柿酒

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【酒鬼小莉 Drunkard Lee】なんで今頃、柿なんだろうと思ったら、100日前の様子ですね。、柿を使ってお酒を作る。日本では柿酒というのは聞いたことがないんだが、なーに、砂糖加えて麹まぜりゃなんでも酒になる。そして100日。腐ったドブみたいなドロドロを籾殻と混ぜて蒸留します。それにしてもこの人、何でも酒にしてしまうw この手の動画で父親が映ってないのは、たいていカメラを廻しているからですw

コメント(5)

この人、盃を持つと先に口が迎えに行く。
酒鬼の看板は伊達ではないですね。呑兵衛です。

柿は筆柿なので、渋柿ですか。
発酵中の異臭はかなりのものと思います。
そこに赤米を生米のまま無洗で投入する荒業www

とりあえず、何でも酒にしてみようという意気込み。
血液型B型の凝り性気質が爆発してますね。
そのうち世界的な中国酒が彼女の手によって世に出ることでしょう。

赤米ではなく、紅麹だと思う。


ウームム「Kaki Spirits」か 世界中のスピリッツマニアが注目しているかもしれない/笑。

瞬間的にしか見えないけどアルコール度数計は確か70%以上を指していたように思う。。

籾殻を使った「正調粕取焼酎」そっくりの古風な製法だから実りの秋の香りが伝わります

渋柿を発酵といえば最近流行りの柿渋染め液を思い出しますが、あれはタンニン狙いで青い柿をクラッシュして水と混ぜて2,3年は発酵させるらしく、臭いでご近所からクレームくるほどと聞きます。

こちらは赤い柿を10日ほど甕で熟成させ、アルコールを感じるということですから渋みは抜けていて、そこに麹をいれて3ヶ月。まだフルーティなのか知りたいよーなアンタッチャブルなよーな。
かきまぜる棒が懐かしき肥溜め風でおそろしいw
あと「ふすま」と表示が出ますが、麦ではなくコメなのでしょうか。

日本で自家醸造が禁止されている理由としてはぐぐると課税の観点しか出てきません。
年寄りに聞くと、自家製で悪い菌が繁殖して事故が多かったから禁止しているんだよ、と聞くことがありますが事件を見聞きしたことがありませんし、自家醸造は豊かな文化という考え方に賛同するので解禁してほしいですね。

くそかき棒というのだった。
柿をくそかき棒でまぜている。

コメントする

最近のコメント

 
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山