姑娘の最近の記事

猫耳セーラー服

| コメント(0)




【一只小仙若】猫耳セーラー服、というんだが、セーラー服と言っても制服的なものではなく、ワンピースですね。少女っぽくはあるが。一只小仙若さんは顔も身体もダイナミックで色っぽいんだが、こういうロリコンっぽい衣装もよく似合う。曲は中国のオリジナルだろうが、猫っぽい感じの曲で、なんか中国人て、こういう子供っぽいのが好きだねw

ヤマモ

| コメント(2)




【燕麦行游】ヤマモを採ってきてヤマモ・ジュースとヤマモのドライフルーツを作ってます。ところで昔の言葉で「草餅」というのがありまして、田舎の温泉場とかで身体を売る娼婦の事をそう呼んだりするんだが、こういう田舎の泥臭い娘を見ていると、草餅なんてのもいいなぁ、という気がしないでもないんだが、道玄坂をウロウロしている最上級の都会のプロのデリヘル嬢とどっちが良いのかなんてのは、まぁ、難しい問題であるw とりあえずこの娘はおいら的には可愛いw




【王老吉官方账号】王老吉というのは中国で一番有名な缶ドリンクだそうで、仙草)、菊花、金銀花、夏枯草、甘草などの「身体を冷やすことに特化した漢方薬のドリンク。あとライチーのドリンクとか、レモンのドリンクとか、つまりは清涼飲料メーカーのCMですね。なかなか雰囲気のある娘で、スポンサー付きなので無駄に色気は見せずに可愛らしさだけで勝負してます。

大華西遊記

| コメント(0)




【大话西游手游官方】河南衛星テレビが作った動画で、大華西遊記モバイルゲーム公式というんだが、中国には様々な古典の物語があって、こういうファンタジーなんかを作るにはよろしいですね。それが文化的な厚みというもので、アメリカは歴史が浅いので西部劇と禁酒法しかネタが無いw

犬は要らない?

| コメント(1)




【燕麦行游】今日はトウモロコシを売りに来て6000円にもなって大喜びなんだが、ところで彼女どこで拾ったか仔犬を連れていて、客に「犬は要らない?」とせっせと売り込んでます。犬は寒くて震えている。どこかのオジサンが引き取って一件落着w 若いけどお節介な娘ですw

青山椒

| コメント(11)




【燕麦行游】何でも売る、自分ち畑にないなら、山を放浪して何かを探す、いよいよ何もなけりゃ、よその農家から仕入れてでも売る。何とも逞しい女の子で、市場では愛想よく仲間にサービスし、客にもお世辞忘れず。農家というより商人みたいなもんだが、たしかに中国女ってのは、こういう口八丁手八丁のタイプが多い。今日は山椒です。山から青山椒を採ってくる。日本ではGW過ぎが時期になるんだが、中国では今ごろですか。中国では花椒といって完熟した実を使うことが多いんだが、青山椒も使う。500gで9元、180円。ずいぶん安いんだが、野菜の相場が500gで40円、60円とかなので、そんなものか。今日の売上げは1400円。毎日こうやってコツコツと稼ぎます。

ガイヤーン

| コメント(5)




【STREET FOOD JOURNEY】タイでは、というかイサーンとか田舎の料理なんだが、ガイヤーンといって、丸鶏を開きにしてジックリ焼いたもの。付け合せはソムタムという青パパイヤの酸っぱいサラダ。ガイヤーンはナンプラーか何かで味をつけてある。ガイヤーンは田舎に行くほど美味しいね。そこら辺走り回っている鶏をその場で〆て焼いてくれるから。それにしてもこのお姉さん、わざとらしい色っぽい格好で、褐色の肌がなんともいいですね。タイ人でも中国系だと日本人より白い娘もいるけど、田舎のタイ人とかクメール系はこんな色です。おいらは真っ白い肌より、こっちのほうが味わい深くて好きだw

フルーツ双子

| コメント(1)




【果哝双子】フルーツ双子という名前でやってるらしいんだが、たしかに顔が同じなので、双子、それも一卵性双生児だろう。一卵性双生児の女と結婚した男がおりまして、もちろん結婚相手はそのうちの片方だけなんだが、もう片方も毎日遊びに来るので、どっちと結婚したのかワカラン、というような話もあるんだが、なーに、区別がつかないふりして両方やっちゃえよw

煉瓦塔

| コメント(4)




【Lovely Landscape】広州でぼろぼろの煉瓦塔が発見された。この煉瓦塔は1500年の歴史があるという。と説明があるんだが、広州の1500年前というと、古代から中国の南海貿易の中心地として発展し、唐代半ばの741年には最初の市舶司が設置され、多数のイスラム教徒やユダヤ人やゾロアスター教徒が訪れ、外国人居留区である蕃坊もおかれた、というので、貿易で栄えた街だったようだ。山の中じゃあるまいし、「発見された」という言い草もよくワカラナイんだが、文化財らしい扱いもされてないようで、草茫々ですw まぁ、貿易港で大河の傍にあって、というところからして、外国船の出入りを見張るための塔だったんだろう。

五峰嶺

| コメント(1)




【Amazing China】五峰嶺という貴州省の名所だそうだが、道教の寺院です。たいていこういうのは道教だ。日本では道教というのがポピュラーではないので山岳信仰が道教であるという意識が薄いんだが、山岳信仰の痕跡は縄文時代からあり、箱根駒ヶ岳の頂上には隣の神山を拝んだとおぼしき遺跡がある。仏教よりはるかに古くから道教、あるいはその前身の「鬼道」は日本に伝わっていた。

貴州省の観光情報ウェブサイト「Qianlang.com」は、この家は普通の人が住むためのものではなく、数百年の歴史を持つ土地の寺院であると報告しました。
寺院の土地は6平方メートル以下で、曲がりくねった石の階段でしかたどり着けません.伝説によると、住人は天気の良い日を求めて建材を「肩に乗せて」山の頂上に運びました.そして豊作、そしてレンガごとにゆっくりと地面に建てられ、何百年もの間、天と地の間に揺るぎなく立っていました。

ところでこの動画は短いんだが、元の動画があって、そちらではこの仙女みたいなコスプレをした奥さんが苦労しながら登っていく工程も描かれていますw

制服の女学生

| コメント(1)




【DD GALASY】イサーン踊り • ブリーラム県パタラボピット校、というんだが、制服の女学生が初々しくていいですね。前列右側の娘が特によろしい。イサーンの人間というのは素朴でお人好しで田舎者w タイでも都会の中華系娘にはない素朴さが魅力です。こういう伝統的な踊りは、学校でも教えるのでみんな踊れる。




【天使航拍】何とも珍妙な景色なんだが、水上に浮かんだ道路ですw 固定されてるわけじゃなくて、文字通り「浮かんで」いる。といって仮設というわけじゃなく、これで恒常的な道路のようだ。大型車は通れそうにないですね。車が走ると波が立つw 湖北省の宣恩県というところなんだが、ウィキペディアを見ても「宣恩県(せんおん-けん)は中華人民共和国湖北省恩施トゥチャ族ミャオ族自治州に位置する県。」としか書いてない。ところでウィキペディアのおいらの項目は異常に充実していて、おいらよりおいらに詳しい人が執筆しているらしいw 




【燕麦行游】タイトルが「1元 一握りの野草」というので何なのかと思ったら、ちまきに使う笹の葉ですね。葦の葉だという話もある。縄文人の如き生活をしているオーツ麦ちゃんなんだが、単なる農民というより、もっと色々やる何でも屋みたいなところがあって、山から何かを採取して売ったり、他人様から仕入れた物を売ったり、そういや縄文人も黒曜石を伊豆の島で仕入れて、加工して長野まで売りに行ったりしていたよね。まだ貨幣制度のない時代に「売る」というのはどういう事なのか、まぁ、物々交換なんだろうが、考えてみりゃ、弥生人という単純農耕民族より、商人であり、職人である縄文人のほうが高度な経済の中で生きているわけです。

小うさぎちゃん

| コメント(1)




【小兔几亮晶晶】若手中国舞踊の名手、晓丹さんといっとょに踊っている動画もあるので、やはり中国舞踊やってる娘だろう。なんかオモチャみたいに服を着てパンダ風に装っているんだが、名前は「小うさぎちゃん」です。中国ではこんなガキっぽい踊りも、ちゃんとモダンバレエの訓練をした娘が踊るから素晴らしい。スカートの中がヒラヒラフリルのズロースみたいなのでお上品ですw

湖に浮かんだ家

| コメント(1)




【Lovely Landscape】広東省だというんだが、湖に浮かんだ家です。同じタイプが2軒あるので、宿泊用のコテージみたいなもんか。タイでカンチャナブリに行った時に、こういう「水に浮かんだ家」というのを見たんだが、それは飲食店のコテージで、水に浮かんだ個室で宴会が出来るというんだが、カップルで借りてセックスするのに便利だと言うので、よく見ると、あちこちのコテージが小刻みに揺れているw このコテージもそうなりそうだねw

桑の実酒

| コメント(1)




【燕麦行游】山で桑の実を収穫しています。赤いのは未熟な実か? 桑の実は完熟すると黒くなる。何に使うのかと思ったら、酒なんだが、普通想像するようなリキュールではない。米とともに蒸して、酵母を加えて、発酵酒を作ろうというので、これはちょっと珍しいw まぁ、米と酵母だけでも発酵酒は出来るので、そこに桑の実を加えた味というのも想像がつくという物なんだが、日本では酒税法で禁止です。なんだよ、中国のほうがよっぽど自由じゃねーかw




【李再媚】「山でおじいさんに会ったのですが、100頭以上の牛を一人で飼っていて、よく訓練されているのは本当に立派です。」というんだが、手伝う犬もいないし、爺さん一人で牛と水牛を管理しているので、たいしたもんだ。それにても貴州省あたりの景色というのは、とても世界一の経済大国とは思えないねw




【妹子单身日记】ダブルワークで足浴店で働きはじめたというんだが、ギャラはいいけど疲れちゃって大変、だそうです。中国では足浴店というのが数多くあり、中には怪しい風俗店もあるが、普通に足つぼマッサージの店も多い。

本来のお店のスタッフは男性も女性もいますが、そうは言っても客商売というか、男性に足を触られるのに抵抗がある方もいらっしゃいますので足浴师には女性スタッフが多いです。

足つぼマッサージは指にタコが出来るほど力を込めるので、そりゃ疲れるだろうw  足浴師にはオバチャンも若い娘もいるので、たまたま担当が若い娘だったりすると、ちょっと得した気分らしいw




【天使航拍】河南の滝だそうで、実に見事なもんだが、あまり観光地として開発されているようには見えないんだが、中国では「観光どころじゃない」という時代が長く続いたので、観光地というのがあまり開発されてないんですね。そういう意味では、中国株では「観光」というのがこれからの狙い目になるのかも知れない。日本でも江戸時代まではあまり人が移動せず、幕末になって伊勢参りあたりから人が移動し始め、鉄道が敷設されてからは熱海とか、ちょっと遠いところが景勝地としてもてはやされるようになる。中国では、貴州省とか雲南省とか、中国人にとってもエキゾチックな景勝地がたくさんあって、まだまだ未開発。中国人も移動の自由を手に入れ、豊かさを手に入れ、物質的に満たされると、次は好奇心を満たすために旅に出たがるようになる。

野生のキノコ

| コメント(0)




【燕麦行游】今日はまた妙な物を売ってます。野生のキノコだというんだが、水煮にしてあるのかな? 500gで160円というから、野菜としては高い値段です。なんせこの娘が背負ってきた物を売るので、なるべく重量あたりの単価が高いほうが商売としては効率的ですw

冬瓜飴

| コメント(0)




【燕麦行游】冬瓜を使った飴を作ろうとしているんだが、うまく行かないという話で、この冬瓜飴はおいらも作ってみたけど、作るのに異常に手間がかかり、時間がかかる。基本的には彼女のやっている方法でいいんだが、このあとで水分が抜けるまで、「弱火で温める」とか「何日間も干す」とか必要。ほとんど乾いたらグラニュー糖か粉糖をまぶして仕上げる。うまく出来ると、市場でも高値で売れそうだ。




【燕麦行游】毎日見ていると、この娘の行動パターンというのが見えてくるんだが、基本的には「毎日、市場で何かを売る」というのがベースになっていて、早朝の1時間くらいなんだが、自分ちの畑で採れた物だけではない、山から採ってきた自然の物もあれば、よその農家から仕入れた物もあったりする。明日は何を売ろうか?というので「自分の作った作物を売る」というこだわりはないw 農家というより一人八百屋ですねw 今日は大きな冬瓜を4つ、切り売りです。




【慕慕有奶糖-】お尻が大きくてエロ可愛いムームートフィちゃんなんだが、それはさておき。スタジオなんだが、何とも凄いスタジオで、砂を何トンも運び込んで砂丘を再現し、別シーンでは水を張っている。こんなスタジオ使ったら時間あたり幾ら取られるかw ムームートフィちゃんはエロ可愛いばかりが注目されるんだが、ちゃんと中国舞踊を踊れる娘です。




【雪柔Yuki】全然踊ってないんだが、漢服コスプレのアイドルごっこです。中国人は漢服とか唐服とか若い娘でも大好きで、もちろん現代風にアレンジして安くなっているんだろうが、気軽に着れるので、和服なんぞよりずっと普遍的です。和服は若い娘が着るには金額的にも着付け的にもハードルが高いね。

脱穀

| コメント(0)




【燕麦行游】籾殻付きの米を持ち込んで脱穀してもらうんだが、556斤(250kg)が脱穀後は393斤(約200kg)になります。新米は500gで30円くらいなので、全部売れば5895円くらいなんだが、売るわけじゃなくて当座の自家消費用だろう。人間が一年間で食べる米の量は150kgくらいなので、これで家族3人当座の数ヶ月分になる勘定か。オーツ麦ちゃんちは爺婆と彼女の三人暮らしらしい。父母は出稼ぎだろう。米も野菜も自家製なので、買うのは肉と魚と調味料くらい。オーツ麦ちゃんが毎朝市場で2、3000円稼いでくるので、これで生計が成り立つ。




【PKP Media】苗族、モンとかミャオとか言うんだが、中国系の少数民族です。少数民族といっても、中国、タイ、ベトナム、ラオスなど広域に渡って山岳部に住んでいて、人口は1000万人を超える。元は揚子江下流域に住んでいたんだが、戦乱に追われて山へ逃げ込んだとも言われる。顔は漢民族と変わらないので、人種が違うとか、そういうのではない。ところで豆州楽市では2種類のベトナム産コーヒーを扱っているんだが、この苗族の居住するベトナム北部の山で穫れるのがルビーマウンテン。南部の避暑地ダラットの農園で穫れるエバーグリーンとは、同じ国だけど全然味が違う。ダラットのコーヒーは近代的な農園でしっかり管理された味で、ルビーマウンテンは山で粗放的に育った味。対象的です。ベトナムは南北に長い国だが、民族国家で、生活様式も違えば言葉も違う。ベトナム人を何人か雇ったら、出身地が違って、ベトナム人同士で言葉が通じなかった、なんて事もあるw 動画は苗族少女たちの踊り。民族衣装といってもデザインは色々で、お洒落ですw

鴨肉のビール煮

| コメント(1)




【隔壁林妹妹】鴨肉のビール煮の夢を見て、鴨肉のビール煮を作るという、まぁ、それだけの動画なんだが、いつもの林姉妹です。雑種みたいな犬を三匹従えて、オンナ親分といった風情だ。ブツ切りの鴨に調味料は生姜、ネギ、唐辛子、あとは醤油、炒めてからビールを注いでビール煮にする。犬がヨダレ垂らしっぱなしw

星光学园

| コメント(0)




【星光学园STARLIGHT】星光学园というのは「バンダイナムコと日生が共同企画する「アイドル活動! 」およびその派生作品に登場する架空の学園。」らしいが、よく判らない。bilibiliには他のダンス動画もアップされているので、中国舞踊のできる娘を集めたアイドル活動みたいなのか? 「十字街头」というこの曲は、雲門小巻さんの名演があるんだが、なかなか雰囲気のあって良い曲です。

Oo粉扑扑oO

| コメント(0)




【Oo粉扑扑oO】明らかに舞踏をトレーニングした専門家の身体じゃないというのはひと目で判るんだが、おっぱいデカいわw 身体全体が太めでムチムチ。でも、顔は結構かわいい系。こういう娘がオトコには一番人気がある。本人も太めは判っていて、自己紹介で「肉の何が悪いの? 夕食に招待しましょうか?」なんて言ってます。




【工地资料员秀秀】この娘はおカネが欲しいので、工事現場に住み込みで働いてるんだが、他にオンナはいないので一人部屋で食事も260円でこのボリュームと、安いので大満足w 中国娘は大食らいで、この洗面器いっぱいの飯をぺろりと平らげるw 工事現場といってもこの娘の仕事は現場事務なので、肉体労働をしているわけじゃないんだけどね。

战马奔腾

| コメント(0)




【陈依妙 】18歳の天才二胡弾き陈依妙さんなんだが、バークレーに留学するわ、TVにも出るわ、二胡の第一人者、陳軍さんと共演するわで凄いなぁ、と思ったら、彼女自身が陈军という二胡名人の娘だった。先祖代々の胡弓弾きです。ここでは親子共演なんだが、弾いているのは「战马奔腾」という曲で、「战」という字も懐かしいんだが、戦争の戦です。戰馬奔騰という事で、軍用馬の勇ましい様を描写した曲。

音楽の導入部は行進曲で、冒頭で馬に乗って疾走する辺境警備隊の勇壮なイメージが表れています。主題はモンゴル民謡の音色に富んだ旋律で、馬や鉄砲にまたがる国境警備隊の英雄的なイメージを形作る刺激的でリズミカルな第1主題と叙情的な第2主題があります。 、祖国への愛と国境警備隊への愛を表現し、平和への深い感情を表しています。途中、大きな弓で馬のひづめの疾走音を真似たり、弱から強へと徐々に上に移動する特殊な技を巧みに使い、スピード感を出しながら、軍馬メルセデス・ベンツのシーン。軍馬のいななきの中で音楽が急にスローダウンし、力強く全曲を締めくくる。

作曲したのは陳耀星という二胡弾きで、その息子が陳軍。陳軍はこないだ陈依妙さんと共演してましたね。中国では胡弓弾きみたいなのはだいたい「先祖代々胡弓弾きの家系」になっていて、そりゃ、何千万円もかけて娘をバークレーに留学させるわけだw

睢南

| コメント(0)




【睢南】割と洋風の踊りをする人なんだが、今回は衣装をとっかえひっかえ、気合いが入ってます。中国はこの数年でファッションセンスが急速に向上したね。少し前までは中国人観光客ときたら、「ちょっと外れたセンスでとにかく色が派手」な服を着ていたのですぐに見分けられたw その前までは人民服しか着てないし、清朝時代の映像とか見ても綿入れの人民服みたいなオトコもオンナも全員同じような服を着ていて、お洒落とかいう概念すら見受けられないw それがわずか数年で見違えるようにセンスが良くなったw




【燕麦行游】オーツ麦ちゃんちの月餅づくりです。パンを買って千切って牛乳でフードプロセッサ、抹茶、カボチャ、ドラゴンフルーツ、などで色をつけたりして、4種類200個。焼かないで型に入れただけで作ってますね。しかしこんなに作ってどうするんだろう。近所に配ったりするのか?




【二胡陈依妙粉丝频道 Erhu Chen Yimiao Channel】まだ18歳の娘なんだが、当代きっての二胡名人、陳軍さんを従えての演奏です。陳軍と言う人は親の代からの二胡名人で、中国を代表する凄い人なんだが、こうして共演するくらいなので、この娘の親はよっぽどの金持ちだろうw アメリカのバークレー音楽学校に留学してるしw

500gで40円

| コメント(0)




【燕麦行游】オーツ麦ちゃん、今日はキュウリ売り。野菜はたいてい500gで40円という値段なので、背負って来た分を全部売っても2800円とか。売るだけじゃなく、自分ちで消費する分を仕入れたりもする。コレが毎日です。朝の1時間か2時間での売上げなので、効率が良いといえば良いんだが、ついでに買い物も済ませてしまうので、まぁ、日々の生活のルティーんです。

小千藤

| コメント(0)




【小千藤】 この娘は初めてかな? 若くて可愛いというキャラなんだが、踊りは実力派でしっかりしている。踊っている時の表情がいいね。砂浜で裸足なんだが、衣装が汚れるし、自前でなければ出来ないw 撮影は大変だったと思う。




【柠檬小姑娘 lemon】レモンちゃんちでも月餅を作ります。蓮の実をバラして芽のところは苦いので除去。これはお茶になる。アヒルの卵黄とかハムとか。レモンちゃんは月餅はあまり好きじゃないけど、肉が好きなので、肉入りw レモンちゃんちの月餅は小さくて可愛い。




【小唯萌主】この娘はこの動画では踊っているんだが、基本的にはコスプレ・アイドル的な活動をしていて、たまに踊る。またよりによって「セーラー服を脱がさないで」です。おニャン子クラブは中国語では「小猫俱乐部」なんですねw 小唯萌主さん、思春期の少女らしい身体をしていて可愛いです。




【隔壁林妹妹】中秋節なのでリンちゃんも月餅づくりです。中国ではバブル景気で、豪華な月餅を売り出したりして政府が規制するほどで、まぁ、コロナも程々に退治したし、これからは中国の時代ですねw 相変わらず大雑把な作り方だけど、リンちゃんの月餅は美味しそうだ。




【御姐強尼Ms. Johnny2.0】出たがり露出妻を亭主が撮る、という、まぁ、前戯を世界に向けて発信しているようなもんだが、撮影した夜はさぞやw 動画がアップされたのが6月28日なので、梅雨空ですね。海水中で着替えてます。台湾だから身体の線を露出する大胆なビキニも見せ放題w このお姉さん、身体はエッチだが顔があんまり下品じゃないのがいいです。

月餅

| コメント(1)




【滇西小哥】中秋節で月餅の季節なんだが、最近は出来合いの月餅で済ませる家が多くなった、というんだが、

子供の頃、中秋節が近づくと、村のほぼすべての家族がそれぞれ異なる味のお菓子を作って、お隣さんと交換していました。 その後、あらゆる種類のお菓子をいつでも道端で購入でき、作るものが少なくなりました。今、村の若者は都市で勉強したり出稼ぎしたり、お年寄りと子供は留守番をしているので、中秋節にお菓子を作ることをさらに見かけません。

というわけで、近所の家から材料を集めて色んな月餅やお菓子を作って配ります。世界一の経済大国になっても古くからの良き習慣は大事に残したいという気持ちです。こういう農村動画は中国共産党のプロパガンダがあって作り始められたようだが、人が都市に集中して農村が廃れてしまうのを止めようという意図があるんだろう。




【燕麦行游】34kgのジャガイモでポテトチップを作る、というんだが、そんなにたくさん作ってどうするのw まぁ、売るんだろう。この娘、ちいさい体でいつも30kgの荷を背負ってます。力持ちです。洗ってスライスして乾燥させてから揚げる。パリッと仕上がります。そうか、そういう手があったか。いつもポテトチップがパリッと仕上がらないので困っていたので、今度やってみようw

娴娴

| コメント(1)




【招行特供】銀行のイメージガールだけあって上玉なんだが、娴娴という娘らしいです。娴というのは「上品である、しとやかである」という意味の文字で、なるほど、おしとやかの二乗ですかw いつもながら可愛いです。

雲上飛瀑布

| コメント(0)




【天使航拍】広東省の韶関というところにある観光施設で、ガラス張りのスカイウォーク雲門山ガラス橋と人工の滝、雲門山の雲上飛瀑布だそうです。幅8m、高さ100mの滝の内部には、観光用エレベーターが三基設置されています。というんだが、わざわざこんなの作って採算取れるのかね? 中国は観光ブームなので、案外儲かるのかも知れないw

空芯菜

| コメント(1)




【燕麦行游】今日のアイテムも空芯菜です。空芯菜というのはおっそろしく成長の早い植物で、水と温度さえあれば茎から根を伸ばして瞬く間に地面を覆い尽くす。まぁ、そんななので有難味も薄く、高くは売れない。他に売るものがないんだろう。それでも毎日通って小銭を稼がないと生きて行けないw 生きるのは大変だ。




【御姐強尼Ms. Johnny2.0】黒ビキニで延々、服を着替えるというこの動画、中国では作れないw 台湾だから許されるw 今日はまた雨の中でやってますw このお姉さん、おっぱい大きくてなかなかのスタイルですね。中国のダンサーみたいに鍛えた身体ではないところが、素人っぽくて良い。妙になまっちろくて、美味しそうだ。とはいえ撮っているのは亭主。撮影後は亭主が美味しく頂きました、ってヤツだw 壮大なる前戯ですw

黒ビキニ

| コメント(2)




【御姐強尼Ms. Johnny2.0】茶髪で黒ビキニのお姉さんが着たり脱いだりするというそれだけのチャンネルなんだが、アクセスは多いらしいw 中国本土はビキニ程度の露出度でも禁止なので、台湾ではこれだけでもアクセスが撮れるという事なのかw 撮影中に蚊に刺されたみたいで、カワイそーw 撮ってるのは多分、亭主ですw

凍頂烏龍茶

| コメント(0)




【あるきちの中国茶日記】ウチで売っている凍頂烏龍茶の解説みたいのがあったので、ちょうどいいwここで登場する無焙煎と中焙煎か、ウチで扱っているヤツです。台湾では清香タイプが最近の流行らしい。

発酵・焙煎を抑えた「清香」タイプです。日本茶に近い飲み味ながら、清らかで透き通った香りが特徴。
<凍頂烏龍茶(清香型)100g>税・送料込み 2000円

昔ながらの発酵と焙煎をやや高めにしたお茶。焙煎の魅力は程好い重厚感を出すことができ、香りと味わいも「清香型」に比べて力強い。
<凍頂烏龍茶(中火濃香)100g>税・送料込み 2500円




【燕麦行游】凌晨4點到地裡摘菜5點出攤,2元1斤的菜價,一上午能掙多少錢?「朝の4時に畑に行って野菜を摘み、5時に屋台を出します。野菜の値段は1斤あたり2元ですが、1朝でいくら稼げますか?」というわけで、朝の4時から菜っ葉を摘んで、5時には公設市場で売る。500gで40円。朝の二、三時間で2000円くらいは稼げるのか? こうしてコツコツと毎日稼いでいるので、なかなか馬鹿にならない。都市近郊の農家ならでは、です。


お待たせしました! やっとブラジル産プレミアム・ショコラが入荷しました! ピーベリーとノーマルと、どちらも好評で割と早く売り切れたんだが、ブラジルの霜害とかコロナで流通が混乱とか、急激な値上がりとか、いろいろあって、入荷待ちが続いていたプレミアム・ショコラ。サントアントニオ生産者組合のプレミアム・ショコラは、「ブラジルらしいナッツフレーバーと甘味、チョコレートのようなフレーバーが魅力」というんだが、川平くんに言わせると、「あの地区のコーヒーはどれでもみんなショコラっぽい香りがする」そうですw 名前が素敵なので、若い娘っこらに人気があるらしい。うちの焙煎はもちろん炭火で、香りを活かした浅炒りと味の深炒りなんだが、どちらも炭焙ならではの柔らかい穏やかさがあり、特に浅炒りはガス焙煎の浅炒りにありがちな尖った刺激がなく、酸味の強い浅炒りコーヒーが苦手な人も美味しく飲めます。
<プレミアムショコラ 浅炒り 100g×4>税・送料込み 2400円 <プレミアムショコラ 深炒り 100g×4>税・送料込み 2400円 <ブラジル産プレミアムショコラ生豆 500g>税・送料込み 1000円

禿嫌い

| コメント(3)




【妹子单身日记】「私はおじさんが好きですが、あなたがハゲなら楽しみに参加しないでください、私はハゲ頭を受け入れることができません!」と、この人、やたら禿にこだわるね。誰か禿に口説かれているのか? まだ28歳で若いので我儘言ってますけど、さて、いつまでやせ我慢できるのかw




【燕麦行游】ヘチマを売りに来た。以前は500gで16円だったのが、今では150円。25kgのヘチマを背負って来て、1時間で売り切りましたw ついでに西瓜とか肉とか買って帰ります。電子マネー使う客もいますね。朝の1時間で120元を売り切って大満足w

招商银行

| コメント(2)




【招行特供】この娘の動画は以前にも何本か紹介しているんだが、招商银行というマトモな銀行の宣伝用動画です。この銀行の広報担当者はオタクっぽい人のようで、それにしてもこの娘は何なのか? プロの芸能人、アイドルなんだろう。さすがに表情が豊かで可愛い娘です。

紅茶を作る

| コメント(3)




【野小妹 wild girl】いつの間にか犬が増えてますね。黒豆という名前らしい。以前からいるのが大豆。お茶を摘んで料理にも使います。さて、この時期なので三番茶か。紅茶は二番茶か三番茶作るのがポピュラー。古風な手動式揉捻器で揉んで、十分に発酵させる。今回は全発酵で紅茶です。火入れして発酵を止めて完成。紅茶団子というのがいかにも中国らしいw




【妹子单身日记】94年28歲,皮膚白凈沒談過戀愛,為啥沒人和我處對象,差在哪?「1994年生まれ 28 歳、色白で恋をしたことがない、どうして誰も私と付き合ってくれないの、何が違うの?」というわけで、今日の行かず後家予備軍お姉さんです。こんな事言ってるんだが、「禿げはダメ、年寄りはダメ、年下の坊やもダメ」と、ダメ出しが多いw まあ、28歳ならよりどりみどりなんで、要求水準は限りなく高いw




【晓丹小仙女儿】晓丹ちゃんと、もうひとりは誰なのか? 顔を見ると十元醤さんかもしれないが、確証はない。昆明での何かのフェスらしい。このクラスの踊り手さんだと、動画の収入だけでなく、各地のイベントから呼ばれたり、企業のネット広告に出演したり、相当稼ぐんじゃなかろうか。もちろんふたりともキチッと中国舞踊のレッスン積んだプロなんだが、若いダンサーがこれだけ稼げるというのも中国だけだろう。

上汽MG名爵

| コメント(1)




【bilibili dance】この娘の名前がワカラナイんだが、動画には「上汽MG名爵」とあるんだが、そりゃ、自動車メーカーで、イギリスの名門MG社を買取った上海汽車が、タイヤインド向けの比較的安い車を作っているらしい。MGといえば、若い頃はMG-Bに乗りたかったな。とうとう一度も乗れなかったが。踊っている娘が妙に場馴れした雰囲気なので、プロのアイドル芸能人かもしれない。あちらでは若い消費者もガンガン車を買っているようです。

雲南の小人国

| コメント(0)




【行迹旅途中】雲南の小人国なんだが、観光地として稼働を始めたようで、ショーとか王様の閲兵式とかやってるようだ。中国では障害者でも飼い殺しにはしない。自力更生で、自分たちで稼がせる。聾の千手観音とか、有名になったよね。それにしてもこんだけコビトがいたら、日本では失われた小人プロレスも出来るんじゃないかw




【Nini MusicNini Music】アイアン・メイデンの「明日なき戦い」のカバーなんだが、4弦の小さい琵琶みたいな楽器で弾いてます。お姉さん、顔がヘビメタだねw 本家アイアン・メイデンの演奏はこちら。背景には同じ動画を使ってますね。このお姉さん、どうやらヘビメタ志向があるらしい。

人工降雨

| コメント(7)




【李再媚】中国では雨不足で川が干上がって大変なんだが、いよいよ人工降雨です。この娘も「初めて見た」と言ってるんだが、黒雲が湧き上がって、なにやら怪しい雰囲気になってますw

その材料として、ドライアイスやヨウ化銀が用いられる。ドライアイスを飛行機から雲に散布する事で温度を下げ、またドライアイスの粒を核として氷晶を発生・成長させる。またヨウ化銀の場合は、その結晶格子が六方晶形と言って氷や雪の結晶によく似ているため、雪片を成長させやすい性質がある。また、ドライアイスの代わりに液体二酸化炭素を用いる手法もある。

散布の方法としては、飛行機を用いる他、ロケットや対空砲による打ち上げもある。ヨウ化銀の場合は、地上に設置した発煙炉から煙状にして雲に到達させる方法もある。中華人民共和国では2021年1月、人工降雨など気象制御用のドローン「甘霖-I」を初飛行させた(「甘霖」は「恵みの雨」の意味)[3]。

中国は人工降雨では実績があって、北京五輪では事前に人工降雨で降らせて、当日は晴天にする、とかやったし、積極的にやってます。インドが怒って、ウチの雨を盗むな!とかw




【Lovely Landscape】1500台のタワークレーン、というんだが、北京の近くに今、国家プロジェクトとして開発中のエリアです。

中華人民共和国国務院と中国共産党中央委員会は習近平党総書記の主導する「千年大計」(1000年にわたる大計画)として保定市内の雄県、安新県、容城県などから雄安新区を設置した。国家級新区としては19番目。

果樹園などが広がるのどかなエリアだったが、最先端のテクノロジー企業や研究機関を集積する計画である。130kmほど離れた北京市の非首都機能(教育、医療、行政機関の一部)移転の集中的な受け入れ先となる。水域と緑地の面積が全体の70%を占めるよう義務付けている。

タワークレーンが1500台というのは、それだけの数のビルが同時に建造中というわけで、この景色を見て、まだ、中国と戦争しようなんて考えるヤツがいたら、そりゃキチガイだ。戦争というのは物資と人間の命の擂り潰し合いだ。

電動バイク

| コメント(0)




【湘西石三妹】こないだ結婚したと思ったらもう孕んでやんのw 義母が優しい人で、妊娠中の彼女の代わりに毎日朝からスーパー行って買い物、朝食と昼食も作ってくれる。免許を持ってないので、徒歩でスーパー行くのは大変だ、というので、シーサンメーは義母のために電動バイクを買いに来ました。免許なしでも乗れるタイプで、7万円くらい。田舎の貧乏サラリーマンでも、月給の一ヶ月分で買えるんだから、安いですね。ヤマハのヤツは30万くらいする。田舎の貧乏サラリーマンだと2ヶ月分です。




【燕麦行游】トウモロコシを脱穀するんだが、荒地用の凸凹した靴の裏でこすって、一気に脱穀。量が多いので大変です。100kg以上あるかな。トウモロコシの実はフードプロセッサにかけて粉にして薄く伸ばしてトウモロコシ煎餅。さて、このトウモロコシは自家用にするのか、余った分を売りに行くのか。

広東熊

| コメント(4)




【Amore Animale】猫に似た犬で、犬とネコの掛け合わせらしい。嘘たけどw チャウチャウとフロウファーのハイブリッドで広東熊とも呼ばれるらしいんだが、そもそもフロウファというのが正体不明。チャウチャウ系なので、コイツも食用らしいw 子供のウチはなんとも可愛いんだが、大人になると目が小さくて、あまり可愛くない。ブサイクになったら食われちゃうw

赤い石の森

| コメント(1)




【青云迹】5億年前に形成された赤い石の森、というんだが、もともと土に覆われて、この光景は見られなかったらしい。木を植えようと掘り返して発見されたそうで、まだ観光地にもなってない。この人の動画も、亭主が撮って、女房が主演w 貴州省、雲南省はこうした未開発の観光地みたいなのがたくさんありますね。これからの成長産業だろう。

電気調理器具

| コメント(3)




【柠檬小姑娘 lemon】仲良し夫婦のレモンちゃん、農村動画と言ってもこの娘は近代風で、電気調理器具を使って料理します。ホットサンド作ったり、落花生で豆乳作ったり。フードプロセッサ内蔵のポットとか、まぁ、言うまでもなく今の中国ではこれが主流なんだろうけど、日本にはないアイデア調理器具というのがあるみたいで、生活はどんどん便利になる。

双塔山

| コメント(0)




【Lovely Landscape】河北承德市の双塔山にある石垣柱に建てられた塔。近代では誰も登ったことがなく、頂上のレンガ塔がなぜ建てられたのか、どのように建てられたのかは今でも謎。というんだが、まぁ、調査もしないんだから呑気なもんだw 歴史にも残らないほど昔、誰かがこの岩をてっぺんまで登って、建てたんだろうが、想像するだけでも恐ろしいw 承德市というのは北京から250kmくらいで、清の時代に副首都的な場所だったそうだ。まぁ、こういうのは道教の施設という事に相場は決まっているんだが、せめてヘリコプタでも使って学者をてっぺんに登らせて、調査くらいしろよw




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】久々の大王です。お父さんと買い物に。肉屋のおやじにデカいの貰って、一人でトボトボと家に帰ってゆっくり食べる。ここの犬はみんな放し飼いで、自由にあちこち行き来してシアワセですねw 大王はこの時期サマーカットです。お父さんに肉をミンチにして貰って、美味しい美味しいw




【思彤】この人は中国舞踊の大先生で、もちろん踊りも上手なんだが、なんたってこの体型ですね。スーパーモデル体型とでも言うか、手足が異常に長くて、贅肉のない細い身体で、そして貧乳w まぁ、同じ人間なので、この人が特別、骨格から違うわけじゃなくて、厳しいトレーニングで徹底的に贅肉や脂肪を抜くと、こういう体型になるんだろう。基本的にはモダンバレエなので、西洋のバレリーナと同じ体型です。身体作りが大変な苦労のようです。




【优联酱】上玉と評判の优联酱ちゃん。なんて読むのだろうw 上玉とはまた下品な言い方なんだが、メイド服やセーラー服がナチュラルに似合ってしまって、ヤバいヤバいw こんなに魅力的で色気もあって、ロリコン禁止法に引っかからないもんかw 巨大な猫耳がまた、可愛い。




【卿斗酱】普段着で、さもない場所で踊ってます。衣装も撮影場所も凝りに凝った動画ばかり見ていると、こういう素朴なのも新鮮でいいね。とはいえ、踊ってる卿斗さんはベテランで、凝った衣装の動画もたくさん撮っている。自然だ、と言っても、計算され尽くした自然さです。

こちらは36歳

| コメント(2)




【深圳高妹】こちらは36歳。この人はあまり結婚したいしたいと言わないね。さすがに36歳にもなりゃw でも、28歳の方の人よりおっぱいは大きいです。なにやら料理しているな、と思ったら、海老を胡椒で炒めて、ブロッコリー茹でて。日本人より薄味だ。中国でも都会の人は薄味なのかね? 自然な黒髪が美しい。中国ではこういう長い髪が多いですね。




【燕麦行游】今日は梨を売りに行きます。翠冠梨という品種らしい。

1 つの果実の平均重量は 250 グラム、最大 325 グラムで、果肉は柔らかくてパリッとしており、貯蔵と輸送に耐久性があり、輸出基準に準拠しています。
翠関梨は「六月雪」と呼ばれ、皮が薄く、身がパリッとしていてジューシーで、濃厚でみずみずしい味わいで、果汁が豊富で甘みがあります。 [1]

500gで100円というから一個50円くらいか。いつも思うんだが、中国の果物は安いね。この梨はそれでも袋掛けしているので、手がかかっている方だが、よほど粗放的でテキトーな栽培をしていないと、この値段では売れない。多分、専業の果物農家が少ないんだろう。日本では12000円するシャインマスカットが、中国では600円という話もある。雲南省で作られているらしい。今日は360元、7200円でホクホクですw

优联酱

| コメント(3)




【优联酱】40度近くの温度で3時間、暴れまわった結果がこれ!早朝に会場に到着、こんなに強い風、こんなに強い光、こんな雲ひとつない空w すっかり絶望に陥ってしまいました、というので、この程度の動画を撮るのにも3時間を掛けているわけです。暑いのにご苦労さんw 优联酱というこの娘は初めてかな? メイド服なんだがスカートの丈とか中身の処理が上手で、見えそうで見えなくて、でも見えそうで、とかw ハッと気がついたら顔をみてないやw 改めて顔を見たら結構可愛かったw




【acousticjass】ニューオリンズの葬式です。おいらはニューオリンズJAZZも好きでずいぶん聞いたんだが、葬式の曲というのは順番があって、最初は静かな曲で死者を送り、死者が天国に行くと、お賑やかに、というのが定番です。腕の良いミュージシャンの多くはシカゴなどの都会に出ていってJAZZを広めるが、ニューオリンズでは昔ながらのJAZZが生き残っている。




【Lovely Landscape】雲南省なんだが、巨大なトンネルみたいな洞窟。近所の人が屋根付きガレージにしている、という話で、なんとも勿体ない話なんだが、中国は最近まで人の移動が少なく、まして「観光」というのは盛んではなかった。上海や北京から雲南省に行く事自体が容易じゃなかったわけで、そりゃ、観光どころじゃない。それが、生活は豊かになり、高速道路や新幹線の普及で、人の移動も楽になった。おいらが若い中国人だったら、この洞窟の中を丸ごとレストランにして、夜はライトアップして、派手に商売に使うけどなぁw




【Khói Lam Chiều】カイラン水上マーケットというんだが、ベトナムの水上マーケットとしては有名なところらしい。冒頭出てくるのはランブータンで、なかなか美味しい果物です。次はパンの木かな? 後半は水上マーケットで、自作のスイーツを売りに行きます。大人気w ラストは麺とスイーツを交換w 

北碚天坑

| コメント(0)




【燕麦行游】北碚天坑というんだが、重慶の郊外で、あまり知られていなかった遺跡です。むかし人が住んでいたとも、寺院があったとも言われているんだが、詳細は不明。インターネットで紹介されて見に来る人もいるんだが、山の中でわかりにくい場所なので、地元の農民に聞いてください、というので、観光地というほどではないらしい。家の扉みたいなのがあって、それを開くと内部が秘密めいた空間になっている。なかなか面白い。中国は共産党政権で人の移動がなかったので、観光地というのがあまり開発されてないね。

楽天モンキーズ

| コメント(0)




【Rakuten Girls】きつねダンスというの、日本でもやってたなぁと思ったら、日本ハムで、台湾のプロ野球では楽天モンキーズがやってるらしい。ダンスったって、まぁ、原始的なものなんだが、さすが台湾で、可愛い娘揃えて見せ場作ってくれます。向かい合っておっぱい揺らし合うという素晴らしいサービスw 台湾人はこういう生臭いみたいなエロが好きだよねw あんまり揺らすと、年取っておっぱいが垂れるぞw

仲好し夫婦

| コメント(1)




【柠檬小姑娘 lemon】地味な田舎暮らしだけど、夫婦で食べると幸せ、というんだが、結婚して5年まだ子どもは出来ないけど、仲好し夫婦です。旦那が動画撮ってます。庭のプチトマトを収穫して、トマト汁でそうめん、卵焼き乗っけ、と素朴な料理です。オンナってのはよく喋るもんだが、中国のオンナってのはまた一段とお喋りだw

巨大タケノコ

| コメント(2)




【燕麦行游】オーツ麦ちゃん、気温40度の中、タケノコ掘りw ずいぶん太い竹だ。その割に固くはなさそうで、齧ってる。中国とか東南アジアは竹の種類が多いので、一年中タケノコが食べられる。ずいぶん伸びたヤツまで採ってます。しかしこんな山の中までヤギの放牧をしてますね。

カンフー物語

| コメント(1)




【bilibili dance】人気者のムームートフィちゃんが、手下を二人従えて、カンフー物語みたいなのを踊ります。カンフーってのも踊りみたいな型メインのもあるんだが、一番背の高い娘は完全にモダンバレエの巧者で、見事な動きで魅せてくれます。ムームートフィちゃんクラスの人気ダンサーになると踊りで食えるんだろうが、色々と手を変え品を変え、考えなきゃならんw

黄桃

| コメント(0)




【野小妹 wild girl】中国では桃はまた特別な食べ物で、仙人が食うらしい。日本にも道教は仏教以前に伝わって、遺跡から桃の種子が大量に見つかったりしている。そういや昨日、オフ会で胡弓を弾いてくれる名人さんに桃を持っていったんだが、「中国の桃は硬い」と言っていた。日本の白桃のような柔らかい桃はないらしい。ここでは黄桃を砂糖漬けにしてますね。いつの間にかハスキー犬が増えているw 桃のゼリーみたいなのを作り、リブ肉と桃でパイ。





【滇西小哥】台湾語ではレンブーと呼ばれ、中国ではリェンウー、日本では見たことがないんだが、おいらはタイでよく食った。タイの果物では一番好きかも知れない。梨をもっとみずみずしくした感じで、タイ人は「ウォーターアップルだ」と説明してくれた。

味はリンゴと梨を合わせたような淡い味わいで、サクサクして 爽やかな酸味があるが果汁は少ない。調理はせず生食のみで、皮は剥かないでそのまま食べるが、割れ目の部分と頭の部分(ヘタの辺り)は食べ残す場合が多い。また色が濃く、割れ目が食い込む様に窄めば窄む程甘い傾向がある。昆虫の幼虫が内部で繁殖しやすい果物でもある。

タイのやつは緑色だったんだが、冬のある地方では赤くなるらしい。ピーナツバターを掛けてフルーツサラダ。レンブー入の肉ぱん、ヤクルトとレンブーのスムージー、いいねぇ爺さん、ベランダでボーッとしてると、孫娘が美味しいものを次々に持ってきてくれるw




【燕麦行游】中国では果物は栽培が粗放的で、値段はまた思い切り安いんだが、今日のブドウは500gで160円とちょっと高いので売れるか心配だったんだが、よく売れてますね。彼女は端数は切り捨てていて、なかなか商売上手です。今日は300元、6000円も売ってニコニコです。

蓮をテーマに

| コメント(2)




【十元酱少女】この娘は夏が誕生日だそうで、前から夏に蓮をテーマに撮りたかったというんだが、十元酱少女さんです。美人です。なるほど夏らしくていい動画になってますね。誕生日だと言うんだが、いくつになったんだろう。




【深圳高妹】深圳で働く独身女なんだが、こちらは36歳、女盛り年増ざかりw 外から帰ってくるシーンでいきなりピンクのピタピタスパッツで、こういうお尻もマンヒルも丸見えみたいな服を、中国のオバサンはよく着てますね。恥じらいというものがないのか、自分の身体に絶対的な自信があるのかw たしかにこの人、胸は大きいです。今日の晩飯はワンタン。この人はあまり「結婚したい、結婚したい」と言わない。

売れ残り日記

| コメント(2)




【妹子单身日记】売れ残り寸前女がつぶやくという、それだけなんだが、なかなかポエマーで面白いんだが、

齡剩女不戀愛,
壹個人吃飯特別香沒人和我搶,
就是有點孤單

売れ残り女は恋をしない
一人で食べるのはとても美味しい
誰も私を奪わない
少しだけ寂しい

はやく誰か相手してやれよw 今日は脂身の多い三枚肉を酸っぱい漬物ともに蒸し煮にして、細い娘だけどよく食べます。おいらより大食いだw

沐夏

| コメント(1)




【沐夏】さっきの【沐夏】ちゃんなんだが、去年撮った動画だそうで、そのためか多少幼く見える。多分、この娘は10代なんだろう。中国人はウーパールーパーみたいに幼形成熟なので、30歳過ぎても見た目が変わらないので怖い(何が? この動画は顔のアップもあって良いですね。




【peschereccio1】さっきの68曲がりをバイクで走るという動画です。この道は車よりバイクのほうが楽しそうだね。道は狭く、対向車も多いし、歩く人もいるし、スピードは出せないなぁ、その割にコイツは運転が乱暴w バイクのヒルクライムレース場にしたらよさそうだw

68曲がり

| コメント(5)




【Lovely Landscape】雲南省昆明市宜良县の68道拐。というんだが、「1995年に建設され、建設当初、道路建設コストを節約するために、道路は梁に沿って旋回するしかなく、6.3キロの山道には68のカーブがあり、平均100メートル未満に1つあり、その蛇行の程度は、世界の道路史上の奇跡とされていた。」というので、まぁ、箱根の七曲りのもっと凄いヤツです。スリランカ行った時にやはりこういう道があって、カーブを曲がるたびに同じ子どもが手を振っているw え? と思ったら、崖をショートカットして登って、車より速く登るのだ。もちろん遊んでいるわけじゃない、手にはそこらへんで摘んできた野の花を握っていて、それを「買え」というわけですw 買わないと何度でも崖を登って追いかけて来る。まぁ、たいてい、可哀そうなので買ってしまうんだがw これ、実はルーツがあって、マチュピチュ遺跡の道がそうだってね。あちらは大きな声で「グッバーイ」と叫ぶので、グッバーイ・ボーイと呼ばれているそうだw 中国は豊かなので、さすがにグッバーイ・ボーイは出ないだろうがw




【柠檬小姑娘 lemon】レモンちゃん、既婚者で結婚5年目。ビデオ撮っているのが亭主ですね。仲良し夫婦です。レモンちゃん、化粧っ気もなく、着ているのも割と粗末な服で、まぁ、きわめて日常的ではある。西瓜が3年目にしてやっと成功したというんだが、1年目は水害で全滅、2年目も枯れてしまって、3年目でやっと。そんな微笑ましい日常を淡々と描写していて、アクセス稼ぎで奇をてらった事ばかりやっている日本のYouTuberが馬鹿に見えるねw 中国の西瓜は原種に近いのか、皮が厚いですね。

八抬大轿

| コメント(1)




【盧保貴視覺影像】主家花3000元请来的八抬大轿,有人说低俗不登大雅之堂,你怎么看(ホストファミリーが3,000元で招待した8人乗りのセダンチェアは、下品で目立たないと言われていますが、どう思いますか?)というんだが、8人乗りではなく、、8人で1人を担ぐんです。「轿」という字は、日本語で書くと「輿(こし)です。中国では人力車の時代まで使われていた。日本の駕籠は二人で運べるが、轿は二人では運べない。最低4人。ないしは8人なので、エイトハンドセダンチェアと呼ばれ、役人とか大金持ちくらいしか乗れなかった。今では結婚式に使われるくらいか。下品なのは同意するが、目立たないというのはどうかなw つうか、こんなもんに乗って嫁に行きたいか?

みみっちい女

| コメント(2)




【妹子单身日记】深圳物價這麼高,豬肉都吃不起,更不敢談戀愛了,怕他圖我錢(深センの物価は高すぎて、豚肉を買う余裕がなく、あえて恋に落ちません。彼が私のお金を奪うのではないかと心配しています)というんだが、ずいぶんとまたみみっちい女だw 今日はお金がないので、素の麺。麺というよりきしめんのもっと太いみたいな。米の麺ですね。おいらもタイでよく食った。さっぱりしてます。食事が済んだら体重を測る。44.2kg。風袋が500gとして、43.7kg。うん、よしよしw しかしインターネットで世界中に自分の体重を公表するというのはまた、度胸のある女だ。




【柠檬小姑娘 lemon】レモンちゃんです。実は結婚して5年目。まだ子どもが出来ないので、病院で診て貰ったと言うんだが、ここでは亭主も出演してますね。なかなかのイケメンです。新居を建てたんだが、400万円ほど。安いんだが、多分、内装とか自分でやるのが前提です。自力更生w ベッドルームが4つ。こういう動画は、「田舎暮らしもいいもんですよ」という中国共産党のプロパガンダが出発点にあると思う。農村動画がはやる直前に、「インターネットを使った村興し」を中国共産党の地方政府が進めているというNEWSがあったもの。もちろんアクセス稼ぎのゲスい動画もないわけじゃないが、自力更生で楽しい農村生活、というテーマは多くの投稿者で共通している。




【潮州六姐妹】台湾では葬式にストリップ、という話があって、これもビンロウ売りとともに大都市では禁止されて、田舎にしか残ってないようなんだが、全裸にまでなるらしい。Dancing for the Deadというんだそうだが、ホラー映画みたいだなw さて、国賊アベシンゾーの葬式なんだが、ここはシンキローさんに頼んでAV女優大量に集めて、霊前乱交とかいいんじゃないですかねw さて、葬式にストリッパーはあんまりなんで、潮州六姐妹なんかどうでしょう? 朝鮮名物泣き女よりゃいいだろうw

レストラン

| コメント(2)




【李再媚】この娘は山の中ほっつき歩いて釣りばかりやっているんだが、このレストランは実家なのか親戚の家なのか、彼女もよく手伝ってます。レストランは流行っていて、儲かっているんだろう。私が紹介した友人はとても勤勉で、汚れたり疲れたりすることを恐れず、家族にとても気に入られています。というので、この兄ちゃんは彼女が紹介したらしい。確かに黙々とよく働いてます。それよりこの娘のシャツは何なんだw 背中にデカく、いまさら「ちびまる子ちゃん」のプリントw

豚の白モツ

| コメント(2)




【Khói Lam Chiều】豚の白モツ、茹でてから味を付けて炒める。ナスは焼いて皮剥いてタレ掛けて。最近、お肉の工場という肉屋ができて、黒毛和牛のモツが手に入る用になったので、モツ煮に凝っているんだが、2時間位コトコトと火を通すと、柔らかく美味しく食べられる。コンニャクと大根とニンジンを合わせる。モツだけだとアッという間になくなってしまうw




【妹子单身日记】被男同事嘲笑平胸,妹子翻來覆去睡不著,這天生的又不是我的錯、「平べったい胸で同僚の男性に笑われて 寝返りを打って眠れない女の子 生まれてきたのは私のせいじゃない」というので、またしても貧乳を嘆くお姉さん。結婚願望と貧乳で毎日が過ぎてゆくw 今朝も蕎麦ですね。中国でもこういう蕎麦を食べるんだ。ゴーヤのスープも美味しそう。この娘の作る料理はあまり辛くないので、日本人の口にも合うかもしれない。日本人のお相手なんてどーですかねw あっ、でも禿は禁止ですw

飯場住み込み

| コメント(4)




【爱生活的灵妹妹】働く女の子の月給は4000で、建設現場の無料のプレハブ住宅に住んでいて、昼食はわずか2元で、お金を節約して借金を返済しています、というので、朝起きてルティーンの一日が始まる。飯場住み込みというのはまた、頑張りますねw 日本じゃ飯場の住み込みといったら飯炊き婆ぁと相場は決まっているんだが、現場事務員です。バンコクでもよく見たんだが、大きなビルを建てる場合、まずは広場にバラックみたいな仮設住宅が建ち並び、そこに棲み着いた人が工事をするんですね。現場で寝起きして建物作るんで、いろいろとはかどるw アームカバーを着けているんだが、中国女は陽焼けを嫌うので、夏の定番ファッションですw

潮州六姊妹

| コメント(1)



[潮州六姐妹4K]3年前にネットゲリラでも散々取り上げたんだが、潮州六姊妹です。潮州と言いながらも、台湾です。台湾も潮州出身者が多いのかね? 3年経ってもやってる事はおんなじ。まぁ、お祭りなんかの余興と言うか、賑やかしで、元は宗教的なルーツがあるんだろうが、とりあえず台湾風に生臭いお色気も取り入れてみました、という感じか?結構人気があるらしくて、YouTubeには動画がたくさんある。

お賑やかに

| コメント(0)




【盧保貴視覺影像】結婚式のにぎやかしに楽団雇ってお賑やかに、これで3000元だそうです。6万円か。河南省の田舎なので、底辺労働者の月給くらいか? 神輿かついで、チャルメラと笙と銅鑼と鐘と、踊り子オバチャンもいます。大都会では廃れた風俗かも知れないが、田舎ではまだ盛んにやっているのだろう。台湾でも似たようなのがあって、以前盛んに紹介した潮州六姐妹とか。田舎の土着の芸人さんなんだろう。




【燕麦行游】毎日違うものを売っている娘です。今日はブドウ。さすがにコレは自家用でなく、畑の持ち主から買い取って売りに来ているのかね? ブドウは500gで8元と、野菜より高いので、買い取って運んで売ってもカネになる。野菜は重くて安いので、元が自家製でタダでも、たいしたカネにならない。とにかくこの娘は背中に担いで自転車で運べるだけの量しか持ってこられないw 中国人の商売人としてのしたたかさの秘訣はこういうところで養われているのだろう。




【台湾オンエア - Taiwan On Air】さて、ペロシ訪台で一躍注目される檳榔西施(ビンロウガール)なんだが(嘘 実は台湾でも絶滅寸前で、2002年に規制されて以来、都市部からは姿を消している。台湾というのは何故かエロい姿の泥臭いネーチャンが街角で踊ったりしているところで、中国共産党の指導がないと、中国人の本質というのはこういうものなんだろう。さて、ビンローガールの代わりに最近流行っているのが辣妹熱舞で、エロい水着姿のギャルたちが街で踊るw 新規開店のにぎやかしとかお祭りとか。

残念な地下鉄駅

| コメント(3)




【Lovely Landscape】残念な地下鉄駅というんだが、どこかというと石家庄です。石家庄というのは河北省の省都で、人口1000万を超える大都市。地下鉄を建設したんだが、郊外では何もないところに駅が作られるという、まぁ、10年後には見違えるようになるんだろうが。中国ではインフラが先に作られて、それから街が作られる。計画経済w 日本みたいにあとになってバタバタ慌てないw 




【muri muri】なんか田舎で盲目でヨタヨタしてて、ダイジョブかいなこのオッサン、といった風情なんだが、、1963年生まれ。オーケストラと共演した初めてのケーン吹きとして知られていて、今では「イサーンの遺産の芸術家として称賛されるべき」とまで言われている。色々とこの人ならではのギミックを使って素晴らしいw




【Dr. Khaen】さっき色気のないお姉さんと吹いていたオジサンなんだが、盲目のゲーン名人です。イサーンのレイ・チャールズと呼ばれている。嘘だけどw タイ・フィルハーモニー・オーケストラと共演です。やはりケーンは花形楽器ですね。オーケストラをバックに、見事に負けてない。




【龙梅梅Longmeimei】中国の農村動画を見ていると、特に果物は粗放的な栽培で、あまり手間や肥料に力を入れてないように見える。多分、農薬も日本より使用量は少ないだろう。そういう値段です。特に農村動画の舞台の田舎では、なんかもう「タダ同然」といった感じで、日本とはぜんぜん違う。日本でも昔はもっと粗放的で、安かったけど、甘くなくて酸っぱかった。さて、メイメイさん、青い梨を収穫してます。粗放的な果樹園です。フードプロセッサで砕いて氷砂糖、煮込んで濾して、煮詰めてペーストを作る。梨のジャムです。薄めて飲みます。梨の果実と白きくらげなど入れて蒸したり、ゼリー作ったり、夏はフルーツが豊富で楽しそうだ。

孫悟空の気分

| コメント(1)




【Lovely Landscape】貴州省にある杉木湖景区というんだが、こういう奇をてらった観光施設というのはたいてい貴州省とか四川省とか雲南省とか。ここは景色の良さを売りにした、絶叫系のアトラクションもある施設のようだが、なんせ「中国イチ貧しい」と呼ばれる貴州省なので、都会の観光客を呼び込むのに必死です。この手のひらに乗ったら、お釈迦様の手のひらでウロウロする孫悟空の気分になれるだろうかw

野地瓜

| コメント(1)




【燕麦行游】暑いので野生の果実を拾って桃や牛乳?といっしょに竹筒に入れて凍らせてアイスキャンディーみたいなものを作ってます。野地瓜というんだが、日本ではあまり知られてないね。

野生のサツマイモ ( Ficus tikouaBur.) は、すりつぶした果実、すりつぶしたビワ、マンディ グリーン、サツマイモのつる、すりつぶしたゴール パープル、すりつぶしたザクロ、国山竜、忍び寄る地面のドラゴンなどとしても知られ、Morus (Morus) 属に属します。フィカス L.) は、多年生の常緑つる植物です。食用、薬用、緑化、観賞用を兼ね備えた多目的植物です。 [1]

イチジクの属だというので、そんな味なんだろう。芋というより果実ですね。モノを売るお金儲けの時も生き生きとしているが、こういう子供っぽい遊びの時も生き生きとしていて、楽しそうだ。竹筒アイスキャンディー、美味しそうだね。

沢蟹

| コメント(6)




【龙梅梅Longmeimei】沢蟹です。日本人はあまり積極的には食わないが、中国人は大喜び。小さいね。どうやって食うんだろう。ひとつずつ殻を外して、油で揚げて、唐辛子で炒める。カボチャのツルの先を摘んで集めて炒めもの。結局沢蟹は硬い殻を外しただけで、あとはボリボリ喰らうのかね? 歯が丈夫なのかw




【野小妹】アサリを採ってきて加工したり食べたり、というんだが、この娘の住む貴州省には海がないので、どこか違う場所だろう。アサリは茹でて日干しにする。3日間。一週間。保存用です。ご主人さまが帰ってきて、犬が甘えてますw 海南島で採ったアサリだそうです。アサリは水で戻して使う。鶏肉と龍眼とアサリを壺におさめて蒸す。熱い油に漬けたり。

三輪車

| コメント(6)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】お父さんの妹が病気だと言うので、大王ともう一匹連れてお見舞いに。小さい三輪車の荷台に乗ると、なんか遠近感が狂って不思議な光景ですw 三輪車は電動ですね。中国のこの地方ではずいぶん普及しているらしい。犬たちはリードもなしだが、お行儀が良いです。




【XTARドラマー】いつものメンバーのモーラムだが、短いながらに良くまとまった演奏で、いい感じです。モーラムバンドは数あれど、この子たちが飛び抜けてノリがいいね。モーラムというのはダンスミュージックなので、このノリで何時間でも演奏が続けられる。




【妹子单身日记】00年代以降、泳ぎに行くように言われました。男は背が高くて強いですが、両者の違いは10歳です。信頼できますか?、というんだが、00年以降というのは中国風の言い方で、2000年以降の生まれだということで、10歳違いだと言うからまだ18歳くらいか。泳ぎに行こうというのは水着姿を見たいという事に他ならず、おいら昔、若い少女漫画家に「豊島園のプール行こうよ」と誘って、あとから人づてに「学生時代のスクール水着しか持ってないから、デートの誘いだったらプール以外にして」と聞かされたことがある。まぁ、面倒くさいんで、そういう事を言うようなオンナは放置だがw というか、むしろスクール水着の方が好みゲフンゲフンw 世の中には貧乳好みという奇特な人もいないわけじゃないんで、とりあえず話に乗って食っちゃったらいいんじゃないずかね? 28歳の行かず後家寸前オンナが18歳の坊やとやったら、それは「オンナが男を食った」と呼ぶべきだろう。お姉さんの今日の食事は魚のスープです。

辣妹熱舞

| コメント(2)




【王志賢】泰山 金虎呷檳榔攤 開幕典禮 辣妹熱舞というんだが、ビンロウ売りの店が新規オープンだというので、ビキニギャルが賑やかしに踊ります。ビンロウ売りというとエッチな衣裳で客を引くのが有名で台湾名物だったんだが、公衆衛生上どーなのよ、という話があって、あちこちで禁止されて廃れた。まぁ、これは新規オープンのイベントという事で、オメコ星かw

結婚披露宴

| コメント(1)




【湘西石三妹】シーサンメーの結婚披露宴です。意外に豪勢で近代的な会場で驚くんだが、ちゃんと正装したシーサンメーは美人ですね。普段は泥にまみれてガハガハ豪快に笑ってるんだがw お色直しして民族衣装もまた素敵です。




【燕麦行游】こないだは500gで60円だったスモモが、旬でいっぱい出てきたんで、相場が下がってしまった。40円でもなかなか売れず、とうとう半額の30円。でもオーツ麦ちゃん元気いっぱい。着ているシャツがおっぱい強調するようなデザインで、なかなか美味しそうだw ウチでも仕入れたプラムが即、売り切れた。日本はまだまだこれからです。

朝食は3元以内

| コメント(2)




【工地资料员秀秀】飯場ぐらしの現場事務員です。でも、給料はそこそこ良くて、一万元。20万円くらい。一年で10万元貯めようというので、節約して朝食は3元以内。豆乳も自分で豆から作ってますね。色気もへったくれもあったもんじゃないが、いい娘です。中国人というのはアレで意外に貯金が好きで、せっせとカネを貯めるらしい。というわけで、朝食は豆乳と卵だけのようです。

ちんちくりん姫

| コメント(5)




【咬人猫】なんとも不思議な映像で、いくら中国でも「火を使えるスタジオ」ってのもないだろうから、火は後付のCGか? 焼け跡のセットと照明による効果でスモークを輝かせて、その上に燃える炎を切って貼り付ける、とかw ちんちくりん姫、咬人猫さんはいつも凝った作りの動画で楽しませてくれる。

お尻が大きい

| コメント(1)




【慕慕有奶糖-】惚けた顔して童顔なんだが、お尻が大きくてグラマー。人気のあるムームートフィちゃんなんだが、今回は割と地味な衣装でベタ靴で踊ります。中華舞踊というのは基本的にはベタ靴で踊るものなのか。ソ連から学んだクラシックバレエの系譜だとハイヒールなんだろうが、モダンバレエだと素足というのも多い。

「モダンバレエ」での衣装は、作品によって異なります。ですから、チュチュ以外の衣装も使われるのです。靴の規定もなく、裸足で踊る場合もあります。

いわゆる「中国舞踊」というのは、昔からあったものではなく、ソ連と仲よかった時代にソ連から移入されたモダンバレエがベースになっている。なので、中国舞踊習っている娘たちは、トゥシューズでも素足でも踊れるので、KPOPのハイヒールだろうが自由自在です。踊り手としての「基礎体力」が違う。




【滇西小哥】縄文人の密かな娯しみ、というんだが、きのこ狩りです。日本では山梨あたりで、秋になるとキノコ狩りが盛んで、採れたキノコを道端で売ったりしているんだが、野生のキノコは小さい虫がうじゃうじゃついていて、なかなか厄介だ。

キノコ狩りは、村では昔からずっと流行っている「エンターテインメント」である。私たちは早朝に起きて夜遅く帰る。大切なものは、キノコをいくら狩るのかではなく、山野を回して探していることである。 それに、多く収穫して帰る時の喜びは何よりだ、

しかしさすがに地元の娘で、ひとつひとつのキノコをちゃんと品種まで把握していて、食べられるキノコ、食べられないキノコの選別も完璧。縄文の生活というのは該博な知識によって成り立っているのだ。

ところでタイで仕入れ旅をやっていた頃、チェンライの郊外で野生のキノコを採ってきて売っているのを見て、美味しそうだったので買って、レストランに持ち込んで料理してもらったら美味しかった。なんでも、その季節にしか採れない希少なキノコだそうです。




【晓丹小仙女儿】晓丹ちゃん、日産に引き続き、今度は電動スクーターの広告です。猫耳付きのヘルメットとか、若い層を対象としたプロモーションらしくて、どこかのイベント会場で撮ってます。イベントに呼んで、ついでに動画も制作と、安上がりで宣伝できてメーカーとしても大喜び。こうした踊り手さんとしても、ファンからの投げ銭や動画再生回数からのアガリだけでなくスポンサーも付いて生活安定と、ネットの利用に関しちゃ中国は進んでますね。

20年物の熟れ鮨

| コメント(6)




【湘西石三妹】シーサンメーの結婚式です。自宅でやるんだが、田舎なので家が広く、余裕です。色々と料理を作ってますが、メインは20年物の熟れ鮨。広葉樹林帯文化圏というのがあって、このドン族の熟れ鮨文化が東の端では琵琶湖の熟れ鮨になる。文化人類学的には非常に貴重な映像です。シーサンメーが産まれた時に漬けて、結婚する時に食べる。日本にも沖縄の泡盛とか、桐の木を植えて嫁入り箪笥を作るとか、似たような風習がありますね。

ARIYA

| コメント(2)




【晓丹小仙女儿】晓丹さんといえば若手の中国舞踊の名人なんだが、今回はなんと日産の電気自動車のCMですw ARIYAというんだが、700マンもする車だ。出演料幾ら貰ったのかねw 人気もあって、踊りが優雅なので、車のイメージにも合っていて、安くCM作れてメーカーさんもハッピハッピーだろう。




【妹子单身日记】90年代に生まれた、セクシーではないが純粋で、まだ独身の働く女の子、なぜ誰も私とデートする気がないのですか? というわけで、行かず後家寸前のお嬢さま、恋愛なんかする気はない、彼氏なんか要らない、とかいいつつ、毎日矛盾した結婚願望を垂れ流しw インスタント麺を食っているんだが、色が蕎麦の色だ。中国でも蕎麦は食うのかね? 




【尉迟杰影评】1980年にマサシ・サタイという若い日本人が上海にやってきて、長江を舞台にした映像を撮り始めた、というんだが、誰それ?って感じなんだが、28億の借金を作ったと言うのでピンときたんだが、さだまさしだw さだまさしは日本でももっとも多くのコンサートをやった歌手で、4400回とも言うんだが、借金返すためですw さだまさしがなんで中国にこだわったかというと、彼の爺さんが中国で諜報活動やっていたからだ。

佐田家の本家は島根県那賀郡三隅町(現:浜田市)にあり、本家の二男だった祖父・繁治は中国大陸や極東ロシアに渡り諜報活動に従事したのち商工省の大臣秘書官を務めた経歴の持ち主である[8]。その繁治と結婚した祖母エムもまたソ連(現:ロシア)のウラジオストクで料亭を営んでいたという当時の日本人女性としては異色の存在である[9]。

40年以上前、文化大革命の傷も癒え、中国が高度成長に向けて発進し始めた頃で、この映像の中ではさだまさしが仔犬を拾って飯食いながらおこぼれあげている姿とか出てきますw 若いねw

重慶の下町

| コメント(2)




【重庆扫街china street】雨の中を隠し撮りカメラで街を歩く、なんていう映像は珍しいんだが、なかなか面白い。重慶の下町です。撮った人は「スラム」だと言ってます。それにしちゃ清潔そうだが。こういうところでは、数千円で部屋が借りられるらしい。中国は普通の娘でもミニスカートが多くて、まことによろしいですね。日本のオンナはブルカみたいな身体を隠す服ばかりでよろしくない。カメラはメガネ型か、それとも画質が良いのでウェアラブル型なのか。こんなの。

周庄古镇

| コメント(2)




【梅晓晓同学】周庄古镇なんだが、上海から2時間ほど、世界遺産なので観光地としても有名で、いにしえの中国を味わえます。

元、明、清の時代に建てられた14の古代の石の橋があり、形の良い川によく保存されています。 800を超える先住民の世帯が川のそばに住んでおり、家屋の60%以上が、明と清の時代の建築様式を今も維持しています。

実は早朝が特に美しいそうで、上海から行くより、近くに泊まったほうがいんだろう。この橋の上で踊ったり、演奏したりする動画もあるけど、観光客のいない、よっぽど早い時間に撮ってるんだろう。




【中国街景chinastreet】広州の飲み屋街だそうだが、どう見ても素人さんにゃ見えない娘たちが往来してますね。中国の事情がワカラナイのでなんとも言えないんだが、中国が風俗では期待できない国だというのは有名で、それでもこうしたオンナ達が夜の街をウロウロしているという事は、組織化されてないだけで、入り込むと色々あるんだろう。超ミニかホットパンツみたいな短パンで脚を見せるのがお約束みたいだね。まぁ、中国人は昔から脚フェチで有名だ。




【燕麦行游】酸っぱい桃だからスモモ。今日も市場でスモモ売り。どうやって街と家とを行き来しているのかと思ったら自転車ですね。一銭もかからないw 店では500g 300円もするけど、ワタシのスモモは60円よ。こんな愛嬌のある娘にニコニコそう言われたら、必要なくても買っちゃいそうだw




【解密中国】道に迷った旅人が迷い込んだ謎の村、そこでは見たこともない不思議な文字を使う人たちが住んでいて、というとミステリーみたいなんだが、トンパ文字を使うナシ族です。文字を発明して使いこなす中華民族を見て、周辺の民族も影響されてそれぞれの文字を作るんだが、そんな中でも文字として生き残っているのがトンパ文字です。三島の日大、国際関係学科とかでトンパ文字の勉強してるという学生がいたなw トンパ文字なんて研究しても何の役にも立たないがw まぁ、フツーの中国人にとっても、ナシ族の地なんてのは異郷中の異郷だw




【流浪吧王温暖】旅するオートバイ少女(シェパード付き)なんだが、夜はどうしているのかと思ったら、ちゃんとそういう旅行者のための施設があるようだ。とはいえ、簡易テントみたいなの。「600円だよ」というのを400円に値切って、今夜はここに泊まる。近所の犬がひと晩中吠えて眠れないw 案外美人だねw それにしても中国娘は元気で大胆だw

夏野菜で料理

| コメント(1)




【燕麦行游】今日は夏野菜で料理。流水で冷やしたトマトにかぶりつくワイルドさが可愛いね。さて、見ているとこの娘、3日に一度くらいのペースで街に出て色々売ってるようだが、一日に2000円とか3000円とか。月に4、5万くらいか?それで暮らせるのか?と思うんだが、衣食住のうち服を買う以外はほとんどカネが必要ないので、コレはコレで成り立つ。日本でも田舎の爺婆世帯なんてそんなもんだ。




【慕慕有奶糖-】ムームートフィちゃん、なんかジングルベルのメロディーで宣伝やってます。清涼飲料水かと思ったら、「漱口水」というので、うがい薬。リステリンみたいなヤツ。色々出ているようだが、多分、コレですね。彼女はグラマーだが決して美人というわけじゃなく、どこか鈍臭いんだが、そこが人気の秘訣だと思う。ガール・ネクスト・ドア的というか。




【柠檬小姑娘 lemon】レモン娘です。今日は暑いので、家族のために冷たいスイーツを作りました。というので。リャンガオです。涼糕と言うのは日本で言えば葛みたいな感じで、キャッサバやサツマイモで作るらしい。台湾スイーツではポピュラーです。タピオカミルクティーの次に流行るのは、リャンガオだ! 知らんけどw なかなか顔立ちの整った可愛い娘なんだが、写っているオッサンが亭主で、子供がこの娘の子どもだったりしてw 中国人は人妻でも「少女」と呼んだりするので、油断ならないw




【尉迟杰影评】1972年に撮影された中国、というんだが、まだ文化大革命の最中で、林彪事件の翌年、四人組が猛勢をふるっていた時期だ。文化大革命以前にも市場経済を導入しようという動きはあったんだが、「中国革命は、(劉や鄧のような)走資派の修正主義によって失敗の危機にある。修正主義者を批判・打倒せよ」というので、

より市場化した社会へと向かおうとする党の指針を、原点の退行的な「農本的主義」へと押しもどし、ブルジョワの殲滅を試みた。また大学と大学院によるエリート教育を完全否定したため、西側諸国の文化的成熟度から後退し長期にわたる劣勢を強いられることになった。

という、まっただ中です。今でも習近平は「教育の機会均等」のために私塾の禁止とか、エリートを育てて格差を作ろうという教育には反対している。逆にいえば、昔とは比較にならないくらい、底辺層にまで教育が行き渡って、「字が読めない」とか「計算ができない」「とか、そういうレベルの無知無学の人はいなくなった。タイでは、山岳少数民族は学校に行けなくて、字が読めないどころか数字も読めないレベルの人がいる。道端で手織りの麻布売ってる人がいたのでまとめ買いしようとしたら、1000バーツ札なんか見たことないというので受取拒否、全額100バーツ札でないと受け取ってくれなかった。レンタカーの運転手が「地図を読めない」のは普通ですw 中国では、文化大革命以前にはそういうレベルの貧民が99パーセントだったので、そんな時期に市場経済を導入したら、格差がとんでもない事になる。そんなわけで、中国では高校以上の高等教育は、寄宿舎があって、貧乏な家の子でも勉強できるようになっている。何かのイベントで大阪の中国領事が招かれて田植えを見学したら、「田植えだったら誰にも負けない!」と意気込んで、物凄い勢いで手植えしたという話があるんだが、足並み揃えて落ちこぼれを作らず、国民の最低ラインを引き上げようという意気込みはあって、だから、今の中国の繁栄がある。戦前の風景なんか見ると、人民服どころかパンツ一枚で荷物を運んでいる労務者がたくさんいる。格差が激しかったのだ。まぁ、1972年という時期のこういう「外国人の見た中国」という映像を見ると、共産党政府が必死に取り組んでいたのは、「そこあげすること」だったというのがよく判る。そして、それはある程度成功し、中国は前世紀的な混沌から抜け出して、成長する事ができた。今の日本とは逆だw




【流浪吧王温暖】棺桶引きずって歩くさすらいのガンマン、続・荒野の用心棒ジャンゴというのがいたが、こちらは自分の棺桶?をひきずって徒歩でチベットを目指すにいちゃん。話をしている相手もオートバイで辺境を巡っているお姉さんで、こういう人たちが一定数、いるらしい。まぁ、世捨て人というか、日本で言うなら四国八十八箇所霊場巡りみたいなもんか。四国というのは案外僻地で、それを徒歩で八十八箇所も巡るとなると、途中で死んじゃうヒトとかも多かったらしいが、死ぬまで旅を続けられるというのは、カネを恵んでくれるヒトもいるからだろう。

夏、真っ盛り

| コメント(1)




【江の島 ライブカメラ2】アベシンゾーが死んだので、目出度い目出度いと人は浮かれて観光地はどこもいっぱい。これは江ノ島なんだが、さっきちょっと元箱根まで行ってきて、ウチから元箱根までは30分です。怪しい台湾カフェでシューマイ食ってコーヒー飲んで帰ってきた。箱根もちょっと混んでいました。元箱根には有料駐車場もあるが、目立たないところに無料駐車場もありますw 夏、真っ盛りです。




【柒零】こないだ温室の前で踊っていた娘なんだが、今回は湖に設置された桟橋です。バックに昼光色のライト、手前からは電球色のライトというシンプルだが効果的なライティングで、時々アクセント的に手前からの照明を消して、バックライトだけで見せているんだが、「ああ〜迫り来る、迫り来る、水の夜景のチャイナドレスは優雅で優雅な外観に満ちています」という割には、湖の桟橋ではなく、森の中の遊歩道みたいなんですがw




【Lovely Landscape】中国だというんだが、なんとも危なっかしい橋で、一車線しかないので対向車が来たらどうするのか? 中国人の事だから、橋の真ん中でにらめっこして大声で喧嘩するのかw それとも見晴らしが良いので、相手が渡り終えるまで待つのか、それとも一方通行なのか、そもそも対向車がいるほどの往来はないのか。まぁこんな橋でもあるだけ有難いというような田舎だろう。




【燕麦行游】今日はスモモを売りに来ました。この娘、毎日違うモノを売ってるね。ビニール袋一杯でも200円とか、そんなものなので大変だ。35kgというから、ほぼ自分の体重並みの荷を背負って売りに来るんだから、元気がよい。愛想の良い娘で、周囲の同業者にもせっせと配って、ニコニコしている。「甘さが7割、酸っぱさが3割」と宣伝文句もうまいw 背負籠に入れられた幼児がスモモ齧ってますw

色温度

| コメント(3)




【柒零】YouTubeには割と最近になって登場した娘だけど、クリスマス衣装なので、中国サイトでは前から踊っているんだろう。可愛い娘なんだが、ライティングがいいね。背景の温室みたいな建物を含めて、全体的に青っぽい色温度でまとめながら、人物だけは正確な色温度で、浮き立って見えるように計算されている。カメラマンがベテランなのか。それにしちゃ水平が出てないが、それも計算か?




【龙梅梅Longmeimei】ビワは黄色になり始めたばかりでは甘くなく、日光が必要です。日光の下での果物は、金と同じくらい魅力的です。それから多くの珍味を作ることができるからです。というわけで、ビワで料理というんだが、まずは砂糖漬け。砂糖液に漬けて容器ごと蒸して砂糖煮。次に砂糖で煮詰めてジャムみたいのを作ってフライドチキンのソースにする。娘がお手伝いするくらい育ったんですね。まぁ、タダ同然の果物を使い放題というのも田舎暮らしの醍醐味です。




【工地资料员秀秀】男性労働者に囲まれた建設現場での女性移民労働者の恥ずかしい生活、集合寮はプライバシーを遮断するために布に依存しています、というので、まぁ、移民といっても「移動民」という事で、中国のあちこち、工事現場を転々として現場事務をやってる女の子です。結構給料はいい。月20万円くらい貰ってるんだが、住み込みで周りはオッサンばかりなので、プライバシーは布切れ一枚という、まぁ、美人ではないけど、頑張ってる娘はかわいいよね。

ライブカメラ

| コメント(0)




【觀光局北觀處】ここのライブカメラは数日前にも紹介したんだが、その時は天気が悪くてほとんど人が出てなかった。今日は天気が良くて、人が大勢出てますね。あの日、台湾にあった低気圧は東に流されて、今は日本上空ですw ここではサンドバギーのコースも有るようだ。日本もコレでやっと梅雨が開けるだろう(違

梅里雪山

| コメント(1)




【行迹旅途中】中国にはまだまだフロンティアが残されていて、その中でも永遠の未踏峰と呼ばれるのが梅里雪山だ。雲南省のチベット寄りのある山脈で、長さ150km。6000m級の山が並んでいる。

登頂の試みは1902年ごろに始まり、アメリカ、イギリス、日本、中国などがそれぞれ5~6回ほど登山隊を派遣してきた。三江併流の険しい地形やモンスーン地帯特有の厳しすぎる気候のために登頂は全て失敗に終わり、「神々の山」は未踏峰のままである。
地元では「神聖な山を汚す存在」として登山隊を嫌う風潮が根強く[1]、「登山隊の遭難は当然の天罰」とする考えを持つ者も少なくなかった。2000年、雲南省デチェン・チベット族自治州徳欽県人民大会において、カワクボなどの主要な峰々はチベット仏教の巡礼地であり、この信仰と文化の尊重の為、将来に渡り登山活動は禁止されることが正式に立法された[1]。

登山が禁止されたのは日中合同登山隊が遭難して17名が亡くなったからで、1991年の事です。

1991年1月4日、日中合同学術登山隊17名(日本側11名、中国6名)[2]が登頂を目前に控えたキャンプ地で、雪崩の直撃を受けて全滅する遭難事故が発生。中国の登山史でも最悪の犠牲者数となった。

というわけだが、雲南チベット線は崖崩れだらけで夏の観光シーズンには渋滞まみれ。やっと梅里雪山が見えるところまでたどり着いても、天気が悪くで見えないw

今日は料理動画

| コメント(0)




【燕麦行游】今日は料理動画。トウモロコシ粉に米粉と砂糖を合わせて、パンケーキみたいに焼いたり、葉で包んで餅みたいにしたり。新キャラクターで灰色の猫が登場してますね。冒頭のシーンは水田の雑草採りか。それにしても見事に華のない地味な娘で、もっとも結婚して子供を産んで育てるんだったら、都会で働く行き遅れ女子よりこういうのが良いのかも知れないw




【工地资料员秀秀】工事現場を転々としながら現場事務員をやってる女の子なんだが、今日はその食事の様子。出張の「おかず屋」さんがやってくる。おかずを色々取り揃えて、ご飯や麺の上に、指定したおかずを乗せてくれる。何種類でもいい。おいらもバンコクではずいぶん食った。バンコクでも、辛くないおかずが多くて、普通に日本人の口にも合う。工事現場なので、上半身裸の親父がデフォw 食事は12元、240円だそうです。しかし中国娘は凄い量を食べるねw 日本人の2人前くらい食ってるぞw




【Natural Life TV】ワニの炒めもの、というんだが、グロいんで見なくていいよw ところで静岡県の海岸部というのは暖かくてワニの養殖に適していて、年寄りでも楽にできると言うので、人気です。餌は廃鶏をミンチにしたヤツをワニ45匹で一日3kgというから、意外に少食だ。野生のワニはいつ餌にありつけるかワカラナイので貪欲だが、養殖のワニは毎日餌が食えるので、あまりがっつかないらしいw 3年で出荷できるそうだ。

偶像夢幻祭

| コメント(0)




【v笑微微v】偶像梦幻祭(偶像夢幻祭)というのは日本の「あんさんぶるスターズ」の中国版だそうだが、スマホのアイドル育成ゲームだそうだ。その5周年記念イベントで、v笑微微vちゃんが踊ります。もちろん広告絡みで提携しての企画だろう。半芸能人みたいな半分素人の女の子一人で宣伝できるんだから、彼女たちが重宝がられるわけだ。

ササゲ

| コメント(3)




【龙梅梅Longmeimei】ササゲというのがあるんだが、やたら長いインゲンみたいなもので、素人でも育てられるんだが、スーパーで売ってるのを見たことがない。三尺ササゲというくらいで長くて効率良いのに、と思うんだが、効率良すぎて有難味が薄いのかw メイメイさんちではササゲが大量に採れたので、干したり塩漬けにしたり。ササゲ・チャーハンが美味しそうだね。




【燕麦行游】前にも売っていたなんだが、これがまたべらぼうに安くて、レジ袋満タンで120円とか、そんなの。市場まで担いでいく手間が大変だ。なんでこんなに安いのかというと、肥料もやってないし、手間も掛けてないからだろう。庭先になっているのをそのままもいできたという感じ。アレだけ大量に担いできても、今日の売上も2000円くらいか? それにしちゃお洒落なワンピースだがw




【青云迹】これはまた途方もないところで、鉄パイプの階段を800m登らないと辿り着けない、という村だそうだが、それでも電気は来ていて、人は住んでいる。200年以上前から住んでいるそうだが、さすがあまりに環境が厳しくて、次々に下界に降りて、今は観光客用の宿泊所もあるようだが、遠からず無人になりそうだw 驚くのは、こんなところで山羊を飼っているんですねw カネが必要になると、山羊を担いで鉄パイプのハシゴを降りるというから、まぁ、容易じゃないw

ぽつんと一軒家

| コメント(0)




【Lovely Landscape】尖った山のてっぺんに住んでいる人、ぽつんと一軒家で取材に行きそうだねw もちろん電気もガスも来てないだろう。中国ではこういうのはあちこちに存在するのだろう。なんでこんな不便な場所に棲むかというと、主に防犯上の理由からで、山岳少数民族というのもそうだ。日本でも、水耕栽培民族が渡来してからは、縄文人は山に追いやられ、山と、そして海辺で生きてきた。箱根の駒ケ岳頂上には、弥生以前の住人の遺跡がある。




【八卦嶺】お茶と食事の後のリラクゼーションと娯楽のためだけのマッサージオイルサウナテクニック、というんだが、おいらこういうのは苦手なので、詳しい事は弦巻町サンに聞いて下さい。今回はオイルマッサージなんだが、やはりムチムチした美味しそうなオンナです。でも、撮影用のモデルだろう。ここに行けばこのオンナが出てくるわけではなさそうだ。




【湘西石三妹】シーサンメーは結婚式に着るドレスを選ぶために街に、というんだが、美人なので何を着ても映える。中国式のドレスと西洋式のドレスと、お色直しとかするのかね? 動画撮っているのは旦那ですね。なんか微妙に気に入らないみたいで、迷ってますw

結婚写真

| コメント(2)




【湘西石三妹】シーサンメーは無事結婚したようで、ご報告の写真ですw 中国オンナというのは写真に取られるのが大好きで、それが結婚写真ともなったらまた一段と力が入るわけですw シーサンメーは美人だけど、相手の男は割と冴えない感じなんだが、男の価値は顔ではなく、頼り甲斐なので、きっと、シーサンメーをお姫さまのように大事にしてくれるお相手なんだろうw

山西208道路

| コメント(1)




【Lovely Landscape】中国のとある風景 |絶景の螺旋道路というんだが、山西208道路だそうです。この道は山西省を太原市から南下していく道のようだが、激しい高度差のある折り返しの道を、擂り鉢みたいな地形をうまく利用してループ橋のように仕立てている。

龍眼

| コメント(1)




【野小妹 Wild girl】龍眼です。ロンガンとも言う。タイでは非常に安く買えるので、ずいぶん食った。おいらはレンタカーで仕入れ旅をやっていて、一日8時間くらいクルマに乗るので、退屈なのでロンガン買ってずっと食っていたw 甘すぎず、酸っぱからず、安くてどこでも買えるので、いくらでも食えるw さて、野小妹 Wild girlさんは旦那らしき男とともに龍眼を収穫、餅米を丸めて日本で言うところの白玉を作り、棗ナツメとともに黒糖のシロップ漬けのデザートです。

石臼湖大橋

| コメント(3)




【Lovely Landscape】南京の石臼湖大橋です。なんと長さが12.6kmあるという、中国でも一番長い橋らしい。湖なので、こんな橋が作れるんですね。海だと波が荒れたりするし、基礎が組みにくいし、こんなものは作れない。両側が高速道路になっていて、真ん中は鉄道の線路です。2015年完成。




【青云迹】雲南省の山奥に「小人の国」があるというんだが、リリパット。さすが中国、なんでもあるね。身長が1.3m以下の小人が100人以上住んでいるそうで、年齢は18歳から50歳。一日二回、観光客相手におとぎの国ショーを演じてみせるのが仕事で、彼らは地元の人ばかりではなく、中国各地から集められているらしい。これが中国お得意の「自力更生」ってヤツで、身体障害者だからって遊んではいられない。自分の食い扶持は自分で稼ぐw そういや聾の千手観音とかあったな。日本でもむかしは小人プロレスというのがあって、おいらもナマで見たような気もするんだが、医学の進歩でそうそうになくなった。中国はまだ若い小人がいるんですね。

意外に美人?

| コメント(2)




【冒泡poke】ポケちゃん、なんか不思議な娘で、ブスなのか美人なのかw 今回は胸元が大きく開いたワンピースで、ちょっと色っぽかったりするんだが、水中撮影まであって、気合が入ってます。水中の場面ではメガネ掛けてなくて、意外に美人?という事にしておこうw

2000年前の墓

| コメント(1)




【李再媚】重慶の寒村で発見された2000年前の墓だそうだが、崖に洞窟を掘って、中の壁にはなにか文様のような物が描いてあったり掘ってあったりするようだが、解明は進んでない、というんだが、中国はいろんな意味で「フロンティァ」を抱えた国で、中国史で2000年前というとそんな昔じゃないんだが、文字を持たない氏族の記録は残されず、解明が進んでいない。昔の中国は小さかった。周辺の弱小氏族を取り込んで大きくなって行ったのだ。

ヤマモ酒

| コメント(1)




【龙梅梅Longmeimei】日本ではヤマモは梅雨時のものだが、西日本のものなので、東日本の人はあまり知らないね。メイメイさん、ヤマモを採ってきて、まずはヤマモ酒。きれいに洗ったヤマモを高粱酒で漬ける。高粱酒というのは、よく言う白酒のことです。

白酒 (パイチュー) とも呼ばれる。コーリャンまたはとうもろこし,ときにはじゃがいもを原料としキョクシという麹を用いて造る蒸留酒。原料を蒸し,その 20~30%量のキョクシを混合,土中で半固体状で発酵させ,約 10日後に蒸留する。アルコール濃度 60~70%。

ヤマモはちょっと酸っぱくて、味よりも色がきれいなので珍重される。ヤマモ酒は美味しそうだね。以前作ったのでどこかにあるような気もする。探して飲んでみるかw で、他にもジャムとか砂糖漬けとか。




【Gleb Makarenko】このビデオでは、ブルーマウンテンの頂上までハイキングします。 2256メートルでそれはジャマイカの最高点です。ブルーマウンテンの頂上へのトレイル:トレイルは約1254メートルから始まり、一連のスイッチバック、峡谷、熱帯雨林、尾根、コーヒー農園を通り、頂上まで続きます。全体として10km強で、3時間上と2時間下で簡単に行うことができます。

というんだが、ブルーマウンテンというのはこんなに素晴らしい環境で作られているんですね。森林限界より低いので、頂上まで熱帯雨林に覆われていて、その豊かな土壌とカリブ海の湿気がもたらす雨と霧が、世界一のコーヒーを育てる。そのブルーマウンテン・コーヒー、全4種をドリップパックにして発売中! 一杯あたり250円というリーズナブル価格です。

ブルーマウンテンNo,1
ブルーマウンテンNo,2
ブルーマウンテンNo,3
ブルーマウンテン ピーベリー

4種類をそれぞれ、ドリップパックにしました。10gの焙煎豆が挽いた状態で入っていて、コーヒーカップとお湯だけで、誰でもカンタンに「世界一のコーヒー」が味わえる。世界一が4つもあって、どれにしようか、贅沢な悩みだw 7月中だけ、それも100セットだけ、4種セット1000円という特別価格で提供します。8月からはあるいは100セット以降は、1200円になります。ぜひ、お安い今こそw

<ブルーマウンテン4種セットドリップパック 10g×4>税・送料込み 1000円




【湘西石三妹】田んぼ入ってせっせと何かを拾ってるんだが、何かと思ったらタニシですね。ずいぶんデカいタニシだが、日本にもいる外来種だろうか? タニシは苔がついているので、爪でせっせと剥いでます。泥臭いので時間を掛けて泥を吐かせる。さて、シーサンメーはお出かけで、どこに行くのかと思ったら結婚した旦那さんの実家のようだ。都会の洒落た台所w シーサンメーは顔が娘から新妻に変わりましたね。色気と落ち着きが出て来た。もともと美人ではあったが。タニシは殻ごと炒め煮にしてます。




【二米炊烟】このお母さんがまた、実に味があっていいんだが、こんなオンナを恋人や愛人にしたいオトコというのもあまりいないだろうが、女房だったらまずまず、母親だったらほぼベストw 今日は枇杷の実と、桃を収穫して、枇杷の砂糖漬け瓶と、桃のスイーツ二種。お母さんが動画を作っているので、この坊やは毎回、美味しいものを食べられてシアワセですw




【隔壁林妹妹】キュウリって、中国語では黃瓜なんですね。今回も二役の小芝居でビジネスウーマン演ってますw おもちゃみたいだなw キュウリを刻んでお家を作り、ソーセージみたいなのをその屋根にのせ、ピータンをあしらうw 毎回ネタ切れの中で、色々考えますw




【妹子单身日记】28大齡剩女,不高不矮有點微胖,不接受二婚男人,畢竟沒戀愛經驗「28歳の残り物の女性は、背が高くも背が低くもなく、少し太っている人がいいなぁ、バツイチの男性を受け入れません、結局のところ、愛の経験はありません」というので、禿はダメ、再婚もダメ、色々と条件がウルサイw まだ28歳だからねw 今日は「手羽元のコーラ煮。手羽元を軽く炒めて、唐辛子とニンニクを刻んで入れたコーラで煮る。外は雨。中国は梅雨です。




【李再媚】少女はドローンの操作を間違え、木の枝にぶつかり、数千ドルを失いかけました、というんだが、この娘も何をしたいんだか良く判らない娘で、釣りばっかりやってるし、たまに料理はするけどあんまり熱心じゃないし、都会のお洒落なカフェで、なんてシーンは登場しないし、でもそこそこ金持ちのようだ。それより疑問なのは、撮ってるのは誰?という事で、カメラ据えっぱなしが多いので自撮りなのかも知れないが、自撮りでこれだけ撮るのも楽じゃないような気がする。落ちたドローンが見つかって良かったですねw ちなみに数千ドルというのはUSドルではなく、元だと思う。数万円ですね。




【妹子单身日记】シームレスパンティーを一気に4足購入しましたが、高層階にあり、誰も盗んではいけません。というんだが、彼女はビタビタのパンツを穿くのが好きなので、こういうパンティでないとラインが出てしまう。買ったばかりのパンティを洗っているのは、中国の風習なのか? ご飯は主食がうどんでオカズは鶏? 食後にデザートのアイスクリームw




【Khói Lam Chiều】謎の白身魚無パンガシウス、というんだが、イオンで売られたりして日本でも手に入るようになったんだが、その正体は東南アジアで養殖されているナマズです。給付金詐欺師がインドネシアでやってたねw さてナマズ料理だが、三枚におろして細切れにして、下味付けてスープで煮る。米粉の薄い皮で、野菜とともに包んで食べたりしてますね。

法螺貝

| コメント(0)




【CONGA LOS HOYOS Official Channel】CONGA LOS HOYOS というのはコンガパレードでももっとも活発にやっているところで、その練習風景だろう。珍しいのは法螺貝を吹いてますね。「ホラガイを加工した吹奏楽器が、日本、中国(漢族他少数民族)、東南アジア、オセアニアで見られる」とWIKIにあるんだが、法螺貝は基本的に中国文明圏の楽器で、これもチャルメラと同じく中国人の影響だろうか? 鐘のリズムなんだが、限りなく三島のしゃぎり囃子に近い。三島のは♪チャッチャッチャッチャンチキチッチ♪というんだが、ほぼ同じですw




【咬人猫】彼女はこの曲がお気に入りで4回も踊っているんだが、中でもこの黄色いワンピースのヤツが一番、エロくていい。背が低くて少女のように細い身体の魅力がもっともよく表現されている。彼女もキャリアは長いので、少女ではなく、そろそろ中年少女と呼ばれてもおかしくないお年頃なんだが、このままちんちくりん少女の路線をどこまでも突っ走って下さいw




【燕麦行游】人の背丈ほどにも伸びたタケノコを料理に使うというので、村人が反対するというのだが、ほとんど竹になってしまったヤツを容器にして餅米やら豆やら入れて蒸します。なんだ、料理って、容器の事か、と思ったら、その容器もボリボリ食ってるw 元気な子ですw

曉丹ちゃん

| コメント(1)




【曉丹】曉丹ちゃんは名手なんだが若くて可愛い。まぁ、優雅に踊ること、ヒラヒラと蝶々のようだ。それでいながらアップになると子供のように無邪気な笑顔で、くぅぅぅ、たまらんw 化粧もうまいんだろうけどね。




【这里是灵妹妹】90年代生まれの工事現場のお嬢様。工事現場での日常を記録。というんだが、20代かアラサーか、例によって微妙なお年頃w 今日はオフで、友達と3人で6000円の部屋、温泉プールで遊びます。普段は工事現場で現場事務的な仕事をしながらあちこち転々としているらしい。水着というより「湯浴み着」みたいな服ですw もったいない、折角の若い娘さんがw




【cineVillon】この動画はなかなか良く出来ていて、パレードではなく、公園で休憩中みたいな感じで、腕自慢が一人ずつコンガを披露する。コンガというよりアフリカのジャンベに近い感じかな。ジャンベは皮を強く張れば張るほど甲高い音が出るんだが、誰でも皮を強く張っていいわけじゃなくて、腕前の達者な人にしか許されない特権だそうだw 車のホイルを叩き始めると、とたんに三島のしゃぎりになってしまうのが面白い。うちから数十メートルしか離れてない幼稚園で毎週、しゃぎりの稽古をするんだが、晩飯食ってひとやすみでウトウトしたところで始まるので、五月蝿くて寝られないw この動画でも、後半、チャルメラがリードを取っていつもの「コンガの侵攻」節になりますw

暑苦しい

| コメント(1)




【CubaSantiago】梅雨が明けたので、またまた暑苦しいところをw キューバ名物「コンガの侵攻」です。ブラジルのカーニバルなどと比べて、泥臭く汗臭く、民族音楽マニアとしては大好物w 三島のしゃぎり囃子に似ているね。チャルメラ吹きが変な帽子かぶってて笑える。太鼓以外の打楽器はみんな廃品利用w いやぁ、素晴らしいw




【一只小熊猫Panda】レッサーパンダちゃん、可愛い可愛い、以上。オシマイ。というのも何なんで、ダンスアンカーセーリングプラン#コンペティションに参加という事で、気合が入ってます。最初から最期までワンカットなんですね。繋ぎ合わせているところがない。踊りが下手だとカット割りで誤魔化したりするんだが。この娘は細すぎず、普通の女の子なのがいい。

白条鱼の素揚げ

| コメント(1)




【李再媚】白条鱼というんだが、野生のコイ科の魚らしい。小骨が多いので香港ではあまり食用としては好まれないというんだが、この娘は田舎の娘なので、小骨も何のその、素揚げして骨までバリバリ食っちゃいます。付け合せは冷やしたキュウリ。この娘は釣りばかりやっていて滅多に料理はしないんだが、中国人なのでもちろん料理は得意です。




【Germán López】カーニバルの数週間前の、サンティアゴデキューバでのコンガのパレード、というので例によってチャルメラと太鼓隊の行進なんだが、なんせキューバなので、このレベルの楽団では高い楽器は買えない、車のホイル叩いてますw それにしても三島のお囃子にそっくりで笑えるw チャルメラはこうしてみるといい楽器だね。

キノコの水煮

| コメント(1)




【燕麦行游】毎日せっせと採っていたキノコ、どうするのかと思っていたら、水煮にして売ってますね。500gで10元。数日分を売りつくして2000円。その2000円で蜜柑とか買って帰ります。基本が自給自足なので、この程度の現金収入でもやって行ける。しかしなんかオバサンぽい娘で、若い娘らしいところがないなw




【冒泡poke】ポケちゃん、眼鏡っ子で、決して美人というタイプでもないし、踊りが上手というわけでもないが、悪びれず楽しそうに踊っている様はそれなりに楽しそうで良い。いつも眼鏡を掛けているのでメガネ外してちゃんと化粧したら美人になるかもしれないが、この娘はわざとやってるんだろうから、これで良い。

ダサ可愛い

| コメント(1)




【冒泡poke】この娘は太腿がボリュームあって、健康的なのがいいね。ダンサーの体型ではないんだろう。中国のダンサーはもっともっと細い。顔も眼鏡っ子でそこそこで、今回は髪も三つ編みで全体的には「ダサ可愛い」という感じ。




【一只小熊猫Panda】ジャイアントパンダが人気あるのは知ってるが、レッサーパンダもなかなかもんだと思うんだが、愛らしくて、ジャイアントパンダみたいに偉そうじゃない、さりげないところが良いですね。こちらのレッサーパンダちゃんも普通の女の子っぽくて愛らしいです。ボディコンのミニスカワンピの旗袍、色っぽくクネクネと踊ります。なんか普通のショッピングセンターの裏庭みたいなところで、中国娘はどこででも踊るねw




【v笑微微v】なんかどっかの店で踊ってるな、と思ったら、bilibiliと200円ショップ名創優品が提携している上海の店だそうで、どうやら広告の動画らしい。名創優品というのは日本ブームに便乗して出てきた200円ショップで、日本に店がないのに何故か本社だけあったり、怪しい日本語で笑われたり、それが今ではニューヨーク証券取引所に上場するという出世ぶりですw

株式会社名創優品産業の現在の本社は東京都中央区銀座に置かれている。過去には、商品のタグにより「渋谷区神社前(設立者によれば神宮前の誤り[1])」や「目黒区原町」を表示している場合があった。中国側の運営は株式会社葆揚(葆扬)が担っているとされる[2]。
かつては公式ウェブサイトに記載されていた日本語の文章がおかしいと日中のネットユーザーに揶揄され、日本に実店舗がないことなどを『とくダネ!』で批判されていたが[1]、名創優品が誤った日本語の記載等を謝罪し[2]、日本での実店舗進出とあわせて国内でのイメージ改善にも力を入れている。また、創業初期に行っていた「日本発」のイメージ戦略も行わなくなっている。

「ダイソーっぽくてユニクロ風味、それでいて無印良品」というトーキョー風味で2020年6月30日時点で80以上の国・地域に4222店舗を出店というんだから、まぁ、大したもんだw

コンガパレード

| コメント(1)




【EDWIN E. PORRAS Ph.D.】 San Pedro's Day (29 June 2018)のコンガパレードだそうで、チャルメラが二人いるので、延々と吹きっぱなしで大活躍です。意外に知られてないんだが、植民地時代のキューバは中国人移民を大量に受け入れていて、19世紀の中頃なんだが、

契約労働者は砂糖畑で働くようになり、仏教の宗教を彼らにもたらしました。次の数十年の間に、中国本土、香港、マカオ、台湾から数十万人の中国人労働者が交代し、 /またはアフリカの奴隷と一緒に働く。 8年間の契約を完了するか、そうでなければ自由を得た後、一部の中国人移民はキューバに恒久的に定住しましたが、ほとんどの人は祖国への本国送還を切望していました。 ハバナのチャイナタウン(バリオチノデラハバナとして知られる)は、ラテンアメリカで最も古く最大のチャイナタウンの1つです。 19世紀後半、米国からの約5,000人の移民が、当時の差別から逃れるためにキューバにやって来ました。もう1つは、中国からの移民の小さな波ではありますが、20世紀に到着しました。キューバ革命中の共産主義の支持者として、また中国の当局から逃れた反体制派としての人々もいました。

キューバに残った苦力たちは、黒人女と結ばれて子孫を残した例が多く、既に「キューバの一部」となっているわけだ。まぁ、チャルメラもそんな中でコンガに取り入れられたんだろうが、あまり他所では聞かないね。まぁ、パレードを煽るには絶好で、突撃ラッパみたいに心を躍らせる。パーカッションは三島のしゃぎり囃子みたいだね。しゃぎりはひたすら五月蝿くて、雲助好みのお囃子ですw

コンガの侵攻

| コメント(3)




【cineVillon】Invasion de la conga というんだが、約して「コンガの侵攻」。聞いただけでワクワクする言葉だ。キューバでカーニバルの時に行われるんだが、12月にもやるらしい。年に二回。太鼓隊がけたたましく太鼓叩きながらライバルの街に向かって行進する。迎え撃つライバルも太鼓隊を用意して交互に演奏。それだけなら、なるほどありそうな、と思うんだが、この行進でチャルメラが先頭に立って太鼓隊を指揮するんですね。昨日見たTVでは、太鼓バンドのリーダーがチャルメラで仕切っていたw キューバでも、サンティアゴ・デ・クーバという都市のお祭りで、1953年にカストロがキューバ革命の火を点けた街でもある。ちなみにこの行進は12時間続くらしいw なんでチャルメラかというと、ラテンにはトランペットが付きものなんだが、トランペットは高くて買えない、チャルメラは構造が単純で、子供の玩具として普及していたから、かも知れない。キューバは半分鎖国しているような国なので、こういうのもほとんど知られてないね。




【D Ritmacuba】BSNHKを見ていて驚いたんだが、キューバのカーニバルバンドが、なんとチャルメラ吹いてるんですねw ラテンでチャルメラって、初めて聞いた、見た。チャルメラというのは「けたたましい」楽器で、こういう元気なだけが取り柄のリズム隊にも負けないだけの存在感を持っているので、合わない事もないw キューバに渡った中国移民も昔はいたようで、そこからチャルメラが伝わったらしい。ちなみにキューバは社会主義国なので、ミュージシャンは公務員で、コーヒー農園に慰問に行ったりするらしいw

祁門紅茶

| コメント(1)




【茶仙子鲍丽丽 Tea Fairy Bao Lili】祁門紅茶というんだが、世界三大紅茶のひとつとして有名で、ウチで扱ってるウバもそうなんだが、こうした世界一等級の紅茶が適度な値段で自由に手に入る時代というのも便利な時代だ。おいらが子供の頃には、日東紅茶というのが定番で、せいぜいリプトン。トワイニングが登場した時には、王室御用達ブランドというので大変な騒ぎだった。祁門の歴史は古く、さいしょは武夷山のラプサンスーチョンがイギリスで絶賛されたんだが、量産ができないので、武夷山の代わりに作られたのが祁門です。安徽省とか広西省で作っている。中国では輸出向けの紅茶の製造はあまり盛んではない。値が安いからだ。同じお茶だったら中国茶にしたほうが儲かる。決して、紅茶製造の技術がインドやスリランカに劣るわけではない。




【一只小熊猫Panda】愛しのレッサーパンダちゃん、珍しく戸外で踊ってます。よくワカラナイ場所。眩しかったようで、「目が開けられなかった」と言ってます。戸外で踊るのは慣れてないらしい。ミニスカワンピが可愛いが、後ろむくと黒の安全パンツが見えてしまって、それもまた初々しくて良いw この娘はいつも裸足かベタ靴で、それもまた少女らしくて良い。

裸足で踊る少女

| コメント(1)




【一只小熊猫Panda】いつも練習しているスタジオで撮ったんだろうが、蛍光灯は切れかかってチカチカしているし、レッサーパンダちゃんは太腿に黒いあざ作ってるし、ダンサーは大変だ。まだ売れてるわけじゃない娘なのか、制作費が少ないのかw 衣装が、「黒のスポーツブラに黒の安全パンツ」と、これが中華人民共和国の最低限の露出規制です。しかし、裸足で踊る少女というのはいいもんだ、うん。




【燕麦行游】キノコを売りに行く動画がないので、あれは家で食っちゃったのかも知れない。今日は農作業で、田起こし。力の要る大変な仕事です。いつもの犬の別に、噛みつかないように口を拘束された犬がいるね。竹筒を使ったご飯です。餅米と豆と肉を混ぜて、焚き火で炊く。しかし動画編集が下手で、BGMがブツブツ途切れている。

微大猫

| コメント(1)




【微大猫】安徽省の娘らしい。安徽省ってどこだ? 上海の西側ですね。地味ーーーーーーーな姉ちゃんが出てきますw 憂いを含んだ、なんて形容すると余計な想像をさせられるが、単に「何も考えてない」のかも知れない。黙り馬鹿は三年わからないw 手づくりで紅茶を作りれます。中国では紅茶も作る。有名なのは祁門紅茶だが、ベストは正山小種、ラプサンスーチョンだ。ただし、偽物が多く、本物は高い。ダージリンのファーストフラッシュ的な味です。さて、この娘の作る紅茶はどんな味か? ロイヤルミルクティーを淹れて、タピオカミルクティー。飲むのかと思ったら母親にあげて、自分は素の紅茶を飲んでます。まだYouTube歴二ヶ月くらいなので、これからも注目、黙り馬鹿はいつ笑うのか?




【葳葳愛旅遊】南投山というからどこかと思ったら、台湾の台中ですね。深山渓谷、景色の良いところです。特に美人というわけでもないお姉さんがビキニではしゃいでいるんだが、実はコレ、台湾ならではで、中国本土ではビキニは禁止w 露出については厳しくて、上は黒のスポーツブラ、下は黒の短パンみたいな通称「安全パンツ」までです。規制が厳しいので、色々と工夫する。お上品なお色気、みたいな表現は得意ですね。規制がないと人間、アタマを使わなくなるw 以前から中国本土の水着は「デザインが変だ」と思っていたんだが、そういう事情があったんですね。




【一只小熊猫Panda】レッサーパンダちゃん、衣装がいいね。露出度が高くて。裸足で踊っているのも好感が持てる。レッサーパンダといえば三島の楽寿園にもいるくらいで、まぁ、珍しくもないが、個人で飼っているという話は聞いた事がない。怠惰な動物で、横浜のレッサーパンダはいつも木の上で寝ていたし、三島のは隠れて出て来ないしw こちらのレッサーパンダちゃんは魅せっぷりが良いし、顔も可愛い。

なんと顔出し

| コメント(4)




【妹子单身日记】今回はなんと顔出し。ちゃんとカメラ向いて喋ったりしてます。どうやら休日に部屋の片付けとかしているらしい。顔は特に美人とか色っぽいとか、そういうんじゃなく、色気のないフツーのお姉ちゃんだったのは意外w バッグには552元。約1万円か。




【隔壁林妹妹】鯉ではなさそうなんだが、淡水魚を生きてるまま料理。開いて焼いて、野菜とともに煮る。煮ながら食べる。いつもながら豪快に美味しそうな料理です。この料理は知らないが、いかにも中国系がやりそうな調理法が興味深い。いきなり煮るのではなく、焼いて旨味を閉じ込めてから煮るというのがテクニックだ。

ライチを食べる

| コメント(2)




【野小妹】お婆さんのところを訪ねてライチを食べてるんだが、広西省のチワン族自治区らしい。お婆さんは初登場かな? ライチはタイで散々食った。安くてほどよい甘味と酸味で美味しいです。籠をくわえて運ぶ犬を連れて畑へ。トマトとかナスとか収穫。餃子は主食なので、大量に作るw もちろん水餃子ですね。ここんちの犬も穏やかで良い犬だ。




【妹子单身日记】網友建議我穿jk服,我怕穿上身材太豐滿,回頭率高造成地鐵擁堵!というんだが、Google翻訳に掛けると「ネチズンからは、jkの服を着てほしいと言われましたが、収益率が高いので、ふっくらしすぎて地下鉄が混雑するのではないかと心配です!」とある。なんだよ収益率ってw 回頭率というのは、実は「中国には「回頭率(=誰もが振り向くほどの美しさ)」という言葉がある」そうで、「ワタシが女子高生ルック着たら、ムチムチで色っぽくて、みんなが集まって着ちゃって地下鉄が混んじゃうわ」と軽口叩いているわけで、まぁ、28歳の彼女も相当の自信家のようだが、見せ場はなんといてもパジャマですねw 胸の谷間に修正が入っているんだが、中国は露出には厳しいんです。そんな中でも意欲的に魅せてくれる彼女たちに乾杯w

チャルメラ女子

| コメント(2)




【大嘴中文音乐 Big Mouth Chinese Music】東南アジアでもよく聞く打ち込み:系のカラオケ伴奏みたいなのに合わせて、チャルメラ女子がケタタマシク奏でます。チャルメラというのが何とも存在感のある楽器だというのがわかる。なお、このチャンネルはチャルメラ専門というわけではなく、電子サックスとか笛とか、吹く系楽器を美女が演奏するという、割りと下衆いコンセプトのようだ。

オーツ麦ちゃん

| コメント(2)




【燕麦行游】オーツ麦ちゃん、今日はキノコ採り。タケノコは独り占めできたが、キノコは競争率が高くて大変だ。飼い犬の品種不明の黒犬がトリュフ犬のようにクンクン探して協力。家で食べるには沢山の量が採れたが、乾燥させて保存食にするか、街に持って行って売るか。自分の山というわけではなく、入会地みたいなものですかね。

さり気なく巨乳

| コメント(5)




【深圳高妹】こちらは36歳の方の行かず後家さま。この娘のほうが魅せっぷりが良いというか、心得てますね。中国は露出規制が厳しいので、これくらいが精一杯だが、こうした抑制の効いた色気というのもいいもんです。さり気なく巨乳ですねw 朝食はお粥とプチトマトと卵とパン。

松の実のケーキ

| コメント(1)




【二米炊烟】松の実のケーキと言うんだが、小豆を煮て砂糖加えてそれをベースにして花粉を乗せるというレシピで、小豆に砂糖じゃ餡こだろうがと思うんだが、字幕には「味噌」と表示される。まぁ、今の自動翻訳と言うのはその程度だ。あと、お茶を自家用に製茶してます。伊豆でも「自分ちの分だけ」栽培している家はけっこうあって、そういう家のための製茶工場があったりする。お茶というのは意外にカンタンに作れるものです。




【十元酱少女】最近、次々にストック動画をYouTubeにもアップしてくれていて、おいら嬉しいんだが、セーラー服がいいね。森高千里タイプの美人で、伸びやかに育っていて、踊りは本格的にやっているので無双だ。で、この娘、喋るとアニメ声なんだよねw 後半はワンピースになるが、そっちも良い。




【滇西小哥】実は「お茶の木」の原産地というのは雲南なんですね。なので雲南省では1000年前から茶畑が作られ、商品栽培をしていた。驚くのは、その1000年前の茶畑がそのまま残っていて、茶樹の森となっていて、樹齢600年~1000年といった茶樹から今でも新芽が採取されている。ここの茶畑はそういうのではないが、のっけから霧に包まれた光景が、「良いお茶の産地」がどういうところか教えてくれる。良いお茶の産地というのは、毎日のように霧が出るところです。手で摘んでますね。一日2.5kg摘むというんだが、製茶すると300gとか400gとか、そんなもんです。中国では機械刈りは殆どない。中国茶の作り方では、葉が途中で切れたりすると発酵が不均一になってうまくないのだ。お茶を使った料理を色々作ってますが、雲南省では昔からお茶は「野菜」でもあって、様々なかたちで料理に使われている。紅茶鶏とか紅茶ご飯とか美味しそうだね。雲南ではもちろん、紅茶も美味しい。ラストでは陰干ししてから日干ししたお茶の葉が、ほどよく白茶になっている。陰干しで発酵させ、日干しでそれを止めて乾燥させるのだ。加減が難しく、大量に作れる物ではない、白茶と言うのは最も原始的な製茶法なんだが、うまく出来ると美味しい。何年も保存したビンテージ物とか、とてつもなく高い物もある。大王くんは猫を追いかけて大騒ぎしたので叱られてションボリしてますw

伝説の美女

| コメント(0)




【十元酱少女】伝説の美女を歌った曲で踊ります。中国では伝説の美女というのが多いね。伝説の「剣豪」みたいなのはあまり聞かないが。十元醤さんは今風のフッションで踊ることが多いんだが、こういうしっとりと中華風の衣裳で踊るのも悪くない。白小白センセの振付けのようだが。漢服にしてはシンプルな衣裳だが、踊ったときの効果を最大限活かすデザインです。




【燕麦行游】昨日掘っていたタケノコを、暗いうちから背負って、街に売りに行きます。200本でいくらになるのか、その場で皮を剥いてキレイにしてくれる。0.5kgで60円とか、そんな感じか? 値切り交渉しながら包丁でサクサクと皮剥いて整形、結局市場では176元(3500円)の売上げ。市場を出ても残りは路上で売る。

村の人々は、春のタケノコは無価値だと言いますが、重慶の女の子はそれを信じていないので、200匹の猫を掘って市場に行き、より高い価格で販売します

原価はタダなんだから、拾ってきた物で3500円と考えると、自給自足民にとっては嬉しくなる売上げなんだろうが、そりゃどこかに雇われて日銭稼いだ方がカネにはなる。ただし、土地から離れると、何をするにもカネがかかるわけで、「生きること」にコストがかかるようになる。生きるのはタダじゃないという、さて、どちらが利口な生き方なのか?

棒棒鸡腿

| コメント(1)




【隔壁林妹妹】一人二役で客も調理人も演じて、レストランごっこ。メニューを見て注文したのは、「棒棒鸡腿」というんだが、鶏の足はロリポップになっていて、口は肉だらけでよだれを垂らしています。というので、腿肉を使った鶏肉団子を作って、それに腿の骨を突き刺して、ロリポップ風に仕上げる。肉団子の具は、鶏肉、玉ねぎ、ソーセージ、じゃがいも茹でたの。卵をつなぎにします。

胸がゆさゆさ

| コメント(0)




【笑微微】お馴染みのスーパーアイドルの歌で、お馴染みの金持ち娘ちゃんが踊るんだが、上半身だけにアングルを徹底したのが新しいといえば新しい。脚は拝めないが、けっこうボリュームのある胸がゆさゆさというほどでもないが、揺れるのが確認できて、ファンにはたまらない。こういうのも「どこが見せ場」とか「どこまで見せるか」というが緻密な計算に基づいて作られていて、日本みたいに知能指数の低いアイドルでは出来ない仕事だ。




【Dio Ho】上半身裸で煙草吸ってる親父がいて、その横で店のバーベキューシェフが中国語のホテル・カリフォルニアを歌うという動画なんだが、コレが意外にうまくて驚く。まぁ、安食堂なんだろうが、こういう食堂は夜になると近所の人の憩いの場になって、ダラダラとイギタナク飲み続けてますw




【v笑微微v】セーリング? 少女船長があなたに命令を出す、というんだが、アイアイサー、ヨーソロ、

女の子キャプテンとして、またみんなのために踊りに来ました! 久しぶりの準備でしたが、今回は船乗り風の洋服と帽子を選び、会場を選び続けたところ、ようやく川沿いにボートが通り過ぎるのを見つけました。大小のボートが通り過ぎていきました。シーンはとても騒々しかった。 でも、戻ってきて、歌をテーマにした船が通り過ぎる写真を見たとき、それでもすべてが価値があると感じ、勢いは特に生意気でした! 川沿いの風もとても強く、髪の毛が不自然に吹かれているので、小さなピンクのクリップを見つけて、強風に対処するために前髪をクリップして、嫌いにならないでください

この娘はバイオリンを弾く金持ち娘で、なんとも天衣無縫で.溌剌としている。そこそこセクシーな衣裳なんだが、本人のキャラクターもあって、清潔感がいいですね。生まれてから一度もカネで困ったことのないお嬢さまといった風情だw

私生活動画

| コメント(10)




【深圳高妹】こちらはちょっとアレで、36歳です。深圳で独り暮らし。まぁ、行き遅れなんだろうが、お手入れが良いのでまだまだ賞味期限内? コレぐらいが一番美味しいという向きも多いだろう。バナナは黒い斑点が出たくらいが美味しいとかw 中国のお姉さんの私生活動画というのもけっこうあって、顔を出さずに淡々とプライベートを覗き見できるので、人気があるようだ。日本の場合は辺に自己主張の激しい、アクセス目当てのわざとらしい動画が多くて、さもしくて、見るのも嫌だ。




【妹子单身日记】結局のところ、私は28歳で若くはありません。私は、若い草を食べる老牛の称号になりたくありません。というんだが、「若い草を食べる老牛」というのが意味不明。28歳という、行かず後家と呼ぶには微妙なお年頃。これくらいの年齢のオンナってのが、一番、結婚願望が強いんだよね。インスタントラーメン用の電気鍋が面白いw 外は土砂降り。中国も梅雨です。




【雨乃哟】あのデカいオッサン、白小白センセの振付けで人気があるんだが、実に優雅に女らしく、それでいてキリッとしたところが白センセの特徴で、雨乃ちゃんは以前に習ったんだけど、難しいので初公開、という事だそうです。なんであのデカいオッサンがこんな女らしい振付けが出来るのか、不思議といえば不思議だ。衣裳は二種類。ヒラヒラもミニで脚が見えていいが、ボディコンミニのワンピが何と言っても素晴らしい。雨乃ちゃんは細いけど、お尻はちゃんとボリュームがあって、ムチムチといい感じです。




【妹子单身日记】28歳の彼女、ちょっと焦る気持ちもないではない。30歳過ぎたら結婚するのは難しいかしら? というので、このチャンネルのテーマはそれだけですw 外出から帰ったら紫外線で消毒、料理もちゃんとやります。小綺麗にして暮らしているんだが、オトコの匂いはしないw こういうチャンネルやってると、誰か王子様が引っ掛かったりするのかな?




【燕麥行遊】オーツ麦ちゃんが行く、今日は田んぼで泥遊びw ザリガニや泥鰌がいます。とは言え、数が集まらないので、オカズにはならずw しかしこの娘いいね。貧しい農村なんだが、屈託のない笑顔で癒される。子どもみたいというより子どもw この子の飼っている犬も、放し飼いで自由で、楽しそうだ。




【雨乃哟】ニッポン大好き中国娘の雨乃ちゃんなんだが、和服をアレンジしたような奇妙な服で、花火をバックに踊ってます。夕暮れの微妙な色温度で、こりゃ編集で繋ぎ合わせられないので大変だ。と思ったら一転して夜のシーン。なかなか凝った事をやるw




【马背少女驰娜尔】ちんちくりんの馬に乗って、中国の新疆ウイグル自治区の草原に住むカザフの女の子、チャイナーです、というんだが、この馬が気性が荒くて、なかなか言うことを聞かないw ポニーにしても小さいw ポニーの仔馬かも知れない。あげく、馬が暴走して娘さんは振り落とされて、大笑いw

ヤマモモ

| コメント(3)




湘西石三妹】梅雨時の風物詩なんだが、ヤマモモです。伊豆高原の駅がヤマモモの駅で、裏の駐車場のところに大きな樹があって、季節になると地面が真っ赤に染まる。その樹にはタイワンリスが住み着いていて、ヤマモモを食ってます。ヤマモモというのは収穫するのが結構厄介で、一番楽なのは樹の下にブルーシートを敷いておいて、朝になったら落ちた実を回収する、という方法ですw




【v笑微微v】この娘はバイオリンを弾けるのが自慢で、前にもバイオリン弾きながら踊ってたんだが、今回はまた盛大に弾いてます。まぁ、特にうまいわけじゃないが、中国娘らしくほっそーい身体で長い髪で、ニコニコして、楽しそうだ。若くて美人でお金持ちで細くて、世の中、怖いものなしだな、おいw




【Lovely Landscape】裕福になった田舎村というんだが、かつてはあまりの貧しさに、進学で出ていった若者は帰らなかったんだが、政府の支援で大きく変わり、今では出ていった若者が帰ってくるようになった。

湖南省花垣県にある十八洞村。
ミャオ族の集落。
ライブコマースで物産品を販売し、豊かな田舎村になった。

この動画では空撮の絵だけだが、ここは成功例として有名らしく、日本語の記事があった。

 湖南省湘西州花垣県十八洞村はかつて大変貧しかったため、村人の多くは故郷を離れて、出稼ぎに行っていました。しかしここ数年、出稼ぎの人たちは戻り始めています。
 ライブコマースをやっている施林嬌さんは24歳、十八洞村で生まれ育ったミャオ族の若者です。人気のミャオ族の歌や干し肉など、日常生活の様子が彼女のライブコマースを通して外の世界に紹介されています。現在、施さんは5万人近いフォロワーを有し、故郷では人気インフルエンサーになっています。
 2013年、ターゲットを絞った貧困者支援政策の実施が、十八洞村に大きな転機をもたらしました。翌年、花垣県から支援チームが村を訪れ、現地の生態環境や文化資源を視察しました。それに基づき、特色のある観光のほか、養蜂や刺繍産業、キュウイ、高山ニンジンなど特色のある農産品の栽培など発展の方針を定め、指導を行いました。その後、3年間の努力を経て、村人の年収は1600元から8000元にまで増え、貧困脱却を実現し、環境も改善され、産業も大きく発展するようになりました。そんな十八洞村は、かつて離れた人たちが徐々に戻る故郷になっています。

政府が青写真を描いて、インターネットを使ってそれを実現させて行ったわけだ。中国は政府がカシコいので、日本みたいに過疎で廃村になる前に、こうやって手を打つ。中国の農村動画も、そうした意図で作られている。

禿はイヤ!

| コメント(2)




【妹子单身日记】最近この手の動画が多いんだが、都会の一人暮らしの行かず後家w 彼女は28歳で、母親が心配して手頃な男を探してくるんだが、「禿はイヤ!」と拒否したそうです。

28私はまだ恋に落ちていません、母は私にハゲ男とのブラインドデートを強要しました、私は本当に髪なしではそれを受け入れることができません

顔は映ってないんだが、見た感じなかなか肉感的で「いいオンナ」的な雰囲気があるので、良縁に恵まれる事を祈りたいw コメント欄では「やっぱ禿は駄目ですか?」というような書き込みもあるw




【燕麥行遊】牛皮菜を売りに行く。まだ暗いうちから大荷物担いで街の市場へ。牛皮菜というのは日本で言うところのフダンソウだそうで、ひと束1元。20円です。よく売れるらしい。とはいえ、手で持っていけるレベルなので、一日の売上が100元あるかないか。2000円か。まぁ、自給自足の生活でプラスアルファの収入なので、これで生活は成り立つのだろう。この娘は「燕麥」というらしい。燕麦、オーツ麦です。燕麥行遊で燕麦ちゃんが行く、です。

厦門

| コメント(0)




【欣小萌 】お気に入りの屋上だそうで、でも背景の海が見えなくなって建物が立ち始めている。厦門だそうで。この娘、最近はお喋りが多くて、なかなか踊ってくれない。ひさしぶりです。

重慶

| コメント(2)




【燕麥行遊】この建物は有名で、崖にへばりつくようにして建っているので、屋上と一階と、どちらでも道に接している。日本でも時々、こういうのあるよね。中国では珍しいのかも知れない。モノレールがビルの中に入っていくとか、渋谷みたいだなw この娘は重慶の農村で菜っ葉とかタケノコとか自分で作ったり掘ったりして、重慶に売りに来ている。

作って売る

| コメント(1)




【燕麥行遊】重慶の田舎に住む女の子です。自分で育てた菜っ葉を公設市場に持ち込んで売る。ひと束2元です。40円くらいか。田舎の娘さんらしく素朴でいい感じの子ですね。農村なので自給自足っぽい生活で、街が近いので小遣い稼ぎもできて、そこそこの生活は出来るんだろう。この年齢から、「作って売る」という生活の基本を自力でやっていて偉いね。




【阿呆】この娘は前にも紹介したことがあるんだが、なんといっても名前が興味深い。中国でも阿呆って言うんだ?

中国・江南地方の方言「阿呆(アータイ)」が日明貿易で京都に伝わった可能性が指摘されている[4]。これは上海や蘇州、杭州などで現在も使われている言葉で、「呆」は日本語の「呆ける」にもあるようにぼんやりした様子、「阿」は中国語の南方方言で親しみを表す接頭語(日本語における「~ちゃん」「~さん」)であり、言葉としての意味は「おバカさん」程度の軽いニュアンスとなる[4]。これは現代日本語の「阿呆」にも近い。

おばかさん、みたいな感じらしい。黒い旗袍で踊ります。なかなか愛嬌のある顔をしていて、なるほど、阿呆(アーダイ)ちゃんらしいw 身体も細すぎずに肉感的だ。




【笑微微】皮卡丘舞蹈挑战100分钟|up主累趴了ピカチュウダンス100分チャレンジ、というんだが、実際には7分なんだが、それでも7分踊り続けるのは容易じゃない。しかも、最初は屋外で撮っていたが暗くなって中断し、屋内でも撮りなおしたり、何度もやったそうで、合計では100分踊っているかも知れない。




【笑微微】この娘はクルーザーの上で踊ったり、フワフワの素敵なドレスで踊ったり、なにやら金持ち娘らしい風情なんだが、今回はお狐さんのコスプレでバイオリン弾きながら踊ります。バイオリンといえばお嬢さまの基本なんだが、なんでバイオリンなのかというと、楽器が高いからで、グランドピアノより高い。音大の学生でも何百万とか1千万超えのバイオリンを持っている。バイオリンだけじゃ発表会も出来ないので、そういう時はピアノを伴奏に雇わなきゃならない。お金持ちのお嬢らしく、屈託のない笑顔がいいですね。




【滇西小哥】お茶好きの世界では伝説となっている雲南の古樹茶です。樹齢1000年を超える茶畑があって、それが今では茶樹の森となっていて、樹は10mを超える高さ。プーラン族は季節になるとその樹に登って茶の葉を採取する。

 ある午後、雲南省普洱市瀾滄ラフ族自治県の景邁山にある山岳少数民族・布郎(ブーラン族)の山小屋から、芳しいお茶の香りが漂ってきた。山小屋に住むブーラン族の老人が、室内の暖炉端でお茶を炒っていたのだ。男性は、茶葉の入った缶を揺すりながら火であぶり、慣れた手つきであぶった茶葉を沸騰したお湯の中に入れると、たちまち濃厚なお茶の香りであたり一面が包まれた。これは、景邁山の集落で日常茶飯に見かける光景だ。

1000年以上前からこの地では茶が商品作物として栽培されていた。日本では植えて50年も経つと収量が減るので植え替えるが、この地では植え替えずに1000年以上、そのまで採取している。

古茶畑は総面積が約1870ヘクタール、うち茶葉の摘採が可能な面積は約670ヘクタール。密林の中で栽培された古い茶の木は、化学肥料や農薬を一切使用せず、100%自然のままの環境のもとで、他の樹木と共生して育ってきた。過去の記録によると、景邁芒景古茶畑では、プーラン族や傣(タイ族)など現地先住民族が、1800年以上前から栽培を続けている。

さて、日本人でこういう地に行ってプーアル茶を仕入れている人がいて、おいらも散々買わせて頂いてるんだが、北条さんというヒトです。

大茶林古樹生茶 2021
標高2100mの樹齢300歳クラスの自然栽培茶から作りました。非常にコスパの高いお茶です。

大茶林は毎年HOJOのプーアル茶を作っている生産者が所有する茶園の名称です。茶園は標高約2100mに位置します。地域の中でも他を圧倒するような巨大なお茶の木が大量にある茶園ゆえに通称「大茶林」と村人達から呼ばれております。 大茶林のお茶の木は、無肥料無農薬、また、枝刈りや剪定も行われず、自然の植物に近い形で放置されており、理想的な栽培環境です。

お茶の原点がここにはある。これに比べたら、日本のお茶は促成栽培の青汁野菜だ。まぁ、コスパが良いと言っても100g4000円くらいするんだが、まぁ、お茶の世界を追求している人にとっては、この映像は幻のパラダイスみたいなもんだ。

臍踊り

| コメント(0)




【Bash Entertainment】ドバイのベリーダンスだそうだが、舞台を取り巻いて観客。普通にカップルや家族もいるようで、ベリーダンスというのは特に「エロいもの」とは思われていないようだが、アラビア社会で生きる人間ではない我々の目から見ると、どうしてもエロいんだが、そこら辺はイスラム的にどうなっているのか? サロメがヨカナーンの首を手に踊ったのも臍踊りで、ベリーダンスだったとすると、イスラム教の発生以前から踊られていたので、許容されているのか? そういえば戒律の厳しい東南アジアの小乗仏教でも、坊さんは煙草は吸うんだが、「お釈迦様の時代には煙草はなかったので禁止されてない」そうですw

深圳高妹

| コメント(1)




【深圳高妹】深圳で独り住まいの37歳、というんだが、なかなかスタイルがよろしくて色っぽい人です。美人かどうかはワカラナイ。淡々と、食事の様子とか、きせかえ人形みたいに次々に服を替えたりといった日常の動画です。中国では長く人口抑制策で「結婚は35歳になってから」キャンペーンをやっていたので、割と晩婚がおおい。それにしても37歳は行き遅れか?




【Armando Flores】キューバのトリニダード通りだそうです。ギターが二人、リズム隊が二人、あとの一人は?と思ったら、巨大なカリンバみたいなのでベースを担当しているようだ。ブルースとかラテンとか、こういう爺ぃがやってるとかっこいいねw 特に投げ銭目当てというわけでもないようだが、帽子だけがお揃いなのがまたかっこいいw

SING-伊万蕊

| コメント(4)





【SING-伊万蕊】中国にSING女团という8人グループがあって、そのメンバーらしい。この衣装ではよくわからないが、この娘、とてつもなくウエストが細くて、40cmくらいしかないみたいに見えるw さすがプロの芸能人だけあって、隙のない美貌です。とはいえ、踊りは特に上手というわけではないが。




【Pretty Girl Adeline】おいらはこれでも1980年代に「ロリコンブームの仕掛け人」と呼ばれた人間なので、こういうのは専門なんだが、本来「ロリータコンプレックス」というのは13歳~15歳くらい、思春期の少女に対して欲望を抱くことなんだが、中国とかタイでは、これくらい(この娘は7歳?)の女の子に化粧させて着飾らせて、踊らせたり歌わせたりといったTV番組がよくあるんだが、またアメリカでも幼児の美少女コンテストが盛んだったりするんだが、あれ、例のジョンベネ。まぁ、幼女にこんな色っぽくクネクネされてしまっては、見ている方が気恥ずかしいw




【湘西石三妹】なんかこなんいだからバタバタしてると思ったら、シーサンメーが結婚だそうで、今までの人生を振り返っています。湖南省の田舎に生まれ、子供の頃は両親が広東に出稼ぎに行ってしまい、さびしく過ごす。年の離れた姉がいるんだが、兄は一級障碍者で家から出られず。、彼女も広東で働いたこともある。その後、故郷に帰って、ツアーガイドの仕事をやったり、インターネットで故郷を紹介する事業を村の仲間とやったり、なんかかやで25歳になったらしい。結婚相手の顔は公開されてないが、とりあえずおめでとう。

10年物少女

| コメント(8)




【咬人猫】今ではすっかり大物アイドルで、自分で歌った曲も出しているんだが、これで素人です。フルタイムの本職がちゃんとあるらしい。アイドルとしての自己プロデュース能力が高く、割と初期から凝った景色と衣装で魅せてくれる。ちんちくりんだけどw 身長は150cmないらしい。これはまた凄いところで撮ってますね。背景はヒマラヤか? だとしたら中国的には最果ての、とんでもない僻地です。

芒種リリースされてすぐに気に入った曲です。振り付けの前に準備を始めました。全部で3つのバージョンを学び、編集しました。一番欲しい気持ちを探していました。バイ先生に感謝します。ちょっと自分の理解です〜おとぎの国のような美しい場所に、美しいラブストーリーを語る妖精が住んでいると思います〜服もこの発想で作ったので、みんなに気に入ってもらえるといいなぁ〜美しい景色の中で一緒に頑張ろう〜その美しさを楽しもう〜

まぁ、YouTubeの再生回数ですら、300万回というんだから、中国の動画サイトでは恐ろしい事になっていそうだ。ちなみに彼女のデビューは2011年なので、もうベテランの少女です。ちんちくりんだけど。

芒种

| コメント(2)




【卡卡】毎年この季節になると出てくる踊りなんだが、芒种です。日本語では、芒種。二十四節気のひとつなんだが、日本ではあまり知られていない。立夏、小満、芒種、夏至、と続く。

芒種(ぼうしゅ)は、二十四節気の第9。五月節(旧暦4月後半から5月前半)。
現在広まっている定気法では太陽黄経が75度のときで6月6日ごろ。暦ではそれが起こる日だが、天文学ではその瞬間とする。恒気法では冬至から11/24年(167.40日目で6月7日ごろ)。
期間としての意味もあり、この日から、次の節気の夏至前日までである。

梅雨はどこ行った? という話もあるんだが、本来の二十四節気は中国の中原を中心とした地域の気候をもとに名付けられており、日本で体感する気候とは季節感が合わない名称や時期がある。違いを大きくするものとして、日本では梅雨や台風がある。という事で、まぁ、微妙に違う。今年はグリニッジ標準時で6月5日16:26 なんだが、中国と日本ではそれから一日遅れになる。

踊っているのはカカさんです。中国舞踊の名手で、人気がある。




【那曲拉姆】ラムちゃん、ネズミ男みたいな格好をしてます。レインコートだそうで、ウールです。実はおじいさんの物で、時々借りるそうだ。おじいさんは青海省の人で、この地を訪れておばあちゃんと結ばれたそうだ。分厚くて重いけど、暖かくて快適だそうです。それはそうと、最近はYouTubeを見るたびにブスな巨乳が出てきて「胸が小さく見えるプラ」の広告をするんだが、おいらには関係ないので止めてくださいw




【Khói Lam Chiều】中国では端午の節句の季節で、旧暦だからね。屈原の伝説とかあるんだが、ちまき作って食べます。

ドラゴンボートフェスティバル(簡略化された中国語:端午节;伝統的な中国語:端午節)は、グレゴリオ暦の5月下旬または6月に対応する中国暦の5か月目の5日目に行われる伝統的な中国の祝日です。

玄関先では犬と仔豚が仲良く昼寝してますねw この家のちまきは「とうもろこし団子入り餅米」です。




【二胡陈依妙】ボストン留学中の娘さんで、お茶目な娘で、今回もオモシロ企画です。アタマにサンマの髪飾りつけて、胡弓を使った表現力の片鱗を聞かせてくれます。まずは古典的な演奏スタイル。続いてジャズ風。顔で弾くというのが大事w むかしの古琴の再現。啊对对对というのは、口語でくだけた表現で、「あーそーそー」みたいな感じ。渋滞のクランションw かもめ、救急車、胡弓習いはじめの子供w

水浴びをする娘

| コメント(2)




【Dủa cô gái vùng cao】河で水浴びをする娘、なんだが、ベトナムの山岳地帯で、中国との国境に近いあたり。民族的には東南アジアといっても中国系で、色白でムチムチしてて、色黒のクメール系とかラオ系とは違う。下着がなんともリアリティがあって、オバサン臭いというか、好きな人にはタマラナイだろうw カンボジアで少女買春が流行った時にも、地元のクメール系少女では売れないので、地続きのベトナムからベトナム少女が歩いて売春しに来ていた。東南アジアは様々な人種が混じっていて、タイ人のほとんどは「日焼けした中国人」なんだが、ラオ系とクメール系も混在していて、そこにニューカマーの華人がいて、文化的背景が複雑です。




【隔壁林妹妹】貴州の食べ物だそうだが、草木灰を混ぜたちまきです。よもぎを燃やした灰だと言うんだが、まぁ、奇妙な風習です。ここでは藁灰ですね。灰まみれの米と、肉切れを包んで2時間煮て、ひと晩放置。どんな味がするのか、想像もつかないw

食用油に「旬」

| コメント(3)




【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】食用油に「旬」なんてあったのか、という感じなんだが、現代人はどこから持ってきたのかも知らないままに、スーパーに行きゃ何でも揃ってる食材を、何の苦労もしないでカネだけで手に入れて食っている。

アブラナが実る前に、綺麗な花が咲いています。毎年の三、四月ごろに、雲南省ではどこでも一面と広がる菜の花畑が見えます。五月に菜種が実り、黄金色で香ばしい食用油に搾って揚げたり炒めたりできます。香ばしくて食べ物が更に美味しくなります。

日本でも季節にはあちこちで菜の花は見られるが、それを絞って料理に使う油を採っているなんて意識する人も少ないだろう。さて、収穫した菜の花の残骸をトラクターで踏んで脱穀し、黒い実だけを集める。ちょっと乾かして搾油所に。何度も絞るらしい。持ち込んだ実に対して、絞った結果はささやかですw 雨が降ってきたが、大王くんは平然としていて動かないw 悠然たるものですw 犬には犬の気分がある。大王は水に浸かるのが好きなので、雨に打たれるのも好きなようでw

イカ釣り船

| コメント(0)




【Khói Lam Chiều】イカ釣りです。むかし、バンコクからの帰国便で、眠れないままに下界を見下ろしていると、東シナ海にビッシリとイカ釣り船の明かりが見え、やがて台湾、明け方に沖縄が見えて、旅情をそそる景色だった。イカは明かりに誘われて浮上して来るので、タモでもすくえますね。沼津の海でタモですくったイカをバラして、ギラギラ光る目玉だけを針につけて何か連れないかと投げ込んでみたら、型の良い太刀魚が釣れて意外だった。太刀魚は貪欲です。イカの胴体にひき肉をつめてます。ぶつ切りにしてキュウリ、トマトと炒め。

斜め上の進化

| コメント(1)




【ท'ทีน'ทีเด็ดพิณทอง】イサーン名物、お祭りのロングドラム・パレードなんだが、フリを揃えて、しまいにゃ人間ピラミッドまでw イサーンは基本的に農民ばかりなので、こういう集団パフォーマンスは得意なようだ。日々進化を続けるイサーンの音楽シーンだが、これはちょっと斜め上の進化で、色々と油断ならない連中だw




【雨乃】この娘の名前は正式には「雨乃呦」と言って、呦というのは感嘆符なので、まぁ、雨乃さんです。キャラとしては可愛い系なんだが、身体がグラマーで、中国人としては色っぽい身体だ。特に脚がいいね。セクシーさと清潔さがバランスして、中華人民共和国らしい節度あるアイドルです。




【Isan Lam Ploen Channel】粗品ちゃん久しぶり。ピン・ロックというんだが、犬がまた絶妙な位置にいて、ラストで飽きたらしく立ち去るところが見せ場か? アジアの犬はいいね、自由でw もちろんタイでも若い人はロックを聞くわけで、ローカルな伝統的民族音楽と、西洋のロックと、絶妙なブレンドと進化が現在進行系です。

田植え

| コメント(1)




【湘西石三妹】街に出て就職したとかあったんだが、実はよく見てない。田植えなのか、実家に戻ってますね。耕運機もないのを見かねて、先に田植えの済んだ親戚が手伝いに来てます。田植機はないので手でひとつずつ。それでも人数が多いので、一日で片付く。【湘西石三妹】は働いている親戚たちのために食事を作ります。

生姜の佃煮

| コメント(0)




【ふわり cooking】生姜の佃煮なんだが、意外に簡単で美味しい、作っておくと便利です。今日は今から作ろうと思う。使うのは濃口醤油と砂糖、味醂といったところなんだが、醤油と味醂にちょっといいのを使えば、市販のものより格段と美味しいのがでする、はずw 仕上げは胡麻と鰹節か。

微妙

| コメント(0)




【冒泡poke】眼鏡っ子で、旗袍で美脚を見せくれたりするんだが、今回は海辺のリゾートで。根っからのダンサーではないのは、体型でわかるんだが、美人かどうかは微妙。まぁ、悪くはない。というか、オンナはこれくらい「微妙」なのが一番だw

女媧

| コメント(1)




【真的菜菜】菜々さんは漢服唐服のコスプレイヤーで、これは「女媧」のコスプレだというんだが、女媧というのは中国神話の創造神で、伝説の帝王「伏羲」の妻、ないしは妹、ないしはその両方。

人間をつくった存在であるとされており、女媧が泥をこねてつくったものが人類のはじまりだと語られている(搏土造人、抟土作人)。後漢時代に編された『風俗通義』によると、つくりはじめの頃に黄土をこねてていねいにつくった人間がのちの時代の貴人であり、やがて数を増やすため縄で泥を跳ね上げた飛沫から産まれた人間が凡庸な人であるとされている[6][7]。『楚辞』「天問」にも「女媧以前に人間は無かったが女媧は誰がつくったのか」という意味のことが記されており、人間を創造した存在であるとされていた[2]。また『淮南子』「説林訓」には70回生き返るともあり、農業神としての性格をも持つ。
伏羲と共に現在の人類を生みだした存在であると語る神話伝説も中国大陸には口承などのかたちで残されている。大昔に天下に大洪水が起きるが、ヒョウタンなどで造られた舟によって兄妹が生き残り、人類のはじめになったというもので、この兄妹として伏羲・女媧があてられる。

この、中華民族の創造神話というのは苗族やチワン族にも伝わっていて、彼らのルーツが忍ばれる。動画はCGとか動員して凄い凝った映像を作ってますねw




【未南】ちょっと変わった衣装なんだが。ヒラヒラをふんだんに見せるというのがお中華流。西洋でも日本でも、こうした「ヒラヒラを見せるための踊り」というのはあまり見られないが、中国舞踊では基本中の基本です。

眼鏡っ子

| コメント(2)




【冒泡poke】この娘、身体がグラマーで、眼鏡っ子なので美人かどうかはちょっとワカラナイんだが、見せっぷりは上等で、何度かここでも紹介した事がある。撮影は素人なんだろう、シンプルなんだが、旅行に行った時にお父さんやお母さんに撮って貰ってるらしい。中国の水着って、飾りがたくさんで身体の線が見えないのが定番みたいだ。

生活が縄文

| コメント(8)




【龙梅梅Longmeimei】ハチクとかネマガリダケとか日本にもあるんだが、破竹(ハチク)は中国原産で、豚肉と相性が良いというんだが、例によって豚肉は塩漬けです。中国でも山の方に住んでいる人というのは、生活が縄文だねw 肉は滅多に獲物が穫れないので塩漬けで保存、野菜類も余った分は乾燥。

水浴び

| コメント(3)




【PAJ KUB CHANNEL】見慣れない言葉で調べてみたらモン族のようだ。胸が膨らんでないので、少女だね。水浴びなんだが、東南アジアでは「個室じゃないところで水浴びする」環境というのが割とアタリマエで、おいらもあちこちで見た。ここではワンピースだが、たいていは腰巻きみたいな一枚の布地で、巧みに隠しながら身体を洗う。バンコクの集合住宅のベランダでもやっているw 河では見慣れた景色だが、ベランダではプラスチックのタライです。




【二胡陈依妙】バークレーに留学中の娘なんだが、既に留学前にもTVに出演したりして、まぁ、大物の風格w 歌も歌ったりするし、天衣無縫な美女です。中国娘というのは、他人のオトコには優しく柔らかい対応をするんだが、自分のカレシは奴隷のような扱いをするそうで、この娘も口元がそういう顔をしているw まぁ、自分の女房や愛人でなきゃ、それも構わないがw

古い漬け汁

| コメント(1)




【野小妹 wild girl】菜っ葉を漬けるんだが、あえて塩を使わず、古い漬け汁を使い回す。味が滲みたら乾燥させる。この、干した漬物というのは中華料理では定番で、炒め物に使ったりスープに使ったり。それにしても自給自足の主婦というのはこうした年間を通しての緻密なスケジュールで動いているわけで、その膨大な知識と知恵の上に生活が成り立っている。

端午節

| コメント(1)




【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】端午節のためにちまきの食材を市場で。お姉さんの髪を200元で買おうというオバサンまでいますw それにしても雲南というのは食材が豊富なところだ。

生姜の佃煮

| コメント(0)




【ソライロパスタ】生姜の佃煮、というんだが、おいらも作ったことがあるんだが、まぁ、簡単といえば簡単、美味しいといえば美味しい。大量の砂糖を使います。びっくりするくらい。味醂を使う方法もある。佃煮の作り方のポイントとしては、水分を抜く最後の過程というのが問題で、じっくりじんわり、焦がしたら台無しなので、まぁ、暇人でなきゃ出来ない仕事だw




【傻一點又何妨】第二次世界大戦後、日本は台湾を放棄し、そこに蒋介石が逃げ込んで中華民国として今に至るわけだが、台湾が日本から捨てられて中国になっても、台湾の人たちは日本の歌謡曲や映画を愛し続けた。なんせ本土には共産党のプロパガンダの映画や唄しかないし、香港映画が育つのはもっとあとだ。昭和40年代くらいまでは台湾はほとんど日本文化に染まっていた。と、そんなわけで中国語文化圏では日本語の古い歌も愛されていて、現地のカラオケにも入っていて、よくお目にかかった。日本人クラブでは普通の日本のカラオケだが、田舎のレストランなどでローカルなカラオケを耳にする機会なんてのもあって、笑ったのはドイツ人観光客が英語の歌を全員で合唱していて、なるほどなぁ、と国民性が忍ばれたりw 今は香港映画も育ち、中華人民共和国でも自由な映画や歌が作られるようになってずいぶん変わったが。




【雨乃呦】赤い靴はいてた女の子、せいせいとワカメちゃんスカートで脚をさらけて、元気いっぱい。異人さんに連れられてどっかに消えないようにw 江蘇というんだが、上海の北側です。中国では長く海禁策だったので、海に近づく事すら禁じられていて、港も河をのぼったところに作られるので、中国では海に関する「文化」というのが割と希薄だ。




【GOGO FOOD고고 푸드】タイで良く見た光景なんだが、ローカルのコーヒー屋です。多分ロブスタ種の安いコーヒー淹れて、砂糖とコンデンスミルクてんこ盛り、紅茶も似たようなもんだ。最近ではスターバックス的なカフェも増えているが、こっちが昔から親しまれているタイのコーヒーです。100円だそうです。おいらはほとんど飲んだことがないw





【หมอแคนอุ้ม Channel】モーラムなんだが、実際に舞台で演じられる時にはこんな具合です。夕方から始めて延々、朝までやる。というのも、「田舎道には街灯がないので危ない、帰れない」からだそうで、そんなわけで交代しながら延々と続けるためにミュージシャンもケーン奏者も交代制です。語り手は男女ペアで、女が語っている時には男が踊り、男が語っている時には女が踊る。





【RFBxProject】RFBxProject ft. Rina-Himeというんだが、いつもはリモートでセッションやってる音楽仲間とRina-Himeさんという「Jpop/Jrock/ influenced singer-songwriter」まぁ、歌姫だ。

すべてのACG文化愛好家が音楽の形で情熱を共有する聖域。 私たちはマレーシアのACG音楽をカバーし、新しい演出を提供し、世界中のすべての人に私たちの愛を共有したいと思っています。

RFBxProjectについてはそう説明されているんだが、

ACG(エーシージー)とは、中国語圏において主に用いられる日本のアニメ(Anime)、漫画(Comic)、コンピューターゲーム(Game)の文化を反映した「2次元」コンテンツの総称。1995年に台湾で呼称として使われ始め、後に香港も中国大陸にも広がった。

ACGなんて言葉は日本ではあまり聞かれない言葉なんだが、中国文明圏内ではひとつの潮流として根強いものがあって、大衆文化の歴史が浅い中華人民共和国に対して、大衆文化の歴史が古い日本の方が、エンターテインメントは洗練され、レベルが高い。もちろんエンターテインメント文化という点ではアメリカ、というのもあるわけだが、白人は顔も違えば風習も違うので馴染めない。日本人は中国人と同じ顔をしているので、それだけ馴染みやすい。

というわけで、今回はリモートではなくみんなで集まってやってるんだが、ずいぶん大人数です。ブラスセクションまである。バイオリンまでいるw




【欣小萌】穿着可爱水手服的小姐姐という文字列をジックリと眺めていると、次第に意味がわかってくる。「かわいいセーラー服の女性」という意味です。なんだ、日本人て中国語、解かるんだ、って、そりゃそうで、日本人の若者も中国人の若者も、相手の国に住むと白人とは比較にならないくらいアッサリと馴染んでしまうらしい。水手服、って、そりゃセーラーは水兵さんだ。中国では日本の制服が大人気で、あっちの学校は色気のないジャージで登校したりしているらしくて、日本が羨ましいらしいw さて、最近はお喋りの動画ばかりでなかなか踊ってる姿を見せてくれないんだが、CM絡みで久々に。




【XTARドラマー】このチャンネルの連中は非常に上手いメンバーが多くて、ピン弾き、ベースはもちろん、チャンネル名が「XTARドラマー」というくらいだから、リズムのキレが良い。電話番号が表示されるんだが、タイの田舎ではお祭りのお囃子みたいなもんで、こうした楽団が練り歩くんですね。だからすペて、「歩きながら弾ける」楽器です。最近ではドラムセットとアンプだけリアカーに乗せたりするw もっとも太鼓は叩ける人が多いので、セットのドラムというのは必ずしも必需ではない。




【香菜猫餅】中年少女猫餅さん、相変わらず可愛いですね。体型が変わらずほっそーいのが節制の賜物で、中国人でも一般人はこの年齢になりゃ太る。オバサン体型になる。若い娘とオバサンを隔てている境界線というのが、体型。少女の頃のままのほっそーい体型でいられるのが、プロだ。何のブロだか知らんけどw




【小仙若】中国娘にしてはグラマーで顔もバタ臭くて、まぁ、たしかにダンサーというよりグラビアアイドル風なんだが、【小仙若】さん、今回はイメージビデオで、まったく踊ってませんw 美人でグラマーなので、「動くグラビアアイドル」としてはうってつけだw 大人っぽい【小仙若】さんだけど、目一杯可愛らしく振る舞ってますw




【夏语笙】「行かないで」というタイトルの曲らしい。メロデーラインが演歌そのもので笑えるんだが、そりゃ、同じ文明圏に属していて、同じようなモノ食って、同じような顔してるんだから、音楽的センスも似たようなものになる。こうした日本の演歌に似た節回しの音楽がどういう範囲で分布しているか、文化人類学者に調べてもらいたいね。おいらの知ってる限りでは、タイ、ラオス、中国南部、あたりでは頻繁にこういう音楽が聞かれている。




【龙梅梅Longmeimei】Ramaria botrytoidesというんだが、日本名は「ラッパタケ科ホウキタケ属のキノコの一種。地方によりカブタケ、ネズミタケと呼称される場合がある」そうで、とはいえ明らかに外観からして違うので、まぁ、キノコの事なんかわからんのである。おいらの知ってるキノコはスーパーで売ってるヤツだけですw さて、この妖しげな紫色のキノコ、まだずいぶん大量に採れました。鶏と妖しげなキノコのスープ。キノコ炒め。茹でたキノコに辛いタレ乗せてサラダ。「このきのこは特に環境に厳しいもので、私たちの近くのこの山でしか入手できません。」というので、ローカルな品種なのかも。




【Creative Science】怪しいインド人が手作りで電動一輪車を作るw 電動一輪車というのは意外にカンタンに出来るらしくて、市販品も色々出てますね。ウイリーで走っているようなもので、運転が難しいのかと思いきや、自己バランスを取る回路が内蔵されてるらしくて、案外乗りやすそうだ。このオッサンの過去の作品では、「人間が乗れる歩くロボット」が傑作ですw




【南臺科大親善大使服務團隊】南臺科大親善大使服務團隊之旗袍體驗活動宣傳というんだが、じっくり落ち着いて読めば日本人にも判る言葉だ。南台科技大学というのは専門学校的な大学らしい。工学部、商学部、人文科学などあるが、幼児保育教育とか高齢者保育福祉とか、そんな感じ。その大学の、旗袍を体験してみようというサークル活動の宣伝です。まぁ、コスプレの類なんだが、ところで横浜中華街の華人のお嬢さんは、成人式や友人の結婚式には旗袍を着るという風習があって、仕立て屋もあるというんだが、正式な旗袍というのは日本の振袖並みにカネかかるそうです。しかも、身体にピッタリ合わせて作るので、太ったら二度と着られないw まぁ、若くて細いうちに着ておけw




【Kyokyo】咬人猫さんの歌う「臙脂」で踊るのは【Kyokyo】さん。セクシーが売りらしい。ビンクのミニもいいが、ヒラヒラしたロングの色っぽさはまた格別で、三保の松原に降りた天女さまのようだ。見たことないけどw この娘の動画はエロすぎるので、bilibiliではしょっちゅう削除されていて、削除される前にマニアが速攻、YouTubeに転載するというのがお約束w




【一只小仙若】お姉さんのおうちでパーティーよ、苺のお酒、桃のお酒、というわけで、CMそのものの動画です。稼いでますねw この娘は中国のダンサーらしからぬ肉体派グラマーで、ちょっと他の娘と感じが違う。中国ではダンサーというと、手足が長くてほっそーい娘が多いんだが。




【一只小仙若】中国のどっか、ゲームセンターかイベントか、たくさんの若者が往来しているところで小仙若さんが踊ります。中国もオミクロン下でみんなマスクしてます。しかし中国の踊り手さんたち、度胸試しみたいに人前で踊りたがるねw まぁ、商売だから仕方ないw 中国ではこれが商売として成り立つのだ。




【Camille and Kennerly】美人の双子でハープを弾きながら歌うという、この世のものとも思えない光景なんだが、イリノイ州に住むノルウェー系らしい。

私たちはイリノイ州北部に住んでいますが、私たちの遺産はノルウェー語です。 私たちは自分たちの世界に恩返しをするのが大好きです。 私たちはアフリカの女の子を後援しており、長年にわたって特別支援を必要とする子供や若い大人のためのボランティアの仲間です。 私たちはテコンドーの3度黒帯であり、ライフル射撃の「著名な専門家」ですが、狩りをせず、菜食主義者です。

しかしハープという楽器は、原理としては「ピアノを抱え込んで弾いている」みたいな感じで、グランドピアノの蓋をあけてみると、ハープみたいなのが入っているわけです。中国では楊琴というのがピアノに近いような楽器なんだが、二本のバチで叩くので、音の厚みに限界がある。さて、西洋のハープは東洋にはないのか? というと、ビルマの竪琴ってのがあったわけで、中国朝鮮では竪箜篌というのがあるし、日本でも薩摩竪琴、奄美竪琴という、箏を縦に立てて弾くような楽器があったんだが、どれもあんまり流行ってないので、今では絶滅寸前だったりする。

こうして見ると、西洋と東洋は影響しつつも交わる事のない平行世界を長く続けてきたわけで、比較するなら「全ヨーロッパ」vs,「中華文明圏」といったところか。

モヒート

| コメント(2)




【二胡 ERHU LUYIFEI】韓国人らしい胡弓弾き。そういや顔も中国人とは明らかに違う。韓国では太鼓叩いて歌う民俗芸能が知られているが、中国音楽はどの程度弾かれているのかね? 日本には古くから伝わった雅楽というのがあるが、雅楽では胡弓は使わない。風の盆で有名なおわら風の盆では胡弓が使われるが、三味線を立てて使うようになっていて弦も三本。おいらは子供の頃、三嶋大社の夏祭りで胡弓を持って流している爺さんを目撃した事があるんだが、何故か雅楽が伝わった中に胡弓は含まれていなかったらしい。

僕の愛する人にモヒートを下さい
僕は彼女がほろ酔いした時の瞳を見るのが好き
僕のコーヒーはそんなに砂糖を入れなくていいよ
この世界は彼女のせいでもう甘すぎるから

調べてみたら日本に胡弓が伝わったのは「江戸時代初期」というので、雅楽が伝わった唐代には伝わってないようだ。

原型楽器は、唐代に北方の異民族によって用いられた奚琴という楽器であるとされる。この頃は現在のように演奏するときに楽器を立てず、横に寝かせた状態で棒を用いて弦を擦り、音を出した[1]。宋代に入り演奏時に立てて弾く形式が広まり、この頃には嵆琴と字を変えて呼ばれるようになった。

また中国でも、今の二胡が楽器として進化したのは意外に新しく、1920年代だそうで、

現在普及している形は、1950年代から(文化大革命の停滞期を挟み)1980年代ごろに出来上がったものが基本となっている。

意外に歴史は新しい。西洋音楽を知って、その華形楽器であるバイオリンに対抗するために改良されたわけで、それまでは京胡という演劇の伴奏楽器が知られていたが、京胡は小さくて音が高くてけたたましい楽器ですw

さて、そこでモヒートだが、なかなか素敵なラテンナンバーじゃないかと思ったら台湾人の曲です。中国人は海外文化を取り入れて自分流に咀嚼するのが上手だね。




【蘑菇mo_ 】こういうダンスというのは都会の娘が多いんだが、コレは珍しく広西チワン族自治区です。蘑菇というのはキノコ。きのこちゃん。メイドファッションながらもシッポと耳まで付けちゃって、おまけに胸元はおっぱいの谷間をわざわざ見せるようなデザインで、サービス過剰w




【鄭寶清】今度は「宗右衛門町ブルース」です。平和勝次とダークホースのヒットで知られているが、実は元歌があって、原曲は北原謙二の「さよなら さよなら さようなら」(作詞:星野哲郎、作曲:山路進一)だが、歌詞は変えられている。平和勝次という人は浪曲師の息子で、水中軒土左衛門の名を持つ。浪曲では食えないので流しをはじめ、その後、吉本興業の漫才師となり、お笑い歌謡ショーを演じる。まぁ、日本の歌謡界における「浪曲」の影響というのは大きくて、藤圭子の両親も浪曲師だったんだが、戦前には浪曲のブームがあって、日本中に映画館があったんだが、その映画館で公演やってずいぶん流行ったわけです。粗製乱造で大量に浪曲師が育成され、それが戦後、GHQが浪曲を禁止したりとかあって下火になって、売れっ子浪曲師だった村田英雄、三波春夫までもが歌謡曲に転身するという、まぁ、浪曲から演歌へ、というそういう流れがあったわけです。語り物から唄へ、という流れでもある。実はそれがおいらの卒論のテーマで、だからタイでモーラムからモーラム歌謡が生まれている過程なんぞを見ると、感慨深いものがある。というわけで、宗右衛門町ブルースなんだが、オッサン上手ですw 1970年代というと、日本には台湾から出稼ぎ売春婦が大量にやって来て、日本からも観光客が売春目的で行っていて、そういう時代でした。

見知らぬ女

| コメント(1)




【鄭寶清】台湾の公園でサックスを吹くオッサン。「見知らぬ女」という曲だそうだが、いかにも日本風のメロディーなんだが、元歌がワカラナイ。調べてみたら台湾オリジナルの曲で、龍飄飄という女性歌手の持ち歌。1970年代にデビューして、今は引退してアメリカでゴスペル歌っているらしい。中国本土が改革開放される以前には、台湾は日本の影響を強く受けた文化を育んでいた。日本人はそういう歴史をほとんど知らないが。このオッサンは年齢的に日本の歌謡曲にどっぷり浸って育った世代なので、日本の曲が好きなんだろう。以前、柳ケ瀬ブルースをやってましたね。




【二胡陈依妙粉丝频道 】バークレー留学中18歳のチェンちゃん。今回はジプシージャズです。ピアソラといい、ジプシージャズといい、レパートリーが広いね。元の曲はオランダのジャズバンドで、ローゼンバーグトリオ。ジャンゴ・ラインハルトの影響を受けているそうだが、それを胡弓で弾くというと、ステファン・グラッペリを思い出す。この娘は伸びるよ。中国だけでなく、アルゼンチンやジプシー音楽まで取り込んで我がものとしている。性格はちょっとキツそうで、中国娘によくある「他人のオトコには普通に優しいが、自分の彼氏は奴隷のように扱う」タイプか? 美人だけどw




【二米炊烟】三月のワラビ、四月のタケノコ、というんだが、こうして見ると中国でも四川省とか貴州省とか雲南省とか、あっちの方はかなり自然環境が日本に近い。アタリマエだが。日本人は中国というと北京や満州を思い浮かべる人が多くて、満州にはずいぶん日本人移民も送り込まれていたし、首都は北京だし、けれど、中華文明の中心地はむしろ南部のような気がする。そして弥生人の先祖たちも、あのあたりから来たのだろう。




【二胡陈依妙】中国の街並みじゃなさそうで、留学中のボストンか。延々とカメラ目線で、これでもかとばかりに自己アピールなんだが、美人なのでしょうがないw それにしてもバークレーというのは中国人の胡弓弾きでも入れるんだね。誰が教えるんだろう?という疑問は残るが、胡弓の弾き方なんかいまさらだろうから、もっと高度な、アカデミックな教育を身に付けて、中国の二胡奏者としてはいきなりトップになるんだろう。東京芸大も胡弓科を作れよw




【二胡陈依妙】18歳になった今ではボディコンの服着てボストンでピアソラ弾いている彼女なんだが、これは数年前のTV出演。14歳らしい。セーラー服が可愛い。踊ったり歌ったりする娘で、なんか堂々としてますね。これでバークレーを卒業して帰国したら、大変なシロモノになるだろう。

スギの養殖場

| コメント(1)




【Khói Lam Chiều】スギの養殖場、というんだが、スギってなんだ? 聞いたことないぞ、と思ったら日本でもスギといって、普通にいるらしい。「体型は吸盤がないことを除いてコバンザメと類似」と言うんだが、吸盤のないコバンザメというのをそもそも想像し難いので、ピンと来ない。

身は刺身やフライにされ、食用にされる。また、釣りの対象にもなる。
熱帯・亜熱帯での養殖に適していると考えられている[6][7]。成長が早く、肉質が良いため潜在的に重要な魚種である[8]。
現在、アジア・北米・中米などで海面生簀を用いて養殖されている。台湾では100-600gの幼魚が1-1.5年で6-8kgに達し、日本に輸出される。現在、台湾の海面生簀の約80%がスギ養殖に用いられている[7]。2004年、FAOは養殖スギの80.6%が中国・台湾で生産されていると報告した[9]。ベトナムがこれに続き、2008年の生産量は1500tと推定された[7]。

あちらでは養殖が盛んなようだ。スープにしたり、焼いたり。東南アジアではこういう焼き物は炭を使う。ガスがないのかと思いきや、煮物はプロパンガスでやっていたりするので、料理によって熱源を使い分ける。路端の露店ですらそうだから、日本よりむしろ凝っているw




【香菜猫饼】LoliBBAです。このところますます風格が出て来て、女帝!なんだが、ところでこういう女の人というのは身体つきが「貧相」なので、よほど立ち居振舞いってヤツに気を使わないと、色気のないオッサンみたいになってしまうんだが、そこはそれ、中国4000年の歴史で、昔から中国のオンナってのは貧相な身体つきのが好まれるので、貧相なりに色気のあるのが伝統で、そういう意味では猫餅さんは伝統的な美人です。

胡弓48手

| コメント(1)




【二胡陈依妙粉丝频道 Erhu Chen Yimiao Channel】胡弓弾きなんだが、色々とお茶目なところを見せてくれる娘で、今回は「胡弓48手」w 様々なスタイルで胡弓を弾きます。JK風の衣装が可愛いね。リアルJKの年齢ですw




【舞小喵】踊り手さんに人気のおばけSONGなんだが、女性二人で踊っているのは珍しい。オトコもちらっと出てくるが。いまさらながら解説しておくと、これは冥婚をテーマにした曲で、死者に嫁がされる花嫁の悲劇、といった話らしい。この曲と「サマータイム」は演じる人が多いね。




【The Filho "テクノ 演歌"】テクノ演歌だそうです。嫁がゆるさへんだそうです。

あなたは笑いたいですか?あなたは正しいチャンネルに来ました
The Filho "テクノ 演歌" は、音楽を聴きながら楽しむためのチャンネルです。視聴者が楽しめるように音楽を革新します。私たちは、テレビや特別なイベントのためのショーを行います。テクノ演歌 は、日本の伝統音楽とブラジルのリズムをミックスした音楽スタイルです。

連絡はこちらから: dfilho10@gmail.com
ありがとうございました。
The Filho

英才教育

| コメント(0)




【二胡陈依妙粉丝频道 Erhu Chen Yimiao Channel】先ほど紹介したボディコンの色っぽい胡弓弾き、わずか数年前はこんなですw 15歳。たおやかで無垢な少女で、なんとも魅力的なんだが、驚いた事に途中から弓を置いて歌い始める。歌もなかなか良いです。中国ではミュージシャンとか、徹底的な英才教育で育てますね。




【二胡陈依妙粉丝频道 Erhu Chen Yimiao Channel】かなり立派な経歴の奏者で、国家的なプロジェクトもたくさんやっているようだが、これはアストル・ピアソラの「ブエノスアイレスの春」です。かなーりアカデミックな曲で、クラシック系の奏者がバイオリンでよく演ってますね。バイオリンで弾けるものは胡弓でも弾ける、それが中国人のブライドで、しかも美人だし、衣裳はエロいし、何歳かと思ったらなんと2004年生まれで、先祖代々の胡弓弾き。まだ10代だよおいw

ローズアップル

| コメント(1)




【野小妹】英語名をローズアップルと呼ぶそうで、おいらは多分、食ったことある。タイでしょっちゅう食ってた。タイのやつは赤くなくて緑色。甘みはほとんどなく、シャキシャキとして歯ざわりが取り柄の果物で、リンゴというよりナシに近い。果物としては甘くないので、料理にも使いやすいんだろう。東南アジアの果物では、マンゴスチンとローズアップルが好きだった。ドリアンは口にした事もないw

賽馬

| コメント(1)




【不会二胡的张老师】「賽馬」というのは胡弓では定番の曲で、この曲を弾きこなせるようになればプロ、というようなちょっとした難曲なんだが、お嬢さん、本物の馬が走る前で弾いて、なかなか頑張ってます。最後に馬がいななくが、本当はそのいななきは胡弓で表現するんだが、ここでは本物の馬がいなないてますw

桑の実

| コメント(1)




【龙梅梅Longmeimei】桑の実なんだが、おいらが小学生の頃、自宅の近くに桑の樹があって、時々実を摘んで食っていた。甘くて美味しいのだ。桑の実とレモン入りの炭酸おいしそうだね。桑の実を練り込んだパン。芋にも桑の実ジャム。




【NaMin唱跳片段】このNaMinという娘なんだが、特に歌がお上手というわけでもないし、踊りがーというわけでもないし、ただひたすら「可愛い」という、実にそれだけの娘です。いっそ潔いw おいら銀座の高級クラブで飲んだことなんかないんだが、中古カメラを眺めに夕方の銀座は散々ウロウロして、時たまママさんかホステスか、びっくりするような上玉オンナが歩いているのに出くわして、あー、銀座のクラブってああいうのが棲息しているんだなぁ、と感心した事があるんだが、そういや横浜ゴムの膣コキ女は大学生の時から銀座のクラブで働いていてシャッチョさんを捕まえたというので、「イイオンナ」というのはある意味、プライスレスですw 6年間でいくら貢がせたのかw この娘のサマータイムは別バージョンを紹介した事があるんだが、着てる服が違うくらいで、大差ない。さて、この可愛さでこの娘、これからの人生、いくら稼ぐのかw




【もと】深圳のフットマッサージというんだが、マッサージ嬢が若くてエロくて、まぁ、そういうのは風俗でもあるんだろうが、中国では風俗は取締りが厳しくて、色々とヤバいらしい。まぁ、遊ぶんだったらタイだろうw タイでは国が全家庭に大麻の苗を無償配布するらしいw ナニ考えてるんだw 日本も負けてないで、一人暮らしの老人にデリ嬢を無償配布するくらいの政策をやってみたらいいじゃないかな(無責任




【Aerial China】重慶だそうだが、こんな山に隔てられてあちこちに大都市があるというのも凄い。アメリカがいくら中国を敵視しても、中国を占領することは出来ない。日中戦争の時に、日本はそのピーク時に100万人の兵隊を送り込んで、結局は占領しきれなかった。一部を占領しても、こんな険しい山に隔てられて次の街があるので、100万じゃ足りないだろう。世界中の米兵を全員送り込んでも足りないだろう。凄いね、中国はw




【Khói Lam Chiều】ジャングルで放し飼いの鶏を捕まえて、ジャングルで香辛料採って、バナナの茎を薄く輪切りにして、まぁ、ジャングルの中で隠れて生きられるので、そりゃ、アメリカが苦戦するわけだ。砂漠みたいに隠れ場所がないんだったら掃討作戦も出来るだろうがw 焼夷弾落としても水っぽいジャングルでは燃えてくれないし、それで結局、枯葉剤撒くしかなかっんだが、なんせ山岳部は広大で、国境も民族も複雑に入り乱れているので、アメリカは支配できなかった。そりゃそうだ、何千年もの歴史の中で、中国が版図を広げられなかった地だ。彼らは「文明」ではなく「自然」の中で生きている。




【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】拉祜族(ラフ族)なんだが、中国の動画には「貧しい少数民族」というのがあまり出てこないね。田舎の漢民族と同レベルか、下手すりゃ、より優遇されているだろう。人権とか言うなら、タイでは少数民族は戸籍がないので人権がなく、教育すら受けられないのだ。

中華人民共和国の公式に認定されている56の少数民族のうちのひとつで、雲南省に45万人が暮らすと言われている。ミャンマーに15万人暮らす。タイには10万人が暮らし、6ある山岳民族のうちのひとつである。ラオスに1万人。ベトナムでは12,113人が暮らし、54の民族グループのうちのひとつ。
従前、焼畑農業を基軸とした生活を続けてきたが、なかには定置型農業を学ぶものも出ている。独自の民族色を保ちながら次世代に定置農業を教えようとする者もおり、独自の農業学校なども生まれている。 一方で、農業自体から離れタイの都市部に出て働くラフ族も多い。

オリーブの樹皮を使って料理してます。肉のミンチに樹皮を合わせるのがラフ族流らしい。若い人はギターを弾いて歌いますね。本来はロングドラムにドラ、そしてケーンという少数民族としては標準的な構成のようだが。




【杨可爱Ukulele】恋愛サーキュレーションはアニメ「化物語」10話のOPに使用された曲である。というんだが、当初はCDも発売されなかったのにも関わらず一部で人気となり、中国でも色んな人がこの曲で踊っている。日本のTVでは相変わらずだったが、

2019年度から何故かNHKの育児番組『すくすく子育て』のEDテーマとなった。NHKの育児番組で唐突にアニソンの名曲が、しかも恋愛の曲が流れてきたため、驚いた視聴者も多かった。確かに歌詞を子供のことを思っている親目線で見られないこともないが...。

というので、利権構造の中に取り込まれていないNHKの育児番組あたりでは使われたりするわけだ。そんな曲を、ウクレレの名手ヤンさんが中国風にアレンジしてカバーします。

乾海子郷橋

| コメント(0)




【Aerial China】四川省だが、巨大な鉄橋です。中国は世界を相手に儲けたカネでインフラ投資を積極的に進めている。日本は世界を相手に儲けても、カネを国内に投資せずに、みんな海外ODAに貸し付けている。もちろん中国にもw 「乾海子郷は、中華人民共和国四川省涼山イ族自治州会東県の管轄下にある町レベルの行政単位です。」というので、まぁ、とんでもないド田舎である事は間違いない。採算を度外視して山奥にこれだけのインフラを整備する。中国では為政者は治水工事などのインフラが大事だというのをよく知っていた。

レッサーパンダ

| コメント(1)




【一只小熊猫Panda】一只小熊猫というのはレッサーパンダの事らしい。猫やパンダを名乗る踊り手さんは多いが、レッサーパンダはちょっと珍しい。けっこう地味だけど可愛い顔してて、割と好み。今回は衣装もいいね。レオタードみたいなのを下に着て、その上から透けた旗袍。決して露出度は高くないけど、そそる。裸足で踊ってるのもいいですね。

枇杷のケーキ

| コメント(1)




【野小妹 wild girl】さて、枇杷です。ところで関係ないがおいらのYouTubeは何故かブラジャーの広告ばかり出てくるんだが、おいらはブラジャーは使わないので、出さないでくださいw 枇杷というと日本では梅雨時の風物詩なんだが、そうだね、GWも終わってそろそろ梅雨だ。伊豆では土肥の白枇杷というのが名物で、美味しいので知られているが、生産量が少ないので市場に出回るほどはない。また、他の地に移植すると味が変わって普通の枇杷になってしまうというので、土肥に行かないとなかなか食べられない。さて、煮た枇杷を使って枇杷のケーキです。中国人の作るケーキは美味しそうだね。お爺ちゃん誕生日ですw まぁ、爺になって誕生日というのは特に目出度くもないがw

ベースが壺

| コメント(0)




【หมอแคนอุ้ม Channel】ケーン名人のお姉さん、ベースが壺、というのが何とも。壺にゴムを張って弾く。音程は壺の容量で決まるのか? 壺の中に砂かなんか入れて容量を変えて、音程が調節できるのか? 太鼓の方は「ロングドラム」と呼ぶんだが、容量と長さとで微妙な音程が決まる。叩き方でも音が変わる。こういうのは単純な楽器ほど奥が深い。




【紫颜】伝統的な中国舞踊の若手No,1なんだが、こうい「踊ってみた」系の踊りもよくやっている。まぁ、そこそこの年齢なんだろうけど、脚がムチムチして色っぽいです。しかし見事につんつるてんの衣装で、素晴らしい。色々と見せ方を工夫してます。オトナの女が無理して少女ぶりっ子やってる生臭さがなんともw

怪力乱神

| コメント(0)




【桃桃】孔子は「怪力乱神を語らず」と言って、妖怪とか幽霊とかを否定したが、中国の庶民はそういうのが大好きで、この幽霊songも大ヒットですね。特に踊り手さんの想像力を刺激するらしくて、踊りの腕だけでなく演技力も必要とされるので、この娘も頑張ってます。踊りはキレが良いので、かなり本格的にやってる人だろう。カメラワークも巧みです。怪力乱神はいいねぇw




【よっちゃんねるBangkok】タイで人気の炭火焙煎コーヒーなんだが、行ってみたら日本人がやっていた、という話なんだが、残念ながら今はコロナで閉店中。タイでも炭火焙煎なんかやってるのはこの人だけらしい。ちなみに焙煎機とか設備はウチのほうがちょっと大きいけど、基本的には同じような工程です。プーケットで8年間やっていたというんだが、例によってコロナで観光客がこないので閉店、バンコクに移ったものの、今ではしばらく休業して日本に帰国しているようだ。

小さい急須

| コメント(0)




【奋斗派派】ウチの中国茶も良い売れ行きで毎度ありーなんだが、中国茶を飲むんだったらぜひ、「小さい急須」というのをひとつは揃えてください。小さい急須に茶葉をたっぷり、小さい杯で何煎も何煎もというのが基本で、日本の深蒸し茶とは淹れ方がぜんぜん違う。高いものである必要はない。このオヤジが紹介しているのは何万円もするクラスの作家物なんだろうが、ヤフオクで「煎茶 急須」で検索すれば、煎茶道で使われたとおぼしき本格的な急須が2000円くらいで買えそうなので、その程度でいい。湯呑はおいら、小ぶりのそば猪口をもっぱら愛用している。




【卿斗qingdoujiang】何度かここでも紹介した事があるんだが、まぁ、普通の「踊ってみた」系の娘です。サマータイムは人気のある曲で、日本のTVなんかじゃ全然聞かないんだが、中国、東南アジアでは人気がある。カバーを演奏したり、歌ったり、踊ったり。あっちの若者は与えられたモノを自在にアレンジして自分のモノにして楽しんでますね。JK制服風のセーラー服が似合ってます。




【secciya】例のおばけダンスなんだが、ペアで踊っているのは珍しい。踊りが完全にモダンダンスで、中国らしくないw それにしてもこういう妖しげな踊りにしては兄ちゃんの顔が茫洋としすぎていて、らしくないなぁ、もっと妖しげなオトコを連れて来いw




【Anh Phuong】例の、名前表示がなくて正体不明のチャンネルなんだが、可愛くて色っぽい、イイオンナです。腕にひっかけた薄衣のゆらぎとか、羽織った薄衣のゆらぎとか、計算しつくされて、イイオンナを表現している。中国舞踊というのはまさに、「イイオンナ」を演出するためのマジックです。でも、この振り付けはデカいオッサンがやっている、というのは内緒だw

| コメント(3)




【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】葛根と書いてくれれば、ああ、葛ね。とすぐに判るんだが、ITが変な翻訳をして「カッコン」と表記されるので、かえって混乱する。まぁ、葛根湯の葛根もコレだが。スライスして乾燥させ、あるいは茹でて齧っているね。山で採ってきた酸っぱい蜜柑の中身をえぐって、皮に米を入れて乾燥。米は蜜柑のカタチを保つためのもので、皮が乾いたら中に葛粉を詰めて保存。葛根を細かく切って擦って、水溶液を作る。ソコから水分を抜いたのが葛粉です。葛粉と里芋を合わせて練って皮を作り、饅頭。くずきりは雲南省らしく辛いタレで。葛粉を使ったお好み焼き。葛料理の色々です。




【卿斗qingdoujiang】この時期になるとなんたってこの曲、summer time。JKっぽいセーラーの制服で、元気よく、可愛らしく、ところが問題はスカートの中で、ズロースみたいなのを穿いているんだろうが、中国共産党の指導により、ボカシw 短パンみたいな色気のない黒い安全パンツを着用すべし。ちゃんと毛沢東語録にも書いてあります(嘘




【隔壁林妹妹】桜桃の季節。豚バラの焼肉をチェリーソースで、といったらフランス料理みたいだが、無造作に絞って掛けるだけw 種を抜いた桜桃を肉で巻いて。意外に合うかもしれない。それにしてもこの娘のシリーズはマンネリのワンパターンで延々と、よくもまぁ、続きますねw 




【香菜猫饼】私事で恐縮なんだが、今日はおいらの誕生日で、憎まれっ子世に憚りながらポンコツだけど生き延びております。それにしてもいい年齢して少女ぶりっ子を貫き通して「中年少女」と自ら名乗る猫餅さんにあやかって、これからも「憎まれっ子世に憚る」魂を忘れず生きて行きたいと思いましたマル。と、ところでここで関係ないけどポケモン開発者の話。前にも書いたけど、新聞配達しながら独学でコンピュータを学んだ残留孤児だった人だが、

11月には最高気温さえ氷点下となる野山を逃げまどい、逃避行の果てに幼子たちは皆、命を落とした。自身も足の指の大半を凍傷で失い、山小屋で気を失っているところを中国人の 石相臣シーシャンチン さんに助けられた。志津さんは、やがて相臣さんと再婚し、2人の男の子を産んだ。

亭主と生き別れになって中国人に助けられた日本女性が、日中国交回復後すぐに帰国して死ぬんだが、その13年後に黒竜江省で生まれたのが、彼女の孫にあたる男の子で、

信号機も見たことのない小さな村で、土とわらでできた家に住んだ。薄いトウモロコシ 粥がゆで腹を満たし、飼っていた豚をつぶして作る餃子ギョーザ が年に1度のごちそうだった。

この一家は残留孤児の子孫だったのでその後日本に移住するんだが、ポケモン開発者はその時9歳、日本語はしゃべれず、それでもゲームだけは友だちと一緒に楽しめて、貧しかったので新聞配達をしながら苦学して信州大工学部へ進み、Gppgleに入ってゲームクリエイターとなる。まぁ、日本の多くの庶民が満州で体験した難民の、その末裔のひとりが功成り名を遂げる、という、ポケモン出世譚の一席、読売新聞のサイトでやってます。

演歌の花道

| コメント(1)




【น้องแก้มปฏิญญา Channel】ノンケムちゃんです。4年ほど前なので、まだ子供ですね。でも歌はもう一人前。

Nong Kaem Paninya Khammaは、ワットプラタートノンブアで開催された仏教徒の貸し出しイベントで歌うようになりました。ウボンラーチャターニー県

タイのいちばん東にあたる地域で、ラオス、カンボジアと国境を接していて、「エメラルド・トライアングル」と呼ばれる。ゴールデントライアングルと違って、麻薬とかゲリラとかあまり関係ない、のどかな農村地帯です。ノンケムちゃんはイサーン系のモーラムではなく、北方系のルークトゥンの歌い手なんだが、イサーンでもルークトゥンは人気がある。この動画は2時間くらいあるんだが、このペースで銭がカゴに投げ込まれたら、ずいぶん儲かるだろうw 児童虐待w まぁ、この手の演歌とか、本人が物心つかないうちから強制的に唄わせ、稼がせないと、本物の演歌は身につかない。藤圭子は盲目の浪曲師の父親の代わりに、よちよち歩きの頃から盛り場を母親の三味線で流して歩いた。その娘の宇多田ヒカルは、9歳の時から父母のレコーディングに付き添ってスタジオ入りし、バックコーラスを担当していた。「好きだからやる」のではない、好き嫌いの出ない白紙のうちから叩き込むのだ。それが演歌です。

スクール水着

| コメント(0)




【CWT49 cosplay-04】中国界隈でもスクール水着というのは一部で絶大な人気があって、とは言え中国では動画サイトの規制にひっかかるのであまり多くはない、これは台湾のコスプレイベントなので、規制はゆるやかだ。一般的に中国本土では女の子の水着も、股間が隠れるようにスカートみたいなのが付いたタイプが多く、身体のラインが丸見えになる競泳水着やスクール水着は流行らないようだ。それにしても台湾のオタクたちも元気だねw

南方舞蹈学校

| コメント(1)




【南方舞蹈学校】東莞市にある学校で、小学校を卒業してダンサーの途へ進もうという少女たちが入学して、中学、高校、大学と、10年間の修業に励む。全寮制で厳しいらしい。

サザンダンススクールは2007年に設立された私立中学校であり、学校は軍事管理、厳格な学校規則を実施しています。 しかし、多くの教師は、彼らが育てているのはダンサーではなく、子供のソフトローンチとジャンプだけを気にする学校だと言います。 南部舞踊学校を卒業した女の子は、寮にある中学校の話をすると、悪夢に過ぎず、何も面白くないと言っていました。
中国人は「肉体改造」に熱心で、昔から宦官とか纏足とか盲妹とかいろいろあるんだが、こういう娘たちを大量に養成しているので、上海雑技団とかオリンピックとか、強いわけですw




【李再媚】この娘はひさしぶりかな? 更新はしているようなんだが、いつも山をほっつき歩いて釣りしてるだけなんでw さて、よく出てくるレストランなんだが、彼女はパートとかじゃなく、経営者の親族らしい。ここらへんの関係性はよくワカラナイ。時々手伝っているようだ。中国に天皇誕生日や憲法記念日があるのか知らんが、ちょうど今の時期、GWだそうで、レストランはお客さんが多い。100組以上の客が1万円ずつ使っていくというので、大したもんだ。沈んだ観光船の社長はズブの素人で、経営を任されたら1日100万ずつ入ってくるというので調子に乗ったらしいが、知床観光船なんて一年通して見たら、運行できない日のほうが多いんじゃないのw おいらよく言うんだが、「客は冷凍してとっておけない」w




【あるきちの中国茶日記】東方美人茶の飲み比べ、というんだが、中国茶は高いヤツは天井知らずに高くて、ここでも100g10万円だ。一方で安い方は100g3000円というから、日本茶だったら最高級クラスだ。一般的に中国茶は高いです。まぁ、安心して常用できるクラスで100g3000円というのが基準で、ウチのはちょっと安いけど、品質は値段の割にはそこそこw しかし中国茶を飲みつけていると、日本のお茶がいかにダメなのかが理解できる。日本人は金持ちじゃないのか? なんで日本じゃ100g千円のお茶が「高級」なんだ?

中国急須

| コメント(1)




【Clay Purple】中国茶の淹れ方というのは色々あるんだが、もちろん急須も使う。日本と違って小さい急須です。手のひらにのっかるくらい。ずいぶん緻密な作り方をしていて、手作りだと一日に何個も作れないだろう。作家物だと新品でも数万円。その作り方動画です。一般的に日本の陶磁器製造では、こんな緻密な作り方はしないもんだが、まぁ、常滑あたりのいいところでは違うのかも。おいらは数十年前の常滑産小さい急須を持っていて、有名な窯元の作家物なんだが、数万円。惜しくも蓋を割ってしまって、どうしようと思っているんだが、高い、作家物の良い急須というのは非常に使いやすいです。中国急須もいいのが欲しいな。

音響屋台

| コメント(0)




【ต๊อดต็อง บันเทิงศิลป์】スピーカーやアンプなどの音響機器をリアカーみたいなのに積んでパレードを賑やかに騒々しく彩る音響屋台というのは今までも見たが、これはその進化系で、屋台にドラムセットまで収容してます。屋台にドラマーが乗って、そのくせエンジンがついてないので人間が手でひっぱるという、いかにもタイの田舎ですw




【野小妹】蒜苔(garlic moss)って何だろ? と思って画像検索してみたら出てきたのは「ニンニクの茎」だった。唐辛子やらドクダミの根っこ、生姜、などとともに、砂糖、四川胡椒、醤油で漬ける。ソラマメは水を加えてフードプロセッサでクラッシュ、生のニンニク茎は、細く割いて麺のように仕立てたり、ベーコンと炒めたり。クラッシュしたソラマメは茹でて固めただけでゼリーのようになる。色々と日本人の知らない調理法を披露してくれます。





【あるきちの中国茶日記】金萱茶というんだが、「ミルクの香りがする烏龍茶」として知られていて、それなりに、というか、相当、値段の高いお茶なんだが、なかなか難しいお茶で、「香りが強いのは安物か偽物」というので、中国茶は奥深いものがある。ところが台湾ではこれが観光土産として白人によく売れるんだが、白人は臭いのが好きで、微妙な香りというのが理解できないので、白人向けには人工香料を添加してキョーレツなのを作るわけです。あるいは若い樹は香りが強いので、そういうので。まともな金萱茶のミルク臭というのは極めて微弱で微妙なものです。さて、ウチの乳香烏龍茶、この、台湾の金萱茶と同じ品種の樹で、同じように作っている。いわば偽金萱茶w よく出来たお茶で、「ミルクの香り」というより、ミルクを入れた紅茶のように、まったりと柔らかい味です。


<北タイ乳香烏龍茶100g>税・送料込み 2000円

自作多情

| コメント(0)




【单色舞蹈】ここは中国で全国的なダンススタジオをやってる会社で、武漢のメンバーらしい。なかなか良い出来の動画です。中国本土では長く、「歌謡曲」というのがなかった。あったのは共産党のプロパガンダ文化だけで、人々を楽しませる映画も歌謡曲もなかった。それが、改革開放でやっと大衆文化というのが始まる。香港も台湾も市場が小さすぎて、大衆文化が発展するのは難しく、アグネス・チャンやテレサ・テンが来日したのも、あちらの市場では限界があったからだ。その頃の日本は、東アジアの市場においてはもっとも巨大で、それだけにトレンドを引っ張る存在だったんだが、この曲が流行った、日本で言えばバブルの時代から、中国の大衆文化市場もどんどん成長する。そうなったらもう、日本は追いつけないね、なんせ人口が10倍だw





【ゆにわチャンネル】コーヒー専門店でのコーヒーの淹れ方というんだが、作業の手順というのはおいらと変わらないが、細かいところでずいぶん違う。まずは挽き方なんだが、おいらのミルも同じメーカーなんだが、粗さは1.5と、かなり細かいし、コーヒー一杯に使う豆の量は10gというのが基準だ。今風のこういう淹れ方はどちらかというと「アメリカン」寄りで、香りは立つが味が薄い。おいらのスタイルと比べると、豆の無駄遣いに見えてしまうw おいらの方法では、抽出に3分かける。まぁ、欧州風とか米国風とか、それぞれに理論があり、理由があり、香りを活かすか味の深さにこだわるか、そういう微妙な違いがある。なので、同じ豆、同じ器具を使っても、ヒトによって味が違う。自分がどの方向を目指しているのか、それをワカラナイまま漠然と淹れてちゃ駄目と言うことだ。

自作多情

| コメント(0)




【李語蕎Hathaway Lee】自作多情というのは「思い込みが激しい、片想いなのに強引に迫る」といったような意味で、1988年の香港の周 慧敏ビビアンチョウのヒット曲だそうだ。この曲は旗袍で色っぽく踊る人が多くて、ダンサーに人気なんだが、ハザウェイ・リーさんもやるのかと思ったら、まだプロトタイプらしい。「続く」だとさw




【龙梅梅Longmeimei】なんか白い花を採取して調理してるんだが、調べてみたらとんでもない代物だったw クララというのが和名だそうだが、「根っこを噛むとクラクラするほど苦い」のだそうで、眩草(くららぐさ)。しかも有毒ですw

名の由来は、根を噛むとクラクラするほど苦いことから、眩草(くららぐさ)と呼ばれ、これが転じてクララと呼ばれるようになったといわれる[6]。地方により、キツネノササゲ(狐の大角豆)という方言名でも呼ばれている[7]。
全草有毒であり、根の部分が特に毒性が強い。ルピナンアルカロイドのマトリンが後述の薬効の元であるが、薬理作用が激しく、量を間違えると大脳の麻痺を引き起こし、場合によっては呼吸困難で死に至る。素人が安易に手を出すのは非常に危険である。

今夜の料理はクララ尽くしなんだが、大丈夫かよ、メイメイさんw 熱を通すと無毒化されるのか、それとも中国人にはクララの毒は効かないのかw




【びっくりチキン演奏】チキンのオモチャが唄う、というんだが、まぁ、実際にはこのオモチャで精密に音程のコントロールも出来ないだろうから、シンセサイザーかサンプリングが、そんな技術を使って作られた音だろう。なかなか凝っていて、ハモるところなんか絶妙w




【二米炊烟】チャイニーズ・ザワークラウトというんだが、青物が不足しがちな季節のため、一度にたくさん採れても出荷するわけじゃない、自家用なので保存するため、中国人というのは保存食料を作って溜め込むのが好きで、まぁ、食品の保存性が良くない熱帯アジアとはその辺がちょっと違う。また、都会のヒトもあまり食料溜め込んだりしない。コロナ禍の上海では大騒ぎになっているらしいがw さて、牛肉を茹でて、キャベツの酢漬けと炒めます。老壇酸菜和川味回鍋肉だそうです。




【咬人猫】この丹青という曲は彼女の新曲で、踊ってないバージョンは以前にも紹介したんだが、改めてダンスバージョンを。彼女の唄もなかなか良いですね。ちんちくりんだけど。唄が上手というのではなくて、いかにもアイドル歌謡らしい雰囲気を作り上げている。ちんちくりんだけど。これでアイドル専業ではなく、フルタイムの本業があるというんだから凄い。というか、会社にこんなOLがいたら仕事が手につかないぞw ちんちくりんだけど。

柚香ちゃんねる

| コメント(1)




【柚香ちゃんねる】日本の娘としてはなかなか作りの良い動画で、どこの港か、豪華客船をバックに超ミニで踊ってます。なんか凄いなぁと思ったら素人じゃない、ピグマリオンというアイドルグループの新メンバーだそうで。知らんがなw 4月1日にアップして204回視聴なので、まだまだですねぇ、まっ、こうして中国の素人アイドル動画の影響で、日本のプロも頑張っているようです。




【บิ๊ก ทศพร OFFICIAL】いつものパレードかと思ったら衣装がなんだかアカデミックなんだが、実はマハーサーラカーム音楽学校のイサンのフォークミュージックグループだそうです。音楽学校には大学は、多くの熟練した弦楽器と弦楽器のコンボバンド、そして交響楽団があって、現代音楽とフォークミュージックの専門知識を持つ卒業生を生み出しているというので、まぁ、芸大に和楽科があるように、タイの音楽学校にはタイ音楽科があり、イサーンの音楽学校にはイサーン音楽専攻がある。さすがにお上手ですw 演奏のラストがテンションコードで終わるところなんか、ちょっとこざかしいw




【ปลากระป๋อง Academy】プラーガポン、タイ語で魚の缶詰という名前の学校だそうで、アユタヤらしいが、学生たちの演奏です。サマータイムはタイ語の歌詞もあるようだが、歌詞を見ながらたどたどしく日本語で歌ってます。軽音楽サークルみたいなもんか。タイ語の歌詞バージョン。

大声钻石

| コメント(0)




【ナナ斉藤】日本娘か? と思ったら、中国です。まぁ、中国からアップされた動画だからって中国人とは限らないが。日本の若者文化が好きで、日本人ぶりっ子している娘はたくさんいて、主にアニメなんだが、その熱心さは日本以上みたいでw アニメ系のコスプレも、こういう踊りも、日本娘以上に熱心で本格的だ。曲は上海AKBの新曲らしい。

「大声钻石」は、2022年4月1日に新汇集团上海声像出版社から発売された、AKB48 Team SHの7枚目のEP[1]。

刘浩存

| コメント(1)




【Amazing Dancers】コンテンポラリーダンスというんだが、今風のモダンダンスだね。中国は凄いね。これだけの腕でこれだけの美人ダンサーとなると日本にゃいないわ。それにしても美人だと思って調べてみたら、それもそのはず、売出中の女優さんだった。

2000年5月20日に吉林省通化市輝南県で 生まれたLiuHaocun (物議を醸す、1998年 [27] )、祖先は吉林省長春市 [34] で、中国本土の映画とテレビの女優です。 、北京ダンスカレッジを卒業。
2018年、スクリーンデビュー作「OneSecond」 [1] に出演 。2020年に長編映画「ワンセカンド」 [3]に出演し、エンターテインメント業界に参入しました。12月には、映画「ワンセカンド」 [4] で映画チャンネルMリストの年間最優秀俳優賞を受賞しました 。 2021年11月29日、LiuHaocunは第34回中国金鶏百花映画祭で最優秀女優賞にノミネートされました [49] 。

22歳か、24歳という疑惑もあるらしいが、という売出し中の女優なんだが、彼女のベースになっているのはモダンダンスで、幼い頃からダンスの英才教育を受けている。こういうのは日本とは比較にならない。毛沢東時代からロシアバレエの技術を取り入れて、革命劇とか革命オペラのために美人ダンサーを国家的に養成してきた国だ。

娜珉

| コメント(2)




【娜珉老師的舞蹈教室】Naminという娘らしい。お馴染みのサマータイムだが、顔がたっぷり拝めるような構図で撮ってます。耳なのかリボンなのか、髪飾りが可愛い。顔もそこそこ可愛い。日本娘と違ってあっちの娘は堂々と、何のてらいもなくこういう「アイドルぶりっ子」を自力でやってのけるから凄い。日本の子なんか、他人に仕立てられて、集団でチーパッパしか出来ない幼稚園児だ。




【二胡 ERHU LUYIFEI】韓国の胡弓弾きらしいが、顔が穏やかで好感の持てる感じのお姉さんです。鹿と戯れながら弾いてます。胡弓という楽器はバイオリンと似ているんだが、バイオリンのような押し付けがましいところ、けたたましいところがなくて、音色が穏やかで良いね。

見せるのが好き

| コメント(0)




【希希Abby】露出狂的に見せるのが好きな娘で、以前にも中国としては珍しいほどの素晴らしいパンチラを披露してくれたんだが、今回の衣装も凄いね。中国での絶対規制である安全パンツは守りながら、その上からパンストと、ハイレグのレオタードで三重の集中線を描いて観客の意識の全てが股間に、という、素敵な確信犯ですw 踊りも中国的ではない下品なKPOP風で、その割に顔が素人っぽくて、そこがよろしい。




【Khói Lam Chiều】海辺の街に来たお姉さん、乳液塗って散歩。ローカルな食べ物楽しんで、再び乳液。というわけで、今回はスポンサーがついてますw ベトナムはコロナ事情はどうなのか、マスクしてる人も多いようだが、マスクなしも多い。タイでもそうなんだが、あっちの娘というのは海に行ってもなかなか水着にならない。普段着でパラソルの下、ビールを延々と飲むだけw いつもはスイミングクラブで泳いでるくせにw というわけで、この動画でもお姉さんの水着姿は拝めませんw

スリコッタブン

| コメント(1)




【เทคเกอร์ ออดิโอ】テイカーオーディオという会社のチャンネルだそうで、お祭りのパレードのミュージシャンなどを派遣する仕事をしているようだ。ここでは女の子をたくさん抱えていて、お祭りのパレードの賑やかしに踊らせる。そういう意味では「プロの芸能人」なんだが、踊りは何ともバラバラで締まりがないw 

スリコッタブン は過去に偉大な王国でした。メコン地域の王国 王国の中心 ナコンパノムとサコンナコンで

歴史のスケールがあります スリコットブンが繁栄したとき 平和な国、芸術は繁栄している 大小の都市での音楽とダンスの芸術は繁栄し、非常に人気があります。

菅柄の踊りとして伝統的なすべての女性を使用し、揺れる、投げる、揺れる、敏感な、音楽のリズムと踊りの動きは繊細で美しく、知事の前で行われる高レベルのパフォーマンスに値します。

SriKhotboonパターンです または「風が吹く竹」とも呼ばれます(風が前後に動くときの竹のように、メロディーが揺れるので風が吹く竹と呼ばれる理由)そしてメロディーの中のより細かいトリックで はためく ほっそりした笹の葉が風になびくように)

いずれも揃いに揃ってうっとおしい髪型でコロコロした体型の少女たちで、途中、男が札を渡しているんだが、たいしてギャラも貰ってないので、どうかお客さん、チップあげてね、喜ぶからw というアピールですw




【Maxley Acoustic Cover】マレーシアの人だそうだが、サマータイムのカバーです。踊り手さんだけでなく、曲としても人気があるらしい。日本ではTVでも一度も聴いた事がないw  いかに日本のマスコミというのが特定業者の利権で凝り固まっているかw 最近では「ヒット曲」というのがネットから出てくる素人ばかりです。ズブの素人がいきなり「何百万ダウンロード」とかで話題になり、やっとマスコミに取り上げられるw TVは既にその役割を終えた。

シャン族

| コメント(1)




【JYK789 Official】シャン族の踊りらしいんだが、シャン族といえばビルマなんだが、民族的には大タイ族で、ビルマ系ではない。東南アジアというのは国を形成するに至らない少数民族が多くて、シャン族というのもその一つだ。

シャン族(大タイ族という呼称も知られている)は、昔年中国の雲南省から東南アジアに広がっているタイ系諸族の一つである。シャン語でシャン州の名称はムアンタイで、ムアンは「国」、タイは「シャン人」を意味し、「タイ国」と日本語に翻訳できる。

おいらはシャン族の巨大な仏像を持っていて、等身大より大きいほどなんだが、乾漆仏なので重くはない。お祭りには神輿にして練り歩くらしい。高田馬場の駅前にはシャン族の溜まり場になっているビルがあって、いわゆる「ビルマ難民」というのも、多くが少数民族だ。こうしたゆったりした踊りを眺めながら、誰が一番美人か、ニヤニヤしてしながら刻を過ごすというのもアジアの愉しみ方だw ちなみにダラダラと1時間も続くので、5分見りゃ十分だ。現代人は忙しいのだw




【Amazing Dancers】中国でもポールダンスやってる人はいるようなんだが、街頭でやっているというのは凄いね。さずかにベースはしっかり固定されているんだが、上が室内と違って固定されてないんで、フラフラしてヤバそうw 衣装はお定まりの黒の安全パンツとスポーツブラなんだが、それでも街頭で披露するには十分に色っぽいです。 深圳の街角ではこういうのが見られるのか? だとしたら中国というのはなかなか良い国ですw

茉莉花茶農家

| コメント(1)




【台灣1001個故事】台湾の茉莉花茶農家の様子です。ご覧のように大量のジャスミンの花を混ぜている。高級茶になると、それを何度も繰り返す。けれどフルイにかけるので、基本的にジャスミンの現物は製品には残らない。わざわざ混ぜているのは、むしろ安物だから。と、これがジャスミン茶の基礎知識。安いジャスミン茶は濃く淹れると苦味が出るが、良いお茶は濃くしても苦味が少ない。福建省が一番大きな産地だが、台湾や広西省も有名。ウチのジャスミン茶は広西省産です。
<中国産ジャスミンティー 100g>税・送料込み 1800円

ムチムチトフィ

| コメント(4)




【慕慕有奶糖】ムームートフィちゃんです。ムチムチトフィですw 中国の踊り手さんとしては肉付きが良い。顔は美人というわけではないが、これくらいブスの方が「安心して欲情できる」というので、人気があるようです。なんだよ「安心して欲情できる」ってのはw

咬人猫

| コメント(7)




【咬人猫】咬人猫さんというと、新宝島が良かったんだが、二人で踊っている美人の方ですw いかにも中国娘らしいほっそい娘で、スタイルが良い。顔も美人。

この曲は去年夏の時に好きになった曲です、夏の時に夏をぴったりな曲を踊りたいですが、いつも間に合わなくて、やっと今年が完成しました!(投稿した今は秋だけどw笑)。
みんなが私をずっと応援したのお陰でここまで出来ました。これからも色んな形を変えて、頑張るので、これからもよろしくお願いします(*´꒳`*)

日本のアイドルと違って、自分で自分のテーマを決めて、自分で手配して、映像作品を作る。団体でちーちーぱっぱ揃ってるナントカ48とか言う幼稚園児とは違う。自分が好きな事をやってるので、他人に言われてやっているわけじゃない、だから表情が明るく溌剌としていて、楽しそうです。




【伢伢Gagako】雲南出身の娘です。雲南の中学生時代から動画投稿をはじめ、その後、上海の名門大学に進学、エリートですw あまり化粧してないですね。ほぼスッピン。なんつーハイスペックな女だw 偏差値28のJKアイドルの日本とはレベルが違うw




今日は忙しくて記事を更新しているヒマがないので、そろそろ夏だし、SUMMERTIME の特集。ほっそーいお中華娘のSUMMERTIMEが似つかわしい季節になってまいりました。

【MAY SITAPHA】なんともイイオンナだなぁ、と思ったら、只者ではなかった。タイ人で、チュラロンコーン大学から早稲田に留学して、3カ国語(英語、タイ語、日本語)を話すことができる。兄弟は兄が1人おり、日本に留学している。という才媛で、チュラロンコーンというのは日本で言えば東大。日本でも芸能活動していて、NHK高校講座のレギュラー。なので日本語の発音も良いです。Facebookのフォロワーが27万人、自宅でクリスマスディナーといって載せられているのがコレだから、一体全体、どこのご令嬢かよw まぁ、芸能人というより、お金持ちの芸能人ごっこみたいなもんですw 日本にはこういうオンナはいないねw

肉を磨く

| コメント(2)




【隔壁林妹妹】300元で牛リブ肉買って、というんだが、6000円弱。最近は日中の物価差があまり開いてないね。中国では物価があがり、所得が増え、日本では物価があがらず所得が下がる。それもさすがに限界で、日本でも物価があがりはじめたが。「肉を磨く」というんだが、筋を取ったり、下準備を色々とやるんだが、日本の女の子じゃ、そんなの出来る娘はいないだろう。男でも出来ないヤツの方が多いw 中国人はそういう「野蛮さ」を残したまま先進国になろうとしているので、そりゃ、最強だわw




【TFP Tv】南アフリカらしいんだが、ご覧のように娘っ子らがおっぱい丸出しで踊っているんだが、土人なのでYouTubeに消されることもなく、これが白人だったら消されるだろうにw こないだ米軍の海兵隊バンド日本公演をBSで見たんだが、何十人もいるのに、全員が白人。よくよく見たら一人だけ、黒人がウッドベースを弾いていたw おいらが見た海兵隊バンドは横浜みなと祭りだったが、そこそこ黒人がいたのに。一軍は白人ばかりらしい。二軍は黒人が多いとか? まぁ、黒人にラッパ吹かせると、これでもかとばかりにデカい音をだすので、コンサート向きではないのかも知れないがw NHKが深夜に流すどーでもいーような環境映像で、南太平洋の島の景色をやっていたんだが、そこでも未成年っぽい娘っ子らがおっぱい丸出しで踊っていた。人種差別だ! 東洋人や日本人のおっぱいも見せろ!




【Nanka南】なんとも男好きのする衣装でぴょんぴょん。お色直しも頻繁で、サービス精神旺盛なオンナの子です。だが、ちょっと待て! 中身は中身は由美かおるだったり、安達祐実だったりするかも知れない。中国人の「少女」というのはあてにならんw 撮影場所は西安だそうです。

段将軍

| コメント(2)




【Tripresso旅遊咖】台湾の旅行会社がやっているチャンネルのようだが、タイ北部、ドイ・メーサロンの紹介動画です。国共内戦でオトリとなって蒋介石本体を台湾に逃し、自分たちはジャングルの奥地に逃げ込んだ段将軍率いる部隊は、阿片栽培で食いつなぎながら辛うじて生き延びる。やがて、阿片は良くないというので禁止され、武装解除を条件にタイの国王から土地を与えられ、台湾の援助と協力で、凍頂烏龍茶を作り始める。治安の悪い地域なので、彼らの村のとなりには国王母の家が建てられ、タイの軍隊が駐留していた。おいらが行っていたのは村が作られてから間もない頃からで、段将軍記念館の兄ちゃんと仲良くなって、偽凍頂烏龍茶をいつも買っていた。段将軍記念館の二階には段将軍の胸像があって、寄進した人の名前が台座に掘られていたんだが、そこには麻薬王クン・サーの名前もありましたw と、そんなわけで台湾が公民挙げて支援して作られたドイ・メーサロンの凍頂烏龍茶。ウチのサイトで絶賛発売中w
<凍頂烏龍茶(北タイ メーサロン産)>税・送料込み 1800円




【เทคเกอร์ ออดิโอ】村の若い娘っ子らを集めて、イサーン・ミュージックで踊らせているんだが、手をあげての盆踊りではなく、鬼歩舞ですね。中国では流行っているらしいが。幼児が踊りたがって混じりたくって邪魔したり。自走式のドラムセットとか、何とも味わいのある動画です。スッテップを踏むごとに胸が揺れる娘とかいて、不細工で胸の揺れる娘と、美人で揺れない娘と、どっちを眺めるべきかw




【閑居吟樂坊】「終電車」という台湾の歌謡曲のカラオケ動画に、ボーカルの代わりに胡弓を合わせた演奏で、胡弓というのは音程が微妙に不安定でゆらぐんだが、そこが西洋楽器バイオリンにない色気です。胡弓の音程が安定しないというのは、弦を押さえても指板がないので空中で押さえているだけ、そこがバイオリンと違う。胴が小さいので音も小さい。演歌の伴奏で使われる胡弓らしき音は、たいてい弱音器をつけたバイオリンです。西洋だったらテナーサックスとか、中国だったら胡弓とか、ヒトの声に近い、色気のある楽器というのはあるもんだ。





【izunoatami】太鼓叩きながら行進して、弦が三本の民族楽器を弾いて付いて行く、と言葉で説明したらイサーンのお祭りなんだが、これは下田です。太鼓祭りと言う。見てくれがいかに異なっていても、風俗の根幹というのは東南アジアでも日本でも大差ないという事で、それは太鼓パレードだけでなく、風俗習慣のあちこちに見られる。そうした違いや同一性について比較検討するのが文化人類学という学問なんだが、今まではそういうのフィールドワークが大変だったんだが、ネットの時代で、生々しい資料が目の前のPCからいくらでも溢れて来るので、いい時代ですねw

蓮根の収穫

| コメント(0)




【龙梅梅Longmeimei】蓮根の収穫というのは、強い水流で泥を飛ばして、残った蓮根を拾うんだが、中途半端でかたちの悪い蓮根はその場に残される。それを「鴨つつき」と呼びますw 中国も同じだね。蓮根は一年中あるので旬というのがないような気がするんだが、実は寒い時期が旬です。

れんこんは通常、9月下旬までに田んぼの中で成長を終えますが、その後そのまま田んぼのなかでしばらく寝かせます。
そうすることによって、れんこんのタンパク質が糖に変化し、れんこんの旨味が増します。
そのため、れんこんは収穫の時期によって味わいが異なります。

ということで、この時期の蓮根がもっとも粘りと甘みが強くて美味しい。精製して粉にした蓮根。スープや炒めものにはにはスライスした蓮根を。粉にした蓮根は砂糖を加えて練ると糊のようになる。オヤツです。




【咝小喵】何が凄いって、こんな格好して公共の場で思いっきり踊ってしまう根性が凄いとしか言いようがないんだが、凄まじいアイドル衣装で、これまた凄まじい黒くて長い髪で、付け毛かも知れないが、こういう髪型がお中華アイドルのデフォだということだな。実際、ショートヘアーの踊り手さんは非常に少ない。例によってほっそーい娘で、こういうオンナと寝ると、オルガスムスの時に素晴らしい腹筋の割れ具合を見せてくれるかも知れない。知らんけどw




【Isan Lam Ploen Channel】下田の夏祭りでは若い娘が三味線抱えて太鼓とともにパレードしたりして、鄙びた景色でなかなかの風情なんだが、そのためだけに普段から三味線習っている女子中学生とかいるようだが、まぁ、アジア人というのはどこでも似たようなもので、タイでも若い女子中学生がお祭りで三味線弾いてますw あだ名が「粗品ちゃん」15歳。とはいえ、粗品ちゃんはプロなので、ちょっと腕前が違うw ノッてくると、とてつもない速弾きを聴かせる。手数王w




【野小妹 wild girl】ずいぶんデカい冬瓜だ。冬瓜というのも有難みのない野菜で、ほとんど味がしないし、栄養がありそうにも見えない。さて、冬瓜を薄く削いで、乾かしてます。皮も。皮は苦そうだね。残りを立方形にカットして砂糖漬けに。冬瓜の砂糖漬けというのはアジア娘の動画を見て、おいらも作ったことがある。素朴で洒落たお菓子です。削いだ皮は「冬瓜茶」。削いだ身は、水で戻して料理に使う。定番は冬瓜のスープとかなんだが、さすが野小妹 wild girlさんだけあって、色々作ります。

嫦娥

| コメント(3)




【一只小熊猫Panda】不思議に色っぽいレッサーパンダちゃんなんだが、衣装がスケスケで素晴らしい。下に着ているのが、安全パンツと、上半身は通常、黒のスポーツブラというのが定番なんだが、この衣装は背中が大きく開いているので、ちょっと違う。こういう細かい気の使い方がこの娘の価値だ。嫦娥というから、「月に住む仙女」だ。というわけで、去年の中秋節にアップされた動画です。




【Isan Lam Ploen Channel】ファノムプライの粗品ちゃんです。2018年というので、中学生の時のソンクラン。14歳。太鼓隊のあとから、トランペット・スピーカー積んだリアカーで付いて行く。まぁ、これがこの娘の本業です。もう立派にプロです。路上では酔っ払いが絡んでくるので、楽ではないw おいらもストリート・ミュージシャンやってた頃には、「兄弟船うたえ」「すいません、出来ません、流しじゃないんで」なんて事がよくあった。そんなヒトコマ

八尾博士の幽霊

| コメント(1)




【นอนนา studio】Sakon Nakhon、Mueang地区の水遊び中に八尾博士の幽霊を育てる、というんだが、意味が皆目ワカラナイ。太鼓とケーンでリズムを刻みながら、水を浴びたり踊ったり。宗教儀式なんだろうが、タイのイサーン、サコンナコンという地域だそうです。Wikipediaによれば、

サコンナコーン県はコーラート台地のメコン川からさほど遠くない位置にある。県庁所在地郊外のノーンハーン湖は県民に人気のちょっとしたリゾート地である。面積は青森県とほぼ同じ。

というので、タイでももっとも田舎です。このチャンネルではこうした宗教行事を色々と紹介しているようです。




【wangtea 】あまり知られてないんだが、ジャスミン茶の作り方。緑茶に大量のジャスミンの花を混ぜてひと晩寝かせ、花は捨てる。それを何度も繰り返すので、実は途方もない量のジャスミンを使うわけで、それでいながら花は捨ててしまうので完成品にはジャスミンの花はわずかな欠片しか混じってない。安いジャスミン茶でわざとらしく白い花が混じっているのは、視覚効果を狙ってやってる安物の証拠でしかない。良いジャスミン茶はこれからの季節、水出しが最高!

<中国産ジャスミンティー 100g>税・送料込み 1800円




【XTARドラマー】この連中、なんともグラムロック臭があって面白いんだが、好きなんだろうね、そういうのが。ところが現実にはまわりは田んぼばかりでライブハウスもなきゃ、ロックなんかやっても聴いてくれる人はいない。まわりは民族音楽モーラムばかり。というか、モーラムだったらいくらでも仕事があってカネになる。ロック好きのお兄ちゃんだったらモーラムの速弾きくらいはお茶の子だろう。何より聴いて踊ってくれる人がいて、カネになるというのはサイコーだw





【Jenna Norodom Official Music】ヤヤちゃんに引き続きカンボジアのロリータアイドルなんだが、こちらは「お姫さま」です。それも本物。あの有名なシアヌークの曾孫で、今の国王の孫。しかも父親がフランス人で、納得の美人。ちょっとオトナっぽくなったね。ヤヤちゃんよりは少し若い。ところでカンボジアのロリータというと話に出る少女売春村なんだが、今はもうないんだが、あすこで身体を売っていたのは、ベトナム人ですからw

 3500円(税・送料込み)
<カネサ鰹節商店 「田子節花かつお」10pcセット>

本枯れ節は、何度も何度もカビ付けをして、それを磨いています。手間と時間のかかる作業ですが、その手間によって、鰹節内部の水分が完全に除去され、香り高い日本一の鰹節になります。本枯れ節は全国の鰹節生産量のわすが1パーセントとも言われる貴重品。その本枯れ節を、仕上がってすぐに削り、新鮮パック致しました。



https://www.netguerrilla.net/




【Laor Hours】ヤヤちゃんです。13歳です。カンボジアのロリータアイドル。有名な俳優の孫娘だそうで、活発に芸能活動をやっている。美人です。薄汚いオヤジと共演w カンボジアの音楽に合わせて汚いオヤジがラップw 中国とか東南アジアの連中って、欧米文化をそのまま素直には受け入れないんですね。なんかローカルにアレンジして奇妙なモノを作り上げるw




【Give eesan music】粗品ちゃんがギター弾いて、お仲間が歌い、カホン叩きます。モーラムではなく、普通の歌謡曲だね。まぁ、こういう娘というのはたいてい父親もミュージシャンで、幼い頃から音楽を叩き込まれてお祭りの行列なんかに雇われて稼いでいる。文明国の先進国と違って、音楽イコール稼ぐ、という生活なので、生活の中に何の疑問もなく音楽が存在している。それにしてはみんな楽しそうにやってますw




【小萌才不天然】ほっそーい中国娘のブリブリとか金髪ウクライナ娘のメイド姿とか、思わず、「そりゃズルい、反則だ」と言いたくなるんだが、コスプレなんて行為は、「似合わない人がやる」から面白いのであって、中身がホンモノだったら遊びではなくなってしまうw さて、そんなアニメ少女まんまが人気のナンバーを踊ります。サマータイム。まぁ、体型と踊りの技術はともかく、これだけの衣装を用意して、これだけホンキで動画を撮るという行為が素晴らしいね。




【JINTARA CHANNEL OFFICIAL】モーラム歌謡の第一人者チンタラーです。男女が掛け合いで卑猥な漫才をけたたましく語る阿呆陀羅経みたいな演芸だったモーラムから、音楽的な歌謡曲へと進化させた。日本で言えば浪花節から演歌が生まれたみたいな感じだな。MVも演歌っぽいですね。




【กนกอร Official】粗品ちゃんと、妹と、友だちのKanokon Wongoudomちゃん。女の子バンドの練習です。何故かベースだけはどっかのオヤジ。なんかテキトーにいい加減にダラダラと演奏しているけど、こういうモーラム系の音楽というのは演奏時間が少なくとも30分。それもほとんど休みなしに続けて8時間というのが基本なので、気合い入れて弾いたりしない。ダラダラ弾く。手数だけは多いw キーボード引きのKanokon Wongoudomちゃん、この動画ではもっさりした冴えない女の子だけど、おめかしすると結構色っぽくてイケてる

チンタラー

| コメント(0)




【JINTARA CHANNEL OFFICIAL】チンタラーという人なんだが、おいらがタイをウロウロしている頃に18歳でデビュー。最初はタイ系の流行歌ルークトゥンを歌っていたが、やがてモーラムをベースにしたイサーン系の流行歌をヒットさせ、今ではタイでナンバーワンのモーラム歌謡のベテランです。18歳でデビューした彼女ももう53歳なんだね。そりゃ、おいらも年取るわけだw

幼少時より歌が巧く、コーンケン県のコンテストで優勝した後スカウトされ、モデル、ラジオのDJ、歌手としてデビューした。
学業にも優れ、スワン・スナンター大学(มหาวิทยาลัยราชภัฏสวนสุนันทา)で人文社会科学の学士号を取得して卒業。その後2004年にはローイエット大学(มหาวิทยาลัยราชภัฏร้อยเอ็ด)で芸術学部・演劇ドラマ学科の名誉学士号を取得している。
1987年にグラミー(ค่ายแกรมมี่)社から「学校に騙されて(ถูกหลอกออกโรงเรียน)」でデビュー。

おいらの記憶にもあるんだが、デビューした当時は少女アイドルとしてTVに出ずっぱりだったんだが、今でもあまりイメージは変わってないね。

下品で低俗とされていたモーラムをラジオなどで放送できるようにして、イーサーン地方以外に紹介した功績は大きい。それまでモーラムの歌詞は、男女が卑猥な台詞を掛け合いで歌うようなものが主流だったが、卑猥でないばかりか文芸的にも趣のある歌詞で歌った。また、要所にイーサーン語をちりばめたタイ標準語で歌う作品も発表し、モーラムの普及に貢献した。

こうした人がいて、語り物だったモーラムが「歌謡」になり、伴奏も「音楽」に進化した。




【Isan Lam Ploen Channel】ラムプルーンの女の子バンドw 粗品ちゃんがベースやってますね。元は語り物モーラムの伴奏だったのが、ルークトゥンなどのタイ歌謡の影響でイサーンの歌謡曲になり、それがラムプルーンと呼ばれる様になる。ちなみに「ラムプルーン」でgoogleすると、なんかお菓子しか出てこないw 「ラムプルーン+イサーン」で検索しないとw

タイではじめてルークトゥン・モーラムのコンサートを見るという体験をした翌日、その会場だったロイエットという町からバンコクに戻ったその日の夜。それは2014年の大晦日でした。この日、やはりTommy氏からいただいた情報で、バンコクについてすぐMRTバンスー駅近く(というほど近くない)にあるカフェー「イサーン・ラム・プルーン」に、チンタラー・プーンラープがやってくるという。

チンタラーというのはタイでもビッグネームの歌手です。デビューした頃はおかっぱの少女だったが、今ではおかっぱのオバサンですw




【Isan Lam Ploen Channel】ファノムプライの粗品ちゃん、なんか素朴でニコニコしてて、可愛い。ファノムプライというのはロイエットの端っこの地区で、ロイエットというのはイサーン中のインサーン、年に一度しか米が穫れず、貧しいところです。もともとピンというのはモーラムの伴奏楽器で、モーラムというのは音楽というより「語り物」であり、日本だったら琵琶法師とか浪花節の伴奏三味線、いわば曲師なんだが、そこから語りの部分を取り除いて伴奏だけを音楽として独立させ、あるいは「語り」ではなく「唄」にしたものが、Isan Lam Ploenらしい。知らんけどw なんとものどかな音楽です。

Lam Ploen

| コメント(1)




【Isan Lam Ploen Channel】Lam Ploenというのはイサーンの音楽スタイルのようだが、どういうものなのか、日本語でも英語でも情報がほとんどなくてよくワカラナイ。ピンを弾いている娘はアイドル的な人気者らしくて、なかなか愛嬌があるw 「粗品」という名だそうですw モーラムというのは語り物で、演奏はその伴奏なんだが、それをより音楽的に洗練させたのがLam Ploenなのか?

命あたえて

| コメント(4)




【Erhu Eilleen 二胡依琳】二胡アイリーンちゃんの2014年動画。この頃は19歳かな? まだ処女太りでムクムクしているw この頃彼女は公園で街頭演奏をして稼ぎながら、一家の生計と学費で必死だった。音楽の途に進みたかったが、幼い頃からやっていたピアノでは指が小さくて途を絶たれ、胡弓に転向。ここでは森進一の演歌「命あたえて」を演奏してます。あまり演歌は弾かない人なんだが、森進一の泣き節演歌をよく再現してます。胡弓は演歌に合うね。

カボチャ

| コメント(3)




【野小妹 wild girl】カボチャなんだが、まず、種子を抜いて取っておく。果肉は色々と調理。揚げたり蒸したり煮たり。餅にして揚げたり。ところで最初に取り出しておいた種子なんだが、もちろん中国人だからオヤツに食べるんだが、中国の伝統医学では駆虫薬として使われていたそうだ。

苦労人

| コメント(1)




【台灣啟示錄 】二胡アイリーンちゃんは胡弓で稼ぎながら音楽学校に通った、というんだが、実は最初はピアノをやっていたそうで、手が小さくて指が短いので諦めざるを得ず、胡弓に転向。胡弓なら指が短くても弾ける。実は、日本人でも指が短くて苦労するピアニストは多い。おいらも指は太くて短いので、キーボードは苦手だw この映像は2016年で、彼女が学費をせっせと稼いでいたころ。学費どころか家計も支えていたと言うから、苦労人です。地元のTVでの特集番組らしい。




【Erhu Eilleen 二胡依琳】二胡アイリーンちゃんです。この娘は結構苦労人で、胡弓を弾いて学費を稼いで音楽学校を卒業し、今も宴会などで弾いてます。若手の名人で、ここで弾いているのは殿さまキングス「浮草の宿」なんだが、演歌ならではの粘ばっこい小節回しをうまく再現してますね。フランス人のレコーディングディレクターが聴いたらゲロ吐きそうだw おいらの知人の胡弓弾きが加藤登紀子の伴奏やった時、胡弓というのは音程がピシッと決まらない曖昧な楽器なので、「キモチワルイ」と言われたそうだw




【民乐也疯狂CrazyFolk】成都第7中学の平均年齢13歳の少年少女たちです。中国では音楽学校は美人でないと入学できないので、こうした「楽器が弾ける」レベルの子どもたちから美人が選抜されて国立の音楽学校に進む。だから中国音楽のミュージシャンは美人ばかりですw 女子十二楽坊というのがあったが、「プロデューサーの王暁京によると、選考基準は音楽性のみならず容姿も重視している」というし、「「女子十二楽坊」の「十二」はメンバーの人数を指しているわけではなく、「中国で縁起のいい数字を使用したものである」というので、メンバーはもっと多く、生理休暇とか掛け持ちとか学業とかで欠けてもいいように予備が沢山いるw 見てくれ重視というのは、ミュージシャンだけでなく、ダンサーでも同じw




【Erhu Eilleen 二胡依琳】胡弓弾きのアイリーンちゃん。久しぶりなんだが、これは2016年にTV出演したときの映像で、日本で言えば「勝ち抜き歌合戦」的な番組で、羅平というモデルさんが出演した時の伴奏です。

Luo Ping (Mirza Atif Ali Baig 、1983年1月20日生まれ)は、顔の特徴が深いインド人と台湾人の半血です。彼の先祖はイラン出身で彼の名前の由来となり、2009年には台湾の歌唱タレントショー「スーパーアイドル」の第3シーズンに参加し、5位を獲得しました。

歌手、俳優、ホスト、モデルだそうで、 北京語、ヒンディー語、英語、泉漳語、アラビア語が喋れる。歌は「昴」ですね。昴は東南アジアや中国で物凄く流行ったんだが、北国の春なんかもそうなんだが、メロディーラインがアジア的なんですね。この「アジア的メロディー」の秘密を解き明かすと、ヒットメーカーになれると思うw アイリーンちゃん、胡弓は達者で、顔もかわいいんだが、脚が太いねw まぁ、ダンサーじゃないからいいんだがw




【龙梅梅Longmeimei】春の野で野草を摘んで料理。中国でも都会人口が増えて、こういう懐かしい生活をしている人は、もうほとんどいないだろう。だからこそ、こういう動画の需要があるわけで、日本と違って、まだ貴州省とか雲南省では、こういう生活が残っている。日本で言えば、田舎の人は都会に出稼ぎに行っていた時代。最近は出稼ぎという言葉も聞かなくなったね。代わりに「過疎化」とか「限界集落」とかw 政治家が将来設計を間違えたからだ。

下品なAKB

| コメント(2)




【Phetchaburi Dance】下品なAKBといった感じなんだが、実はAKBより古くからあるスタイルで、農閑期になると村を挙げて一座を組んで巡業に出るんですね。村中の若い娘総出でモーラムやルークトゥンと言ったローカル音楽で踊る。タイでは義務教育が小学校だけだったので、小学校卒業してから売春婦になるまでの数年間、仕事がないヒマな娘がわんさかいる。売春婦は18歳過ぎないと違法です。まぁ、今は義務教育がのびて、踊る中学生というのもなくなったがw 客が舞台にあがるようになったのは最近で、「フィトネス体操だ」という屁理屈で、風俗扱いを逃れているらしいw AKBも握手会なんかやめて、客も踊らせりゃいいw




【มยุรี ดาวกระจาย Channel】ビチTシャツ着ているのがいちばん色っぽいと思うんだが、いつものモーラムお姉さんです。ケーンを吹いてるのは何度か紹介している若手の名人。切れ目なしに延々、モーラムは続く。「一曲が3分数十秒」というのは、SP盤やシングル盤時代に作られた規格であり、本来の音楽、特にこうしたダンス・ミュージックというのは、延々と、踊り疲れるまで続くものだ。シングル盤のシカゴ・ブルースがどれもフェードアウトで終わるというのも、それを暗示している。で、モーラムなんだが、お寺の境内にステージが組まれると、夕方から始まって、延々と、明け方まで続く。なんせ暗いうちは夜道が危なくて帰れないw こういうオンナの歌手とオトコの歌手がペアで組んで交互に唄い、交互に踊り、ノンストップで8時間、と、交互にそういう芸能です。しかしこんな口数の多いオンナはちょっとイヤだなぁw

ココナツ

| コメント(0)




【野小妹 wild girl】海岸近く、背負いかごでココナツの仕入れ、というんだが、彼女は貴州省で、最寄りの海岸というと南下してベトナム国境、海南島近くまで300kmなんだが、そこはまぁ、それとして。ココナツの中に溜まっている水は、散々飲んだけど、妙に生臭くてそんなに美味しいもんじゃないね。ただ、スリランカで飲んだ「キングココナツ」は美味しかった。

キングココナッツ(英語: King coconut)は、南アジアのスリランカを原産とするココナッツの一種[1]。スリランカのシンハラ語ではテンビリ(またはタンビリ තැඹිලි Thembili, Thambili)と称される。
普通のココナッツよりも甘めな種である。

さて、料理に使うのは、内側の白い部分で、磨り潰してココナツミルクにしたり、フレークにしたり。




【มยุรี ดาวกระจาย Channel】一見、そこら辺にいそうな普通のオバサンなんだが、モーラム名人で、ステージではキンキラの衣装を着て華やかなんだが、こんな衣装でもスタイルの良さは格別ですね。俺は田舎のプレスリー的なスターですw 盲目のケーン吹きも、いつもながらに上手い。この人のケーンは色々と複雑な技巧を散りばめていて、他の人とは隔絶している。足元の犬が興味なさそうで、いい味ですw

首狩り族

| コメント(3)




【滇西小哥】あまり知られていない少数民族なんだが、ワ族です。クン・サーとともにゲリラ活動していたんだが、今でもミャンマー政府とは対立していて、武装解除はしてない。中国共産党から重火器の提供を受けて、実質的な独立を保っている。

ワ族(佤族, 拼音: Wǎzú, ビルマ語:ဝ လူမျိုး, IPA:wa̰ lùmjóʊ)中国南部から東南アジア北部の山間部に分布するアウストロアジア語族(南アジア語族)モン・クメール語派の少数民族。カンボジアのクメール人のように皮膚の色は黒い。竹で作った高床住居に住み、男性は黒いターバンで頭を包む。自称を「アワ」といい、近年まで首狩りの風習があった。

少数民族でも、中国系ではないですね。ワ州連合軍は兵力2万人、つい最近まで首狩りやっていたというから、なんか、21世紀の話とは思えないw




【香菜猫饼】アラサーの中年少女だけど、可愛らしく踊ります。脚はもちろん、胸元も大きく開いて、角度によっては胸の谷間も薄っすらと確認出来るのか出来ないのか、気のせいか? まぁ、この体型と美貌を維持しているだけで尊敬です。




【桃花源】おいらはここで紹介されているメーサロンのお茶を10年間くらい飲み続けていた時期があるんだが、値段の割にクオリティが高くて、台湾系の技術が導入されて美味しいです。本土は昔ながらの製茶法なんだが、台湾は製茶法が進化している。なんでそうなったのかというと、それには国共内戦とか麻薬王クンサーとか、小説が何冊も書けるほどのストーリーがあるんだが、日本ではまだほとんど知られていない。まぁ、お茶を喫むのに理屈はいらない。「メーサロンのお茶は美味しいけど割と安い」というそれだけ覚えておけば良い。ルートが出来たので、近々、ウチでも取り扱う予定。ドイメーサロンの偽凍頂烏龍茶ドイ・メーサロンの物語 長すぎる戦後を生きた負け犬たち参照。

顔が地味

| コメント(1)




【云门小卷】この人、顔が地味なので時としてオバサン臭く見えるんだが、実は意外に若いのかも知れないw 芒种というのは有名な曲で、踊る人も多いんだが、ゲームの主題歌らしい。可愛らしく色っぽくダイナミックに踊ってますね。脚が見えないのがちょっと不満w 最近はちゃんと化粧して、年齢相応にイイオンナになっているようで目出度い。

今日は新築祝い

| コメント(1)




【JM Official】お姉さんとミュージシャンは兄弟で家族バンドらしい。今日は新築祝いで招かれて。お姉さんは踊ったり歌ったりもする。田舎のエンターテイナー。太鼓は素人でも叩くし、誰でも叩くのでカネにはならないw 動画も盛んにアップしているが、営業活動です。




【アラジン公式チャンネル / Aladdin Official Channel】アラジンのトースターを買ったんだが、食パンがいっぺんに4枚焼けるというんだが、ピザも丸ごと焼けるというので、使い途は多そうだ。あと、低温調理が使えるので、ローストビーフの仕上げにも良さそうだ。ちなみに高価なトースターとしては、バルミューダというのも人気があるらしい。




【ฮอยหนามข่วน studio】盲目のケーン吹きのオッサン、今日はとある家庭に招かれて、演奏を披露しております。しかしこういう場所だと、ケーンというのはデカイ音ですね。歌い手(語り手)に合わせて変幻自在なペースで、息をするように自然に吹きます。吹くだけじゃない、吸っても音が出る楽器で、ひっきりなしに音が出続けているので、家の中じゃけたたましくてたまらんだろうw




【萌爱moi ・ 泡芙酱DAZE・MyMy麦麦・波喵喵喵】それぞれがピンでも動画をアップしている娘たちが、四人で踊ります。メイドカフェの店員みたいな格好だね。中国じゃ素人でこのレベルだから、日本の学芸会とは比較するのもバカバカしい限りだ。

パイナップル

| コメント(1)




【野小妹 wild girl】中国でもパイナップルは作っているんだが、台湾のヤツのほうが美味しいので、台湾の美味しいパイナップルはほぼ全量が中国本土に輸出されていた。それが去年、アメリカが台中関係にちょっかい出して揉めて、台湾のパイナップルはが日本にも入るようになり、フィリピン産とか比べても格段と美味しいので今年も日本に入ってきてます。パイナップルだけじゃない、台湾はバナナも美味しいね。台湾はちゃんと品種改良とか栽培法の工夫とかしていて、本土よりクオリティ高そうだ。果物の品種改良とか、何十年もかかる作業だから。さて、収穫したパイナップルは不思議な切り方をしてますね。姿造りw シロップに漬けて瓶詰め。蒸して消毒。料理では酢豚のように三枚肉と合わせてます。細切れにしてチャーハンに。

安集海大峡谷

| コメント(0)




【VideoChinaTV】なんとも雄大な景色で、これもウイグル新疆だと言うんだが、見渡す限りヒトの気配がない。砂漠とか不毛の大地というわけでもないのにw 

安集海大峡谷はまた紅山大峡谷と呼ばれて、安集海と奎屯の間、天山エリアと安集海流域に位置して、長さ20~30キロ、天山山脈で源を発します。新疆兵団七師紅山炭鉱の所在地です。峡谷が最も深く、険しく、不思議な一部は七師紅山炭鉱の旧炭鉱から下までの一部です。

こんなところに太陽光発電システム置いたらはかどりそうだねw 




【二米炊烟】ノビルを「野生たまねぎ」と表示してますね。ノビルを収穫し、ドクダミの根。あちらではよく使う食材だ。そしてよもぎ。そしてタラノメ。キシメンみたいな麺を茹で、野草は茹でてひと晩寝かせ、草餅に。春の食材で様々な料理を作り、それをお弁当にしてピクニック。豊かな自然に囲まれた田舎暮らしです。




【Khói Lam Chiều 】新鮮な野菜が並ぶ市場でお買い物。今日の献立は海老と豚肉のワンタン。生地には卵が練り込んである。海老、キクラゲ、豚肉、ネギ、たまねぎ。ちゃんとしたワンタンクは腹も膨れるし大好きで、タイではインドラリージェントのワンタンをよく食っていた。ワンタンとは思えないほどのボリュームがあって満足だった。これはワンタンと具入りのスーブは別々に作って合わせてますね。

ロリ美魔女

| コメント(0)




【香菜猫餅】2年ほど前の猫餅さん。気合が入ってます。ベタ脚で幼児体型、そんなに手足が長くない、プロのダンサー体型ではなく普通の女の子の体型なので、まさに理想的なロリ美魔女w 仕草と表情がたおやかでプロのダンサーにはない味わいです。素人っぽいところがいいんだが、最近の猫餅さんは中年らしい色気が滲み出していて、ちょっと雰囲気が違う。

ピンのフレット

| コメント(0)




【โอ๋ละนอ studio】モーラムの花形、ピンのフレットです。使わないところは抜いてある。なので弾きやすいが、調子が変えられないw ピンは素早いアルペジオの繰り返しで延々と続くので、この方が弾きやすいのだろう。たとえばC調とG調の切り替えとか必要な場合は、ダブルネックで対応するw トリプルネックというのもあるw ピンはエレキ化してから人気になった楽器で、モーラムの基礎はケーン(笙)です。




【龙梅梅Longmeimei】以前にも紹介したと思うんだが、日本で言えばタラノメ、中国では椿芽。もっとも中国ではあまり食べる習慣がないそうで、自生しているのを採って日本に輸出したりするらしい。水煮にしたものがスーパーで売られていたりする。とはいうものの、メイメイさんは調理してますね。山の人は何でも食う。中国でも流通が発達すると、都会の人もこういう地方の珍しい食材を食べるようになるんだろうが。

モニカ

| コメント(2)




【李語蕎Hathaway Lee】今は上海に在住しているハザウェイ・リーさん、上海はコロナでロックダウンやら大変なんだが、通行人もハザウェイさんもマスクしてますw 曲はレスリー・チャンの「モニカ」吉川晃司のカバーです。




【一只小熊猫Panda】この娘、なんだか生々しい感じがするんだが、なぜだろうと眺めていて気がついたんだが、靴が割とベタ靴なんですね。ハイヒールの素晴らしく高い靴を履いて踊る娘が多いんだが、靴がベタ靴で、顔がちょっと大きいので、リアルな存在感があっていい。このレッサーパンダお姉さんは美人すぎず、スタイルも良すぎず、リアルな存在感が良いところだ。




【一只小熊猫Panda】Pandaといっても子熊猫なので、レッサーパンダですね。おいらはジャイアントパンダよりレッサーパンダが好きなんだが、レッサーパンダは三島の楽寿園にもいて、愛想が悪いのでなかなか人前に出てこない。隠れている。このお姉さんレッサーパンダは、身体つきもほどほどに色っぽいし、丸顔でカワイイ。和食の店?の前で踊っているが、看板を見たら「雪茶奈の」と書いてあって、意味不明なんだが、何でも知ってるGoogleさんに聞いてみたら、「雪茶奈の」ではなくて「奈雪の茶」だそうで、「伝統的なお茶にフルーツやチーズなどをトッピングしたメニューでZ世代を熱狂せた」というんだが、上場してオーナーは1100億円の大金持ちになったんだが、厨房が汚かったのがバレて、株価が半分になったそうですw 奈雪の人気メニューの一つは、約4ドルで販売される鮮やかなパープルのドリンクのSupreme Cheese Grape Teaで、高級ウーロン茶に新鮮なグレープジュースを加え、ホイップクリームをトッピングしている。ということで、台湾もそうだが、こうした変わり茶というのが中国では流行っているらしい。

一只小熊猫

| コメント(1)




【一只小熊猫Panda】衣装がミニスカワンピの旗袍で、踊るナンバーが咬人猫さんの「臙脂」というので、まぁ、流行りの中華風アイドルなんだが、名前が一只小熊猫Pandaというので、パンダかよ、と顔を見たら、なるほど、パンダに似た愛くるしい顔をしたお嬢さんです。脚の見せっぷりはいいですね。旗袍の中が共柄の安全パンツというのも良い。旗袍の中身というの諸説あるところなんだが、よく使われる黒パンツじゃダサいし、白だと目立ちすぎ。共柄がいちばん。共柄に勝てるのは「何も穿かない」という、それだけです。




【หมอลำหอมจันทร์ ดาวดวงเด่น】モーラム名人のおばさんなんだが、剽軽なケーン吹きをしたがえて、堂々。おばさん、年の割にはスタイルが良いね。ステージ上で色気を振りまく商売なので、節制を怠らないんだろう。ところでケーン吹きのオッサンが下衆い腰つきで踊りながら吹くんだが、世俗的なモーラムでは、歌詞が非常に下品なので、ケーン吹きはみんなこうして腰を前後に振りますw

一路向秋

| コメント(0)




【Lkemon练凌飞】美麗な風景の動画を撮る人です。今回は《一路向秋》というので、新疆の秋。いつもの美人さんがあまり顔を見せないようにして存在感だけを漂わせているあたりの演出が上手いね。しかし中国は風景が雄大で、日本や台湾には見られないスケール感があって羨ましい。




【御坂猫猫】ミニのワンピなのかキャミソールなのか、貧乳と清潔感のある白い下着で、赤いワンピをヒラヒラさせられちゃ、こりゃ、オトコもたまらんぞw こういうカワイイ振り付けはたいてい、デカイおっさん白小白センセだ。センセの振り付けは人気あるね。もっともこの娘は以前からよく見る名前なので、若いとは限らないが。貧乳だからって若いとは限らないw




【หมอลําดัง】この親父も黒メガネしているので盲目なのかも知れない。名人であることは言うまでもないんだが、よく見りゃさっきのおばちゃんの伴奏やってた人だ。それはそうと、コンガ親父も味わい深い。踊らなきゃ太鼓叩けないのかよw チラッと出て来てすぐに引っ込んでしまう野良っぽい犬もいい味出してます。




【มยุรี ดาวกระจาย Channel】盲目?のケーン名人と、風格と体格の良いモーラムおばさんのユニット。まぁ、おいらはAVでも素人のハメ撮りものが好きなんだが、熟女モノは嫌いなんだが、これくらいのおばさんのハメ撮りだったら守備範囲だw しかしケーンというのは不思議な楽器で、一台でメロディーとリズムとコードをいっぺんに奏でるんだから、考えてみりゃ凄い。おばさんも、ハスキーな声で唄って、色っぽく踊って、まさに芸能の原点です。盲目のケーン吹きのために、終わりの合図は手で腰のところを叩いて知らせてますね。健常者だったら眼で合図するんだろうが。

ダックスホンダ

| コメント(17)




【Honda Motorcycles Europe】ダックスホンダといえば、おいらが免許をとってさいしょに乗り廻していたバイクで50ccのナンバーなのにエンジンが70ccという天麩羅で、警察に捕まって絞られたんだが、まぁ、お手軽で良いバイ