秋だけど新茶です

| コメント(7)
DSC01944.jpg

イマドキ新茶?と笑われそうなんだが、実は本当の意味での新茶の季節というのはいま頃なんですね。徳川将軍は、春から夏までは宇治のお茶を飲んでいるんだが、夏を越すと美味しくなくなるので、静岡のお茶に切り替える。静岡の山のお茶は収穫も遅いが、冷涼な山で保存するので夏すぎても美味しく飲める。夏を越して熟成された山のお茶はしっとり落ち着いた味で、秋の愉しみです。今回のスペックは、本年度産一番茶、産地は本川根徳山、ヤブキタ種、完全無農薬無施肥の自然栽培、標高300m以上となります。秋も深まるにつれ、温かい日本茶が恋しくなる季節です。

DSC01944_300.jpg 税・送料込み 1280円
<自然栽培 煎茶 本川根産 100g>
夏を越して熟成された山のお茶です。これが古くから伝わる本来の静岡茶です。数に限りがあるのでお早めに。リーフのみの取り扱いとなります。

コメント(7)

中村羊一郎さんの「番茶と庶民喫茶史」を読んで、日本各地からアジアの辺境まで、あまりに多様で生活に密着しまくったお茶の世界にビックリしてます。この本、この手の研究書では決定版ではないでしょうか。

茶道をやってる知り合いがいるんですが、そいつに「お茶は原点に返って民衆の中に戻れ。君は異端の茶人として全国を放浪して民衆の魂に学び、硬直した茶道界を革新しろ。“ナロードニキ茶”だ!」とたきつけることにします。

お茶の世界では口切りの茶事などがあって、今の季節が新茶の時期ですね。春の新茶を尊ぶようになったのは最近の事かとおもいます。野次馬さんのところでも抹茶作りませんか?いい抹茶ならそれなりに高くても買う人はいますので。

昔は口切り茶事まで前年のもう茶色くなったまずい茶を飲むしかなく、青い新茶を開ける楽しみは格別だっただろうと聞きます。
茶道は江戸に花開いた文化ゆえ陰陽五行の思想に強く縛られた様式美です。
お茶室にもお道具にも陰陽五行の意味が込められています。
炉開きを亥の月の亥の日に行い、亥の子餅を食べ、猿にちなんだお道具が使われるのは、どれも火を鎮める意味合いがあるのだそうですが、現代人は亥に意味を持たないし、なぜ猿と言えば括るのか、見ざる言わざるとなるのか、習いません。
陰陽五行というと私は四柱推命程度の知識しかなかったのですが、座学を受けていますとスケールの大きさを感じます。現代は合理性を選択しました。しかし必要としているのは大きな思想の枠組みだと気付きます。

>必要としているのは大きな思想の枠組みだと気付きます。

なるほど 武士道が消失されて此の方 日本にはコレと言った思想
乃至は普遍性を帯びた明確な道徳規範的サムシング ってものが確率されない
まま 脱亜入欧 軍備増強 経済成長 一点張りで 物心の内の「物」のみ
を追求してきたように思われるのだが もちろん各方面に於いて異論・
反論はございましょう  我思うに島国の故なのかどうかは 分からぬが
つうか 島国であればこそ普通は 独自の 他文化圏とは切り離された 
ジェネラル(思想宗教その他諸々)文化が育まれて然るべきとこなんだが
日本ってのは 何故か 海外の文化に 追従したり 感化されたりと
忙しく 落ち着きのないのは どうしてなのだろうか と訝しく思う
次第ではあります
道徳規範に至っては ある者は 老荘思想が最良だと言う一方で 片や
基督教が良い との意見もある 更に細分化され やれカソリックだプロテスタント
だのと喧しく論争される事もあり マコト忙しい国だことww

そう遠くない過去に 普遍性がある と個人的に考える武士道とか
仏教基督教ハイブリッドを提唱した空海上人の教えとか ひたすら
どん底へ向けて落ちてゆく日本社会にあって 見つめ直して再考する
ような気運が高まることに 期待したい 茶道が様式美に固執するのみ
で陳腐化せずに 古き良き精神勃興 日本的ルネッサンスの一助となる事を
望んで止みません

> 中村羊一郎さんの「番茶と庶民喫茶史」
面白そうですねぇ、近くの図書館にあるなあ、まだ「気違い部落」が終っていないんだが、早々に切り上げてこちらにチャレンジするかなぁ。
最近、本を公共図書館で借りて、スマホでキャプチャして、Google Play Books に上げて、風呂でスマホで読む、ということを覚えてから、紙の書籍を久々に読むようになったんだが、Webの上にまだない?価値ある情報というのが残念ながらあるのはとても残念、アカデミシャンは皆Webパブリッシュして欲しいと思う。大体今時全文検索できない著作物なんて意味ないじゃん。

とはいえ、こういう価値ある書籍の紹介は有り難いです、とても助かります。

>どん底へ向けて落ちてゆく日本社会にあって 見つめ直して再考する
ような気運

どん底も悪くないと思うのは、おっしゃるとおりだと思うからです。
おこさまおまごさままでいらっしゃる未来を案じる心をお察しします。

大きな思想の枠組とかいうと結局は宗教のことになるのですけれども、経済も政治も宗教だとわかってしまった現代、もうひとつ次元を大きく捉える試みは必ずはじまるはずだと信じています。

薔薇を贈るとき、そこに人は必ず意味をやりとりします。
薔薇に愛を見ることは本能でも普遍性でもないけれども、宗教でもありません。人は合理的ではなかったとしても決して意味を手放さないだろうと思っています。アスペはどーするのかという問題はありますがまあいいか。

「静岡産アンズタケ」取り扱ってませんか?
150ベクレルもの希望
フグより怖い「アンズタケ」

コメントする

最近のコメント

 
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
  
IMG_2186150.jpg
最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1400円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 200g 1500円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山