ベトナム式コーヒーマシン

| コメント(7)

以前の姑娘は↑をクリック



【Jeffrey Lam】このタイプのコーヒー淹れ器というのは初めて見るんだが、なかなか工夫されてて、使いやすそうだ。コンデンスミルク大量に混ぜるのはともかく、穴の空いた金属のフィルターが三段構えになっていて、いっぺんに湯が落ちないようにしてある。限りなくハンドドリップに近い味が期待できそうだが、飲むのはベトナムなので、苦~いロブスタの安コーヒーですw

コメント(7)

ベトナムは行ったことはありませんがアジア風カフェではたまに注文しますとこのスタイルです。300円くらいで器具も売ってますね。
蓋に湯を注ぐのははじめてみました。
どうしても粉が落ちるので高級なコーヒーにはなりません。
粉っぽさとコンデンスミルクがコーヒーのザラトロな舌触りになり、豆臭い安物のコーヒー豆とマッチしてアジアの味、くせになります。

コーヒーに何を求めるか、私には覚醒であり、刺激であり、それは苦味や酸味であったりする、だから私は安いコーヒーが好きだった。
もっとも今は睡眠障害に悩んでおりデカフェしか飲めないw

野次馬さんはベトナムは未踏ですか?
これでバインミーは絶品です。
それとこれの良さはポタポタとドリップされる「時間」。
その「時間」に拘束されるが故のゆったり感。
プラスチック椅子に座って雑踏を眺めながらの一服。
至福です。

あー。バインミー。
鎌倉にひそかに絶品のバインミーやさんがあるんですが近々閉店するんですよね。ベトナムの味が忘れられないではじめたそうです。本家とは何かが違うと言ってましたが何だったかな。パクチーははいってますw
かわりに和裁教室がオープンだそうで個人的には複雑な思い。
650円程度なのに手間暇かけたバインミーでは難しい商売かも。鎌倉の物件て1坪2万↑なんです。
バインミーお好きな方は行ってほしいです。お店の名前が思いだせないけど‥。

コーヒー業界ではまったく知られてないんです。
ベトナムで発明されたマシンのようです。タイでも見なかった。

このオッサン、発音を聞くと西洋人ですね。
声調はほぼ取れてるけど、喉を締める発音があまい。
中国語をわりとこってり学んだあと、ベトナム語表記じゃない教材でベトナム語を学んだっぽいなあ。

ちなみに冒頭で、珈琲の粉をインスタントコーヒーと紹介してます。

ベトナムのコーヒーマシンについては、この動画ではおひとり様用を紹介してますが、市場に行けば、5人用とか10人用のも売ってます。
ステンレス製のやつがおススメです。
これを使い始めると、ペーパードリップには戻れません。
フレンチローストの深い味わいを楽しんだ後は、蓮茶で口直しします。どこの茶店でも蓮茶はサービスです。

最初に蓋に湯を注いで器具をそこに乗せるのは、珈琲の豆をふやかすためです。30秒くらいふやかしてからセットして湯を注ぐと、2分くらいかけて落ちるので、理想的なドリップスタイルになります。しかもペーパーフィルターと違って、脂が吸い取られないので、コクのあるコーヒーになります。

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

_DSC4277_210.jpg
産地は同じながらも、異なる焙煎で仕上げた2種類をセットにしました。今風のサードウェーブと、伝統の炭焼焙煎。どちちらもベースは同じタイ国メチャンタイ村の無農薬、化成肥料不使用コーヒーです。
税・送料込み1400円
2種類のお試しセット100g×2
IMG_2186150.jpg
AAは大きめの豆を選別して、最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1300円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
Aはちょっと小ぶりの豆で、ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 400g 2480円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2010円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1020円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2500円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山