なる程わからん

| コメント(5)
19070901.jpg

球面収差の完全補正という話なんだが、昔は収差の補正というのは大変で、標準レンズ一本設計するにも、ひと教室分の女子社員を何ヶ月か動員して計算させていたもんだが、球面レンズだけではどうしても補正しきれない。なので、昔のレンズというのは「開放では甘く、絞るにつれて画像が引き締まる」という共通の傾向がある。おいらの常用レンズであるノクトニッコールは非球面レンズを使って補正に力を入れたレンズで、開放からバッチリだが、ガラスの非球面レンズというのは職人仕事で、今では作れないらしい。

メキシコ国立自治大学で博士課程の学生であるラファエル・ゴンザレス氏は、以前からレンズと収差の問題について数学的に取り組んでいた一人。ゴンザレス氏によると、ある日の朝食で一切れのパンにヌテラを塗っていた時に、突然アイデアがひらめいたとのこと。「わかった!」と叫んだゴンザレス氏は湧いたアイデアをそのままコンピューターに打ち込んでシミュレーションを行ったところ、球面収差を解消できていたそうです。「あまりのうれしさに、いろんなところに飛び乗りました」とゴンザレス氏は語りました。
以下の非常に複雑な数式が、レンズの表面を解析的に設計できる公式だそうです。
数式

まぁ、今は非球面レンズもプラチックのモールドで作って5円とかの時代なので、切削ガラス非球面一枚10万円とは違う。こんなカタチのレンズだって、モールドのプラチックなら簡単だ。

お得な6本セットはこちら!
5500円(税・送料込み)
<マルヤス延命酢 900ml×6本>

お得な6本セットです。健康に良いというのでお酢を飲む人に絶大な人気なのが、近藤酢店の「延命酢」。ミカンから作るお酢です。静岡市の小さな工場で作られています。4倍に薄めてドリンクとして飲む、というのがポピュラーです。

豆州楽市がお届けします。

【革命】 レンズの収差(周辺のぼやけ)を完全に解消する数式をメキシコの院生が発見 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
字が小さくて読めない!
-----------------------
ギリ読めるサイズあったぞ
-----------------------
↑ありがとう読めた
でも意味がわからん!
-----------------------
↑キャッ!
-----------------------
↑流石日本製!
って思うかっ!
あんなポリカーボネートの射出成形なんて
どこでも出来るだろ!
-----------------------
↑成形屋だがレンズによるとしか言えない
高精度カメラに使うようなレベルだと一般機じゃ不可能なので専用設備のある工場になる
そんな汎用性のない設備構えてるのなんて極一部の会社だけなのでどこでもってわけにはいかないよ
それでもまぁアクリルよりかは管理的にずっとやり易いけどね
アクリルの専用設備なんて準備とメンテに一回数百万かかるとかザラだから
一度金型乗せたら基本は24時間機械は絶対に止められない、大型連休でもまず止めない
トラブル対応は予備金型と365日24時間電話一本で即駆けつけてくる設備メーカー必須
そういう世界なんだぜ
-----------------------
ヌテラってなんじゃろ
-----------------------
↑一種の麻薬や
パンに塗って食べた後もヌテラ食べたくなってスプーンですくって舐めてる俺に気付く
-----------------------
↑チョコクリーム
-----------------------
想像の100倍複雑で草
-----------------------
なる程わからん
-----------------------
ニコンキヤノンがゴンザレス氏の招聘に乗り出しました
-----------------------
↑子熊の八巻社長は既にメヒコに向かってます
-----------------------
あーなるほどねー
途中まではオレの式と同じだわー
-----------------------
これで収差がどうのと偉そうにウンチク語りだすハイアマチュア(笑)がいなくなることを願う
-----------------------
↑数式はたしかに素晴らしいが球面レンズの味わいのあるボケを使いこなしてこそ一流と言えよう
-----------------------
収差だらけだけどニコンの58mm f1.4Gは名玉だと思う。
-----------------------
↑あんなものに10万以上払うやつは気が狂ってる
-----------------------
字が小さすぎて\ 安心の  /
.  読めなーい!\日本製/    キャッ!  キャッ!  キャッ!
  ,、_,、       ∧∧∧∧   /,   /   ( (  |  . ( (  |
 ( `Д´)/ ̄/ ̄/<   ハ > (_(_, )   | l |     | l |
( 二二二つ / と)<の ズ >o-o、しし' .o-o、しし'. o-o、しし'
───────< 予 キ >─────────
┌─────┐ < 感 ル > ゝヽ   _,,ィjjハ、   | 
拡大率は3種類| <    |  >  `ニr‐tミ-rr‐tュ<≧rヘ
└─∩──∩┘ < !!!! ペ >     {___,リ ヽ二´ノ  }ソ ブルーライトが
   ヽ(`・ω・)ノ /∨∨∨∨\    '、 `,-_-ュ  u /| カットされてる!
         / ルビーカラー\    ヽ`┴ ' //l\
-----------------------
>「古代ギリシャの科学者であるアルキメデスが凹面鏡で太陽光を集めて敵艦を焼き払った」

はい嘘
-----------------------
本文上に画像あったけど、こんなレンズ作れんのか?
-----------------------
プラスチックで大量生産するのでは
-----------------------
↑あーなるほど
単純な球面じゃなくこういう形状で加工すれば収差なくなるってことか
つーかこんな経常磨けるのか?
数式によって計算された座標読み込まして磨く(加工)とか?
-----------------------
なるほどな
そういうことか
おまえらにもあとで詳しく教えてやんよ
(´・ω・`)
-----------------------
公式見てゲロ吐いたわw
「わかった!」で思いつく式じゃねえだろww
-----------------------
この公式で手計算で正しい解を導き出せる自信がねぇ
-----------------------
わからん。ヌテラすらわからん。
-----------------------
収差解消のために、カメラのレンズは3枚5枚と複数のレンズを組み合わせて、作っていたけど
一枚で収差解消の設計ができればあとは加工法を開発するだけ。

虫眼鏡で紙を焦がす実験も、今までは焦点が甘かったけど、収差が無ければ2センチくらいの小さいレンズでも紙を焦がせるはず・・・かなぁ?
-----------------------
これ削り出すの余計しんどそうw
-----------------------
新人類かよ
もう天才だけ残して俺たちは絶滅すべきでは
-----------------------
こんなもんだいたいでええんや
-----------------------
5収差ってなんだっけ
球面収差だけ消せても解決しないだろ
-----------------------
数式あっても所詮は職人技なワケで。
-----------------------
↑ここ数年でレンズ設計がどんどん機械されて、解像度だけなら人間は必要無くなりかけてる。
シグマやタムロンもここ三年辺りに出したモデルはキャノニコより高性能なものも多い。
-----------------------
28㎜f2.8の固定レンズも怠けてないで計算やり直すと良くなるらしい。
やらないのはただの企業の怠慢
-----------------------
こいつってパン食ってるときも頭ン中こんな数式駆け巡ってるわけ?
まともな日常生活おくれてなさそう
-----------------------
俺も昔は風呂入ってた時にエウレーカ!って叫んだもんさ
-----------------------
ヌテラ食うやつは信用しちゃダメだってばっちゃが言い残していったんだけど
-----------------------
そんな強力なレンズ作ったら軍事用に利用されたりしないの?
衛星で打ち上げて敵国に照射したりしたら山火事起こしたりハゲにしたり出来ちゃうんじゃないの?
-----------------------
↑どんだけバカでハゲなの...
反射じゃなくて入射の話って事くらいは読みとれ
-----------------------
記事の中にある球面収差ってのが誤訳でないのなら
趣味のカメラ用レンズにはそこまで関係ない話
平面の新聞紙撮影が趣味な人にとって重要
全ての収差が消せるなら革命的
-----------------------
↑複写撮影の仕事の時は助かるなー
-----------------------
すごいことなんだろうか まあよかった
-----------------------
とりあえず俺にも真似できそうなところで、ヌテラってやつをポチってみた
-----------------------
うれしくて気が付いたらチンコにまでヌテラを塗っていました
-----------------------
こんな形、どの光学ガラスを使ってどうやって磨くのさ。
これこそ机上の空論だな。
-----------------------
なんにもわかってない奴らが集まって250もレス埋めやがって・・・全くお前たちときたら
-----------------------
おれを含めて誰も理解できない
-----------------------
パラボラ(放物面)アンテナってあるじゃん。
あの放物面ってのが平行光線が焦点に集まる正解の形。でも球面の方が加工が簡単だから、球面で代行してる。
レンズもパラボラを両面に使った非球面レンズで性能上がるけど、真ん中と外周のレンズの厚みの差が屈折量の違いを生んで焦点がぼやける。
その辺を球面を滑らかにつなげてうまいことどーにかする話のはず。
自信はないけど、たぶん大体あってると思う。
-----------------------
職人が手で磨いてどうのこうのって話じゃないのか
-----------------------
数学者の美意識的には、この複雑怪奇な公式は美しいのだろうか...
-----------------------
すげーじゃんw
よくやった!
そもそも何が問題なのかも知らんけど・・・
-----------------------
スマホの超小型レンズが一番恩恵受けるかもね
-----------------------
数式で解決できても現実に商品化できるはは別問題。
レンズの表面加工、どんな風にしているかわかってるのかな?
今は切削加工?
鋳型に溶かしたガラスや樹脂を流し込んで整形しても
冷え固まる途中でレンズに歪が生じると思うのだが。
結局改めて表面加工をすることになるが、その加工がアタマで考えたように
うまく行くかどうか?
-----------------------
昔のレンズはボケ味で勝負していた
キャノンなど何処にピントがあるのか分からなかった
オレの頃は手回しのタイガー計算機で設計していたけど
今はスーパーコンピュータはあるしNCはあるし
金型作ってプラスチックレンズ大量生産できるし
数式があれば簡単そうだな次に色収差はどうするか
-----------------------
収差のあるレンズは使いにくい。
収差のないレンズは面白くない。
-----------------------
レーザー用とか特定用途用のレンズの設計には恩恵多いけど
カメラ用レンズとかだとほとんど意味ないだろう
-----------------------
ソントンのピーナツクリームが一番うまいスプレッドだと思ってたけどこれからはヌテラ買うわ
-----------------------
この数式を元に3Dモデル作るとどんな形になるの
-----------------------
↑コトバで表現するの難しいから数式で表現していい?
-----------------------
球面収差は無くなるけど他の収差はめちゃくちゃなんだろ
でも特殊用途で使い道あるのかな
-----------------------
↑モノクロの小型軍事偵察衛星用とか、高高度偵察機とかに有用。 縮尺の微調整が不要。
-----------------------
収差とはどんな現象なのか、からすでにわからん
-----------------------
久しぶりに全く理解できない数式だ
すごいな
-----------------------
小2の時に九九の七の段見て以来だわ
-----------------------
非球面のレンズは制作難しい
プラで整形するかガラスレンズをプレスして変形させるかだけど
研磨で作る通常のレンズに比べて精度が低い
そもそもこれは球面収差だけで色収差その他まで解決してるわけじゃない
-----------------------
ネットゲームにいるメキシコ人なんて単細胞みたいなやつばっかりなのにこんなやつもいるんだな
-----------------------
小二の時30分掛からずに九九全部覚えた俺なら解ける気がしないでもない
-----------------------

スマホのカメラレンズに採用されそうだね。ますますiPhoneの写りが良くなりそうだ。

コメント(5)

映画「インターステラ」の重力方程式を思い出す。
レンズはフィルム派のクリストファー・ノーランが即お買い上げでしょう。

とか言われても、いまだにフィルム中心のおれとしては、ローラフレックスのプラナー80/2.8が一番かな。最近使ってないけど。
あとはコニカAR58/1.2あたりはモノクロで撮るといいかんじです(高性能トリウムレンズで黄ばんでいるためモノクロのみ)。
マミヤ6(旧)はズイコーレンズが白濁するので、コニカの引き延ばしレンズ・ヘキサー75/3.5と換装して、けっこう良かったけど、それで満足してあまり使ってない。
まあ、古いレンズでもきっちり撮るなら絞ればいいと思います(古い発想なんでしょうな)。

それにつけても、最近の高性能レンズが醜悪なほど巨大なのはなんとかならんのかね。
今回の技術でコンパクトになるのかもしれんけど。

ヌテラはイタリアのフェレロ社社の製品か(現実逃避)

>メキシコ国立自治大学で博士課程の学生であるラファエル・ゴンザレス氏は、以前からレンズと収差の問題について数学的に取り組んでいた一人。ゴンザレス氏によると、ある日の朝食で一切れのパンに【ヌテラ】を塗っていた時に、突然アイデアがひらめいたとのこと。

>「わかった!」と叫んだゴンザレス氏は湧いたアイデアをそのままコンピューターに打ち込んでシミュレーションを行ったところ、球面収差を解消できていたそうです。「あまりのうれしさに、いろんなところに飛び乗りました」とゴンザレス氏は語りました。

・・・・ヌテラ・ヘーゼルナッツ・チョコレート・スプレッド。欧米では家庭に1瓶常備が当たり前、ヘーゼルナッツペーストをベースにココアなどを混ぜた⇒イタリアのスプレッド。まあ、ベーグルに塗って食べるのが定番デスなぁ~。クレープに塗るのも一般的、クラッカーやビスケットと合わせる「手抜き」トッピングに便利。カルディーやコストコなどの輸入食材店に置いてあります。

【 Bathing in 600 lbs of Nutella 】~イタリアの男の子がママの次に好きな『nutella(ヌテラ)』~

https://www.youtube.com/watch?v=z6tFkq2WtTI

ノクトはあたしもオリジナルのオーナーで、新宿のニコンサロンにメンテに出すと下にもおかぬ扱い受けますな。過剰包装で返ってきます。

https://www.nikon-image.com/enjoy/life/historynikkor/0016/index.html
ここの作例でもただの明るいレンズでないのは明らかで、非球面の効果がよくわかりますな。

まあ理屈通りに図面を引いても加工がまた大変で、ノクト他の生産中止の理由も職人の問題もあるらしいですな。
あとはスレでも出ているが一番目立つ色収差(プリズムの効果)は異常屈折レンズ使うしかない。
他にもコマ収差等あるが全部解決は単レンズでは無理でしょう。
ただスレを読んでいると日本人の技術に対する理解もだいぶ程度が下がってきているように感じますなあ。
昭和は遠くなりにけりです。


コメントする

最近のコメント

 
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
  
IMG_2186150.jpg
最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1400円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 200g 1500円(税・送料込み)
DSC01622_210.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山