、手間とカネのかかった撮影やってるし、イタリアまで行ったりしてるので金持ちなんだろう。プロではないようだが、ああいう国では金持ちは芸能人なんかになりません。この動画も洒落てます。全編シルエット。身体のクネクネした動きがよく判る。もちろん自撮りではなく、カメラマンを雇って撮らせるんです。コレを見ると、撮影の様子がよく判る。

手作り春雨

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【Bếp Trên Đỉnh Đồi】20歳の娘が手作り春雨を作ります。芋を摺って、上澄みを捨てて、沈殿したヤツを湯で溶いて蒸す。椎茸出汁で野菜も入れて、寒い冬にはアツアツでいただきます。いいねぇ、おいらも20歳の娘に手作り春雨、作って貰いたい。どんな贅沢なグルメ料理より上等だ。

不倒翁小姐姐ごっこ

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑


【TV TC】西安の不倒翁小姐姐はよっぽど人気になっているようで、ネットでは真似して遊ぶ人たちが続出、という話なんだが、まぁ、中国の皆さまも楽しそうに生きておりますw これ、割と簡単に出来そうなので、地下アイドルとか、やれば良いのにw 中華鍋の一番デカいヤツで作れるだろうw

不倒翁小姐姐

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【赤子成龍】西安の街でこのところ人気のパフォーマンスで「不倒翁小姐」と言うんだそうだが、モダンダンスの西洋人がこの技巧をやっているのをTVで見たので、その真似だろう。起き上がりこぼしみたいな台に固定されているので、特に身体的な訓練の賜物というわけではない。まぁ、街なかで見たら驚くよねw

新疆の街歩き

| コメント(8)

過去のAsian Life はこちら↑



安妮古麗】新疆の街歩き、というんだが、ずいぶん人が多くて賑やかです。ネトウヨが言うところではウイグル人は迫害されてみんな強制収容所だというんだが、実際には普通に暮らす普通の人がいる。つうか、3000万人しか人がいないところで、200万だとか2000万だとか、強制収容所に入れられるもんかw まぁ、一部に漢族との共棲を嫌うウイグル人もいるんだろう、そして、アメリカあたりがそれを煽るような工作を仕掛けているんだろう。途中、江西から来たという漢族の女の子が登場しますね。焼肉が美味しいとか、女の子がみんな美人でワタシ恥ずかしいとか、社交辞令みたいな事を言ってます。街の中なので漢族らしい顔付きが多いですね。地元の人は郊外に住んでいるのだろう。

李子柒弾き語り

| コメント(1)

過去のAsian Life はこちら↑



【李子柒 Liziqi】こういうの、タイではBBQと呼んでいたんだが、日本では「ジンギスカン」ですね。鶏皮を最初に熱して脂を溶かし、肉をその脂で焼いて四川風の唐辛子まみれで食べる。肉には事前に、卵と小麦粉をまとわせている。梅菜と挽肉合わせて何作るんだろうと思ったら、その後の調理は登場せずに、リーズーチーさん、ギターの弾き語りで歌い始めたw なかなか上手ですw

龙葵

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【染云Ranyun】都会のメガネっ子がメガネ外して、すっかり田舎暮らしです。中国は共産党の政策で、都会のIT技術者を地方に下放して、地方の振興を図るという政策を取っていて、彼女もその一環なのかも知れない。さて、今回は「龙葵」という野草です。龙葵というのは、龍(ドラゴン)ひまわりで、日本名をイヌホオズキとかバカナスと呼ぶんだが、Wikiでは「草にソラニンを含むために不可能である。花言葉は「嘘つき」」とある。ソラニンというのはアルカロイドで、毒です。もっとも中国人は何でも食うので、毒でも食う。「ドラゴンヒマワリエキスには抗炎症効果があります。」とある。

ドラゴンヒマワリはこの野生野菜の学名で、広西チワン族自治区の故郷では多くの高齢者が「鶏の目」と呼んでいます。でも、この山菜の料理を少しだけ作りました。軽い味ですか、ハイハンお願いします?それは完全に辛いです、笑

どうやら彼女は江西チワン族自治区の出身らしい。この野草の葉の絞り汁で生地を染めて、餃子みたいなのを作ってます。また、肉団子のスープも。それにしても、いつもツマラナソウな顔した娘なんだが、その分、犬が可愛いからいいかw

昭和のブルマー

| コメント(4)

過去のAsian Life はこちら↑



【Ola Aphrodite】おお、コレは短パンではない正統な昭和のブルマーではないか! まさかインドネシアで生き残っていたとはw 人類遺産として国連が保護すべき! って、オラ・アフロダイトちゃんです。24歳ですw ブルマーもだが、脚の太さも昭和ですねw 窓の外がザワザワしてるんだが、オラちゃんの尻を見過ぎたか?

大根を食べ尽くす

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【野小妹wild girl】山の絶壁に拓かれたわずかな耕地で大根を作ってます。崖の下には大きな河が流れ、新幹線が走り抜ける。上海と昆明を8時間で結ぶ、出来たばかりの中国の大動脈です。「中国でもっとも貧しい」と言われた貴州省も、交通の便が良くなって少しは発展するのだろうか? さて、大根は薄切りにして干してますね。これ、半乾きで味付けして漬物にすると美味しいんだw 排骨肉を、ニンニク、生姜、唐辛子、カルダモン、ネギでひと煮立ちさせ、大根乱切りを入れ、塩で味を整えてスープです。また、千切りにしてニンジンの千切りと合わせて和え物を作ります。皮は湯掻いてタレ付けて食べるようだ。彼女の犬は大人しい柴で、排骨肉貰ってます。

コスプレダンサー

| コメント(3)

過去のAsian Life はこちら↑



【nya 晚香玉】この手のコスプレダンサーがどこから湧いて来るのか知らんが、日本まで来て嵐山の紅葉をバックに踊ったりもしているので、カネも行動力もあるんだね。この動画は衣装が良いです。エロさも程々あって、踊りはなんだかバタバタしてるけどw 紅白見てるより、こういうアジアの女の子を眺めている方が楽しいねw

雪蓮果

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【龙梅梅Longmeimei】ヤーコンというのは最近出て来た野菜で、中国では「雪蓮果」と呼ぶらしい。シャキシャキしていて生でも食べられるので、果物扱いです。メイメイさんも砂糖漬けにしてますね。

塊根は貯蔵栄養素としてデンプンではなくフラクトオリゴ糖を大量に蓄積しており、収穫後1-2か月の保存によって分解してオリゴ糖となり、甘みが生じる。生で食べると、かすかにポリフェノールに起因する渋みを感じるものの、甘くしゃきしゃきした、ナシの果実に近い食感を持つ[3]。そのため生食もされ、中華人民共和国では「雪蓮果」の商品名で主に果実店で売られている。また、炒める、煮る、揚げるなどの加熱調理もされる。加熱すると、加熱したヤマイモに似た食感となる。

一部はスライスして乾燥させ、残りは砂糖漬けにして瓶詰めで保存です。冬に備えて保存食。

過去のAsian Life はこちら↑



【機智的黨妹 OFFICIAL CHANNEL】ローマロケまでやった上海のコスプレイヤーなんだが、3億円のマンションに一人住まいです。世界に向けて金持ち自慢w 働いてないようだね。カネならいくらでも持っているので、こういうオンナは芸能人になんかならない。やりたい事をやってカネを浪費するだけ。いかにも金持ち娘で性格悪そうだし、ギャーギャー騒々しいんだが、コスプレすると絶世の美女に化けるので怖い。長い動画だが中身はからっぽなので、最初の一分だけ見ればいいですw

送行者 禮儀師的樂章

| コメント(0)

過去のAsian Life はこちら↑



【阿聖是嗩吶精】「送行者 禮儀師的樂章」というのは、日本映画の「送り人」が台湾で公開された時のタイトルです。チャルメラお兄さんは子供の頃からチャルメラを吹き続けていたというんだが、あちらでプロのチャルメラ吹きの家系というのがあって、一族で葬式などを請け負うんだが、彼の家もそうだったのかね? 動画は葬儀場から始まります。街を彷徨い、荒野を彷徨い、リリカルなシーンが続きます。

【阿聖是嗩吶精】さんの過去動画はこちら

芋っぷり

| コメント(7)


過去のAsian Life はこちら↑



【Hot Girl Cooking VN】料理動画なんだが、料理はどうでもいいという、まぁ、アレだ、豊満を絵に描いたようなベトナム娘が料理をする、その娘を鑑賞する動画ですw むかしカンボジアの少女売春というのが流行ったんだが、実は、ベトナム娘が歩いてカンボジアまで来て売春していたんだそうで、ベトナムの女の子は中国系でけっこう色っぽい娘が多いのだ。カンボジア、ラオスの地付きの娘はクメール系で色も黒く、あまり色っぽくない。この娘は前にも紹介した事あるな。その時には「時代劇に出て来る田舎の宿場女郎のような芋っぷり」と書いたんだが、それに付け加える言葉はありません。

体型がロリータ

| コメント(5)