ガリバーは義経だった!

| コメント(12)
ガリバー旅行記の元ネタは日本の御伽草子「かも知れない」という話なんだが、御伽草子というのは誰かの「創作」というより、一般に広く伝わっていた伝承を集めた「記録」なので、御伽草子ではなく、そのまた元のルーツから伝わった可能性もある。この手の「物語」というのは、民族の共通の記憶みたいなもんでオルフェウス伝説とイザナギ神話が「似ている」のではなく、同じ物語なのだ。

英国の作家スウィフトの風刺小説「ガリバー旅行記」(1726年)と、日本の御伽草子「御曹司島渡」「蓬莱山」との共通点を示す概説が、13日刊行の「日本古書通信」で発表される。具体的な作品を挙げて類似性を指摘する発表は初めてで、御伽草子が影響を与えた可能性もあるという。慶応大の石川透教授(国文学)と原田範行教授(英文学)が、異分野の研究成果を統合して新説を導いた。
石川教授によると、「御曹司島渡」は源義経が兵法書を求めてさまざまな島を訪れる物語。小人の島、巨人の島、馬人の島は旅行記と共通する。「蓬莱山」の絵巻には、空中に浮かぶような島や宮殿が表現されている。

御伽草子「御曹司島渡」(個人蔵)に描かれた小人の島

英雄が様々な世界を放浪する、という神話は貴種流離譚と呼ばれたりするんだが、西洋文化の中のヒトであるスウィフトにとっても、不遇の英雄義経が異世界を経巡る、という「御曹司島渡」物語は飲み込みやすかっただろう。そこからオルフェウス的な要素とか、英雄とかいう古代神話的な部分を除いて、異世界そのものに焦点を当てると、なるほどガリバー旅行記だ。

_DSC4028-(2)_300.jpg 税・送料込み 2480円
<三洋食品リエッツナ 3種×3個>

まぐろで作った贅沢ツナパテ『リエッツナ』が新登場!! パンにさっと塗るだけ、いつものパンをもっとおいしく。今回限りの特別価格です。
【文学】スウィフトの小説「ガリバー旅行記」に日本の御伽草子「御曹司島渡」「蓬莱山」が影響か。「小人の島」など共通点、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
------------------------------
ガリバー最後は
ナンガサキに来てそこからイェドの皇帝のとこまで行くからな
------------------------------
あらゆる世界の神話や物語に共通する原型があるみたいな話ってもう数十年前から言われてる話だと思うが
いまさらこんな共通集合探しで研究費貰って生活できるくらい
文学部ってアホしかいないからヌルいんだな
------------------------------
↑おまえスウィフトがイギリスの神話時代の人物だと思ってるのか
------------------------------
ラピュタだろ
------------------------------
元々のおとぎ話が
20万年前にアフリカを出た人類が、昼間は旅をして、
夜は火を囲んで食事をしながら老人が寝付きの悪い子供たちに語って聞かせたお話が基本なんだから
世界中のおとぎ話がみんな似通ってくるのはそのため
------------------------------
小人の国編しか知らない人は多い
------------------------------
Aという未出の物語

→ガリバー

→蓬莱山

って可能性もあるからな
------------------------------
このガリバー旅行記って結構嫌な話も多いのよな
------------------------------
↑そもそも風刺小説だしな。
結構命懸けで出版してる。
------------------------------
興味深いな、細部が似てたら、スウィフトがなんらかの形で義経記を知っていた可能性が出てくる。
義経がモンゴルに渡る話はアイヌにも信仰されていた。蓬莱山、何年か前に中国を舞台にした
アニメでもあったな。あれの原作か。
------------------------------
スウィフトと言えば「貧乏人は貧乏人を喰え」だな
正に真理
------------------------------
↑貧乏人が育てた子供を金持ちが買って食うことで貧困対策や虐待防止になる、
という趣旨じゃなかったっけ。
青空文庫で読める、えらく長いタイトルのやつ。
『アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案』
------------------------------
ガリバー旅行記と日本は無関係
作者が日本の昔話を知ってるわけがない
------------------------------
↑ガリバーには日本も登場するんだぞ
強力な国で、異教徒でありながらキリスト教国のどっか(オランダだかフランスだか忘れた)より余程良い人って扱いで
------------------------------
ロンドンから出航しては難破して変な国に漂着してやっとこ帰ってくるという話の繰返し
回が進むごとに漂着する国がドンドンおかしな国になっていって、しまいには
極めつきの変な国ジャパンに漂着して江戸まで行っちゃいましたとか、知日派作家ですね
------------------------------
『朝夷巡島記(あさひなしまめぐりのき)』ではないのだな。
地理的に離れた場所の2つの物語が似てる、という指摘から
物語の伝達経路や共通祖先の発見につながる場合もあるだろうからまるっきり無駄な研究とは言わないけど。
------------------------------
オルフェウスの物語はいざなぎ神話のパクリ
------------------------------
そもそもガリバー旅行記は、日本も出てくるんだから
作者は明確に日本を知ってる
こじつけとはレベルが違う
------------------------------
出版した時期が江戸時代の吉宗将軍の頃なので、ガリバーが暴れん坊将軍と邂逅してても時系列的におかしくはない。
日本に来た事は、しっかり明記してあるからね。
------------------------------
それなのにガリバー旅行記は世界中の人が知っていて
御曹司島渡は日本人さえ知らないという
------------------------------
wiki
>室町時代の御伽草子。作者、成立年不詳。藤原秀衡より、北の国の都に「かねひら大王」が住み、「大日の法」と称する兵法書があることを聞いた、頼朝挙兵以前の青年時代の御曹子義経は、蝦夷(えぞ)の千島喜見城に鬼の大王に会う事を決意する。四国土佐の湊から船出して喜見城の内裏へ向かう。途中、「馬人」(うまびと)の住む「王せん島」、裸の者ばかりの「裸島」、女ばかりが住む「女護(にようご)の島」、背丈が扇ほどの者が住む「小さ子の島」などを経めぐった後、「蝦夷が島」(北海道)に至り、内裏に赴いて大王に会う。 そこへ行くまでに様々な怪異体験をするが最後には大王の娘と結婚し、兵法書を書き写し手にいれるが天女(大王の娘)は死んでしまう。

この間明治初頭のアイヌの風俗を描いた本を読んだが、其の中ではアイヌは義経を信仰していて、神棚みたいなものがあって、毎晩食事のときなどに祈るのだそうだ。上にも蝦夷の王との関係が出てくるから、ひょっとしたらアイヌに伝わっていた、義経伝説を書き写したものかもしれないな。
アイヌの神話。それがどういう経路か知らないが、18世紀のスィフトの聞き知るところになり、創作のインスピレーションになった可能性はある。幕末からシーボルトやアーネスト・サトーもアイヌを熱心に調べていたからね。年代的に書かれたのはその100年ほど前だが、なんらかの形でスウィフトが知っていた可能性はある。
オランダ人たちも日本事情はずいぶん調べていたからね。戦国時代の宣教師の通信とかにあるのかもしれない。
ガリバーが最期に長崎に来て、将軍に会うというのも偶然とは思えないね。
------------------------------
↑地元にアイヌの集落跡があるんだけど、そこに義経が立ち寄ったという碑が立っているな。アイヌと義経伝説の影響は渡党に関係があるかも
------------------------------
百合若大将はゆりしーず
------------------------------
ガリバーの行った国

リリパット...小人の国
ブロブディンナグ...巨人の国
ラピュータ...天空の島
バルニバービ...ラピュータに搾取される地上の国
ラグナグ...魔法使いの国
グラブダブドリッブ...不死の国
日本...オランダ人が踏み絵をする国
フウイヌム...知的な馬フウイヌムと野蛮な人間ヤフーの国

日本を入れたのは、キリスト教徒のオランダ人が貿易のために踏み絵を受け入れていることを批判するためといわれてる
------------------------------
wikiによると、ガリバー旅行記には、観音崎、長崎、江戸、将軍、踏み絵なども出てくるみたいだから、少なくともスウィフトや当時の人たちは、ポルトガル人やオランダ人が書いた日本風土紀行をけっこう読んでいたとわかる。其の中にアイヌの義経信仰、伝説を記したものがあったとしても不思議ではない。
------------------------------
日本人はアイヌにほとんと興味をもたなかったが、西洋人は白人の古型ではないかとアイヌに強い興味をもっていた。日本のアイヌ研究はそれに刺激された形。
アイヌの義経ジンギスカン伝説は、日本だけでなく、中国清朝、元朝にも伝わっていたし、ロシアにはアイヌはいたから、ロシア経由で伝わったという可能性もある。
かなり題材が似ているから、偶然とはいいにくいと思うね、細部が一致してたりすると、決定的だが。日本も登場してるわけだし。
その慶応の先生たちがアイヌ伝説のことまで知ってるかどうかはわからないが。
------------------------------
アルプスの少女ハイジの古型が、バイエルンで見つかった例もあるし、題材の伝播はそう珍しいことではないよ。
ちなみにスウィフトって神学博士で、国教会の司祭だったんだね。知らなかった。
------------------------------
児童文学として巨人編と小人編が編集発刊されたから、それ以外の話はまったく知られていないw
長崎のは踏み絵はかなり知られていたようで寄港という形で日本は少し出てくるw
------------------------------
スウィフトは神学者で司祭だったから、ラテン語もできるし、イエズス会のポルトガル人たちの通信文とか、その後のオランダ文書にもアクセスしようと思えばできた立場にある。
------------------------------
これ子供の頃に読んだ事が有るぞ!?
と思って調べたら小学館版・少年少女世界の文学(1966)・第45巻日本編1御伽草子の中に入っていた。
妙にリアルな馬頭人の挿絵が今でも目に浮かぶ。
太鼓か鼓を常に首から下げていて、転ぶと自分で起き上がれないから叩いて周囲の人(もちろん首から上は馬)
に知らせて助けて貰うという設定...ひょっとしてこれがヤフーの原型か?
------------------------------
ガリバーは義経だった!
------------------------------
ラピュタはあったんだ
------------------------------
ガリバー旅行記でガリバーが訪れた国で唯一実在するのが日本だからね。
------------------------------
ヤフー知恵袋に興味ぶかい既述がありました。
オリジナルのサイトはリンク切れなのですが、スウィフトがケンペルの日本記を読み、日本人とアイヌの関係を知って、馬の国の逸話を思いついたのではと推察しているとのことです。
------------------------------
ケンペルは1690年に日本に来たドイツ人医師ですが、その日本誌の草稿や持ち帰った多くの資料などはイギリスにありました。のち大英博物館所蔵。日本誌の中には、ロシアから漂流して北海道にたどり着いた数人の船員などからも聞き書きがあるということです。そこにアイヌの義経伝説、神話が含まれていても不思議ではないですね。
------------------------------
検索してるうちに、興味深い英書が。
スウィフトとケンペル、アイヌ、中国などのことが触れられています。慶応の先生はこのあたりの研究からぱくったのかもしれませんね。このあたりのことはすでに英国でも知られているようです。
ちなみに、ガリバーの旅は最後をのぞくとすべて太平洋とされています。つまり架空のアジア人なのです。

Enlightenment Orientalism: Resisting the Rise of the Novel
前表紙
Srinivas Aravamudan
University of Chicago Press, 2012 - 342 ページ

Ohters have seen the Yahoos as a version of the Yedzo or the Ainu, the supposedly hairy indigenes described in early European ethnographics of the Japanese island of Hokkaido. The Yahoos might also be equivalents of the Spartan helots, and the Houyhnhms's occasionally murderous behavior toward them is reminiscent of the historical massacres of the helots by the krupteia, the Spartan secret police.
------------------------------
スウィフトはフリーメイソン(ヤフェトメーソン)の会員で日本の事はよく知っているよ。
モーツアルトは魔笛でフリーメイソンの奥義を公開して殺された。
魔笛の主人公は日本の王子(皇太子)
日本の天皇はフリーメイソン(セムメーソン)の長でありダビデ王直系。
------------------------------
巨人の国でトイレに忍び込んで巨人が脱糞してるとこ覗き見するんだよね
------------------------------
こちらはガリバー旅行記と和装兵衛の関係を論じた1879年の論文

Chamberlain, B.H. "Wasobyoe, the japanese Gulliver" Transaction of the Asiatic
Society of Japan, Vol. VII Part IV (1879)

和装兵衛とは
>談義本。4巻。遊谷子作。安永3年(1774)刊。長崎の商人四海屋荘兵衛が漂流し、不老不死国をはじめ、女護?(にょご)?が島や大人国・小人国などを遍歴して日本へ帰るまでを描く。
同8年、沢井某作「和荘兵衛後編」4巻刊行。
------------------------------

御伽草子というのは400編あるそうだが、その中には「異世界・異郷物語」と呼ばれるジャンルの作品が多数あって、

中国や天竺など外国や、想像上の異郷・異界を舞台にした作品群。幻想的な物語や、仏教色が濃厚な作品も多い。例:梵天国・愛宕地蔵物語

まぁ、イマドキのライトノベルみたいなもんですw こういうのはクリエイティブなストーリーというより民衆の持つ集団的無意識によって共通のパターンへと集約されて行くわけで、いわゆる「創作」ではない。ところで「和装兵衛」ではなく「和荘兵衛なんだが、長崎の貿易商四海屋和荘兵衛が漂流し、不死国・自在国・大人国・長足国など奇異な国々を遍歴する話。だそうで、まぁ、滑稽本なので、落語みたいなお気楽な本です。落語といえば「女護島」という上方落語があったな。

■ん、こらなぁ『万国人間の図』といぅてな、あっちこっち広ぉ~い世界の人間がこれへさして集めて描いたぁんねん
●ほぉ~ッ、人間のいろいろが描いてまんのん? あ~、真っ黒けのんがいてまんなぁ
■こら、南のほぉ行くとこぉいぅのんがいてるそぉな。
●あさよか。うわぁ~、えらい何や小っちゃいのん、虫みたいな人間がいてまんねんなぁ
■あぁ、こら「小人国」といぅなぁ
●「しょ~じん国」しょ~じん国ちゅうたら何ですか、あの魚食わん国でっか?
■いや、そら精進や。
こら小人、つまりこのコビトの島やなぁ。
●あぁ、コビトの国ですか、へぇ~。その横にまた、大きぃのんがいてまんがな
■ん、こら「大人国(たいじんこく)」といぅねや
●へぇ~、大人国ねぇ。お腹の真ん中に穴開いた人間がいてまんなぁ
■こら「穴開国(あなあきこく)」ちゅうてな、ここへ棒通して担いで歩くねやそぉな。
●ケッタイな人間でんなぁ。ほぉ~、いろんなんがいてまんねんなぁ、手ぇの長いのんがいてまんなぁ、そら盗人の国でっか?
■盗人の国やない、こら「手長国(てながこく)」といぅねん
●ほぉ~、足の長いのん?
■こら「足長国(あしながこく)」や
●へぇ~、そんなんがおまんのんかいな......

極東の人々の持つ「物語」として、そういう漠然とした異世界物語というのがあった。スウィフトはなんで女護島をパクらなかったのかw まぁ、それも西洋文明ではアマゾネス伝説というのがあるんだがw

コメント(12)

Are You Gifted ?

御別れの呑み會にて米國籍の白人牧師に問はれたことである。
「貴國では討論の授業があるか否か(貴君は討論の技術に秀でてゐる)」などとも問はれた氣もするが、倭國では個性や才能を潰すことを以て「教育」と稱してゐる等と答へたまでは記憶を有してゐる。

ヨシツネてアニキに無断で偉くなろうとしてコロされたアフォだろw
損なヤツよりアニキの<島流し・コワイ嫁鳥・・・・・・落馬?でオッチヌ>の波乱晩冗ジンセイをなぞっ譚じゃ?ww
なんでヨシツネ人気かと問うとジャポン人はキホン的に<負け犬根性>にゃんだろねwww
<ミンス盗興亡奇>なんてのも30寝ん娯くらいからウケるの禍喪wwww

これは、近代国家形成以降、歴史というものが国家ありきの垂直的に書かれてきたことの弊害なんですね。ようやく水平的な、横の歴史、神話や伝承を含めた、が検証される時代になってきました。宗教にしても今のように枠組みがかっちりとしたものではなく、同じクランの中に別の信仰を持つものもいただろうし、まぁ大陸の宗教はどれもシンクレティズムの結果です。

ナスルディーンの説話など、ソクラテスやイエス、老子から吉四六さんや一休さんの説話などと共通したものを感じます。

>オルフェウス伝説とイザナギ神話

これはナルド神話、中央アジア起源のようです。

これよく書かれていますよ。
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000210943

>『アイルランドにおける貧民の子女が、その両親ならびに国家にとっての重荷となることを防止し、かつ社会に対して有用ならしめんとする方法についての私案』
いわゆる『穏健なる提案』ですな。
ガリバー旅行記に充満するスイフトの厭世観が、ここで炸裂している。
人間を踏みにじるという形で間接的に人間を食い殺すのであれば、むしろ直接食ったほうが無駄がないわけだ。
一度読んでおいたほうが良いと思う。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000912/card4268.html

ちなみに以前、俺なりの「穏健なる提案(もしくは原発被災者問題の最終的解決)」という文章を書いたんだが、
http://eeldog.blog12.fc2.com/blog-entry-836.html
赤松利市『藻屑蟹』を手にしたら、読む手が止まらなくなった
http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198944476
あまり地元に帰っていなかったので、いろんなことがあるだろうとは思っていたが、妙なリアリティがあるように感じた。これも読むといいと思う。

>貧乏人が育てた子供を金持ちが買って食うことで貧困対策や虐待防止になる


これって今ユダ菌ディープステートカバール一味がやってる事じゃんwwwwwwwwwwwwwwwwww ジンニク食い過ぎて手が震えてるヒラリーwwwwwwwwwwwwwwwwww エプスタインwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww ジャップでもプチエンジェル事件ってあったし上級国民も生き血を吸ってるんだろう、大クンニとか妖怪化してるしwwwwwwwwwwwwwwwwwww とりあえずクソアベを処刑しようwwwwwwwwwwwwwwww

トンキンKO大のバカ学者がまたウリナラマンセーの与太学説ですかい。
下らん。

別にユングの集合無意識説を持ち出さなくても、すべての人類が共通祖先をもつことは分かってるんで細かい人種部族に分かれながらもコアになる説話が共通していても不思議はないですな。

その説話は元は非常にシンプルで「王の息子がいなくなったが、帰ってきた。」「女だけの村がある」「小人が住む場所がある」とかそういうやつです。
こういう話はかつては語り部・グリオットが何百世代にもわたって語り継いできた歴史でもありあるいは遠い昔に本当にあったことかもしれない。そして人類の歴史というものはたびたび繰り返すのですな。

そこにわずかな共通点を見つけてわれらこそが中心だ、起源だという自己中心思考回路が馬鹿にされるわけですな。そういう意味ではトンキンと朝鮮はよく似ている。

ところで落語は古典からの引用はたくさんあって江戸時代の字の読めない庶民は、噺というかたちで古い話に接したんですな。もともと歌舞伎も含めて大衆芸能には啓蒙の側面もある。
こちらは原典はもう形骸をとどめてないくらいに換骨奪胎されているがやはりその痕跡はあちこちにあってまあ当然のことでもあります。


バカなのでガリバー旅行記に日本が出てくるなんて知らなんだ。まあ一生読むこともないだろうけれど。

義経伝説が出島遊女の寝物語とかでオランダに伝わったとして、それをスゥイフトが知るには、17世紀から18世紀にかけて、オランダ語なり英語での義経伝説の記録がなければならない。それが発見されたら決着が付くね。

出島遊女は幕府のくのいちみたいなモンだったろうから、どんな会話がされ、どんな情報が収集されたのか、こちらの方は絶対に記録があるだろうから、研究もされているんだろうなぁ、まあそんなことに興味を持つ時間はないけどな

>三木谷浩史・楽天社長はどんな気分だろうか。まさか、あの安倍首相が、その忠臣、萩生田光一・文部科学大臣が、かくもたやすく、大学入試の英語試験改革から退却するとは思わなかったに違いない。
>信頼する側近、萩生田大臣が「このまま強行したら問題が拡大する」と泣きついてきたため、退却に同意したとみられる。

https://www.mag2.com/p/news/423310

晋三とその子分には保身しかない(´・ω・`)

義経は
「どんな手使っても勝てばいいんだよ」
って人で
闇討ち不意打ち当たり前、「馬は貴重品だから殺さない」
「水上戦で船頭は殺さない」っていう暗黙のルールも無視しまくり
常に恨みを買いまくる戦いばかりやってたから
天下を平定した後は邪魔な存在になってしまったんだよな

ガリバーの話を知らない幼児だって巨人の夢を見る。目をむいた巨人から逃げる夢なのか、自分が巨人で小人を踏み潰す夢なのか。洋の東西を問わず人間の遺伝子に組み込まれた恐怖の現れにすぎんだろ。どっちが元祖とか、本家とか、起源とか、チョーセン人みたいなこと言うなよw

>ガリバー旅行記
 
『Do Gulliver’s travels represent, on some level, the “wandering Jew” — “devoted to God” — facing danger among “yahoos”, when he is exiled from the Promised Land?』
AUG 14, 2015
( blogs.timesofisrael.com/gullivers-travels-decoded/ )
(「ガリバー旅行記」言うたら、言うなれば、約束の地を追い出されたユダヤ人がヤフー達によって危険な目にあう、「彷徨えるユダヤ人」とか「神に捧げる」の話のようなもんちゃうんか?)
 
>オルフェウス
 
『[Arthaus 100402] OFFENBACH: Orphee aux enfers』
( www.youtube.com/watch?v=JL9p20loMJ0 )


『ジャック・オッフェンバックは1819年、ユダヤ系の音楽家の息子としてプロイセン王国のラインラント州ケルンに生まれ、』
( ja.wikipedia.org/wiki/ジャック・オッフェンバック#生涯 )

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

_DSC4277_210.jpg
産地は同じながらも、異なる焙煎で仕上げた2種類をセットにしました。今風のサードウェーブと、伝統の炭焼焙煎。どちちらもベースは同じタイ国メチャンタイ村の無農薬、化成肥料不使用コーヒーです。
税・送料込み1400円
2種類のお試しセット100g×2
IMG_2186150.jpg
AAは大きめの豆を選別して、最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1300円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
Aはちょっと小ぶりの豆で、ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 400g 2480円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2010円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1020円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2500円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山