邪馬台国いくつあってもええやん

| コメント(15)
邪馬台国なんだが、中国の使者は九州までしか来てないわけで、後は聞き書きです。肝心の邪馬台国の記述が曖昧なのは、見てないから。記述は、使者が見た物と、聞いた物がごっちゃになっている。そもそも「クニ」とは何か、首都というのがあったのか、そこら辺も定かではない。国家という概念や、首都とか王とかいう概念そのものが、中国由来なのだ。

 論争が袋小路に入るそもそもの原因は倭人伝の記述だ。文字通りに進めば邪馬台国は日本の南方海上になってしまう。数々の論者が自分流に読み換え、各地に所在地を求めた。これも永遠の平行線。ドイツ近代政治史が専門の九州大教授、熊野直樹さんは「攻めてくる恐れのある他国に、自国の地理情報を正確に伝えるはずがない」と、国際関係論をベースに邪馬台国側の意図を読み解いてみせる。
 交わることなき論争。故に歴史ロマンが生き続けるのかもしれない。
日本は大きな平原というのがなくて、縄文と弥生の二層構造になっている。地形的にもモザイク状に分断されていて、稲作で集団を形成した集団があったとしても、その勢力圏はあちこちに点在していた。連続した「領地」とは言い難い。だから、邪馬台国は九州にあったとも言えるし、近畿だとも言えるし、沼津だとも言える。

そんな事より豆州楽市の塩、なんだが、伊豆で作られる塩を扱ってます。窯焚き自然塩と、希少な天日塩。特に火を使わず、太陽と風の力だけで作られた天日塩は、他社ではほとんど市販されてない貴重な塩です。豆州楽市の蕎麦はこの天日塩を使って作ります。同じ「塩」でも、明らかに仕上がりの風味が違うので驚く。

 伊豆の天日塩

釜焚き自然塩と、火を使わずに作られた希少な天日塩とを扱ってます。天日塩は、熱を加えない用途、サラダのドレッシングとか、ステーキとか、焼き肉とかにお使い下さい。自然塩100g+天日塩100gのお試しパック1000円から各種あります。

お試しセット100gスタンドパックセット1050円

太陽と風の塩(完全天日塩) 150gパック1000円

太陽と風の塩(完全天日塩) 500gパック2550円

西伊豆の塩(釜炊き天然塩) 200g パック750円

西伊豆の塩(釜炊き天然塩) 500g パック1400円

西伊豆の塩(釜炊き天然塩) 1kg パック2450円

太陽と風の塩 荒塩 (完全天日塩) 500gパック2550円

太陽と風の塩 荒塩 (完全天日塩) 1kgパック4950円


 豆州楽市がお届けします。
【古代】邪馬台国、議論は永遠の平行線、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
------------------------------
邪馬台国いくつあってもええやん
------------------------------
そう。だからこそ「真の邪馬台国は徳島」で決着なんです。
------------------------------
普通に考えたら九州
でもなぜか畿内説が濃厚
------------------------------
最初は九州にあったのが、支配地域がひろまったことにより、
畿内へ遷都した、という説をいくつかの書籍で読んだことがあるよ
------------------------------
卑弥呼って書かれた頭蓋骨でも発見されない限り無理だろ
------------------------------
万世一系を唱えたかった舎人親王らが、魏志倭人伝とかう面倒な歴史書と整合性を持たせるため
宮崎(日向)の山奥から神武天皇が突如東征して西日本を席捲、大和に根付いたストーリーを仕立てあげた。
こうしておけば過去の九州の豪族の偉業も自分らの先祖の功績に組み込めるから。
------------------------------
邪馬台国論争はともかく、邪馬台国を大和朝廷や記紀の内容に当てはめようとするのはナンセンス
------------------------------
双方共に地元愛から来る願望がまず先にあるので永遠に終わらない
------------------------------
邪馬台国が存在した時代にはすでに多くの集落があったろうから
それこそ魏国から贈られた何かが出没でもしない限り
その中のどれが邪馬台国か、なんてことは分からんわな

ただ海の向こうに朝鮮半島が見える北九州が邪馬台国だった、ってのが一番自然な推論じゃなかろうか
太平洋側に位置する奈良などの近畿説は無理があると思う
------------------------------
大和朝廷なら畿内だが、魏志倭人伝に九州以外の国はよくわからん国としていっしょたくになってる
------------------------------
魏志倭人伝を書いた人は九州以外の地域は知らないよ
------------------------------
邪馬台国は大和国
北九州近辺までについての記述は支那の使節も来るので嘘はつけない
その先についての記述は虚実ないまぜ盛りまくりなので論争することが無駄
------------------------------
まぁ、わざわざ伊都国停りにしてるのは、都の正確な位置を知られたくないからだろ
------------------------------
あと畿内に倭国大乱の痕跡が無い
倭国大乱が無ければ卑弥呼を擁立する必然性が無い
よって畿内に卑弥呼は居ません
------------------------------
そもそも畿内どころか本州の話は一切出てこないのでしょうがない
------------------------------
わずかに残された記録がテキトー過ぎて場所を特定できず、
また邪馬台国のものであると証明できる遺跡や遺物がない以上、
永遠に解明できるわけがない。
そういうのが日本にあったらしい、ということだけで議論するのは物好き以外時間の無駄。
------------------------------
魏志倭人伝に出てくる国名・地名が現代まで残りすぎてる
その中で畿内の地名が皆無
------------------------------
過去の事なんてどうでも良い。
前を向いて歩け!先人達も悲しんでいるぞ!
------------------------------
畿内説がおかしいのは畿内が九州を支配していたと言いながら九州にあった鉄や絹といった有用な産品が
支配者であるはずの畿内側から全く出てこないこと
本当に支配関係にあったのならそんな馬鹿なことは起こらない
------------------------------
↑全くその通り

考古学者 森浩一氏
ヤマタイ国奈良説をとなえる人が知らぬ顔をしている問題がある。(中略)
倭人伝では、"養蚕をおこない、糸をつむぎ、細やかな(けん)や緜(めん)を作っている"。
作っていただけでなく、魏へ二度めに派遣された使者が献じた品物のなかに、"倭錦、青、緜衣、帛布"などがある。
(中略)
布目氏(布目順郎氏、京都工芸繊維大学名誉教授)の名著に『絹の東伝』(小学館)がある。目次を見ると、『絹を出した遺跡の分布から邪馬台国の所在地等を探る』の項目がある。

簡単に言えば、弥生時代にかぎると、絹の出土しているのは福岡、佐賀、長崎の三県に集中し、前方後円墳の時代、つまり4世紀とそれ以降になると奈良や京都にも出土しはじめる事実を東伝と表現された。
布目氏の結論はいうまでもなかろう。倭人伝の絹の記事に対応できるのは、北部九州であり、ヤマタイ国もそのなかに求めるべきだということである。この事実は論破しにくいので、つい知らぬ顔になるのだろう。
------------------------------
どっちでもええがな
所詮文字さえ発明できなかったおさるさんの国の話なんだから
------------------------------
京大閥は畿内説東大閥は九州説ってセオリーまだ生きてる?
------------------------------
卑弥子ちゃんなら万汁垂れ流しながらうちのベッドで寝てるで
------------------------------
この時代のシナの正史の記述者やその史料は
外海に隔絶された日本の外縁を観察していたに過ぎない
よって必要以上にシナの正史に
日本の文化や王権の正統性の根拠を求めるな

これが結論
------------------------------
めんどくせぇから ムー大陸にあったことにすりゃ解決じゃねぇかw
------------------------------
そういえば九州とかいう島もあったな
蒋介石にくれてやれば良かったのに
------------------------------
中国人の書いたいいかげんな古文書にいつまで振り回されてるんだ?
------------------------------
魏志倭人伝は支那の使節が北部九州で見聞きしたことを邪馬台国の倭人として纏めただけ
それ以上でもそれ以下でもない
------------------------------
三国志の時代に中国には鉄の武器があったわけだから、九州発祥じゃないよな、鉄の技術は。
絹もだけど。

つまり、大和の朝廷が魏の国と国交を結んで、そこで鉄の精錬技術を学んだ。
そこで大幅に田畑を広げることができた。
工事で出た無駄な土砂を墳墓に替えた。
こう、考える方が自然だろよ。
------------------------------
卑弥呼の邪馬台国が後の大和王朝、もしくは前身とするのがねつ造であって、
中大兄の頃には邪馬台国がもう伝説化してて、
革命を正当化するために新王朝が邪馬台国の後継をしたかのように偽っただけだ。
------------------------------
俺は三國志魏書は日本の外縁を観察した記録としては尊重すべきものであっても
日本の文化や王権のアイデンティティを求める議論はナンセンスと言ってるだけ

なぜなら
それは外縁の記述に過ぎない

以上
------------------------------
支那の使節は日本の全体像なんか知り得ないし日本も教えない
魏志倭人伝の記述だけで日本の全体像や王朝がどこだったかとか言い出すから話がおかしくなる
------------------------------
本人がそう名乗った訳じゃなく、
中華思想に染まった支那人がわざと卑しい字を当てただけだよな。
------------------------------
大陸からの商人や使節団は、日本海側の港までしか来なかったと思うよ
なぜなら、瀬戸内海はまだ平定されておらず、往復の安全が保障されていなかったから
------------------------------
纏向古墳にワクワクして行ったら
住宅地に空き地があるだけで
近所の人に聞いたらその下って感じで
奈良の人って自分たちがどんだけ凄い物の上に
存在してるのか理解してない感じだよな
------------------------------
卑弥呼は鬼道使いなんだからな、九州説をはじめ過去の邪馬台国論ではこれが全くのダメ、何も判ってない。
三世紀、中国と鏡と丹とくれば神仙思想しかないんだしな、鉄なんかむしろどうでもいい。鬼道、宗教なら水銀朱だぞ、マジで。
------------------------------
魏志倭人伝の記述しか無いんだからしょうが無いだろ
他に何かあるならもってこいこら
------------------------------
邪馬台国は南の狗奴国と戦争の真っ最中で、戦況は邪馬台国が追い詰められて苦戦していたから卑弥呼は魏国から檄文も貰っている、まず奈良からは硯が出土しないから奈良に卑弥呼が居たなら文盲の卑弥呼に檄文など送る訳が無いし、そもそも奈良には戦争跡が全く無い。
------------------------------
↑狗奴国沼津説も出てきてる
------------------------------
古墳掘れば分かることをいつまで議論するんだ
古墳の分類法だけでかなり分かってるし
------------------------------
しかし中国は文字があるからそれがミスリードであろうが文献
そのころの日本は文字がないんだもん
名乗りを上げるところも掘って出てきたものの見せ合いっこw
------------------------------
邪馬台国は皆のこころの中にあるんだよ。
「こころの邪馬台国」銘打てばどこが主張しようと良いことにすれば。
一応それらしい理屈は必要だが、真っ当な歴史を離れて
どんな奇天烈理論でも可と言う事で
全国廿浦浦で主張し始めたら面白いw
------------------------------
そもそも、弥生時代と同じ時代ではローマ帝国とエジプトが支配してて、製鉄の技術なんて豊富にあったわけだし。
それこそ、空中に水道を通したり、それ以前に巨大なピラミッドを作ったりしてた。
日本だけが当時は原始時代と変わらなかったんで、鎖国と同じだな。
その代わり、少しでも技術が入ってくるとあっという間に発展して、ピラミッドに匹敵する古墳を造成し、
今に残る五重塔とかの高層建築すら可能にする。
これらは日本独自の文明じゃなくて、当然、海外から来たものだろ。
日本に限らんけどな、アメリカはドイツの核技術やロケットを自国のモノのように支配してるし。
技術だけは国境がないのよ。
------------------------------
邪馬台国が当時の最大国だと思いこんでる奴が多すぎ。
------------------------------
桃太郎くらいの話なんですが?笑魏志倭人伝?
曖昧過ぎ
------------------------------
日本書記でも神功皇后と卑弥呼の年代を合わせてるから
日本書記の編纂者にとっても
邪馬台国は最重要だったのは明らかで
日本の歴史の本質そのものだよ
------------------------------
中国の文献にしか記述がなくさらにそれがどうも怪しいという話だろ
謎は解けんだろうな
------------------------------
今、天皇は皇居に住んでて東京在住だけど、京都の人は朝廷は京都だと考えてる。
けど、実際は機内をウロウロとして何度も遷都してた。
が、九州に戻った歴史は無いじゃん。
九州に先祖の地は無いって事だよ。

で、しかも、九州に邪馬台国という大きな権力があって、奈良の大和があるなら、大和がそれを倒した歴史があるはずだけど、無いな。
------------------------------
奈良だけど奈良には歴史的遺跡等が死ぬほどあって独占状態
なので、何もない九州に分けてやりたいが
九州だと断定して嘘をつく訳にもいかず
どちらか謎ということにしてロマンを持たせた
------------------------------
朝貢の事実を隠す必要はあったのかね。
------------------------------
↑もちろんだよ
日本書紀って白村江敗戦後に中国に対抗して書かれたものだから
------------------------------
↑倭の五王の件でも記紀編纂時に中国史料を見てその事を知ってるから
意図的に朝貢した部分は触れてないとかしているよね。
------------------------------
博多は邪馬台国の時代よりも前の国の存在がはっきりしてるし、
邪馬台国より古い時代の国の三種の神器も出てるから。
------------------------------
↑ところが、博多に先進国家があったとしても、
その軍隊を養い、兵員を送り出す穀倉地帯(谷戸)が無いんだよ
だから大宰府がどう栄えても、貿易による都市国家が限度なんだ
おそらく大宰府には、日本各地の有力豪族が大使館を置いていたはず
大陸からの外交団は大宰府までしか来ないからだ
------------------------------
やまたい=やまと
なら九州から畿内に広まったって考えもうなずける
------------------------------
↑神武が九州系軍閥の長なのですから、ヤマタイが九州起源というのは、あり得る話でしょう
ただ、大和朝廷は急速に世俗化し、宗教勢力は行政の中心から外されてゆきます
九州も畿内も、古い宗教勢力は激しいリストラに遭ったと思うよ
(その一環として、豪華な神殿が田舎に造られた)
------------------------------
↑魏志倭人伝に書かれてる風習は確実に隼人、熊襲か宗像系の南方海洋民族
でも考古学的証拠は九州には無くて畿内にしかない
って理解だけど合ってる?10年ぐらい前に勉強したから大分古いと思う
------------------------------
大和自体も、俺たち九州から来ました征服民ですって言っているんだから、
九州説も近畿説も差がないんじゃないのか。
------------------------------
古代王国群って言われるぐらいめっちゃあったんだからどれが邪馬台国なのかなんてわからんやろ
前方後円墳がヤマトの特徴なんてのももう違うってのが分かったしな
------------------------------
逆に何が出土したら「ココが邪馬台国」だと
研究者全員が納得出来るの?
------------------------------
↑「卑弥呼の墓」って墓石
------------------------------
↑そりゃ文字情報ですね  金印や木簡です
------------------------------
前国家が「ローマって北西に有るんだぜ」 って書いたから
悔しくて捏造して「邪馬台国ってのが南東に有るんだぜ」って書いただけ
------------------------------
邪馬台国に匹敵するような数万人規模の村が本州から九州にかけていっぱいあったってだけでしょ?出雲や邪馬台国も同時期にあったけど、
100年間ほどで最終的に奈良の大和王権が勝ったっていうだけでそれなりの規模の村だったら九州や四国、関西でもあるでしょうに。
ただ文字もないから見分けがつかないだけで。遺跡発掘だけで判断するのは難しいだろうな。ロマンが優先されるばかりで。
------------------------------
そりゃそうでしょ。
歴史学ってのはモノを研究する考古学と
文書を研究する文献学の両方が揃って初めて成り立つんだから。
発掘調査の出来ない日本の歴史学なんて学問にすらなってない。
このまま魏志倭人伝をこねくり回したところで2百年経っても進歩せんよ。
------------------------------
魏の使者が到達したのは九州で
他の国が畿内にあったと考える方が自然じゃないかと思うけどなぁ
------------------------------
話は飛ぶけど、魏は曹操閣下が『墓は簡単にしろ』という革新的な遺書を遺したせいで、
彼の近親者の墓は、簡素さを競ったんだな
明の時代の発掘ブームで、錆びた剣一本しかなかった墓は、『夏候惇だろう』と考えられた
多分正解だろうw
もちろん、数代でだんだん豪華になってしまうのだが、
曹操が残した簡素な墓の流行は、邪馬台国に影響したのだろうか?
------------------------------
相当有力な証拠が新しく出ない限り平行線でしょ
今までどっちも理論武装してきたし
ちょっと有力程度の証拠じゃあ、どっちも自分の主張引っ込めんよ
------------------------------
魏志倭人伝に書かれてる邪馬台国とヤマト王朝(もしくは本当の邪馬台国)って別物で良いじゃん
どこからどう見ても風習も朝貢品も隼人なんだがw
------------------------------
↑九州の有力豪族たちも、競って朝貢していただろうね
それで『倭人』とは屋久島から大宰府あたりの小国の民だと思い込んでいた
ところが九州軍閥のタカマガハラが大和に亡命して婿入りし、歴史が急転する
------------------------------
蛙の骨、桃の種、木製の鞘
これだけの物的証拠が出たので、邪馬台国は奈良だと断言できる
考古学は物的証拠が全てなのだよ
勝負あり(´・ω・`)
悔しいなら、九州説の学者たちよ、柿の種を探すんだ! (`・ω・´)
------------------------------
今のホルムズ海峡やソマリア沖みたいなもんで、瀬戸内海の海賊からの安全航行が確立しないと畿内政権は無理
------------------------------
日本の古代史研究のヤバさは「研究者の議論」がこのスレと大差ないことなんだよね
魏志倭人伝をこねくり回してるだけ。
------------------------------
倭人伝著者「やべー誰もあんなとこ行かねーからバレないと思っておもくそデタラメ並べたっただけやのに」
------------------------------
奈良に巨大な勢力があったのは確か
大和王朝の帝の祖先は九州で誕生
熊襲飲み込んで九州制圧後に西へ遠征>奈良の勢力と組んで王朝誕生って感じなんかね
それなら大和王朝に九州人が沢山いるのもうなずける
でも邪馬台国はどこかは全く分からんなw
------------------------------
>大和王朝の帝の祖先は九州で誕生

それはね、日向地方の伝承を、大和朝廷が創成説話としてパクっただけだよ。
それゆえ」伝承登場キャラには、どうしても東遷して貰わねばならなかった。
------------------------------
現役の学者で九州説を唱えてる人はほとんどいない
だから、とっくに引退した高島さんがいまだに九州説代表として呼ばれてるわけだ
アマチュアも老人ばっかり
あと10年したら、どれだけ残っているだろか?
邪馬台国論争での絶滅危惧種と揶揄されるのはそういうこと
------------------------------
魏志倭人伝がバイブル化されている時点で平行化
先ずはこの史書の客観性がいかほどのモノか
精査しないとダメ

原点に戻れ
------------------------------
天孫降臨
天照大御神の孫である邇邇芸命は日向(宮崎)に降臨した(天孫降臨)。
邇邇芸命は木花之佐久夜毘売と結婚し、木花之佐久夜毘売は御子を出産した。
日本神話における九州の立ち居地はけして低くないよ
畿内の連中は軽く見るけど
------------------------------
3世紀の日本列島がどこまでの文明持っていたか
が割とおざなりになっていて
卑弥呼論争ばっかに終始してるのはどうかと思うな
文字もあるし稲作は紀元前2000年ぐらいからしているし宮殿もあったし大陸から簡単に攻められてないから軍事力もあったと思われ
------------------------------
 >論争が袋小路に入るそもそもの原因は倭人伝の記述だ。文字通りに進めば邪馬台国は日本の南方海上になってしまう。

邪馬台国の位置の記録は、当時の日本側の工作により、大陸とはかけ離れた場所に邪馬台国が存在するとした。
なぜなら、邪馬台国という大陸国家に比べた弱小国や大和国を攻め滅ぼされないためであったとも解釈と推測もできる。
------------------------------
単純に九州と畿内に大きな勢力がそれぞれあったんじゃないの?
------------------------------
中国の人間がちゃんと日本国内の小国の勢力分布を把握してたとは思えないな
------------------------------
当時の日本で唯一の王朝だったわけじゃないしなあ
------------------------------
「ようこそ邪馬台国へ」という看板が出土されるまでは平行線だろうな
------------------------------
もうこの話題飽きた
この時代は文字が使われてないんだから、文献がない以上
永遠に謎は解けない
------------------------------
そもそも何が出土したら邪馬台国と決まるのか、
それすらわかってないからな。
------------------------------
古墳なんて東海にも関東にもあるのに
みんな地方豪族だろ
奈良も大阪も地方豪族
------------------------------
本当九州説の奴らってしつこいよな。
分かった分かった九州でいいよ。
はいはい分かった分かったww
------------------------------

九州に、大陸との窓口があった。それは確かだ。そこで、国家とは、王権とは、首都とは何かを学んだ日本人が、中国人の手の届かないところに政権を建てた。それが日本だ。

コメント(15)

伊豆の下田に投錨し、砲艦外交を始める
前に、沖縄に寄港している、
本島に上陸し水、食料等を調達、
さらに、沖縄の地図も作製している。

この地図は、下って1945年沖縄戦のときに
しっかり、活用している・・・

米国が「戦略国家」と自他ともに認める事例。

ナンデモ 水に流して忘れたフリするニポン人と
エライ違いだっせぇ!

そして今のジャップは邪馬台国以下というwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 統一教会という邪教を使ってクソアベを神として崇めるというwwwwwwwwwwwwwwwwwwww そのうち世界一巨大な古墳を作れと命じてトンキンのど真ん中をぶっ壊して作らせるんだろうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww クソアベの墓なんて福島原発の廃炉の中でいいわwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 悪魔の封印の地wwwwwwwwwwwwwwwwww

徳島に邪馬台国という話何だが、そもそも徳島は「古代イスラエル」であり、秦氏と関係がある。

https://ncode.syosetu.com/n9032ek/

はっきり書こう、徳島 邪馬台国説は捏造である。わざわざ熊本「火の国」の卑弥呼の遺骨を持ち出し徳島に納骨した。徳島はヤダヤ「大和王朝」の拠点である。
徳島にチプサン古墳があるか?邪馬台国博物館があるか?遺跡があるか?
邪馬台国山鹿説は徳島が発表する前から存在した。

徳島は古代イスラエル族の末裔だ!

https://www.xhimiko.com/%E8%AB%B8%E8%AA%AC%E6%A4%9C%E8%A8%BC/%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E8%AA%AC/%E7%86%8A%E6%9C%AC-%E9%98%BF%E8%98%87%E8%AA%AC/
徳島は嘘つきだからな。

視察するのは地図作ってイザとなりゃ攻めるゾて糊塗w
信長も武田責めの後で綿密に三河を調査したww
家康はさぞかし慄いたと思うぜよwww
これこそが<本能寺>の遠因だったとオイラは読むねアアはよ小説書きてえナwwww

今時、邪馬台国なんて、恥ずかしい。

古墳なんて伊豆にだってあるのに。

「最古の丸木舟を発見 縄文人の計り知れない航海力」 より抜粋
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO83454460Q5A220C1000001/
--------------------------------------------------------------------------------
神津島産黒曜石は関東や中部地方の太平洋岸を中心に西は伊勢湾、能登半島まで分布。伊豆半島東岸の静岡県河津町の段間遺跡(縄文中期)では重さ約19キロの大原石や薄片など計254キロも出土しており、「神津島産黒曜石の本土での分配基地だった」と小田さんは推測する。

島根県の隠岐産黒曜石は四国や新潟県内でも見つかっている。佐賀県の腰岳産に至っては九州はもとより、対馬海峡を隔てた韓国・釜山の東三洞貝塚や、黒潮の流れが強いことで知られるトカラ海峡を隔てた沖縄県恩納村の仲泊遺跡からも見つかっている。いずれも縄文時代に相当する時期の遺跡だ。
--------------------------------------------------------------------------------
素っ裸で何も持たず一人で自然の中でサバイバルするテレビ番組を見ると、「ナイフ」の重要性がよく分かります、何か物を作ろうとすると大概ナイフが要る。
縄文時代には海岸線にも内陸にも黒曜石の輸送ルートがあって、そのルート沿いに点々と拠点集落が有ったはずです。
黒曜石の産地と販売ルートは縄文時代の巨大利権ですね。
弥生時代が紀元前10世紀頃から紀元後3世紀中頃までで、本格的に青銅器が日本(倭)にもたらされたのはおよそ紀元前2世紀ということなので、弥生時代前期も黒曜石がナイフや鏃として使われていたのでしょう。
稲作を引っさげてやって来た渡来人にとっても黒曜石は重要な道具であったはずで、人口増加とともにその需要は増えたはずです。
従って、黒曜石のセールスマンである縄文人と渡来人は仲良くなる必要があった。
弥生人の拡散も、ひょっとすると黒曜石のセールスマンを案内人にして販売ルート沿いの沼地を点々と田んぼにしながら拡がっていったのかも知れませんね。
邪馬台国が2世紀~3世紀ですから、青銅器・鉄器の伝来とともに、強力な国らしき集団が生まれたようですが、これらも金属器の製造拠点と流通ルートを巨大利権として持っていたに違いない。
当時の鉄の原料は砂鉄でしょうから、当時の「国」には良い砂鉄の産地が有ったはずですが、ひょっとするとこういうのを見付けるのも縄文系の人々の得意とするところだったかも知れませんwww

徳島の釈迦族は311テロの首謀街。サリン製造機器などを製作した徳島県。

日本は既に終わった。

と言うか、安倍晋三等を動かしているのは我々でもある。安倍晋三を辞任させることはできない。米国に対して不平不満を言う日本人を助ける必要はないと我々米国モンロー主義派の通告である。

と言うか、徳島人の性格の悪さに愕然ときた。自己チュー。徳島に邪馬台国あるわけないだろ!

同和一の徳島が!

http://machibbs.net/~tyousan/1014478292.html

新井信介は知っていたか?

「アイヌはシリウス星からやってきた」

北海道北端に「シリウス」という地名がある。アイヌ語は宇宙語、つまり シリウス語な訳だ。

縄文人に成り済ました「古代イスラエル族」

個人的には、邪馬台国は、九州→四国→畿内に、遷都したんだろうと思っている。
実は四国が日本で一番古墳が多くあり、リモートビューアのマクモニーグルも四国に卑弥呼の塚があるとの記事も読んだこともある。

ココも興味深いことを言っている。
「剣山を知り尽くした住職 阿波ミステリーを語る」

https://www.youtube.com/watch?v=Z1rMXkedJk4

日本史歴史上のできごとbot @n_happened

>〝645年乙巳の変(大化の改新)〟中臣鎌足は中大兄皇子と共謀し、蘇我入鹿を飛鳥板蓋宮で殺害、蘇我蝦夷は自宅に火を放ち自殺した(乙巳の変)。新たに即位した孝徳天皇のもとで皇太子になった中大兄皇子は大化の改新と呼ばれる国政改革を行った。

・・・・皇極天皇4年(645年)6月14日の「乙巳の変」が勃発、一連の国政改革にて新たに歴史をつくる必要が出てきた。豪族を中心とした政治から⇒天皇中心の政治へ。新政権は古い歴史の、日本の膨大な『史書』を全て焼き払った(らしい)。不都合は歴史の闇に葬る、勝者が過去の歴史を捻じ曲げるのは歴史上自然な事。古代の漢字で残された『史書』は消失して、謎の四世紀(空白の150年)が誕生します。

 卑弥呼と邪馬台国に関する『史書』は限られ、古代日本の記述は江戸末期~明治初期にも書き換えられいる。歴史が古いのは事実ですが、神話と史実を融合させたのは意図的な捏造(?)なので、研究解明には苦労の連続。西暦249年~592年は人名の出てくる事が稀で、倭国の小国にも謎が多い。卑弥呼の『鬼道』も何が何やらで、古事記『史書』にも答えが無い。日本書記は神功皇后が卑弥呼であるような記載があり、(江戸時代までは)神功皇后が卑弥呼だと考えられてイマシタ。まあ、邪馬台国が幾つかあって構わないデスなぁ~。(^。^)y-.。o○

◆「神功皇后は卑弥呼である」説の信憑性

https://www.excite.co.jp/news/article/BestTimes_9332/

当時から日本列島が中国にとって重要な土地ではなく、ほとんど眼中になかったということがよく分かった

>当時の鉄の原料は砂鉄でしょうから

訂正がありますw
「日本列島の製鉄原料は6世紀後半から8世紀代にかけて鉄鉱石原料から砂鉄原料に転換」というのが歴史的事実のようです。
日本刀の製造工程から、先入観に捕われていました、「砂鉄」>「鉄鉱石」と置き換えれば文意に変更はありません(^_^;)www

“出口鉄城”が「オウム真理教団の開山」だと云う理由は、熊本県八代市に子供時代に3人の仲間が居た事から始る。一人は“麻原彰晃(本名:松本智津夫)”、一人は芸能人 “八代亜紀(本名:増田明子、旧姓:橋本)”、そして最後が“出口鉄城(本名:充彦)”である。“出口鉄城(本名:充彦)”が、麻原彰晃にヨガ道場(オウム神仙の会)を開設して、始終一貫して麻原彰晃の宗教指導をし、無差別大量殺戮教団に成長させて行った訳である。大丈夫ですかね?“株式会社グラフィック”と云う会社は!脅迫されていませんかね?“出口鉄城一家”に。

コメントする

最近のコメント

 
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
  
IMG_2186150.jpg
最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1400円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 200g 1500円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山