野鼠の炙り

| コメント(11)

以前の姑娘は↑をクリック



【Khói Lam Chiều】華南から東南アジアにかけては、豊かな自然があって、あまり考えなくても呑気に暮らせる地域なんですね。しかも生産性の高い水稲栽培で、大量の人口を抱えられる。主に植物性のモノを食べる。たまにニワトリ、年に一度か二度くらいは豚。魚は淡水魚になるが、そんなには食べない。もっとも、ベジタリアンではないので、食べられりゃ何でも食べるわけです。昔、日本政府の開発援助でタイの農村に農薬工場を作って、農薬を使うようになったら、農民から猛烈なクレームがついたそうで、それまで農民は餅米を炊いてカゴに入れて、弁当としてそれだけ持って野良に出ていたんだが、農薬を使うようになってからは、殺虫剤で虫がいなくなり、それまで現場で捕まえて食べていたタガメとかカエルとかヘビまで採れなくなって、「オラのオカズをどうしてくれる!」というわけだ。食べられりゃ何でも食べる。多様な生態系。それがアジアです。

で、野鼠です。たんぼの畦に巣食った野鼠の巣を一網打尽、開きにして蒸し焼きw 野蛮なようだが、逞しくもある。こんな綺麗なお姉さんに料理して貰ったらネズミも美味しそうだw 壺に炭を入れ、蓋をしてジンワリと炙り焼きです。下味を付けた野鼠の開きは、カリッと仕上がってテロテロと光ってます。

コメント(11)

此れカレー味にすると旨いらしい寝

女のスリットがかなり良いです。
なんであそこ迄スリット入ってるのか!
上着も薄着でブラが透けてる!

ネズミとかどうでもいいです。

整形美人は どこにいても  浮いている


どこの世界でも  浮いている


整形しすぎると 風船おばさんになる

美人ほど もっと もっと と 藪医者に貢いで 人生を狂わされます。

それにしても 医学部出て なんで恥も無く  ボトックス注射でも受けられるんだよね  ほんとうに 医者という人種は  悪魔教

ガキの頃、近所にあった焼き芋屋は大きな瓶の縁にS字型の針金で芋をずらりとぶら下げてたなァ。
買いに行くと爺さんが軍手をして、芋を触って焼け具合を確かめて、新聞紙にくるんでくれた。
まだ小さかった妹連れてよく買いに行ったもんだw

焼き芋を 買うて 妹との家路かな www

女性の上着のスリットが深いのは、放熱のためであるのと、妊娠してもそのまま着られるからではないですかね。

お姉さんが野菜を洗ってるころには、すっかり食材に化けている野鼠ですが、メコンデルタのやつはデカいですね。
クマネズミかと思うほどです。
あれの下拵えは誰がやったのか気になるところです。

レモングラスとかニンニクをこれでもかと刻んで、果ては五香粉まで塗しているので、それなりに臭気がある肉でしょう。
焙りの途中で蜂蜜を塗り込んだので、テカテカに仕上がってます。
子供にも食べさせているけど、これ犬肉や孵化しかけの家禽卵並みに精力アップの効用がある食材ですよね。
付け合わせに、性欲を冷ますタデ科植物も出してます。
お兄さん(というか、父母どちらかの弟さんっぽい)は、お父さんと交代で一杯飲りながら、美人を前にして、ゲテモノ食べてる状況に、照れてニヤケちゃってます。

お姉さんがいつもより憮然とした表情で、おそらくはこのヨッパライに既に冷やかされてると思います(笑)。

このお姉さんがどこの国の人なのかすっかり忘れたんですけれども、ぐぐってみたらアオザイがタイトになったのは1960年代でこのために女性がブラをするようになったのだとか。やっぱり男性の目を意識してのファッションなのかな。

このお姉さんが着ているのは短衣で、アオババとかアオガンと呼ばれ、昔からの農婦の日常着です。
一方、ベトナムのアイコンとなっている長衣のアオザイは、ベトナム中部に朝廷があった頃の宮廷女官服で、後に広く女性の礼服となっているようです。
そのアオザイにダーツが入り、ウエストを強調するようになったのは、フランス統治以降のことだと聞きました。

ベトナムにはイェムという胸当てがあり、伝統的な下着として昔から胸をキッチリ抑え込む文化でした。
60年代のブラというのは、おそらくベトナム戦争当時にアメリカが南部に持ち込んだものではないでしょうか。

アオザイの革新者~悲劇のグエン・カット・トゥオン
https://note.mu/tniizuma/n/n5201e9865b3a

これによると、いまのエロいアオザイが誕生したのは1930年代、ハノイ発、だそうですね、ま、色々起源があっても不思議はないです


コルビュジエの協働者シャルロットペリアンが戦争中ハノイで出産した前後の珍しいアオザイ

姿の写真を見た遠い記憶があったのでネットで調べまわったけど残念ながら発見できず/笑。

複雑な背景があるらしいアオザイの革新者グエンカットトゥオンの話かなり面白かったです

イェムでぐぐりますと赤い金太郎スタイルかもしくは蓮池でずぶ濡れになってるヘンな写真ばかりヒットするんですが、これは胸を押さえる働きは期待薄と思われますがもうちょっと何か綿入りの下着でもあるのでしょうか。
そうしますと暑いですかねえ。
日本ですとなんといっても晒しです。ぐるぐる巻にいたします。今ですとナベシャツも良いらしいですw
でも明治の頃はみんな帯に垂れた胸を乗せて着ていたようです。

Ao Yem viet nam でググると、いや眼福でつな

https://www.google.com/search?q=Ao+Yem+viet+nam&newwindow=1&sxsrf=ACYBGNStTJ94PUnNjXysHjU17YLm7e6LUw:1572696499911&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwj-xN2Bv8vlAhVPfd4KHXprCFYQ_AUIEigB&biw=1357&bih=599

ベトナムのあのエロい女性下着の名を初めて知りました、いや、寝下痢は勉強になるなぁ

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山