米粉の蒸しパン

| コメント(6)




【湘西小农女Hunan Girls】米を磨ってドロドロにして、丸い型に流し込んで蒸す。餅というより蒸しパンみたいなものが出来ます。米粉の蒸しパン。食べた事はないが、なんとなく想像が付きそうだw 即將失傳的傳統手藝,從米變成可口 美食,竟然要這麼多道工序、お米から美味しい料理に変身させるには、こんなにたくさんのステップが必要なんですね。瀕死の伝統工芸品です、というタイトルなんだが、口で説明する簡単そうだが、やってる事は手間の塊ですw

コメント(6)

「ムシパン、でかっ」
あっすみません…

アンデルセンの陳さんの蒸しパンはなかなかのものだった。

関西風にいうと…

「〇め娘の蒸レパン、でっか」

(変態おじいさんの真似をすると、品格が下がってハゲが移りますよ)

小农女さんの家が前回から変わっている様な…
以前の小綺麗な家とは違うねぇ…
熊髭旦那のお母さんの世話が必要になったのかなぁ…
それともネタ開発でお義母さんから古い食べ物を伝授
されているのかもですね。タイトルの頭の部分の
「即將失傳的傳統手藝」今将に失われんとする伝統手芸
って事で、ネタの発掘というのもホント大変でしょうね。

これって軽羹にの原型的な気がします。軽羹には通常山芋
とか軽羹粉(粗挽きの米粉)、時には卵白などを入れて米粉
の粘性を高くしているのだけれども、ここでは一部を先に
蒸して混ぜ込む事で粘性を上げているのでは、と思います。
これだけの山奥なので山芋は入手できるでしょうから、元々
こういった製作方法なのかと想像します。

粘度が上がれば気泡は残るかなと思っていたら、混ぜてから
暫時放置していますね。竹の輪っかを製作する時間を考える
と発酵の過程があるのかも知れません。と思って見直すと、
1:41辺りの画像で材料を並べている際に、先に蒸した米糊状
のもの、謎水、砂糖を並べていますね。謎水は白濁している
から、炭酸ガスを出させる酵母的なものが入っているように
思ったのですが、入れてる画像はない…やはり謎であります。
どなたかこのモヤモヤ解いては下さらぬものか…

加熱して糊化した澱粉を種にしてパンを作るというのは、小麦でよくやりますね。
「湯種パン」というやつで、食感がモチモチ、時間が経っても美味しく食べられるという特徴があります。
私の行きつけのカフェがこの湯種パンが美味しいお店で。
最近、米粉パンでもこの湯種製法があると聞いて、驚いたところでした。

小農女さんはこの湯種を生米の生地に加えてから、砂糖と謎水を入れて、日向に数時間置いているわけですが、まるで発酵を促しているかのように見えますね。
口琴爹さんご指摘の謎水ですが、イースト菌などの微生物を溶いた水の可能性もありじゃないでしょうか。 
湯種+イーストの両建てです。

蒸しパン作りには、イーストではなく重曹を使う場合がありますが、その場合、生地を長時間放置するとせっかく発生した炭酸ガスが抜けてしまいパンが固く出来上がってしまいます。

あるいは、謎水が木製容器に入っていることから、酢の可能性もありますね。
澱粉を酸化させると、これも時間が経ってもモチモチする食品になるわけです。
でも、放置するより攪拌した方が反応が早いと思いますがね。

謎は深まるばかり。

肉骨茶 様 ご助言有難うございます。

なるほど、湯種ってそういうモノだったのですね。
文字を目にしたことはあれど、調べたことがなく…
奥が深いですね、オイラの軽羹みたいな脳味噌では
なかなか追っつかない世界であります。

ところで、軽羹は特に発酵とかの工程を経ずに気泡が
出来てるのだと思いますが、あれって水の気化による
ものかなぁ…とボンヤリ想像してるのです。 その為
に粘度を上げてやらないと、水蒸気が逃げて、先日の
「外郎」的な状態になるのかなぁ…と、ゴチャゴチャ
論理性もなく考えていた次第です。

話がとっ散らかって、申し訳ありませんが…

コメントする

最近のコメント




雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか―国民は両建構造(ヤラセ)に騙されている
貴方はご存知だろうか?金正恩が150以上の国々と通商関係を結んでいることを。首都平壌が資源バブル に沸き立っていることを。日本とアメリカが彼らの核開発を援助したことを。 「狂人的な独裁国家」という北朝鮮像はインフォテインメント(報道番組を偽装したワイドショー)の中にしか存在しないことを。税・送料こみ1870円
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山