モンゴル風バター茶を作る

| コメント(5)

過去のAsian Life はこちら↑



【多多其木格】モンゴル高原のお嬢さん、遊牧民には欠かせないバター茶を作ります。バター茶というとチベットが有名なんだが、広く遊牧民に共通したポピュラーな存在だ。

遊牧民族の住む海抜の高い草原では茶の木は育たないため、全量を中国から輸入している。遊牧に際して携行するために、可搬性に優れた黒茶を固めた磚茶(団茶)[2][3]を淹れ、固形化したヤクの乳から作られたギー[4]であるヤクバターと岩塩を加え、ドンモ(wikidata)(チベット文字:མདོང་མོ; ワイリー方式:mdong mo)と呼ばれる専用の攪拌器具を使って、脂肪分を分散させて供する。主に女性が行ってきたドンモでの肉体労働を嫌って、ラサなどの都市部では、電動ミキサーを使うこともある。

乾燥した気候で失われがちな水分、脂肪分、熱量と塩分を効率的に補給することができ、暖も取れるため、チベットではよく飲まれている。朝から夜まで少なくとも一日10回ほどは飲まれ、多い人は日に5リットルも飲む場合がある[1]。飲む時に唇に脂肪が付くため、リップクリームのようにひび割れを防ぐ効果もある[5]。チベット人で英国に渡ったリンチェン・ハモは著書『私のチベット』で、バターは油分の多い紅茶用のクリームと同じと書いている。

使うのは磚茶と呼ばれる固まった黒烏龍茶で、雲南省などから運ばれて来る。モンゴルでは、チベットとちょっと作り方が違うようだ。

モンゴル料理で代表的な日常の飲み物である。黒茶の磚茶(たんちゃ 団茶)を削りお茶を煮出し、牛乳やラクダ乳などの乳と塩(モンゴル岩塩)を加え、沸騰させないように加熱し、ひしゃくですくい上げるように撹拌する。好みにより、バター(バター茶になる)や煎った粟が加えられる。

モンゴルでは各家庭でポットに入れ常備する習慣がある。遊牧を行うモンゴル人にとっては、ビタミンの補給源であると言われる。塩味のクリーミーな食感が特徴的で、地方や家庭によって風味や濃度が異なる。

さて、お嬢さん、子牛から横取りした乳を使いますw 塩と乳とバター。「炒米」も入れてますね。飲む用のバター茶はトッピングで浮かせるだけだが、炒った米や粟をたくさん入れれば、そのまま食事にもなります。

コメント(5)

磚茶とか、六堡茶とか、なんか微生物の蠢きを感じる匂いのお茶ですが、不思議にまろやかで飲みやすかった記憶。
あれに搾りたての乳やらヤクバターやらを入れたら臭そうwww(褒め言葉)
寒い国には行きたくないですが、馬乳酒というのを一度は飲んでみたいです。

ん~
ギーなら昨年暇潰しっつーか興味本位で作ってみたがω

本物バターをゆっくり弱火で煮詰めて凝固する不純物を取り除くだけ
黄金色のギーが出来上がり

でも常温で固体化するからなー
造るだけで殆ど満足して、珈琲に入れる以上の使い道がω

此処から醍醐はどうやって作るんやら

お姉さん、顔を加工しすぎかなw

【 インドのバターソルトティーの作り方 / Ladakh Tea 】~インドのラダック名物、塩とバターを使ったラダックティー~

https://www.youtube.com/watch?v=NpSA0HMqXF4

>水+紅茶+牛乳+塩+バター=ラダックティー。

そのうちに主婦はお茶をだし、私達は蒙古旅行には必需品である椀を懐からだしてこれを受ける。
(中略)
茶と共に木箱に入れた炒り粟とバターがだされた。
自分勝手に木箱に入れてある炒り粟を取って椀のお茶につけて、少量のバターを入れて食べると、噛めば噛むほど、香ばしい味がでてきて腹持ちもよく、実にうまい。
うまいからといって余り食べ過ぎると、あとになって粟が胃袋の中でふくれるから腹が裂けそうになる。
「腹八分」とはよくいったもので思わぬ失敗をすることがある。

『内蒙古篇』

西川一三「秘境西域八年の潜行(抄)中公文庫

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山