契丹文字

| コメント(10)




【NativLang】言語学なんだが、契丹文字についての動画です。中国史に「遼」という国が出てくるんだが、漢人ではなく、モンゴル系民族が作った国で、漢字の影響を受けながら、まったく違った文字を創造した。こういう「漢字に影響されて作られた周辺民族の文字というのはあちこちにあって、どれも今は使われてないし、契丹文字についてもほとんど解読されてない。こんなもの研究して何の役に立つか?というんだが、何の役にも立ちませんw 契丹文字は契丹大字と契丹小字があって、大字は表意文字、小字は表音文字だとか、今では使われていない言語の、誰も書けない、読めない文字を命懸けで研究している人がいるわけで、まぁ、日本でも「古代文字」と称するモノがあるというんだが、こういう言語学者が見れば、「いつごろ」「誰が」捏造したかまで含めて、全部判明してしまうわけで、アカデミックな学問というのは凄いです。日本には「国字」といって日本で作られた漢字はあるんだが、たとえば「峠」だとかそうなんだが、体系的に作られたと認められる言語体系というのはないですね。そもそも、古代文字とか言ってる人で、アカデミックな言語学の知識がある人はいません。

コメント(10)

ロゼッタストーン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%82%BC%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B3

碑文は古代エジプト語の神聖文字(ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)、ギリシア文字の、3種類の文字が刻まれている。同一の文章が3種類の文字で記述されていると早くから推測され、1822年、ジャン=フランソワ・シャンポリオンもしくは物理学者のトマス・ヤングによって解読された。これによってロゼッタ・ストーンはエジプトのヒエログリフを理解する鍵となり、他の古代エジプト語の記録も解読が可能になった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
エジプト文字が解読できたのは、奇跡的に既知のギリシア語と同一の文が対照できたからなんですな。それでなきゃ意味は絶対にわからない。言語自体がわからないのに文字の意味が分からないのは当然。古代文字もヴォイニッチ手稿も変わらないのですなあ。


まあ日本の捏造古代文字なんだが、
ヲシテ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B2%E3%82%B7%E3%83%86
なお、縄文土器など、江戸時代の宝暦年間以前の遺物からヲシテの文字や文を記したものは確認されていない[2][3]。

これで結論が出てますな。
群書類従方式の優れている点は、ある時代に存在した書物は必ずその同時代の書物のどこかに引用・言及されているはずだ。ということなんですな。そしてどこからも引用されない時代には、存在しなかったと考えるということで成立年代が同定できる。

源氏物語は、同時代以降の多数の人々によって何度も引用論究され膨大な歴史が残されている。
だからまぎれもなく真書なんですな。

ところが記紀以前存在したと主張する件のホツマツタエだとかインチキ捏造古代史は江戸時代中期以前にどこにも存在した記録がない。
そういうことはまあ、あり得ないわけで、江戸中期の捏造がわかるのですな。

まあ、アタシはどうもこのあたり東北・東日本の下方意識というか鄙「ド田舎」コンプレックスがこういう捏造を産むような気がしますな。

そういや縄文遺跡で捏造土器やら遺物(異物ですな)をせっせと自分で埋めて自分で掘りだしてた「ゴッドハンド」が居ましたなあ。
あの嘘つき野郎が消えたおかげて縄文万歳バカ路線が消えたわけで目出度し目出度しです。
まあインチキ古代史もいずれ消えるでしょうな。

ふふふ、また墓穴を掘ったね。


君は考現学というものを識らないから荒唐無稽な結果を導くのさ。
タヌは、その程度の奴だ。

「説」しか評価できないのさ、自分で考えることが無いんだ。

きっと、「頭寒足熱」という言葉も金科玉条のごとく信じているのだろう。

そうやっていつまでも野次馬さんの掌の上で踊っていれば良い、不埒なやつめ。

恥知らずの虎猫の威を借る狸。
誰も「読めない」契丹文字などに興味は無い。
大勢の人が「読めそうだ」とおもわれると解読がはじまるだけだ。

せいぜい、マタタビでも舐めてころがっていろ、中華語で狸猫って書いたらなんて読むのかな?

タマや、タマたま・・・出ておいでぇ

契丹文字はかな交じり日本語と同じだな。
女真族の金の使節は菅原道真と宴会では筆談で大いに話が盛り上がったそうな。グローバルランゲージの漢語を自在に操っていたので。外交官だから当然の事かな。

和歌山城の石垣の刻印はヲシテだと思う と タノシ
愛好家がいて存外使われてたりして

石垣の刻印
https://kojodan.jp/castle/30/memo/724.html

ヲシテ
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヲシテ#/media/ファイル:Awauta.svg
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヲシテ#/media/ファイル:Hotsuma.gif
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヲシテ#/media/ファイル:Motoake.svg

似てるでしょ (((o(*゚▽゚*)o)))

契丹というと、私は何の根拠もなく「鈴木」さんという姓を想い浮かべてしまいますね。

身分の区分けで知られる「士・農・工・商」も、職能別の身分制度を示すものではなく、
本来は意味は「源・平・藤・橘」(げんぺいとうきつ)のことであり、

源=源氏(元・モンゴル)、平=平氏(ペルシャ)、籐=藤原(唐・中原)、橘=契丹(満州)

といった、日本にやってきた外来統治民族別の区分けであるという説もあったと思います。

この“四民”の区分けに入らないのが、いわゆる「ゑの民」とされた原住系の日本人や、
共同体から排除された「非人」階級であったとされているという見方です。

この、外来の四民連合から放逐されて、日本列島の北(東北地方)と南(九州南部)方面に、
追いやられていったのが、いわゆる縄文系の民族集団だったような気もします。

まぁ、外来文字の漢字以前に日本にオリジナルな文字があったかどうかは不明ですが、
中華統治は今に始まったことではなく、律令制由来の漢字(唐字)による記述とともに、
奈良・平安時代から日本はすでに中国大陸・半島に完全支配際されてるという感じです。

そう考えると、日本の現在の姿は、中国に吸収・同化された果ての、
宗教を抜いた、チベットやウイグルの未来の姿ということになりますかね。

ところで、国家も国境の概念も薄かった昔は、日本国内での異族(異民族)との交流よりも、
むしろ海を隔ててルーツを同じくする同族民族同士の交流の方が(方も)盛んで、
比較的最近まで、その民族の独自性を保って交流していたのではないかと想像しています。

たとえば、源義経(源氏)はそのルーツである元(げん・モンゴル)との交流を継続しており、
後に、チンギスハンになったという歴史ロマン(奇譚)も時々話題になったりしています。

また、元寇も日本の同民族である「源氏」支援のための襲来だったという説もあるみたいです。
(年代的には、ちょっとズレているみたいですが…)

同様にこちらは私の駄洒落的な発想ですが、豊臣秀吉の朝鮮出兵も通常の歴史どおりではなく、
「猿女族」出身の秀吉が、やはり同じ母系ルーツ民族である「女真族」と融合統治するために、
朝鮮半島から旧満州域の支配(あるいは解放)を目指して進軍したのではないか… と
勝手に妄想を膨らませたりしています。

もっとも、女真族(≒契丹人)は母系民族ではないという説もあるみたいで、
これはあくまでも、「女」という言葉による、私の駄洒落的なこじつけ想像ではありますが…

>孟宗竹に翼

アテクシは
最初に思い付いた 風邪に改●源を云々してましたω

源平藤橘ではなく
孟子の
日々新た また新た
という意だそうで

道頓堀の江崎組牡蠣煮汁走者看板の隣が
件の風神看板だそうで‥
言われないと気が付かない事って多いでつねω

すれちですが、、
ゲリラさん、この馬鹿にヒィヒィ言わして下さい、宜しくお願いします。

https://twitter.com/yo4104/status/1427995380281581571?s=21

tanukiさん
こういう歴史ネタになるとどうしても黙っていられないんですね。

でもね、あなた自分自身の投稿で歴史の知識が全くないってことを晒してますよ。

>そういや縄文遺跡で捏造土器やら遺物(異物ですな)をせっせと自分で埋めて自分で掘りだしてた
>「ゴッドハンド」が居ましたなあ。

ゴッドハンド藤村は、「縄文遺跡」を発掘してたのではありません。
「旧石器遺跡」です。

「旧石器時代」はほぼ石器しか残りません。
そして石器には有効な科学的年代特定法がありません。

対して「縄文時代」は土器の科学的調査である「放射性炭素年代測定法」が確立しているので
誤魔化しようがありません。縄文の石器にしても共伴土器や地層の攪拌の有無などで
年代の特定が可能です。

そんなことすらわからないのに、だらだらとウンチク垂れるなんて
本当に滑稽の極みです。

いつもそう。こいつのオナニー

九州の限界集落に土師(はじ)という氏の人々が定着しているのに気付いたのが10年前。近くには久留米と大分を結ぶ廃線スレスレの鉄道があり、大分に出れば正面は吉備の国w 山越えして下関に出るより、瀬戸内航路のほうが遥かに便利な気がする。
空輸という概念が芽生えた時代、支那との玄関口を太刀洗に定めたのも、博多が落ちたってロジや退路が断たれるわけではない山に守られた自然の回廊として機能していたんじゃなかろうか。旧石器時代に黒潮から離脱した連中を有明海が飲み込んで、その末裔が大分から瀬戸内海に漕ぎ出すとか、何の根拠のない妄想も楽しいんだけどね。

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

コーヒー器具各種

21081202.jpg

焙煎済みコーヒー豆

21081203.jpg

コーヒー生豆各種

21043002.jpg

そば・うどん・麺・パン類 各種

21050101.jpg

菓子・ケーキ 各種

21050401.jpg

国産高級缶詰

21050601.jpg

煎茶・番茶・玄米茶

21050603.jpg

缶バッジ・281・ゲバラ

コーヒールンバで珈琲を淹れる

コーヒールンバ/ウイリー・ジャパン

 
手網焙煎 コーヒーとポップコーン

 
ホンジュラスとキャラメルラスク



炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
  略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円

_DSC41521_210.jpg

焙煎済みコーヒー豆、生豆、器具各種

21043002.jpg

そば・うどん・麺・パン類 各種

21050101.jpg

菓子・ケーキ 各種

21050401.jpg

国産高級缶詰

21050601.jpg

煎茶・番茶・玄米茶

21050603.jpg

缶バッジ・281・ゲバラ

<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山
  ピジョンブラッド
  電飾トロピカル帝都
  偽霊幻裏道士
  淫華 チャイナドール
  トワイライトタイム
  上海物語
  上海物語