酒呑みリーさんの桃酒

| コメント(9)

以前の姑娘は↑をクリック



酒鬼小莉 Drunkard Lee】桃酒を作ってます。この家では1トン近くの桃が穫れるらしい。実を切って、砂糖とともに漬け込んでいます。大きな壺に、15kgの桃、それに被せる程度の砂糖と、層を積んで行く。ひとつの壺で150kgくらい桃の切り身、重さで1/4くらいの砂糖です。一週間経ったらかきまわし、発酵してブツブツ泡を吹いてますね。そして「紅酒曲」というのを5パーセント加えるというんだが、英語表示では「RedWine」。何だ? コレ? 赤米のように見えるんだが、米麹かも知れない。密閉して三ヶ月以上。醸造酒として飲むのかと思ったら、蒸留してアルコール度65度の無色透明なスピリッツが出来る。案内役は酒飲みリーさんですw

コメント(9)

80年代、中国の対外開放直後、成都から昆明への飛行機に乗った時のことだが、地平線一杯まで見渡す限り桃の花が咲いている場所があった。桃源郷とはこのことかと思った。

瓶の中のオリの部分は、ああやって蒸留するのか。
なーるほど・・・でした。
これは飲んでみたい!!

アジア娘シリーズ良いですね。
日本は高度成長期とかやや美化して、自分を騙しながら
急激に都会化、画一化する間に、こういう自然と一体の
ノウハウが失われたように思います。
都会化の波より前にIT化の波が到達した、アジアならではの現象でしょうね。
あるがままの文化が残ることは羨ましいし
喜ばしい。
同じ動画でもムサイ男がやってたら見ないけど
娘はずっと見てられますね。古き良きノスタルジーと女という性の持つ力が偉大なのでしょう

さて、「红酒曲」そのものではヒットしませんでしたが
红曲米というものがWikipediaにありました。
日本語では紅麹(ベニコウジ)と言うようです。
テロップにあった红酒曲は恐らく商標だと思います


酒の醸造と蒸留にはそれなりに詳しいつもりでいたがこの動画はよくわからなかった/艸。

時系列どおりに進むとするとカットした桃に加糖してさらに紅麹を加えて甕で発酵させる

ここまでは醸造段階として理解できる その後ドロドロに溶けた発酵状態の桃酒を四角い

容器の長粒種のコメとしか見えないものに混ぜて蒸す まるで醸造初期に戻ってしまったようだ

さらに単なる蒸し米をいきなり蒸留機下部に詰めたのにパッキンもつけない杜撰な蒸留装置から

透明のスピリッツがしたたり落ちる これは撮影スタッフの無知と無理なスケジュール調整が

ついインチキ映像デタラメ編集ででっち上げたのだろうが 疑問に思わなかったですか/笑。

>その後ドロドロに溶けた発酵状態の桃酒を四角い容器の長粒種のコメとしか見えないものに混ぜて蒸す

籾殻に混ぜてるみたいですね。
こちらの動画に、より詳しく出てます。
https://youtu.be/KO54_G_W8To


幾つかの動画をみてようやく理解できました「桃の醸造酒」はそのままでも飲むみたい

もっとも誤解されやすい場面は日本酒を絞った後の酒粕から「粕取り焼酎」を作るように

発酵した桃カスを無駄にせず蒸留するにはそのままだと粘度の高すぎる桃粕を籾殻にまぜ

高熱でアルコール成分を分離させ最上段の冷却水で冷やし分離装置中段で「ハナタレ」を

採取していました いわばピーチブランデーのニューポットというところでしょうか/笑。


日本で現在作られる粕取り焼酎の多くは酒粕に水と麹を加え再発酵させた「もろみ」から

蒸留するのがほとんどですが 古式製法では籾殻とせいろ式蒸留装置を使用したようです  

籾殻は蒸気の通りを良くし独特の香りがつくため酒粕にまぜたと言われています 。。

「曲」は「麹」の簡体字です。

なんか不思議な造り方ですね。紅麹を後から加える意味が分からない(結局全然溶けてないし)。先に麹をモト立てしてから桃と合わせた方が、特に好気性アルコール生成能を持つ菌株の場合は、腐造のリスクヘッジになりそうな気も。あと、桃の種も使ってないみたいですが、ベンズアルデヒド香は足りるのかなあ、いや代わりに紅麹加えて、特徴的な短鎖脂肪酸エステルやケトン類を抽出してるのかな?など色々考えてしまいました。まあ、工程を見た限りでは、あまり味わいには期待できなさそうw

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山