姑娘の最近の記事

水面からの高さが486m

| コメント(0)




【李再媚】水面からの高さが486mという、吊橋です。中国では、特に貴州省あたりでは、こういう橋がどんどん作られて、中国では「世界の下請け」として稼いだカネをちゃんと地方地方へと投資している。歩いても渡れるというんだが、あまりに怖いので、歩いて渡る人はいないw 貴州省にあるこういう橋は、例外なく絶景なので、これから観光開発も進むだろう。

カチューシャ行進曲

| コメント(5)




【Александр Ронов】中国の女兵士がカチューシャ行進曲で行進します。途中、訓練風景が出てくるんだが、首の周りに針を仕込んで、姿勢が崩れると針が刺さるという過酷なもので、泣きながら耐えてますw 自衛隊のパレードにも婦人自衛官も出てくるが、人数が少ないので迫力がないw

世界一強い国

| コメント(14)




【陸軍の歌STAR】こちらはベトナムです。ベトナムといえば、「フランスにもアメリカにも中国にも勝った」という、ある意味、世界一強い国だ。なので、女兵士さんもちょっと違う。超ミニのお姉さんもいるが、パンツ姿が多いね。行進用ではなく、そのまま戦場に出られそうな格好をしているかと思えば、民族衣装の一団もいる。ベトナム戦争の時には、こうした年端も行かない娘さんたちが、アオザイ姿でマシンガンぶっ放して米兵を殺しまくったのだ。祖国を護るのに必要なのは、核兵器でも敵基地攻撃能力でもない。強いオンナだw

オンナの兵隊さん

| コメント(12)




【陸軍の歌STAR】北朝鮮とかロシアとか中国とか、こういうオンナの兵隊さんたくさん抱えていて、パレードに動員するのが好きだよね。よく見るとオバサンやブサイクもいるので、観賞用に雇われてるわけじゃないだろうが、普段は何をやっているのかw 共産国では自由主義国より男女同権は徹底していて、ソ連なんかもダンプや重機のオペレーターはオンナばかりだった、というんだが、イマドキの戦争は個人の腕力でやるもんじゃないので、むしろ、オンナにやらせろやw つうか、次に日本が戦争する時には、ちゃんと従軍慰安婦もパレードに参加させてやって、死んだら靖国神社に祀るんだぞw

國際歌

| コメント(5)




【全場合唱《國際歌》】文化大革命の直前、北京で上演された「東方紅」という革命劇のラストシーンです。これがね、凄いのw 舞台に上がる人数だけでも「3500人」w これが噂の中国の秘密兵器、人海戦術ってヤツだw 新宿コマの北島三郎リサイタルのラストは100人を超すメンバーが舞台にあがって「祭りだ祭りだ」とやっていたそうだが、その30倍w なお、この舞台で胡錦濤は清華大学のチームリーダーとして参加していたそうだ。




【慕慕有奶糖】いつもはKPOPみたいな曲で、グラマラスな身体を売りにしたダンスばかりのトフィちゃんだが、実はちゃんと中華舞踊のスタジオでのレッスンを積んでいて、こういうおしとやかな踊りも出来ます。「このような純粋な古代風のダンスを試すのはこれが初めてです」というんだが、中国舞踊と言っても、伝統的な物ではなく、ロシアバレエの影響を受けて、モダンダンス的なベースがあるようだ。そもそも文革期には、「革命オペラ」みたいなのしか演じられてなかったので、中国舞踊といっても、中身はモダンダンスがベースの中国風ダンスです。
21092501.jpg

昨日、暑い日だったが汗だくになって取り組んだモカマタリブレンドの焙煎なんだが、改めてその結果を試飲。浅炒りのハイローストは香りが良くて軽くて、アメリカン。熱々のヤツを大きめのマグカップでいただきたいね。フレンチローストの深炒りは予想外に苦味が少なく、酸味も残って、味わいが深くて良い出来だ。カフェオレ用、エスプレッソ用だが、普通にハンドドリップで淹れても普通に美味しい。結局、どっちも美味しいw そして、この中間が今までも売ってきたフルシティローストで、わずかずつ味が違う。良い悪いではなく、用途によって違うと言うべきか。アテのスイーツとかあったら、おいらは深炒りだな、ポリポリ、と、三島のジャンボ落花生を茹でたヤツを食いながら思うのだったw なお、今なら100gずつ3種をセットしたお試しパックを発売中!
<浅炒り中炒り深炒り3種セット>税・送料込み 1580円




【慕慕有奶糖】コスプレイベントでのムームートフィちゃんです。彼女は、「ちょっと程よいブス」とか言ったりしていたんだが、さすがに素人のコスプレイヤーたちと並ぶと、ひときわ可愛いですねw まぁ、招待枠でギャラが出るレベルなので、アタリマエだがw それにしてもみんなな楽しそうだ。日本のコスプレイヤーと違って、ムームートフィみたいなのはコスプレダンサーなのでレベルが違う。

中国茶

| コメント(1)




【優人物 茶人 沈武銘】台湾のようだが、公務員を退職してからずっと茶人をやっているという爺さんです。日本ではお茶というと侘び寂びなんだが、中国茶では「風情」とかそんな感じですね。日本では茶道で飲むお茶と日常生活で飲むお茶とはまったく別のお茶だが、中国では日常生活で飲むお茶と、お作法で淹れるお茶と、基本的な違いはない。中国茶道というのがあるのかないのか知らんけど、少なくとも日本みたいな形骸化した儀礼に縛られる物ではなさそうで、まぁ、それだけ日本茶道は「どっかオカシイ」とは言えそうだ。そもそも「金持ちが貧乏人の真似して遊ぶ」という利休茶道は性根が腐ってるわw

東方紅

| コメント(23)




中国の国歌は「義勇軍進行曲」なんだが、文革期は「東方紅」が臨時国歌として使われた。おいらは中学時代、BCL少年だったので、短波放送はよく聞いていて、中でも北京放送はイヤというほど良く聞こえたw なので、この曲もすっかりお馴染みですw あと、「アメリカ帝国は張子の虎」とかの名台詞もw BCLも、鮮明に聞こえるのは北京放送とかモスクワ放送とか平壌放送とかばかりで、アルゼンチンの日本語放送とか聞くのは大変だったような気がするw

コメは圧力鍋で炊きます

| コメント(7)




【那曲拉姆】チベット人の主食はオオムギで、世界で唯一、オオムギを主食とする人々です。何故って、そりゃオオムギは不味いからで、小麦が採れれば小麦を食うわw でも、最近はチベットでも現金収入があるので、小麦やコメも食うらしい。コメは圧力鍋で炊きます。標高5000mなので、圧力鍋でないと炊けない。肉を細かく切ってスープ。多分、ヤク牛の肉ですね。味付けをしている様子がない。塩だけです。ご飯も塩使ってコンビニのお握りかよw あれは塩で炊くがw 食材が富な地域ではないので、香草も野菜もないw

ザリガニの揚げパン

| コメント(2)




【隔壁林妹妹】海老のシッポ饅頭というんだが、そもそも海老でもないし、饅頭でもない、ザリガニ入りの揚げパンですw カレーパンと同じような作り方だね。エビチリ入りの揚げパン作ってみようか。美味しそうだw 今回は情けない顔した犬の出番はなし。美味しいんで全部、自分で食っちゃったらしいw

彩云之南

| コメント(2)




【云门小卷】彩云之南(彩雲の南)というのは、雲南の少数民族のことを唄った曲のようで、なかなか色っぽいところを見せてくれる踊りです。一般的に中国で「少数民族」というのがどう思われているか?というのは日本人には想像もつかないんだが、差別とか奇異の目で見られるというよりは、「山奥のロマンチックな理想郷」というイメージがあるらしくて、少数民族というとすぐに「民族衣装の美少女」が出てくるのがお約束だw ところでおいらの古い知人に中国人の胡弓弾きがいて、その人が彜郷月夜(いきょうげつや)という曲を作ったんだが、和音を出せる三絃板胡という不思議な楽器で、中国全国第三届音楽作品賞、遼寧省人民政府年賞などを受賞。日本では、国際親善賞を受賞した、という大傑作です。彝族の年に一度のお祭り、その美しくロマンティックな愛と平和の祭りの曲として作曲したというんだが、ちなみに本人は満州生まれで、雲南省なんて行ったこともないだろうw

イ族は中国西部の古羌の子孫である。古羌は、チベット族、納西族、羌族の先祖でもあるといわれる。イ族は南東チベットから四川を通り雲南省に移住してきており、現在では雲南に最も多く居住している。南詔王国を建国した烏蛮族が先祖だと言われている。
精霊信仰を行い、ビモという司祭が先導する。道教や仏教の影響も多く受けている。

一般的な都会の中国人は「少数民族」なんてものは知らないし、少数民族も標準語覚えて都会の学校に行くようになれば普通の中国人にほかならないわけで、しかも政府が少数民族保護で「一人っ子政策の対象外」「大学の優先入学枠」など、特典を様々に設けて、大事にしている。タイの少数民族は学校教育も受けられないが、中国では教師が自宅を訪問してフロッピーディスクを配ってまで、最新の教育を受けさせている。漢人が嫉妬するほどですw

目立つのは嫌

| コメント(4)



「Dance Maid On Air」森高千里のダンスカバーをやっている日本人らしいが、顔隠しですね。日本の踊って見た系では顔隠しの娘が多くて、何のためにやってるのか不明なんだがw 中国人はこういう時、てらいもなく堂々と顔出ししてやりますね。日本では「アイドルになりたい」という娘はいても、自分が目立つのは嫌なので、48人いないと踊れないw

肥料も選定もやらない

| コメント(1)




【川野優馬のコーヒーチャンネル】エチオピアのコーヒー生産事情なんだが、「自分ちの裏庭で、肥料も選定もやらない」というので、粗放的な生産です。もっとも、コーヒー生産ではそういう産地も珍しくはない。そういうのは「コーヒー栽培の専業農家」というわけじゃなくて、自給自足みたいにしてカツカツの生活をしている農家の副業みたいなもんだ。年に一度の現金収入w こういう産地のコーヒーは自然栽培で、味が深くて美味しい。ウチで扱っているコーヒーの産地も、こういう育ち方をした豆が多い。

荻野目洋子のコーヒールンバ

| コメント(16)




【荻野目洋子】モカマタリといえば、世界的に流通しはじめた最初のコーヒーで、ヨーロッパのコーヒーの原点なんだが、なんせ険しい山岳地帯で穫れるし、いまだに農園として整備もされてないような原始的な栽培で、量が穫れない。おまけにイエメンでは内戦が続いて出荷が止まり、ずっと品切れが続いた。やっと入荷するようになったが、今でも市場には少ないですね。モカマタリ豆の特徴として、「不良豆が多い」というのがあって、焙煎家の皆さん異口同音にそうおっしゃるんだが、確かにそうだw 不良豆が多いというのは、栽培法が近代的ではない、という事で、小さな農家が山に植えた樹から少しずつ集めて、他の産地では30kgか60kg単位の包装なんだが、モカマタリだけは10kgです。それだけ零細な農家ばかりなのだろう。ウチではこのモカマタリをリーズナブルな価格のブレンドにして、炭焙でジックリ焙煎して扱っております。

超酷御姐风

| コメント(2)




【香菜猫饼】超酷御姐风スーパーオネエ風、というんだが、中国語のネットスラングで、御姐というのは、日本語のオネエから来た言葉で、とはいえオカマの意味はなく、成熟していて強く、美しくてセクシーで、フェミニンで、強いという事で、年齢的には22〜42歳というので、「オトナのオンナ」という意味になる。ロリコンやショタコンと比べて、御姐ユジエを好む人は「ユジエコン」と呼ばれることが多い。というんだが、一周廻って、正常人まで変態扱いかよw 

裸足ってのがいいね

| コメント(2)




【波喵】 BDF2021主题曲の「向阳」というんだが、ヒマワリですね。何度かここでも取り上げたんだが、色んな人が踊ってます。この娘は裸足で、思い切りの悪い水着みたいな衣装で、なかなかよろしい。中国娘にしては珍しく茶髪です。裸足ってのがいいね。裸足だと脚が短く見えるので、あまり裸足で踊る娘はいないがw

一葉一宇宙

| コメント(9)




【一葉一宇宙】日本の茶道というのは「儀式」であって、その儀式を教える教師がいて、生徒がいる。日本中どこにでも茶道教室というのがあって、儀式化されたお茶の飲み方を教えている。煎茶道というのもあるんだが、ほとんどは利休以来の抹茶ですね。中国では宋時代の飲み方です。一方、中国の茶道では、単にお茶を飲むだけで、そこにステロタイプ化された儀式の要素はあまりないようだ。

一葉茶、一碗水,斗室茶座。垂簾、閉目、凝神,從紫藤廬茶室到陽明山一方淨地,周渝浸潤出自己的茶禪,以樸拙的器盛清淨的水,任茶葉伸展、熱氣如太極旋升,宇宙就在茶碗之中。
台湾の茶人です。
お茶の葉、水の入ったボウル、そして茶室。 藤の茶室から陽明山の浄土まで、周瑜は独自の茶の瞑想を展開し、シンプルな器で純水を出し、茶葉を伸ばして太極拳のように熱を上げ、茶碗の中に宇宙があるような状態にしています。

中国の茶人は、高い着物をまとった金持ちオバサンの弟子に貢がれて生活しているわけでもなさそうで、何をやって食っているのか? まぁ、メシが食えなくてもお茶を飲んでいれば生きられるのかも知れないw そこまで行けば、本物の茶人です。




【一条Yit】昨日の夜から今日の11時まで、10時間以上寝てしまったw 普段、寝不足気味なので、そりゃいくら寝てもいいんだが、「たっぷり寝る」というのは体力のいる仕事で、10代の若者は起こさなきゃいくらでも寝ていたりするが、老人はすぐに眼が覚めてしまって、なかなかゆっくり寝られない。最近は青果市場の仕入れがあるので、うっかり更新に熱中していると、寝る前にスタッフが来てしまい、青果市場に付き合ってると仕入れたあとで大急ぎで写真を撮って、販売ページを作って、更新して、と、午前中いっぱい寝られないw 細切れにチビチビ寝たりするんだが、それでは体力が保たない。たまにはゆっくり寝ます。ご心配なくw

陶磁器の専門家である廖寶秀は、台北の国立故宮博物院で陶磁器を40年近く研究してきました。中国茶の飲酒の歴史における多くの未回答の質問は、彼女の研究の後にのみ答えられました。今年の初め、北京宮殿出版社は、30年以上にわたる彼女の研究成果のコレクション「過去の王朝の茶器と茶のイベント」を発表しました。私はこの機会に彼女の1つの記事とおしゃべりしました。

大学卒業以来、40年間にわたって中国の飲茶の歴史を研究してきたというオバサンです。国共内戦で破れた蒋介石は、雲南省の部隊を囮にして、派手に西部戦線で撤退戦をぶちかましつつ、自分はすべての軍艦を動員して、故宮にあった歴代皇帝の宝物をかっぱらって台湾に逃げてしまったw だから、歴代の宝物のめぼしいものはみんな、台湾の故宮博物院にある。お茶道具というのは、中国でも日本以上に愛され、銘品があるんだが、日本ではほとんど知られていない。そもそも「中国茶道」というものに馴染みがない。世界的に見れば、日本の茶道というのがガラパゴスであって、中国茶道の方がメインストリームです。




【映画『芳華-Youth-』予告編】文化大革命を肯定的に捉えるか否か、といった政治的な話ではなく、その時代をその空気の中で過ごした人たちのノスタルジーというのがあるらしくて、なんせTVもラジオも革命歌とか革命劇とか革命オペラとか、ゼーンブが革命尽くし。10億人が同じ服を着て、同じ夢を見ていた。あれだけ広大な国で、人民は砂のようにバラバラ。それが強制的にひとつとなって、同じ夢を見る。まぁ、戦前の「大日本帝国」幻想も似たようなもんだがw 夢はいずれ醒めるものだが、夢が醒めないように、延々と「戦争」を繰り返すアメリカという国もある。アメリカはいつになったら夢から醒めてオトナになるのか?

月餅の季節

| コメント(6)




【龙梅梅Longmeimei】秋なので月餅の季節です。月餅の餡、中身というのは栄養タップリの、カボチャの種、スイカの種、アーモンド、クルミ、落花生、つなぎの餅米。型に入れて、卵黄を塗って、テカテカに焼く。塩漬けのアヒルの卵で卵黄を餡にしたヤツも作る。わざわざシーラーでビニール袋にパッキングしてますね。売るわけじゃなかろうがw 他にも葡萄、巨峰とナイアガラとか、こないだ作ったワインも持ってきて、家族だけの宴会です。

宇宙人系セクシーダンス

| コメント(2)




【快乐女孩小郭】セクシー系の踊り手さんなんだが、街なかで歩きながらセクシーダンス踊ってすれ違う人を驚かせたり、あちらはセクシー系の人も堂々としてますね。例の、宇宙人系のセクシーダンスなんだが、こんなもんまで色っぽく踊ります。中国でもイベントコンパニオンなんかで、この体型で胸だけ豊胸手術しているのがいるんだが、そりゃ、あまりにも不自然だw

JKセーラーで、満開の桜の下

| コメント(3)




【蒋七七ChiChan】BEJ48-黄宣绮というんだが、AKB秋元が上海で作ったSNH48グループが秋元と契約で揉めて独立し、その派生グループとして北京に作られた48グループらしい。なので秋元とは全く関係がないw 彼女はその9期生で黄宣绮ちゃん、17歳。四川省産です。四川省は美人の産地として有名で、彼女も可愛いですね。JKセーラーで、満開の桜の下、まぁ、日本を意識してますねw かつて、ビニ本ブームの頃、儲けて持ちつけないカネを握ったビニ本屋が、「富士山バックに桜が満開」という土地を買っていたんだが、「そこでセーラーヌードを撮りたい!」という、それだけのためにw




【滇(てん)王国】滇(てん)という文字は、滇西小哥でお馴染みなんだが、あのあたりに前漢時代にあったという「王国」について。4000年前に寒冷化で被害を受けた長江文明、というのをこないだやったんだが、長江文明はそれで絶えたわけではなく、雲南省に「滇(てん)王国」を作って、独自の文化を維持していた。

中国雲南省に、かつて「滇(てん)王国」という国がありました。国と云うより部族集団に近いと思われますが、日本の稲作と関係の深い集団であったようです。「滇王国」は呉越の時期の古族で、日本に渡来して縄文人と混血し、弥生人となったと云われます。
 雲南省の「滇池(てんち)」のほとりに紀元前400年から紀元100年くらいまで、三苗の一つの部族の「倭族」がつくった「滇(てん)王国」が栄えていました。

この「滇(てん)王国」が日本の弥生文明のルーツではないか?と言われていて、そのひとつに「ヤマタノオロチ伝説」というのがある。

雲南省の南部亜熱帯林には今も「マン」と呼ばれる全長8mに及ぶ大蛇がいますが、「滇王国」では人間の女性を大蛇の生贄にしていました。これは日本の出雲のヤマタノオロチ伝説のように人間の女性を生贄にしようとしていた話と同じです。蛇の信仰では出雲の佐太神社、さらには三輪山の大神神社と一致し、さらに中国の「石寨山遺跡」からは屋根に千木を持つ、高床式の日本の神社建築とよく似た絵のある青銅製品が出土しており、

「滇(てん)王国」では生贄の風習があって、生贄の生首を祭壇に捧げた。日本には全長8mの大蛇はいないが、雲南にはいる。

「滇王国」の元の長江文明はBC2000年頃、寒冷期を迎え、北から漢民族が南下し、長江文明の一部の人々がボートピ-プルとなって日本に流れ着きました。またBC800年頃に再度の寒冷期を迎え、漢民族は南下して東南アジアからポリネシアにまで進出し、「苗族(ミャオ族)」は長江流域を追われて西南部の山岳地帯へ逃れ、また一部の人々は海を渡って日本に流れ着き(天孫降臨)、蛇(三輪山)、鳥(鳥居・天鳥船・八咫烏・白鳥:日本武尊)、太陽信仰(天照大御神=卑弥呼)に関係があると考えられます

弥生文明が長江文明の末裔だという、この考証は面白いね。漢時代の中国はそれをよく知っていてこの「滇(てん)王国」に贈られた金印と、日本で出土した金印は、つまみの部分が「大蛇」を象ったもので、このツマミというのは贈る相手の民族に合わせて、駱駝だったり、大蛇だったりそれぞれ違うんだが、「滇(てん)王国」と「倭」は同じ大蛇です。漢から見て、同じ民族だという認識だったのだろう。

「滇王国」は魏・呉・蜀の三国時代、蜀の劉備玄徳の宰相、諸葛亮孔明が225年に軍を発し、三軍に分け各地の地方豪族を討伐した後、建寧で合流して「滇」地区に入り、「滇王国」の都は陥落してしまい、長江文明の流れを汲む中国での最後の王国は幕を閉じました。しかし長江文明は日本に伝えられ、日本の稲作祭祀の天皇を中心に今も受け継がれているようです。

王国は失われたが、苗族として人々は生き残った。日本にも渡来し、今の日本文明を作る礎となった。この、「滇(てん)王国」の話はあまり知られてないですね。

ワイヤレスマイクを買いました

| コメント(3)




【李再媚】899元というから、13000円くらいか? ワイヤレスマイクを買いました、という話で、この娘は自撮り(あるいは自撮り風)なので、これがあると声がクリアーに収録できて便利です。この娘も地味に、機材を揃えて行ってますね。学校行ってるわけでも働いてるわけでもないので、動画配信が彼女のビジネスなんだろう。あまり儲かってる風には見えないがw

豚を放し飼い

| コメント(6)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】犬というのは相手を「サイズ」によって判断するので、大王はいつも他の犬には無頓着で、なんせサイズが違う。ところが今日は豚ですw 豚を放し飼いにしている光景というのも田舎ならでは、なんだが、ぶたは兄弟らしいw 大王と変わらないサイズなので、100kgくらいあるだろうか。警戒する大王に対して、豚はなんか、悠然としてますねw

電動バイク45000円

| コメント(23)




【李再媚】昨日の動画では、いつも乗っているバイクが突然故障して、山道を3kmも押した、という事だったが、今日は新しいバイクの話w 3000元というから45000円くらいか? 台湾のヒトが「安いね、台湾じゃ3倍するよ」とコメントしてる。航続距離は150km。山道でも100kmくらい走るかしら? と言ってる。おいらも45000円でこういうの欲しいですw

今年の夏も冬虫夏草は大漁

| コメント(2)




【那曲拉姆】今年の夏も冬虫夏草は大漁で、そろそろ売りに行こうか、というんだが、この娘の家の現金経済は主にこの冬虫夏草によって支えられていて、生活そのものはヤク牛を飼って成り立っているので、まぁ、そこそこ豊かです。とはいえ、彼女の言葉によると、「本当にお金持ちなのは、冬虫夏草を掘る人ではなく、それを食べる人だ」というんだが、そんなラムちゃんも、冬虫夏草を食べないわけではない。冬虫夏草は夏に掘るんだが、なんせ標高5000m、時には雪に降られ、一日中、山を這いずり回って、疲労困憊した時に、獲った冬虫夏草を食べるそうで、一匹食べれば元気いっぱいw お酒に漬けたり、料理に使ったりもする。大きいのは高く売れるので、小さいヤツでw 「食べ過ぎるとニキビが出る」というんだが、それで思い出したんだが、タイで「ガウクルア」という漢方薬がありまして、植物から採れるんだが、「おっぱいが大きくなる」として知られている。面白がって買って来て、何人かのオンナに摂取させてみたんだが、たしかに生理の前みたいな感じでバストが腫れる感がある。それはいいんだが、副作用としてニキビが出るんですねw ニキビが出てバストが大きくなるというのは、ホルモンバランスが狂うのだろうw 冬虫夏草にも、ホルモンとして働くような成分が含まれているのだろう。

牛革だって食える

| コメント(10)




【龙梅梅Longmeimei】チャップリンが靴食っていたので、そりゃ、牛革だって食えるんだろう。なんせ中国人だ。路上で牛を解体しているところに行って、皮一頭分を購入。毛をバーナーで焼いて、適度なサイズに切り分け、端っこは犬に。茹でて綺麗にして、千切りにして、あるいは小分けしたロールのまま、丁寧に煮ると、ゼラチンが出てゼリーになります。揚げても食べる。豚革は食べられるの知っていたが、牛革も食うんですねw

アカデミズムの醍醐味

| コメント(4)




【東京大学大学院理学系研究科・理学部】どう考えてもオカシイんだが「歴史学」というのは「文学部」なんですね。たとえば東大の場合、東京大学文学部歴史文化科という事になっている。どこの大学でも、歴史学というのは「文学部人文学科」の所属です。なんせ文学部なので、科学的な視点が薄く、思いつきや思い込みの多い説が多くて、トンデモの巣窟になっている感があるんだが、ここで理学部の研究者によるアプローチです。長江文明が4200年前に寒冷化によって壊滅的な影響を受けた、という話で、そのために寒冷化の影響をあまり受けなかった黄河文明が中国文明で支配的になった、という、まぁ、こういうのが「学問」であり、アカデミズムの醍醐味だ。今までの「空想、妄想に基づいた歴史学」から脱皮しないと、歴史がいつまでも「昔話」に終わってしまう。

婦警さん

| コメント(4)




【边检小花】この娘は、普段は婦警さんのかっこうして仕事絡みの動画を上げているので、あるいは公的機関の広報なのかも知れない。ほっそくて美人で、いいオンナです。婦警にしておくのは勿体ないw それにしても、公的な組織の広報官だとすると、やってる事があまりにも自由すぎるような気もするんだが、大阪領事館のアカウントがネットであれだけやりたい放題やってたところを見ると、中国というのは、そういう「縛り」はあまり厳しくないのかも。というか、現場の裁量で勝手にやって、マズければあとで上から怒られる、という形か? 

コーヒーの歴史

| コメント(0)




【10分でみる コーヒーの歴史】コーヒーの歴史なんて知っていても何の役にも立たないし、それでコーヒーが美味しくなるというものでもないんだが、紅茶の歴史と並んで、調べてみると面白いんですね。ここでは触れられていない小ネタをひとつ。紅茶で有名なスリランカは、当初はコーヒーの産地だった。それが病気でコーヒーが全滅し、空いた農園を見たリプトンが茶園に転用し、食料品店だったリプトンが紅茶メーカーとなる基礎を作った。

リプトンブランドの始まりは、スコットランドに生れたトーマス・リプトンが15歳からの単身渡米の後に21歳で開いた食料品店に由来する[1]。商才に長けていたリプトンはパレードやポスター等の斬新な宣伝で世間の注目を集めた[1]。食料品店を数多く経営するようになったリプトンは1890年夏のオーストラリア旅行の行程でセイロンに立ち寄り紅茶園を買収して大成功を収めた[1]。

インドやスリランカでのコーヒー栽培があまり成功しなかったのは、アジアではすでに「お茶」の栽培があって、栽培適地は茶園になっていたからですね。そこで、お茶を飲む風習のない中南米で大規模開発するのに成功する。お茶の栽培適地とコーヒーの栽培適地は重なる。そして、お茶を作るほうが儲かるので、どちらかというとお茶を栽培する。大陸部東南アジアでコーヒー栽培があまり盛んでなかったのはそうした理由があったんだが、コーヒーの栽培適地はあちこちにあり、最近ではアジアの食生活の変化に伴って、関税の高い輸入コーヒー豆より、国産のコーヒー豆、という動きが出てきて、中国、タイ、ミャンマー、ラオスなどでもそれなりの量が作られるようになっている。とはいえ、中国なんぞは自国内の消費を賄うほどにも採れないので、とても輸出なんて無理w 中国のstarbucksには雲南コーヒーというメニューがありますw




【那曲拉姆】ラムちゃん、街に出て特産品の相場を調べてます。冬虫夏草はもちろん、他にも雪菊とか朝鮮人参とかサフランとかキノコとか、色々ある雪菊はお茶にして飲むと、美容にいいらしい。「これはウチの近所で採れそうね」とか品定めしているる。標高5000mなんてところに住める人は多くないので、こういうのはラムちゃん一家で独占だw

西洋料理を作るのは初めて

| コメント(2)




【二米炊烟】西洋風の料理に憧れて、まずはワイン作りからw ところが葡萄の栽培で失敗。多分、中国南部の気候は葡萄には適さず、湿気が多すぎるんじゃないかな? 葡萄は西の砂漠地帯でよく採れる。そこで葡萄を栽培しているところへ行って、25kg買ってくる。葡萄酒作りがいかにもお中華で面白いw 砂糖と麹をブチ込んでるw さて葡萄酒が出来たので、西洋料理というものを作ります。西洋料理を作るのは初めてだそうですw ステーキはウェルダンで中まで火が通ってますね。

蓮根

| コメント(2)




【野小妹 wild girl】蓮根なんだが、蓮根というのは一年中あるような気がするんだんが、基本的には秋から冬にかけて収穫する物です。日本では強力な水流で泥を掘って収穫するが、ここでは手で掘ってますね。大変だ。蓮根を粉にしてるんだが、何に使うのか? 麺を作るなんて聞いた事があるな。叩いてミンチにして海老と団子にして、餅米まぶして蒸す。海老の蓮根団子。他にも蓮根料理各種。中華のほうが、蓮根料理のバリエーションは多いようだ。




【小初】顔はともかく、この身体つきは典型的な中国のなよなよしい娘で、ほっそくて、抱きしめたらポキっと折れちゃいそうで、まぁ、ロリ者としてはそそられるところではある。シャポン玉はアフターエフェクトか、それとも現場で吹いているのか。上海に住んでいる踊り子さんだそうです。この曲もずいぶん紹介しましたね。咬人猫さんのがベストで決定版だろうが。

黄色いナマズ

| コメント(2)




【吧唧小兔】この娘、最初は都会に住んでいて、しばらく田舎に戻っていたんだが、また都会に出てきた。都会にいるときは何故かメガネをかけてますね。お花を買って帰り、黄色いナマズを料理。タレを作って掛け、蒸してます。今日はシンプルなワンピースで可愛いです。

蜂の子

| コメント(4)




【李再媚】豚小屋で獲った蜂の巣から蜂の子を取り出して、油で揚げて調理。まぁ、中国の田舎の娘なので、タダで手に入って食えるものは何でもありがたくいただく。決して貧乏な家ではないんだが、それが田舎に住む人間の本能というヤツですw 中国でも最近は都会生まれ、都会育ちの若者は、スーパーで買った食料やファーストフードしか知らないんだろうが、田舎では蜂の子もイナゴもご馳走ですw

天津のトラム

| コメント(6)




【阿杜游中国】よくBSのNHKでヨーロッパのトラム、路面電車を紹介しているんだが、路面電車というのはなかなか風情のあって良い物です。むかし、三島と沼津を結ぶ伊豆箱根の路面電車があって、1963年に廃止されるまでは、おいらもよく乗っていた。子供は5円だった。バスだと10円なので、何故か路面電車の方が安いw さて、中国ではこの天津のトラムが第一号で、上海に第二号があるらしい。日本では路面電車はすっかり姿を消し、バスの本数もどんどん減って、ヒトは皆、自家用車で移動するのがアタリマエの時代です。

少女と呼ぶにはちょと生臭い

| コメント(4)




【香菜猫饼】なんか制服風なんだが、ミニスカートがよく考えられた露出優先のデザインで、もちろん安全パンツ穿いているんだが、それも込みでのデザインです。中国は露出規制が厳しいので、その中でいかにエロさを出すかという、エロ商売の魂みたいなものが感じられる。さすがに30女です。中年少女というんだが、少女と呼ぶにはちょと生臭いが、そこが良いw

今日の料理はラッキョウ尽くし

| コメント(3)




【滇西小哥】今回は藠头というから何だろと思ったらラッキョウです。先日ウチの通販でもラッキョウを売ったんだが、ウチでも自家製で漬けまして、毎日のように食べるカレーライスの付け合せに重宝している。中国ではラッキョウをどうやって漬けるのかと思ったら、塩と砂糖で自然発酵させてます。日本では最初っからお酢で漬けるが。中国人なので、ラッキョウも調理に使います。葱餅に肉とともに混ぜて。鴨肉の煮込みにもラッキョウ。ポテトにもラッキョウ。今日の料理はラッキョウ尽くし。

豚小屋にスズメバチが巣を作った

| コメント(5)




【李再媚】豚がキーキー鳴いているので何かと思ったら、豚小屋にスズメバチが巣を作って、刺されたらしい。そこは中国人、さっそく巣を除去して、蜂の子を丁寧に取り出している。食べるのか?売るのか? それは定かではない。しかしこの娘、親戚のやっているレストラン手伝いに行った時の制服そのままですw よっぽど頓着ないのかw

シルクロード

| コメント(5)




【むすび大学チャンネル】素人学者の小名木善行さんなんだが、今回は「シルクロード」です。砂漠の中を通るシルクロードに対して、河を遡って行く道があったのではないか? という仮説なんだが、エンジンのない時代、河を遡ってというのは、そんなに容易じゃないような気もするんだが。それと、「ラクダを連れて商人がペルシャから中国まで」旅をしたのか?という問題もある。日本でも馬を使って荷や人を運ぶ時、通しでは運ばない。駅ごとに荷を乗せ替えてリレー式に運ぶ。いわゆるシルクロード沿いには何カ所も町があり、オアシスがあり、それぞれに住人がいる。その住人が、せいぜい一週間くらいの旅で次の中継地まで運び、その都度、転売を繰り返す事によって運ばれて行く。ラクダで旅をしているのは地元民であり、隣の町まで荷を運ぶだけです。実は、ミャンマーで採れる宝石が、いまでもそうしたシステムで流通している。ミャンマーから国境を越えて宝石を運ぶ人がいて、それを国境の町で買って、バンコクまで運ぶ人がいて、と、細切れに運ばれる。なんで通しで運ばないかというと、それぞれの地区で、荷を運ぶのには独自のスキルが必要だから。国境の税関、タイ国内の警察のあしらいかた、それぞれ違うノウハウが必要なので、誰かが独りでミャンマーに入ってルビーを買って、バンコクまで持ち帰るというわけに行かない。地元民でないと山賊に襲われるしw まして古代では、遠距離輸送は細切れです。ところでマルコポーロには「黄金の国ジパング」というのが出てくるわけだが、奥州の金というのは、当時から、ユーラシア大陸の商人たちには知られていたのだろう。流通ルートに乗っていたのかも知れない。大航海時代でヨーロッパ人たちは、転売転売でやっと手に入る遠隔地の産品を、船で行って直接買い付けてやろうと思って、冒険の旅に出た。黄金の国ジパングの奥州へ行くつもりが、間違ってアメリカに着いたりしたがw

海洋民族・倭人

| コメント(6)




【むすび大学チャンネル】小名木善行というのがどういう人なのかは知らないが、保守系youtuberらしい。学者ではないようだが、歴史関係、あちこち首突っ込んで発言していて、まぁ、それほど電波系とかトンデモ系というわけじゃなさそうだが、プロの学者でもない。ここでは「太平洋を駆け回った海洋民族・倭人が、万年の昔に、世界の文明のあけぼのを拓いた」という話ですw 神津島産の石を使って作った石器が、沼津や長野でも出土する、という話で、何万年も前から太平洋を往来していた海洋民がいた、というんだが、これはおいらも2007年に三島大明神のスキャンダルという文章を書いている。三島神は伊豆七島それぞれに妻がいて、船で行き来して黒曜石の貿易に従事していた商人ではなかったのか? という話で、太平洋を駆け回った海洋民族・倭人の末裔が三島神であり、だから三嶋大社では冬にえびす講というのをやるし、「商売の神様」だと言われるわけです。

神話学

| コメント(4)




【世界ミステリーch】日本初のストリッパー、アメノウズメのミコトなんだが、神話学的には似たような例があちこちにある、という話で、エジプト、ギリシャが例として挙げられているんだが、たとえばケルトにもマンコ丸出しの神さまがいる。

「ヨーロッパの神話伝承やフォークロアに詳しい中世フランス文学の専門家」フィリップ・ヴァルテールは、「ケルト世界のかなり古い神話的存在」で、「慣例でシーラ・ナ・ギグと呼ばれて」いる存在は、「これについての文字資料は皆無であるが、創造と破壊の女神として紹介されることが多い」が、「アメノウズメと同じような猥褻な動作をしている」と指摘している[8]。

シーラ・ナ・ギグ(英: Sheela na Gig)は女性の外陰部を大げさに表した裸体の彫刻。シーラ・ナ・ギーグとも。時折男性器もともに見られる。多くが古い時代のイギリスやアイルランドの教会、城、その他の建築などに見られる[1]。

旧石器時代の人類の移動が、広い地域に似たような神話を痕跡として残した。という話もあるんだが、神話というのは昔からあるんだが、「神話学」というのは比較的新しい学問で、やってみると面白いかも知れない。

中国時代劇あるある

| コメント(8)




【李姉妹ch】中国時代劇あるあるというんだが、いわゆる武俠物というヤツで、ステロタイプ化された演技が多いらしい。ところで最近はそんな事もないんだろうが、かつて香港映画というのは、みんな吹き替え前提で撮っていた。中国は広いので、地域によって言葉が違う。なので、昔の香港映画というのは演技が大袈裟で、無声映画のように解りやすいw 初期の香港映画は、日本で日活の無国籍アクション映画、小林旭や宍戸錠などの映画を撮っていた監督が呼ばれていって、指導していたらしい。中国本土でこういう武俠物とか撮り始めたのは割と最近なので、目玉の松ちゃんの明治時代から時代劇撮っている日本と違って、まだストーリーテリングの技術が幼稚だったりするんだろう。日本も時代劇のプログラム・ピクチャーをドカドカ量産していた昭和30年代までは、ステロタイプなストーリーが多かった。黒澤明が本気の時代劇作ったり、TVでは池波正太郎が鬼平犯科帳やったりして、ちっとはマシになったがw ところで中国の女優さん、アニメ声が多いねw

中国三大悪女

| コメント(7)




【李姉妹ch】中国三大悪女という話なんだが、まぁ、こういうのは面白おかしく話を膨らませるので、史実とは限らないし、こういうのが頻繁にあったわけでもないだろう。江戸時代には「仇討ち」というのがよく時代劇にでてくるので、さぞかしたくさんあったんだろう、と思う人もいるんだが、仇討ち許可証なんてものは滅多に出される物ではなく、まぁ、非常に珍しい出来事のわけです。あと、やはり時代劇ではやたら切腹する人がいるんだが、平和な江戸時代では滅多に切腹するというのもない。切腹するのが流行ったのは、第二次大戦の敗戦時ですw まぁ、武士というから誤解されるんだが、江戸時代の武士というのは基本的には「役人」であって、軍人ではない。仇討ちとか切腹とか無縁の世界で、日々、算盤はじいたり、帳簿つけたりして過ごしているw 武芸の稽古なんかしたら、反逆のタクラミがあるんじゃないか?と幕府に睨まれて改易になるほどw だから、宮本武蔵も晩年は失業者だったw 武士が武芸に励むのは、世情が怪しくなって来た幕末からです。とかく、史実と物語とは違う。特に中国は、歴史書が既に物語になっているので、白髪三千丈だw

お中華な炊き込みご飯

| コメント(2)




【小穎美食】お中華な炊き込みご飯です。具を調理してからご飯と一緒に炊くんだが、生卵を乗せてご飯を炊くのが目新しいねw 最初に肉だけを、「砂糖で炒める」というのも日本人に馴染みのないところなんだが、照りを出すには欠かせない。中華風炊き込みご飯というのはちょっと新しいね。今度やってみよう。

飛天之吻

| コメント(8)




【青云迹】コレは初めて見たんだが、重慶市武隆区白馬山の観光スポットに2020年1月にできたアトラクションで、その名も「飛天之吻(飛天のキッス)」。だそうで、王子さまと天女がキスをするという、なんともベタな発想なんだが、最近の浮かれた中国では、こうしたアトラクションがあちこちに出来ているらしくて、事故も多いのでオススメは出来ないんだが、ちなみに高さ1000メートルのがけの上に作られていて、飛天の高さは55メートル、収容人数は60人だそうです。




【Violin Momo】雨の空港でテレサ・テンの「空港」を弾くという、なんともベタなんだが、まぁ、悪くはない。瀋陽出身の中国人だが、今は日本の首都圏で活動中。ところでテレサ・テンは偽パスポート使って国外退去になり、しばらく来日出来なかった時期がある。やっと再来日できるようになって出た曲が、この「空港」です。台湾と中国本土と、分断された祖国にふりまわされた一生だった。チェンマイで謎の死を遂げるが、「死んだふりして実はまだ生きている」「というのが、おいらの都市伝説だ。おいらはテレサ・テンが死んだといわれるホテルに滞在して、寝ている最中にテレサ・テンの幽霊に遭ったので間違いないw

水もしたたるいいオンナ

| コメント(2)




【慕慕有奶糖】動くグラビアアイドル、ムームートフィちゃんです。日本の何も出来ないグラビアアイドルとは違う。ちゃんと踊りのレッスンもして、水もしたたるいいオンナw 戸外で雨の中、撮っているのか、スタジオか。おいらも「水の使えるスタジオ」というのを一度だけ使った事があるんだが、高かった。トフィちゃん、顔が素朴なので、下品なエロいかんじにならないところがいいですね。

山でキノコ

| コメント(8)




【龙梅梅Longmeimei】雨が降ったので、山でキノコが、というんだが、赤松キノコと呼んでます。赤松林に生えるキノコというのは、30種、コナラが混じればプラス20種、というので、いわゆる赤松茸という品種とは違うらしい。さすがに見慣れないキノコは捨ててますね。ドクベニタケとか生えるらしい。刻んできのこソースを作ってきしめんに乗せて。あるいはキノコのスープ。

「紅楼夢」の主題歌

| コメント(3)




【杨可爱Ukulele】「紅楼夢」の主題歌らしい。舞台劇? 珍しく旗袍姿でしっとりと歌います。最後まで座ったままなんだが、ラストは立ち上がってスタイルの良いところを見せて欲しかったなw 照明の使い方が洒落てますねw 旗袍はオーダーメイドできっちり体型に合わせて作るし、生地も絹だし、コスプレ衣装としては比較的、高価です。漢服は生地も化繊でいいし、縫製も体型に合わせるというような仕立てではないので、案外安いw

タクラマカン砂漠

| コメント(4)




【环球地理探索】タクラマカン砂漠というのは、砂砂漠としては世界一の大きさだそうで、その面積ときたら、日本の本州より大きく、日本全土よりはちょっと小さい程度というから、想像を絶するもんだ。長らく放置されていたんだが、前世紀末から油田の開発が本格化し、でもまだ油田の規模がどれくらいなのかすら明らかではない。結構な量があるらしい。アメリカも産油国だが、中国も産油国なのだ。

2015年7月24日、新疆ウイグル自治区人民政府は、郡直轄の郡レベルの地域からチャルチャン郡にタゾンタウンを設立すること、および現在のタゾン石油地区にあるタウン政府の事務所ビルを承認しました。委員会[2]。
タゾンタウンの経済は石油を中心に展開しています。タゾンタウンのエリアには、ペトロチャイナタリム油田支店、シノペック北西油田支店、大慶油田タドンカンパニーなど、100を超える油田ユニットと建設ユニットがあります。

まさに、開発はこれから。タクラマカン砂漠にも水がない事はないんだが、みんな地中に呑み込まれてしまうので、地下には豊富な水脈があるらしい。そこでアイデアなんだが、日本列島並みの広大な面積を太陽光発電にして、その下、日陰になって涼しいところで植物を育てて、地表に水分を取り戻しながらエネルギーを得る。せいぜい100か200mの井戸を掘れば水は出る。中国も黄土高原の緑化はそれなりに進んでいるようなので、あいつらなら1000年計画で「砂漠に緑を取り戻す」くらいの事はやってくれるだろうw

チャイナ娘くまちゃん

| コメント(4)




【チャイナ娘くまちゃん】中国人は酒のおつまみに何食べる?という話なんだが、この中国人の父娘、ずいぶん日本語が上手です。娘は美人だね。中国人は語学が得意で、日本に来て2-3年住むと、ネイティブ並みに喋るようになる。YouTubeでチャンネルやってる中国娘もいっぱいいますね。みんな日本語が上手だ。自分から言わなきゃ判らないくらい。まぁ、都会に住んでいる人は、日本人だろうが中国人だろうが、大差ない食生活です。




【李姉妹ch】中国人が食べるのをためらう日本の食べ物8選!というんだが、ドクダミの根っこ食うくせに何言ってんだ、というような感じなんだが、まぁ、生卵とか判らないでもないんだが、納豆。日本の納豆は中国から伝わったものです。鑑真が納豆を持ち込んだとも言われるが、それ以前から日本独自の納豆があったかどうかは定かでいない。

北宋や南宋に渡航した仏教僧たちが塩辛納豆を持ち帰り、再度国内に紹介した。寺院内でも盛んに生産したことから、これらは寺納豆とも呼ばれるようになった。こうした伝統を持つものが今でも京都の大徳寺(大徳寺納豆)、天龍寺、一休寺や浜松の大福寺などで作り続けられており、名物として親しまれている。このうち浜松地方で作られる塩辛納豆は浜納豆の名称で販売されている[13]。

南北朝時代、丹波山国荘の常照皇寺にいた光厳法皇が村人に藁包納豆(山国納豆)の製法を伝えた記録が残る[18]。室町時代になると、糸引き納豆が広く知られるところとなり、日常食として消費されるようになるとともに、「納豆」という言葉もまず糸引き納豆を意味するように変化していったとされる。

次に塩辛なんだが、これも大陸由来で、今でも韓国ではアミエビの塩辛はキムチに欠かせない。タイではカピと言うよね。

たとえば、タイでしたら「カピ」、マレーシア、インドネシアあたりであれば「ブラチャン」「トラシ」と呼ばれるアミ(エビ)の塩辛が、カレーのような料理などで、頻繁に使われているのです。それで、塩分とうま味をつけているわけです。

あるいは、すでに日本でも有名になってしまったタイの「ナムプラ」、ベトナムの「ニョクマム」のような調味料も実は塩辛です。その液体利用。日本の調味料でいえば、味噌と醤油のような関係です。

イナゴの佃煮はタイでよく食った、あっちのはデカいんだw 脚はボソボソして食えないので捨てるほど。タイでも田舎の食い物なので、ゴーゴーバーの娼婦が隠れて食っている。一匹貰って食って見せると親近感を覚えるのか、モテますw 白子はねぇ、XVIDEEO見てると、「おちんぽ汁くださーい」みたいな姑娘が出て来たりするんだが、違うのか?

「老婆」「老婆」

| コメント(11)




【香菜猫饼】中年少女を自称している人で、アラサーです。最初は美術館の職員をやっていんだが、ゲーム配信者に転身、そこから踊りも始めるという経歴で、踊りは子供の頃からやっているというわけではなさそうだ。その割には、仕草とか堂に入っていて、たおやかで優雅です。ACFANの元動画を見ると、「老婆」「老婆」の書き込みがいっぱいで、中国語の老婆というのは、

日本でいう「女房」や「かみさん」といった感覚で、くだけた場で使われます。ただ年齢層を限定することはないため、20代でも80代でもひとしく老婆=妻なのです。

あと、姉御、というような書き込みもw しっとりした色気あって、まぁ、イイオンナではある。

コスプレダンサー

| コメント(3)




【欣小萌】なんかbilibiliかなんかのイベントのようなんだが、中国では日本と違って商業ベースでこういうイベントが盛んなようで、コスプレダンサーたちは引っ張りだこw ギャラも発生するだろうし、「コスプレダンサー」というのが商業的に成立している証だろう。人口が多いというのはそういうコンテンツ・ビジネスが育つという事でもある。欣小萌ちゃんは茶目っけのある娘なので、こういうのはお似合いですねw

鱼腥味

| コメント(18)




【滇西小哥】折耳根、なんて読むんだ? オリハルコン? どくだみの根です。雲南省の人はこれが大好きで、よく料理に使う。生臭い匂いがするので、「鱼腥味」と呼ぶ。フライドポテトにも混ぜるw 折耳根のサラダ、落花生とともにクラッシュしたり、肉を巻いたり。スクランブルエッグにも混ぜる。焼いた魚も折耳根で味付け。折耳根の入った餅米のお握りもw 豪勢な宴会料理みたいだが、すべてが鱼腥味w

今の時期にタケノコ?

| コメント(3)




【二米炊烟】今の時期にタケノコ? と思うんだが、中国は竹の種類が豊富なので、ほぼ一年中、タケノコが収穫出来る。日本でも山の直売所では、夏のタケノコ、秋のタケノコを売っていたりする。茹でてスライスして干して、保存用に。豚足を炙って、水で戻したタケノコと煮込む。フナは油で揚げてからタケノコスープで煮る。タケノコはおいらも大好きなんだが、日本では一年中、水煮のパックが出回っていて、乾燥タケノコなんて料理には使いませんね。

慕慕&晓丹

| コメント(1)




【慕慕&晓丹】ムームートフィちゃんと晓丹ちゃん、トフィちゃんはお馴染みの健康優良セクシー系だが、晓丹ちゃんはカワイイ系で、その二人が並んで踊るというのは珍しいw 身体の大きさがずいぶん違う。トフィちゃんの方がひとまわり大きいですね。たぶん、この二人はレッスン仲間で顔見知りなんだろうね。そうでなくてもbilibiliのイベントとかで顔を合わせる事も多いだろう。

お祭りというとビキニのお姉さん

| コメント(6)




【視角ING】雲林というのは台湾中部の田舎らしい。このチャンネルやってる人は、各地の晚會でビキニのお姉さんを撮り歩いているようで、まぁ、台湾ではビキニはOKなので、お祭りというとビキニのお姉さん、というのは定番ですw 凄い靴はいてるね。ヒールだけでなく、全体的に上げ底で、20cmくらい高くなっているかも知れないw 台湾は行った事ないが、バンコクで台湾カフェにはよく通ってて、舞台があって歌手のお姉さんが次々に登場し、それとは別にホステスもいるんだが、頼めば歌手のお姉さんも横に座ってくれる。パッポン近くの路地で、なんでもハリウッド映画のロケに使われた路地だと自慢していたw 台湾カフェは料理が美味しくて、おいらの目的はそれだけだったので、後のことは知らんw

ラップをカバーしてます

| コメント(1)




【阿聖是嗩吶精】チャルメラというのは西洋の楽器だとオーボエに相当するらしいんだが、音はそうとう違うね。ラップをカバーしてます。元はこちら中國老總 · 閩南狼PYC。中国の楽器というのは、胡弓もそうだが、「安定した音が出しにくい」という特徴があって、逆にそれが表現力の豊かさになって、人の声のマネとか、しやすい。なんとも不思議なサウンドですw

ピンクのミノムシ

| コメント(3)




【香菜猫饼】ピンクのミノムシみたいにヒラヒラまみれの衣装で、お中華な曲に合わせて、お中華な踊り。中年少女を自称する猫餅さんなんだが、いやいや、まだまだイケますってw それにしても、中国では普通にアイドルオタク向けに中華色満開でやてるんだから偉い。日本で日舞踊るAKBなんかいないよね。日本が「日本文化」にとどまっているのに対して、中国が「中国文明」を名乗れるには、それなりの理由がある。

健康優良児

| コメント(4)




【慕慕有奶糖-】よく中国サイトからYouTubeに転載された動画なんだが、シッポが切れているヤツがあるんだが、この動画はアタマもシッポも切れてやがるw いつものトフィちゃんです。なかなかムッチリした身体なんだが、大人っぽいセクシーさというのはあんまりなくて、健康優良児みたいな風情。顔もちょいブサイクで、こういうオンナが実は一番モテるw 

米国の滅亡直前に放送される映像

| コメント(8)




【米国の滅亡直前に放送される映像】アメリカ人というのは脳味噌の深いところで終末思想に囚われていて、そこが仏教徒と決定的に違うところで、日本人は原爆ふたつも落とされても、ヘロヘロしているが、アメリカ人は東西冷戦時には終末論の虜になって、怯えて暮らしていた。この動画はフェイクだそうだが、その時代の雰囲気をよく伝えている。核戦争になったらアメリカ国民は銃で自殺しろ、と呼びかける動画ですw 原爆落とされてもヘロヘロしていた日本人と違う。この世の終わりダーというメンタリティはキリスト教徒特有。仏教徒に「この世の終わり」はない。輪廻転生。未来は永劫に繰り返される。BSの鬼平犯科帳みたいなもんだw

過剰にジャポネスク

| コメント(2)




【Yalisa】なんか過剰にジャポネスクなセットで、花魁道中の高下駄みたいなので踊ってます。それはいいんだが、畳の上で下駄履くなよw 曲はどうも陰陽師というゲーム由来らしい。これが、中国資本で、中国で企画され、声優は日本人という、最近流行りの方式。ところで、こちらでも同じような事をやっているんだが、

- 写真と映像撮影をご希望の方のご連絡をお待ちしております。
- 日本での現地撮影はコロナイシュー以降、可能だと思われます。
- 撮影に関するお問い合わせは下記アドレスまでご連絡ください。

衣装やセットをふんだんに揃えて、コスプレ好きでカネを持った女の子を相手に撮影をセッティングするというビジネスが始まっているらしいw

地牯牛

| コメント(8)




【李再媚】この娘はいつも山をほっつき歩いてカネになりそうな物を探している風情なんだが、今回は何だ? 地牯牛というのはアリジゴクらしい。漢方薬として高く売れる、というんだが、一斤3万円くらい。こんなもん500gも集めるのは容易じゃなかろうw 彼女が肩に担いでいるのは釣り竿セットですね。

胡桃

| コメント(3)




【野小妹 wild girl】胡桃というとパウンドケーキに使ったりするなぁ、という印象しかないんだが、そこは中国人、なんでも食っちゃう中国人なので、クルミも料理に使います。クルミを練り込んだクッキー、ポークリブのスープにも。サラダにもクルミ、クルミに砂糖と白胡麻まぶして。野小妹さんちの犬はいつも大人しくて控えめですね。犬は飼い主に似る。

「お風呂」が大嫌い

| コメント(4)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】犬というのは基本的に「お風呂」が大嫌いで、甲斐犬るんみぃは散歩してて猫の糞を見つけると夢中で糞の上を転げ回って匂いを移すんだが、自分の匂いをカモフラージュするためなんですね。せっかくアレコレ匂いをまとってカモフラージュしているのに、洗って匂いを落とされてしまっては狩りがやりにくいw しかし60kgの犬が駄々こねたら、どうにもならんw

八王子スーパーナンペイ事件

| コメント(1)




【八王子スーパーナンペイ事件】この事件も未解決なので、毎年のように「新しい情報が」という話が出てくるんだが、2020年には拳銃についてだったが、その拳銃は以前にも「和製ゴルゴこと、中村容疑者」が持っていた銃と線状痕が「似ている」とかいう話があって、線条痕が一致する銃が何丁もあるわけないんで、どっちか違っているのか、捜査員がテキトーな事を言ってるのか。おいらの調べた限りでは、「日中混成強盗団」というのが正解で、この時期からこの混成強盗団による乱暴な強盗が多発するんだが、その手口は、「金庫ごと持ち去る」というもので、スーパーナンペイ事件で金庫を開けるのに失敗したので、次から手口を変えたらしいw スーパーナンペイの金庫はホステスあがりのおばさんが開け方を知っていた筈なんだが、何故かその時には開けずに殺されたらしい。おいらが書いた中では、スーパーナンペイ事件の真犯人は日中混成強盗団が詳しい。関係者の多くが死刑になったり、収監されているので、真相が明らかになることはないだろう。暴力団が仕掛けて関係性のない多人数が関与した事件です。

密造酒、作り放題

| コメント(9)





【龙梅梅Longmeimei】メイメイさん、いつもワンピースでフェミニンな格好をしているんだが、亭主の趣味か? この動画では珍しく亭主も登場。娘も大きくなって、おしゃまで可愛い。さて、ブドウを摘んできてワインを作ります。氷砂糖を追加しているので、割と早く出来るようだ。中国の農村動画では発酵酒作りをよくやっているんだが、中国には酒税法がないのかね? 密造酒、作り放題?

Despacito

| コメント(2)




【慕慕有奶糖-】おいらのムームートフィちゃん、中近東風のウエディングドレス?みたいなので、ラテンナンバーの曲を踊ります。なんとも無国籍w ダンスも少し暗い中近東風w ムームートフィちゃんは身体がムッチリ逞しくて、健康優良児みたいw 衣装は手作りらしい。そりゃ、こんな服は売ってないだろw ひとつの動画のためにわざわざ衣装を作る。経済活動として、動画制作がまわっているんですね。




【あるごめとりい】足利事件とか横山ゆかりちゃん事件とか、まぁ、事情を知らされると極めて面白いんだが、群馬県で幼女に性的イタズラをして殺すという事件が相次ぎ、「犯人」と目される人物を逮捕し、刑務所に入れたんだが止まらず、新たな犠牲者が出るわけです。困ったのは警察で、犯人を刑務所に入れたのに、なんで止まらないw 結局、冤罪だったんですね。あるジャーナリストがそれを突き止め、冤罪だった「犯人」は釈放されるんだが、このジャーナリストはその裏に隠れていた真犯人も突き止める。ところが警察は動かず。今さら真犯人が出てきたら警察の恥だ、という、理由はそれだけw 

罪深い

| コメント(11)




【小深深儿】罪深い身体をして罪深い踊りでお尻をクネクネ。この人、身体に自信があって、最大限の露出度でセクシーさを強調するのが自分の役目だと認識しているようで、そりゃまぁ、悪くはないんだが、実は中華舞踊のレッスンを積んだ名手で、単なるエロ姉ではない。動画がみんな殺風景なスタジオ撮りばかりなのが物足りないが、なんせエロエロなので公共の場では撮れないんだろうw

カーペット

| コメント(2)




【那曲拉姆】家で使っているカーペットを川で洗おうというんだが、こういう遊牧民の作るカーペットというのは意外に高くて、でも、丈夫なので100年物です。アフガニスタンのヤツが会社にあって、土足で踏むので、年に一回はホースで水かけて洗車ブラシでゴシゴシ洗っていたw この娘のウチのは6万円くらいだが、お金持ちのウチのは何万元もするのよ、とか言ってます。




【小深深儿】割と洋風のセクシーダンスが売りの娘なんだが、今回はしっとりしたお中華な踊りで魅せます。脚が見えないのが不満だが、露出度の高い上半身はよろしいですな。貧乳というか微乳で、肌が白くて、フェミニンで、そそる。中国ではBLのドラマが共産党に怒られたりして「男は男らしく、オンナはオンナらしく」という割と保守的なのが共産党政権の方針らしくて、欧米のセックスレス的な風潮とは無縁のようだ。もともと中国は共産主義で、男女同権は自由主義国家より進んでいるので、フェミニズムは流行らないw

没入型テーマアート展

| コメント(1)




【小巫酱w】猫のポップアート展みたいなのをやっているらしい。ずいぶん手の混んだセットだと思ったら、その会場で、猫展の宣伝用動画のようだ。身体が貧相で色気の薄い小巫酱wさんなんだが、猫ぶりっ子のJK衣装なんてのは、もう独壇場です。「こんにちは、偉大な芸術家」没入型テーマアート展というので、アートの世界をポップに解釈した世界が展開されているようです。10月までやっているようなので、見に行ってやってください。おいらは行かないがw

元は韓非子

| コメント(6)




【隔壁林妹妹】河原で寝ていると、蟹が出て来て自分から鍋の中に転げ込むという、童謡で「まちぼうけ」というのがあったな。

待ちぼうけ、待ちぼうけ
ある日せっせと、野良稼ぎ
そこに兔がとんで出て
ころりころげた 木の根っこ

待ちぼうけ、待ちぼうけ
しめた。これから寝て待とうか
待てば獲物が驅けてくる
兔ぶつかれ、木のねっこ

北原白秋の作なんだが、元は韓非子だというから、話は深い。

法家の思想書の一つ『韓非子五蠹篇』の中にある説話「守株待兔(しゅしゅたいと、(くひぜをまもりてうさぎをまつ)」から録られたもの

ちなみにこの歌は、満州教育會の依頼によって作られた、満州唱歌だそうです。

セクシー系

| コメント(2)




【小深深】この娘初めてかと思ったら、以前にも紹介してましたね。髪が中国娘にしては短めで、新鮮でいいです。ここではセクシー系だが、中華舞踊みたいなのも踊る。いわゆるホッソーイ、乗っかったら壊れちゃいそうな娘ではなく、そこそこ肉感的なボリュームでいいね。これもスタジオだろうが、中国の大都会にはこういうスタジオが無数にあるようだ。このスタジオは初めて見る。

そろそろ月餅を作る時期

| コメント(4)




【滇西小哥】生えているコンニャクの根塊からコンニャクを作る過程という珍しいものを見せて貰いましたw そろそろ月餅を作る時期です。コンニャクは香味野菜のソースを乗せてサラダ。鴨肉のビール煮にもコンニャク。このビールが「花椒ビール」と言ってるんだが、コレか? 

花椒の実をペールエールに加えて発酵させたスパイシーなビール。カスケードホップと花椒の柑橘のような香りが爽やかに広がります。飲み終わった頃に控えめな辛さが舌に残ります。

これは日本製だが、中国にもこういうのがあるのか。みんなで何種類かの月餅を食べる。大王くんもハムの月餅のおすそ分けw 鴨鍋には野菜を入れて味の滲みた野菜も旨そうだ。

にぎやかなところで突然踊る

| コメント(3)




【李語蕎Hathaway Lee】また、人目につくところでへんてこダンス踊ってるな、と思ったら、いつものハザウェイ・リーさんです。台湾出身で上海で活躍中。この動画も上海だろう。にぎやかなところで突然踊る、というのは既に定番のパターンですねw カネもかからないし、遠出もしなくていいので、撮影は楽なのかも知れないw あとは度胸だけだw

特にお尻が良い

| コメント(3)




【小巫酱w】髪は金髪に染めているし、衣装はJKで、と思ったら旗袍になるし、割と立ち位置が明確ではないんだが、とりあえず美人でスタイルが良くて、なんとも色っぽい。特にお尻が良い。例によってほっそーくてしかも清楚な雰囲気でよろしい。




【那曲拉姆】チベット族の朝食というんだが、チベット族というのは世界で唯一、「オオムギを主食とする人たち」だそうで、それがどういう意味かというと、「オオムギは不味い」という事だw オオムギと、あとはギーとかミルクとかのヤク牛関係しかない。そこで新鮮なビタミン摂取のために必要なのがお茶だ。そこで茶馬古道だ。

茶馬古道(ちゃばこどう)とは雲南省で取れた茶(磚茶)をチベットへ人および馬で運んだことから名付けられた交易路である。南のシルクロード(Southern Silk Road)とも。7世紀の唐や吐蕃の時代にはすでに交易が始められ、20世紀中ごろが流通の絶頂期と言われていて、毛沢東が自動車道を雲南に作るまでこの茶馬古道は使われていた。

雲南省で採れたお茶を固めた餅茶にして運びやすくして、チベットに運ぶ。野菜の作れないチベットでは、お茶なしでは暮らせない。

妖精みたいなワンピースの女の子

| コメント(5)




【早上好七七】中国の大都市というのは例外なく大河に面していて、川っぷちが公園になっているようだ。雨上がり、まだ夜の空気は湿気を孕んでいて、しっとりと重い。いい雰囲気だね。こういう感じ、大好きだ。夜中まで飲んで、店を出るとこんな感じだと、しばらく湿気をまとって歩きたくなる。で、妖精みたいなワンピースの女の子です。顔は、特に美人でもないが、普通に地味めの若いお嬢さん。踊りもそこそこだけど、とにかくこの風景の湿度感がいい。

シアトル

| コメント(2)




【西城纪The West Story】シアトルのお中華サークルで、漢服が好き、中華舞踊が好き、ご尊顔を拝見したところ、アイドル志願とかそういうのじゃなくて、趣味的な集まりらしい。シアトルは中華系住民の多いところで、景気の良い中国本土からの観光客や投資も多く、それが黒人の反感をかって、ヘイトクライムが増えている地域だそうですw

中華民国風

| コメント(2)




【几兔灰】旗袍というのは女の魅力を見せるための定番なんだが、歴史的には満州族の衣装を元に、戦前の上海で夜の女たちがこぞって磨き上げたもので、「中華民国風」「とも呼ばれたりする。この旗袍は伸縮性のある記事でいっそうオンナの曲線を際立たせつつ、脚も見せやすくして、なんともエロい。旗袍だと髪はアップにしてまとめるのがお約束らしいです。




【プロの海老天ぷらは何故?真っ直ぐなのか?】プロの海老天っつったら凄いもんで、見てくれは20cmくらいあっても、中身は10cm以下とかアタリマエ、それを技術と言っていいのかw むしろ詐欺だろw おいらも海老天やエビフリャーは作るが、わざわざストレッチかけて伸ばしたりしない。竹串を刺してまっすぐにするw まぁ、天ぷらというのは色々と小細工のある料理ですw




【D.D.】どうも中国らしからぬ風景たな、と思ったら、アメリカの西海岸で活動している娘たちのようだ。まぁ、あのあたり、中国人は佃煮にするほどたくさんいる。なかなか凝った撮影をしてます。ここでは太鼓叩いているが、踊っている動画も多い。

鎌倉武士の装備というのが変態的

| コメント(5)




【ゆっくり深堀り考察【文化人類学】】鎌倉武士の装備というのが変態的だ、というんだが、そもそも騎兵には弓騎兵と重騎兵がいて、西洋の騎士なんかは重いヨロイを身に付けて、槍を持って闘う。もちろん接近戦だ。弓騎兵の典型はモンゴル軍で、軽装備のヨロイで、あるいはヨロイもなしで、機動力を活かして馬に乗って弓を射る。なので、接近戦ではなく、遠距離での戦いがメイン。役割が違う。ところが鎌倉武士は両方の装備で、半端といえば半端なんだが、それは何故なのか? というような考察です。ところで「日本刀」というのは何のために作られた武器か? というのもあって、馬に乗って日本刀ふりまわしても短すぎてあまり役に立たない。そこで八切止夫は、「日本刀は倒した敵の鳩首を掻くための道具だ」と言った。ウチの親父(日本刀収集家)は、「鎌倉時代の日本刀は馬から突っつくのに使ったから長かった」と言った。冗談ではなく、馬を降りて戦っても、日本刀より竹槍の方が有利だろう。まぁ、武士というのは色々と象徴的なモノを孕んでいて、単なる軍事的合理性だけでは推し量れない存在だ。

一神教こそが人類の癌

| コメント(41)




【世界のフシギ探検ch】ほとんどの先進国が一神教なのに、日本だけが一神教ではない、という話なんだが、話が逆で、世界的に見れば、一神教というのは特殊で、メソポタミア発、中近東とヨーロッパ中心に存在しているだけで、世界のごく一部です。中国だって、インドだって、一神教ではない。それが、大航海時代を経て、一神教徒が世界中を荒らしまくって、あちこちで原始的なアニミズム信仰を潰して歩いて、まるで一神教こそが唯一正統な宗教であるかのような押し付けをしているだけです。中国は基本的には道教と儒教で、イスラムも多少いるが、キリスト教徒は少ない。インドは元々多神教のヒンズー教徒で、イスラムに荒らされた時期もあるが、今でも基本的には多神教だ。一神教というのは器量の狭い宗教で、自分の神以外は認めない。そりゃそうだ。神が一人だから一神教なんだからw そうした狭量な態度が、多くの戦争を生んだ。一神教こそが人類の癌です。

秋も近い

| コメント(1)




【龙梅梅Longmeimei】ヒマワリなんだが、ずいぶんデカいです。種子をほぐして取り出し、落花生は殻付きのまま香辛料で煮込む。クルミを割って取り出し、クッキー作ったり、落花生のミルク割りとか。秋も近いですね。虫の音が聞こえます。

放牧の楽しみ

| コメント(2)




【那曲拉姆】放牧の楽しみ、というんだが、放牧はひとたび行くと一日帰れないので、お弁当持っていくんですね。石を拾って窯を作り、乾いた牛糞を燃料にして、鉄板で肉を焼く。ヤクの肉です。薄く切って焼く。ギーの油だけで、特に味付けはしない。ヤクの肉は固くて臭いので、漢人は食えないらしいけど、この姉妹は美味しい美味しいと喰らってます。ミルクティーなんだが、寒いので麦から作ったお酒もw ラムちゃん、19歳だぞw 後半はショッピング。チベット服選びに夢中です。

日本は唐の植民地

| コメント(22)




【ゆっくり解説】白村江の戦いで破れた日本は唐の植民地になっていた、という話なんだが、これは珍しい話ではなくて、八切止夫も書いていた。百済が唐の手羽先となって、日本人をブイブイいじめたので、「百済じゃないと差別された」というので、「くだらない」という言葉ができたという、おいおい落語かよw 中国から見ると日本は遠すぎるので、植民地になんかしない。ただ、反抗心を持たないようにしっかり見張っておこう、という程度だろう。神代文字については、そもそも神代文字が「作られた」のが江戸時代だと判明しているので問題外。文字を持たない民族や文化はいくらでもある。そもそも文字というのは、それを読める人が一定数存在しないと、文字として成立しない。全世界の文明史の中でも「文字の発明」というのは非常に少なく、ほとんどの文字は、どこかから文字だけ借りてきて、自分たちの言語に当てはめたというだけです。漢字もひらがなもカタカナもそうだ。漢字以前の文字があったなら、神代文字の刻まれたり書かれたりした土器が出てきても不思議じゃないんだがw

钰子

| コメント(2)




【钰子】この金玉を潰したような字は、タマと読むらしい。タマコ。一面の蓮田なんだが、そりゃ中国人だったら蓮根も食うだろうから蓮田もあるだろうが、蓮田の中を遊歩道みたいなのが作られていて、どうやら観光地でもあるらしい。日本でも土浦とか、これくらい立派な蓮田があるので、そういうのを作ればいいのに。蓮根なんか作ってもたいして儲からないので、いっそ観光蓮田にして、蓮の花で客を呼んだらいいと思う。蓮の花を間近で見ると、迫力があっていいもんです。さて、金玉子さん、動きがきわめてしとやかで優雅です。ただモンじゃねーな。

豚バラ肉の秘伝のレシピ

| コメント(0)




【小穎美食】三枚肉を卵液と片栗粉で揚げて、醤油、オイスターソース、チリソースで味付け、モチ米を敷いた上に乗せて30分蒸して出来上がり。調味料の沁みたご飯が美味しそうだね。この人の動画はわかりやすくていい。酢豚作りたくなっちゃったな。卵液と片栗粉ね。うんうん。

毛沢東のスキャンダル

| コメント(20)




【僕らの知らない物語】毛沢東のスキャンダル、というんだが、毛沢東がロリコンだったというのは有名な話で、毎晩、ウブな田舎娘を抱き放題。中国では「若い娘とセックスすると長生きする」という迷信があって、還暦のお祝いに子供や孫たちがカネを出し合って処女を買い与える、というシステムが有り、チェンマイにはそのための「処女屋」というのが1980年代まではあった。山岳少数民族から買ってきた娘が200人ほどいて、一度目の処女は5万円、二回目、三回目と価格は下落し、そのうち単なる娼婦になって処女屋を卒業する。おいら写真で見たことがある。おいらがチェンマイに行った頃には、既に国連に潰されていて、自分の目では見られなかった。残念だ。中国女というのは幼形成熟的なところがあるので、中国人のロリコンは潜在的には多いだろうね。日本のアニメやJK制服が人気というのも、それゆえだろう。

酔眼

| コメント(2)




【云门小卷】この人、そこらへんにいそうな色っぽいオバサンみたいな風情なんだが、今回はちょっと厚めの化粧で、イントロの酔眼で目が座っている表情なんかが素晴らしいね。このクラスの人になると踊りが上手いのはアタリマエで、センセエ級だから。それにしても、いつもは「地味なオバサン」みたいな顔してるくせに、化粧でこれだけ雰囲気を変え、演技で色っぽい酔眼をして見せるんだから、オンナというのは油断ならない。

遊郭

| コメント(1)




【歴史サロン【毎週土曜19時】】遊郭というと、おいらは遊郭にあがった事があって、といってもさすがに客として、ではない。小学生になったおいらが、同級生のところに遊びに行ったら、そこが廃業した遊郭の建物で、廃業後はアパートになっていたのだ。遊郭建築というのがあって、「玄関がやたら広い」「廊下が広い」「各部屋は狭い」という独特の造りなんだが、それを見ているし、覚えてもいる。三島遊郭は東海道の三島女郎衆の流れを汲む由緒正しい遊郭で、その歴史についてはこのサイトに詳しいです。ところで三島女郎衆といえば農兵節なんだが、歌詞の3番目以降はこうなっている。

●三嶋女郎衆はノ~エ 三嶋女郎衆はノ~エぇ~三島サイサイ
  女郎衆は~ぁ お化粧が長~い

●お化粧長けりゃノ~エ お化粧長けりゃノ~エぇ~お化粧サイサイ
  長けりゃ~ぁ お客~が困る

●お客困ればノ~エ お客困ればノ~エ お客困サイサイ
  困れば~ぁ 石の地蔵さん
 
●石の地蔵さんノ~エ 石の地蔵さんノ~エ 石のサイサイ
  地蔵さんは 頭~がまるい

●頭丸けりゃノ~エ 頭丸けりゃノ~エ 頭サイサイ
  まるけりゃ~ぁ カラスがとまる

●カラスとまればノ~エ カラスとまればノ~エ カラスサイサイ
  とまれば~ぁ 娘島田

農兵節はお座敷唄で、基本的にエロいわけだ。花柳界で歌われていたんだから。お化粧が長いとお客が困る、というのは、客を待たせておいて他の客のところに行く、いわゆる「まわし」ってヤツですね。石の地蔵さんというのは、オンナを待ちくたびれてチンコが勃ちっぱなしw でもって、「頭がまるい」まで判るんだが、そこから後が判らない。どうせエロい隠された意味があるのだろうが、今ではそんな芸者遊びをする人もいないし、そもそも三島から芸者も消えたので、既に意味は失われたw

伝説と呼ばれたフリュネの物語

| コメント(1)




【僕らの知らない物語】ギリシャ時代の売春婦の話、というんだが、確かにおいらは知らない話だw こういう古代の売春婦って、いいよね。日本でも白拍子とか、エイズも梅毒もない時代、ナマでヤリ放題w そんな時代に産まれたかったw まぁ、文化的成熟度は売春婦でわかる、といてう話があって、ヨーロッパ文明の絶頂期、第二次大戦前、世界中の高級女郎屋では、一番の売れっ子は金髪青い眼で、「パリ生まれ」を自称していた、という話があるんだが、確かにフレンチポストカードといってパリ娘たちのヌード写真を見ると、クオリティが高いw 今だったらさしずめ「日本のAV嬢」か。中国はエロ産業は規制が厳しく、そこからスターが育ちようがないw

山葵

| コメント(5)




【滇西小哥】雲南省というのは凄いところで、熱帯の果物が採れるくせに山葵まで採れる。これは陸山葵ですね。日本の高級山葵は水田で水耕栽培だが、これは土に植えている。山葵は捨てるところのない作物で、葉は一日乾かしてみじん切りにして人参と唐辛子とで合える。山葵の葉漬け。丸のままじっくり蒸し焼きにした豚肉にも山葵を添える。松茸やら黄金茸やら庭のミントやらローズマリーやら、山葵は鮫皮でおろしてますね。本格的です。山珍刺身だそうです。マッシュポテトに山葵醤油。牛肉のバター焼きにも山葵。焼き魚にも山葵醤油。なんとも贅沢極まりない食材たちです。

溶け込み三代

| コメント(7)




【山の漂泊民】山窩の話になると妙にロマンを抱く人が多くて、妄想を繰り広げたりするんだが、ここは比較的まっとうな解説動画です。ところで山窩の話になると八切止夫が出てくるんだが、おいらも一時、八切止夫に凝って、著作、数十冊を読んだ。八切止夫は切腹マニアで、しょっちゅう切腹するので、腹が傷だらけだったらしい。おいらの知人にはもう一人、オンナの切腹マニアがいるがw 八切止夫は死ぬ前に著作権を放棄したので、無料で読めるサイトがあります。

サンカ生活体験記
元治元年の全学連
江戸侠客伝
古代史入門
八切日本史
日本意外史
論考・八切史観
謀殺
徳川家康
秘聞 柳生石舟斎
信長殺しは秀吉か
織田信長殺人事件
信長殺し、光秀ではない

ところでこの動画で「溶け込み三代」という言葉が出てくるんだが、なんとなくその語感が気に入って、おいらもよく使っていたんだが、その正確な意味をここではじめて知った。「山の民が定住して三代目までは、山の仲間たちと付き合いがあるが、以後は絶縁とする」という風習があったらしい。おいら「在日も三代経つと日本に溶け込んで区別できなくなる」のかと思っていたw まぁ、大差ないかw

農民と開拓農民

| コメント(4)




【歴史サロン【毎週土曜19時】】戦国時代の農民と開拓農民の話なんだが、ところでおいらの母方の先祖は裾野市の下和田という村の出身で、真田幸村の一族が逃げ込んで開拓したところだと言われている。あのあたりは水が貯められない火山灰の土地なので、コメが作れない。蕎麦とか雑穀とか食っていた。蕎麦汁作るのにも海産物なんか買えないので、人参で出汁を作っていた。人参は甘い出汁になる。オヤジの方は遠州の出身で、遠州といえば牧之原、あすこは江戸幕府が瓦解した時に、江戸から追い出された御家人が開拓した土地で、やはり水がないのでコメが採れない。武士だった連中は絶えきれずに逃げ出して、地元の人たちが残された畑に茶樹を植えて成功した。というわけで、ウチの家系というのは農民より下の、開拓農民の末裔ですw

象山影視城

| コメント(1)




【欣小萌】芸能界からお呼びがかかって、TVドラマ出演です。象山影視城というころで、時代劇やTVで人気の武侠ドラマなんぞの撮影スタジオです。さすが中国は大きな国なので、こういう巨大スタジオが10箇所あるという。ちなみに日本映画の「キングダム」もここで撮られている。

中華人民共和国浙江省寧波市象山県にある映画村。テレビや映画の撮影地として建設され、主に歴史時代劇に適した中国の街並みや建造物のセットが組まれている。撮影のほか、一般向けの観光地としても公開されている。
広さは784,000平方メートル。2003年にテレビドラマ『神雕侠侶』のセットとして造成され、2005年より一般公開された。その後、春秋戦国時代区域、中華民国区域、唐王朝区域などが増設された。「十大影視城」と呼ばれる中国の巨大映画スタジオ10傑のひとつ[1]。

撮影の規模が大きいね。スタッフもNHKの大河ドラマ並みに人数が多い。知らんけどw 小萌さんは踊り子の役で、無事、撮影を終えて、みんなが拍手w

日本の少数民族

| コメント(52)




【キリン【考察系youtuber】】ふざけた動画で色々と「考察系」をやっているようだが、だいぶ人気のあるユーチューバーらしい。この動画も128万アクセスです。日本の少数民族、というんだが、アイヌと琉球は判るとしても、サンカと水上生活者を「民族」といってしまっていいのか? という気もしないでもない。サンカは三角寛という小説家が作ったフィクションだというのが定説になっている。

農家の4人姉弟の末子として生まれる。私生児であった[2]。幼少期に父親と死別し、10歳で豊後大野市大野町田中の真宗系の最乗寺に預けられる。1922年春、19歳で地元から出奔。日本大学法科卒業と自称していたが、筒井功はこれを疑問視し「三角の最終学歴は、小学校卒であった可能性が強い」[3]と述べている。

1926年(大正15年)3月、記者の手伝いをする雇員(非正規採用)待遇で朝日新聞社に入社し[4]、サツ回り担当(取材記者)となる。説教強盗の報道で話題となる[5]。このとき、取材先の刑事から「犯人は足が速いからサンカかもしれない」という言葉を聞き、サンカに興味を持つ[6][7]。記者時代は派手な飛ばし記事で人気を博す一方、上司から警戒もされていた[8]。

三角による山窩(サンカ)に関する研究は、現在でも多くの研究者が資料とするところだが、実は彼の創作である部分がほとんどであり、小説家としての評価は別として、学問的価値は低い。これはその後、多くの研究者により虚偽であることが証明された[16]。よって、三角によるサンカ資料は、三角自身による創作小説と見るのが適当である。

三角は当時、自分以外の者がサンカについて言及・研究すると激しく抗議し、サンカ研究を独占していた[17]。

サンカに近いような生活をしていた人たちがいた事はいたんだろうが、いわゆる「サンカ伝説」のほとんどは三角寛の創作です。日本文化の根底に流れる縄文的な世界への憧れが、サンカ伝説の素となった。

水上生活者の「家船」というのは東京オリンピックまでは東京湾にもいて、漁ではなく、荷物の運搬に従事していた。ストリッパーの田口ゆかりは、その家船で育った最後の世代です。

東京都大田区羽田の海老取川の船上生活者の家庭に生まれる。物心つく前に母親が家出、3歳の時、父が事故死、生活保護を受けながら祖母と少女時代を過ごす。14歳でキャバレーで働き、学校にもほとんど行かず不良の仲間入りをしてシンナー、売春などで中学三年の時、群馬県榛名の女子少年院に一年半入る。院内で中学の卒業資格を取る[4]。

1980年8月にサラリーマンと結婚をして、世田谷でパートをしながら主婦としての生活を送っていたが、昔の仲間からビニ本のモデルをやらないかと誘われ出演、たちまち人気が出る。その後、AV、裏ビデオ、裏本、ノーパン喫茶、のぞき部屋等で働き始める[4]。

ビニ本のモデルとして物凄く売れて、一時は物凄く稼いだんだが、およそ世間の常識という物をこれっぽちも持ち合わせない女で、稼いだカネを全部注ぎ込んで借りていたマンションの内装を豪華に飾り立て、家賃が払えなくなって追い出されたり、今では消息不明。つげ義春の漫画にも家船は出てくるね。ちなみに最近までは霞ヶ浦にも、「船に住む人」というのはいた。霞ヶ浦というと「帆引き船」なんだが、あの帆を張るのに適した風が滅多に吹かないので、漁師は女房ともども船に寝泊まりし、良い風が吹くと夜中でも飛び起きて帆を張るのだそうで、もっとも霞ヶ浦は埋め立てられて、そういう漁師も失職したw その後、彼らがどうなったのかというと、埋め立ての保証金で広い土地を貰って、そこを住宅地として売って大儲けw 今では川魚料理の店を悠々自適で経営しているという、まぁ、そんな話もある。というわけで、家船というのは民族ではなく、単なる「職業」です。

夏の家と冬の家

| コメント(4)




【那曲拉姆】ラムちゃんちは夏の家と冬の家があるらしい。意外に裕福なのは、冬虫夏草や松茸のような自然界の産物を採取しているからで、人間の生存限界みたいな高地で稼いでいるわけです。で、お姉さん今、夏の家にいると言うんだが、さて、服の整理をしてます。服は意外に高くて、ひとつ4万円くらい。それが20着もある。お姉さんもそんなに贅沢してると、成金しか結婚してくれないよぉ、とか言ってますw ラムちゃんが髪の毛に付けているビーズはチベット族の好きなやつですね。トルコ石もチベット族の好むところで、大事な服やアクセサリーはスーツケースに詰めておけばネズミに齧られない、と、そういう事ですw 冬の家はネズミが出るようだ。

白小白センセの教室

| コメント(3)




【全盛舞蹈工作室】若手の踊り手さんたちに人気のある白小白センセの教室らしいです。生徒は若い娘さんばかりですね。背の高いオッサンから「女らしい仕草」を学ぼうとレッスンに励んでいますw

悪魔の手紙

| コメント(0)




【解読された350年前の『悪魔の手紙』の謎】350年前の狂った修道女が書いた謎の暗号文をコンピューターで解読、というんだが、まぁ、謎の古代文字なんぞもこうして発明された物だろう。まぁ、性欲サカリの若い娘が禁欲的な生活を強いられていたら、気も狂うだろう。一神教というのは世の中を「善と悪」で二分化するので、戦争が絶えない。教義的にどうしても「自己正当化、他者排除」になるので、視野が狭い。多神教は善と悪のはざまに無限のグラデーションがあるので、まだマシだ。中国文明でも儒教はかなり二元論的だが、道教はきわめて多神論的で、新しい神様がどんどん作られている。台湾では、植民地時代の日本人が道教の神様になったりしている。ところで、さっき試してみたプレミアムショコラなんだが、テイスティングした残りをアイスコーヒーにして飲んだら絶品!だった。

中国人は西瓜が大好き

| コメント(2)




【二米炊烟】中国人は西瓜が大好き、というんだが、【二米炊烟】さん、西瓜が採れたので息子の誕生日のためにケーキを作ります。クッキーを砕いてバターを混ぜ、型に流し込む。クリームをゼラチンで固めて乗せ、西瓜葡萄をボールにしてゼラチンで固める。それとは別に、西瓜ゼリーも。中身を刳り抜いた西瓜の皮を使ってフルーツの盛り合わせ。濃密な母子の愛情の時間です。

リニューアル

| コメント(3)




【滇西小哥】古い家を改造してリニューアル。豚小屋とか牛小屋を潰して新しいキッチンスタジオ。今までは撮影していると他の家族がキッチン使えなくて大変だったらしい。中国では木造の家は多くないんだが、さすがに雲南省は木造ですね。もっとも大工といっても、ムラの素人大工みたいなもんだろうが。大王くんは外階段を登ったところが好きらしい。見晴らしがいいんだろうね。

胭脂

| コメント(2)




【紫颜】咬人猫さんが歌っている曲で、「胭脂」というんだが、なんか可愛らしくて不思議ちゃんみたいな感じの良い曲です。そして、踊っているのは紫颜さん。ご存知、中国舞踊の若手の名手です。咬人猫さんは踊りの専門家ではなく、アイドルの専門家なので、ちょっと立ち位置が違うんだが、さすがに名手が踊ると、しっとりした色気のようなものが出て来て素晴らしい仕上がりだ。

アーリーアメリカン

| コメント(14)





【Early American】アーリーアメリカンというサイトで、昔風のコーヒーなんだが、フライパンで炒ってますね。手回しミルで挽いて、ポットで抽出して布で濾す。ちなみにアメリカのコーヒーが「アメリカン」と呼ばれる浅炒りで薄いコーヒーになったのは、豆が焙煎済みで売られるようになってからで、コーヒーは深炒りにすると重さが減るので、浅炒りの方が儲かるからですw 浅炒りと深炒りでは10パーセントくらい違うw

東方伝聞録

| コメント(1)




【マルコ・ポーロは実在しない!?】マルコポーロの非実在説、というんだが、最近の研究では、マルコポーロという人物が中国まで行って、中国皇帝に仕えた、という事実は確認されていなくて、東方見聞録も中国に関する記述には不正確だったり、年代的に合わなかったりする部分が多くて、どうやらそのまま信じていいものだとは思われないらしい。マルコポーロがアジア貿易に従事していた商人なのは確かなんだろうが、その当時のーロッパ社会で言う「アジア」というのは、今の中近東の事であり、中国や日本といった「極東」というのはほとんど知られていなかった。

19世紀の後半から第一次世界大戦にかけての「近東」の概念は、トルコやアラブ世界にバルカン半島を含む地域を言った[2]。一方、「近東」と並行して用いられる場合の「中東」の概念は、第二次世界大戦後に定着したものとは大きく異なるもので、イランとコーカサス、アフガニスタン、中央アジアだけでなく、広義にはインドシナ半島やトルキスタンに至る地域を含むことがあった[2][3]。
第二次世界大戦後は中東と近東の区別が曖昧になり、ニューヨーク・タイムズは同じ地域に2つの呼称を使用していたが1954年に「中東」に表現を統一した[3]。

東方見聞録でも中近東に関する描写は緻密で正確だが、極東になると曖昧で不正確な記述が多い。なので、実際には「中近東で商売をして、ジェノバに戻った」だけで、そもそも中国までは行ってないんじゃないか、中国に関する記述は、マルコポーロではなく、別の人物の伝聞ではないのか?という疑惑があるわけだが、どうせ中国や日本なんて誰も行った事のない国なんだから、えーい。面倒くさい、みんないっしょくたにしてしまえ、というような、聞き書きをした職業的著述家のルスティケロ・ダ・ピサが盛ったのかも知れないw まぁ、いずれにしても、魏志倭人伝と同じで、事実と伝聞がいっしょくたになっていて、後世の歴史学者を悩ませている、というのは確かだろうw

JK制服ブーム

| コメント(6)




【十元酱】杭州は涼しくて雨模様なので、戸外で撮影できず。自宅での収録らしいんだが、あまりバタバタ暴れると階下からクレームがつくので怖いw らしいw ところで中国ではデパートで特設売り場が作られるほど、JK制服がブームだそうで、中国の学校でも制服がないわけじゃないが、ジャージの体操着そのままなので、全然ファッショナブルではないw そこで、日本のJK制服を私服扱いで着るのが流行っているそうで、中には学生じゃないのにJK制服を着る人もいるそうでw というわけで、「日本の女子高生の制服」という概念を離れて、「若い娘さんのちょっとお洒落な服」という扱いになっているようだ。

ワハーン回廊

| コメント(13)




【探索记】ワハーン回廊という不思議な地域があるんだが、アフガニスタンから中国ウイグルに向かって触手のように延びた通路で、むかしからシルクロードの要衝です。ここが、近代に入ってからはロシアとイギリスの緩衝地帯となり、今ではちゃんと舗装された道がないので、忘れ去られている。

地政学的に極めて重要にも関わらず、厳しい気象条件、険しい地形など外部から人を寄せ付けない要素が重なり、中央の支配や軍事的な関心が及ばない地域となっている。1970年代のソ連によるアフガニスタン侵攻、ソ連撤退後の内戦状態、2000年代のタリバンによる国土支配とその後の内戦などとも無縁のまま、ワハン人およそ1万2000人とキルギス人遊牧民1,100人ほどの住民は、回廊内でひっそりと暮らしている[1]。

さて、これから中国はタリバンを手懐けて、このワハーン回廊を繋げることができるのか? アメリカも巨額のドルを注ぎ込んで戦争なんかやってないで、こういうインフラに投資していれば、今のみっともない姿はなかったのにw

ヒンドゥークシュ山脈を越える東部の中国国境には、世界でも最も標高の高い国境のひとつとされるワフジール峠(4923m)(北緯37度5分33秒 東経74度28分49秒)があり、峠の東西で3時間30分もの時差がある。長らく峠は(少なくとも中国側は)閉鎖されている状態で、数十キロにわたり車両が往来する明瞭な道路は存在しない。2009年初頭、アフガニスタンに展開していたNATO軍は、安全な輸送路を確保するために中国に対して国境の開放を求めた。中国側は、回答をしないままタシュクルガン・タジク自治県側から道路工事の一部を開始したが、最終的に開放には至らなかった[8]。

このワハーン回廊とか、雲南とタイを結ぶ路線とか、中国が整備したがっている路線はあちこちにあって、中国にとっての最大の「防衛力」というのは、こういう地道なインフラ投資で近隣国との経済的交流を盛んにして、貧しい周辺国が、「中国がなければやって行けない」ようにする事だと思う。とりあえず高速道路だな。中国国境からカブールまで車飛ばして10時間。そうなればウイグルも変わる、アフガニスタンも変わる、まぁ、中国共産党は利口なので、とっくに計画を練っているだろうがw

| コメント(10)




【老子・荘子の教えを学ぶ】老荘思想、というんだが、江戸時代の政府が儒教を重んじたので、道教というのはあまり知られてないんだが、実は仏教以前に日本に伝来して、延々と生きてきた思想です。たしえば箱根の十国峠には「日金山東光寺」という寺があるんだが、そこの開祖は仏教伝世以前の西暦273年、松葉仙人が開祖だと言われている。邪馬台国の時代だ。邪馬台国自体が「鬼道」の国だったというんだが、鬼道というのは道教の古い呼び名です。日本文化のベースには、儒教より、仏教より古くから、道教がある。

西瓜の季節

| コメント(1)




【龙梅梅Longmeimei】西瓜の季節です。ウチでも西瓜はずいぶん売った。西瓜は昔は安かったんだが、年々高くなる。作り手が減っているからだ。農家は年寄りばかりなので、10kgもあるような西瓜を収穫し、市場まで運ぶのが大変で、だから値段もどんどん高くなる。中国人は日本人以上に西瓜が好きだね。メイメイさん、自分で育てた西瓜でスイーツを色々作ります。シャーベットが美味しそうだ。

ミニスカワンピの漢服

| コメント(2)




【十元酱】いつも感心するのは、美人で踊りがうまい、それは当然なんだが、この娘はファッションセンスが良くて、今回もミニスカワンピの漢服という、いい感じです。顔も東洋的で、衣装も踊りもアメリカの下品な路線とは対照的で、中国人というのは西洋文明に対する対抗心が旺盛で、そこら辺がアメリカかぶれの日本人とは違って頼もしいですw

60kg

| コメント(5)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】我儘勝手な犬に苦労しながら体重を計ろうというんだが、結局、人間が抱えて一緒に測って、人間の分を差し引きするしかないんだが、60kgあります。ほぼ人間と同じw ダワンは自分勝手で人の言うこと聞かない気儘な犬ですw

コーヒーの苗木

| コメント(2)




【カインズ植物図鑑 コーヒーの木の育て方】最近、コーヒーの苗木が観葉植物として売られていて、中には「育って実を付けた」と言う人もいて、まぁ、何粒あれば飲めるのか、気が遠くなるような時間がかかりそうだが、実はコーヒー樹は耐寒性はそこそこあって、日本で育たないわけでもない。ただ、苗のうちは霜だけでも枯れてしまう。観葉植物ならば室内なので枯れる心配はないが、そんなんで採算合うのかといったら合うわけないんで、沖縄では温室でコーヒー作っている人もいるんだが、採れたコーヒーはブルーマウンテンより高いので、そりゃビジネスにはならないw コーヒー栽培には「コーヒーベルト」と呼ばれる適地があって、コーヒーベルト内でも「標高1000m以上の高地」というのが最適。ウチで扱ってるコーヒーもみんな、標高1000m越えです。日本で標高1000mと言ったら寒すぎてコーヒー樹は枯れてしまう。つうか、露地ではどこでも無理だろう。レモンより難しい。

金髪に青い眼。それが漢服

| コメント(5)




【星悦】どっからどう見ても純粋な白人で、金髪に青い眼。それが漢服でイメージビデオ、というんだが、どうやらアメリカ在住の毛沢東のスパイらしいw まぁ、イマドキ、白人が着物だろうが漢服だろうが驚かないがw 30年ほど昔、おいらが高田馬場でエロ本作っていた頃、早稲田の女子高の生徒に白人娘がいて、古典的なセーラー服で通学しているのによく出くわしたもんだが。

世界中のどの街より先鋭的

| コメント(2)




【李語蕎Hathaway Lee】台湾から上海に移って活動しているハザウェイ・リーさん。イルミネーション煌めく街で優雅に踊ります。裳裾がせいせいとまくれ上がって、下半身が丸見えになるのがなんとも好ましいw しかし、イルミネーションを地べたに埋め込んで、広々とした広場で市民が憩う。なんせここ10年くらいでバタバタ建てたビルばかりなので、世界中のどの街より先鋭的だ。

元は台湾の人なんだが

| コメント(4)




【李語蕎Hathaway Lee】この人、元は台湾の人なんだが、本格的に活動するために上海に移住して、去年の5月からは上海を拠点にしている。今でこそ中国本土はカネを稼ぐマーケットとしては巨大で美味しいんだが、かつては香港で頭打ちになって日本に来て稼いだアグネス・チャンとか、台湾で頭打ちになって日本に来たテレサ・テンとか、マーケットの狭さから苦労していたようだが、今じゃ、上海へ出れば14億人の広大なマーケットが待っている。

契丹文字

| コメント(10)




【NativLang】言語学なんだが、契丹文字についての動画です。中国史に「遼」という国が出てくるんだが、漢人ではなく、モンゴル系民族が作った国で、漢字の影響を受けながら、まったく違った文字を創造した。こういう「漢字に影響されて作られた周辺民族の文字というのはあちこちにあって、どれも今は使われてないし、契丹文字についてもほとんど解読されてない。こんなもの研究して何の役に立つか?というんだが、何の役にも立ちませんw 契丹文字は契丹大字と契丹小字があって、大字は表意文字、小字は表音文字だとか、今では使われていない言語の、誰も書けない、読めない文字を命懸けで研究している人がいるわけで、まぁ、日本でも「古代文字」と称するモノがあるというんだが、こういう言語学者が見れば、「いつごろ」「誰が」捏造したかまで含めて、全部判明してしまうわけで、アカデミックな学問というのは凄いです。日本には「国字」といって日本で作られた漢字はあるんだが、たとえば「峠」だとかそうなんだが、体系的に作られたと認められる言語体系というのはないですね。そもそも、古代文字とか言ってる人で、アカデミックな言語学の知識がある人はいません。

民族衣装

| コメント(3)




【那曲拉姆】チベット族の民族衣装です。トータルで2600元だというから、39000円くらい。安いわけじゃない、結構な高級品です。「軽くて暖かい」木綿のようです。チベット族は冬虫夏草や松茸採りの収入で、最近ではそこそこ豊かな生活をしているらしい。ローブみたいな服で、競馬祭りに着ていくんだと言ってます。

サイバーパンク

| コメント(6)




【 中国未来城市】サイバーパンクで未来的な中国の都市、というんだが、サイバーパンクという概念がよくワカラナイんだが、あれか? スチームパンクとかバンクドラゴンとかの親戚みたいなもんか? それにしても中国の都市というのは夜になるとギンギンに飾り立てて、トラック野郎の電飾みたいですねw イマドキはLEDなので電気代もたいしてかからないし、国威発揚という意味では効果的なんだろう。

いつもの通り雑な動画

| コメント(4)




【隔壁林妹妹】いつもの通り雑な動画です。昼寝してると流れてくる腿肉w クミンと唐辛子と醤油で味付けして油を塗って焼いて、あー美味しかった、また明日来ようね、と、情けない顔した犬を連れて去っていく、という、まぁ、コイツだから許されるという雑な動画ですw

パン焼き窯

| コメント(2)




【滇西小哥】美味しいパンを焼きたいというので、まずはパン焼き窯から。中国でも日本でも田舎の人は、窯くらいは自分で作る。耐火煉瓦と泥と使って上手に組み上げます。乾燥させるのに20日間。大王が邪魔しっぱなしw 弟は手伝えるくらいオトナになりましたw ハンバーガーは以前にも作っていたんだが、それから3年、弟は成長し、大王という仲間もできた。しかし、彼女は結婚しないのかね?

ほっそーい中国娘

| コメント(2)




【小麦伊】美人でとてつもなくスレンダーで、またカメラワークが嘗めるようにアップで狙っていて、結構な事で。それにしてもこういうほっそーい中国娘というのはどっから湧いてくるのか? 中国だけじゃない、タイでも、こういう娘はいる。そういう娘はまた驚くほどメシを食わないので、まぁ、痩せてて当然なんだがw 

ベトナム料理

| コメント(0)




【Khói Lam Chiều】彼女の住んでいるベトナム南部の街の料理です。東南アジアは食材が豊富で、香草類も充実していて、世界的にも稀に見るグルメ度高い地域なんだろうが、タイまで行ってしまうと辛いし、インドはカレーだし、ベトナム料理はあまり辛くないので、日本人の口にも合う。麺は米粉のフォーが多いようだね。小麦粉の麺より軽くて、これも日本人好み。最近は在日ベトナム人も増えたので、ベトナム料理店はもっと増えてもいいような気がする。

夜の衛星写真から見える世界

| コメント(9)




【夜の衛星写真から見える世界】衛星写真から地上の光を通してその生活を窺う、というんだが、ところで昔おいらはバンコクから帰国する飛行機から東シナ海の漁船の灯りを見るのが好きで、あの広い海に満遍なく撒き散らされたイカ釣り船がせっせとイカを釣っているんだなぁ、と、感慨にふけったものだが、あと、ゴールデントライアングルのタイ側からラオスを見ると、見事に灯りがひとつも見えず、たまに見えるのは移動する自動車のヘッドライトだけ、というのも記憶に残っている。ラオスには国連の開発援助で作られた発電所があるんだが、電気はタイに輸出され、ラオス国内では使われない。さて、帰国便はやがて、台湾の上を通って沖縄へ。その頃には白々と夜が明け、現実に戻されるのだった。

招商銀行重慶支店-西安が提供

| コメント(7)




【招行特供】銀行が提供する動画です、この娘がなんとも愛らしい。素人っぽくていいね。招商銀行重慶支店-西安が提供しているらしい。この娘はよそで見たことがないので、踊っていたらCMに起用された、というわけではなさそうだ。新人のアイドルが最初からCMに起用されてダンス動画に仕立てているのではないか?

中華人民共和国広東省深圳市福田区に本社を置く銀行。略称は「招行」、英略称は「CMB」。招商局集団のグループ企業の一つとして、1987年4月8日に設立された。中国で初めての完全株式制の法人企業である。金融最大手の「八行五保」の一行である。

かなり大手の銀行で、「全日空、JCBとの提携カードをそれぞれ発行」していたり、「日本の漫画、アニメキャラクターをデザインに使用したカードを多数発行」していたり、オタクっぽい行員がいるのだろう。




【MAM-E COFFEE】チェンライで日本のNPOがやってるコーヒー栽培の様子です。チェンライで近郊では、30年以上前からタイ王母さまのプロジェクトやら外国のNPOやらが入り込んでコーヒー栽培を始めたんだが、元はクン・サーとか、国民党の残党が阿片栽培をやっていたところで、道も通わぬ山の奥なので、換金作物を作っても下界に降ろすのに大変で、阿片みたいに付加価値の高い作物でないと採算が合わない。でも、阿片はヤバいよね、というので、国王母の慈善事業でコーヒー栽培が始まった。おいらがチェンライをウロウロしていた頃は、まだわずかな出荷量で、空港の売店でお土産に売っているくらいだったんだが、今ではずいぶん質も量も向上し、チェンライの名産として知られつつある。タイとかミャンマーとかラオスとか、欧米の大手が入り込んでなくて、地元とNPO中心にコツコツ作っていて、極力、農薬や肥料に頼らない意識高い系栽培で、値段はちょっと高いけど、よく売れているようです。

フォルモサ

| コメント(1)




【影動台灣】認識老台灣というので、古き台湾を知る、といったところだろうが、中国本土は内戦と文化大革命ですっかり荒らされてリニューアルしたのでどこもピカピカの出来立てみたいな街が多いんだが、台湾は戦乱に巻き込まれず、時間がゆっくりと流れていたのか、中国の古き良き姿が残されているようだ。街にはパラペット建築もあったりする。パラペットが流行ったのは昭和初期までなので、戦前の物だろう。台湾て、何かタイムカプセルだったり、箱庭だったりして本土とはまた違った良さがある。台湾の別名は「フォルモサ」です。ポルトガル語で「美しい」という言葉の女性形。台湾ではコーヒーも採れるんだが、まだ飲んだ事はない。なかなか入手困難だし、とてつもなく高いらしいw

竹筒飯

| コメント(7)




【湘西石三妹】竹筒飯です。赤米のモチ米で、具はベーコンとソーセージ。あとトウモロコシも。味付けは醤油とオイスターソースと塩。竹筒に詰めて、そのまま蒸し煮。単純にして完璧な料理ですw 竹の香りがして良い物です。中身はチマキの中身と同じような感じですね。

中国秘密都市

| コメント(2)




【Reporterfy Media & Travel】中国秘密都市というんだが、なんだよその思わせぷりなタイトルf?と思ったら大連だそうで、大連というのは数奇な運命をたどった街で、長くロシアの租借地であり、それが日本の租借地となり、またソ連の租借地に、そして、1951年にやっと中国に返還されるという経緯をたどっている。最近は多額のカネを注ぎ込んで、「ヴェネチア風の街」を建設したり、元から「東洋のパリ」と呼ばれた、洒落た街並みだったんだが、ますます洒落た街になっているようだ。日本のヤクザが多いのでも知られているw

北朝鮮の農村

| コメント(4)




【Aramaki Project】北朝鮮の農村です。北朝鮮では農村と都会の格差ガーという話もあるんだが、見たところ、ほとんど車はなくて、トラクターは多少あるが、牛が引っ張ってる荷車が多い。自転車も多い。耕すための小型の耕運機は見られない。住宅は政府が建てたお仕着せの住宅ですね。近代化すればいくらでも生産力は向上するだろう。

台湾から与那国に渡る

| コメント(3)




【国立科学博物館公式】まだ歴史が文字で記録される以前の歴史。それを知るのが「考古学」なんだが、わずかな出土品と、あとは推測だけで作られるので、素人学者が珍説・奇説を吹聴したりするんだが、プロの学者がやってるのはもっとシンプルで地道な事なんだよ、という話で、「台湾から与那国に渡る」というそれだけの実証研究に、日本を代表する60名の人類学者が6年間かけて立ち向かった、という記録です。邪馬台国については、文献を素にアレコレ言うヤツはいても、「じゃあ、文献に記載されている道程を歩いてみよう」という人はいませんねw やってみりゃいいのにw

チベット族の入浴

| コメント(2)




【那曲拉姆】チベット族は風呂に入らない、というんだが、なんせ標高が5000m、寒くて汗をかかないし、そもそも住居に風呂がない。水が少ないので、風呂に入る習慣がない。それでも、最近は冬虫夏草を掘りに行くと汗をかくので、温泉に行く、というので、天然温泉だそうです。アラレちゃんみたいな眼鏡は、スマホばかり見ているので保護用らしい。肝心の入浴シーンがないぞw というか、恥ずかしいので個室でシャワーを浴びるだけのようです。

これが学問というもの

| コメント(11)




【bouncy / バウンシー】口で言うのは簡単なんだが、実際に可能かどうかを検証して初めて、仮説が単なる仮説ではなく、「あり得る説」になる。

日本各地の遺跡から、3万数千年前頃から、急に人が定着し始めたという痕跡が見られる。それらから、祖先は北海道、対馬列島、沖縄を渡って移住した3つのルート説が有力だった。
なかでも、当時大陸と陸続きだった台湾から沖縄へのルートは、海を渡る距離も長く最難関ルートだったと見られる。

日本人の先祖が台湾方面から海流に乗ってやって来た、という説は、柳田国男の「海上の道」から言われて来た話なんだが、「じゃあ、台湾から与那国へはどう渡ったのか?」というのを実証して初めて、あり得る説になる。で、やって見た、というんだが、竹筏や草舟では黒潮を乗り切れず、流されてしまう。流されたら、それこそ土佐とか和歌山までノンストップw 死んでしまうわw で、この「日本人がどこから来たか」プロジェクトは国家予算を注ぎ込んで、それで足りずにクラウドファンディングで金を集めて、三回目の挑戦、丸木舟でやって成功したという、これが学問というものです。邪馬台国論争みたいに、証拠もなしに口先だけでパーパー騒いでいるのは学問とは言わない。

七夕节

| コメント(2)




【李再媚】七夕节というんだが、七夕節。つまり七夕。中国では旧暦で、今年は8月14日だったらしい。親戚の火鍋屋の手伝いに行っているお嬢さん、マジメに働いているようだ。七夕节で客が多くて大忙し。もっともこういう娘はアルバイトとかパートとかではなく、一種の「修行」みたいなもんで、そのうち自分でも食堂を一軒まかされて経営する事になる。そりゃ、一生懸命に働くわw

トウモロコシの料理

| コメント(4)




【龙梅梅Longmeimei】ポップコーンはまぁ、いいんだが、トウモロコシのスープ、トウモロコシの炒め物、トウモロコシのジュース、トウモロコシのパンケーキ、田舎の人は、なるべく食材は買わずにある物を工夫して使う。タダだしw 食材を全て、カネだして購入しなきゃならない都会の人と、ずいぶん生活費は違ってくると思う。

投稿6周年

| コメント(2)




【雪足iYuki】投稿6周年、というので、年齢は20歳過ぎだろう。美人でスタイルも良くて、なかなかです。踊りは「踊ってみた」系で、中華系はあまりないようだが、この動画はスカートの中が良く見えて素晴らしい。白いズロースみたいなのを穿いてますね。しかし、6年間も続けられるというのは、それなりに見返りがあるんだろうね。お中華なヤツも含めて、こういうのは「コスプレダンス」なので、この娘も20歳過ぎてJK風が多い。

人類は計画的に海を渡ったのか

| コメント(14)




【人類は計画的に海を渡ったのか】歴史の話なんだが、東京大学の理学部の研究です。歴史なんてやってるヤツは嘘ばっかつくので、最近では科学的アプローチで実証的な研究をするのが流行っていて、特に文献が残されていない時代は科学的アプローチなしでの研究は欠かせない。それで考古学でも実験考古学とか、新しいアプローチが出てきているわけだが、ここで解説されているのは、「何人で移住したら」新天地で繁殖できるか? という研究で、コンピュータでシミュレーションしてみたら、「若い男女5名ずつ」で繁殖が継続できる、という結果が得られた、というものだ。なので、「偶然、漂流してたどりついた」レベルでは、生息域は広がらない。雲南象だって十数匹で移動していた。こうした研究の延長上に、葦舟プロジェクトとかあるわけだが、葦船では海流を乗り切れない、台湾から石垣島へは渡れない、もっと細くて海流を乗り切れる丸木舟が必要だ、というのが実験の結果、判明した。「学問」て面白いし、YouTube大学、面白いねw

ヤポネシア

| コメント(7)




【弘益財団の歴史TV】国立遺伝学研究所の教授さんだそうで、じゃあ、三島市在住か? 遺伝研というのは「イネはどこから来たか?」とか様々な研究をやっているらしいが、遺伝研の研究者は毎晩ショウジョウバエに餌をやらなきゃならなくて休日がない、とか、偉くならないとなかなかドイツ製の顕微鏡を使わせてもらえない、とか、下っ端の話はよく聞くんだが、なかなか学問というのも大変なんだなぁ、と思ったりもするんだが、この教授さんはそんな中でもかなり上位の研究者です。東大と京大の教授もやっている。ところでこの動画をアップしているのは、「弘益財団」という韓国の団体で、「日本の韓国に対する歪曲された認識の歴史認識を分析し、これを克服できる方案を見つけるために知恵を合わせよう」みたいな活動にも顔を出しているようなんだが、まぁ、政治的意図はともかくして、この動画で講演をしているのは文科省から多額の研究費を貰い、東大・京大の教授までやっている人なので、ここで紹介されているのは極めてまっとうな、科学的な現在の人類学的な認識です。人類学的な分析では、「本土日本人と韓国人」は、極めて近い関係にあるという、まぁ、アタリマエと言えばアタリマエの結論です。

大手銀行の正式な動画

| コメント(7)




【招行特供】大手銀行の正式な動画だそうで、ところで中国というのは日本と違って若手が自分の考えでバリバリと勝手に仕事するらしくて、最近も大阪領事館の若手外交官が公式アカに自作の萌え少女画を延々と載せ続けて怒られ、上司まで左遷された、というんだが、

中国駐大阪総領事館の口嫌体正直事件を徹底追跡報道。ツイ主はおそらく現在27歳アニオタ若手外交官、公式垢に自作萌え美少女画像アップのゆるふわ路線が戦狼に転換した理由は非習近平派の上司が粛清されたためか。

共産党からお目玉喰らうまでは、割と自由に動けるようで、日本みたいに暗黙の「同調圧力」というのがないらしいw 領事館ですらそうだから、そりゃ、銀行だってそうだろうw

复旦大学学生舞蹈团

| コメント(3)




【复旦大学学生舞蹈团】復旦大学というのは上海にある国立大学で、博士課程まで含めると学生数26000人。医学部まである総合大学で、国家重点大学というから一流校だろう。そこの舞踏サークルのようだ。みんな地味で賢そうな顔してますねw アイドル活動で動画をアップしている娘だけでなく、普通の娘さんも踊るのがだいすきなようです。

オート三輪と犬とお姉さんと

| コメント(2)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】オート三輪と犬とお姉さんと、それはいいんだが、色々と遠近感がオカシイ。オート三輪は原付きをベースにして後輪を2輪にしたものなので、このサイズでいいんだが、日本ではあまり作られたことのないタイプです。東南アジアではよく見る。大王は60kg以上あるそうで、毛が生えている分、お姉さんより大きく見えるw 大王は我儘な犬だが、お姉さんとはコミュニケーションが成立してますねw

招商銀行公式口座

| コメント(2)




【招行特供】色々と不思議なんだが、この娘の芸名というか、bilibiliのチャンネル名が「招商銀行公式口座」というので、ちなみに招商銀行というのは実在の銀行で、大手です。国際クレジットカードも発行している。銀行のマスコットガールか? ちょっと日本風の稚拙で幼稚な系アイドルで、バタバタしてるだけなんだが、確かに可愛い。

地政学的優位性

| コメント(13)




【社會部部長】このチャンネルは右とか左とかではなく、極めて冷静に、客観的、俯瞰的に地政学を語るチャンネルで、質が高い。今回はチベット問題なんだが、チベットがインダス河から黄河までのあいだにある全ての大河の源になっているという話で、チベットから流れ出す河に頼っている国は、インドから中国までの大陸部東南アジア全ての国です。いわば、インドも含めて東アジアの全ての国は中国にキンタマ握られているわけで、まぁ、日本だけは島国なので例外だがw 中国が文化大革命を経て、鎖国を解いて国際社会に出た時に、この地政学的優位性を知っていたから、100年後にはユーラシア大陸の覇権国家になる、という強い見通しを持っていた。まだ貧しく、貧弱な国家だったが。中国というのは、そういう壮大な歴史的グラウンドデザインを考える国です。

中央亜細亜横断鉄道

| コメント(10)





【社會部部長】幻の新幹線計画、というんだが、今の新幹線ではなく、戦前に計画され、着工もされていた弾丸列車計画というのがあって、東京と北京を50時間で結ぶ、というもの。函南町には「字・新幹線」という地名があって、新幹線公民館とかあったりするんだが、それがこの時の名残りです。統一協会が日韓トンネルとか言ってるんだが、それもこの計画の残滓。それだけでなく、既に戦前に「時速500km/hのリニアモーターカー」まで計画されていたというので、色々と今でもあちこちにその名残りがある。日本国内ではリニアは要らないけど、中国大陸は広いので、「時速500km/hのリニアモーターカー」が生きて来る。北京からは「中央亜細亜横断鉄道」となって、ヨーロッパまでも結ぼうという、遠大な計画だ。まぁ、強国の顔色見ながらその場しのぎの振る舞いしか出来ない小国日本には無理だなw 100年単位で物を考えられる中国ならやってのけるだろう。

気温と文明

| コメント(6)




【社會部部長】【文明の発展に「気温」は関係あるのか?】気温と文明、というんだが、なかなか興味深い話題で、人間の活動に必要なのは、まず、適度な気温と大きな河が大事で、その他にも色々と要素がある、という、まぁ、アタリマエと言えばアタリマエの話なんだが、こういうベーシックでアカデミックな基礎知識がないと、歴史というのは語れないわけで、そういう意味で言えば古代の朝鮮半島は寒すぎて、文明を生むには適さなかった。日本は適した地域もあるが、狭すぎて大きな規模の文明にはならず、常に影響を受ける中華文明の辺縁にとどまった。縄文文化は日本独自のものだが、次の弥生文化になると既に中華文明の傘下にあるわけで、まぁ、「文化」と「文明」とは、規模が違う。

トウモロコシのベッド

| コメント(2)




【阿盆姐家的大王 Apenjie with Dawang】大王くんはトウモロコシのベッドが大好きで、どいてくれないw 60kgもある犬なので、どかせるのも大変。イヤだと唸るんだが、60kgの犬が唸るとずいぶん迫力あるw 「アンタのソーセージ、他の犬にあげちゃうわよ」と脅されて、あわてて出てくるw




【BDF2021主题曲】bilibiliダンスフェステバルのテーマ曲だそうで、咬人猫さんの歌で、咬人猫さんを始めとして、集団で踊ります。bilibiliがお題を提供して、個々が独立したインデペンデントなアイドル志願の女の子たちが活動するという、資本主義社会ではあり得ない新しいシステムで、若い娘が「商品」として囲い込まれず、自分たちの考えで活動する。咬人猫さんはこうした動きの先駆者で、リーダーなので、ここで踊っている他の娘たちは彼女を慕って集まってきたメンバーだろう。

バグがー、バグがー

| コメント(5)




【那曲拉姆】美人と評判の、チベット族の少女。今日は標高5000mできのこ狩りです。5000mと言っても普段から高いところに住んでいるので、ちょっと歩くだけw 冬虫夏草の収穫は終わったので、食材にするきのこ狩りです。自動翻訳で見ていたらバグがー、バグがーというから何かと思ったら、「虫」だったw まぁ、バグの正しい用法ですw 野生のキノコは虫が多くて、山梨の道端で買ったのも虫だらけで捨てた。陽焼けを気にして日除けクリーム塗ってますね。採ったキノコは動画のファンが送ってくれた火鍋の素で鍋にして食べるそうです。チベット族というと風呂に入らないという印象があって、なんかホームレスみたいな印象なんだが、この娘は年齢相応にお洒落で今風です。

裸足で素足

| コメント(2)




【红杉】西海岸紅杉という名前の女の子です。裸足で素足。いいね。ミニの漢服というのも斬新で良い。少女っぽくて可愛い。スカートの中はズロースみたいなの。この曲は前に聞いた事があるな。なんか、ちょっとエロい感じの曲でこれもいいね。




【Khói Lam Chiều】豊かな大地の生産力を誇るベトナム。淡水魚というか、汽水域で貝やら鰻やら。水を張った田んぼに罠を仕掛けておくと、大きなカエルw もちろん食用だ。パイナップルも水田みたいにして雑な栽培をしてますwそして小魚。中国の華北は「同じ物を大量に作る」方向に特化しているようだが、中国でも南とか、ベトナムとか、大地の産み出す産物をありがたく頂く、というスタイルですね。田んぼのネズミはパチンコで撃ったり、掘ったりw こういう食生活をしているので、こういうところでは「農薬」が使えない。昔、日本が開発援助でタイに農薬工場を作って、現地の住人に怒られたという話もあるw アメリカはこの豊かな大地に枯葉剤を撒いて汚した。そして今、その枯葉剤は除草剤と名前を変えて、日本中にバラ撒かれている。

侗医

| コメント(3)




【湘西石三妹】侗医というんだが、正式な西洋医学でもなく、中医とも違うのか、ドン族の医者ですね。薬草の足湯とかマッサージとか、なんかゴソゴソやってますね。中国では政府の運営する大きな病院だけでは手が回らず、こうした民間の漢方医とか魔術師みたいなのが患者を治す。シーサンメーのお母さんは長いこと手の不調で困っていたらしいんだが、どうせ西洋医だろうが魔術師だろうが、すぐには治らないのは同じなので、それでいいんだろうw

「宋」は草食系

| コメント(4)




【ぴよぴーよ速報】中国史でも「五代十国」というのは複雑怪奇でわけわかんないんだが、唐が衰えて各地の勢力がそれぞれ自立して争った、というので、まぁ、日本で言えば応仁の乱以降、・戦国時代か。そんな中から「宋」という国が出てくるわけだが、宋は「趙匡胤が五代最後の後周から禅譲を受けて建国した」というので、まぁ、その出発からして「草食系」ではある。そもそも戦争やらせたら、耕作民族より、遊牧民族の方が強いよね。一人で戦える。馬に乗って神出鬼没、馬を走らせながら弓矢を使う。それくらい出来なきゃ、狩りはできない。日本でも「流鏑馬」ってのあるよね。対して、一人一人は農民に過ぎない農耕民族の軍隊が何十万人いたところで、「守る」事しか出来ず、「攻める」事が出来ない。歩兵が騎兵を攻めたって逃げられるだけだ。「謎の異民族」というが、生産力が低くて自前の国家を作れない、けれど軍事力だけは持っている。そういう連中です。片手で半自動のモーゼル撃ちながら、もう片方の手でもう片方のモーゼルに弾丸を詰める。通称「馬賊撃ち」と呼びます。ひとり軍隊w 北朝鮮を建国したのは、この馬賊だった。こういう馬賊みたいなのが昔からいて、豊かな村を襲う。農耕民族の村は、食料を備蓄していて、襲い甲斐があるw 牧畜民どうしで争っても、得る物は少ないw 中国史は、いつも「豊かな耕作民族が、北方の強力な軍事力の牧畜民に襲われる」という構図があって、ところが牧畜民は「国家」を維持するだけの生産力を持ってないので、いつも牧畜民が勝つとは限らないし、たまたま勝っても耕作地を維持できないので、一年分の収穫を強奪したら去っていく。元とか清とかは、例外的に支配が継続したケースなんだが、そういう意味では、「宋」が草食系だというのは正しい。ところで、宋の治世というのは生産力の向上と経済の活性化が目覚ましかった時代で、また、文化的にも豊かな時代だった。この時期の中国というのが、おいらは一番好きだ。謎の異民族の侵攻で宋は滅ぶんだが、モンゴル帝国が長続きしなかったのも、モンゴル王朝には、「農業を支配する」という事が出来なかったからだ。




【UCC上島珈琲 公式チャンネル】今日は昼から2時間ほど焙煎していたら、さすがに暑くて熱射病になりそうなので、途中で逃げ出して来たw 夏は焙煎屋は暇な時期なんだが、ウチはアイスコーヒー、水出し用のエバーグリーンがよく売れていて、アレは確かに良い豆だ。川平くんは今月は雲南に挑戦しているんだが、実は彼、雲南のコーヒーコンテストの審査員やった事があるそうで、現地も良く知っているらしい。「ひょっとしてティピカじゃないか?」と言うんだが、改良された耐病性、耐寒性の高い最近の品種ではないらしい。

アラビカ種には、さまざまな種類がありますが、ティピカは最も古く、歴史の長い品種。名前の由来は「典型的な」「標準的な」という意味のスペイン語です。ティピカの味わいは、際立った風味に甘味ときれいな酸味です。後述しますが、完全なティピカは非常に少ないのが現状です。めったに見ることができないため、コーヒー業界人でも本当のティピカの味を判断できる人は少ないと言われています。

栽培が難しいので、最近の産地ではティピカは作らないらしい。雲南は苗が持ち込まれたのが100年以上前、宣教師の手によって、という話があるので、古い品種なのかもしれない。「今回のロットは特に良い。でも、同じブランドでも、いつも同じクオリティの豆が入荷するとは限らない」と言ってましたね。というわけで、今回の川平マジック、雲南スーマオ、特にオススメ!

と、宣伝はこれくらいで、UCCさんの公式サイトで手網焙煎の紹介をしてます。生豆売ってるのかな? まぁ、業界トップ企業の余裕でしょう。使っているのはAmazonで3300円2980円で売ってる手あみロースターってヤツですね。




【ぴよぴーよ速報】「ローマ帝国」というネーミングは素晴らしいブランド力を持っていたらしくて、東ローマ帝国とか西ローマ帝国とか神聖ローマ帝国とかあって、最終的に神聖ローマ帝国が消えたのは1806年だと言うから、なんだよ、天皇家並みに続いたのか?というと、そうじゃないらしいんだが、ここら辺は高校で習う受験の西洋史くらいじゃトバクチにもならない。基本的には古代ローマ帝国が分裂して以来、ヨーロッパというのは一つにまとまった事がなく、蛮族が争い続け、領土を獲ったり獲られたり、落ち着かない地域だ。そこら辺が中国とは違う。中国というのは、分裂する事があっても、いつかまた一つにまとまっている。また、外部からの侵略者が来ても、丸ごと国を乗っ取ってしまうので、ヨーロッパとは違う。まぁ、中国では、発音というか喋り言葉は違っても、書き文字が共通しているし、官僚が科挙で選ばれた優秀なのばかりなので、アタマが変わっても丸ごと統治がしやすいのだろう。それにしても、ここら辺のゴチャゴチャは苦手ですw

チベット族の女の子

| コメント(3)




【那曲拉姆】チベット族の女の子です。この家では大量のヤクを飼っていて、冬虫夏草の採取もやっていて、かなり豊かに暮らしているらしい。ヤクの乳搾り。仔牛は繋いでおいて、母牛の乳を絞るだけ絞ってから離してやる。仔牛はお母さんのところへまっしぐらw ヤクたちは勝手に山に行って草を食うらしいw ヤクの糞は集めて積んでおく。燃料にしたりする。夏なのでヤクの伸びた体毛を回収して、糸に紡いでいます。この毛糸で編んだセーター、売ってた事ある。えらくゴワゴワして着心地悪いw オーストラリアから輸入した羊毛より安いらしいw

冥婚の解説

| コメント(2)




【冥婚,世上最可怕的逼婚】冥婚の解説なんだが、字幕を赤くして、その隣の設定で自動翻訳、日本語に設定すると、日本語の解説になります。YouTube最近凄いね。地球がどんどん狭くなる。冥婚というのはセンセーショナルな話題なので、こういう妖しい話は中国人が大好きで、もっとも現実にはほとんどなくなったんだが、山西省みたいな田舎では、密かに残っているそうで、オンナの死体が足りないので、知恵遅れの娘を買って来て、殺して冥婚に使うという事件も最近ありました。まぁ、中国というのは元々、そういう野蛮な部分を持った旧弊な国で、それが共産党政権下、弾圧されてなくなったのかというと、まだ無くなってはいないんだが、それでもずいぶん「近代化」されたのは事実だ。毛沢東以前の中国社会というのは、日本とは比較にならないくらい遅れた中世的世界だった。

百合

| コメント(13)




【二米炊烟】百合は、食用と薬用の二種類がある、というんだが、どっちにしろ食うんじゃないか、と言っても相手は中国人だから、正しい態度だ。百合根も採ってきて料理に使う。百合根を氷砂糖で煮る。ナシの実も加える。クコの実を加えて、百合と梨のスープ。カボチャと百合根を蒸して、花弁は天ぷらに。水で戻した乾燥花弁は炒め物に。おカネはかかってないけど、自然素材の贅沢なディナーです。

单眼皮女生

| コメント(2)




【十元酱少女】いきなり顔のアップから始まって嬉しい限りなんだが、どこかの路上で踊るんだが、時々、無音になる。現場ではどうやって音を出しているのかね? よく見ると右の耳だけ、ワイヤレスのイアホン入れてるみたい。はたから見たら無音なので、无音乐观看更佳、たしかに、「音楽なしで見るほうが面白い」わw ちなみに单眼皮女生というのは、「一重まぶたの女の子」という意味。顔も美人で、スタイル抜群で申し分ないんだが、胸が必要以上に揺れるのは、プラの中にバスタオルでも詰めて膨らませているのかw

神代文字

| コメント(39)




【古代文字の解読方法に世界が震えた!】古代エジプトのヒエログリフが解読されるまでの話をやっているんだが、ここら辺の話はおいらも好奇心旺盛な中学生の頃にずいぶん読んだんだが、ヒエログリフの刻まれた遺品は大量にあって、今ではすっかり解読されている。けれど、それまでには長い年月がかかっている。アタリマエだ。ところで日本の神代文字なんだが、あちこちに散発的に存在し、発見されたというんだが、学術的にはほとんど否定されている。そもそも、紙の寿命は1000年といわれる。1000年以上前の文献が残っているのは、それが写本だからで、そうでなければ石に刻んだもの。中国の漢字の歴史を勉強すると、その初期のものは全て、石とか亀の甲羅です。墓銘費として刻まれた物が多く、あとはせいぜい竹簡、木簡。漢字の発祥は殷の時代に遡るんだが、紀元前17世紀から紀元前12世紀。もちろん紙では残ってない。石に刻んだ物が多い。墓銘碑です。それから時代が下っても、周辺民族が自分たち独自の文字を作ったりするんだが、みんな漢字の影響を受けていて、独自に発生したものではない。そもそも、現存する書き文字というのは元をたどればアルファベット系と漢字系が多くて、「文字の発明」というのは、そう、容易な事ではない。卑弥呼の時代から中国大陸の影響下にあった日本で、中国の漢字の影響を受けない文字が独自に作り出されるというのはなかなか考えにくい。他にも、

橋本進吉が『万葉集』等の万葉仮名で記された奈良時代の文献の表記を研究した結果、上代特殊仮名遣と呼ばれる特殊な仮名遣を(再)発見した。この説によると、奈良時代には濁音節を含めて88音節存在した事になる。しかし『神字日文伝』に掲載されている神代文字の例には、字母数が50音であったり、平安時代に作られたいろは歌や五十音図順で掲載されたりするものがあり、これは神代文字が平安時代以降に創作されたためではないかとする[10][11]。

考古学の進歩により、古い時代の遺跡や古墳などから文字の書かれた土器・金属器・木簡などが発見されているが、これらの中にも神代文字を記したものは発見されていない。

などの、傍証もあって、ほぼ完全に否定されている状況なんだが、じゃあ、何故、神代文字が存在するのか? いつ、誰が、何のために作ったのか? まぁ、結論だけ言ってしまうと、「中国コンプレックスの江戸時代のネトウヨがでっち上げた」のだろう。神代文字が世の中に紹介されて知られるのは、江戸時代の「国学」の流行によって、です。

それまでの「四書五経」をはじめとする儒教の古典や仏典の研究を中心とする学問傾向を批判することから生まれ、日本の古典を研究し、儒教や仏教の影響を受ける以前の古代の日本にあった、独自の文化・思想、精神世界(古道)を明らかにしようとする学問である[1]。江戸時代中期、元禄のころの歌学者契沖が創始したとされる[1]が、後述のように、その源流は江戸時代の初期から既に現れ始めていた。なお、「国学」の語が使われるようになったのは、契沖を学んだ荷田春満の頃からである[2]。
古道説は賀茂真淵・本居宣長により、儒学に対抗する思想の体系として確立されていき、主に町人や地主層の支持を集めた[1]。この古道説の流れは、江戸時代後期の平田篤胤に至って、復古神道が提唱されるなど宗教色を強めていき、やがて復古思想の大成から尊王思想に発展していくこととなった[2]。

日本にも、漢字、そこから発生したひらがな・カタカナではない独自の文字があったはずだ、という思い込みが、神代文字を産んだ。ネトウヨはいつの時代も嘘つきだ。

作詞が「屈原」

| コメント(3)



【杨可爱Ukulele】楊さんの作った曲なんだが、作詞が「屈原」というので、おいおい、屈原といえば、楚辞に出てくる詩人で、春秋戦国時代の人だ。漢詩で作者の名前が残っている最古の人です。紀元前3世紀あたりか。日本で言えば万葉集というのがあるが、あれは紀元8世紀なので、1000年も違う。

かの君はまだ行かずにためらっている。
ああ、川の中洲に留まっているのは誰だろう。
美しくみやびやかに、粧(よそお)いも整い、
ゆらりと私は桂の舟に乗る。
湘水の神なれば、私は沅水と湘水に波も立てさせず、
大川の水を安らかに流れさせ、
かの君、湘夫人を望み見るけれども、まだ来られない。

湘君というのは伝説上の人物です。

○湘君は、『湘君』と呼称されるくらいだから、湘水の神であることは間違いない。その妻が湘夫人である。ただ、君山には、湘君・湘夫人は、帝堯の二女だと言う伝承が伝えられている。

○帝堯の二女と言われてもピンと来ないかも知れない。帝堯の二女は、帝舜の妻でもある。姉の名は娥皇、妹が女英である。帝舜の陵は、湖南省南部永州市寧遠縣舜陵鎮に存在する。ちょうど、湘水の源流に近い所である。

もっとも屈原自体も多分に伝説上の人物なので、そりゃ、キリストが生まれる何百年も前の話なんで、その詞をウクレレで流行歌として歌うという中国3000年の神秘だw まぁ、ギリシャでホメロスやオデッセイがそのまま歌詞として歌われるか、というと、あっちは長編叙事詩で、聞いても古代ギリシャ語なんて理解できる人は少なかろうから、ギリシャ文明は引き継がれていないわけで、綿々と文明が受け継がれている中国とは違う。

死後結婚

| コメント(1)




【死後結婚】日本にもあった「冥婚」というので、山形のムサカリ絵馬、というんだが、靖国神社に収められている花嫁人形というのも、冥婚の名残りですね。日本も中華文明圏なので、中華文明圏にしかない「冥婚」という風習がある。台湾にも「赤い封筒」という冥婚絡みの話があるんだが、

2015年現在は実際に起きればニュースになるほど珍しいものとなっている[7]。そもそもこの風習自体が過激に取り上げられていることが2012年に国立台北芸術大学大学院の修士論文で冥婚を取り上げた李佩倫によって指摘されており、2017年に公開された映画『血観音』およびテレビドラマの『通霊少女(英語版)』による影響によるものだとされている[8]。

「血観音」という映画は、特に冥婚だけがテーマになっているわけじゃないようだが、主人公の未亡人が、「国共内戦で東南アジアに敗退した泰緬孤軍としてミャンマーから台湾に渡ってきた」国民党軍の将軍の妻という設定があって興味深い。クン・サーとか、ドイ・メーサロンの段将軍とか、おいらも知ってるんだが、毛沢東主義に感化された少数民族ゲリラと戦ってタイ政府の信頼を得たり、まぁ、そっちの方も色々とドラマがありそうで、誰か、映画化しないかね?

火鍋屋

| コメント(4)




【李在媚】釣りばかりやっているこの娘、知人の火鍋屋を手伝ってます。店の制服がセーラー襟で可愛いね。レジがPC表示で支払いもキャッシュレスなんだろうね。お中華方式では、レジというのは身内にしか触らせないものなので、愛人の数だけしか出店できない、なんていう話もあったんだが、今じゃキャッシュレスの世の中で、手伝いの小娘でもレジ使えるw それにしても中国娘はテキパキと良く働きますね。ボルネオで見たんだが、原住民の娘はトロクサしていてボーッとしているが、華人の娘は物凄い勢いでテキパキと動いていた。やはり、どう考えても中国人というのは能力が高いわw




【十元酱少女】シルエットの映像が見どころで、ウエストの細さが何ともたまらない。おっぱいー、とか、おしりーとか、そんな事言ってるウチは初心者、プロはウエストに注目する。ちなみに、オンナというのは20歳くらいまではウエストがくびれてなくて、ズドンとしている。25歳から30歳くらいがベストで、ウエストがきゅっと締まり、色気が出てくる。おいらはエロカメ時代、セーラー物ばかり撮っていたので、そこんとこは良く知っている。セーラー物で一番売れたモデルは29歳のオフコン・インストラクターだったw




【世界のフシギ探検ch】おいらは聖徳太子はキリストだった! というんだが、「厩戸皇子」と言って、馬小屋で産まれたというのがそもそも怪しいんだが、ここではオルフェとイザナギ伝説の類似について語っているんだが、こういうのは「神話学」といって、割と最近になって研究されている学問です。日本神話のベースにギリシャ神話があった、というのは、既に定説となりつつある。古代の謎とか、陰謀論やオカルトに囚われがちなんだが、このチャンネルは割とアカデミックな正統派で、オカルトっぽいところはない。

世界恐慌

| コメント(7)




【ぴよぴーよ速報】世界恐慌、なんだが、それから100年という区切りがやがて来るわけで、あの時代と今と、どう違うのかというと、あまり違ってないわけで、まぁ、おいらの表現では、「資本主義の夢が破れた」というように思うんだが、アメリカ以外の国ではそれぞれがそれぞれに努力して大恐慌を克服したのに対して、アメリカだけは克服できずにズルズルと戦争によってむりやり「消費」を作り出して、不景気を克服する。そこから、「戦争は儲かる」というネトウヨがよく言う神話が生まれるんだが、じゃあ、「誰が儲かるのか?」「その費用は誰が出すのか?」というところが問題であって、言うまでもなく、戦争で儲かるのは軍需関連産業など、戦争屋のユダ金、そのカネを出すのは国民。国民のカネをユダ金に付け替えるだけの行為だ。言うまでもなく「戦争」というのは「消費」であって「生産」ではない。過剰な生産力を戦争によって消費し、生産力を維持する。アメリカはそれでいいかも知れないが、過剰な生産力なんてない国が、その相手をさせられるんじゃたまったもんじゃないw 第二次大戦の日本がそれだw そして、大恐慌で失われた資本主義の夢が、今度は新自由主義と名を変えて復活。今度は「中国にコロナの賠償金を請求する」なんか無茶苦茶を言ってるんだが、中国に大量に握られているアメリカ国債を踏み倒すためのイイワケですw まぁ、中国は日本と違ってアメリカを凌ぐ強大な生産力を持った国なので、ライバルの日本を叩き潰した時と違って、叩いても潰せない。アメリカが一方的に消費させられるだけに終わる。

21080701.jpg

「アメリカが強大な生産力を持った国」なんていうのは幻想。上の図は、粗鋼生産量。アメリカはロシア以下。中国の1/10にも満たない。戦争なんて出来ないよ。

ドラゴンフルーツ

| コメント(2)




【野小妹 wild girl】ドラゴンフルーツなんだが、名前がおどろおどろしくて、色が毒々しい。その割には味は普通で、特に日本に輸入されるヤツは未熟なままで収穫されるので、あまり甘くないらしい。産地で完熟させたヤツは糖度が20くらいあって、凄く甘い。さて、ドラゴンフルーツゼリーにしたり、小麦粉混ぜてパイにしたり。白いドラゴンフルーツの花はサラダに。帰ろう果皮は炒め物に。ヨーグルト、キウイと合わせてデザートに。華やかな食卓です。

雲南コーヒー

| コメント(4)




【滇西小哥】この動画は以前にも紹介したかも知れない。川平くんが今月の川平マジック、雲南を取り上げるというので、改めて。ここに出てくるコーヒーの産地は保山というところで、ウチの雲南思茅より南の産地だそうだが、ちなみに川平くんによれば、「まだ収穫には数週間早い」そうです。まぁ、雲南の人にはコーヒーを飲むという習慣がないので、飲まされた家族も「苦ーい」とか言ってますねw 雲南の場合、ほとんど雪が降らないので、コーヒーも栽培できる。四川省あたりだとたまに大雪になるので、コーヒーは栽培できない。コーヒーに雪は大敵で、今年はブラジルで降雪があったので、コーヒー豆が暴騰している。樹が小さいうちは霜でも被害を受ける。今日は焙煎サンプル用の雲南を川平くんに届けたんだが、「ちょっと軽めに仕上げたらいいかな」とか、早速シュミレーションしているようでした。乞うご期待w




【文革时期的知青地下歌曲】文革期に青年たちが唄っていた地下ソング、というんだが、下放ですね。中国共産党は、大都会で紅衛兵として暴れまくっていた連中を沈静化させるために、若者を片っ端から田舎に送り込んだ。おいらの知人の胡弓弾きは、11歳でコンサートデビューしたんだが、間もなく文化大革命に巻き込まれ、父親が日本軍の協力者だったのでずいぶんいじめられ、苦労したらしい。でも、下放されてからは胡弓を弾いてみんなを慰め、励まし、やがて地元の人からも良くして貰えるようになったと言っていた。芸は身を助く。中国の高度成長を支えたこの世代というのは、みんな、下放経験者です。下放は紅衛兵に限らず、全員が送られた。文化大革命が終わって、やっと故郷の都会に戻った彼らは、必死に働いて今の繁栄を作り上げた。文革世代というんだが、色んな意味でこの文革世代の腹の座り方というのは半端じゃない、とよく言われます。日本のヒキコモリネトウヨも、山奥の限界集落に下放したらいいかも知れないw

金耳

| コメント(3)




【滇西小哥】金耳----云南特有的"真菌皇后" というので、キノコの女王と呼ばれる金耳なんだが、白キクラゲの仲間のようだ。「生で食える」とかというんだが、例えば生の椎茸を食いすぎると腹を壊すので、生で食えるキノコというのは珍しい。雲南では天然物が採れるんだが、ここでは養殖ですね。サトウキビの絞り滓を台地に使っているようだ。サトウキビの絞り滓は象の餌にもなる。「ちょっとぉ、ワタシのためにニワトリ絞めて来て。いちばん大きいの!」とか言ってますねw 鶏鍋の具にするんだが、生でサラダにもする。揚げたり、姿煮にしたり、今夜は金色キノコのフルコースです。余った分はフェイシャルパックに使っているw

それは海抜1900-3300メートルの麗江とシャングリラでのみ利用可能でした。 しかし現在、雲南省の多くの場所に植えることができます。

養殖は最近始まったらしい。流通が発達すると、地方のこういう珍しい産物が都会に送られ、現金収入のなかった村に現金収入をもたらす。

森高千里

| コメント(9)




【森高千里 17才 1989】森高千里が活躍した時期というのは意外に短いんだが、日本ではアイドル不毛の時代で、他にめぼしいアイドルがいなかったので、凄く印象に残っているんだが、彼女は「モデル」としてデビューしたんだが、実はデビュー前からバンド少女で、音楽をやっていた。その割には特に歌唱力が凄いというわけでもないんだが、この曲ではラストでわざわざスカートをまくれあがらせて尻を見せ、そこに大きくMと書いてあるのが見せ場w 彼女の引退後、一時期松浦亜弥なんてのもいたが、彼女も引退。アイドル不毛の時代は今に至る。集団でお遊戯やっているような連中はアイドルではない。ピンで男の視線を釘付けにしてこそ、アイドルってもんだ。




【偉大なプロレタリア文化大革命はちょうど良い1975年】文化大革命の末期に流行った歌らしい。いかにも元気の良いプロパガンダ曲で、当時の中国というのはこうしたプロパガンダしか存在しない、普通のマスコミというのが存在しない国で、もちろん、雑誌も書籍も、革命一本やり。まぁ、毛沢東の語録も、池田犬作の人間革命も、読んでみりゃ、それはそれなりに良いことが書いてあるわけで、幅広く知識と教養を身に着けているわけでもない若者が「革命無罪」とか「造反有理」とか吹き込まれ、自分の教師や親さえも反革命だと吊し上げて殺し、まぁ、中国をメチャクチャにしたわけだ。今でも毛沢東の評価というのは中国国内でも微妙なところがあって、毛沢東にあまりに思想的に近い政治家は失脚させられたりしてる。といって、毛沢東の悪口も許されているわけではない。歴史的に毛沢東の評価がどう定まるのか、あと1000年くらいかかりそうだw 興味深いのは、「7億人が毛沢東議長に続き、革命を続けた。」と歌詞にあるところで、文化大革命当時の中国は人口が今の半分だったんだね。

長平40万人大虐殺

| コメント(11)




【ぴよぴーよ速報】中国史というのは日本史と違ってダイナミックでいいね。他人事だから、面白い、面白いで見てられるしw 長平の戦い、というんだが、趙と秦が戦って秦が勝つんだが、負けた趙の兵士40万人を、秦が全員、生き埋めにしてしまったという、それ、なんて南京大虐殺?というような話なんだが、さて、現実にあった話なのか、大袈裟なのか? まぁ、現実にあった話なんだろうね。そのうち40万人の骨が出土するだろうw 日中戦争で日本が中国に送り込んだ兵隊が100万人とも言われるんだが、秦の始皇帝以前から、中国は何十万人単位の戦争をやっていたわけで、そりゃ、100万人くらいじゃどうにもならんw アメリカが中国と戦争するとして、100万人の米兵を中国大陸に送り込み、張り付け続けられるのか? という話でもある。まぁ、米兵40万人を生き埋めにするくらいの事は、中国はやるだろうがw

太平天国の乱の背後にCIAが

| コメント(5)




【ぴよぴーよ速報】太平天国の乱、というんだが、西洋思想にカブれたキチガイが国を混乱させた、と言うんだが、おいらの見立てではCIAだな。CIAが科挙に通らなかった不満分子を操って、叛乱を起こさせた。間違いない。だから共産中国も警戒して、法輪功の徹底的な弾圧をした。法輪功はCIAの中国支部で、韓国支部が統一教会w 法輪功を野放しにしていたら、太平天国の乱になるのは必定。輪切りにして人体標本にしたとか、臓器を抜いた、という噂も、あるいは中国側が意図的に広めているのかも。凌遅刑みたいなもんで、一般庶民に対しての「見せしめ」なのだ。太平天国の乱の背後にCIAが、というと、時系列的に合わないというんだろうが、太平天国の乱の背後にジェームス・ボンドが、と言っても良い。ちょうどその頃、日本はイギリスを拠点とした西欧の戦争屋勢力に掻き回されて混乱していたわけで、連中は中国でも日本でも同じような手口で掻き回していた。日本では長く切支丹禁止令があって、キリスト教の看板は使えなかったがw

文化大革命

| コメント(3)




【ぴよぴーよ速報】文化大革命、という話なんだが、1966年に始まったというんだが、その当時、おいらは短波ラジオを持っていて、北京放送をしょっちゅう聴いていたんだが、アメリカ帝国主義は張子の虎、とか景気の良い事を盛んに言ってて面白かった。北朝鮮の放送も面白かった。モスクワ放送も面白かった。アベシンゾーのやってる事というのは、毛沢東と同じで、ところが人気なんかないのでお雇い紅衛兵w 統一教会の派遣した傭兵w 情けないw まぁ、毛沢東は稀代の破壊神で、中華帝国2000年の封建的な残滓を一掃することには成功した。だから、今のスッキリ生まれ変わった中国がある。アベシンゾーは逆で、やり方だけ真似しても中身は旧弊な戦前からの体制なので、まったく逆だ。

その時に撮った動画がこれ

| コメント(1)




【十元酱少女】昨日、撮影風景を紹介していたヤツなんだが、その時に撮った動画がこれです。この娘、いつも衣装が洒落ているのに感心するんだが、センスが良いんだろうね。衣装を自分で選び、撮影機材や技術を身につけ、撮影場所を探し、中国のアイドルは自己プロデュース能力が異常に高いw 

キエンザン

| コメント(4)




【Khói Lam Chiều】キエンザンというのは、ベトナムの西の端の港町です。今回は料理は出てこないね。ここもご多分に漏れず、中華の影響を受けているんだが、ベースになるのはクメール文化です。山があり、海があり、水田もあり、自然豊かで多彩な自然がある街です。ベトナムとかタイとか、東南アジアの諸国というのはまだまだ地方に昔ながらの生活が生き残っていて、面白い。

とうもろこし豆腐

| コメント(2)




【闽湖阿嬤Fujian Grandma】農村動画でも、若い女に頼らない作りのヤツもあって、これは「福建おばあちゃん」というチャンネルです。とうもろこし豆腐を作ります。豆を茎から外したら、水に浸して石臼で挽く。お湯をくわえて絞り、石灰水を入れて、凝固して来たら絞って固めて、はい、とうもろこし豆腐。日本の場合、とうもろこし豆腐は葛粉で固めたりするんだが、こちらは本格的な作りです。

自己プロデュース

| コメント(2)




【十元酱少女】いつもの十元醤少女さんが、自分の動画撮影について解説してます。キヤノンのR6ですね。あとは三脚と。地味なオバサンがいるんだが、この人がカメラマン兼お手伝いか。動画編集は自分でやっているようです。中国のオンナというのは極端なアニメ声が多いんだが、この人は上品な普通の声です。もっと多くのスタッフ抱えている踊り手さんもいるんだろうが、ここら辺がミニマムな撮影チームで、こりゃ、アイドル本人がよっぽどしっかりしてないと出来ないわw 日本のアイドルとは持っているスキルが違う。自己プロデュースの出来る頭の良い娘でないと、スタートラインにも着けない。ちゃっかり清涼飲料水のステマも紛れ込ませてるしw

土鍋でコーヒー焙煎

| コメント(1)




【Takashi TOMII】土鍋でコーヒー焙煎。おいらも焙烙で焙煎した事はあるが、蓄熱が凄いので、焙煎に時間がかかり、しかもハゼ始めると蓄熱だけでどんどん進んでしまうので、コツが必要だ。それに、鍋焙煎でもそうなんだが、ムラが出やすい。もっとも、ムラが出たと言っても、自家焙煎では必ずしもデメリットというわけじゃないので、飲めば普通に美味しいんだけどw

アンジェリーナ・ジョーダン15歳

| コメント(4)




Angelina Jordan CoverChannel】裸足でビリー・ホリデイ唄っていた幼児が、すっかり成長してグラマーなお姉さんになってます。宇多田ヒカルっぽいかすれ声が魅力だね。天才少女と呼ばれた歌手は多いが、この娘は順調に成長してます。それにしても身体がムチムチだなぁw とはいえ、まだ15歳w




【十元酱少女】清楚で上品な娘さんでおいらのオキニなんだが、今回は漢服で踊ります。おしとやかに優雅に。途中、スタジオでの映像になると、衣装が旗袍になる。この旗袍がまた、上品で、ファッショナブル。フォードのクラシックカーまで登場して、なかなか凝ってます。

波打ち際にブランコ

| コメント(2)




【泡芙喵】波打ち際にブランコ、という不思議な景色で、もとから設置されているのか、撮影のために持ち込んだのか? お嬢さま風のワンピースに安全パンツで、美人で、安心して見ていられる。最後に裸足になって波打ち際を走る光景も、デビュー当時の松田聖子みたいでいいねw

阿盆姐家的大王

| コメント(2)




【阿盆姐家的大王】知らない間に大王くんのチャンネルが出来ていた。大王くん、犬種はアラスカ犬だそうです。体重はお姉さんと同じくらいか、それ以上。トラックの荷台から降ろすのに大騒ぎw やっと降りたと思ったら、今度はバンの運転席で寝てしまったw わがまま放題ですw

今回はまた、色っぽいところを

| コメント(2)




【云门小卷】この人、中国舞踊では師範級の腕なんだが、今回はまた、色っぽいところを見せてくれてます。脚は見えないが、上半身は露出度が高く、お尻の見せ方も計算されていて良いね。楽しそうに踊る表情もいい。さほど大きくないのに、胸がささやかに揺れているのも良い。

微小微さんもやってる

| コメント(4)




【微小微】微小微さんもやってるんだが、不気味さでは【酸梨大王】さんのほうが上かなw こっちはちゃんとキレイな踊りになっちゃってるところが、むしろマイナスw 他にも緑色のヤツもあったりするらしい。

黄皮外星人

| コメント(7)




【酸梨大王】この黄皮外星人というのは、アニメに合わせて何人か踊っている人がいるんだが、この人は上手い、というか、動きが不気味で、なんとも素晴らしいw ところで画面左奥にオッサンが現れるんだが、へんてこダンスを見て、真似して踊ってますねw

襄陽の娘

| コメント(4)




【波喵】可愛いセーラー服とヒラヒラの衣装で、ひまわりの花を持って踊ってます。襄陽の娘だというんだが、襄陽というのは武漢と西安のあいだで、人口200万。撮影場所はどこなのか? 内陸部で、近くに海はないんだがw 案外、海ではないのかも知れない。中国では海と見分けがつかないような湖があちこちにある。板の上で踊っている姿が、素足でいいね。




【nagaの動画】手網の自家焙煎動画なんだが、丁寧に解説してくれているので解りやすい。手網は、100均で200円の「柄付きザル」がいいだろう。これを2枚買って、合わせて使う。あと必要なのは、針金かクリップみたいなもの。カネだして買うのはそれだけなので、自家焙煎はカネかからない。鍋焙煎は炒りムラが出やすいので、手網のほうがやりやすいです。コーヒー好きの吝嗇な人は是非、自家焙煎をマスターしていただきたいw

雑駁だが気立ての良い娘さん

| コメント(3)




【馋小漆】この娘は料理が好きで、調理師になるために街の学校に行ってるんだが、家族に服や靴を買うためにerkeというブランドの店で買物。けっこう高級ブランドで、スニーカーが6000円くらいする。それにしても見事なピチTで、おっぱいの丸みがたまらないw 田舎の娘にありがちな、雑駁だが気立ての良い娘さんです。お父さん、腹が邪魔だw 中国のオッサンはこういう腹が多くて、夏になると裾をまくりあげて腹を出して着ている。中国名物オッサンビキニです。





【十元酱】いつもの十元酱少女さん、今日はまた懐かしの森高千里「十七歳」を彷彿とさせる衣装で、ところで森高千里というと「歌手」として知られていて、父親がウエスタンのバンドやってて、当人もデビュー前からバンドで、ドラムやベースをやっていたというから音楽は筋金入りなんだが、デビューは「モデル」として、です。「第1回ポカリスエット・イメージガールコンテスト」でグランプリを受賞。だそうで。さて、出だしのリズムがなんだか「十七歳」っぽいんだが、このくらいイイオンナだと、森高千里の衣装で「十七歳」を踊らせたくなってくるw 今回はクールな表情で撮りたかったんだけど、ついつい笑ってしまって、だそうです。





【Kyokyo】これもまた、bilibiliで削除された動画です。毎日こういうのをチェックして録画しておいて、削除されると嬉しがってYouTubeにアップしてくれる親切なお方がいらっしゃいまして、なるほど、さすがにこの旗袍も凄いですw

B站被刪系列

| コメント(5)




【抗糖化V】B站被刪系列(bilibiliで削除された動画)というので、中国の「エロ規制」というのが窺われるわけだが、パンツ穿いてないという事もないんだろうが、パンツ見せないでギリギリまで太腿見せていてエロいので削除ですw この動画の場合は短パンみたいな「安全パンツ」がチラチラ見えなきゃイケナイw bilibili動画を毎日チェックしていて、「二日以内に削除された」動画というのが、bilibiliの自主検閲、ないしは共産党の指導で引っかかったモノらしいw

三輪車

| コメント(22)




【李再媚】原付きの後輪を2輪にした、昔のミゼットタイプの三輪車。走行距離800kmの中古車で2000元というんだが、35000円くらいか。安いね。おいらも一台欲しいw ワイパーが付いているけど手で動かすタイプだったり、安っぽいと言うか、まぁ、ミニマムな装備です。最近はこういうのも電動車が多いようだが、これはエンジンらしい。3段変速で40km/hって感じか。どこに行くのかと思ったら、段ボールをぼっこ屋に売りに行ってますw この娘の家は金持ちらしいんだが、この娘は特に働いてもいないし、釣りばかりやっていて、貧乏くさいと言えば貧乏くさいw

ウエストで男を誘惑

| コメント(5)




【十元酱少女】これは「脚」ではなく「ウエスト」を鑑賞するための衣装で、ウエストの細さと、腰の張り出しがポイント。これだけの細いウエストなら、ウエストで男を誘惑できる。若い娘のウエストが細いのは、男を誘惑するためで、「ワタシは妊娠してないですよ、さぁ、ワタシを妊娠させて下さい」という生物学的な理由がある、というんだが、こんなオンナにとっ捕まった日にゃ、野菜しか食わせてもらえないぞw

フライパン焙煎

| コメント(1)




【豆虎mametora】フライパン焙煎、というんだが、フライパン焙煎は炒りムラが出やすくて、おいらはやった事がないんだが、出来ないことはない。というか、最初に「やってみる」という個人レベルなら、もっとも簡単な焙煎方法だし、個人的な用途なら炒りムラも悪くない。コーヒー豆は炒り加減で味が変わる。一種類の豆で、炒り具合を変えて何種類か焙煎し、それをMIX、ブレンドするというテクニックもある。産地などでは豆は基本的に一種類しかないので、苦味と酸味のバランスを取るにはいい方法です。豆州楽市では、焙煎する前の生豆も扱ってます。

        コーヒー生豆500g1000円から。税・送料込み

Bilibili Girls Best Dance

| コメント(3)




【哔舞榜】これもBilibili Girls Best Danceというヤツです。知ってる娘も出てくるけど、知らない娘もいる。おいらの好みとはちょっと違うんだが、オンナの好みというのは100人100様で、なので、あんまりオンナの取り合いで喧嘩になる、という事は少ないです。おいらがエロカメだった頃に経験した事です。同僚のカメラマンとはキッチリ好みが異なっていて、そういう意味でモデルの取り合いになった事はないんだが、中には「オンナであれば、自分のおふくろ以外は誰でも口説く」という馬鹿がいて、さすがにそいつには苦労させられた。ブスに手を出してやり逃げするので、おいらがオンナに呼び出されて愚痴を聞かされる羽目になったw どうせなら美人に手を出せよw

TOP10 Bilibili Dancing Queens In China

| コメント(2)




【哔舞榜】TOP10 Bilibili Dancing Queens In Chinaというんだが、お馴染みの娘も何人も入ってます。みんな素晴らしいプロ少女ですw このクラスの娘たちはダンス動画で食えるくらい稼げるんだろうね。みんなほっそーい身体をしているのは、スタジオで毎日ダンスのレッスンを積んで、運動しているからだろう。ミニスカートをハイウエストでより短く穿いて、つんつるてんにして脚を見せるというのが定番ですね。

ドナルドダック

| コメント(1)




【十元酱少女】子供向けチャンネルへようこそというタイトルなんだが、おいらのオキニの十元酱少女さん、衣装がまた何ともw ドナルドダックをイメージした衣装ですね、これw 後半はバレリーナ風の衣装で、こちらも良いね。この娘はいつも衣装で魅せてくれる。

紅燈酒館

| コメント(4)




【小龍女】紅燈酒館という曲だが、典型的な台湾歌謡で、歌っているのはドサ回りの演歌歌手です。日本にもこういうマイナーなオバサンの演歌歌手はたくさんいて、中には通販会社の社長の愛人なのか知らんけど、BS見てるとやたら出てくるヒトがいたりするんだが、そういうのが世間的にどういう需要があるのかないのか、まぁ、不思議ではある。バンコクには台湾系のカフェというのがあって、こういうのを歌うお姉さんが接待してくれるんだが、もちろんもっと若くて綺麗なんだが、何故かそのカフェの料理が美味しくて、料理だけを目当てに、せっせと通っていた時期がある。ステージを見ながら、若い娘に接待されながら、旨い料理を食う。気が散るわw 料理だけでいいw

股旅歌謡

| コメント(5)




【小龍女】どこかのお宮さんの境内みたいなところで歌っているんだが、アレ?どこかで聞いたような? 中国とかタイとか、昔から日本の流行歌をパクるのが好きで、とんでもない曲がとんでもないところでパクられたりしてるんだが、タイの田舎で歌われる民謡みたいなヤツで、越後追分を聞いたことがあるw 昔の歌謡曲の音階は、タイや中国でも通用する土着の共通性を持っているようだ。で、この曲なんだが、しばく聞いていて、やっと気が付いた。「潮来の伊太郎」だ。最近はあまり流行らないジャンルなんだが、「股旅歌謡」というのがあって、最後にヒットしたのは氷川きよしの「箱根八里の半次郎」だったな。この手の股旅物が流行ったのは戦後、割とすぐの時期で、何かメロディーがみんなよく似ている。あまり知られてないが、テレサ・テンも日本でデビューする前は、台湾で日本の流行歌をカバーしてたくさん歌っていた。この動画も台湾ですね。

是一只九龄

| コメント(4)




【是一只九龄】この娘の名前が「是一只九龄」9歳です、というんだが、単なる芸名なのか、本当に9歳なのかは不明。ただ、背丈は大人並みにあるので、まさか本当の9歳ではないような気がする。9歳に扮した成人ではないか? 幼女のコスプレをした成人? なんせ「中年少女」なんてのがいる国なので、信用できないw まぁ、いいや。日本に来ればロリ系のAVメーカーに紹介してあげるよ。契約金5千万円くらい貰えるだろうw

鹿児島の油そうめん

| コメント(6)




【Party Kitchen - パーティーキッチン】鹿児島の油そうめんだそうだが、さつま揚げが入っているところが鹿児島か。油そうめんは沖縄でも作るらしくて、スパムでも入れるのかな? 油そうめんは「炒め」ではないので、具を炒めたら冷水で締めたそうめんを混ぜるだけです。そうめんに油をまとわせる事によって、汁に漬けないでもダマにならなくなる。

中国2000年の歴史を1分半で

| コメント(15)




【ぴよぴーよ速報】中国2000年の歴史を1分半で説明する、というんだが、中国というのは大唐帝国の時代に最大の版図を確立し、以降、分裂と統一を何度も繰り返している。中国史は知っているエピソードも多くて、なかなか面白い。こないだ放送大学で漢字の成立にともなって、周辺の各地で作られた偽漢字みたいな字の研究を専門的にやっていたが、思わず見入ってしまったw 遊牧民族は文字を持たなかったので、漢民族の漢字を真似して、独自の「漢字紛い」の文字を作ったりしていたそうで、そもそも文字というのは国家統治のための記録ツールなので、支配のためには欠かせない。そうした「漢字の成り立ち」なんて研究やってるのは中国と日本だけなんだろうが、およそ、「何かの役に立つ」という事のない潔さが素晴らしいw

西安

| コメント(2)




【新疆古丽Guli XinJiang】新疆ウイグル自治区の女の子が、初めて西安に行ってびっくりした、というんだが、中国は広いので、ウイグルの娘はウイグルしか知らないというのがアタリマエだったんだが、全土を網羅する高速道路と新幹線のおかげで、時代は変わりつつある。西安はむかしは長安と言って、大唐帝国の首都だった。それとともに、中国では西の玄関であり、シルクロードの出発点でもある。それにしても、高速道路も新幹線もない時代に、今と変わらない規模の版図を維持していた大唐帝国というのは、凄い。

中国は今が卒業シーズン

| コメント(2)




【十元酱少女】十元酱少女のチャンネルにアップされているんだが、bilibiliの表示はガガコになっていて、見ると両方出てますね。お友だちなのか? それだけじゃなく、大勢出てるんだが、浙江大学、華南師範大学、広州美術学院、広東工業大学、それぞれのアニメーションクラブ、漫画クラブ、ストリートダンスクラブが参加しているらしい。

卒業おめでとう!今年の夏は女の子とマッチョがあなたと一緒に輝きます〜
いよいよ大学入試が終わりました。卒業おめでとうございます。 卒業生全員が将来の人生の旅に出ることを願っています

中国は今が卒業シーズンなんですね。それにしても十元酱少女さんはひときわ美人です。動画はoppoという携帯電話のCMにもなっているらしい。2021最新 中国版 OPPO Reno6は65190円というので、iPhone並みのパフォーマンスなんだろう。

花蓮から台東あたり

| コメント(1)




【Iyhon Chiu】台湾の人で、趣味でコーヒー動画や空撮動画をアップしてる人なんだが、台湾の花蓮から台東あたりです。台湾というのは、中国大陸と違って、街も自然も箱庭的な雰囲気があるね。それは日本とも共通するんだが。

新興工業経済地域という言葉は、香港、シンガポール、大韓民国、台湾のアジア四小龍が、1960年代以後の群を抜いて急速な工業成長で1970年代及び1980年代に世界的な重要性を増し、前記の全4経済地域が先進国及び高所得国になって以後、NICsとして1970年頃に使われ始めた[2]。

1970年代に、台湾は圧倒的な成長をした。台湾オンナが大量に日本にやって来て、売春していたなぁw それまでは韓国オンナが多かったんだが。その後、タイ娘が売春するようになると、売春婦アガリの台湾オンナがやりて婆ぁになって、とか、まぁ、経済発展のとばっくちは売春婦の輸出からですw その台湾も今となってはすっかり大陸に差をつけられ、中華文明圏の片田舎という風情です。おいらの経験では、台湾の女の子は気立てが良くて、素直な娘が多いような気がして、大陸よりは素朴で良いような気がする。気がするだけで、付き合った事はないけど。

新疆周遊

| コメント(1)




【新疆古丽Guli XinJiang】新疆の女の子で、芸術系の学校に通っているらしい。新疆綿の取材も何度かしていて、「主要な農家では既に機械化が10年前に完了している」とか「一部、手摘みの畑も残されていて、ウイグル人が日給1500円で雇われている」とか、現地の人にインタビューしてます。綿花栽培は漢族がやってるんですね。ウイグル族は収穫期に雇われてるだけ。今回は新疆全域を車で運転してまわります。夏はどこも景色が良いですね。この娘の顔は、弥生系の漢族と違って縄文系みたいな感じですね。目鼻立ちがくっきりと派手で、身体もガッチリしている。バタ臭いところもある。

红三剁

| コメント(2)




【滇西小哥】红三剁という雲南料理なんだが、唐辛子、ピーマン、ひき肉。調味料はニンニク、生姜、醤油、塩など。

赤三チョップは雲南省で有名な料理です。赤三チョップは西部の赤鍋、豚肉、赤唐辛子の三赤を指します。赤三チョップは調味料が少なく、選択した唐辛子は主に辛くないですトマト汁とお肉の組み合わせ。ビビンバプで使うととても美味しく、酸味と食欲をそそります。料理の色は明るく食欲をそそります。

この動画では、ピーマンではなく、青唐辛子みたいなのを使ってますね。多分、辛くない品種なのだろう。これをご飯に乗せて、付け合せの野菜とともに食べる。簡単に作れる雲南料理、という事です。

日本はネズミが野放し

| コメント(61)




【Reporterfy Media&Travel】中国が手掛けている巨大インフラ整備、というんだが、規模が凄いね。一ヶ月に100億円売り上げる免税店とか。まぁ、世界の工場としてせっせと稼いだカネを、ちゃんとインフラに注ぎ込んでいるんだから立派だ。1990年頃までは日本がこの位置だったんだが、国民が稼いだカネは、インフラ整備にも国民の生活向上にも使われずに、どこかに消えた。習近平が権力を握った頃、やたら汚職役人が捕まって死刑になっていたが、そうやってネズミを退治したから今がある。日本はネズミが野放しで、気がつきゃ国民は疲弊して、ネズミは一匹も捕まってないw

ポルチーニ鍋

| コメント(3)




【野小妹 wild girl】ポルチーニなんだが、イタリア料理でよく使われるので西洋の物かと思ったら、中国でも採れるらしい。人工栽培が出来ないので、高級品です。日本でも、富士山の中腹でたまに採取されるらしい。

中国雲南省ではスライスした乾燥品(乾物)も販売されているが、現地で一般的なのは生のものであって炒め物やスープ料理に用いられることが多い。先述のとおり、ポルチーニとされるキノコは原則としてヤマドリタケとされているが、ヤマドリタケモドキ、ススケヤマドリタケ、ムラサキヤマドリタケもこれを含む場合があり、特に中国産の乾燥品はムラサキヤマドリタケが多いと言われている。

烏骨鶏の地鶏でポルチーニ鍋です。なんて贅沢なw おいらドイメーサロンというタイの山奥で、この烏骨鶏の地鶏の薬膳スーブを食った事があるんだが、そんなん毎日食っていたら、そりゃ、長生きしそうだ。

花嫁衣装で踊ります

| コメント(1)




【十元酱少女】おいらのオキニのお姉さんが花嫁衣装で踊ります。美人なんだけど、割といそうな感じで、親しみやすい顔だ。それにしても何で彼女は花嫁衣装で踊っているのかと思ったら、ダイヤモンド屋の広告らしい。彼女のキャラは、清楚な雰囲気なので、この広告には似合っている。




【龙梅梅Longmeimei】ササゲが滝のように垂れ下がっている、と言うんだが、ササゲというのは日本ではインゲンほどポピュラーではないんだが、というか、料理してしまうと区別もつかない。植物としては別物で、インゲンを引っ張ったらササゲになるわけじゃないw 日本と違うのは、塩漬けにして保存しておいたササゲをひき肉と炒めたりしてますね。

世界一大きな立体交差

| コメント(3)




【China Actual】貴州省貴陽市だそうだが、世界一大きな立体交差のジャンクションです。中国は王道覇道のメインストリームをしっかり進んでいるね。昔から大規模公共事業が得意な国で、万里の長城がその典型なんだが、南西部では大規模運河を作ったり、力を握った者が、社会に対して為すべき「投資」というのをちゃんと理解している。国民から奪うだけ奪って、すべてをユダ金に献上してしまう自民党とは違う。

十元酱X晓丹

| コメント(1)




【十元酱X晓丹】十元酱少女さんと、晓丹さん、どっちもおいらが大好きな踊り手さんでそれが二人で踊るんだから、もう困ってしまってワンワンワワン。二人ともちゃんとスタジオでレッスン積んだベテランで、しかも美人。日本の場合はピンクレディとかパフュームとか、どっちかが可愛いとか、どれも可愛くないとか、微妙なんだが、中国では素敵なプロ少女が存分に楽しませてくれるw オモチャみたいな踊りだが、衣装もお揃いで、なかなか素晴らしい出来だ。

技量も人気も若さもずば抜け

| コメント(3)




【晓丹小仙女儿】中国の動画サイトでは、技量も人気も若さもずば抜けていて、まぁ、小さい頃からスタジオで中国舞踊のレッスンを積んでいるのだろう。中国舞踊というのは、古典的な優雅な仕草だけではなく、ロシアバレエの系譜を継ぐモダンダンスのテクニックも取り入れていて、日本の「日舞」とはちょっと違う。まぁ、革命オペラとか革命バレエとか演る国なので。かつては幼い頃から素質のありそうな娘は北京や上海に集められて、上海雑技団やら、新体操選手やら、国営歌舞団やらに送りこむために英才教育していた国なので、踊りが上手くて美人なんてオンナは日本の100倍くらいはいそうだw

北朝鮮の初夏

| コメント(3)




【Aramaki Project】北朝鮮の初夏だそうで、6-7月は比較的快適だそうだ。8月は酷暑だそうだ。平壌なんだが、街を歩く人の出で立ちは、お洒落ではないが、こざっぱりした清潔そうな服で、まぁ、よくも悪くも「普通」の生活がそこにはある。アメリカ経由でもたらされる北朝鮮情報は、やたら迫害されたとか飢餓とか言うんだが、誰がそういう事を言うのかというと、脱北者ですね。脱北者は難民申請して認めてもらいたいので、そりゃ、大袈裟に「いじめられた」と吹聴する理由がある。北朝鮮でも普通に暮らせるけど、外国行って荒稼ぎしたい、とは言わない。ウイグル問題でもそうだが。バイアスのかかった情報には要注意だ。

石油文明の終焉

| コメント(13)




【Reporterfy Media & Travel】中国は汚染と戦っている、という動画なんだが、自画自賛のプロパガンダ的なのもあるが、石油を水のようにジャブジャブ浪費する事によって成り立っていいるアメリカ文明の終焉の刻というのも確かだろう。軍事力というが、戦闘機を飛ばすのも、戦車を動かすのも、石油です。その石油を独占する事によって、アメリカの世界覇権は維持されてきた。第二次大戦で、日本もドイツも、石油不足で満足に戦えずに負けた。だから、第二次大戦終結後、アメリカは中東の石油独占に血道を上げ、自分の国の石油を温存して、次の戦争に備えてきた。けれど、それも太陽光発電、風力発電などの実用化で、全てが変わった。ジェット燃料で飛ぶ自衛隊の有人戦闘機の五輪は大失敗。誰も完成した五輪を見ていない。インテルに丸投げした電動ドローンの変態飛行は、優秀なプログラマー(噂では中国人)の手によって、人々を感動させたw 中国の1000機に対抗してちょっと数を増やしたらしいが、ドローンの変態飛行世界記録は3000機ですよw




【Aramaki Project】ファンキー末吉という人がいて、天安門事件で中国が揺れている時期、当時はアンダーグラウンド的な存在だった中国のロックシーンと関わりはじめ、中国人の嫁貰い、中国でスタジオ・ミュージシャンやりながら色々と活動をはじめた、という話は聞いていたんだが、2007年には北朝鮮で当局の許可を得て、ロックバンドを作る活動を始めている。で、この娘はファンキー末吉北朝鮮ロックスクールの五期生だそうで。地味な顔してるけど美人ですね。腕の方は・・・

バターランプ

| コメント(8)




【那曲拉姆】 この娘の住んでいるところは、いちばん山に近いエリアなので、電気が来てない。それでも普段は太陽光発電で賄えるし、電気がなくなったら寝りゃいいのでさしたる不自由はないんだが、このところ雨が降って、採ってきた冬虫夏草を磨くのに差し支えるというので、昔からある「バターランプ」です。今では仏壇にしか使わないんだが、雨の日はこれで夜なべ仕事。冬虫夏草は儲かるというんだが、それなりに苦労はある。飼っているヤクの乳から作ったバターです。しかしこの娘、可愛いね。19歳だというけど、15、6歳にしかみえない。

永不消逝的電波

| コメント(3)





【漢潮文化Hanchao Culture Studio】永不消逝的電波というのは「止まらない電波」という意味でゆんゆん、なんだよ、QアノンかJアノンか、って、そーゆー意味じゃないw 第二次大戦から国共内戦の時代に、共産党の地下放送をやっていた英雄を描いた映画があって、それをこのダンススタジオが舞踏劇にしたらしい。その、ほんのイントロ部です。

1940年代の古い上海のスタイルと上海の女性の独特の美しさを描いたダンスドラマ「決して消えない電気の波」から選ばれています。このビデオは、10時間のアマチュアグループの結果です。3つのクラスの学習スタイルと7つのクラスの学習態度は、Tingtingの曲線的なスタイルをほとんど磨きませんでした。Tシャツデニムからベルベットチャイナドレスに変更して、上げられた眉を描きます。

逃げる猫を追ったカメラワークから、艶やかな旗袍ダンスへという凝った構成は見事です。猫を撮ったのは偶然ではなく、敵に追われながら地下放送を続ける主人公を暗示する演出だろう。手間もカネもかかった動画です。

足跡化石

| コメント(2)




【那曲拉姆】チベットの少女が、足跡化石を案内します。熊や雪豹が出るという山の中で、お父さんが心配して付いて来ますw お父さん若いねw この娘が道々、解説してくれるので、文字起こしを開いて日本語に設定すると、わかりやすい。便利な時代だ。

2000年代に入ってからは、現地の人々がチベット仏教ニンマ派の伝説的人物グル・リンポチェの足跡だと考えて拝んでいた岩盤の正体がジュラ紀の竜脚類の足跡化石だと判明。研究が進められるようになった。

こうした足跡化石は、「巨大なニワトリの足跡」だったり、仏陀の足跡だったりと言われて来たんだが、最近になって足跡化石だと判明。なんか白いハート模様が全面に出ているんだが、コレは何なのか?

仔ウサギ

| コメント(5)




【吧唧小兔】小さなうさぎは病院に行き、1300元を使って2本の歯を抜いた。飲み込むことはできるが噛むことはできない。というんだが、この娘は「仔ウサギ」という芸名らしい。年齢からして、親知らず抜いたか? 1300元というのはちょっと高いような気もしないでもないが、日本と違って保険が効かないので仕方ない。食べ物が噛めないというので、卵に水を足して簡単な茶碗蒸しみたいのを作って食べてます。

云门小卷

| コメント(2)




【云门小卷】この人、顔が地味で、いつも衣装が地味で、けれど踊りは抜群に上手いんだが、というのも、単なる踊り手さんではなく、振付師でもあり、教師でもある。ちょっとレベルの違う人です。この動画は再録なんだが、彼女の動画としては唯一、生脚を露出して、色っぽく踊ってます。こういう地味な女性がふとした拍子に見せる色気というのはまた、格別な物があるw 

圧倒的な羞恥心を持った痙攣少女

| コメント(2)




【猫饼】隠しコマンド丨圧倒的な羞恥心を持った痙攣少女、というんだが、猫餅さんは元はゲーム動画の配信ビジネスやっていた人で、元からの踊り手さんというわけではなさそうなんだが、アニメやCGのダンスに合わせて踊ったり、色々と実験的な事を身体張って見せてくれる。ちょっとエッチな衣装だけど、この娘は身体つきが華奢で子供っぽいので、色っぽいというより可愛いという感じ。30歳過ぎだけどw こうした動画では、いかにも少女っぽいオンナはたいてい30歳過ぎです。それくらいの大年増がいちばんエロいw

福建農林大学のビーチパーク

| コメント(11)




【欣小萌】いかにもリゾート!といった景色なんだが、「ついに提出された、夏の終わり、どうやってビーチと海を見逃すことができますか? 今月は沿岸都市を走っています。仕事で忙しくて、ダンスを忘れずに! そうです。本物のビーチではありません。ははは、でもとても美しいです。」というので、大学の施設らしい。

福建農林大学 (FAFU)は福建省の主要な高等教育機関であり、農業省、国家林業局、中国の福建省政府が共同で支援しています。州教育省による学部教育評価で「グレードA」と評価されたFAFUは、中国で修士号を授与する最初のバッチの大学の1つであり、博士号を授与する2番目のバッチの大学の1つです。また、留学生を後援する中国政府奨学金プログラムを備えた高等教育機関の1つでもあります。学校は78年の発展を目の当たりにしてきました。総面積は320ヘクタールを超え、大学には4つのキャンパスがあり、メインキャンパスは福建省の首都である福州にあり、他の3つは福州カレッジステーション、南ピン市、安渓県にあります。また、FAFUと提携しているJinshanCollegeとDongfangCollegeの2つの独立した大学があり、合計30,000人の学生が在籍しています。[2]ウィキペディア - 百科事典 site:ja.wikiqube.net

総面積320ヘクタールとはまた凄いね。マンモス大学で、観光学科とか芸術学科、茶学科などもあるようで、ビーチパークは観光学科の施設なのかも知れない。福建農林大学の女子学生 勉強中も食事中もI字開脚。中国の大学生というのは寮生活者が多くて、日本みたいにバイトで明け暮れるというのではなく、みんな熱心に勉強してるようです。I字開脚に勤しんでいる娘は芸術学科かね? ただ、欣小萌さんはここの学生というわけではないと思う。

脂肪を全部あげます

| コメント(1)




【欣小萌】脂肪を全部あげます♡カロリーを燃焼して、というので、ダイエットに効きそうな踊りなんだが、「午前3時に起きて、6時に撮影開始、それから出勤して、5時に戻って撮影」というスケジュールを二日間続けたそうで、この娘は踊りが本業ではないらしい。人気あるので、そこそこ稼いでいるだろうが。それにしても、会社にこんな娘がいたら、仕事が手につかねーぞw

アナタが35歳になるまで待ちます

| コメント(4)




【樰婴】この動画は以前、紹介した事があるんだが、我等你到三十五岁、ワタシはアナタが35歳になるまで待ちます、というタイトルで、結婚を夢見る娘が切々たる感情を踊るんだが、実は去年の1月に紹介しているので、この当時、このヒトはまだ22歳か21歳か。そして、23歳になった今、無事、結婚したらしいw 彼氏が35歳になったのかな? おいら、この動画を見てからずっと、このヒト30歳以上だと思っていたw ご免なさいw

バクリュウ

| コメント(1)




【Khói Lam Chiều】バクリュウは、南ベトナムのカマウ半島にあるメコンデルタの沿岸州です。ここには、中国人、ベトナム人、クメール人、チャム人など、さまざまな民族コミュニティが住んでいます。というので、ベトナムの南端ですね。ベトナムというのは日本と同じくらいに中華文明圏の中の国で、中国の影響は強いんだが、それとともにクメール文化など土着の影響も残る。バクリュウの王子と呼ばれた大金持ちのプレイボーイの家が博物館になってます。ミュージシャンのカオ・ヴァン・ラウの記念館、漁師の守り神である観音様、と、案内してくれるんだが、今回は料理は出てこないですね。

中国のセクシーアイドルは踊れる

| コメント(1)




【小雪】名前は小雪だが、豪雪みたいな立派なカラダをした、グラビアアイドルみたいな娘です。ちゃんと踊れていて、bilibiliでも人気の踊り手さんなので、特にセクシーなグラビアアイドルというわけじゃない。まぁ、中国のセクシーアイドルは踊れるというべきか。こんな素人がゴロゴロしてるんだから、中国というのは恐ろしい国だw

死神

| コメント(4)




【阿聖是嗩吶精】 米津玄師の新曲「死神」というんだが、チャルメラお兄さん、日本の楽曲が好きで、よく演奏するんだが、なかなか凝った動画を作ってます。原曲のMVも見てみたんだが、米津にインスパイヤーされて撮っている映像ですね。チャルメラ吹きはあまたいれど、この人のセンスの良さ、カッコ良さは格別です。

そういう芸風

| コメント(7)




【樰婴】最近、芸風が変わったと思ったら、結婚したらしい。23歳の新婚さんです、って、ええっ? 32歳の行かず後家じゃないの? って、失礼な事を言ってはイケマセンw 咬人猫さんより10歳も若いのだからw 咬人猫さんが「プロ少女」なら、このヒトはプロの「鬱陶しい女」だw そういう芸風なのだ。今回はまた奇妙な衣装で踊ってます。「骨簪」というのは骨のかんざし。中国では水牛やヤクの骨をかんざしに使う。この人、案外、露出するのが好きで、この衣装は背中が見えて色っぽいです。

絲綢之路

| コメント(3)




【Reporterfy Media & Travel】『日中共同制作シルクロード 絲綢之路』というのがあったわけです。1979年から1980年にかけ取材し、NHKと中国中央電視台により中国・西安を出発点に、中国領内シルクロードの共同取材が行われ、全12回シリーズが1980年4月から1年間放送された。というんだが、続編とか、「海のシルクロード」とかもある。1979年というと、文化大革命が終わったのが1977年なので、文化大革命の終結宣言が出されるかそれ以前か、という時期から、NHKは中国で動いていたわけで、当然ながら、中国共産党の意向が企画に反映されているわけだが、さて、それから30有余年。習近平は「一帯一路」政策を提唱した。

中国からユーラシア大陸を経由してヨーロッパにつながる陸路の「シルクロード経済ベルト」(一帯)と、中国沿岸部から東南アジア、南アジア、アラビア半島、アフリカ東岸を結ぶ海路の「21世紀海上シルクロード」(一路)の二つの地域で、インフラストラクチャー整備、貿易促進、資金の往来を促進する計画である[2][3]。

これね、正式名称を「シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロード(中国語: 丝绸之路经济带和21世纪海上丝绸之路)と言うんですね。30有余年前にNHKがぶち上げた「シルクロード」という番組そのままw 一帯一路政策は30有余年前に既に予告されていた。中国人は気が長いので、NHKが番組の企画を立てた頃から、しっかりと今を見据えて指導していたんだろうね。習近平が、とか、そういう問題じゃない。もっと長いスパンで、国益という物を考えている。

表情がいいよね。エクボがあって

| コメント(4)




【萧璇】この娘は自宅で撮ってる動画ばかりで面白みがないんだが、これはキッチリとスタジオで、衣装もセットも決めていて、顔のアップも多くて、よろしいです。表情がいいよね。エクボがあって。いい素材なので、もっと多彩なシチュエーションで踊って見せてほしいところだ。

咬人猫ごっこ

| コメント(5)




【樰婴】これは驚いた。演歌みたいなオンナの情念を踊るオバサンが、何をトチ狂ったのか、いきなり咬人猫ごっこw ご丁寧に、ちゃんとテディベアのぬいぐるみまで置いてw 【樰婴】さんは身体に比して顔がちょっと大きいので、遠目にはロリータに見えなくもない、事もない? まぁ、少女を踊るのも、オンナの情念を踊るのも、どちらも表現活動であって、ホントの「自分」というのは違うのかも知れない。

映像で見る上海の100年

| コメント(4)




【Cyrus Janssen】映像で見る上海の100年、というんだが、1920年代の上海が既に繁栄を極めて、人と車が大量に行き交うさまは見事なものだ。外国人が少なかった1960年代でも、人の往来は多い。同時期、英国領だった香港では「義務教育がない」というでたらめな植民地統治をしていたんだが、共産党政権は暴力的なまでに徹底的に国民を教育し、国民の殆どが文盲だったのを短期間で撲滅した。簡体字というのは、文盲の国民に最低限の文字を覚えさせるために作られたのだ。アメリカには、文盲どころか英語の読み書きもできない、喋れない人間が山ほどいる。いくら偉そうな事を言っても、アメリカ大統領はそんなのは放置ですw まぁ、戦前の上海については、おいらも「上海物語」という小説を書いているので、読んでみて下さい。かつての上海は外国人の街だったが、今は自信に満ちた中国人が闊歩する街です。

中国共産党設立100周年

| コメント(3)




【Reporterfy Media & Travel】今年は中国共産党設立100周年で、中国全土で派手なライトアップが見られた、というんだが、まぁ、言うまでもなくLED証明の実用化で、日本の青色発光なんちゃらとかあるんだが、日本の街のライトアップとか比較にならないくらいの規模で、凄いもんだ。まぁ、ついこないだまでの中国は自転車で人民服だったので、全てを新品で作り直した国なので、100年前のスカイスクレーパーで古ぼけたニューヨークとは違うw 全てがゼロベースで作られた計画都市なので、新品でビカビカです。もっともこういう街に住んでいると、昔が懐かしくなるようで、古鎮と呼ばれるいにしえの面影を残した田舎町が、観光地として人気らしいw

オトコでも出来たかな?

| コメント(6)




【樰婴】この人にしては衣装も派手な漢服で、特注で自分の好みで作らせたらしい。スカートの中は生脚で色気も出しているし、そもそも表情がいつもと違って微笑んでいるのでギョッとしたw いつもこの人、世界中の不幸を一人で背負ったみたいな、苦悩に満ちた顔をしているんだがw にこやかに笑うと、なんかシアワセな若妻風でもあるw オトコでも出来たかな?

いつもと雰囲気が違う

| コメント(1)




【慕慕有奶糖】いつものムームートフィちゃんなんだが、何か、いつもと雰囲気が違う。化粧が違うのか、いつもの間抜け顔が普通に美人になってますw 凄いピンヒールです。変態さんだったらこういうピンヒールで踏まれて昇天するんだろうねw 柱と壁があって天井のない不思議な場所だが、ここもスタジオなんだろう。

プロ少女とか中年少女とか

| コメント(2)




【兔总裁】この娘は以前、上海の空母で踊っているのを 紹介した事があるんだが、少女体型でセーラー服がよく似合う。もっとも少女体型だからと言って、少女とは限らない。中国にはプロ少女とか中年少女とか、怪しい少女がいっぱいいる。そもそも、スタジオでダンスのレッスンやってる娘だと、見てくれで「エロい」ほどの肉が付かず、ほっそーい女が多い。中国にもエロいのが売りのイベントコンパニオン的な女もいるんだろうが、そういう娘はレッスンを積んでないのであまり踊れない。

チベットの少女が草原で踊る

| コメント(17)




【Giulia Yangcen】チベットの少女が草原で踊る、という動画です。中華風ともウイグル風とも違う雰囲気です。チベットというのは近代化に遅れた国で、中国共産党が支配するまでは農奴制というのがあった。奴隷制です。建国の動きもなかったわけじゃないが、それだけの力がなかった。まぁ、生産性の低い土地で、交通が遮断されて交流のなかった時代はともかく、今となっては「独立国」として存在するのは難しいだろう。専用ジェットで国の代表が世界を飛び回ったり、世界各地に大使館を構えたりするほどの財力があるわけでもなし、結局は、中国という大国の「自治区」に甘んじるしかない。それが現実というものだ。

大豆の収穫

| コメント(2)




【龙梅梅Longmeimei】大豆の収穫です。暑いので連れてる犬が腹出してひっくりかえって寝てますねw 豚の脚、足ではなく脚を使った料理、豆乳、きなこまぶしの餅、豆乳には砂糖を入れてますね。子供が小さいので、甘くしてやらないとw 豚脚の大豆煮込みは美味しそうだ。

ムームートフィの料理教室

| コメント(3)




【慕慕有奶糖】セクシーアイドル、ムームートフィちゃん、今日はお料理です。なんか包丁扱ったり、油で揚げる手付きが怪しいんだが、白身魚のフライに甘酢あんかけ。踊ってるばかりじゃなくて、こういうファンサービスみたいな遊びの動画も欠かせないようですw こういう動画も自分で考えて撮影するんだから、中国のネットアイドルというのはよっぽどアタマの良い娘でないと勤まらない。

雲南象なんだが

| コメント(1)




【Animals World】雲南象なんだが、群れから離れた一頭がトラックで運ばれて一足先に保護区に戻ったそうで、もう二頭も戻りつつある。残りの群れは、何やらポジション争いで争ったりしているらしい。いつになったら戻るやらw

漢字文化圏

| コメント(17)




【坂本小見山〈Sakamoto Omizan〉】なぜ、世界には漢字で書ける言語がいくつもあるのか。という話で、かつての「漢字文化圏」の話なんだが、ベトナム、韓国もそうだったんですね。日本はもちろんだが。それが、中国の国力が弱まり、西洋が東アジアに入ってくる事によって、漢字文化圏が破壊される。ベトナムでも韓国でも漢字が使われなくなり、母国語の次に学ぶのは英語になった。という話なんだが、まぁ、そこらへんは「言語学から見た世界史」的な面もあって、西欧の影響力が弱まって、東アジアが一本化されると、また違った展開があるのだろう。北朝鮮という国があって、東アジアの一本化を邪魔しているのを思うと、北朝鮮によって最も恩恵を受けているのはアメリカだと言えなくもない。北朝鮮が改革開放されて、日韓トンネルで東京から新幹線に乗ったらノンストップで北京まで行けたりしたら、時代が変わるぞ。

流行りのサマータイムをカバー

| コメント(3)




【阿聖是嗩吶精】台湾のチャルメラ吹きです。流行りのサマータイムをカバーしてます。セロ弾いてる女の子は、最近良く共演してるんだが、パーカッションやったり、踊ったり、ひょっとして彼女さん? チャルメラというのは中国では胡弓に並ぶ花形楽器なんだが、現実生活では葬式やお祭りで賑やかしによく使われる。このお兄さんもガキの頃からチャルメラ吹いてるというから、そういう楽人の家系に産まれたのかも知れない。




【Polin Lifestyle】このお姉さん、夫婦で動画を撮っているんだが、絶滅危惧種の動物を捕まえて食ったというので、警察沙汰になったコトがあるw 料理は特に凝ったものではないんだが、アジアの自然がなかなか見ごたえある。さて、南京豆です。南京豆というからには、中国の南京から日本に渡来したものか。豆そのものは、地上で受粉したものが地中に潜って実になるという不思議な植物です。日本でも9月から収穫が始まるようなので、そろそろ手配をはじめるか。去年は遠州の落花生、ずいぶん売りました。ここでも茹でて食べているが、落花生の茹でたヤツは食いはじめると止まらないw

千岁

| コメント(7)




【千岁】岁というのは「歳」であって、つまり千歳さんです。ウチで取り上げるのは初めてかな? エロとか可愛いとか抜きで、純粋に舞踏だけで勝負する実力派で、この、お馴染みの冥婚ソングもおどろおどろしい演出なしに、むしろあっさりと見せているんだが、上手い人なので見応えある。

プイ族

| コメント(4)




【李再媚】自動翻訳では、「プイ族の衣装を着て飲み物を売っていても、ビジネスはまだ順調で、朝に300元以上稼いでいます。」というんだが、何かのイベントで飲料売って、午前中だけでも4500円ほどの売上げがあったというんだが、この娘、プイ族だったのか? プイ族というのは、貴州省、雲南省、四川省あたりに住んでいて、300万人ほどの人口を持っている。普段は色気のない格好してるけど、民族衣装着ると美人さんですね。

漫步人生路

| コメント(5)




【Violin Momo】漫步人生路 - 鄧麗君って、そんな歌あったかな?と思ったら、中島みゆきの「ひとり上手」だった。このお姉さんは中国の人だが、東京近郊に住んでいるらしい。必要以上に短いスカート穿いてスタスタ歩きながらバイオリン弾くのが、いかにも中国人らしくていいねw いつも思うんだが、中国人のバイオリン弾きは胡弓も弾けばいいのに。おいらは知っているんだが、バイオリンをちゃんと弾ける人は、胡弓もすぐに弾けるようになります。




【杨可爱Ukulele】漢服コスプレのお姉さんがウクレレで冥婚ソングを歌うという、何とも妖しい絵なんだが、ヤンさんにはお似合いで。うまくカバーしてますね。元がエフェクトで特徴がある音作りしているので、イコライザーで中低音から下をバッサリ切れば音は作れる。ところが、上海方言なので、そこんとこ苦労したそうです。

薪、米、油、塩、ソース、酢、茶

| コメント(6)




【李子柒 Liziqi】私たち中国人がドアを開けるための7つのもの、薪、米、油、塩、ソース、酢、茶。というんだが、映像で丹念に描かれた抒情詩です。最初に訪れたのは、塩田。海のない四川省でも、塩を含んだ水の湧く井戸があって、塩水から塩を作る。そして、ピータン漬けたり、肉団子作ったり。肉団子は叩いてミンチにしてますね。細かく切るわけじゃなくて、肉の塊をそのまま叩く。肉団子は細かい切れ目を入れて、菊のお茶で茹でて、ピーマンと炒め煮。菊花牛肉。小さいジャガイモは茹でてから塩で炒める。リーズーチーさん、若くて綺麗、というだけじゃない、農村動画の第一人者としての風格みたいなモノが出て来ましたw

车厘子でサクランボ

| コメント(3)




【滇西小哥】车厘子でサクランボ。雲南は熱帯の高地で、地球上でもっとも気候の良いところ。雪は降らないようだ。それでいて、標高が高いので、あまり暑くならない。サクランボの収穫です。色違いで、真紅、黄色、黒っぽい赤、多種多様なサクランボです。まぁ、世界中どこでも「熱帯の高地」というのはあって、ところが、どこも貧しいのが不思議なんだが、環境が良すぎて、向上心というのが発達しないのかw 親戚が赤ん坊を見せに来るというので、サクランボ使ってスイーツを作ります。今回ばかりは中華じゃないので、ちょっと雰囲気が違うねw ちなみに、ウチで売ってるコーヒーは、この雲南も含めて、「熱帯の高地」産です。アラビカ種のコーヒーそのものが、熱帯の高地でしか作れない。低地では味も良くないし、病害虫に悩まされる。お茶と同じです。

猫は動画サイトをクリックしない

| コメント(2)




【慕慕有奶糖】これもさっきと同じ清涼飲料水のCMです。再生回数に応じて報酬が支払われるのかね? 広告出す側にしてみりゃ、無駄がなくて効果的なんだろう。猫が見ていても視聴率、猫は動画サイトをクリックしないしw ムームートフィちゃんはホント、絶妙のブスグラマーだw 今の所、清涼飲料水、化粧品、スマホなどのCMが多いようです。

ウエストの細さだけで値千金

| コメント(3)




【十元酱少女】おいらのオキニ、十元酱少女さん、おみ脚は見えないが、ウエストがまた、ほっそーいね。このウエストの細さだけで値千金。清涼飲料水持って踊っているので、スポンサーがついてこうした動画で稼いでいるわけです。日本みたいに変な「芸能界」という中抜きシステムなしで、スポンサーが出したカネが直接、クリエイターに渡るわけで、さすが共産主義国家w

黙ってるとイイオンナ

| コメント(2)




【欣小萌】イメージ写真とイメージ動画だけで踊ってないんだが、欣小萌さん、黙ってるとイイオンナですw 顔が可愛いし、スタイルもいいし。踊りも達者なんだが、性格が子供じみていて、けっこうお巫山戯動画が多いw 人気はあるらしくて、最近は広告絡みの動画も多いね。中国では、こうしたインデペンデントなアイドル志望の娘が、プロダクションなどに所属しないで、個人のままで稼げる仕組みがあって、それで実際、生活費くらいは稼いでいる娘がたくさんいるようだ。




【Stef Hoffer】さて、上海です。中国が改革開放になって最初に発展をはじめたのが上海で、戦後もしばらくは上海が外国勢力の拠点だったので、その延長線上のものでもあるんだが、江沢民の時代に、上海を中心に中国経済は偉大なる発展を遂げるんだが、さて、江沢民という人です。

江沢民の実父の江世俊は、日本軍占領下の江蘇省で日本の特務機関ジェスフィールド76号に協力をしていたとされ[1]、日中戦争時代の日本の傀儡政権である汪兆銘政府の官吏だった

死んだという話は聞かないので、まだ生きてるのかね? 江沢民は日本がやっていた大学に学んだので、日本語がしゃべれる。酔っ払うと炭坑節を歌う。江沢民時代の上海では、税収の半分は日系企業が収めていたという話もある。そういやマカオのカジノ王スタンレー・ホーも日本の工作機関出身だったなw 北朝鮮の金策と併せてこの三人が、大日本帝国が大陸に残した遺産ですw 江沢民時代には、反日暴動とかあって、日本に対する攻撃も目立ったんだが、なーに、内実は日本が天安門で孤立した中国を救け、上海を発展させ、今の中国を作った。日本が育てた中国は、既に日本を追い越し、日本ができなかった「アメリカを追い越す」という夢を実現させようとしている。

趙飛燕が太鼓の上で踊る

| コメント(1)




【晓丹小仙女儿】赵飞燕鼓上舞というんだが、趙飛燕が太鼓の上で踊る、というので、趙飛燕というのは前漢成帝の皇后で、デブの楊貴妃、痩せの趙飛燕と並び称せられる美人です。その出生は卑賤であり、幼少時に長安にたどり着き、号を飛燕とし歌舞の研鑽を積み、その美貌が成帝の目にとまり後宮に迎えられた。というので、踊りの名手だったらしい。晓丹小仙女儿は若手の名手で、美人ですw 中国の動画サイトでは、こうした若くても子供の頃から鍛え上げた名人が「踊ってみた」系のダンスでもうじゃうじゃいて、競っているので、なかなかレベルが高いです。中国はエロの規制も厳しいので、踊りのテクニックや見せ方の演出で凝って、なかなか良い発展の仕方をしてます。

西瓜の皮も無駄にはしない

| コメント(9)




【湘西石三妹】中国人は西瓜が大好き、というんだが、世界中の西瓜の8割を中国人が食ってしまうというんだが、西瓜の皮も無駄にはしないw 砂糖をふって冷蔵庫に入れておくと水が出るので、炒め煮にする。水分が飛ぶまで炒り続けると、つまみ食いのお菓子になるw ささやかな楽しみですw

ウイグルの民族博物館

| コメント(2)




【出发吧奈奈】漢族の姉さんがウイグルの民族博物館的なテーマパークみたいなところに行く、という動画なんだが、観光客のために作られた施設のようで、「西部酒堡」と書かれた看板には、Western Wine Castle と英語で、ウエスタン・バーテンダーと日本語で、あと、韓国語とウイグル語?でも表示が出ている。普通の中国人にとっては、トルファンとか、エスニックな異郷なんだろうね。それにしても、今にして思うと、NHKの作った「シルクロード」というのは凄い番組だった。

西瓜売り

| コメント(4)




【小喬家胖大哥】江蘇省の人だそうだが、建設現場で18年働いているという。でも、今日は西瓜売りです。オート三輪で街へ。この手の小さいオート三輪は、中国の田舎ではよく見ますね。エンジンの音がしないので、電動か? 中国人は声がデカイというが、このオッサンもデカイ声だ。

おいら大ファンなんだが

| コメント(4)




【十元酱】洋服のセンスが良くて、それに全体に上品な感じの娘さんでおいら大ファンなんだが、家賃75000円のマンションに住んでいるというので、こういうインデペンデントなアイドルというのは結構、稼げるんですね。日本の地下アイドルよりは稼ぐだろう。彼氏がいると公言しているので、そこら辺も日本とは違って自由なようです。それにしても中国の踊り手さんは顔に「知性」が感じられて良いですね。




【Cuugal】踊ってる小学生はともかく、撮影がキッチリ撮っているので、あれ?と思ったら、ジャスダック上場会社がやってるキューガールという雑誌(電子書籍?)の企画らしい。キューガールというのは、今、1番イケてる女子小中学生が大集合、だそうです。日本の芸能界も、中国動画サイトの真似をする時代だw

真面目にやるとイイオンナ

| コメント(9)




【徐珺大哥】弟まで動員してふざけた動画をアップしている人なんだが、真面目にやるとイイオンナなので仰天するw 身体がいいよね。グラマーで。顔があどけないように童顔なのもいい。ちゃんと踊れるし。なのに、普段はターザンの真似してみたり、色気のない事ばかりしている。でも、改めてキチッとイイオンナを演じると、実にイイオンナw オンナは怖いw

Super Idol 的笑容

| コメント(4)




【萧璇】なかなか出来の良い凝った動画で、スタジオやカフェ、海辺、河口、街、あちこちロケしてまとめているんだが、場所はどこなのか不明。この曲、出だしが「スーパーアイドルでしょ」と聞こえるんだが、こういう意味だそうです。

で冒頭の歌詞が「Super Idol 的笑容」 なので、発音としては 「Super Idol de xiàoróng」 ですから、「スーパーアイドル デォ シャオ ロン」 的な事になって、 「スーパーアイドルでしょ」 に聞こえてしまうかも...
とりあえず、アタマの歌詞の超級ヘタ譯は「スーパーアイドルの微笑みも あなたみたいに甘くない」であります。

【萧璇】さんは身体がグラマーで、顔が親しみやすい美人顔で、エクボがありますね。申し分のない「イイオンナ」です。これだけグラマーなのに、生臭さがなくて、品があるというのは素晴らしい。横断歩道歩いてる時に通りがかりの野良犬が出てくるところなんか、絶品の演出だw それにしても、街で踊るシーンでカメラがパンすると見物人が大勢いて、そんな中で踊れるんだから、度胸のある娘です。日本のアイドルにはいないよな、こんなオンナ。もっとも、田端義夫という人は、ギター抱えていきなりそこら辺の駐車場やら釜ヶ崎のドヤ街で歌い始める人で、どこで歌ってもすぐにどこかからファンが出てきて大人気、というドキュメント映像をおいらも見た事があるんだが、まぁ、そんなのは例外中の例外だ。

自信たっぷり、堂々と踊る

| コメント(4)




【萧璇】2019年、温州のイベントのようだが、ゲームのイベントか? この娘はおいらのオキニの一人なんだが、なんたって、表情がいい。楽しそうに、嬉しそうに、自信たっぷり、堂々と踊る。日本のAKBとか、つまらなそうな顔して、奴隷労働で踊らされてる風情だが、中国の女の子って、ホント、自信たっぷり、堂々と踊るね。中国舞踊の踊り手さんには細い娘が多いんだが、この娘はほどよく肉付きが良くて、色っぽい。

キツネ

| コメント(4)




【提提斯】キツネを飼っているようだが、ずいぶん人馴れしてますね。乳歯が抜けたりしているので、まだ子供なんだろう。犬のようにナツコイですw 小さい頃から飼うと、キツネもこんなんなってしまうw

咬人猫x咬人喵

| コメント(4)




【咬人猫x咬人喵】咬人猫さん、最近の動画ではよくこのデュオで踊っているんだが、ちなみに咬人喵の「喵」というのは中国語でいうところの「猫の鳴き声」です。でも、合成じゃねーの? と思うくらいよく似た二人で、顔も身体も瓜二つだし、動きもぴったりシンクロしていて、不気味なほどなんなだが、可愛い衣装で、可愛いフリで、なかなか良いです。振り付けは例によって白小白センセ。しかし、やっぱり合成じゃねーの?

冬虫夏草

| コメント(7)




【那曲拉姆】ヤクを80頭飼っている19歳の女の子、今日は冬虫夏草採りです。冬虫夏草というのは、芋虫からキノコが生えていて、古来、不老長寿の妙薬といわれている。おいらは白土三平の漫画で知りました。

Cjd4ZexUkAU2ASi.jpg

これが青海省とかチベットでは大事な産業になっていて、漢方薬として高く売れるわけです。

「現在、新鮮な冬虫夏草の定価は大きさによって決められ、値段は1本30~45元(約500~770円)と市場価格は安定している」青海省冬虫夏草協会の姚孝宝(Yao Xiaobao)秘書長は説明する。

一家で採集に行くと、これが一日で300個も採れるので、ずいぶん良い収入です。

冬虫夏草は虫とも植物ともつかぬ不思議な外見をしていますが、分類学上はあくまでキノコの仲間です。
キノコの一種であるフユムシナツクサタケ(冬虫夏草菌)は、冬の間にコウモリガ科の蛾の幼虫に寄生して養分を吸収しながら成長します。やがて夏には、ミイラ化した幼虫から棒状の子実体を伸ばすのです。これを乾燥させたものが冬虫夏草。冬は幼虫に、夏は草(キノコ)に見えるため、この名が付いたといわれています。
中国では不老長寿、強壮の秘薬として紀元前から特別な食材として珍重されてきた歴史を持ち、現在でも薬膳に重宝されています。

もっとも、毎日300個ずつ採れるわけじゃないだろうが、貴重な現金収入です。

【卡卡】さん

| コメント(3)




【卡卡】初心者のみんなが踊るような「踊ってみた」系の動画なんだが、【卡卡】さんは中華舞踊の名手で動きが違う。仕草がていねいで綺麗です。中国のダンスシーンは奥が深い。とともに、実はカメラマンも相当に上手なプロが撮ってますね。スチールのイメージカットとか、芸が細かい。動画部分は据えっぱなしの撮りっぱなしだけどw

単色舞踏

| コメント(4)




【単色舞踏】全国チェーンの結構大きなダンススタジオで、800人のダンス教師、28教室、を抱え、ジャズダンス、ベリーダンス、ラテンダンス、ストリートダンス、ヨガ、と、多彩なプログラムを誇るようだが、この動画は、武漢のジャズダンス教室の、2018年のものだそうです。なんかw、貞子とマイケル・ジャクソン足して割ったようなシチュエーションだが、中国人はこういう安っぽいホラーみたいなのが大好きですw 聊斎志異の時代からの伝統ですw

チベットの美人姉妹

| コメント(8)




【那曲拉姆】チベットの美人姉妹なんだが、妹は19歳らしい。ヤクを80頭以上飼っているそうで、ところでヤクって、何の役に立つんだ?

チベットやブータンでは、ヤクの乳から取ったギー[7]であるヤクバターを灯明に用いたり、塩とともに黒茶を固めた磚茶(団茶)[8]を削って煮出し入れ、チベット語ではジャ、ブータンではスージャと呼ばれるバター茶として飲まれている。また、チーズも作られている。
食肉用としても重要な動物であり、脂肪が少ないうえに赤身が多く味も良いため、中国では比較的高値で取引されている。糞は乾かし、燃料として用いられる。
体毛は衣類などの編み物や、テントやロープなどに利用される[9]。

エスニック雑貨屋をやっていた頃、ヤクの毛で編んだセーターを扱った事があるんだが、ゴワゴワに固い毛で、酷い着心地のセーターだったw ネパールで作っているんだが、オーストラリアから輸入したウールの方が高くて、高級品だった。ところが、登山やってる爺さんが店にやってきて、「これぞ、まさしく登山者には欠かせない究極のセーターだ!」と嬉しがって買って行ったw 保温性が良いらしいw 

チベット旅行

| コメント(6)




【微小微】チベット旅行の記録なんだが、寒そうなのでずいぶん前かと思ったら、4月ですね。現地で運転手付きのキャンピングカーを手配して、三日間。この運転手がお調子者で、【微小微】さんと一緒に踊るわ、生卵飲むわw こういう動画を見ると、一般の中国人にとってのチベットというのがどういう土地か、なんとなく見えてくる。日本で言うなら北海道のアイヌ村とか沖縄とか、そんな感じなのか。

中華アイドル

| コメント(3)




【欣小萌】踊りではなく、単なるイメージビデオみたいな動画。この娘は可愛くてファンも多いので、こういう動画にも需要があるのだろう。しかし美脚の露出が少ないのは不満が残るw それにしても毎週、新しい踊りやイメージ動画を考え、撮影し、編集し、アップするとなると、バカで可愛いだけのオンナじゃ勤まらない、踊り手さんは案外、良い大学の学生だったり、エリートだったりする娘が多いんだが、インデペンデントな中華アイドルはそういう知性がないと出来ない。日本の脳味噌スカスカすガーリン的なアイドルでは勤まらないですw ちなみに彼女は福建省泉州市出身で、中国の国家重点大学の「南開大学」を出ている。普段は、日本のアニメやゲームの生配信やってるようです。

高速道路の下を横切った

| コメント(2)




【BUILT by CHINA】雲南象は長い旅を終え、故郷に帰りつつあるんだが、高速道路の下を横切ったというので、24時間監視中です。それにしても、天敵もいないし、人間も怖くないと、象ってこんなにのびのびと暮らせるんだね。

ハイスペックなオンナ

| コメント(3)




【伢伢gagako】上海の名門大学の娘だそうで、超エリートです。それでいながら、このお見事な美脚とほっそーい身体と、ついでに美人w なんつーハイスペックなオンナだw それでいながら名前が「ガガコ」ですw 雲南出身らしい。雲南には野生の象もいたりするんだが、こういうハイスペックなオンナもゴロゴロ転がっていたりするのだろうかw

桃の季節

| コメント(19)




【滇西小哥】使い古しの壺を集めてガーデニング。なかなか風流な生活ですw 桃の季節です。中国では桃は神聖な食べ物で、仙人の食べ物。卑弥呼の時代の日本の遺跡からも大量の桃のタネが見つかったりしているので、既に道教が伝来していたんですね。桃のジャムを作る時に、皮は皮だけで煮て、色を抽出しているのがアイデアです。鶏肉を桃と煮たものとか、美味しそうだ。

今だけ缶バッジ付き

| コメント(11)


「17歳から始める反抗するための社会学」より

 論理よりも感情、事実よりもイメージ
哲学者のアガンベンは世界的なコロナ禍を擬制(ヤラセ)と捉え、「過剰な騒ぎの背景には経済的な思惑がある」と表明しました。そしてこの混乱に乗じて「例外状態と通常状態の一致」が図られると警鐘を鳴らしているのです。彼の発言は決して憶断ではなく、「発症者の約90%が軽度で集中治療を要するのは4%程度に過ぎない」というイタリア学術会議の見解を根拠としているのです。このような科学的な事実より感情やイメージが世論の形成力を持つという見方を「ポスト真実の論理」と言います。

ウチだけ缶バッジ付き 1650円

 国民の代表でない者たちが国民を支配する
さらにアガンベンは「例外状態における意思決定者が真の主権者である」と語りました。結局のところ、日本の例外状態における主権者は国民ではなく、国会を睡睨するグローバル資本や、日本会議を始めとするカルト団体や、軍国主義の復古を目指す経済人グループなのです。このように国民の代表ではないにもかかわらず実質として国を支配する者たちを「ステイト・マネージャー」と言います。

柔らかいチャイナドレス

| コメント(2)




【美欣】水で出来ているみたいに柔らかいチャイナドレス、というんだが、通常、旗袍は絹で作られるんだが、これは踊り用にクタクタのポリエステルか何かで作られたものかな? そのおかげで、脚を思い切りあげたりして、優雅に動いてます。美人で色っぽくて、踊りの名手。最強のオンナですw

中華風味のモダンダンス

| コメント(2)




【頎三73】伝統的な中華舞踊の名手なんだが、裸足で薄物まとって海岸の砂浜で踊ってます。衣装の裾が砂まみれだなw 踊りは見事で、美しい。中国の伝統舞踊というのは、伝統といいながらもベースに西洋のモダンダンスがあって、中華風味のモダンダンスなのが面白いw

梵天浄土

| コメント(2)




【Tim Tao】中国は、世界遺産を55件抱え、イタリアと並んで世界一。自然遺産は14件と、トップ。その中国でももっとも人気のある観光地が、この梵天浄土だ。なんせ弥勒菩薩が修行したという聖地です。凄いね(棒 

観光名所はいずれも山々が幾重にも繋が連なり、滝が高所から飛瀑し、渓流が縦横に流れ、森林被覆率は95%に達しており、世界の同一緯度で唯一の原始植生が完全な形で残っています。また、梵浄山は仏教の聖地であり、彌勒菩薩が修業した場所とも言われています。
そんな梵浄山の頂の一つに「紅雲金頂」があります。垂直にそびえたつ自然の岩の頂上には2つの小さな仏教寺院が建立されているのです。その歴史は500年以上前の明王朝まで遡ることが出来ます。
この驚くべき寺は「梵浄山寺」などと呼ばれることもありますが、実際には、2つの別々の寺院が、深い岩の裂け目にかかる小さな橋で接続されたものです。この寺に到達するには、8,000段以上ある階段を登らなけらばなりません。

もちろん仏教の寺院なんだが、そもそも仏教には山岳信仰というのはなかったわけで、神仙信仰、山岳信仰を持つ道教と混淆して、日本でも中国でも独特の民間信仰を作り出した。日本では「高野山」というのがあるね。それでなくても、お寺の名前というのは「ナントカ山ナントカ寺」と呼ぶ。

見るからに小娘

| コメント(1)




【小娘】この娘は前に「シュレディンガイガーのこねこ」というのを踊っていて紹介した事があるんだが、「小娘」というHNで、まぁ、見るからに小娘ですw 顔も身体も幼くて、靴はベタ靴で、踊りも、上手とか下手とか、そういうレベルじゃなくて、言ってみりゃ「たどたどしい」感じw オモチャみたいに可愛くて素晴らしいw

旗袍美人

| コメント(2)




【灵儿】1930年代の上海北駅、中華民国風、というんだが、旗袍美人です。スタイルが良い美人の旗袍は最強だねw イメージ的には、旗袍というと1930年代の上海、という事になっていて、あまり若い娘には似合わない、色っぽいオトナの女がいいんだが、そもそもマトモな旗袍というのは非常に高価なもので、横浜中華街に仕立て屋があったんだが、「振り袖と同じくらいかかる」という話だった。横浜では中国系の女の子は、成人式に旗袍仕立てるらしい。振り袖と違ってちょっと太ったら着られないので、贅沢きわまりないw なお、タイトルは「どこでもキス」という意味で、バドワイザーのCMに使われたらしい。

御系萝莉--光腿短裙

| コメント(3)




【香菜猫饼】御系萝莉--光腿短裙というんだが、萝莉というのは日本で言うロリだそうで、御系って何だ? 機械翻訳では「ロイヤル」となっている。ロリ様? 光腿短裙というのは素足に短いスカート、というので、素足に短いスカートのロリ様、香菜猫饼という事になる。まぁ、史上最強のロリ婆ァと呼んでもよかろう。最近は30女の色気とロリータのあどけなさを兼ね備えて、まさに御系萝莉、ロリ様と呼ぶのが相応しい。

懸空寺

| コメント(4)




【貴州李俊】日本にも国宝で有名な「投入堂」というのがあるんだが、なんで投入堂と呼ぶのかというと役小角が蔵王権現などを祀った仏堂を、法力でもって平地から山に投げ入れたという伝承に由来するというんだが、平安時代の密教建築の数少ない現存遺例だというんだが、単に密教と言うより、道教の影響下にある山岳宗教の遺物ですね。もちろん、こうした「懸空寺」というのは中国由来なんだろうが、山西省に有名なヤツがある。でもコレは、福建省漳州市平和県大渓鎮霊通山です。あまり有名ではないらしく、貴州さん、道に迷ってウロウロ。道教の日本に対する影響というのはあまり考えられていないようだが、仏教より早くに伝来して、日本人の自然崇拝に大きな影響を与えているのは間違いない。

特産はオオサンショウウオ

| コメント(4)




【Stef Hoffe】鳳凰県(ほうおう-けん)は湖南省湘西トゥチャ族ミャオ族自治州に位置する県。というんだが、特産はオオサンショウウオ。現在国家貧困扶助開発の重点県。というので、オオサンショウウオは食べるのかな。食べるんだろうな。稲作地帯なので、コメが採れ、ユネスコ世界遺産登録を目指していて、観光客も多いようだ。中国の場合、少数民族というのは、かつての中原の覇者だったりして、負けて出ていった連中なんですね。タイやベトナムでは逆に、後発組が少数民族なんだが。確かに大規模工作地帯というのは生産性が高いんだが、山の中でオオサンショウウオ獲って喰らって生きるのもまた、良いんじゃなかろうかw

勝手気儘な雲南象たち

| コメント(1)




【Animals World】雲南象の逸れ兄弟が、好き勝手にウロツキまわって遊んでいる、というんだが、群れの方も森でのんびり暮らしています。畑の作物食って、河で水浴び、人家を探検してまた移動。勝手気儘な雲南象たちです。

上海で一番高いコーヒー

| コメント(1)




【牛小咖MumaMoo】コーヒーの動画を盛んにアップしている人なんだが、今日は「上海で一番高いコーヒー」と言うことで、一杯100元、つまり1500円のコーヒーです。いくら景気が良いとはいえ、1500円とは! と思ったら、堀口コーヒーだったw 

わたしたちはコーヒーのフロンティアを歩む探求者です。誠実で優れた生産者を常に探しながら、彼らと長年にわたって築いた信頼関係をもとにすばらしい生豆を入手し続けます。

わたしたちは素材と向き合い、その魅力を引き出す技術者です。熟練の技が生み出すローストと独自のブレンドで、コーヒーづくりに関わる人々の思いをおいしさへと変えていきます。

わたしたちはおいしいコーヒーを求める人たちに寄り添う案内者です。日本のコーヒー文化を継承しつつ、自由で新しい楽しみ方を提案することでコーヒーの世界をめぐる旅がもっと魅力的になるようお手伝いします。

堀口は日本でも有名な店で、「堀口珈琲千歳船橋駅前店などのネルドリップの名店の味の記憶を頼りに練習しています。」と川平くんも書いているんだが、上海ではペーパードリップですね。

4年前の動画と並べてます

| コメント(2)




【稀饭】普段着で踊る娘、おかゆちゃんです。今回は4年前の動画と並べてます。4年前と言っても20歳くらいなんだけどね。たしかに踊りはキレが良くなっているし、見る人の視線を意識して衣装も工夫している。中国では、その4年前くらいから、日本のニコニコ動画の影響で、みんなが一斉に踊り始めるといった動きがあったようだ。

水着のデザインがダサい

| コメント(4)




【滴答】なんか、スクール水着っぽい変な水着で踊ってます。中国動画としては珍しく露出度高めなんだが、特にロリでもないし、色気もない、ごく普通の女の子なので、許されるのか? エロの取り締まりの線引きというのはあくまでも「印象」なので、明文化されたルールがあるわけじゃないしw まぁ、水着のデザインがダサいからヨシとするか、って感じだろうw

なんとなく生臭い

| コメント(2)




【芝芝Molly】定番の曲を定番の衣装で踊っているんだが、なんとなく生臭い感じがして、調べてみたらこの娘は台湾で、プロの試合のチアガールなんかのイベントコンパニオン的な活動もしているらしい。踊りは下手だけど、顔と身体の露出に抵抗感がなくて堂々としているのはプロだからですね。

今回もドップリと演歌です

| コメント(3)




【樰婴】フェミなババアとか「演歌」をどう思っているのか知らんが、演歌的な世界というのはタイにもあるし、ベトナムにもある。当然、中国にもある。中国女のいる飲屋に行くと、膝の上に乗った中国女が、こういう切々たる哀しいオンナの歌を、あなたの耳に吹き込んでくれるか知れないw 【樰婴】さんはこうした哀しいオンナの心情を踊るのが得意な人で、今回もドップリと演歌ですw

おかゆちゃん

| コメント(2)




【稀饭】稀飯姬Kayukiで「おかゆちゃん」だそうで、四川です。四川というのは中国一、美人の多いところだそうで、リーズーチー並みの美人がぞろぞろいるらしい。この娘も、そういや美人ですね。四川メディア学院の出身らしい。放送・司会、映像、デザイン、新聞、舞台、音楽・舞踊、演劇・映画美術、撮影、放送・経済貿易、編集・プロデュース、デジタル技術などの学科があるというので、日本だったら日大芸術学部みたいなもんか? コスプレでなく、お嬢さまの普段着みたいなワンピースで踊ってて、背景も普通の公園で、この自然な感じがいいね。

田螺

| コメント(2)




【龙梅梅Longmeimei】毎年川が後退するときは、美味しい食材が露出しているので川沿いに行きます。というので、水位が下がると田螺が拾いやすくなるというので、子供と田螺を採りに。田螺は数日間、泥を吐かせないと食べられない。藤胡椒というんだが、ギャバンで売ってる四川青山椒 藤椒てヤツがそうですかね。中国では一般的に完熟した花椒を使うので、日本で言うところの山椒か? これは熱した油をかけて山椒油を作る。田螺は煮てから炒める。藤椒の山椒油は鶏のスープと合わせて、様々な食材を串刺しにして浸して食べます。しかしメイメイさん、いつもワンピースで、お上品ですねw

汗だくになっちゃって

| コメント(2)




【稀饭】踊り手さんとしては珍しく髪が短く、衣装もお嬢さまの普段着みたいでスカートの中は黒の安全パンツで、なかなかよろしい。この日は暑かったそうで、汗だくになっちゃって、途中でショッピングモールに走ってありあわせ買って来て着替えたそうで、衣装が変わっているのが判るw この娘は自然体なのがいいね。

雨乃哟

| コメント(3)




【雨乃】雨乃哟という名前なんだが、哟というのはたいした意味がなく、軽い驚きを示すらしい。なので、この娘の動画はほとんどが【雨乃】と表示されています。人気の芒种なんだが、なかなか色っぽいスタイルと衣装でいいですね。ほどよくエッチな身体がそそります。

ワールドオブウォーシップ

| コメント(1)




【椭奇】またまた中国娘特有のほっそーい子で、でもこれだけバタバタと踊っているんだから、健康なんだろう。踊りでエネルギーを消費するのか、ダンスをやってる娘さんにはよくある体型です。セーラー服なんだが、日本のJKセーラーではなく、水兵服。水兵帽かぶってるし。300を超える精巧に再現された歴史的な軍艦の一隻を操縦し、究極の戦略海戦アクションの世界に突入せよ!ワールドオブウォーシップ战舰世界、つまり戦艦世界というゲームのイベントらしい。

いとう哀

| コメント(3)




【哀子】公園でオバサンたちが集団で踊るのをスクエアダンスと呼んでいるようだが、そんな集団に混じって「いとう哀」という娘さんw 名前が名前だが、日本人ではなかろう。動画で踊ってみせるという「踊ってみた」系が日本のニコニコ動画から始まったので、中国の女の子も日本風の名前を付ける娘が多くて、醤の付いた名前も多いんだが、醤というのは日本でよく言うところのなんとかチャンのチャンだそうだ。哀子ちゃんは何のへんてつもないフツーの女の子なのがいいね。中国人はもともと踊るのが好きで、中国舞踊はベースがモダンダンスなので、日本舞踊と違って今風の踊りにも合わせやすいようだ。

竜頭香

| コメント(2)




【一游记】道教と言うと日本人にはあまり馴染みがなくて、ピンと来ないんだが、「山岳宗教」と言うと、ああ、あれね、と言う事になる。山伏とか役小角とか。さて、中国です。道教の聖地です。

八角寨は、雲台山とも呼ばれ、海抜818米メートルで、湖南省と広西省の境界にあり、越城嶺と雪峰山の合流地点に位置し、広西資源県に属します。山々の中に8つの反り返った角が突き出て、形が巨竜のようで、それゆえに八角寨と称されています。

フォロワーの多い動画配信者は入場無料だそうでw この山を登って、岩の先にお香を焚いて祈る場所があるんだが、千年以上前から行われているそうだが、今では観光客が自分で行くのは禁じられていて、代わりに代参してくれるオッサンがいます。24年間やっているそうだ。

頂上の最も険しい一角は、約50㍍張り出した絶壁だ。絶壁の先端は天にまっすぐそそり立ち、まるで天空を仰ぎ見る龍の頭のようだ。この険しい絶壁の先端になんと山の神の小さな廟がある。そこに通じる山の尾根の小道は幅がたったの30㌢。こんな険しさにもかかわらず、手足を使いほふく前進して線香をともす敬虔な人がいる。これこそ有名な「龍頭香」だ。

199元からのお香を買うと、竜頭香で燃やしてくれる。一日7-8人の客がいたりするらしい。まぁ、命がけですw

一生あなたを待ってます

| コメント(2)




【樰婴】一生あなたを待ってます、というタイトルなんだが、オンナの情念を踊る【樰婴】さんお得意のテーマです。曲も、らしくていいね。この人の動画では「あなたが35歳になるのを待ってます」というのもあったなw また、顔がいかにも鬱陶しそうで、こんなオンナに「一生、待ってます」とか言われたら、その場で自殺したくなるw しないけどw




【BUILT by CHINA】世界でも中国だけがコロナ禍を克服し、絶好調。2021年度はGDP8.5パーセントという高成長が予測されるというんだが、中国は「世界の下請け」で稼いだカネを国内に投資して、都市にはスカイスクレイパーが建ち並び、地方には新幹線と高速道路が張り巡らされ、仕事が早いねw おいらは毛沢東は偉かった論者なんだが、旧体制を徹底的に破壊し、今の急成長のベースを作った。日本はチビチビ積み上げてきたレガシーにガンジガラメになって身動きが取れない。稼いだカネは全て、海外に流出し、新たな投資もみんな海外へ。気がつきゃ、前世紀の廃墟の中で暮らす没落民族w

らっきょうのフルコース

| コメント(1)




【野小妹wild girl】らっきょうなんだが、日本では甘酢漬けにするしかなくて、生のらっきょうを料理に使うというのはあまり聞いたことがないんだが、さすが中国人、炒めたり、スープに入れたり、サラダにしたり。保存用には、唐辛子、ニンニク、生姜をまぶして、焼酎をふりかけて。

大根のピクルス

| コメント(0)




【Khói Lam Chiều】Xa Bauというんだが。英語では「大根のピクルス」というんだが、作るのを見てみりゃ、小ぶりの大根を塩漬けにしているだけです。水気が抜けたら日乾しにする。まぁ、乳酸発酵するだろうから、大根のピクルスと言えなくもない。沢庵みたいなもんです。東南アジア-中国-日本と、文化人類学的に見ると、「ちょっとした違いがあっても本質的には同じ」という部分が多い。「ベトナムの沢庵はヌカを使わず、塩だけで漬ける」と言っても良い。さて、ベトナム沢庵はそのままオカズにするのではなく、食材として料理に使います。単体で炒めたり、きのこ、豆腐と炒めたり。今日はベジタリアン料理です。

天目

| コメント(4)




【茶圈阿斗】良盏柴窑というんだが、福建省南平市にある登り窯のようだ。中国では早くに燃料である樹が枯渇して、燃料が石炭になっているんだが、登り窯というのは珍しい。作っているのは天目ですね。天目というと日本では曜変天目茶碗ばかりが注目されるが、ここで作っているのは禾目天目など。おいらも伊豆の金山の土をベースに釉薬作って禾目天目を焼いた事がある。

中国動画で許される水着

| コメント(3)




【卿斗qingdoujiang】お腹が減ってから録音したかった、とグーグル翻訳にあるんだが、多分、「もうちょっとダイエットしてお腹が凹んでから」という意味ではないかと推察。まぁ、ぶよぶよして可愛いお腹です。中国動画で許される水着というのはこんな感じで、台湾みたいな三角ビキニとか、露出度の高い水着はほとんど見られない。ヒールのある靴ではなく、ベタなサンダルです。サンダルでないと砂浜では踊りにくい。場所は厦門あたりかな?

冬の☀夏恋花火☀

| コメント(2)




【卿斗qingdoujiang】冬の☀夏恋花火☀ジャンプした後の花火を見てみましょう、というんだが、撮影したのは冬で、花火は合成なんだろう。予定していた撮影場所では「管理部門に申請しなきゃ駄目だ」と追い払われ、移動したら通行人が多すぎて何度も撮り直したというので、撮影はなかなか大変だ。「照明器具が大きすぎたかなぁ」と言ってるんだが、普段はゲリラ撮影で撮っているんだろう。衣装は浴衣をイメージした不思議な日本風で、なんとも自由な中国娘ですw

雲南象、やりたい放題

| コメント(4)




【Animals World】雲南象、やりたい放題で、はぐれた一頭は民家を訪れ、玄関先でスヤスヤw 無防備な姿がこいつらの置かれた環境を象徴しているw 政府は必死で人家を守り、象があらぬ方向に行かないように地道にコントロールしているようだ。なお、象というのは低周波で10km離れた仲間ともコミュニケーション取れるらしくて、はぐれたらはぐれっぱなし、というわけではないようだ。

枇杷のワイン

| コメント(2)




【二米炊烟】枇杷です。あまり有難味のない果物で、買うというより、そこら辺になっているのを採って来て食べるというような果物なんだが、食べてみるとそれなりに美味しい。皮を剥いてタネを除去した果肉を消毒したガラス瓶に。氷砂糖を入れて蒸して、シロップ漬け。果肉を潰して、氷砂糖と麹を入れて発酵。毎晩一回かきまわします。10日後、濾してさらに発酵。枇杷のワインです。ザリガニ料理は下準備が大変だねw ザリガニは炒めてからビール煮に。

さて、雲南象です

| コメント(5)




【BUILT by CHINA】さて、雲南象です。北上を続けていたんだが、飽きたらしいw 山の中でしばらく休憩後、今度は南下を始めた。昆明まで53.3kmまで来た。もちろん24時間警察が監視中。しかし、アメリカはバッファローもインディアンも絶滅寸前まで殺しまくって今はカリフォルニアの地下水を汲み上げて枯渇させようとしている。そういう国だ。野生の象は、かつてはもっと生息域が広かったとも言うんだが、それでも雲南省で生き残った。かつての中原の覇者たちも戦いに破れて雲南省で少数民族となって生き延びた。雲南省は負け犬を暖かく包んでくれる楽天地だ。

たぬきちゃん

| コメント(3)




【暮狸狸】たぬきちゃんです。曲は黒い仔猫の曲らしいんだが、日本のミュージシャンが作った曲で、和田たけあきというのでWikiで調べてみたんだが、全然知ってる人の名前が出て来ない、なんか、ネットという世間から隔絶したところで活躍している人のようだ。それが何故か、中国で女の子のお気に召したようでw 結局、地上波TVの音楽番組というのは、ジャニーズとかヤクザイルとか大手の芸能プロの接待で籠絡された連中が作っているので、新しい物が出てくる余地がない。それが突然、中国で出てくる。不思議な時代だ。

桂林

| コメント(6)




【Amazing Places on Our Planet】Li River Cruiseというから何だ?と思ったら、広西省チワン族自治区の漓江です。わかり易く言えば「桂林」だ。日本には昔から山水画というモノがありまして、塔の様にそそり立つ岩山というのも馴染み深いんだが、想像上の景色だとみんな思っていたら、中国が改革開放されて、桂林が紹介されるようになって、なんだ、山水画って、実はリアリズムだったんだ、と、みんな驚いた。クルーズ船が盛んに往来してますね。客は白人が多いようだ。8×10の風景写真がヌルヌル動く絵というのは、それにしても不気味だw

ヤマモモ

| コメント(3)




【滇西小哥】ヤマモモなんだが、雲南でも市販のヤツが売られているらしい。「でも、。新鮮なのがいいわよ」と、ヤマモモ畑に。【滇西小哥】さんは料理が得意なので、様々に工夫する。農村動画でもリーズーチーさんと【滇西小哥】さんが料理上手では双璧ですね。肉団子のソースにしたり、ヨーグルトと合わせたり、サラダにしたり。これだけの料理をそれぞれ作って並べるだけで一日終わりますw そりゃ、専業主婦でないと出来ないわw この家では彼女が専業主婦で、両親は働いているし、爺婆までいるし、弟もいるし、犬も何匹かいるし、まぁ、大家族なので、一人くらいは専業で家事に専念できるわけです。

揚子江クルーズ

| コメント(3)




【Amazing Places on Our Planet】揚子江クルーズという4K動画なんだが、フルスクリーンにして4Kで見ると、解像力が凄すぎて気持ち悪いほどw かつて動画の基本だった35mmの映画というのは、写真で言うところのハーフサイズなので、その解像力は知れたもの、もっとも人間の眼というのも、実はそんなに精密なわけじゃなくて、脳が補完しているからそれなりに見えるんだが、8×10の如き解像力で、それがヌルヌルと動くとなると、リアル過ぎて気持ち悪いw まぁ、慣れればいいんだが、慣れないねぇ、ついつい細部に見入ってしまうw おいらの眼と脳では、ウルトラハイビジョンどころか、ハイビジョンが精一杯だw ところで、9分22秒くらいから出て来るのが、世界一の船舶用エレベーター。

2016年に完成した三峡ダム船舶昇降機は113mの高低差を垂直に船を運ぶことが出来る世界最大の船舶昇降機。最大積載量:1万5500トン、全長:120m、幅:18m、深さ:3.5mのケージで、3000トンまでの船舶を40分で運ぶことが出来ます。

三峡ダムというと、「歪んでる」とか「崩壊寸前」とか言う人がいるんだが、そんな安普請だったら「3000トンの船を113m持ち上げるエレベーター」なんか付けられないだろw

鎮遠古鎮

| コメント(2)




【一游记】鎮遠古鎮というんだが、古鎮というのは日本語で言うなら「古都」で、京都とか川越のように古い町並みを残した地区の事なんだが、鎮遠は「中国最美十大古城」のひとつだそうだ。

中国最美十大古城の一つ鎮遠は、省都貴陽から東へ約350kmに位置する古鎮です。石板街と呼ばれる1.5kmほどの石畳がメインストリートで、食堂やお土産物屋さんが立ち並んでいます。そして路地裏には、約600年の歴史のある、情緒ある建築物(四合院)が多くあります。

雲南省の麗江、山西省の平遥、広西チワン自治区の陽朔、安徽省の恵州、貴州省の鎮遠、景徳鎮、山海関、四川省の西昌、四川省の阆中、重慶の豊都鬼城が「中国最美十大古城」だそうで、いずれも貴州省とか四川省とか、発展から取り残されたエリアだ。そういうところだから、古いものがそのまま残される。日本で言えば川越がそうだったな。川越の栄えた地区はそのまま寂れ、繁華街はどんどん南に移った。おいらが大学生の頃は今みたいに観光地になってなくて、寂れたままだった。今では、それがタイムカプセルのように「古都」として観光地になっている。中国でも沿海部の都会の住人にとって、こうした古鎮は魂の故郷なのだろう。なお、字幕を日本語に設定すると判りやすい解説が出ます。

ダンスバトル

| コメント(7)




【十元酱】十元酱少女が、公園で踊っているオバサンとダンスバトル、というんだが、中国人、特に中国人のオバサンというのは何故か公園で踊るのが大好きで、まぁ、ラジオ体操みたいなもんだろう。オバサンたちと比べると、【十元酱】さんは身体のくねらせ具合とか、ウエストの細さとか、別格ですねw 連日、スタジオでレッスンしているプロなんだから当たり前だがw

中国製日系ゲーム

| コメント(3)




【Azur Lane Cosplay Bikini Ver.】アズレンというんだが、日本の艦これに影響されて中国で作られたゲームとアニメだそうで、ところが日本の声優、作曲家、アニメーターも起用した、「中国製日系ゲーム」だそうだw

『アズールレーン』(英語: Azur Lane、簡体字中国語: 碧蓝航线)は、中華人民共和国の上海蛮啾網絡科技有限公司(マンジュウ、Manjuu Co.ltd)[注 1]と厦門勇仕網絡技術有限公司(ヨンシー、Yongshi Co.ltd)が共同で開発し、動画共有サービスのbilibiliが中心となって2017年5月25日から配信しているiOS/Android向けゲームアプリである。日本では、株式会社Yostarが2017年9月14日から日本語版を配信している。

中国でも日本でもそこそこヒットして、人気なんだが、そのアズレンのコスプレ動画というんだが、集団で踊っていても、真面目に動いているのは前列だけで、後ろの娘はダラダラしてるし、せっかくのビキニも水着がたまらなくダサくて、まぁ、企画物だとこんなもんかw

売れっ子アイドル

| コメント(4)




【咬人猫】この娘のこの曲は、ちょっと前に紹介したんだが、そちらは風車の前で踊っている映像だけだった。こちらはMV仕立てになっていて、なんか、怪しいグループサウンズっぽい男の子のバンドを従えて自ら歌ってます。咬人猫さんは「踊ってみた」系から出発して、今や立派に売れっ子アイドル・アーティストです。動画もかなり作り込んでいて、完成度が高い。

ほどよく色っぽい美女

| コメント(1)




【沐年】セクシー系なんだが、身体が細いので、生臭い感じはしない。ほどよく色っぽい美女です。でも、。胸は貧しいようで、ブラの下に座布団入れてますねw 中国舞踊のエキスパートというのは、こういう体型をした人が多い。食事でかなり節制しているんだろう。もちろん運動もするし。バレリーナ体型です。

カラチの半獣人

| コメント(3)




【阿轲在路上】カラチの半獣人というんだが、まぁ、ご覧のとおりですw おいらが東南アジア彷徨いていた時分には、まだ中国人のバッグパッカーというのはあまり見なかったね。どこに行っても華人そのものはいるんだが。リゾートでは新婚さんのカップルとかいて、新妻が日に何度も水着を着替えては新夫が写真を撮りまくっていたw 凄い嬉しそうだった。きっとあのあと激しい(略 中国人は好奇心旺盛なので、バッグパッカーも増えただろう。

ヤマモモ

| コメント(1)




【野小妹 wild girl】ヤマモモです。東京の人はあまり馴染みがないかも知れない。伊豆高原がヤマモの里で観光目的のPRをしているが、あすこら辺がヤマモの北限です。色が真っ赤できれいなんだが、果肉は薄く、タネがデカくて可食部は少ない。熟すと実がポタポタ落ちるので、樹の下にシートを広げておくと簡単に集められる。伊豆高原駅のヤマモは、台湾リスが居着いていて、みんな食っちゃうらしいw さて、【野小妹 wild girl】さん、ヤマモの麺を作って、ヤマモのジュースを作ってます。伊豆高原もどうせ売り物にするんだったら、ヤマモジュースだけじゃなくて、これくらい凝った物を作ればいいのにw

バクリュウの王子

| コメント(0)




【Khói Lam Chiều】救荒作物であり、野草なんだが、日本で言うところの「ガマ」ですね。「バクリュウの王子が好きだった」というんだが、バクリュウというのは地名、王子というのは、そこの大地主だった人のことです。当時のしきたりで金持ちの息子はフランスに留学するんだが、勉強はせず、飛行機や車の運転の熱中し、タンゴを踊り、サーフィンをし、4人の妻と無数の愛人がいた。爵位はないけど、バクリュウ伯爵とも呼ばれたらしいw

最後の女性、1968年頃、バフイはサイゴンのグエンドゥ通りにある家に引っ越しました。毎朝、二階に立って見下ろすと、水を運ぶ少女が通り過ぎるのが見えました。聞いてみると、その女の子は自転車の修理工として働いていた老人の息子であることがわかりました。Ba Huyは老人の家に行き、その家を女の子と「交換」するように頼んだ。老人と少女は話し合った後同意した。そして、それはバ・フイの最後の妻であり、彼より50歳年下でした。彼女は彼が死ぬまで彼と忠実に暮らしていた。彼らには3人の息子とHoan、Toan、Trinh、Nuという名前の娘がいます。

ちょうど時期的にも伝説の放蕩児、日本のバロン薩摩と共通していて、戦前のバリ社交界というのは、こういう植民地の放蕩児たちの溜まり場だったというのが窺われるw 

さて、ガマだが、根本の白い部分が食用です。スープにしたり、酢漬けにしたり。ところでバクリュウの王子なんだが、地主だったのが土地を政府に取り上げられ、商売替えも出来ず、孫子の代には全ての資産を失って転落した、という事です。彼の邸宅は、今では観光客の訪れる施設になってます。

猫踊り

| コメント(3)




【欣小萌】猫おどりで中国動画の猫娘たちがよく踊っている人気の曲なんだが、【欣小萌】さん、フリが決まらなくて悩んでいると、そこになんかタブレット。ひと粒口にすれば、猫踊りがスイスイと。【欣小萌】さん、顔は子供っぽいけど脚が美脚で、色っぽいですね。

頭の中は少年ジャンプ

| コメント(6)




【徐珺大哥】酒醉的蝴蝶というこの曲は、よく公園で体操代わりに踊っている人がいるんで流行ってるんだろうが、まぁ、いかにも庶民的な中国の香り漂うメロディーだw で、徐珺大哥さん、「中国一のナイスバディ、でも、頭の中は少年ジャンプ」と評した人がいて、発想がガキっぽいですw 両親が外出しているので、娘がふざけて遊んでいる、という設定w

裸足でセーラー服で

| コメント(4)




【徐珺大哥】裸足でセーラー服で、まことに喜ばしいんだが、この娘、健康優良児みたいな体型で、いまいち色っぽくならないw 割とフザケた動画も撮る人で、弟を登場させたりもする。まぁ、そのフザケたところがいいんだろうけど。これはセーラー服だが、オトナっぽいドレス姿の動画も多い。ちゃんとメイクすると美人だし、スタイルもいいんだが、性格が残念だったりするw

鴨の足

| コメント(3)




【隔壁林妹妹】タイは世界一だか二位だかのブロイラー生産国なんだが、もも肉むね肉のパックにして輸出して残った足は美味しくいただくんだが、それでも足りずに、鶏の足だけを輸入しているらしい。足は旨いのだw で、中国人も負けちゃいられない、鶏ではなく鴨の足です。ひとつひとつ骨を除去して面倒くさいな、こりゃw 犬は喜ぶだろうがw 玉ねぎやキュウリなどの野菜と和えて、一杯やりながらw

くっころ娘

| コメント(2)




【慕慕有奶糖】007風のオープニングで始まるんだが、ムチムチむっちりムームートフィちゃん、敵地に侵入して捕まって、「くっ、殺すなら殺せ」って、そういう設定を「くっころ」と呼ぶんだが、くっころが似合いそうな娘ですw

100均用品でコーヒー焙煎

| コメント(1)




【バルーン珈琲チャンネル】100均用品でコーヒー焙煎、というんだが、フライパン使ってます。ガシャガシャ振るので、豆が飛び出さないようにアルミホイルで蓋して、そのまん中に穴あけて進行度を確認できるようにしているのがアイデアですね。チャフの飛散防止にもなるし。コーヒーはどんな器具でも焙煎できるが、進行状況を目で確認できないとやりにくい。というわけで、今度の土曜日は「1day焙煎カフェ@三島広小路 6/26(土)」と称しまして、手網焙煎、ポップコーン焙煎なども実演しながら、豆州楽市のコーヒーが炭焙されるようすをご覧いただきます。無料試飲アリ。

インデペンデント・アイドル

| コメント(5)




【十元酱】ピンクのミニワンピ、しかも襟がセーラー襟という、なんともソソる衣装ですw この娘はいつもファッションセンスがいいね。顔も美人だが、清楚な印象。これで彼氏がいて、家賃75000円のマンションに住んでますw 収支決算はどうなっているのか? 中国は分母が大きいので、ネットのアイドル活動というのはそんなに儲かるのか? 日本のインチキアイドル市場に比較して、中国のインデペンデント・アイドルは健全に発展しているようです。

自家製コーヒー焙煎機

| コメント(1)




【自家製コーヒー焙煎機】100均の材料で作ったコーヒー焙煎機、というんだが、これね、溶接じゃないと、接着剤では保たない。手廻しなので、手網を振り続けるよりはちょっと楽か? 焙煎しながら豆の様子が見えないので、手網よりは難しいかも知れない。

一本も樹が生えない街

| コメント(2)




【贵州李俊 Guizhou Li Jun】一本も樹が生えない街、というんだが、西蔵の那曲(ナクチュ)市です。ここは旧石器時代に既に牧畜の痕跡があり、それ以降、一度も農業が営まれた事がなく、牧畜しか出来ない。森林限界より上の空気も薄いようなところなので、標高4500mというから、富士山どころじゃないw 今でも農業は出来ず、産業らしい産業はない。中国の地図でも空白地帯みたいになっている。面積だけはやたら広くても、極めて生産性の低いところなので、独立政権を作ろうとしても国力が貧しくて政権を維持できない。中国の北方、西方というのはみんな、そんな感じです。昔からだが、農業という圧倒的な生産性を持つ漢族とは対抗しようもない。




【小薇君】セクシーアイドル系まっしぐらの娘なんだが、たしかにグラマーだし、顔もオトナっぽくて、色っぽい。その割には薄汚れたグラビアアイドル・タレントのような下品さがなくて、なかなか良いです。海岸の砂浜で踊っているシーンでは、ピンヒールを履いてないんだが、そりゃ、ピンヒールじゃ砂に足を取られて踊れないわw この娘はサイパンとか行くようなので、撮影場所は中国ではないかも知れない。

夏のエネルギー注入

| コメント(1)




【咬人猫】タイトルが「夏日能量注入!」というので、夏のエネルギー注入!と、ちょうど今、中国で原発から放射線漏れ事故とか報告されているんだが、中国としても原発から自然エルネルギーへの転換は国策で、風力発電の開発はどんどん進んでいる。で、その風車の前で当代一の人気踊り手さんが、「夏のエネルギー注入」ダンスを踊るという、こら、咬人猫、おめぇ、中共の工作員だろw ちなみに中国の風力発電は地元にカネが落ちるようになっていて、反対運動が置きないように気を使っているらしい。

鉄皮石斛

| コメント(3)




【野小妹 wild girl】デンドロビウム・オフィシナレを使った中華料理というんだがデンドロビウム・オフィシナレというのは中国名を鉄皮石斛といって、セッコクとして日本でも栽培されている。ヤフオクでひと株4000円で落札されてますね。これをヤフオク価格4万円ほど使った料理、というとトンデモナイ高級料理みたいだが、貴州省の住人にとっては、単に食べられる野草的な存在なのだろう。デンドロビウムの葉と豚肉の炒め物、デンドロビウムの花とスクランブルエッグ、デンドロビウムポークリブスープ、デンドロビウムのフルコースですw 止渇作用、口乾改善、嘔気改善、鎮痛作用、解熱作用、熱感改善などの薬理作用のある漢方薬でもある。

キャベツ

| コメント(7)




【龙梅梅Longmeimei】無駄な外葉を除去してスーパーで売られているような状態でまだ畑に植わっているキャベツが、「黄色い地球に立つ美しい妖精」なのか? さて、キャベツの酢漬けといえばザワークラウトなんだが、中国では紅酢で漬けるのでピンクになります。ニンニク、砂糖と唐辛子と花椒。一週間で漬かります。「蕌头」というのはらっきょうです。キャベツと合わせて和えてサラダ。キャベツとにんじん、しいたけを炒めて野菜まんの具に。今日はベジタリアン料理です。犬も、貰ってもあまり嬉しそうではないw

未熟な悪魔たち

| コメント(9)


【BLUE BLUE BLUE channel】沖縄ストリートシーンに突如現れたガールズダンスクルー「DEVIL NO ID」(デビル ノー アイディー)。異色のメディアミックスを行う前代未聞のプロジェクト『DEVIL NO ID』が遂に本格始動! というんだが、2016年ごろから活動している女の子たちで、今月からYouTubeでチャンネル作って活動をSNSからYouTube中心に絞っているようだ。沖縄というと昔から独特の音楽的風土があって、年寄りのおいらなんぞは「紫」とか「コンディショングリーン」とかを想い出すんだが、【1971年、「万座ビーチ・ロック・コンサート」に出演した。このコンサートで興奮したファンの一人がピストルを振りかざし、さらに黒人刺殺事件にまで発展する惨事が発生した。】というのが紫。【メンバーが「人間タワー」を作っての演奏や、ステージ上で鶏や蛇を殺すなどの過激なパフォーマンスで、ベトナム戦争に赴く米兵達を驚かせた。】というのがコンディショングリーンw 東京の芸能界とは無縁の環境で育つので、アタマのネジが数本外れたような連中がいて面白い。未熟な悪魔たちの今後にも期待したい。

丸鶏の塩包み焼き

| コメント(4)




【染雲Ranyun】盐焗鸡というのは「丸鶏の塩包み焼き」なんだが、有名な客家料理で、戦乱に追われて逃げ惑う客家の家族が、飼っているニワトリを生きたままで運びにくいので、絞めて、塩漬けにして運んだのがその起こりだと言われている。

南に移動する過程で、客家の人々はある場所に移動し、外国人に侵略されて落ち着くのが難しいと感じ、別の場所に移動することを余儀なくされました。生活の過程で、すべての世帯が家禽や家畜を飼育しています。「脱出」と移動の過程で、生きている鳥は持ち運びできないので、屠殺され、保管と運搬のために塩袋に入れられます。移転先に到着後、これらの保管・運搬された原材料は、原材料の不足を解消し、体に栄養を与えることができます。塩焼きチキンは、客家の人々が移住の過程で彼らの知恵を使って作った有名な料理です。

沙姜というのを使っているんだが、

沙姜とはバンウコンの根茎で 、広東料理・香港料理によく使われています。
沙姜の独特な香りと生姜に似た辛さが料理を美味しくさせます。
【五気六味】 温/辛  【帰経】胃 
体の温め、気の流れをサポート。
使用方法:お茶、スープ、鍋、煮込み料理、蒸し料理
使用例:
     蜂蜜と一緒にしてお茶にする。
     参鶏湯
     薬膳鍋
     鶏肉煮込み
      豚足

それにしても、結構手のかかる料理を一人で作って一人で食うw 意外にこの娘は大食らいだw

雲南象の近況

| コメント(20)




【新青年 New Youth】雲南省から北に移動する「星」の象のグループは玉渓市に数日間滞在し、1頭の象は12日間グループから外れます、という事で、雲南象の最新情報です。玉渓市というのは地図で見ると昆明の南ですね。昆明まで行って、そこから引き返したらしい。玉渓の山が気に入って滞在している。はぐれた一頭も監視下にある。まぁ、シーサンパンナの野生象が人家の近くに出てきてウロツクのは以前から頻繁にある事なので、このまま「象の生息域が拡大した」という結果に終わりそうだw 象は、一部のイスラム過激派みたいに「共産党政権打倒」とか言わないので、保護して貰えるw




【CaptainEO】オーブントースターでコーヒーを焙煎、というので、コーヒー焙煎にはもっとも向かない方法だと思うんだが、というのも焙煎中に撹拌できないからで、コーヒー焙煎というのは「絶えず撹拌し続ける」というのが基本です。オーブントースターでは焙煎している最中には撹拌出来ない。コーヒー豆というのは、片側が丸く、反対側が平らという独特の形状をしているために、撹拌しないで焙煎すると、片側だけが焼け過ぎたりする。ここでもムラっぽくなっていて、イタリアンからハイローストまで混じっている感じの仕上がりなんだが、これじゃ駄目かと言ったらそうでもなくて、酸味と苦味のバランスが取れれば、渾然一体となった「同一品種によるブレンド」が味わえる。わざわざ焙煎度を変えて同一のコーヒー豆でブレンドを作る人もいるくらいで、ムラがあるから悪い、というものでもない。

アヒルの腸300本

| コメント(4)




【隔壁林妹妹】アヒルの腸300本というんだが、一本一本がごく少量なので、食えない量ではないだろう。炭火に鉄板乗せて、100本ずつ焼いて行く。香辛料たっぷり。むしろ香辛料食べてるようなもんだな。串付きのまま一本貰った犬が、器用に外して食べてます。

セクシーシンボル

| コメント(1)




【慕慕有奶糖】後悔のないセクシーストラップダンス!というんだが、肌色のシャツがあざといw ジーンズもピッチピチのノビノビジーンズで、実に、絵に描いたようなセクシーぶりなんだが、トフィーちゃんは顔が素朴な「ちょっと不細工」なので、悪い気はしない。というか、「顔が素朴で身体が不純異性交遊」というのが、いわば最高のセクシーシンボルですw トフィーちゃんの場合は、脚というよりお尻だなw

通海県

| コメント(4)




【滇西小哥】通海県というんだが、雲南省の玉渓市に属する県で、中国では市の下に県があるんですね。雲南省自体が少数民族の交差点みたいなところなんだが、ここには雲南省で唯一、モンゴル族の入植地がある。ここは雲南省で最大の野菜基地だそうで、見事な野菜畑が広がってます。さて、街に出た滇西小哥さんは葱餅を食べます。肉も入って。美味しそうです。次は黒糖液に漬けた甘いデザートの餅。ハサミ飴とか。そしてモンゴル村へ。そして銅製品を作る村へ。銅鑼も叩いて作っているようで、実はおいら、こんな銅鑼を仕入れて、エスニック雑貨屋で売っていた事があるw 新劇の有名俳優の爺さんが買っていきましたw 「こんなもん、俺が買わなきゃ、誰も買わないぞ」と言ったらしいw そして、」その銅鍋で料理を供するレストランへ。マスター曰く。「昔はヘルメットを鍋にして料理をしていた。、それがこの鍋のルーツだ」。取材に浮かれて、マスターはギターを弾いて歌いますw やはり文化人類学的に見ると、この人の動画が一番興味深い。

端午の節句

| コメント(0)




【BUILT by CHINA】中国は旧暦で祭事をするので、端午の節句というのがこないだの週末だったんですね。中国の観光市場は、3日間の休暇中に294億元の収益を生み出しています、というので、観光地は大賑わい。子供たちも含めて、誰もマスクしてませんね。移動のときだけマスクするみたいです。端午の節句というと、ドラゴンボート・レースなんだが、あとで動画探してみよう。

中年少女、猫餅さん

| コメント(1)




【香菜猫饼】中年少女、猫餅さん。珍しくオトナっぽい、しっとりしたところを見せてます。チーパオもデザインを合わせた下着付きで、カネかかってそうだ。オトナぶっても、肩幅が狭くて華奢で、いかにも中国的な、頼りなげな、儚い美女という雰囲気でよろしい。

可愛いドレス

| コメント(1)




【啾啾】朝3時に起きて化粧をして5時30分に撮影場所に到着、というので、踊り手さんも大変だ。それにしても、朝の5時半から入れてくれて撮影させてくれるんだね、中国の公園は。可愛いドレスなんだが、本人は脚に自信がないらしいw いやいや脚だけじゃねーだろ、胸もささやかで可愛いw 後半がメイキングになっている。

80年代の日本

| コメント(18)




【高解像度で80年代の日本】映画とドキュメンタリーと、その年代に合わせて寄せ集め映像のようだが、おいらは邦画は見ないので、どの映画からの映像かわからない。俳優の顔もよく知らないんだが、浅野温子が出ているところを見ると、「スローなブギにしてくれ」が使われているようだ。

このライセンスプロジェクトは、高解像度で復元されたデジタルドキュメントを通じて、過ぎ去った時代の郷愁を取り戻すことを目的としています。 グローバルな世界のためのデジタル民族学。

高倉健が電話ボックスでチラッと写るんだが、この時期の高倉健は積極的に仕事をたくさんしていたので、邦画を見ないおいらには、何の映画かわからない。1981年頃の横浜の景色が懐かしい。その時期、おいらは毎週、三脚かついで横浜を撮っていた。

養殖場

| コメント(2)




【贵州李俊 Guizhou Li Jun】深い渓谷をまたいで鉄道が通っているんだが、そのすぐそばに素晴らしい景色の滝があります。ほとんど観光開発されてない。鉄道の橋は歩いて渡る人がいるので、列車が必ず警笛を鳴らします。で、滝の上には魚の養殖場がある。チョウザメ、サンショウウオなど育てているらしい。清流なので、草魚とか育てたのではもったいないw 年間900万円くらいの売上げがあるようだ。アグリツーリズムとかで、養殖場の魚を食べさせる食堂もやっているらしい。こういうの、観光開発狙っている業者もいるんだろうねw

梦可御

| コメント(2)




【梦可御】2018年に高校のサークルで踊っているので、いまは20歳過ぎたあたりか。顔と身体がオトナのオンナで、なかなかよろしいんだが、穿いている短パンが伸縮性のあるジャージみたいなので、ありがちなジーンズ地でないのが素晴らしい。こういうのだと下のパンティラインが見えそうなもんだが、まったく確認できないので、下には何も穿いてないのかもw

あなたの甘い新しい妻

| コメント(2)




【紫颜】你的娇甜新娘「あなたの甘い新しい妻」というんだが、何か、アニメっぽい声ですね。中国人は幼形成熟で、男に媚びるにも幼児的なアニメ声になるらしい。アイドル的な踊り手さんも例外なく、喋らせるとアニメ声だ。おいらはどっちかつーと、低い声で物静かに喋る女が好みで、キンキンしたアニメ声は好みじゃないんだが、まぁ、紫顔さんが歌ってるわけじゃないのでw 彼女は若いけど名手で、多分、5、6歳から踊りを習ってるのだろう。若いし、美人だし、踊りは上手だし、無敵ですw

どう考えてもソーラーの勝ち

| コメント(12)




【BUILT by CHINA】中國最大太陽能發電站用羊除草、というんだが、中国最大の太陽光発電、その管理に羊が大活躍、というので、どこでも太陽光発電では雑草の除去にたいへんな手間と費用をかけているんだが、ここでは羊を使うことによって、費用ゼロ。それどころか羊が売れるのでむしろ儲かるw

青海省は標高の高いチベット高原に広がる人口の少ない広大な省で、チベット文化やモンゴル文化の伝統が強く見られます。崑崙山脈に属する 6,282 m の高峰アムネマチンは、仏教の聖地になっています。

ここは砂漠で、草もあまり育たないくらいなんだが、太陽光発電では日陰ができるので、むしろ雑草が生える。

実際、太陽光発電所での雑草防除と予防は地球規模の問題です。一般的な解決策には、高植物の成長を抑制するための低植物の成長、除草剤の散布、地面への雑草防止土壌の散布、および手作業による除草が含まれます。しかし、ここでエンジニアは、最も一般的であるがおそらくあなたの予想を超えた斬新なアイデアを考えました。「今では、効率的に雑草を取り除くことができるので、太陽光発電エリアに放牧羊を置いています。以前は年に2回雑草を取り除きました。しかし、今では羊の場合、年に1回だけ行う必要があるため、コストを節約することもできます。 「ハイクオ太陽光発電所のメンテナンスエンジニアであるチャン・ウェンハイは言った。さらに良いことに、この方法はその間に地元住民の収入を増やしました。「公園の草は素晴らしいです。そこで放牧することで羊はよく太り、大きくなりました。したがって、それらはより早く売られます。私たちの年収はこうして増加しました。

標高3000mというところなので、空気が薄くて、光線が強い。発電効率がいいんですね。広さは好きなだけとれる。羊ものびのびと育ちます。原発にどれだけの設備と人間が必要なのかと考えたら、まぁ、どう考えてもソーラーの勝ちだw

酒池肉林

| コメント(2)




【紫嘉儿】媚惑人心、妲己舞蹈版というので、男を惑わす媚態の妲己、というような意味なんだが、妲己というのは歴史上名高い悪女で、有名なところで、酒池肉林という言葉の元になったエピソードが知られている。

妲己は帝辛に寵愛され、帝辛は彼女のいうことなら何でも聞いたという。師涓に新淫の声・北鄙の舞・靡靡の楽を作らせた。賦税を厚くして鹿台に銭をたくわえ、鉅橋に粟を満たし、狗馬・奇物を収めて宮室いっぱいにした。沙丘の苑台を拡張して、野獣蜚鳥をその中に置いた。鬼神をあなどり、沙丘に大勢の者を集めて楽しみ戯れた。酒をそそいで池とし、肉を掛けて林とし(酒池肉林)、男女を裸にして互いに追いかけさせ、長夜の飲をなした。

というわけで、悪女の舞だが、なかなか妖艶な雰囲気を醸し出していて、よろしいです。

上海歓楽谷

| コメント(1)




【欣小萌】顔とか振る舞いが子供っぽいんだが、身体は素晴らしく色っぽくて、そのアンバランスなところがこの娘の魅力だと思うんだが、上海の遊園地で踊って、ついでの園内を案内してます。上海歓楽谷ハッピーバレーというところかね? 中国も最近はディズニーのパクリとかやめて、一応、オリジナルのコンテンツで営業しているらしい。小萌さんは表情の変化が豊かで楽しげで、こういうレポートも向いてますねw

世界一長いドラゴンボート

| コメント(0)




【ギネス世界記録 公式チャンネル】今年もドラゴンボートの季節で、貴州省にある「世界一長いドラゴンボート」が神輿のように担がれて登場、というところまでは動画であがってるんだが、まだ漕いでないようで、これは2年前の動画です。87.3mだそうです。

锦鲤抄

| コメント(1)




【樰婴】独自の振り付けで踊る人なんだが、今回は「锦鲤抄」というので、錦鯉のコスプレですw 錦鯉のコスプレって、初めて見たなw 衣装もヒラヒラと、錦鯉というより金魚みたいなんだが、付け耳のように付けヒレを付けているのが、なんか可愛いw メインの舞台は古跡のようだが、ラストで登場する清流がいい雰囲気を出している。

木瓜

| コメント(16)




【滇西小哥】パパイヤなんだが、未熟な青い実は野菜、完熟して赤くなったらフルーツと、どちらでも食べられる。中国語で「木瓜」と書くんだが、木瓜というのは日本語では「ボケ」であり、「キュウリ」でもある。呼名が混乱してますね。生パパイヤのサラダは、タイのソムタムとほぼ同じなんだが、中国人は干してから水で戻してあえるなんてのもやってますね。完熟したヤツはスペアリブと炒めて。あるいは半割りにしてヨーグルトと。

手摘みの茶畑

| コメント(2)




【十元酱】ファッションセンスの良い娘で、今回は漢服なんだが、シックにまとめてます。服もいいけど、髪型が可愛いね。庭で盛大にスモーク炊いて、茶畑は中国なので、手摘みの茶畑です。こういう茶畑を見ると、発展まっ盛りの中国も、大事にすべきものはちゃんと大事にしていると思い知らされる。日本では手摘みの茶畑なんて、滅多にない。

スーパーアイドルでしょ

| コメント(2)




【陈小诺mari】いきなりほっそーい身体の小さなお尻アップから始まるんだが、子供からオンナに変わろうとする絶妙なお年頃の彼女、まだ身体も顔も「色っぽい」とか、そういうんじゃないが、この年頃の女の子はある時点でいきなり変貌するので眼が離せない。曲は、「スーパーアイドルでしょ」と日本語かと思ったら、インドネシア語か?

Scallion

| コメント(36)




【染雲Ranyun】Scallionというのは何なのか? 調べてみたらワケギです。ワケギはネギとタマネギの交配種で、エシャレットとか、ラッキョウとか、ここら辺の判別はなかなか難しい。ちなみにエシャレットというのはエシャロットとは違って、ラッキョウの未成熟の物です。拌麵というから汁なしそばです。畳んだ目玉焼き乗せて、醤油とネギ油で味付け。なんか、スパゲティ・ナポリタンみたいだw




【貴州李潤】ひと頃ネットでも話題になったんだが、四川省でも最も狭い街として有名な街。確かに狭苦しいんだが、なんか懐かしい景気だなぁ、と思ったら、熱海だw 熱海の街がこんな感じです。平坦な土地がなく、道が狭い。まぁ、狭苦しいんだったら日本も負けない。この程度に狭苦しい街はあちこちにあるw 伊豆の海岸沿いの街はみんな、こんなです。中国は大平原を中心に発展した国なので、こういう狭いところに作られた街というのは、むしろ珍しいのだろう。まぁ、香港と上海は例外的だろうが。

端午の節句

| コメント(2)




【野小妹 wild girl】端午の節句というのは、中国では「ドラゴンボート・フェスティバル」と言うのだそうで、今年の端午の節句は6月14日です。中国では祭日なので、三連休。このお祭りではちまきを食べるのが決まりで、屈原がーとかいわれがあるらしい。ちまきは地方によって作り方が違うらしいが、ここでは黄色く染めた米を使ってますね。

雨季の湿気

| コメント(1)




【樰婴】なんかロリっ子が出てきて一転、女の情念を踊る【樰婴】さんが年代物のうらぶれたところで踊ります。こういう、うらぶれた建物というのは普段あまり動画には使わないようだが、【樰婴】さんの鬱陶しい不機嫌な情念顔にはよく似合っているw 途中から雨になり、雨はCGで描き足しているようだが、ポツリポツリと降っているのは確かなようで、雨季の湿気が感じられていい動画です。

象は意外に寒さには強い

| コメント(5)




【BUILT by CHINA】雲南象は中国でも大人気で、なんせ24時間ドローンで監視しながら、街に入らないようにせっせと餌を与えて引き止めているので、すっかり安心してくつろいでますw 捕まえて保護区に戻すって、15頭も象がいたら無理だからw 象は意外に寒さには強くて、日本の雪が降るような気候でも、普通に動物園でウロウロしている。保護区では餌が足りないので、戻らないだろう。このまま雲南名物野良象として生きるしかないw

曲水流觴

| コメント(3)




【李子柒 Liziqi】曲水流觴テーブルというんだが、「觴」というのは、「①さかずき。「觴詠」「觴酌」 ②さかずきに酒を注ぐ。人に酒をすすめる。もてなす。」という事で、元ネタはヅーチーさんも言ってるんだが、TVの時代劇の場面からなんだが、TVのヤツはテーブの上に盆景が据えてあるだけで、水の流れている様子はない。タイにもあったような気がするんだが、回転寿司のベルトコンベアの代わりに水の流れに乗って寿司が廻ってくる回転寿司。アレですね。日本人だったら「流しそうめん」と言うだろうが、まさか中国ではそうめんを流しながら食わないだろw さて、テーブルを作る過程は見りゃ判るんだが、料理が全てお茶の新芽を使ったもので、お見事!としか言いようがない。中国人のお茶に賭ける情熱というのは、凄まじいです。

草を食うから草魚

| コメント(8)




【湘西石三妹】大量の草を刈っているんだが、何をしているのかと思ったら、養魚池の草魚の餌です。こちらは毎日雨だそうで、中国にも梅雨があるらしい。梅雨とは呼ばないんだろうが。草を食うから草魚。ホントに草を刈って餌に与えるとは知らなかった。餌代はタダw ともだちが遊びに来たりしたら、草魚を料理して食べます。なるほど、ホントの意味での自給自足だなw

象と共棲

| コメント(2)




【小辣up】雲南象のネタが日本でも紹介されて、象を保護しようという中国人を褒めているよ、というような話で、まぁ、中国では象の被害は全額、政府が補償してくれるので、怒る人はいない。麻酔銃で、とか言うんだが、15頭もいるので、いっぺんに15頭なんて不可能。象の気が済むまで彷徨かせるしかないw とはいえ飼い象ではないので、象使い連れてきても無駄。まぁ、象のいる街として昆明が売り出すしかないなw

合法ロリの最高峰

| コメント(3)




【咬人猫】合法ロリの最高峰、咬人猫さんの最高傑作がこれだと思う。衣装だけでも4種類使って、何度も何度も撮って、わずか数分の動画にどれだけ手間をかけていることか。それにしてもほっそーい娘で、13、4歳の体型。ロリ好きにはたまらない。日本ではこういうのがAV女優になってカメラの前でセックスするが、中国ではそんな事はできない、これで精一杯。でも、「どっちの女が高く売れるか?」となったら、露出度の少ないほうが勝ちだw 女は「見せたらオシマイ」なんだよ。中国人はロリが多いので、こういうロリ娘を愛人に出来るんだったらカネを惜しまない男も多いだろう。なので、中国の若い女の子はみんな「アニメ声」なのでビックリするw




【可樂旅遊台北總公司】さっき「この巨大水中スタジオは何なんだ?」と書いたんだが、その正体が判明。シルク・ドゥ・ソレイユを立ち上げたフランコ・ドラゴンがマカオに建設した劇場で、「2010 年 9 月に初演されました。2020 年の時点で、3,800 回以上上演され、200 万人以上の観客が見ました。」というんだが、ご多分に漏れずコロナ騒動でシルク・ドゥ・ソレイユも破産したんだが、このショーも撤退を余儀なくされ、設備を香港に本社を置く会社に売却したようだ。

フランコ・ドラゴン(1952年生まれ)は、ベルギーの 劇場監督。大規模な劇場ショーの制作を専門とするクリエイティブカンパニー、Dragone の創設者兼芸術監督でもあります。彼はシルク・ドゥ・ソレイユやセリーヌ・ディオンとの仕事でも知られています。[1]
CNNは、ドラゴンは「シルク ドゥ ソレイユの演劇スタイルの主要な建築家の 1 人」であり、「シルク ドゥ ソレイユの特徴はコンテンポラリー サーカスでしたが、ドラゴンのソロ作品はより多くの演劇、ダンス、そしてもちろん水を体現しています」と述べています。彼の「トレードマーク」の水生ステージの使用。[2]

この劇場を買い取った人物が「ローレンス・ホー」というので、アレ?と思って調べてみたら案の定、あの、スタンレー・ホーのひとり息子だ。スタンレー・ホーについては昔、調べたんだが、若い頃は日本の商社に雇われていて、まぁ、なんか海賊とか色々あったらしいんだが、功績があって大金を貰い、戦後は独立してカジノの帝王となり、銀行まで持って、大実業家になった。

ところでマカオのカジノと言ったら「スタンレー・ホー」なんだが、90歳過ぎてもまだまだ死なない。化け物ですw この人、旧日本軍の工作員だった。バンコ・デルタ・アジアという銀行も持っていて、マネロンには非常に都合がよろしい。マンコデルデルアジアに裏ガネ、つまり表に出せない賄賂とかを預けると、何か溶けて消えちゃうんだが、不思議な事に、カジノで大当たりして、ご丁寧に証明書まで出してくれるw かくして、中国共産党幹部の貯めた賄賂がメデタく表に出せるカネになり、そういうショーバイで賑わっていてた。

むかしアメリカが北朝鮮に経済制裁した時に、金正男が毎日マンコデルデルアジアの前をウロウロして、仕送りを待っていたなw ちなみにスタンレー・ホーは100歳で死んだが、ひとり息子は52歳の時の息子で、まだ若い。まだ横浜のIR事業を狙っているらしい。

斜杠玩家吉叔

| コメント(1)




【斜杠玩家吉叔】水中で踊ってます。あまりに踊りが自然なので、合成かと思ったら、そうじゃない。裾が無重力状態でフワフワしている。実はこのカメラマン、吉叔という人なんだが、100人の美女に人魚の格好させて「100匹人魚ちゃん大行進」という動画を撮って世界記録を作っている。人魚が100匹、凄いね、まさに人海戦術w 落ち目のアメリカには、CGなしでこんな絵は撮れないだろう。エスター・ウィリアムズの「百万弗の人魚」をザッツ・エンタテインメント見た時も驚いたが、ハリウッドがその最盛期にやっと作れただけの大掛かりな映像を、いともあっけなく撮ってしまう。今の中国の勢いを感じさせる。そもそもこの巨大水中スタジオは何なんだ

タマリンド

| コメント(3)




【滇西小哥】タマリンドというと、エスニック料理では酸味に使う調味料として有名で、それが野生で収穫できるというので、羨ましい。雲南省のように「熱帯の高地」というのは気候が一年中通して穏やかで、雪は降らず、夏も涼しく、植生が豊富で、食べ物が多種多様、酒も煙草も自家製で作れ、まぁ、カネなんてものがなくても暮らせた、それも豊かに暮らせたシャングリラです。こういう土地を金銭的尺度で見てはいけない。さて、収穫したタマリンドは、焼酎に漬けたり、ケーキを作ったり、ビネガーにしたり。家族の顔を一つ一つ思い浮かべながら、ケーキを作ったり、お菓子にしたり。シャングリラのお母さんはていねいな暮らしをしてます。

公開処刑

| コメント(5)




【泡面X七泠】泡面というのは中国語で「インスタントラーメン」だそうで、インスタントラーメン食ってこんなに良いスタイルを保てるモノかどうか、左側が泡面さんです。右側のちんちくりん娘の方が顔デカいぞw 公開処刑っていうんだろ? 知ってるぞw 夕暮れから夜にかけて、数時間かかって三回踊り、それを組み合わせてます。まぁ、撮影は半日がかりだね。泡面さんは泡面后宫团(インスタントラーメン・ハーレムグループ)という5人組で踊っている動画もあるようだ。

枇杷

| コメント(3)




【龙梅梅Longmeimei】小さな苗からビワの木を育てる! 2年間の苦労がついに報われた!というので、苗を植えるところから始まるんだが、はたして2年で実がたくさん採れる物なのか。

種から育てたビワに実がなるまでは最低5年から10年は掛かります。桃栗3年柿8年と言いますから、同じ樹木のビワも中々時間は掛かります。気の長い話ですが、自分で育てたビワの実を食べれる日を楽しみに、育ててみるのも楽しいですよ。

苗からでも、2年では無理だろう。色々とフェイクの多い動画で、改めて見ると、奥さん、よそ行きみたいなきれいなおべべだし、子供は大人しくて良い子だし、犬までお行儀いいし、こんな、さもない動画でも、動画を撮るというのは大変な作業です。枇杷というと伊豆では「土肥の白枇杷」というのが美味しいので有名なんだが、苗を持ってきて、三島で植えても同じ味にはならないというのが不思議です。

女の色気

| コメント(1)




【樰婴】独自の振付けで女の情念みたいな踊りをやる人なんだが、今回は不思議に色っぽい動画になってます。露出度が高いわけじゃないが、というか露出しているのは腹だけなんだが、贅肉なく締まったウエストの露出が色っぽい。女の色気というのは、意外なところに転がっているものだw

ガキクコ

| コメント(2)




【卿鬥醬】オモチャみたいな娘がオモチャみたいなセットで踊ります。日本風の看板で「串焼き」とか「ガキクコ」とか「日本料理」とか書いてある。曲も日本の曲で、アニメで育った中国娘の嗜好性みたいなものが窺える。上手な踊りとかそういうんじゃないが、可愛くて元気があってよろしいw

【微小微】の世界

| コメント(3)




【微小微】どこででも踊ってしまう人で、実はかなりのテクニシャンなんだが、こうした面白動画みたいなのばかり撮っている。これはリミックスで、【微小微】の世界、的な構成になってます。身体が大きくて手足が長くて見栄えがしますねw 合法ロリ咬人猫さんとの絡みを見ると、サイズ感の違いに驚くw この人の動画にはよくベビーカーに乗った赤ん坊が出てくるんだが、彼女の子供なのか?

卿斗酱

| コメント(3)




【卿斗酱qingdoujiang】初音ミクみたいなボーカロイドでオモチャみたいなかっこうで踊っていたりする娘なんだが、これはしっとりといい雰囲気を出してます。今年はむやみに長い空梅雨で、梅雨が2ヶ月もある。そろそろガレージ焙煎で汗が滲んでくる季節。白センセの振付けに魅せられて、というんだが、何故かあのオッサンの振付けは若い娘に人気があるw この娘はウチのサイトで紹介するのは初めてですね。

いかにもテクニシャン

| コメント(2)




【紫嘉儿】名手らしい。この人の動画はあまり見てないんだが、あらためて見ると、なかなか美人ですね。芒种は意外に踊っている人が少ない。この人のは白センセの振付けではなく、オリジナルですね。チーパオではシルエット、漢服で優雅なひらひら具合を見せるという、いかにもテクニシャンです。

芒种

| コメント(3)




【欣小萌】だいぶ前の動画だが、この娘のスタイルの良さが堪能できる逸品。ウチでも紹介した事あるな。たまたま明日が芒种なのでw 芒種というのは、24節気のひとつで、明日から夏至までがそうです。

芒(のぎ 、イネ科植物の果実を包む穎(えい)すなわち稲でいう籾殻にあるとげのような突起)を持った植物の種をまくころ。『暦便覧』には「芒(のぎ)ある穀類、稼種する時なり」と記されている。実際には、現在の種まきはこれよりも早い。
西日本では梅雨入りのころ。沖縄県では小満から芒種が梅雨の時期に当たり、梅雨のことを沖縄方言で「小満芒種(すーまんぼーすー)」と言う。

梅雨というとあまり良いイメージがないんだが、これからは芒種と呼ぼうw それにしても小萌さんは素晴らしいスタイルです。まぁ、火薬と紙とチャイナドレスは中国人の三大発明だw

田植えした畑の苗うめぇ

| コメント(8)




【中国映像電視台】迷子のゾウさん「田植えした畑の苗うめぇ」というので、放浪する象たちが、田植えした苗をムシャムシャ食ってますw 中国政府は農作物の被害は無条件で補償してくれるので、誰も怒らない。雲南省では以前から野良象が人家近くに出没し、農作物荒らすのは日常で、数が増えたために生息域を広げているらしい。政府は象を手厚く保護しているので、象は「人間の近くに行っても攻撃されない、安全である」と知ってしまったw まぁ、過疎地なので、共存共栄、withエレファントで生きて行くしかないなw withコロナよりゃマシだろうw

絶妙のバランス

| コメント(2)




【十元酱】この娘は顔も身体もそこそこいいんだが、何よりファッションセンスが良くて、今回は地味めのチーパオと漢服なんだが、髪型が面白い。アップにまとめて、細いおさげを二本。20歳ちょっと過ぎたくらいか? 女らしい色気と、少女っぽい可愛らしさと絶妙のバランスで素晴らしい。

中華ロリータ

| コメント(5)




【小诺】この娘、何か良い家のお嬢さんみたいな雰囲気があって好きなんだが、美人というわけでも、色っぽいというわけでもない、まだ青いといった感じ。柳の樹が生えた水辺の撮影場所とか雲が西日に染まった空の雰囲気とか、いかにもアジアらしい景色でよろしい。衣装もトラッドな中華ロリータで可愛くて上品で、素晴らしいです。

【misaki☆阿妹】

| コメント(2)




【misaki☆阿妹】ダンス動画を70本ぐらいアップしている娘で、まぁ、週イチって感じか? それだけ撮影できるというのは、それに見合う収入があるわけで、中国の動画サイトでは投げ銭というシステムでファンからカネ貰ったり、広告料収入があったり、衣装、撮影費用、カメラマンのギャラ等、経済が廻っているのだろう。日本では考えられないシステムで、同じように踊っても、日本の女の子の場合、衣装は普段着だし、撮っているのも薄汚れた街の公園だったりして、いかにも貧乏くさい。それと、中国の踊り手さんは中国舞踊のレッスン積んでいる人が多くて、中国舞踊というのはモダンダンスの技術をベースにしているので、身体が出来ている。日本で若い子でダンスと言うと、アメリカのヒップホップとかで、アカデミックなものではないので、見ていて飽きるよね。ところでこの娘は活躍が認められて、上海に再進出したAKB48グループの二期生として採用されたらしい。以前作った上海48は独立して日本の運営から離れてしまったので、「再進出」というカタチになるw まぁ、秋元より中国人の方が狡賢いわw

今回はまた格別に色っぽい

| コメント(3)




【香菜猫饼】猫餅さん、今回はまた格別に色っぽいところを見せてくれるんだが、それにしても中国の踊り手さんというのは、フェミニンというか、「男が望むであろう理想の女」を徹底して演じるところが凄いね。イマドキ日本やアメリカではそういうのは「男に媚びてる」とみなされて同性から嫌われるのか、流行らないw まぁセーラー服やブルマーで可愛く踊るからといって、中身は狡猾な30過ぎの中年オンナで、日本ムスメと比べたら(以下略 まぁ、おいらの女房でも愛人でもないので、どうでもいいがw

ご立派な太腿

| コメント(6)




【特務kiri】なんともご立派な太腿で唖然とするんだが、中国人だからって、みんながみんなほっそーいなよなした体型というわけじゃない。そら、逞しいのもいるわw 一般的には、北方の満州族系の女はガッチリしている。この娘がどこ出身なのかは知らないが。で、ちょっと調べてみたら、繁体字のFacebookがあったので、台湾娘のようだ。踊りというよりコスプレ活動をメインにしているらしい。踊りをメインにしている娘はもっと身体を絞っている。

浙江省出身の20歳

| コメント(4)




【米兜】この娘は浙江省出身の20歳だそうだが、浙江省というのは上海のお隣り、杭州市のあるところで、温州みかんの温州も浙江省です。中国ではかなり南部に位置し、温暖なところ。ところが彼女は黒龍江省チチハルの大学に進学する。あまり有名じゃない大学らしい。ちなみに日本人の留学生は一人もいませんw なんでわざわざチチハルまで行ったのか? 上海あたりにいくらでも大学あるだろうと思ったんだが、調べてみたらチチハル大学には「音楽・舞踏学」科があるんですね。中国は受験競争が厳しいので、遠くても舞踏の勉強ができる学校を選んだのかも知れない。

材料科学・工学、機械電気工学、継続教育学、理学、軽工業・紡織学、体育学、文学・歴史文化学、応用技術学、国際教育学、計算機・制御工学、教育・メディア学、マルクス主義学、生 命科学・農林学、通信・電子工学、哲学・法学、化学・化学工学、建築・土木工学、経済・管理学、美術・アートデザイン学、食品・生物工学、外国語、音楽・舞踊学

「環湖大学」とか「公園式学校」とかいう呼名があって、環境は良いらしい。ただ、北なので半端じゃなく寒い。この動画は湖が凍りついてます。そんなところでにこやかに笑って薄着で微塵も辛さを感じさせない。プロですw 

お菓子系

| コメント(3)




【慕慕有奶糖】愛しのムームートフィちゃん、中国娘にしては腰がバーンと張ってて、ボリュームがあって、よろしい。トフィーというのはお菓子で、ハードラックキャンディーです。

じっくりことこと銅鍋でキャラメルを作り、オーブンでローストしたアーモンドを沢山加えてハードクラックキャンディーにしました。

素朴なお菓子です。まぁ、こういうカワイイ系の中国ダンサーというのも、一種の「お菓子系」と言えなくもない。お菓子系というのは、

ブルセラが社会現象となっていた1990年代前半は単にブルセラグラビアと呼ばれていたが、1992年創刊の『クリーム』を嚆矢とし、1990年代後半には『ホイップ』、『ワッフル』、『ラッキークレープ』、『ジューシープレス』と菓子名を誌名に使用するノンヌード美少女雑誌が相次いで創刊された[1]ことから「お菓子系」の名がついた[2]。これらの雑誌は「お菓子系雑誌」と呼ばれ、お菓子系雑誌に登場するグラビアアイドルは「お菓子系アイドル」と呼ばれる[3]。

ソフトエロ路線なんだが、エロを前面に出さず、カワイイをトッピングしたエロで、その狙うところは日本でも中国でも同じだ。ムームートフィのセーラー服。美大の玄関で踊ってますw

アイドル的要素はじゅうぶん

| コメント(1)




【米兜】この娘、どの動画を見てもピンヒールで踊っているのがなくて、裸足とかかかとの太い靴ばかりで、まぁ、それだけピンヒールで踊るのは難しいのだろう。なかなかの美人さんで、踊りもそこそこ上手くて、アイドル的要素はじゅうぶんです。どこかの学校?の運動場みたいなところです。通っている学校だろうか? それにしても中国という国は、運動場でひらひらのミニドレス少女が踊ってても、誰も不思議に思わないのかね?

広州南駅

| コメント(4)




【染雲Ranyun】母からもらった赤い封筒を持って荷物を引きずり、再び街へ出勤、というので、また実家を離れて都会で働くらしい。中国新幹線にのって、「広州南駅」で降りてます。この娘の実家が貴州省だとすると、貴陽から4時間。下の路線図は中国新幹線のものなんだが、作ったのは日本人ですw これを見て中国人が喜んで、凄い凄い、判りやすい、と最近話題になっているw 日本人は東京の地下鉄路線図で慣れているが、中国にはそういうのがなかったらしい。広州南駅というのは「2010年の開業時は中国最大級の駅といわれた。広州の都心から南に15㎞の位置にあり以前は田園地帯であったが駅周辺は急速に開発が進んでいる。」ところだそうで、確かに街のまん中という雰囲気ではない。

E10NSDdVkAgfKuC.jpg

ところで以前にも指摘した事があるんだが、この娘、街にいる時はメガネかけているんですね。締めっきりの窓にはカーテンを貼り付けてますw

パイナップルキャンディー

| コメント(2)




【Khói Lam Chiều】パイナップルキャンディー、というんだが、パイナップル畑、ずいぶんと粗放的な栽培法なんだが、水田のように水を引き込む事によって、肥料を与えなくても養分が流れてくるわけです。実を剥くのに斜めに刃を入れてるのは、「目を取る」という作業です。ショウガ、砂糖、ゴマ、落花生。パイナップルを煮詰めて、レモン汁を加え、冷やせば固まる。素朴なオヤツです。

米兜

| コメント(3)




米兜】猫耳風にセットしたリボンと、黒のストッキング。なかなか個性的なファッションでよろしい。ハイヒールじゃなくて、足袋みたいな薄い靴で、それでもそこそこ脚が長く見えるんだから、スタイルは良いのだろう。素足もいいけど、シンプルなストッキングだけというのも悪くない。

タケノコ

| コメント(11)




【野小妹 wild girl】中華料理では割と頻繁にタケノコを使うんだが、タケノコというのは旬が短くて、なのに何で一年中食べられるのかというと、水煮にして密閉保存すれば、常温でも半年以上保つからだ。しかも雲南省とか貴州省では、一年中違った種類のタケノコが採れる。何より、自分で山に行って採ってくりゃタダだw あまり栄養があるとは言えないが、植物繊維は豊富だろうw

林には鳥、水には魚、山には動物

| コメント(9)




【滇西小哥 Dianxi Xiaoge】去年の9月の動画です。その頃は野良象はまだ農村部にいて、さほど問題にもならなかったようだが、最近は15頭の群れで街に現れて、道路を歩いていたw ちょうどTVのNEWSでやってるところですw 象は移動する動物なので、そりゃ、新しい天地を求めて放浪の旅だw

雲南省シーサンパンナ自治区に、野生アジア象300頭が生息している。数が減ってきて、保護が待ったなしです。今回、現地野生アジア象の製造環境を探訪し、生存現状を知ることができました。現地環境保護団体はアジア象のために、いろいろな努力がなさいました。これはいいスタートです。我々がやるべきことがまだまだたくさんあります。みんながもっと野生アジア象を注目してほしいです。人間、象が共存できるように努力します。
将来、林には鳥、水には魚、山には動物が自由に暮らしている、幸せに共存できるように頑張ります。

大事にされているようで、何よりですw

フレーバーティー

| コメント(4)




【李子柒 Liziqi】飲んでいるのはお茶で、楽しんているのは生活です、というんだが、手揉み茶です。庭は満開の薔薇、見るからに手摘み専用の茶畑に行って、新芽を摘む。一芯一葉みたいな贅沢な摘み方をしてます。手際がいいね。茶摘みのベテランは、両手を使って摘み、その間も視線は「次に摘むべき芽」を探っている。殺青をして酵素を殺したら、いったん冷まして、ふたたび揉みながら殺青。もっとも素朴な製茶法です。で、ここからがリーズーチーさんの工夫。庭の花を採ってきて、作った茶葉と合わせる。ひと晩置いておくと、花の香が茶葉に移って、フレーバーティーになる。作ったお茶で、お茶会。テーブルが流しそうめんみたいになっていて、お茶とお菓子が流れますw 優雅だねw

雨乃

| コメント(2)




【雨乃】身体付きはオ・ト・ナなんだが、ちょっとお茶目な感じの娘で、セクシー系だが親しみやすい。撮影場所はどこだろうね。鉄道公園みたいなところと、河っぷちと。中国男は脚フェチだというが、これは胸も強調した衣装で喜ばしい。

ムチムチトフィ

| コメント(4)




【慕慕有奶糖】ムームートフィちゃんです。ムチムチトフィですw 中国の踊り手さんとしては肉付きが良い。顔は美人というわけではないが、これくらいブスの方が「安心して欲情できる」というので、人気があるようです。なんだよ「安心して欲情できる」ってのはw

不断草

| コメント(2)




【龙梅梅Longmeimei】スイスチャードというんだが、日本語名は「不断草」うまい菜という言い方もある。育てるのが簡単で、暑さにも寒さにも強い。

◆ほぼ通年栽培でき、収穫されています
 暑さにも強く、真冬の1月、2月を除きいつでも栽培、収穫ができ、青菜類が不足する夏にも収穫できるため、ほうれんそうの代用として利用されてきました。逆に沖縄では冬の野菜として栽培れているようです。

これを軽く日干しにして湯通ししてさらに干す。茶色くなるほで干したら、水に漬けて戻して刻んでジャガイモ、干し肉、唐辛子とともに炒め煮。ひき肉と不断草の刻んだのと卵。丸く打ち抜いた生地で餃子です。餃子は茹でですね。




【若雪★yuki】半年ほど前に紹介したんだが、動画が消えていたので、改めて。髪型と制服にリアリティがあってよろしい。中国娘にとってセーラー服というのは「日本の漫画に出てくる服のコスプレ」であって、自分たちの制服ではないので、リアリティがない。でも、この娘は現役の学生らしくて、珍しくリアルです。

喵喵喵喵喵

| コメント(4)




【雨乃☆筷子】超级猫世界❤喵喵喵喵喵スーパー キャット ワールド ❤ ニャーニャーニャーニャーニャーというんだが、髪の長い方が雨乃さんです。最近は脚見せセクシー系やってるけど、コレはまたオモチャみたいな曲で、オモチャみたいなロリ服で、耳と尻尾つけて踊ってます。ところで一般的に、髪の毛が長い娘というのはダンスのレッスンもやっている気合いの入った踊り手さんのようだ。

ヒンズー教徒も水牛だったら食う

| コメント(7)




【李再媚】水路に水牛が入って、気に入ったので遊んでいて出て来ない。飼い主が困っているというんだが、水牛というのは1トン以上もあって、粗食に耐え、肉質は硬くて食べられない事もないんだが、特に美味しいわけじゃないw 農作業のために飼うんですね。力持ちだから。ヒンズー教徒も水牛だったら食うそうだが、インドで外国人向けに出される「牛肉」は水牛である事が多いらしいw

情けない顔した犬の二世登場

| コメント(2)




【隔壁林妹妹】いつも同じような料理なんだが、今回は情けない顔した犬の二世登場で、生後30日くらいか? ちょこちょこ一人前に後をついて来るのが可愛い。さて、鶏を丸焼きにするんだが、竹筒を使って自家製の巨大串を作り、じっくりロースト。囲ってない炭火なので、こりゃ、時間かかるわw 焼き終わる頃のはすっかり陽が暮れて、月が出てます。焦げないように油を塗りながら焼いてます。

露出の限界

| コメント(7)




【雨乃】中国本土では、これが露出の限界です。ビキニの水着すら駄目で、これは「体操着の短パン」なのでOKと、台湾の動画と比較すると、違いが見えてくる。まぁ、露出度が高ければ良いというもんじゃなくて、エロ関係というのは、露出度が低くてソフトな方がカネになるんですね。マーケットが広いから。ハードなポルノほど、市場が狭くて数が出ない。これはエロ商売の鉄則ですw

大王くんは65kg

| コメント(4)




【滇西小哥】菜花の酢漬け。ざっと湯通ししてから壺に密閉して一ヶ月。さて、ここで魚を釣ってきて料理する。一ヶ月漬けて乳酸発酵させた菜花も刻んで食材に。ひき肉と炒めて具なしの饅頭とともに食べます。魚の切り身と炒め煮にしてスープにしたり。大王くんは65kgもあるらしいw 「ワタシより重いんだから、これ以上食わなくていいだろ」とか言われてますw

イケアの倉庫で

| コメント(2)




【十元酱】IKEAレコーディングダンスというので、イケアの倉庫で撮ったらしいw まぁ、無茶をすると言うか、中国娘は自由だw もちろん許可を得ての撮影ではなく、ゲリラ撮影だろうがw お馴染みの子鹿ダンスの曲で、髪に付けた猫耳ならぬ鹿の角がカワイイ。

嬉しそうに、楽しそうに踊ります

| コメント(3)