庶民の正月

| コメント(2)

過去のAsian Life はこちら↑



【二米炊烟】中国が正月というのはマスコミでも報じられるんだが、みんながみんな海外に遊びに行くわけじゃなくて、ささやかな庶民の正月というのもあるわけです。で、子供を連れて街まで正月のお買い物。橋を渡って市場へ。購入したのは、麺と、出汁ジャコみたいな小魚、それにヒマワリの種、正月飾り、小麦粉を油で揚げた、油条みたいなもの、それにオレンジジュース。オレンジジュースを何に使うのかと思ったら、温めて白玉団子浮かせて、子供の喜ぶスープですw ラディッシュと菜っ葉でスープを作り、出汁ジャコは素揚げにしている。出汁ジャコを素揚げにして正月に食べるというのは、何故か、ウチにもあった風習だw さて、ジュースで乾杯して、子供はお年玉貰って大喜び。ささやかな正月です。

コメント(2)

こういう動画の方が地に足のついてて見る甲斐があります。田舎の中国娘が変に着飾ってすまし顔で撮った動画よりも全然いいです。

ま、うちは最近は野次馬さんが嘆いてディスってた気がする日本の『おっぱいクッキング』動画をいっぱい見て楽しんでます。最近はおっぱいに広告までついてるし、フランチャイズ展開までしてるみたいだし、『おっぱいクッキング』は企画の大勝利のようですw

じゃこって何語でしょう。東京目黒区の乾物屋で「ジャコ下さい」と言ったら通じなかったことがある昭和で言うと五十年代初め。関西じゃそう呼ぶけど漢字で書けば

雑魚とか雑子なんだろう。でも文字を知らない漁民や庶民がいちいち文字知り役人や帰化人に名前つけてもらって呼んだわけでは無いんじゃないか?江戸期の商品化に際して漢字を付けたかもしれないが、食べてたのはずっと以前からだから、じゃ何と呼んでたのか?

もうはじめっからジャコみたいな発音を漁民がしていた。正月にジャコ天を食べる習慣が残ってるっておもしろい。お月見で団子を飾るのも正月のお餅が関西じゃ丸いのも、芋主食時代の名残らしい。芋主食文化・集団がどっかから渡来したなごりだよね。

静岡のヤンモも不思議だ。なんで中国の「楊梅」と同じ発音なのか。って考えると、ヤマモモという言葉自体が後の日本の文化人達の仮名漢字文化による整風だったのじゃないか????

ヤマモモモ植物が生育する中国~日本の九州四国~東海にかけて、それをヤンモと呼ぶ人々がいろんな原因で渡海して来たと考えてみる…じゃ縄文人は何と呼んでいたのか?伝わってないのではないか。縄文人も絶対食べてたはずだが。

イモは中国語ではyu、南洋じゃumとかyamとかで多分同源だろう。縄文人もそう呼んでいたはずだ。

ウマメ/ウバメという樫の実が九州~関西の海岸沿いに生える。大きい実で樫豆腐にもする。これも縄文語ではないか。
ウマメ/ウバメ=(ウムum+アメam)
空から地面に落ちてくるウムumと名付けたのかどうだかw


コメントする

最近のコメント

 
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
  
IMG_2186150.jpg
最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1400円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 200g 1500円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山