世界には名前がない

| コメント(20)
中国は「覇権国家」ではない、日本が覇権国家だという話なんだが、イリノイ大学、東京工業大学教授を経て、現在、熊本大学の名誉教授である入口紀夫という人が書いているんだが、

 では、その中国から日本を一方的に見るとどう見えるでしょうか
 歴代皇帝の中で日本へ侵攻しようという発想をした皇帝は、モンゴルを除けば、ひとりもいません。しかし、日本のほうには、兵力さえ強ければ大陸に侵攻してよいという思想が古代からあります。
 日本は、唐に対して、旧百済軍と連合して挑んで来ました(白村江の戦 663年)。日本が唐の侵攻を恐れて九州に防人を配備したのも覇権国家ならではの発想です。
 豊臣秀吉は明を征服しようとして九州の唐津(名護屋城)から朝鮮半島に21万の兵を送り込んで来ました。
 明は滅亡するとき、南朝(明の華南亡命政権)は徳川家光に国書を送り北京(清王朝)を討つように援軍を要請しました。明が日本を覇権国家であると畏怖しかつ期待していたからでしょう。
 吉田松陰(1830-1859)は『幽囚録』で清の満洲や台湾、朝鮮の領有を説きました。松陰の門下生が明治官僚となったので、それが日本政府の潜在意識となったまま、戦後も官僚は断罪されないままです。

 今、中国とインドが経済大国としてアメリカを追い抜く過度期に差しかかっています。仮にアメリカから見た場合に、日本と中国が手を結ぶと、アメリカとしてはとてつもなく厄介なことになるでしょう。この過度期は、日本にとって自立するための機会でもあり得るでしょう。

中国という国は、「長城で「専守防衛」に徹するか、あるいは「策源地侵略」(懲戒的侵略)をしてきただけ」であって、他国に対する領土的野心は薄い。南シナ海も絹の道も漢の時代から中国のものだと考えていて、まぁ、そこらへんは今に始まったことではないんだが、少なくとも支那海がアメリカの物であるという正当な理由はこれっぽちもないですねw 中国が望んでいるのは「秩序」であって、支配ではない。

 中国は国名を「中華人民共和国」(People's Republic of China)といいますが、それは近代ヨーロッパの「国家」という概念でそのように呼ばせているだけです。本当は、中華のこの地があるだけでしょう。それは名前でありません。世界に名前がないのと同じです。「共和国」も「共産主義」も「共産党」も明治日本の造語です。

多民族国家である中国は、強圧的な支配がしにくい。なんせ言葉から違うのだから。今だって田舎ではしょっちゅう暴動が起きている。そんな中で、中華文明圏という秩序を維持し続けるためのシステムが、「中国」という国そのものです。

コメント(20)

>中国は「覇権国家」ではない、日本が覇権国家だ

 ただ、アメリカも、この6年くらいは、日本より中国を怖がるようになったようだね。 

 それまでは、前の大戦のトラウマがあったらしい。

(アメリカも未だ警戒。なぜ、世界は「日本」を恐れているのか?
「1941年6月、ナチスドイツがソ連に攻め込んだ。ミアシャイマーさんの見立てはこうです。もしこの時、日本がソ連を攻撃すれば、ソ連は消滅した可能性がある。そう、ソ連は西のナチスドイツ、東の日本で、戦力を分散させなければならない。そしたら、歴史はどうなった?ナチスドイツは、ソ連を破って、欧州の覇権国になっただろう(かもしれない)。日本は、ソ連を破って、中国も破り、アジアの覇権国になっただろう(かもしれない)。そして、日本とドイツは、同盟国。世界の構造は、アメリカ 対 日本、ドイツということになります。こういう見通しがあったので、アメリカは、「日本を潰そう!」と決意したと。これ、私じゃなくて、リアリストの神様が書いているのです。現代の私たちには、「想像を絶する展望」ですね。日本が、中国全土と、ソ連の東半分を支配している???「絶対あり得ない!」と思えます。

ちなみに歴史は、アメリカの想像とは違う方向に行きました。ゾルゲ、尾崎秀美などの工作によって、日本はソ連ではなく、東南アジアを攻めることにした。それで、ソ連はシベリアの戦力を西に戻すことができ、ドイツに勝利できた。

私たちは、中国、韓国のみならず、アメリカも日本を恐れていると感じることがあります。たとえばジョー・バイデンは、「日本に核を持たせないために、アメリカが日本国憲法を書いた!」と断言している。こういう発言を聞くと、アメリカのエスタブリッシュメントは、「いまだに日本を警戒しているのだな」と感じる。」
https://www.mag2.com/p/news/458969

 アメリカの奥の院の戦略研究家たちは、案外、「ドイツと日本の戦争の仕方は下手くそもいいとこだった。個々の戦闘はともかく、戦略というものがまるで駄目だった。 戦略がきちんと立っていれば、枢軸側が負ける戦争ではなかった。」という思いがあるのかも。

>他国に対する領土的野心は薄い

これは嘘。
王朝時代は、農奴や兵隊を求めて、烏桓やら南越を侵略しているし、現代においては、水源とインドへの緩衝地帯を求めてチベットを取り、石油、天然ガス、石炭などの資源とソビエトへの緩衝地帯を求めウイグルを取っている。

ウイグルで核実験し、チベットには核廃棄場を置いている。
彼らの「秩序」を鵜呑みになんかしたら、日本は、何の廃棄場なるのやら。

アメリカも内戦中ですし、中国も暴動中だしお互い内政に目を向けてはどうなんだろうか。

https://inga-cae.blogspot.com/

 物量があれだけ違うのに勝てるわけないだろ、馬鹿じゃないの、と言われそうだし、それはそのとおりだが、戦後いくらもしないうちに、日本は、鉄鋼生産でも、自動車生産でも、造船でも、アメリカを上回るようになっていた。 それは、資源(資源なら石油も含めて満州にあった)というより、むしろ生産管理技術、頭の使い方の問題だった。 日本が熟練工の職人芸で1つ1つ兵器生産していたとき、アメリカは高校出たての見習い工でも流れ作業で大量生産できる規格化やマニュアル化や数理的管理法を実施していた。 工学というよりは、むしろ経営学の問題。 

 原爆開発だが、ドイツよりは日本のほうが進んでいたようだ。 ドイツは重水原子炉の開発を進めていたが、どうやら、ハイゼンベルクらが考えていたのは、プルトニウムを抽出してプルトニウム原爆を開発することではなく、原子炉そのものを暴発させてその威力を使う、という程度だったのではなかろうか。  それにひきかえ、日本は、東大はガス拡散法による、京大は遠心分離法による、ウラン235濃縮の実験を進めていた。 いずれも、方向としては、原爆というゴールに向かうものであった。

バンコクのワット・プラケオ(通称エメラルド寺院)付近にタイの代表的な中華街がある。幾代にもわたってタイ人との混血を繰り返している者が多く、顔も言葉もタイ人っぽいが、たいてい中国名とタイ名を使い分けている。中国語が喋れる若者も多い。タイに限らず、東南アジア全域、アメリカ、横浜、神戸、、、など、潮州人や福建人は世界中に拡がって商売をする。おそらく古代日本でも九州や大和を中心に貿易船で来るもの、現地に土着する者、現地妻をもうけ時々帰国する者など様々いただろう。島国の日本では、それを渡来人とか帰化人とか呼んで特別視してきたが、中国人にしてみれば、古代から行動様式は基本的に変わっていないのだと思う。私が上海で知り合った日本留学経験者の中にも、神戸で商売をしているものもいるし、京都に嫁いだものもいる。新中国誕生以来、中国人にとって厳しい時代が続いたので、チャンスを海外に求めるのは自然の成り行き。覇権と一口に言うが、取るのも、維持するのも大変。よっぽど日本政府および日本人が弱くなれば寝首を掻かれるかもしれないが、、、

 あと、理論面でも実験面でも、日本の核物理学は、アメリカに肉薄していた。 何しろ強い力に関する湯川理論と、電磁量子力学に関する朝永理論があったのだ。 原子核の研究に不可欠な粒子加速器(サイクロトロン)は、アメリカ、イギリスを除けば日本にしかなかった。 ナチスドイツは、何しろ、核物理学はユダヤの学問だとして毛嫌いしており、ドイツの核物理学は、日本にはるかに及ばなかったのである。

安倍首相の無能無責任さ、自民など傀儡問題、覇権国家アメリカの混乱の記事は理解です。
しかしながら、中国大陸や中国共産党への過剰な擁護は無理筋です。理解に苦しみます。
民族弾圧は近世でも辮髪の強要、現代では漢民族化政策があるように見受けられます。
拡大主義も近代ではチベット侵攻や台湾砲撃、最近では太平洋西半分支配の
覇権主義発言があります。インド、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、韓国、ロシア
はじめ日本とも領土領海問題を抱えています。合法的で個人的と言われても、日本の
基地の周りの国土や水源地を買い占められると良い気はしません。
中国共産党には明確に驕りと野心が見受けられます。
公安がウロつく中国共産党支配の中国は終わって、良い方向に変わって欲しいものです。

バックをミサイル搭載艦船で固めた「大漁船団」を
尖閣諸島周辺に「出漁」させると、

領海侵入を予告するような主張とともに、
日本側に航行制止を「要求する資格はない」と
伝えてきていたことが2日、分かった。
https://www.sankei.com/politics/news/200802/plt2008020007-n1.html


この記事の反応をリサーチしたいんじゃないの?

中国には侵略の意図はないとか、覇権国家じゃナイとか、
ヘンな決めつけがあるようだが、急にナンダロナ?

漁業資源もさりながら、尖閣や沖縄近海の経済的排他水域に
広がる海底油田や熱水鉱床はアバウト900兆円ともいわれ、
沖縄で開発のサイクルが組めれば基地不用の豊かな沖縄が
実現するだろう。

「沖縄独立論」とかいって、日本本土と沖縄県民を分断する
策がとられ、この運動の第2回大会がペキンで開かれたり、と
中国は露骨に沖縄を盗りにきている。

アフリカ途上国が、中国から膨大な借金をして、返済できず
99年間 自港を実行支配されてしまったとか、

中国は大陸国家なのに、海洋国家の野望も持とうと、
エライことじゃね?そんな国家はどこにもなかったし、
混乱は迷惑、メーワク!


アメリカは日本が逆らえば即座にインフラをダウンさせることが可能なプログラムを仕込んでいると、横田勤務の経験もあるあのドワード・スノーデン氏が言っていた。
そして、日本の外務官僚は対米従属以外に選択肢の検討の余地すらも持てない、持たない。
コロナでも明らかなように、治外法権の不平等条約である日米地位協定の改定に一番消極的なのが外務省なのだ。

共和國の共和は支那の古典『史記』の出典だらう。共和の語を古典中に發見して新たな意味で用ゐ始めたのは確かに倭國かも知れないが。春秋時代以前、西周の頃の一時期の名稱と、ものゝ本にはある。哲學の語を零から發明したのは西周(ニシアマネ)だつたか。


皇帝を國家主席と呼び、軍閥内の霸權爭ひを共産黨内部の政治鬪爭に制度化・形式化・上品化したとの説ならば同意はする。歐米目線の霸權國家云々は内心頓着しない。今懸念するのはECU911の存在と同監視ソフトの倭國への導入である。奴隸國家倭國の、其のまた被支配階級には大國同志の霸權爭ひなど構つてゐる場合ではなからう。

> 原爆開発だが、ドイツよりは日本のほうが進んでいたようだ

 ヒトラーが原爆に不熱心だったのだが、ドイツの方が進んでいたことは間違いない。原爆製造に必要な兵器級ウランの濃縮には成功し、実際、広島に投下された原爆のウランはドイツ製である、ということが今日明かになっている。
 有名なトリニティ実験は長崎型であるし、5月にドイツが降伏した前後にドイツの核兵器開発の成果を米国が戦利品としてゲットして、そっから、長崎型とは全く違ったコンセプトの兵器を米軍が仕上げて8月に実戦投入するなんてワシにはとても信じられない、広島を攻撃したのはウランだけじゃなくってドイツが完成させた核爆弾ではないか、とワシは疑っている。

中華問題については、野次馬さんの中の人はそういう理解で良いと思いますね。

ただ、その中華文明から逃げてきたわしらの祖先は違うものを求めていたようです。
もっとも、ホツマツタヱにしても、後半部分はオオタタネコによる捏造と考えられますので、古き良き時代は神武と共に終わってしまっているようです。
その後は現在の東朝鮮まで続いているのか、ぶつ切りなのか、
全ては霧の中なのです。
ただ、連綿と続く同調圧力は神武と共にはじまったと信じたいですね。
渤海国でもからんでいれば夢があるかもしれませんが。

みんな、徐福に戻って、自分を取り戻して、シベリアに逃げよう☆

日本と中国が手を結ぶと、日本はいずれ中国に吸収されてしまうだろう

それよりアメリカ側について、いずれ起こるであろう中国を枢軸国とする第三次世界大戦で勝利し中国を分割統治する国の一つになった方がいい

しかしその時の枢軸国は強力である。なにしろロシア・中国・イランなのだから、アメリカは現在よりも衰退していることは十分予想できる。

ヒトラーは次の大戦はアジアから始まると言ったそうだが、それも疑問である。中東から始まることも十分考えられる。

トランプは再選を控えて自分の支持母体であるキリスト教福音派からヨハネの黙示録の第七の封印を解くように迫られているそうである。この第七の封印とは中東戦争を起こすことでありトランプが再選を確実なものにするために次期大統領選挙までにイランと戦争を始める可能性はけしてゼロではない。

日本が次期大戦で主導権を取れれば勝利の暁には中国を丸ごと支配できるかもしれない

これから正社員が整理されて
派遣社員バッカリニなる話
かと思ったがチガッタナ

日本は世界で唯一
アメリカに核の報復をする
権利を持つ国なので
アメリカは用心して当然

毛唐どもは
自分達がその立場であれば
絶対やり返そうと思うから
その懸念は消えない

負けた人間だけが
グッスリ眠れルワケデ

負けたこと無い国は
気苦労多くて大変だ

年老いたチャンピオンに
若い挑戦者

ドチラガカッテモ
儲かるのは
プロモーターなのにネ

まーいろいろと。

>烏桓やら南越

烏桓等、北方は攻めたり攻められたりなんですわ。
五胡があってとどめに元と。
南越は永楽帝の?あれ息子がすんなり手放してるはず。


>水源とインドへの緩衝地帯を求めてチベットを取り、石油、天然ガス、石炭などの資源とソビエトへの緩衝地帯を求めウイグルを取っている。

チベットウイグルは英の侵略に対する措置だったはず。


>民族弾圧は近世でも辮髪の強要、現代では漢民族化政策があるように見受けられます。

辮髪は満人でその弾圧された民族ってのが(漢族含む)中華の民では?
漢民族化政策は中国政府発情報とアメリカ(法輪功)発情報の中間辺りが真実性が高いかと。
アメリカ発情報の鵜呑みは中国発情報の鵜呑みと一緒。


>拡大主義も近代ではチベット侵攻や台湾砲撃

チベット侵攻とつい最近まであのアメリカさえも認めていた「ひとつの中国」の台湾を混ぜたらいかんでしょ。
それに砲撃したころは、まだ台湾は「大陸反攻(=中国武力侵略)」を掲げていたことを併記しないと不公平。


>インド、台湾、ベトナム、タイ、フィリピン、韓国、ロシアはじめ日本とも領土領海問題を抱えています。

国境(領海)に未解決地域がないとこの方が珍しいでしょ。
国がでかいと国境線も長くなり多数の国と接して紛争件数も多くなる。
日本もロシア、中国、韓国だけでなく台湾とも国境紛争あるし。


>水源

これ左右に偏らないルポが未だ出てこないんですが、真相はどうなんですかね。だいたい水源押さえたところで大規模に運べるの?


>「沖縄独立論」とかいって、日本本土と沖縄県民を分断する策がとられ、この運動の第2回大会がペキンで開かれたり、と中国は露骨に沖縄を盗りにきている。

字面はすごいけど実態はまだまだ小規模な動きです。
アメリカの香港民主化支援に比べたら懇談会レベル。


などなど「中国脅威論!」は「嫌韓!」みたいに粗が多いです。

>中国を丸ごと支配できるかもしれない
支配してどうすんの。アンタ-皇帝にでもなるか?

コロナの後遺症で、不安を煽るマスコミ

(ビデオニュース)

【関連情報】
マスクの着用は危険、幼児や子供は特に危険
詳細
 マスクは支那共産党の戦略物資となっています。
 支那共産党がマスクの供給を支配して、コロナウイルス騒動で
優位な立場にいると思い込んでいる訳です。
関連情報でも判るようにマスクは不要です、着用しない方のが
肺炎予防になります。
酸素欠乏状態になり肺に余計な負担がかかる。
安倍自民創価学会公明党内閣(国)や支那朝鮮人に支配され
ているテレビ局・マスコミがマスク着用を強制しています。 
マスコミ報道はマスクを着用していない人を誹謗しています。
 用の無い物は使わないようにしましょう。
 3蜜などの洗脳用語を唱えてコロナ騒動を煽っています。 
小泉純一郎の郵政民営化の時と同様に国民に考えさせ
ない、疑いを持たせない手法を使っています。
反日売国テレビ局・マスコミも報道しない自由を行使する
者は排除する運動を広げましょう。

詳細
【マスコミ隠蔽の掲示板】最新版
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4_hdir.cgi
愛信情報市場(アメブロ版)
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12615449141.html

漢、唐、宋、元、明、清などの王朝経て共産王朝。その経緯や特性は興味深いモノ。
遁走と闘争を原理とするも、経済軍事政治で自信を現共産王朝は取り戻しましたね。
副産物の拡大覇権主義のは隣国にはかなり危険です。今の領土は広すぎですしね。
いつのどこの世にも国賊はチベットでも中国でも日本でもいるもんです。
大日本帝国の大陸侵攻時にもそういう連中は現地にいたようです。
我が祖国にも工作員みたいなのは米国系、中国系、ロシア系、朝鮮系と
イロイロいますな。貴殿は中国系ですかね。此方は徳川系ですわw
我が国も政権政党は傀儡、首相がスパイの系譜。なかなか痛い状況。
あと、はず、とういうのはロジック弱いですね。

日本が漢字を使っていることから見ても、少なくとも律令制以降は、日本の指導権力者層は、(直接的、間接的に)中国大陸と朝鮮半島の支配下(統治影響下)にあったと見るべきだと考えます。

民衆統治の基本形は、衣・食・住といった生活文化、あるいは宗教的なものがそのまま民衆の暮らしの中に残ることから見れば、

言語などはそのまま民族・国家の基本オペレーション・システムとなりますから、漢字(唐字)を使用しているということは、漢字民族がそのまま支配権力者であったと考えるのが普通です。

また、衣に関しては「呉服」といわれるように大陸の「呉」の影響がそのまま残り、食は南方海洋系とともに農耕としての「米文化」をうながし、住はその建築基準寸法(大陸尺の度合いなど)を見れば、誰が棟梁指導して建物が造られたかが分かるといわれています。

日本における統治者の権力闘争の歴史というのは、(戦国時代の下克上劇の一部などを除いて)基本的に大陸と半島、さらに南方海洋民族における、外部勢力同士の争い(日本に場所を変えた代理戦争)だと、私は思っています。

とりわけ、律令制以降は、基本的には、大陸と半島の勢力争いの勝者が進駐軍統治するというスタイルで、日本はずっとそうした間接統治の形で治められて(抑えつけられて)きたというわけです。

私の狂った頭では、元寇(モンゴル)の襲来も、日本において状況が不利になった「同族の源氏」(みなもと:げんじ:元氏=モンゴル族)の窮状に加勢するために来襲してきたとも考えらます。(源義経=ジンギスカン本人説というのもあるくらいですから)

また、一方的に朝鮮半島(やがては大陸進出)に出兵した豊臣秀吉ですが、こちらも狂った私の頭の中の一部の考えでは、秀吉の出自である「猿女族」と半島・大陸(旧満州エリア)の「女真族」と、何か関係があるのではないかと妄想筍を膨らませています。
(もっともこれは、ただ単に「女」という共通の漢字があるという理由だけのコジツケですが…)

さらに、徳川幕府政治においても、5代将軍の綱吉からは、生母・桂昌院の半島系の血が入ったため、被差別とされた原住系日本人への弾圧をより強めたという説もあります。

あの「生類憐みの令」にしても、単なる動物愛護や仏教思想からではなく、半島系としての貴種の血が入ったことによる優越と、さらには皮革産業(現代風にいえばプラスチック素材産業)として急速に力(権勢)を持ち始めた、原住系(いわゆる大陸・半島側から見た被差別系)日本人の台頭を封じ籠めるための方策だという見方です。

明治近代からの日本の侵略的な覇権主義の舵取りをとったのも、いわゆる長州閥をはじめとした(旧満州)大陸・(北側の)半島系勢力であるといわれ、
国民の大多数を占める原住系日本人は、激戦地において侵略の手羽先となって使い殺しにされたり、戦禍で焼き殺されたり、飢え死にさせられました。

そしてその間接代理統治の流れは、今の安倍晋三に至るまで連綿と続いています。

今ならさしずめ、「サイレントインベンション」戦略といったところでしょうか。

侵略とか戦争とかいったハードな戦略ではなく、移民とか混血とか産業、さらに「(国家の)イデオロギー装置」の分野において静かに進出をはかっていくというのが、従来の中華思想のベースにはあると思われます。

最近の習近平およびその系統の流儀においては、(大国としての自信をつけたのか)ちょっとそのハードな侵略路線というのが露骨に見え見えになってしまっていますね。

これは、(例えば「中華のオネエチャン」をどんどん動画紹介するといった)従来の「イデオロギー装置」を主体とした、ソフト路線の中華的戦略とは路線が違うような感じがいたします。

ということで、

早朝からの、頭の狂ったジジイの妄想全開コメントでした。

アメ豚もシナチクもどっちもゴキブリ以下のクズ国家wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 俺様はどっちも応援しないwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 何故ならどっちもユダ菌ディープステートカバールマフィアが作った傀儡国家だからwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 所詮はアメ豚も中狂も民衆を分断統治させる為に作っただけの国wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwだからトラ公はアメ豚も中狂も潰そうとしているwwwwwwwwwwwwwwww まあこいつ自体もロス茶宗家のロボットなんだがwwwwwwwwwwwwwwwwwww


世界の争いは所詮数千年続く真の支配者層の権力争いでしか無いんだよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 民衆が覚醒しない限りこの猿芝居はずっと続きますwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww まずは手羽先のクソアベの公開処刑から始めようやwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

コメントする

最近のコメント




雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山