メリーさん知らない浜っ子なんていない

| コメント(34)
横浜メリー、という話なんだが、おいらも何度か見てまして、馬車道の有隣堂にいたな。白塗りの高齢ホームレスです。横浜に進駐軍がいた時代で時間が停まっちゃったみたいな存在で、バブルに浮かれる現代日本で異彩を放っていた。Wikiを読むと、詳しく出ている。

 昭和のハマっ子なら誰でも知っていた「ハマのメリーさん」。伊勢佐木町や馬車道あたりでその姿を見かけてはいても、いったいどういう人なのか、詳しく知る人は少なかったようです。いつしか元号は平成から令和に。遠くなりつつある彼女の面影を、港町であらためて追いました。
近づくほど遠ざかる実像
 姿を見かけた人は数え切れない。写真も残っている。だが彼女は一体なんだったのだろうか。実像に迫ろうとするほど遠ざかってしまう。
 全身白ずくめで横浜市の街角に立っていた娼婦(しょうふ)「ハマのメリーさん」である。「ホワイトさん」「白いお化け」「きんきらさん」と呼ばれ、都市伝説にもなった。「西岡雪子」という仮名もあった。

戦後、どこにもいたパンパンの成れの果てです。真っ白のドレスを着ていて、今で言うロリのコスプレだなw

DSC01703_300.jpg 税・送料込み 1440円
<薪炒り番茶KKがホンキで作った上級玄米茶400g>
ふくよかな玄米の炒った香りを愉しむお茶です。食事の際にも、味を邪魔しないのでオススメ。安心安全な無農薬・無施肥の自然米使用。お茶も、標高500m以上限定の自然栽培。数に限りがあります。お早めに。
【朝日新聞】伝説の娼婦、ハマのメリーさんを追う(画像あり)、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
------------------------------
>全身白ずくめで横浜市の街角に立っていた娼婦(しょうふ)「ハマのメリーさん」である。「ホワイトさん」「白いお化け」

白いお化けwwwwww
こんなの街角にいたらタマヒュンだわ
------------------------------
映画見ろよ
かなり実像に迫ってるだろ
------------------------------
横浜メリーだっけ?
川崎にも上映ポスターかなり長く貼ってあった
------------------------------
ウィキによると映画が公開する頃までは生きていて最後は老人ホームにいた
------------------------------
最初はオンリーさんだったけど、その男に捨てられて
そこからパンパンになったらしい
あの白塗りはファンデーションを買う金が無く
コスパのいい役者用の白粉を塗ってたから
------------------------------
横浜駅前の髙島屋とかでもウロウロしてたよ
------------------------------
今あなたの後ろにいるの
------------------------------
↑それは人形のメリーさん
------------------------------
今はタワマンになっちゃった日ノ出町駅前の不二家によく居たらしいね
------------------------------
怖いよう怖いよう
------------------------------
↑子供が見たら泣くやろこれ
------------------------------
↑犬神サーカス団
------------------------------
昭和のハマっ子だけど(とはいっても昭和53年生まれだけどね)、ハマのメリーさんって知らなかった
------------------------------
↑と同世代だけど子供のころメリーさん見た時に親から「人に言っちゃダメ」とさも口外したらメリーさんに連れていかれてしまうかのように言われたから
そういう環境にいたら噂話も耳に入らなかったかも

小学校の同級生はドヤ探検に行ってカツアゲ?されて顔にアザ作ったり
赤線探検しに行って橋から落とされかけたのがいたから
メリーさんのこと友達に話してたらクラスメイトがメリーさん探しに探検しに行ってトラブルに巻き込まれたり
最悪メリーさんをトラブルに巻き込みかねなかったので口外させなかった親の判断は正しかったと思うw

高校ぐらいになって中島らもの小説でメリーさんのことは有名な存在なんだと知ったけど
それまでは本当に他言するのがタブーな存在だと思い込まされていた
------------------------------
伊勢佐木町
馬車道
ロッテリア

メリーさん
------------------------------
俺の地域では白ババアと呼ばれてた。
他地域ではヨコハママリン(メリーでは無く)と呼ぶ連中もいて
何故かちょっとムカついた。www
------------------------------
地元に戻って最期を迎えられたのか
誰かが手配してくれたのかな幸せな最期じゃん
------------------------------
都市伝説リスト

横浜メリー
 昭和の立ちんぼ娼婦
新宿タイガー
 タイガーマスクのお面被ったただの新聞配達員
セーラー服おじさん
  名古屋版(安穂野香)と東京版(小林秀章)があって名古屋のが古い。
キャンディ・ミルキィ
  90年代から活躍する女装者。東京都内に出没。
河原町のジュリー
 ホームレス。1960年代から80年代の東京に出没。
広島太郎
  広島市内の繁華街でたびたび目撃されるホームレス
左足壊死ニキ
 東京のホームレス。その名の通りに左足が壊死してる。ネット時代を代表する都市伝説。
性の喜びおじさん
 面白い電車内の独り言がネットにUPされて話題に。
電車内のトラブルで急死したので活躍したわずか1年ほど。ネット時代を代表する都市伝説。
イワマン
 日本で一番有名な精神病のyoutuber。交通事故により現在はひっそり暮らしてる。ネット時代を代表する都市伝説。
------------------------------
背筋がピンと立ってる頃と写真のようになった頃の二回遭遇した
一回目は夜の路上で嫣然と微笑んで羽根の扇をヒラヒラさせていた
二回目は喫茶店に入ったら隣の席が彼女だった
おれが席に着いたときはトイレにいたらしくて水だけが置いてあった
店員が俺の着席を認識しているのに注文を取りにこないので変だと思ったが
隣がメリーさんでいいの?だったのだろうか
やがてメリーさんが席に戻ってきた
俺はエーーー!と思ったがまあいいかでそのまま動かなかった
店員が俺の注文を取りにこないことに気がついたメリーさんは片手を挙げて店員を呼んでくれた
おれはアイスコーヒーを流し込んで直ぐに店を出た

メリーさんに親切にされたことが俺の数少ない自慢のひとつだww
------------------------------
↑俺も高島屋前で見たことあるけど、
ボケてたわけじゃなくて、普通にコミュニケーション取れる人だったんだね
------------------------------
ドキュメンタリーめっちゃ、めっちゃおもしろい
泣けるし都市伝説に迫るおもしろさもありつつ、日本前後史にもなってる
地上波でやってほしい。ネトフリに復活しないかな
------------------------------
チャブ屋
愚連隊
パンパン

似たようなもんの立川は殆ど写真残ってないんだよな
横浜やら銀座は残ってて羨ましい
昔米兵とパンパンで溢れかえってたなんて信じらんない立川
産婦人科はビル一棟立つぐらい儲かったってさ
------------------------------
90年代に新横浜駅前で見た
存在は後で知った
------------------------------
メリーさん子供の頃から存在を知ってたし街中で見たことあったし、
高校生の頃には学校帰りに横浜市内の某所のベンチに静かに座ってるのを
ほぼ毎日のように見かけたよ
メリーさんのこと知らない浜っ子なんていないと思う
------------------------------
今、生きていたら99歳か
1990年代の半ばまで商売してたらしいけど70歳を超えた高齢者を買う物好きなんていたのかね
------------------------------
何故か都市伝説だと思い込んでたから
本物見たときすごくびっくりした
------------------------------
原宿にいるのはひ孫かなんか?
------------------------------
↑今の原宿にはロリは殆ど居ないぞ、周辺都市でお茶会
------------------------------
浜のメリーさんは何度か見たな、白いお化けは口が悪いだろ、白ロリお婆さんかな
ただコールガルというより立ちん坊、街娼なんだけどな
------------------------------
最後まで貫いたなんてかっこええやろ
老人ホームにいるのをTVで見たけど
可愛い婆ちゃんだったな
------------------------------
30年以上前伊勢佐木町のファーストフード店で
時々見かけたな
------------------------------
メリーさんの事な「はまれぽ」の方が朝日の100倍取材してるだろ。
https://hamarepo.com/
------------------------------
横浜メリーってタイトルで劇場用映画作った連中もいるぞ。
でも出てくるのは、五大夏子とかいうパントマイム風の芸する人と、広岡っていうスポーツ新聞に性風俗記事書いてた爺さん
それに、がんじろうっていうガチのホモ娼夫の末期がん

メリーさんは、このすれの>>1にある写真一枚と、同時期に保護されて岡山県の公費ホームに暮らしていた老女の後姿。

つり文句を散々並べた挙句に本物はついに出てこないっていう手口、なんか覚えがあるぞって思ってたら二三日後にふと思い出した。「ああ、見せ物小屋だああ」

年間1万円会員制の映画館だったのであまり腹は立たなかった。ロードショーで見た人は怒らないのかなとも考えたが、予定調和を期待してる人だけだろうから文句はでないだろうというのが結論。
------------------------------
↑五大路子な、大和田伸也の嫁さん
新横浜田舎エリアの地主
------------------------------
見たことある
横浜の街角に立ってた
寿町?長者町?その辺り
------------------------------
今年42歳になる同い年だが、
小学校受験して電車通学、マリナードを毎日歩いていたから何度も遭遇した
そんな怪しい存在じゃないし、単に老婆のホームレスってだけだよ
夢見すぎ
------------------------------
関西だと河原町のジュリーが有名
この人は従軍者
------------------------------
わしはメリーさんが荷物を預けていたクリーニング屋を知っているが、ゴダイミチコが何度も来た。
------------------------------
そもそも街角に立つのは高級コールガールと言わないと思うがまあいいや
------------------------------
この婆を買う男はいたのか?
------------------------------
↑最後は一回五百円ぐらいだったって
------------------------------
高校生くらいの頃、有隣堂本店のトイレで一度だけ見た。
噂には聞いていたので「かの有名な...!」とわかったけど
本当にびっくりした
------------------------------
いたいたむかし 中学生の頃まで ざきと馬車道を徘徊してたな 35年くらい前かな。その後ぱったり見なくなった老人ホームに行ったとか聞いた
------------------------------

おいらが目撃した頃には完全にホームレスで、夜はビルの裏とかで寝泊まりしていたようだ。馬車道をウロウロしていたので、あの時代の横浜っ子だったらみんな知ってます。

コメント(34)

こういうの何処に書けばいいのか寝?

752便を撃墜したイランの防空担当者は近くを飛行していた米軍機と誤認の可能性
2020.01.13. 櫻井ジャーナル

ウクライナ国際航空752便の撃墜でアメリカ軍の責任がロシアで指摘されている。テヘランのイマム・ホメイニ空港を離陸して数分後、イランのイスラム革命防衛隊が誤って撃ち落としたのだが、その当時、​アメリカ軍の軍用機が数機、近くを飛行(イランのレーダーに誤表示された可能性もある)し、混乱した防空の担当者が旅客機を誤って撃ち落とした可能性があるという分析​だ。その際、ウクライナ機に対してもサイバー攻撃が仕掛けられ、空港へ戻ろうとしたことも考えられる。

https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/202001130000/

>>都市伝説?新宿のタイガーマスク
 ただの目立ちたがりの新聞配達のおっさんだよ。
 一回目見た時は、東口のロータリーで自転車の曲乗りをしていた。
 二回目はデパートの中をラジカセ鳴らしながら歩いていた。

神奈川県民だけど、メリーさんは見た事ないですが、左足壊死ニキとセーラー服おじさん(東京版)は多分複数回見ている。

左足氏は、中央線下りの始発列車(東京発)で一時期複数回遭遇したけど、その車両だけ他の客が居なくなる程の強烈な臭い。
その後、日中も見た事あるけど、電車の中でしか見た事無い。
隣に人が座ってるのを見た事が無いが、込んでる電車だと、そんなに遠くまで臭わない。
よく生きてるもんだと思う。生理学的に。

セーラー服おじさんは昼間の人のイメージで、オイラの遭遇ポイントは新宿駅西口が一番多いかな。
電車の中だと、小田急の急行線。
上級国民御用達の緩行線は基本的に利用しないから、よく知らん。
セーラー服以外の姿も見た事有るけど、やはりセーラー服のイメージが強いかな。
街の雑踏と完全に同化してて、間合いに入った瞬間不意討ちを喰らったかのごとき大いなる衝撃を受けるが、恐らく人畜無害。
電車で座ってるのを見た事が無いです。

>広島太郎
>   広島市内の繁華街でたびたび目撃されるホームレス

https://www.youtube.com/watch?v=6i-ffnbplqk

若い子は凄いな
動画撮って聞きたい事すでに聞いてた。

めりーさんって言うからメリー喜多川が横浜出身なのかと
思ったよ

横浜マリリンとか、白ババアとか言ってたな。
ギョッとするほど白粉が白く、ゾッとしていた記憶がある。

でも、何時でもたくさん紙袋の荷物持ってるんだけど、真っ白な服が何時も清潔。汚れてない。きっとパトロンがいたのだろう。

1990年代の半ばに、横濱の街から姿を消した「ヨコハマメリー」
伊勢佐木町・有隣堂の前で彼女に会えたのは我々世代が最後でしょうか。
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1014112829.html

左足氏を嗅いでみたいw
野生ゆえ強靭なのではないでしょーか。
車移動なのでリストアップされたどなたとも会ったことがありません。

新宿タイガーの登場場所は電車の中じゃなくて街中ですよ。自転車に乗っていたような気がします。

その人は、臭くはなさそうですね。

>全身白ずくめで横浜市の街角に立っていた


自分は約20年前、中華街で全身白尽くめ(白のワンピース)の山口美江さんを間近に目撃して、思わず硬直してしまいますたw

山口美江さんはアンティークショップだか雑貨屋だかをどこかでやってらっしゃって行ったことあります。横浜だったかにゃ。アンティークモールのような場所だった記憶が。

高学歴
自分で選んで  くだらん  リーマンの調教レースを  やめた

5分インタビューで 2000円


ガンガン行ってくれーー

>広島太郎
本人、タニマチって言うけど、
皆進んで「お接待」しに来るわけだろ?
凄いな
ほんまもんの出家者じゃんw

>喫茶店に入ったら隣の席が彼女だった。

・・・・馬車道の老舗レストラン「相生本店」と、末吉町にある喫茶&スナック「イル・シャンテ」は有名デス。実弟さん(既に死去)によると、メリーさんは1921年(大正10年)岡山の農家に長女として生まれる。器量が良くて美人だった(らしい)。父親は彼女が15歳の時に他界、8人兄弟は苦労して育ったとの事。実家が貧しかったので進学は出来なかった。裁縫が得意でハイカラ好きの彼女、国鉄職員と結婚後は軍需工場で勤労奉仕に従事。諸事情で離婚して西宮(兵庫)へ移動、1952年(昭和30年頃?)に横須賀・横浜周辺に流れ着く。(愛人の米軍将校は朝鮮戦争後、帰国して音信不通に)

 1980年代頃より「伝説」の始まる訳デスが、有名になってプライバシーも暴かれたりして、苦労が絶えなかった(らしい)。実家の甥っ子は取材拒否との事。大正時代のモダンな生活に憧れたメリーさん、その実態は「謎」のベールに包んでおく方が良いデスねぇ~。時代が移り過ぎメリケン波止場・伊勢左木町・山手本牧の有名スポットの対の影、大岡川スラム・東洋のカスバと呼ばれた犯罪の巣窟も過去形に。野毛や黄金町も凡庸な町に変貌し、街の強烈な個性は失われてしまいました。現在の横浜の中区は非常に安全で清潔な場所デス。昔の活気を蘇らせるには⇒カジノを誘致。売春婦・893・葬儀屋でハマのウラの歴史を再現、マネーロンダリング(資金洗浄)を横浜の成長戦略とするベキですなぁ~。

【横浜ローザ2019】ヨコハマメリーのコーヒーカップ

https://www.youtube.com/watch?v=8TGHvxGN3Jw

>1996年初演以来、五大路子一人芝居が「横浜ローザ」(杉山義法作、西川信廣演出)。横浜夢座は女優・五大路子を中心に、横浜の市民による「横浜夢座プロジェクト」が企画運営。

メリーさんはバブル期に横浜でよく飲んでた頃、伊勢崎町あたりから関内に歩いて帰る途中でよく見かけましたな。とても小柄でしわくちゃの人形が歩いているようでギョッとして酔いがさめるわけです。

もりへーさんの言っている付近もちょんの間がなくなり、昔のような夜の港町独特の退廃的な雰囲気はすっかりなくなっちまったが、今でも宵の口おねいさんの腰に手を回して歩くオヤジはよく見かける街です。飯食ってちょっと飲んで一発やってくわけです。

そういや日ノ出町駅前のストリップ小屋だが、すぐとなりにマンションが出来ちまって完全に浮き上がってますな。小屋自体は綺麗になったが、かつてのようにニッカボッカのおっちゃんたちが昼間から呑んでる町ではなくなった。横浜はしかし綺麗になったがいけすかないスカシタ奴ばかりがのさばるつまらん街になっちまったんですっかりご無沙汰です。

ということで、かつての横浜の匂いがプンプンする歌。

https://www.youtube.com/watch?v=PoQxb8rpSkk

昔は紅白といえばこれでしたな。


よく分からんけど、時代は「メリーさん知らない。浜っ子なんていない。」って感じになるのかしら?

それはともかく、メリーさんは、オイラとは時代がズレてる感じだらうか。
まあ横浜(関内)には、神奈川県か横浜市に関係する事しない限り、あまり足を踏み入れる機会はないけど。

左足さんは、氏が電車を下車して降りた瞬間臭いがサッと引く感じですね。

本職のアウトドア関係の方は、たまに驚く程の「人物」がいたりしますね。
嘗てどっかでサラリーマンやってた頃、会社と揉めて一時的に札幌駅周辺で徘徊してダンボールを友としてた事が有るのですが、その節は、札幌駅北口の待合室を家にしてたおっちゃんには、話し相手として、そしてアウトドア関係として寝場所と共に最も重要な餌の捕り方を教えて貰ったりと、まあ色々と大変お世話になりました。
今は待合室無くなっちゃったけど、どうしてるんだろ。

東京では、代々木公園で一晩寝てたら雨が降ってきて、アウトドアなおっちゃんにブルーシートを恵んで貰いました。
おしっぽくて何言ってるかサッパリ聴き取れなかったのですが、色々と気にかけてくれた様で、ワンカップも頂きました。
オイラの人生、様々なブルーシートとの出会いと別れがありましたが、未だにあれを超える心暖まるブルーシートには出会った事は無いかも知れません。

メリーさんが晩年ねぐらにしていた福富町のGMビルは、そのまんま残っています。
関内に行った際は聖地巡礼いかがでしょうか。

>福富町のGMビル

ありがとうございます。
保存しておきます。

ザキ4丁目から向こうは、子供だけで遊びに行くの禁止だった関係で
メリーさんは伝説で知ってるだけで見たことはありません。

>馬車道の有隣堂

で見かけた、というのは別のコメントの方のおっしゃる
イセザキモールの有隣堂のことでしょうか?

というのも、うちの父がイセザキ商店街に行くとき
馬車道に行くといってたので、これは誤用ではないと確信しましたが

相生レストランのあった「馬車道」商店街には
有隣堂なんてないじゃないですか。

ハマっ子に限って、みなとみらい線の馬車道駅で降りても
違和感ありまくりで、地理的にも精神的にも最寄駅ではない。

うちの祖父にいたっては野毛の一帯のことを馬車道と呼んでましたが
地理的にかすりもしないけど、誤用ではないのだろうなと想像します。

地図に書いてない、伝統的な了解におけるいわゆる馬車道とは
どんな範囲に分布していたのでしょうね?と懐かしく思い出しました。

北海道でアウトドアって寒そう。笑
そういう自分の利益となにも関係ない、見返りの期待じゃない、優越感に浸るためでもないところの優しさっていいですね。

GMビル、行ってみよ。
横浜は仕事でしばしば行き横浜三塔が大好物です。
キングの塔(神奈川県庁本庁舎)・クイーンの塔(横浜税関)・ジャックの塔(横浜市開港記念会館)。
メリーさんの男はあのあたりのどこかの洋館にお勤めだったのだろうか。メリーさんの頭頂部でつくったおだんごが知り合いの80歳姐さんと似てます。笑 姐さん曰く、小さい女はでかい男につきまとわれるものらしいです。

県庁舎に至っても周辺で「新庁舎はどこですか」と聞いてもみんな「これ」とアンティークなキングの塔を含む旧庁舎を指す、アンティークの息づく街です。(都庁ですら古いと毒づかれる東京ではありえない。)
県庁所在地なのに周辺はレトロな洋風ビルが現役で残り個人経営の味のある飲食店も多い。先日なじみの店を探して県庁の周りを5周してレトロな象の鼻パークまで行ってしまったけれど狐につままれて後であれは合同庁舎の周辺だと思い出しました。合同庁舎も入口が古いです。
潮の匂いがして、湿った風が吹いて、雨が降ってきて、店は見つからず行き場がない、カラフルなネオンが暗いアスファルトに反射してる。

私の横浜のイメージは若い頃の佐野元春です。泣けますよ。
https://www.nicovideo.jp/watch/sm7872768

馬車道にも有隣堂はありましたよ。今はもうないようですが。もう40年以上前、よく行ってました。有隣ファボリと言います。東宝会館の映画館のはす向かい。赤レンガで、外から螺旋階段があるお洒落なビルで、書籍のほかに洗練された小物や画材なんか売ってました。前にベンチがあって、メリーさん座ってましたよ。

昔、横浜地元民達に誘われたカウントダウンは
野毛山公園のジャングルジムで(笑)
野毛山公園は「横浜でカウントダウン」といっていいのかな?笑
そう誘われた記憶しかないのだけれど。
みなとみらいの観覧車を借景にドンペリあけました。
参加者のひとりの肉屋の跡取り(童貞)が「来年こそcaとインターコンチ!」と意味不明に絶叫、ドンペリなければブルーシートと同化しそうな寒い寒い夜でした。これも横浜のおもひでにいれていいのかしら。
wmさんの泣けるブルーシート話に感化されてしまったので、来年こそ買い占めて配り歩こうと思いまふ。というか彼らはどこでブルーシートを調達しているのだらう。ワークマンとか?

ブルーシート・ヨコハマのステキなお話をありがとうございます。
そのままブルーシートに包んで、初日の出を見に行きがてら海に棄ててきちゃえばよかったのに。

そんな訳でブルーシート・ヨコハマのおもひでと言えば、雑工で行ってた海っぺりの現場で、風散養生のブルーシートが海に飛ばされて、海上保安庁に怒られちゃった事があったかなてへ。
怒られたのオイラじゃないから、別にいいけど。
まあ、知り合いに、東京駅日本橋口近辺の新築現場でブルーシート飛ばして新幹線停めた強者なんてのも居ますが。

そこの現場では結構色々あって、オイラが行った数ある現場の中でも4本指に入るであらうクソ現場であった事は間違いない。

口のきき方を知らない左官屋の指示でセメント袋と砂をブルーシート養生の上の指示された場所に運んだ際、嫌がらせで8尺の脚立に上って手が届かない様にセメント袋を壁際に28段積み重ねてその前に脚立が立たない様に砂袋を積んだのは良い想ひ出。
後日、監督が「最近左官屋が言うこと聞く様になった」と歓喜の声をあげていたのだ。

不思議な事に特に事故も暴力沙汰も無く進んだのだが、最後の方に、大穴のクリーニング屋がガラスを拭いてる際、梯子から転落したのを、たまたまガラスの反対側から見ちまった。
急いで近くに居た奴に監督呼びに行かせて急いで掃除屋のところに駆け付けたら、足が変な方向に曲がって、口から赤い泡を吐き出して、間もなくいびきをかき出した。
オイラより先に着いたなんかの職人が、いびきをかき出したのをみて「大丈夫か」と声掛けて身体を揺すろうとしたので、「絶対に揺するな」と怒鳴りつけて勝手に救急車を呼んで、監督のひとりが到着後、救急車呼んだ事と見たことをそのまま伝え、いくつかの質問に答えて、レクチャー終了。後は知らんぷりと言う、恐らくほぼ満点の対応。

その後3日間ぐらいは、完全にやつれた所長が朝礼で「予断を許さない状況報告」である事を伝えてたが、その後は何も言わなくなったので、多分(略)かな。

後日、これから厚労省が見に来るとのお触れが回ってきた際は、監督連中が作業中止を伝えに来たのと共に、沼津から通っていたマレーシア人集団を指さして「こいつらをサッサと隠せ!」と言ってたので、オイラが片言の日本語を駆使して「ワタシ、ドシタライデスカ?」と問いかけたら、「お前はコンビニ行ってエロ本立ち読みしてこい」と怒鳴りつけられた。
ぼくもおおきくなったらこんなりっぱなおとなになりたいdeath。との想いを新たにしたものだが、師の領域に少しは近付く事が出来たであらうか?

その後、床が仕上がってる事故現場の真ん前にブルーシートを敷いて、その上にローリングタワーを組んで、アウトリガーがついてるにも関わらずローリングタワーの四方を人が押さえて、その上で安全帯掛けて腰にラチェットと番線差した「クリーニング屋」が汚い雑巾持ってガラスを拭いてるフリした姿を記念撮影して、押さえる係のひとりはオイラだったのだが、恐らく何処かの役所に、その写真が提出された筈である。

こうしてかっぱ寿司は(違)。

アウトドアなおっちゃん達はどの程度のブルーシートを使っているんですかね?千葉の台風の応急処置ではある程度の強度が保たれているちゃんとしたヤツが必要と聞いて、ブルーシートにもグレードがあると勉強させて頂きました。

家にあるブルーシートはれじゃーシート程度の強度をしていてシートの形状をしていれば良いものなので、西友とヨドバシカメラで購入した格安品です。

まあ、ある程度はご存知かと思われますが、

まず、ロールになってるものと、畳んであるものがありまして、オイラが使う機会は前者が圧倒的に多いですが、一般的に話題に挙がるのは後者と思われますので、後者に関して。

基本的に表記されるのは、広げた際の寸法と#3000とかそんな感じ。

#3000と表示されてれば、2間×3間(ニケンサンケン/3600mm×5400mm)の寸法の場合、重量約3000gと言う意味で!寸法が1×2で#3000であれば約1000gとなります。
一般的に、#の後ろの数字が大きいほど、同じ材質であれば厚手で、数字が大きい(重い)ほど耐久性に優れる傾向があります。
耐久性等の目安は、ググれば出ると思われますので、割愛しますが、#2000以下は基本的に安物で、見せる為の養生目的で、使い捨て前提な感じ。

それ以外にも、外周に鳩目(紐を通す穴)の有無や、防水やUVカットの処理の有無等が有ります。
小さい寸法(0.5×1等)なんかの場合は、鳩目が無い事が多いです。

寸法が同一の場合で比較すれば、やはり値段相応の事が多いです。

オイラが恵んで貰ったブツは、寸法は1間2間で、多分#3000ぐらいです。
包まって眠るならば、2間3間を2つ折りでも良さそうですが、このぐらいの寸法の方が持ち運びも嵩張らなくて良いと思います。
綺麗に畳んで置いてきました。
2間3間は、広げちゃうと畳むのが面倒です。

当時はメリーさんについての情報なんて、横浜市民もみんな知らない人が多かった訳で、
パンパンの成れの果てという認識よりも、

変な人

という感覚だったのが多くの市民の現実じゃないかなwww
俺なんか初めて見たとき、焦って勃起したかもしれんw
有隣堂と蛇の漢方薬屋のあたりで見た記憶があるw

だいたい伊勢佐木町は今よりも一時、寂れてたしねw
青江三奈に聞いてみなwww

わかってんだろけどw

伊勢佐木町

だからなw
間違えんなよなwww

京急の横浜踏切の帷子川のボンボンおじさんも忘れないでwww

ぶw おもしろいですww(完全に他人事w)
ブルーシート・ヨコハマ~♪、これですね。歌おう。
命がかかるぎりぎりの仕事場で起きることって、人間模様とか信頼とは何かとか、おもしろいですね。
海っぺりの斫りとか橋を架けるトビさんとか危険なほど言うことがおもしろい感じ。派手な倒産経験のあるおじさんとか、メリーさんの淵を覗いちゃってる危険な感じとかも。
昨日は深夜まで来客とシラフで現場に出るゆうれい的な話で盛り上がりましたが、六本木ヒルズと国立競技場及び晴海の宿舎がいま熱いとかなんとか。
ブルーシートはうちの内装したときのあまりがロールのまま倉庫に置いてあったことが判明しました。ヤッター(?)

解説ありがとうございます。

千葉の台風の時の応急措置で#3000というのは見掛けましたね
単位面積あたりの重量で強度に比例しそうなので納得です。

>オイラが恵んで貰ったブツは、寸法は1間2間で、多分#3000ぐらいです。

アウトドアのおっちゃんはブルーシートとしては良いものを使っていたんですね。冬の寒さにも多少強そうです。

>千葉の台風の時の応急措置で#3000というのは見掛けましたね
単位面積あたりの重量で強度に比例しそうなので納得です。

施工後の話に関しては、目安としてその傾向です。

施工時に関しては、単位面積当たりの重量で、風に煽られにくさが、番手にほぼ依存します。
ある程度までは、重い方がバタつきにくく作業はやりやすい事であろう事は、5秒考えればご理解頂けるかと。
屋根の上での作業と言う状況では、別の言い方すると、番手が低い方が作業員は危険だとも言えます。
そして更に施工後も役立たずな傾向があるとしたら、「氏んでくれ」と言う結論が導き出される訳です。

>晴海の宿舎

オイラが聞き及んでる限りでは、最低でも5人ゲフンゲフンdeath。
1度ゲフンゲフンして、再びほぼ同じ状況でゲフンゲフンしたのが1+1例。
これは即ち、1度ゲフンゲフンした後、有効な対策が取られずに再開された件が2例ある事を意味します。
監督役所は何してたの?と言う話でもあります。
故に「働きたくない」と言う結論が導き出されます。

とりあえず、生きてる馬鹿の方がよっぽど怖い、と言う見解の方を支持しときます。

>オイラの人生、様々なブルーシートとの出会いと別れがありましたが、未だにあれを超える心暖まるブルーシートには出会った事は無いかも知れません。

ジャップならではの心魂 =fr. 霊性
元々乞食.. 口八丁で今上級=う ポ

いつかは sex@河原

€$掲示板へ▼  しばらく寝るワ..

心暖まるブルーシート‥…じゃあ私のブルーシートでくるくると巻いてあげますね。(何)
個人的にはまずジェラピケの毛布巻いてからがいいと思います。よく眠れるとおもふ。

ガラス拭きさんが梯子から転落したのは、脳梗塞だったかもしれないですね。
晴海だったか国立だったか忘れましたけど、飛びryが続々、とか言ってた感じでしたねえ。せっぱつまってるんですかねえ。まあ、逃げたほーが勝ちですかねえ。
労災だか持病だかわからないよーな案件、素人が70まで働くようになるととーぜん増えるわけで、社会保障はますます間に合わないと思うんですけどね‥‥。適用は渋くなってくんでしょう。
老人が働き続けるには時代と環境がどんどん変わりすぎてて生きづらさになってそうでもあります。
介護ヘルパーさんやるにしても、結構、メンタルやられたり、もちろん腰痛悪化とか脳梗塞系多いんですよね。


意味不明なブルーシートってのも確かに結構ありますね。

>脳梗塞だったかもしれないですね

それ以前に、梯子にひとりで上ってた(誰も押さえてなかった)とか、誰もそこで作業してた事を把握してなかったとか、まあ色々です。
勝手に現場に入ってきて無断で作業始める馬鹿は、稀によくいるし。
なので、決して横からごちゃごちゃ言ってはいけないのです。
下手したら、掃除屋が貰える金も貰えなくなる恐れがあるし。
故にオイラは見てないニダ。

>晴海だったか国立だったか忘れましたけど、飛びryが続々
晴海は、自殺の可能性があるとして処理されて、後に同じ開口部に更にゲフンゲフンでつね。
そこは普通の作業員の移動の動線で、手摺って何ですか?ってな風情だったらしいけど。

>逃げたほーが勝ちですかねえ。

アベトモに会いに行って強姦されましたって話と一緒で、最初から近寄らないのが一番だと思いますが、クソ現場程手軽に稼げると言うのも現実でして。

>適用は渋くなってくんでしょう。

実は渋った分を誰かがガメてるんじゃないかって仮説を立てて、問題にしようと言う向きが一部にいて、オイラのトコにも、恐らく山本太郎の方から来た人が話を聞きに来たんですが、残念ながら恐らくお役には立てなかったです。
だけど、取りっぱぐれてる人は大勢いる。でも、その手の連中は、何かやらかしても庇いきれない様な余計な言動ばかり取る人種だ、と言う様な大まかな傾向と言うか現実は伝えましたが。

コメントする

最近のコメント

tokyobono.jpg

bakaony.jpg

aiaiai.jpg

_DSC41521_210.jpg

IMG_2186150.jpg
最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1400円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 200g 1500円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山