東京の光景

| コメント(4)




【東京の光景(1913~1915年)】さきほどの北京と同時期の、東京です。浅草とか繁華街です。支那と違って、女性が大量に街に出てます。衣装は男女とも和装が多いんだが、男性は必ずといっていいほど、帽子をかぶってます。たまに洋装の紳士もいる。和装でも「とんび」というコートを羽織っている男の人も多い。子供がたくさんいますね。子供はたいてい木綿の絣です。

コメント(4)

成人女性はみな髷を結ひ和裝であるのに對し、成人男性に髷を結ふ者はなく和裝・洋裝混在してゐるやうに見受けられる。帽子は髷の代はりではと先づは思つた。子供には男女を問はず洋裝の者はなくみな和服を身に纏つてゐるやうだが男兒は洩れなく坊主頭。西洋化は男の髮型から進行し、次いで男の衣服に擴がつて行つたのか。女の裝ひは衣服であれ髮型であれ男に比べて變化が遲く、總じて保守的だつた模樣。

と謂ふ譯で白木屋事件(火災)のことを想起した。眞僞は兎も角、女性を下着から洋裝に轉じさせたと謂ふアレである。まあ男の洋裝化は勤め人からすゝんで行つたと考へるのが自然か。會社勤めの人間が増えて行くに從つて洋裝の人間が増える格好であり、女の洋裝化が遲れてゐる理由の一つにもなるのかと思つた。


纏足は歩き方が女性に對する保護欲・性慾をそゝるとも下半身の筋肉の發達を促し房事の際に都合が良いとも訊くが、まあ女性を家庭に閉ぢ込める爲のものだらう。辮髮は紛れもなく清族の風習で、明の遺臣(賊軍)を見分けるのに用ゐられたとも、爲に拒否すれば死罪だつたとも訊くが、清朝末期には列強に蠶食される政權を見限つて自ら辮髮を辭める者もゐたと記憶してゐる。政權が髮型を取り締まることが出來ないほど弱體化してゐたことを示すものではあるが、別動畫からはさうした動亂の情勢を感じない。辛亥革命に大きく遡る時代であるのか、反政府の意思表明として辮髮を自ら辭めると謂ふのは俗説や記憶違ひに過ぎなかつたのか。

まさにワールドウオー1勃発のさなかw
ノンビリとすとるねぇww
チョンマゲはモウ皆無にちかいんだワ茄www
帽子はハゲ対策になるのにナンデ廃れたのかな(ダレか調べてチョンマゲ)wwww

着物とは大したもんで、単に女に当てがったというに留まらない。大金を女性の着物のためにつぎ込むのは女性蔑視だっちううウマン♨戦術の声も聞こえてくるだろうが、日本の風習や中国のかつての纏足云々をBa、西洋人のテキトー「学説」をいんにょうしてカキコスルっばbbaも出現するほど日本人の知能はイカレたのか それとも そやつ単なる工作員なのか?

着物は今じゃ祝儀ものに化石化してるようだが、70年代の終わりごろ近所の公務員住宅の

若奥さんがかわいい系の美人で、赤みがかった黄色の地に柄がちりばめられた洒落た着物などを着てた。普段着にだぜ。いろんな着物を毎日トッカエひっかえ着て、着物で洗濯したり買い物行ったりしてた。

何かの折に洋服姿を見かけてビックリした記憶がある。そのころは街のおばはんやばあさんは着物姿がまだまだ多かったとはいえ、若いひとにはめづらしかった。ええとこの御嬢さん育ちだったかも。

気さくなひとで、そこの娘と友達になった人が遊びに行ったら、当時は珍らしかった鉄筋だが狭っ苦しい公務員住宅の部屋に、豪華な五段飾り雛人形を設置してて、そのおと-さんはデッカイカメラのレンズ付け替えのを持ってて写真撮ってくれたそうだ。おとーさんのお勤め先は公安調査庁w!

話がずれちゃったが、着物は単に飾りであるだけでなく様々に便利な道具でもあった。着物の寝巻とか浴衣とか着てみりゃすぐわかる。とくにウエストがゴムで苦しい あ・な・た!

つまり和裁は洋装と違って一般庶民が技量を習得しつつ貴重な布地を再利用しつつ家族のために発達したフリーサイズでおkな庶民技術であったが、

洋服は手間と時間とコストが庶民技術として敷衍するには無駄が多すぎた♨技術、ムダを餌にして金貸しや企業等が栄える湯ダ技術。企業による大量生産には向くが内職したりちまちま縫いかえたりツギ当てしたり代々受け継いだりの庶民個人技術には向かない。


そんな着物がスタレテから昔の映画とか見るとアッと驚く美しさの不思議!現代ものの柄のお下劣さも一目瞭然だ。(米兵とダンスする慰安婦もとい パンパンの写真、着ている着物もいい柄だったり…一世一代の羽化か 投げ捨てか。そうやって日本も着物も滅びていったのだろうか…。着物がウザイものと観念されるようになってしまった。)

着物も幅広帯も日本髷も、徳川の天下泰平の産物であった。戦争や詐欺の為ではなく、女や家族のために知恵と技術と金を旦那連中がつぎ込んで武家も金持ち百姓も町人も、それを大金で買って成立したのだ。生糸が武家や旦那衆の「一般的交換媒体」となった時期があった。

中国と一口に言ったところで何十という民族と風習があり王朝や時代の流行もある、それを中国の僻地を調べたら云々とか、これって結論ありきの粗探しネタだろう。僻地は少数民族であろうし、
(纏足はイジメの道具ではなくハイヒールだったろうし金瓶梅に纏足の小さく歪んだ脚を○する話もあったような 忘れた。


現代日本でも見栄で無理して小さい革靴はいて外反母趾になったりとかは纏足の一種だし。中国人の悪口を弱ぷに吹き込むお世話より性器切り刻むチンけな因習を云々したらいい。てんのうけはほんとにカツ零してんのうか?)

「漢族」なるもの、それはそもそも皇帝周辺に成立した混合成立民族であろう。諸民族の神話や言葉のなかで北や北斗七星をウラルアルタイ系のnadan/nadaであらわすかどうかで推定することができる。北斗は中国でも重要な北の星だが漢族音ではnadanではない。ところが中国や日本の伝説では、織姫様の周りを回るのが牽牛/彦星なわけで、ある星の周りを他の星が回る、つまりこれは織姫星(デネヴ)が一万二千年まえに北極星だったころ成立した神話であろう(歳差)。


ちょうど草々期の縄文土器が作られ始めたころだ。日本人の一部は織姫様が北極星だったころの伝説を共有しているらしい。北天に不動に輝く織姫様を頼りに移動し大陸からシベリアから日本列島に辿りついた。(ところが北米原住民のある部族ではすでに北斗七星のほうが北極星を回る伝説になっている。つまり渡米ないし伝説成立時期が、織姫様が北極星でなくなった頃以降からの部族もいるようだ。)日本では(高句麗でもアイヌの北隣の樺太ウィルタ族nadaでも)七つをnana系のことばが残っている。北斗のことをナナツボシサンと呼んでウラルアルタイ式だし、地名では北方の意味で七nanaを被せたらしき地名あり。(七尾とか灘とか…。応神王朝の聖地淡路島の北岸が灘だ。ナダとは海のことよりもウラルアルタイ系と同じく、方角を言ったものであろう。)中国諸民族の中にnana/nadan系の発音で北斗や数字の七を呼ぶ民族がいるだろうか?さてそれらを皇帝的に「共役数」にして制圧してできたのが漢族であろう。

**


漢民族とは誰か?中国とは何か?  諸民族の諸王の相互闘争場裏に成立した王権の場こそが、夏であり華であり 中であり原だった。だからこそ熱があり藝であり文であって文明であった。もしも秀吉やヒロヒトがそこに参集し一瞬でも制圧して熱に浮かれていたら、日本人は中の一部、中国の一部になっていた・されていた。中に参画していたことだろう。中とはそういうことだ。

**

日本独立を真面目に考えるウヨがもしいるなら、反日闘争で抵抗し、バカ司令官を叩き出してくれた中国諸民族や各諸勢力に対して、日本独立に貢献して呉れて有難うゴザンしたと大勲位旭日大綬ルメイ章でもあげネバなっとうたい!

***

男の子が ほとんどみんな学帽被らされてるってのもすごいね
文明開化の風潮の名残なのだろうか
1937丹下左膳映画の「これからは学問だ」はずっと後の映画だ。
親が社会が、男児に期待するものが学問と大将だった時代だろうね。
**

AI色付けがかなり手抜きですね貴重な動画なのに。

ガラス風鈴が 黒と灰色バカりw!
紺のハッピも灰色、
氷屋の旗や暖簾も「氷」文字が灰色、
草木も
夏の上野池之端の池の水も 灰色w、
浅草も灰色、
娘の振袖も 灰色だぜ、ありえんワナ!


AIって手抜き詐欺の別名じゃね?

無知や非常識を居直る道具になりうる。

悪意で他人や他の文化の悪口をあおって、軽蔑と憎しみを駆り立て戦争に動犬する手段になりうると危惧する。工作員にAIの灰色を悪口雑言させるのだ。

PCR養成を感染者と言い張るPCR詐欺だけじゃなく、
これからはAI詐欺にも御用心だね

日本に現物が残っていたり、元の色を知ってる日本人がまだ生きてたりするから、AI色付けがマダマダでんなと判る話だ。


***


日本人でない外人とかはこれ見て、日本はほんとは灰色だらけだと信じこむはずだ。

昔の日本は灰色だったなどとソノウチ言い出すような、蛭ゲー吐にカネもらってカキコする信者乙が出現しそうだなw。

日本人の洋装化は政策による号令の側面があるようですね。
着物の場合にも帯留めや髪飾り、指輪等に西洋風の宝飾をあしらった貴金属の着装を推奨する通達が出ていたと聞きます。(茶席では茶器に傷をつけるという理由で着装禁止にも関わらず)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%8B%E6%9C%8D
>江戸時代にはキリスト教に対する禁教令により、洋服を着ることは忌避されたが、幕末に至り軍備の西洋化を進める諸藩や幕府では、西洋式の軍服を導入した。1864年、禁門の変を理由に長州征伐の兵を挙げるに際しては、軍服を西洋式にすることを決め、小伝馬町の商人である守田治兵衛が2000人分の軍服の製作を引き受け、試行錯誤しながらも作り上げた。日本においての洋服の大量生産は、記録に残る限りこれが初だとされる。この頃、最後の将軍徳川慶喜がナポレオン3世から贈られた司令官服を着用した写真が残っている。また長州奇兵隊の兵も西洋式の軍服を着ていた。

明治政府は欧化政策をとり、その一環として伊藤博文は宮中での洋服着用を推進した。1872年の太政官布告339号(大礼服及通常礼服ヲ定メ衣冠ヲ祭服ト為ス等ノ件)により、男性については、ヨーロッパの宮廷服にならった大礼服などが定められた。またその前年の1871年の散髪脱刀令(太政官399号)により髪型も従来の髷から散切り頭が一般にも広まった。

コメントする

最近のコメント




雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山