豚の手袋詰め

| コメント(12)




【滇西小哥】毎年この時期になるとやってるんだが、豚を解体して余すところなく使い切る。吹豬肝、卷蹄、香肠というんだが、肝臓を膨らませて味付けしたり、豚の手を中身抜いて、手袋みたいにして、そこにひき肉詰めたり、なかなか日本人には考えられないような料理を作る。豚の手袋詰めを両手にニコニコしているお姉さんが不気味だw 

コメント(12)

>豚の手袋詰めを両手にニコニコしているお姉さんが不気味だw 

 コリアンかどっかの映画監督がホラー映画にパクる、に100ガバスw

中国の腸詰めは基本美味しいから、お姉さんが作る薫製はさぞや美味しいのだろうと思いつつ、

いまの時期、どこの動画も豚を潰して解体とか薫製とかで元来そういう季節なのですね。
近頃の傾向で農村動画も洗練化されてきたのか生き物をしめるシーンを出している動画はほぼ無くなって、
最近見たのはザリガニドードーの崖山村の人達位です。
以前の動画では豚を潰すシーンで大王がとても怯えていたのが印象に残っています。

食べると美味しいよね、という自分側の立ち位置でしか物を考えない人だと現してますよね。自分が手袋になっててもニコニコしますし、という人なら余計怖いサイコパスだし。動画を見る人の受取を考えない。究極的には肉食は動画にはふさわしくないと思いますが。犬猫じゃないならマシと言っても、最近はミニ豚をペットにする人もいるわけです。

日本では子どもの誘拐が増えているとはいってもまだ4割ほどが犯人と被害者家族に面識がある事件らしいです。少しだけ遊ぼうと思ったんでしょうね?
アメリカも中国も被害件数は桁違いで、組織も摘発されているところ、日本でも
 
>静岡県西部に住む10代の小学生の女の子を車で連れ去ろうとしたとして、警察は44歳の中国国籍の女を逮捕した。
 
といった事件が発生しているので注意しましょう。

>大王がとても怯えていた

小さな子どもにはなんでもない

物心つくと泣き叫ぶ

3回も見ると慣れてきて

そのうち美味しい物という認識になりニコニコするようになる

 
私も子どもの頃、庭で潰すのを見ていたので
体感的にわかります。
かごで雀を捕まえてキャッチ&リリースで遊んでいたら
祖父と父がやってきて、〆て食べてしまった。
子供心に、心を許せない人、一緒に遊べない人、という認識を形成した。
うちの父は戦後、負傷した腕にウジが湧いたのを自分でナイフで削って回復したという野生の人なので、その世界観ならそういうものなのかもしれません。自分が癌の宣告されたときは泣いて泣いて、主治医に30万渡しにいって断られてまた泣いて(笑)、親戚がお医者の自宅で待ち伏せしないとだめよ!と言い出して私に渡してこいと詰め寄るので本当に閉口したけど。
お医者は結局病室であっさり受け取ってたから最初のは薄すぎて断ってきたんじゃないかしらw
雀も札束咥えないとおちおち飛べません。

法律と腸詰めは作るところを見るものではない、と謂ふのは獨逸の言葉のやうだが、獨逸のやうに緯度が高いと冬期間の榮養は動物性のものに頼らざるを得まい。と謂ふか動物性蛋白なしに冬を乘り切るのは不可能だらう。一家總出で腸詰めを作るなど彼の地の風物詩ではないか。

倭國にあつても中國にあつても肉も魚も口にせず、蛋白質は大豆と乳製品、と謂ふ譯には長生きの爲にもゆかぬだらう。貴君も生き物の命を奪つて自らの生命を繋いでゐることを自覺しつゝ、「いたゞきます」と唱へてゐる筈だ。大體、佛教僧とて早く偉くなつて生臭モノを口に出來る身分にならないと早死にして仕舞ふ筈である。

癌告知以降の話は、要するに嫌ひだと謂ふことかと無視すると、懷いて手乘り状態になつてゐた鳥を屠殺するのは、三成が家康の懷に飛び込んで許しを得たやうに、獵師としてもあり得ない話ではある。だが、リリースして置きながら何度も籠でキャッチする自體、結構殘酷な遊びではある。あるいは”中途半端なこととするな”、と謂ふ”教育”だつたのではないか。


最後に、大王が怯えてゐたと謂ふのは自分が殺されて解體される危險があると思つた爲だらう。同時に、自分で狩りをして生き物の命を奪つたことのない”座敷犬”の限界を垣間見た氣がするところでもある譯だ。

大がかりな豚肉料理で大王くんもさぞや分け前が増えたかと思いきや
意外にも苦手な種目(部位?)があったようですねw

生姜のすりおろし汁にすりつぶした米を混ぜた液体に火がつく原理がわからず
3回も見返してしまいましたw
(生姜の味を加えた白酒が液体の正体でしたねw)

癌告知以降の話は、他の命を奪うことに無感覚なくせに自分の命だけは命乞いをするのだなという嘲笑です。
この画像の笑い顔は、食べるためにコウモリまで捌いてとんでもないウイルスを全世界にばらまいた中国人の恥ずかしい顔だな。

 アメリカ人が英語を喋ると言っても、ベルリッツ翁によればドイツ語とわずか一票差で公用語に決まったくらいで田舎に行けばドイツ系はわんさといる。楽器メーカーのスタインウェイもマーティンもドイツ系。

で、ドイツは豚食い文化なんですな。ソーセージは典型だが、ベーコンもハムもまあ保存食日常食で、怒りの葡萄なんかでも豚潰して食うシーンは出てくる。

でアタシもさるアメリカの田舎のパーティに呼ばれたら子豚の丸焼き姿焼きはまあなかなかの大人気で、大人も子供も焼き上がるのをヨダレ垂らして待っている。アタシも食ったが皮がパリパリして美味いんですな。

まあ結局、食文化なんて共通言語はなくて何をグロテスクと感じるかは所詮己の偏見、エスノセントリズムに過ぎないわけです。
中国人をさる生簀料理の店に連れて行って泳いでいる魚で活造りつくってもらって喜ばれるかと思ったら、皿にもられた鯛の頭がまだ口をパクパク目玉を動かしているのを見て、ものすごく気持ち悪がられましたな。
日本の食文化にも日本人自身が気づかないグロテスクな悪趣味があるわけです。


まあそれもお互い様という寛容の精神があるかないか。
国会議事堂に入っただけで四人もぶっ殺す国が、中国を非難できないのを読み切って、香港政府は民主化活動家を一斉検挙してますな。
まあどっちもどっちですな。

ただしアタシもアフリカでチンパンジーとか霊長類食うのは流石に嫌ですなあ。いや現生人類もかつては同種の霊長類を狩って食ってたのは確かなんだが。中国の猿の脳とかも嫌ですなあ。
レクター博士は人間でそれをやったが。

一つに人間の能力には限界があると謂ふことであり、動物を愛するやうには隣國人を愛することができないやうに、動物の生命を自身の生命と同じやうに捉へることが出來ないと謂ふことだらう。もう一つは、さうした能力の限界を”才能”と呼ぶならば、才能は實に見事に遺傳してゐるやうだ、と謂ふこと。

親族の缺點は自身の缺點であり、親族を嫌惡し、また嘲笑することは、自身を嫌惡し、また嘲笑することゝ本質的に變はらない、と謂ふこと。無論自覺した上での書き込みだらうが。


自身が正義と思つてゐるものであつても、他人にとつては單なる趣味や宗教の類ひに過ぎず、ひと樣に押しつけるものではない、と謂ふところが一應の着地點か。自身の信仰を他者に強要するものではない譯だ。動物愛護も資源の保護も最近編み出された正義であり、歴史上は”不正義”が横行する時代の方が長かつた、とまで附言するのは蛇足かな。

そして幼児性愛、ペドフィリアム、人身売買(豚みたいな上級人類の臓器にもペドにも奴隷にも)へと自然に援用していく感覚がそこにあるのである。もしあなたがこれから生まれてくる存在だとしたら、自分自身がそうした被害に合うこともまた地球の「自然」と受け入れられるのか?自分の子どもなら良いか?
グローバリズムとサタニズム。中国は相性の良い国だろうと想像できる。

日本の男らだってこれまで男社会で女を蹂躙はしても結局さして良い思いもできないのがおおかたなのだ。自分がどこに寄り添うべきか人類として覚醒すべきと思う。
積雲さんはご自身の能力不足を訴えておられるので、まあ豚と終わるのも良かろうと思います。

ワンコを飼おうかと思って保護犬サイト眺めていたら、推定1〜2歳の元野犬の女の子が目にとまり、さらに詳細が知りたくてスタッフ・ブログを踏んでみた(たぶん書き手は女性)。施設に連れ帰り実施したメディカル・チェックから類推される現実には非常に厳しいもんがある(これでは捕獲地名は明かせないわな)。限られた予算で運営される施設が偶然であれメス犬を収容できたことに安堵する心情も貴重だよな。脱線失礼
https://ameblo.jp/risurisugogo/entry-12547560131.html

動物の肉を喰ふことは人間の肉を喰ふことに通ずると謂ふのは其の通りで、全ての移植醫療も血液製劑も輸血も、肉食の果ての食人同樣の行爲ではある。肉食を拒否して輸血を拒否に至るのも人生であり、確かさうした宗教があつたと記憶してもゐる。

毒草は芽の内に摘め。世の中は支配するか支配されるかだ、と突き詰めて考へるのも時には良いが、さうした極論や1bit的二元論ばかりでは世の中立ち行くまい。樣々な立場や價値觀を認めあつてこその社會であり、何であれ中庸を旨とすべきではないか。

全能であるのは神でなければ幼兒か精神疾患であり、煩惱は煩惱と辨へてつましく暮らすのが、極力ではあるが”支配されない”生き方だらう。男尊女卑社會に異を唱へ、社會の改革を目差す生き方もあれば、所與の條件として拔本的な改善は諦め、徒勞を避けて上手く游泳するのも生き方である。

BigBrotherもECU911も特高警察も嫌だが、隙間を見つけて暮らして行くだけのこと。中國禮讚と短絡するのも解せない話だな。全ての生命は等價だ。思想や價値觀の悉くも。さう謂ふことでは不味いのだらうか。全ての支配から自由にならうとすれば肉體を捨てるほかないではないか。思想警察を否定しながらフェミ思想に限つてはNazi化する上野千鶴子と謂ふ生き方も無論ある譯だが、肉詰めを持つ女の笑顏が殘酷で場違ひだ、と謂ふだけならば折合へるところ。まあ折合ふ必要もない譯だが、支配者と謂ふのは本來一人であり、支配者に非ずば僞の人生だ豚に過ぎぬと謂ふのも狹量な話である。

コメントする

最近のコメント


コーヒールンバで珈琲を淹れる

コーヒールンバ/ウイリー・ジャパン

 
手網焙煎 コーヒーとポップコーン

 
ホンジュラスとキャラメルラスク


雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか―国民は両建構造(ヤラセ)に騙されている
貴方はご存知だろうか?金正恩が150以上の国々と通商関係を結んでいることを。首都平壌が資源バブル に沸き立っていることを。日本とアメリカが彼らの核開発を援助したことを。 「狂人的な独裁国家」という北朝鮮像はインフォテインメント(報道番組を偽装したワイドショー)の中にしか存在しないことを。税・送料こみ1870円
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山