古楽器

| コメント(8)




【青瑶×敦煌壁画箜篌】これらの動画はどうやら国家的プロジェクトとして作られているらしくて、敦煌の壁画をベースに、中国の古典音楽を再構築しようという試みらしい。名手が古楽器を演奏したり、あるいは踊ったりと、クオリティの高いところを見せてくれます。まぁ、中国としても、国家と民族のアイデンティティを追求するための国家的事業なのだろう。

コメント(8)

 楽理に基づく古楽器といえば、実物として残っているものでは、3000年前のこれ↓が世界最古か。 もっと素朴な穴が1つか3つくらいあいたのなら、もっと古いのが世界中から見つかるけどね。

「整理と計測により「曽侯乙編鐘」は3段の枠に65個の鐘が8組に分かれてつるされていたことが分かった。総重量は2.5トン。これまで中国で出土した編鐘のなかでも、鐘の数と重量が最大で、音律が全てそろった最も迫力あるものだとされている。」
https://www.afpbb.com/articles/-/3245505

 あの玉チョンパされた司馬遷の史記だが、日本では(あるいは中国でもそうか)人物伝だけが注目されているが、当時の文化水準の高さが分かるのは、「書」の編である。 その中の楽書と律書が音に関するものだ。 その中に出てくる亥(仲呂)は2の17乗を3の11乗で除した数で、音程でいえば、12律(漢の時代から、中国は12音法だったらしい)の6番目。
 
 ところが、この律書(音律の書)こそが、ある意味、史記の核心なのだ。  

 西洋文明は、はやり音律を核心的に重要視したピタゴラス学派を出発点にして、3000年近くをかけ、粘り強く数理を発展させて、今日の文明を築き上げた。

 中国も、出発点では同等以上だったのに、残念だ。 人物とか逸話だけに興味が向かってしまい、司馬遷のころは重視されていた数理がないがしろにされたからだろう。

 ただ、中国において、結局、楽理にしろ、数理にしろ、物理にしろ、西欧のようには育たなかった理由も、既に史記の中に書かれている。 曰く「このように礼楽刑政は、その究極において一つのものである。 つまり民心を同じくして、治道を実現するためのものである。」(史記 楽理より)と。

 ここが西欧と中国、そして日本と中国の違いなのだろう。 日本人は、あれでもまだ、学は学として、実利とは切り離して楽しむことを知っていた。 中国人も、なぜ日本はあれだけノーベル賞が多いのに、という論評で、好きなことをやっただけだ、という受賞者の声を紹介していてたから、どこが問題かは、分かり始めてはいるようだが。

 とはいえ、「治道を実現」とは、今の習近平体制の政治目標そのものである。 結局、学問も音楽も、治道を実現するために奉仕すべきことの1つなのだろう。

 あと、上にでてきた「礼」は、日本語の感覚では、むしろ「法」に近い。 史記の礼記と、ヴィノグラードフの「法の常識」を読み比べてみれば、いろいろ得るところはあるだろう。  

 日本語の「法」では、あまりフィットしないか。 英語のlawならそのままだが。 あと、「法の常識」は、岩波では「法における常識」だった。 常識といっても英語のコモンセンスのことでで、日本語のいわゆる常識とは少し違う。 意味正しく訳そうとすれば、「法における通底教理」とでも言うべきもの。

 漢代以降は中国は欧州に後れをとった、というのは違っていたようです。 今日の調律のスタンダードになっている平均律を最初に発見したのも中国人だとのこと。

(中国人による平均律の発見と普及の失敗)
朱載堉が提唱した十二平均律は、なぜ中国で広まらなかったのか
「2グループ目は、朱載堉の理論に一定の理解を示しつつもあえて採用しなかったグループ。ここには中国歴代最高の名君の1人とされる清朝の康熙帝(こうきてい)と、儒家の陳澧(ちんれい)が含まれます。」
https://www.yamaha-mf.or.jp/shien/report/2014/tanaka01.html

 皇帝自らが関心をもち、理解はしたが受け入れないことにした、ということのようです。 

(中国12律 ピタゴラス音階)
https://en.wikipedia.org/wiki/Sh%C3%AD-%C3%A8r-l%C7%9C

 ブラバンとかやってる人には、平均律クソくらえという人もいるわけで、中国は遅れていた、とコメントしてしまったのは、いささか偏見に過ぎたようです。

 それにしても、この田中有紀先生、いい女だなw

 去年の催しだけど、こんなのも

「中国の音律と音楽」(安冨歩 田中有紀 ほか)
https://www.youtube.com/watch?v=P9Zzs0zfMwE
https://www.facebook.com/JunCeleb/photos/pcb.145604636783184/145604053449909/?type=3&theater

やっと週日の疲れが取れて、先週「中折れ」した記事を挙げます。
とはいえ、週末はスレ建てが早いから、折角お膳立てがあっても
もう過去記事だな… (ωωω

先ずは第一弾、青瑤さんの略歴につきヘタ譯しました、ご参考迄。

********************************************************************
(QQ音楽の简介と[更多]の記述によります。)
https://y.qq.com/n/yqq/singer/001Ewzvg022S7S.html

簡単な紹介:柳青瑤、著名な音楽家、演奏者。
中国楽器協会民族器楽学会理事;中国青少年新メディア協会理事;
北京青年インターネット協会中国アニメ工作委員会主任;
北京楽器協会会員;天津音楽家協会会員。

5歳で琵琶の学習を開始し、中央音楽学院、天津音楽学院の劉剛、
董九儒、章紅豔 等多くの琵琶演奏家に師事、琵琶の技法及び演奏
いついて学ぶ。

14歳からベルカント及び中国民族声楽の学習を開始する。
種々の民族楽器、中国画、彫塑等の様々な伝統芸術に長ける。

国内外の芸術大賞を数十回に亘り獲得、政府外交部、対外友好協会、
漢語国際宣伝リーダーチーム事務所の代表として、40ヵ国以上を訪問
し、文化公演及び交流活動を行った。

その琵琶演奏の美しい姿と共にスリナム独特の希少鳥類が中国磁器に
焼かれ、中国とスリナム政府の国際活動の贈呈品となった。

13歳のとき、スウェーデンEthno国際音楽祭及びPhilips Franks音楽祭
において、《霸王卸甲》《彝族舞曲》等の曲の琵琶独奏により、欧州を
轟かせ、多くの欧州メディアのヘッドラインニュースで『美しき東洋
音楽の精霊』と讃えられた。

18歳で素晴しい成績により南京大学外国語学院英文専科に合格した。
(文芸特待生だったが、試験成績は南京大合格点より19点越えていた。)
大学本科期間中に米国UC Berkeley メディア研究学部及び東京国際大学
において学術交流及び大学間プロジェクトに参画した。

在学期間中に漢辦代表団として、南京大學民族管弦楽団の中心メンバー
となり、米エモリー大学、独ゲッティンゲン大学、英ケンブリッジ大学
加ウォータールー大学 等の十数か所の国際的な名門大学において、中国
伝統文化芸術交流訪問及び交流拡大活動を行った。

中国語・英語のバイリンガルホスト、英ケンブリッジ大学の West Road
Theatre や 独ゲッティンゲン旧市庁舎等で開催された『欧州中国週』等
の活動でホスト役を務め、当地の熱烈な歓迎を受けた。

****************************************************************************

と云う事で、単純に琵琶の名手って云うだけじゃない事は判りました。
野次馬さんの仰る、
「国家と民族のアイデンティティを追求するための国家的事業」と云うの
に食い込むための色んな意味での資質と経歴を持っている方のようで…
勿論、本人は多彩な能力があるものと思いますが、この方の親御さんも
なかなか社会的地位が高いとか財力があるとか…あるような気がします。
その辺はなかなか検索に引っかからないですね、残念ながら。

この動画の歌詞と云うのは唐代の詩人「李賀」 の作品で、『全唐詩』に
収められている《李凭箜篌引》という詩なのですが、最初そんなこと知ら
ないので、李凭で検索掛けたら、引っかかったのが歴史学者だったのです。
ふーん、歴史研究の際に古楽器箜篌を習得したのかなぁ…等と嘘っぱちを
バラ撒くとこでした。思い込みは怖いです。気を付けなくっちゃ、です。

動画中の解説で、箜篌と云うのは古代中国では皇帝しか目にすることが
出来ず、庶民は聴く事も許されない楽器で、演者も宮廷樂官のほんの一握り
のしかいなかった。とあって、ワ~ホンマモンの上級国民向けの楽器なのだ
なぁ… と思ったが、これはこれで何らかの意識付けの様にも思える。

さてさて、先週アップされた記事
【云讲国宝】^一幅会动的敦煌乐舞壁画^ 来认识敦煌壁画人里的国宝乐器!
の補完第二弾。誰も読まンだろうが、一応オイラの義務感として書きます。

もう一人の出演者、璇玑さんについての略歴 ヘタ譯。
https://baike.baidu.com/item/璇玑/13034357 ; (百度百科より抜粋)

***********************************************************************************
璇玑:伝統文化普及活動家、独立プロデューサー、音楽家、舞踏家。
英国中華伝統文化研究院統括責任者。
愛国華僑のリーダー「單聲」博士(法律顧問/地產投資/慈善家 英國在住) の
助手並びに財務統括管理者。
(華僑の中にも現体制を支持する者とそうでない者が居るので、前者を愛国
華僑と呼ぶのだと思われる。 当然の事乍ら、璇玑さんは前者に属す…)

ケンブリッジ・オクスフォード等高校組織に於いて伝統文化講座を開催し、
講座を担当し、あまたの中・欧文化交流プロジェクトへの参加を組織した。
その文章及び漢服スタイルが幾度となく国家部門委員会クラスの教材並びに
雑誌上に登場している。

代表作《長城之下》は人民日報により、* 學習強國プラットフォームとして
転載報道された。
* 學習強國 :習近平による新時代の中国の特色ある社会主義思想を主な内容
_ とする教育プラットフォーム。 …だそうです。
更に《禮儀之邦》は「全国民が礼儀を有す国」という漢風舞踏として人民の
心を熱く奮い立たせ、南スーダン平和維持部隊の女性兵士により、連合国の
祝典に於いて公演され、連合国官員からの高い賛辞を受けた。

個人経歴
2013年2月 中,英,米の五名の同袍と自作曲《寒梅著花未》のMVを撮影
2013年7月 英国中華伝統文化研究院の統括責任者に任ぜられる。

2013年11月 英國正規文化機構と漢服協會と合併し、英國中華傳統文化研究
院となる。統括責任者・イングランド漢風の副会長として、両者の合併を促進
し、イングランド漢風協会を中華傳統文化研究院の旗下として、正式な機構と
して正規化,合法化して在英中国大使館の保護を受けるものとした。

2014年1月 全英学連の「中国の夢:輝けるイングランド」春節の夜会に参加し,
“璇璣舞踏隊”を率いて、《禮儀之邦》を公演した。
2014年2月7日 出席ウェストミンスター市立リファレンスライブラリーでの中文
コーナー発表会にて挨拶。
2014年3月23日 “中国統一論壇”に参加,両岸統一に関する自己の見解を発表。
2014年3月 公益礼儀宣伝《禮儀之邦》MVの企画、撮影、演出、舞踏出演を
行った。このMVが各大手動画ネット上に流されると、大きな反響を呼び,様々
なカバー作品は累計千本をこえ、再生回数も千万回を超えた。各地の学際や夜会
でのプログラムにも《禮儀之邦》があちこちで見ることが出来た。南スーダン
平和維持部隊の女性兵士も、連合国の祝典に於いて、漢服を纏い《禮儀之邦》を
公演して、中国の美を全世界に向け繰り広げた。
「今夜の演出は素晴らしく,特に舞踏《禮儀之邦》は中華文化的巨大魅力を存分
に感じさせるものだった。」とイスタンブールから来た連合国女官員は称賛した。

*************** ≪こういうのが延々続いておりますので、大幅略≫ ***************

2018年12月16日 紀念改革開放40周年慰問駐區部隊公益活動に参与並びに出席。

************************************************************************************

と云う事で、この方もかなり上層部の覚えめでたき方なのであろうと思います。

で、学生時代等の記述があんまりないのですが、璇玑さんが留学中に英国の街角
で漢服を身に纏い笛を演奏して、漢服を宣伝していた写真がネット上に流出して、
大きな話題となり、「漢服MM(美眉の略、可愛い娘ちゃん)」と云うあだ名を授
かりました。彼女は清麗で俗に塗れない扮装で、精一杯漢民族文化を伝えようと
努力し、そのことで漢服という中国伝統衣服が、再び多くの人々の注意を引き付
ける事となった、っていう記述がありました。
漢服ブームの火付け役の一人になるかとも思われましたので、追加しておきます。

コメントする

最近のコメント




雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円

ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)



300円で買える
メッセージアート



まりなちゃんコレクション



ネットゲリラの缶バッヂ



ゲバラ缶バッヂ



281_AntiNuke ギャラリー

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山