銀塩写真の終焉に殉じたコダック

| コメント(15)
おいらはコツコツ貯めたカネでNikonのF3、それもプレスを2台揃えて、コレで完璧!と思ったらデジタルの実用化で、出版業界もデジカメが普及してからは銀塩が廃れるのは早かったね。エロ業界はデータの流出を恐れてアナログが長く続いたがw おいらが「仕事に使える」デジカメとして手に入れた最初は富士フイルムのS2で、2002年だ。あれからもう20年。S2ではネーチャンや象の写真集など出した。いいカメラだった。

 写真フィルムで圧倒的なシェアを誇ったアメリカの企業イーストマン・コダックがデジタルカメラの普及に押され経営破綻してから10年が経過した。しかし、1975年に世界初のデジカメを開発したのもコダックだった。発明したのは当時入社間もない若手技術者だったスティーブ・サッソンさん(71)。このほどインタビューに応じ「前代未聞の試みだった。社内からの反発は想像以上だった」と当時を振り返った。


デジカメを仕事に使うには、環境が大事で、PCが進化し、ディスプレーが液晶になって安定して色が管理できるようになるまで、ずいぶん苦労した。それでもS2で撮った写真集は良い出来なので、あの頃から出版界では完全にデジタル化が完了したわけだ。

一本あたりコーヒー豆を200gも使ってます。贅沢の極みw 3倍に希釈してお飲み下さい。有史以来、無農薬・無施肥の大地で自然栽培されたとっておきのコーヒー豆を使ってます。今回は100セット限定発売。次はいつ出来るか不明。



<東ティモール豆カフェベース500ml×2>税・送料込み 3000円



【発明】写真フィルム大手コダックの早すぎたデジカメ発明、47年前に開発したのになぜ経営破綻? というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------------
 フロッピーディスクも普及していない時代で、記録媒体として使ったのはカセットテープだ。トースターほどの大きさの箱にレンズや記録媒体など全ての装置を入れて持ち運べるようにし「電子スチルカメラ」と名付けた。74年12月に同僚のスナップ写真を撮影し、テレビに頭と肩が映った瞬間を覚えているという。
-----------------------------
 当時、サッソンさんの独創的な取り組みは社内で「誰も注目していなかった」という。上司に進捗状況を説明するのは2週間に1回だけ。「説明しても『いいね』と言われるだけだった」と笑う。予算もなく、試作品の材料のほぼすべてを社内の備品で賄った。
 ただ、試作機の社内プレゼンが始まると、予期していなかった厳しい反応が寄せられた。「技術者はどうやってこれを開発したのか知りたがったが、マーケティング担当者はなぜデジタル写真が必要なのかばかり聞いてきた」という。「テレビに映った写真を見たい人などいないと多くの人が思っていた」と当時の雰囲気を説明した。
-----------------------------
当時のコダックセンサーについて富士フイルムのデジタル開発主幹が
「これを量産されたらうちを含めて日本のメーカーは終わりだ...」
と戦慄させたのになぜかコダックは撤退していった
-----------------------------
>愛用のニコンのデジタルカメラを構えるサッソンさん(共同)
そのデジカメもスマホに押され・・・(´・ω・`)
-----------------------------
ポラロイドカメラも倒産したんだよな
-----------------------------
富士フイルムも判断ミスしていたら破綻していたのかな
-----------------------------
↑ 判断ミスしない会社だったな意外と
-----------------------------
↑ コダックが破綻した時、アメリカでは「なぜ富士フイルムは生き残りコダックは失敗したか」という分析が盛んになされた。
どこの国もやることは同じ
そしてそんな分析に意味はない
-----------------------------
デジカメにもいち早く参入したしセンサーも作ってたのに、どうしてこうなった。
-----------------------------
キヤノンのQpicという売れない高額アナログデジカメを無料で貸してくれるサービスやってたので借りていろいろとってみた
30ちょい年くらい前かな

テレビに映すとVHS静止画よりキレイだったが、本体返却したときに写真プリントアウトしてもらったんだけど、
ノイズがはいってくすんでた
そら売れないわけだと思ったわ
-----------------------------
デジカメは旧三洋電機の商標登録
2000年代初頭はシェア20%越え
-----------------------------
進化しないからじゃない?

日本ていつもそう。
作ったらもう天下取ったつもりでそこで手抜いて終わる
その間に後ろから、亀が追いついてきてるのも知らずに。
中国、韓国、北朝鮮...あっとゆーまに追い抜かれたね
今では脅威の存在だもんね
-----------------------------
トライX買ってやれよ
-----------------------------
コダックのデジカメは赤色が綺麗に写ったんだよな
味のあるいいデジカメだった
-----------------------------
コダックはフィルムメーカーだったからな
結局デジタルカメラはソニーやカシオが先行した
-----------------------------
経営幹部たちから冷淡にあしらわれたサッソンですが、その後も同僚のロバート・ヒルズと共にデジタルカメラや画像圧縮技術、メモリーカードの開発を続け
1989年には現代のデジタル一眼レフとほとんど同じように見えるレベルにまでデジタルカメラの技術を向上させたカメラを登場させました。
このコダック ECAM1989は120万画素のイメージセンサーと画像圧縮技術、さらにメモリーカードまで採用していました。
しかしイーストマン・コダックのマーケティング部門は当時映画事業で利益を上げていたために、
既にこれほど高い完成度を誇っていたデジタル一眼レフにさえ興味を示しませんでした。
-----------------------------
その後、日本のカメラメーカーがデジタルカメラを急速に進化させ、市場の主流がデジタルカメラへと変化していくにつれ
イーストマン・コダックもようやくデジタルカメラに注力するようになりますが、時すでに遅く、
2012年にイーストマン・コダックはフィルムカメラの衰退と共に倒産することになります。
-----------------------------
iPodやiTunesよりも先にダウンロード配信サービスの構想を持ってたのに
「CDが売れなくなる!」とグループ会社の反発を食らってお蔵入りになった
ソニーみたいな話だな
-----------------------------
スナップで取り敢えず使えるようになったのって30万画素くらいからだものな
それだって画質は満足出来ない程度やったものな
-----------------------------
QV10Aいまだにうちにあるな
データ転送がシリアルポートなんだがビデオ出力してキャプチャしたほうがマシというていたらくだった
-----------------------------
既得権に胡座かくとこうなるという良い見本なんだけど、同じ過ち繰り返すのが人間。
-----------------------------
現在の商品の基本的な発想って案外古かったりするけど
技術的、商業的にこなれてきたときに一気に普及するからそれまではただのアイディアや試作品に止まるのよね
-----------------------------
東芝も80年代に、羽根の無い扇風機発明してたけど
アイデアだけで実用化しなかったからね
-----------------------------
80年代半ばに当時写真学科にいたワイ、副手がSONYのマビカ持ってきて「これからはフィルムがなくなる!」とのたまってた記憶がある
そっからカメラとしてマトモに使えるようになるまで更に20年の歳月がかかったのだけれども、それも15年ほど前で...歳とったなワイ
-----------------------------
初期のソニーみたいにセンサーだけ供給してりゃよかったのに
そもそもコダックだってボディは最初はキャノF1だっけ?
以後ニコンやキヤノンのボディ使ってた
中判のデジバックとセンサ供給に注力してたらなあ
-----------------------------
↑ コダックが最初に一眼レフに組んだのはニコンのF3でカメラとレコーダーが別体、確か1991年頃で92年のバルセロナ五輪に間に合わせたはず。
AFカメラはキヤノンが1nベースのDCSシリーズ、最後はキヤノンで言うD2000/D6000でおしまい。ニコン使ってないのでうろ覚えだけどはF5ベースの520とかだったかな?
-----------------------------
情報のデジタル化の話だからな
フィルムメーカーに優位性なんてなかったんだよ
半導体産業の分野だ
-----------------------------
ミラーレス馬鹿にしていたキヤノンとニコン
SONYを家電屋のカメラと馬鹿にしていたが...
-----------------------------

富士フイルムのS2というのはニコンマウントのカメラで、ニコンのデジカメが高くて買えなかったので、プロもみんな使っていた。富士フイルムは銀塩写真では延々とコダックの後追いの二番手から脱出できなかったので、写真が電子化された時には、とっとと写真から足を洗って、他のジャンルへの転身を図って成功した。そのさいキーとなったのは、フィルムに塗布する銀粒子の開発で磨いた、乳状化の技術だ。化粧品とか薬品とか、写真とは関係のない部門で生き残った。コダックは銀塩写真の帝王だったが、それだけに銀塩写真の終焉に殉じた。銀塩写真というのは手品のように微妙で複雑な泥沼のような技術なので、専門性が高く、潰しが効かないw

コメント(15)

元コダック社員の作家・楡周平さんの小説『象の墓場』にコダックが終焉に至った経緯が克明に記されています。半導体の性能アップで、そのうちフィルムカメラの画質がデジカメに追いつかれることが予期出来ていたにも拘わらず、株主や組合の反対で業務転換出来なかったジレンマも描かれています。

>SONYを家電屋のカメラと馬鹿にしていたが...

 もとはミノルタ。 1962年、ソ連に送れること1年、フレンドシップ7でアメリカ初の有人軌道飛行を挙行する際、宇宙飛行士用カメラにNASAが採用したのが、ミノルタのハイマチックだった。
https://www.kenko-tokina.co.jp/konicaminolta/history/minolta/1960/
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0601/19/news047.html

 そのころは、馬鹿にするどころではなかったはずだがw

 ああ、それにしても、あんまり年、変わらんやんか。 おれは、この50年、いったい何をしてきたのだろう。 ま、これからだw

>楡周平さんの小説

 ミツカン婿養子事件w

 コダックも、このミツカン婿養子さんも、お気の毒に、ではあるが、なかなかいつまでも消えないのは「ああ、もっともだ」感のほうである、というのも否定しがたいところ。

きのふのレーンの追い出しのタイミングは絶妙とゆうよりはビミョーw
間一髪の2着とりで勝つテ<意気込み>デハなかったネ上位入賞狙いだったヨ何十万も賭ける価値はないww
来年も来るだらうからシッカリと記録は保存しておくツモリwww
ま毎年小遣い稼ぎさせて食れ末世wwww

デジタル一眼初期、コンテストでフィルム&紙焼きのみという縛りがあって、コンテストから足を洗ったアマチュアカメラマンがいました。
そのコンテストの主催企業はもう無くなったし、写真関連企業の廃業や規模縮小は続くでしょうね。

「コダック産」(子沢山)の「コダカラ―」(子宝)なんて、
少子化傾向の今の時代の概念からは完全に外れていますからね。

せめて「コダクローム」(子抱く苦労産む んじゃなかった)でも残しておいたら、
デイヴィッド・ベネターも評価したんじゃないでしょうか…

ということで、

私がまともなカメラを買った最後のがニコンのF3で、
それももう30年以上フィルムも通さずで埃を被ったままです。

一番よくシャッターを切ったのがF3のサブカメラのニコンFM2で、
こちらは絞りもシャッタースピードもピントも固定したままで、
もっぱらノーファインダーでストリートスナップを撮っていました。

デジカメは現場の写真を撮るためだけに中古で買った、
初代のルミックスDМC-LX1を持っていますが、
SDカードも2メガしかないのでRAW撮影なんてしたことありません。

あいにくデバカメ用途にも使用してはいませんけどね。

ミツカン婿養子事件w
すごいw
何セットもご先祖の因縁ついてそう。
おじいちゃんの代から○○○!
https://ameblo.jp/nakanodd/

まあでも昔から嫁に入るというのはこんなもんだったわけだし
お仕事でも創業家につかえるとこんなもんという感じもするけど
かといって中小企業無くして上場すれば明るい会社になるかというと
へんなのに乗っ取られるし。

ニコンの非AIレンズ使えないかなぁ?とDF中古で買ったら結局ほぼ感で露出決めなきゃいけないからメンドい。
銀塩カメラにラズパイで自作するの大変だし、I'mBack35はモードラ装着以上にデカいし・・・w

連れ去られて別れた子どもは、まだ見つかんないんですかね…

>シュレーディンガーのミツカン


ミツカン工場の地下では、捕まった跡取りたちが 泣きながら味ぽんを作る仕事をさせられている。

跡取りたちの給料は1日1本の穀物酢だけ。

ミツカンの正社員は、跡取りたちが逃げたりサボったりしないよういつも監視している。

恐怖心を植え付けるため、時々無意味に、ゴマだれを与えたりする。

跡取り達のほとんどは子供で、「お父さんに会いたいよう」といつも泣いている。

睡眠時間もほとんど与えられず、逆らうと穀物酢を減らされる。

こうして人件費を大幅に抑えることで、ミツカンは安くて美味しい味ぽんをみなさんに提供できるのです。


極個人的には旭ポン酢派ニダ

見つかった?
ミツカンn(ry

【ポケモン公式】コダックのうた「コダック会長」-ポケモン Kids TV【ポケモンのうた】

https://www.youtube.com/watch?v=y4ogLykOUTA


◇「中国限定コダック」ついに日本でもバズる。初代ポケモンからの開発者も国内販売を熱望(2022年06月24日・ハフポスト日本版)

>このコダックは、中国のケンタッキー・フライドチキンで、子供向けセットに付いてくるおもちゃとして発売された。聞いているだけ力の抜けそうな音楽とともに、右手を左手を交互に上げ下げするギミックが特徴で、現地のネットユーザーたちに大喜利の「ネタ」として重宝された。例えば、最初に上がる右手に「仕事」と書かれた紙が貼り付けられ、次に上がる左手には「行きたくない」とある、といった具合だ。中国では、あまりの人気ぶりに店舗で買えなくなる人が続出。ネットでの高額転売も問題視された。

【ゆっくり解説】コダックはなぜ破綻したのか!?

https://www.youtube.com/watch?v=6uPY-EiFYgE

>「破壊的イノベーション」という言葉は、現行製品よりも性能・価格的に劣った製品が出現して、市場を席巻してしまう現象を指すと言われます。フィルム業界を作り上げたコダックはまさしく写真業界におけるデジタルの波にのまれていき…。とはいっても、フィルム業界をかつて牛耳っていた4社が倒産したかというと変わってきます。なぜコダックは破綻に追い込まれたのか。

◆写真フィルム大手コダックの早すぎたデジカメ発明、47年前に開発したのになぜ経営破綻?(2022/6/26・47NEWS)

>アメリカでは写真撮影の決定的瞬間を「コダック・モーメント」と呼んだ。ただ、フィルムカメラからデジカメに置き換わる過程で写真の位置付けが変わった。「すぐに見られたり、共有できたりすることが重要になった。消費者の価値が変わったことがコダックと写真にとって大きな変化だった」と話す。コダック・モーメントも過去のものとなった。スマートフォンの普及と写真共有アプリの隆盛で1人が1年間に撮影する写真の枚数は過去最高に達している。「写真はもはや出来事を記録するものではなく、何げない会話のようなものだ。人々は人生を共有するために写真を撮る。テクノロジーがそれを可能にした」とスマホの礎となった自身の発明を誇った。サッソンさんはデジカメ発明の功績が認められ、2009年に当時のオバマ大統領から技術分野では米国で最高の栄誉とされる「アメリカ国家技術賞」を授与された。現在は発明家の心得とコダックの教訓を若い起業家や技術者に伝えている。

思わずハッセル 正直者のコダックさん
筋肉痛にオリンパス

>ミツカンない

たまノいに会えてるときもあったのにね(下手すぐる)

フジの裾野に サクラ咲く
旭のなかで ニコンと笑った
君の微笑み キヤノン砲
この恋ミノルタ 実ライカ
思わずハッセル 正直者の子ダック山
筋肉痛に オリンパス

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

コーヒー器具各種

21081202.jpg

焙煎済みコーヒー豆

21081203.jpg

コーヒー生豆各種

21043002.jpg

そば・うどん・麺・パン類 各種

21050101.jpg

菓子・ケーキ 各種

21050401.jpg

国産高級缶詰

21050601.jpg

煎茶・番茶・玄米茶

21050603.jpg

缶バッジ・281・ゲバラ

コーヒールンバで珈琲を淹れる

コーヒールンバ/ウイリー・ジャパン

 
手網焙煎 コーヒーとポップコーン

 
ホンジュラスとキャラメルラスク



炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
  略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円

_DSC41521_210.jpg

焙煎済みコーヒー豆、生豆、器具各種

21043002.jpg

そば・うどん・麺・パン類 各種

21050101.jpg

菓子・ケーキ 各種

21050401.jpg

国産高級缶詰

21050601.jpg

煎茶・番茶・玄米茶

21050603.jpg

缶バッジ・281・ゲバラ

<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山
  ピジョンブラッド
  電飾トロピカル帝都
  偽霊幻裏道士
  淫華 チャイナドール
  トワイライトタイム
  上海物語
  上海物語