蓮太郎

| コメント(7)




【野小妹wild girl 】百度で調べていたら、「蓮太郎」と出てきたんだが、「タロ芋」がどう翻訳したら「蓮太郎」になるのか、タロイモの花茎を食用にするわけです。日本では里芋に花が咲かない。葉の茎は「ずいき」と言って、食用にしたり、ちんこに巻いたりする。ちんこに巻くと、むず痒いヌルヌル成分が出て、ゴツゴツして気持ちいいらしい。それを随喜の涙と言います。

タロイモは春に大きく育ち、タロイモの蓮が成長したらタロイモの茎を切り落とすことができます。よく洗って乾かしてしまってください。その後、タロイモと蓮の実をみじん切りにし、塩を振りかけ、瓶に入れて密封します。1か月後に取り出して消費することができます。すぐに食べたくない場合は、瓶に入れておき、長期間密閉しておくことができます。
調理方法
取り出したらきれいに洗って具材を整えます。にんにく、唐辛子などを加えて炒めます。炒め物は酸味があり、砂糖を加えると甘酸っぱい味になります。お粥を飲むときに食べることができます。料理は特に酸っぱくてさわやかです。

収穫した花茎は干して保存用にしたり、炒めものに使ったりします。味は酸っぱいらしい。

コメント(7)

ネットからいろいろ織り交ぜて引用しちゃいますと、

> ジャガイモにしろサツマイモにしろ大航海時代以降のもので、
> 本来、日本や中国で芋と云ったら里芋とか山芋の類だった、
> らしいのですが、特に里芋はその名の通り里で容易に栽培が
> 可能だったので、江戸時代までは芋と云えば里芋を指していた
> ということです。
> タロイモは、サトイモ科の植物のうち、根茎を食用とするため
> に栽培される栽培種の総称。サトイモはその代表的なもの…
> タロイモ(タロ芋)という名は、英語名のtaroに由来します。
> さらに語源をたどると、ポリネシア語に行き着きます。
> もともと、ポリネシアで、タロtaroと呼ばれていたのが、その
> まま英語になった…
> 近年ではセレベスの名でスラウェシ島原産ものが、比較的市場
> に出回るようになっている。(珈琲の話じゃないが… ωω)

さてさて、「蓮太郎」になっちゃうのは何故か…なのだ。
確かにGoogle 翻訳だと芋荷花=>蓮太郎ってなっちゃいますね。
逆に日本語で、太郎=>芋头 と訳されるのですが、音訳か???
荷花はそもそも蓮の意味なので、誤訳と云うほどでもない。
順当に訳せば「太郎蓮」になるところが、何を忖度したのか、
入れ替えてしまって、「蓮太郎」になってしまったかと愚察。
動画中の英訳 Taro lotus は芋荷花の百度翻訳かな…と思います。

無料の翻訳ソフトで翻訳者さんが推奨していたのが「百度翻訳」 
でしたが、そこで「芋荷花」を翻訳したところ、「さつまいもと
ハスの花」なので、これもイマイチ…なれど「蓮太郎」とどっち
がと問われれば、迷路に嵌らない分「百度翻訳」かなぁ…

「百度翻訳」は言語選択で「中文(文言文)」と云うのがあるのが
良いかなぁ…大体てこずるのは古い文体を模して書かれた文章で
有る事が多いので。但し言語の種類はピンインで分類されている
ので、日本語の場合は"R"の項、中国語は"Z"の項にあります。

「芋荷菜」というのが、里芋の花茎の通常の呼び方のようですが、
動画と異なっているのは、保存法としての記述で、あまり完全に
干さないで塩をして甕なんかに保存するとヨロシ、等と云うのだ
が、野小妹姐さんは炭で強制乾燥してガピガピに干してましたね。
地方によって違うのかな。日本で売ってるズイキ(食用)も柔く干し
ているような気がします。

効能は「而且芋梗也有很多好处,有清热解毒的功效」ということ
で、しかも芋茎の干したのは色々と良いとこがあり、熱を取り
解毒作用があるヨ」ということなので、熱い時期には宜しいかと…

> 近年ではセレベスの名でスラウェシ島原産ものが

 余談ついでだが、この夏はウチでミノムシ(オオミノガの幼虫)が大発生して、駆除をするのにちょっと調べたのだが、1) オオミノガは九州ではほぼ絶滅、西日本では激減していて、最近の子供はミノムシをみたことがない子が多い! 2) 学名にジャポニカがついていて、江戸時代以前には定着していたのだが、最近の研究でインドネシアのスラウェシ島起源であるらしいことが明らかになってきた(驚愕
 という訳で駆除する気が失せてしまった、植木の葉の上を動くとんがり帽子のような姿がまことに愛らしくみえてきたのであるw

葉茎を食べるのはハスイモだと思います。
タイ、ラオス、ベトナムで、生のスライスしたやつを汁ものに入れます。
エグ味が少なく、煮込んでも煮崩れないので田舎汁みたいな家庭料理によく使う。
干物に加工して保存もしますね。

インドシナの山の中で里芋(タロ)の在来種にお目にかかったことがあります。
山岳少数民族が、伝統的に大切にしてきた品種です。
親芋一コの大きさが赤ん坊の頭くらいあり、かつ親芋なのに美味いです。
田んぼの畔や棚田の取水口周辺に植えられています。
畑で植えるタロもありますが、水田に植えるとネズミが来ないのでよいと聞きました。

山芋(ヤム)も生えてますが、こちらはもっぱら飢饉のための保険なので普段は食べません。
里に食べ物がなくなると、山に入って山芋を掘ります。
ムカゴは山仕事のついでに収穫して塩茹でして食べます。
赤ん坊の手くらい大きくて、かつ美味しいです。
山の民以外は食べない食材です。


さてピン子さん、花茎を抱えた画像の陰影が映えて、亜熱帯の湿度を思わせて、とても素敵です。
野小妹の世界観をよく表現している一枚だと思います。
ドローンで撮影すると、主人公もまた自然環境の一部なのだという風情がよく伝わります。

花茎は私も食べたことはありませんが、葉物野菜の不足する夏場に貴重な食材ですね。
伝統種や固定種の野菜と長らく生活してきた人にしかわからない使い方です。
丁寧に手で下拵えしてますが、手が赤くなって痒そう…。

ミノムシが激減してるっちゅうのは改めて知りました。

数年前、埼玉県本庄市に住んでいた頃、アパートの裏通路
に植えられたサツキがこいつのお陰でほぼ全滅しそうにな
って、毎日数十匹駆除していたことを思うと、微妙に反省…
しかし、自分の部屋付近以外のサツキは葉がなくなって結局
全滅…大家さんが枯れた木を踏み倒して更地化してましたが、
あの後何か植えたんだろうか…
隣の農地の方から、フェンスの上をゾロゾロ行列を作って
渡って来るのは気味悪く、参った風景でした。

仰る通り単体を観察すると、全体が白い毛で覆われていて、
真黒なつぶらな瞳の可愛らしい姿ではありましたし、
ミノムシも一つ二つなら風情も有ろうと云うものでしたが、
数が多いと云うのはどうも敵わん…のでした。

> 葉茎を食べるのはハスイモ … (by 肉骨茶さん)
それで芋荷花なんですね、納得がゆきました。


> 植木の葉の上を動くとんがり帽子のような姿が
> まことに愛らしくみえてきたのである (by 情痴老人さん)

> 主人公もまた自然環境の一部なのだ (by 肉骨茶さん)

何れも休日の朝にグッと来た一行。

ミノムシ工芸の母の帯をたまにする〜とググってみると、まだ桐生市の工芸品として産出されているようですね。
ジョージャクさんもレッツトライミノムシ工芸…
帯、着尺、ネクタイ(8千円~1万円程度)
羽織、額(1万5千円~10万円程度)
だそうです。
冷静に考えるとキモい…

> ジョージャクさんもレッツトライミノムシ工芸
 ワシもミノムシ工芸というのを蓑虫駆除の調べものをしていて始めて知りました。糸だけ使うのは、絹糸みたいなモンで理解できるのですが、ミノを使うという発想はちょっと引いてしますな、しかしミノムシは巧みに木の枝に擬態している訳ですし、種類によってはオスメスとも一生羽化せずに、卵から返ると糸をタラシて風を受け風にのって空を飛び移動するのだそーです、なんか凄い生き物ですねぇ。というか、こーいうことを解明するアカデミシャンというのにも異常さを感じますねぇ。何の役にも立たない昆虫なのにw

コメントする

最近のコメント




雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山