炭焙コーヒーは味が違う

| コメント(6)
DSC01554.jpg

薪炒り番茶KKのコーヒー豆は、自前でやってる炭焙と、協力業者がやってる熱風式焙煎なんだが、同じように深く炒っても、味が違うんですね。東チモールの豆を、炭で炒ってみた。かなり深くまで炒ったんだが、色はどんどん黒っぽくなるが、豆から油が出て来ない。熱風式だと、これくらいで油まみれになります。炭焙釜のドラムはメッシュで、穴だらけ。炎が直接、豆に当たるんですね。浮いて来た油は、燃えてしまうのだろうか? そのせいか、炭焙のコーヒーは、飲むと「カラッとした感じ」です。独特の「軽み」がある。僅かに、炭の香りも残っている。同じ東チモール豆でも、熱風式では苦味が立ってアイスコーヒー向きの味だったんだが、こちらはバランスが良く、酸味も効いてます。ホットでもイケる。自然栽培らしい、癖のない、素直な味です。炭焙は手間もかかり、コストも高くつく。そもそも炭焼き用の大きな焙煎機というのは存在しない。大手の業者は、ガス釜を改造して、内部に炭を置けるようにするんだが、煽るのはガスの炎です。併用。「香り付けだからこれでいい」と言うんだが、正式な炭焙ではないですね。薪炒り番茶KKは100パーセント純粋な炭焼です。まぁ、市販のコーヒー焙煎業者で、こんな手間のかかる仕事をやってるところはないんだが、お茶とかコーヒーとか、「嗜好品」なので、こういう「贅沢」もあってもいいんじゃないかと思う。

DSC01554_300.jpg 税・送料込み 1280円
<東チモール豆 炭焙フルシティロースト 200g>

無農薬・無施肥、手摘み収獲による自然栽培の豆を、手間のかかる炭焙で仕上げました。ギリギリまで深く炒って、自然の苦味と甘味を出していますが、酸味もちゃんと残っていて、バランスの良い出来になってます。ホットでもアイスでも美味しく飲めます。

コメント(6)

https://ja.wikipedia.org/wiki/日産自動車


なお、東京・東銀座の旧・本社社屋は、読売新聞グループ本社と読売新聞東京本社が
建て替えに伴う間の仮本社として2010年9月から2014年1月まで使用していた。


https://ja.wikipedia.org/wiki/鮎川義介

明治13年(1880年)、旧長州藩士・鮎川弥八(第10代当主)を父とし、
明治の元勲・井上馨の姪を母として山口県吉敷郡大内村(現在の山口市大内地区)に生まれた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/井上馨

井上 馨(いのうえ かおる、天保6年11月28日(1836年1月16日) - 大正4年(1915年)9月1日)は、日本の武士(長州藩士)

https://ja.wikipedia.org/wiki/日産コンツェルン
https://ja.wikipedia.org/wiki/久原房之助

父久原庄三郎(1840年 - 1908年/天保11年 - 明治41年)、母文子の四男として長州・萩城下の唐樋町
(現在の山口県萩市)に生まれた。幼名は房三郎。のち房之助と改名。兄は日本水産の母体を作った
田村市郎。叔父は藤田財閥の藤田伝三郎。

いまなにかと話題の日産って、明治維新の残骸みたいな
会社ですわね、長州(タブセ)だのがぎょーさんwww

次は日立の番ですかね?w


https://www.asahi.com/articles/ASM2V435KM2VOIPE00K.html

https://mainichi.jp/premier/business/articles/20190204/biz/00m/020/004000c

日本にある工場って
核製造施設のことなんかいな?

それとも
ファーウェイに
大量に部品提供している
工場のことなんかいな??

それとも
あべちょんが
好きな
キムチ工場かな?

もうたいした工場ないべよ

午後1時52分から同2時9分まで、岩手日報、河北新報、福島民報、福島民友のインタビュー。


カルト新聞の3KとかCIAゴミTV
カルト公共放送なら
3時間位さくのにね・・・・

正味3分くらいかしらね?w

ぬほん
っていうのは
もともと
移民侵略されてきた
幻の国やろ
そもそも国なんて
考えも明治まではなかったw

もともといた?縄文系なんて
とうのおおむかしに
ほとんど絶命したニダ

北米もインディアン絶滅
www

いまは犯罪遺伝子のサイコパスが
韓帝に居座ってやりたい放題・・・

同じサイコパス移民解禁したのも
アホ政権だw

でもほとんどのいわゆる外国人は普通だろ
ーー

いまのような腐敗ペテン国家なら
崩壊したほうがまし
ww

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

_DSC4277_210.jpg
産地は同じながらも、異なる焙煎で仕上げた2種類をセットにしました。今風のサードウェーブと、伝統の炭焼焙煎。どちちらもベースは同じタイ国メチャンタイ村の無農薬、化成肥料不使用コーヒーです。
税・送料込み1230円
2種類のお試しセット100g×2
IMG_2186150.jpg
AAは大きめの豆を選別して、最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1100円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
Aはちょっと小ぶりの豆で、ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 400g 2480円(税・送料込み)
DSC01537_210.jpg
有史以来一度も肥料をやった事がない、という土地で粗放的に作られたアラビカ・ロブスタ天然ハイブリッド種の深炒りです。アイスコーヒーはもちろん、カフェオレやエスプレッソなど、使い途は多彩です。キリッと効いた苦味が特徴です。
税・送料込み1080円
東チモール豆フレンチロースト200g

DSC01554_210.jpg
自然栽培の豆を、手間のかかる炭焙で仕上げました。ギリギリまで深く炒って、自然の苦味と甘味を出していますが、酸味もちゃんと残っていて、バランスの良い出来になってます。ホットでもアイスでも美味しく飲めます。
税・送料込み.1280円
東チモール豆炭焙フルシティ200g

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g850円

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1150円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2500円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山