薪ストーブと団扇で過ごせばあら不思議19世紀

| コメント(4)
アメリカ人の夫婦が英国ヴィクトリア朝マニア、という話なんだが、ヴィクトリア朝というのは近代文明の一つの頂点みたいなもんで、まぁ、憧れる気持ちというのは判る。ホームズ物のドラマとか見ていると、少なくともカネのあるプチブル階級以上では、現代とあまり変わらないような利便性の高い生活を送っている。メディアが新聞までというのは大きく違うが、鉄道も普及しているし、郵便も活発で、ロンドン市内ではずいぶん早く届いていたようだし。

10年程前、クリスマン夫妻は、古い時計やアンティーク品の収集を始めた。次第に、過ぎ去った時代がますます彼らを魅了するようになり、とうとう自分たちの生活そのものを、ヴィクトリア朝スタイルに切り替えてしまった。
現在、サラ氏とガブリエル氏は、1880年代に建築された家で暮らし、古い家庭用品だけを使用している。2人は冷蔵庫の代わりに氷入りの箱を使用し、食事は昔のレシピにもとづき用意する。彼らは、19世紀当時のデザインの服を纏い、携帯電話を使わず、移動手段もレトロな自転車オンリーだ。
ガブリエル氏は自転車店で働いており、サラ氏はヴィクトリア朝に関する書籍を執筆している。彼らは、作家や映画監督たち向けの19世紀の時代考証や講演活動を行い、希望者のために専門クラスを設けたりしている。
クリスマン家にある唯一の現代文明はパソコン。サラ氏がパソコンにデータ入力をする理由は、出版社が手書き原稿を受け取らないことと、フェイスブックを更新するためだ。

スリランカに行った時には、ヌワラエリアという紅茶の産地がヴィクトリア朝で驚いたw ヴィクトリア朝の郵便局があり、ホテルも当時のコロニアル風建物で、競馬場、ゴルフ場があり、おもちゃみたいな鉄道がノロノロ走っていて、テーマパークみたいだったw

_DSC4163_300.jpg 税・送料込み 2980円
<田子カネサ鰹節店 生利節 一本200gくらい×3本>
カツオをさばいて、茹でて燻した物です。いわばカツオの燻製なんだが、もちろんノンオイル、無添加、自然食品そのもの。生利節はメーカーによってずいぶん違うんだが、これは燻しが強めで、水分は少なめ。中身がみっちりと詰まった高級品です。賞味期限は、製造から常温で3ヶ月です。

【USA】現代文明に疲れた米国夫婦 生活スタイルを19世紀に インスタで写真公開、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
19世紀なのにインスタすんなよ
-----------------------
↑おまえみたいな奴を、「無粋」「野暮」っていう
-----------------------
↑ホームラン級の馬鹿発見!
-----------------------
アーミッシュか?
-----------------------
↑出るのが早っ
この人はああいう生活は耐えられないだろう
-----------------------
氷はどうやって調達するのだ?
-----------------------
↑冷凍機ぐらい19世紀からあるぞ?
岩倉使節団が冷蔵庫の氷に驚いてただろ
-----------------------
サラのクリトリスをガブリエル
-----------------------
↑ふむ
-----------------------
↑ふむ
じゃねえよw
-----------------------
写真は何で撮るの?19世紀のカメラで写した画像はインスタにアップできるの?
唯一の現代文明はパソコンだけのはずでは?
-----------------------
スプートニクニュースかよ。
ロシアじゃ珍しくもないだろう、こんなの。
-----------------------
インスタは辞めへんで~
-----------------------
↑インスタグラムが疲れの元
-----------------------
子無しで夫婦の趣味としてやるならともかく、もし子供がいたらこういう環境でどう育つか不安。
アーミッシュですら子供が16歳になったら親元を離れて街で自由に過ごして、18歳までに親と一緒の生活様式に戻るか縁を切ってシャバで生きるか選択の自由は与えられるのに。
(ちなみにアーミッシュは「俺らは俺ら、余所は余所」という思想で決して現代文明を否定してる訳じゃないから怪我や病気したら普通に病院に行くw)
-----------------------
自給自足でないとかただの偽物じゃねーか
-----------------------
インスタで金稼いで生きるというYouTuberみたいなものか
-----------------------
ガス水道の撤去してマキと井戸汲み生活にしてから公開してね
-----------------------
↑欧米の都市部だと19世紀には
ガス水道があったぞ
-----------------------
全く趣向は違うけど、文明の力を使わずに火を起こす方法に手間取る自分が嫌になり
火起こしや、簡単な小屋作りやサバイバルにハマったことはあるなぁ
野性や本能を忘れすぎると逆に退化した気分になって嫌だった
-----------------------
↑そういや、大正生まれだった爺さんは
自分一人で小屋も作って薪で煮炊きして山羊や鶏も飼って全ての事が完結できるほど何でも出来たなあ
隣の爺さんはマムシにかまれて自転車の荷台のゴムで腕を括り
そのマムシの皮をむいて持って帰ってから救急車を呼んでた
その爺さんは南方へ出征して生きて帰って来た
-----------------------
写真の自転車はどうやって乗り降りするのか気になる...
-----------------------
↑オーディナリー型俺も持ってる
小さなタイヤの上に小さなステップがついてて、漕ぎ出しの時にそこに足をかけて乗る
-----------------------
断捨離人を気取ってる奴らがスマホだけは絶対に手放さないのに似てる
-----------------------
19世紀の生活スタイルを実践してインスタで自己顕示欲を満たす
まさに現代的やね
-----------------------
嫁さんブサイクだなあ
-----------------------
道楽かねての仕事だろ
インスタしたり本書いて売ったり
-----------------------
こんなんだったら日本に電気のない旅館があったぞ
風呂も飯も薪で焚いてて食事は炉端焼きとかだった
そっちの方がよっぽど徹底してる
-----------------------
限界集落のおじいちゃんおばあちゃんみたいなもんじゃん
-----------------------
窓からうんこが飛んでくるから傘さすよ
雨の日は傘ささないよ
-----------------------
フランスかどっかの古城で中世の生活を集団生活してるとこあるよ。
自給自足で衣類も羊を飼ったり皮をなめしたりして自作。
新規入所希望者は多いが数年待ちだそうで
-----------------------
↑ヨーロッパってそういう人いるな
コスプレして中世のクリスマスマーケットやってたけどよかったわ
-----------------------
↑そこは鍛冶屋や猟師もいた。
全てを城内で賄うという感じ。
ワインやチーズも作っててまさに電磁プラズマ攻撃くらってもここは気づかないで日常を送りそう
-----------------------
まあ年代は違うけど日本にも古民家や町屋に住んで薪でご飯炊いたりしてる人結構いるよね
-----------------------
アーミッシュで画像検索すると出てくるあの人たち
あれ普段もあんな恰好してるの?
ただのコスプレじゃないの?
-----------------------
↑普段からあれ。開拓時代の生活を維持し続けて現代文明を拒否してる。
-----------------------
インド旅行した時のガイドの説明で、「昔、王様はいつでも好きな時に風呂に入るために24時間お湯を絶やさないように奴隷を3人使っていました」
「だから皆さんの家でいつでも好きな時にお湯が出るのは奴隷を3人使ってるのと同じですね」って。

現代文明は俺らを王様暮らしさせてくれている
手放せない
-----------------------
↑いつでも好きな音楽を聴くために楽団雇わなけりゃならんもんな
-----------------------
↑「テルマエ・ロマエ」で、古代ローマ人が自動的に便器の蓋が開くウォシュレット見て「奴隷も大変だな」と言うシーンが好き。
-----------------------
アントワネットが城内に田舎を作って農家ごっこやってた的な話?
皮肉はともかく昔の生活様式に憧れるのはなんかわかる
-----------------------

江戸時代の江戸も似たようなもんで、水道があったんだよね。「神田の水で産湯を使った」という、「神田の水」「というのは、玉川上水から引いた水道の水の事です。

-----------------------
イギリスでこれやってるドキュメンタリーあったよね
でもビクトリア朝のロンドンなら中流以上は洗濯は外注だったし
石炭を地下に運び入れたり暖炉のある2階に運び上げたりは児童労働者の仕事だった
現代において全部を安価な労働力に頼らずに維持するのは無理だ
-----------------------
恰好ばかり変えても・・・ アーミッシュがやっているような生活の工夫という、自己生産がなければ、いつか飽きが来る。 似非はなんでもいずれ消滅する。
-----------------------
日本でモガスタイルやってるやつも
PCだけは使ってたな
-----------------------
現代だから出来る懐古趣味っつうか、
いいとこ取り、好きなとこだけ真似る、ってのは悪くないと思うけどね。
-----------------------
日本でもオカマの人だと思うんだけれども、大正時代の日本の暮らしをやっている人がいたよね
ただ着物は大変そうなんだわ
-----------------------
アーミッシュやクエーカー教徒のコミュニティの連中も、
完全無農薬の作物や家具の販売サイトをネットで開設して商売してるもんな。
まあいい趣味なんじゃないかね。
-----------------------
アメリカの山奥に住んでる富豪がいて
年に2回だけ株を売買しに町に出てくるそうだ
収入のほとんどは株の配当とか
-----------------------
服とか家具とかいろいろ素材がいいから安物の化繊より金がかかる
蝋燭やランプやストーブや焚き木も金がかかる
あと川や井戸で洗濯( ^ω^)・・・
車もない、馬車がいる...雨が降ったら道も泥だらけ
-----------------------
日本でも薪ストーブと団扇で過ごせばあら不思議19世紀のまま
-----------------------
これが日本だったら春画で抜く・・・か・・・
耐えきれない
-----------------------
日本ではこれを
コスプレって言います
-----------------------
こういう暮らしが出来るぐらいの金が欲しいw って思っちゃう。
その辺の発想の転換が必要なんだろうなぁ、自分はもう毒され過ぎてて駄目だな。
-----------------------
昭和レトロマニアと同じか
-----------------------
あっちはマジて消費社会だからだろ。コストコみたいなのが当たり前で大量消費大量廃棄で疲れるんだよ
-----------------------
19世紀趣味というより貴族趣味、
19世紀の庶民の生活はしたくないだろうね
-----------------------
昭和が良い、電話も家にあるだけで縛られることも無かった
商店街も活気があって、中国人なんて見かけなかった
-----------------------
石油が精製される前はローソクは蜜蝋でとても高価だった
明かりは鯨油が中心
さて鯨はどうするのかな
-----------------------
↑1860年代には鯨油から灯油への移行がかなり進んでるよ
精製コスト含めて有利なので
-----------------------
知り合いでそんなの居たな。
古民家をレストアして、暖房は火鉢、普段着は和服。
でもユニットバスだけは奥方が譲らなかったとか。
-----------------------
都内は震災と空襲で、江戸の建築と明治大正の洋館と、ほとんど焼失したからね。
-----------------------
現代日本人ならケータイを捨てて固定電話一本にしただけで文明を捨てた気分になれるよ。
-----------------------
夫婦でこういうのできるのは羨ましい気もするし食事も当時の再現してるのがいいな
スマホ、クルマ、コンビニやFCは便利だが人間性を貧しくする
-----------------------
黒人奴隷はどこ
-----------------------
パソコンが蒸気駆動だったらすごいな
-----------------------

ヴィクトリア朝時代は貧富の差が拡大した時代で、田舎から都会に貧民が大量に移動し、少女売春が多かった。利便性や豊かさも、植民地や貧民からの収奪によって成り立っていた。ホームズ物の面白さというのは、金持ちと貧民と、両方が登場するところです。

コメント(4)

当時の英国を描いた映画(オリバー・ツイストだったと思う)のセリフの中に「町の浮浪者を檻にぶち込み、オーストラリアへ捨てに行く」というのが出てきて驚いたことがある。貧民が街でウロウロすること自体が犯罪「浮浪罪?」で、その「犯罪者」をオーストラリアへ捨てに行く?(ワン・フレーズで2度ビックリ!)。「80日間世界一周」もビクトリア朝時代。1日中カード・ゲームばかりしている独身貴族の主人公が80日間で世界1周できるかどうかで全財産を賭ける。私が旅行好きになったのはこの映画の影響が大きい。(気球に乗って、スコッチ・ウィスキーをアルプス頂上の雪で割って飲んだことは無いが、、)貧民としてこの時代のロンドンに住むのは遠慮する(PM2.5値高そう)が、映画の中の世界はとっても楽しそう。

故ジェレミー・ブレッド演ずるシャーロック・ホームズシリーズですが、
ブルーレイ版が出て鮮明になったせいか、セットや小道具の本物さに目を奪われます。
金かけて作ってたんだなw 今じゃ再現するの多分無理かもしれない。

>利便性や豊かさも、植民地や貧民からの収奪によって成り立っていた。

さらっと極限的に根本的なことをw
先進国の人々が「よりよい暮らし」を「無邪気に」目指す
弊害に目を向けるとそうなりますよね。
「戦争はなぜなくならないの?」
「それはね」
先進国の人々が決して直視しようとしない現実があります。

>ヴィクトリア朝時代は貧富の差が拡大した時代で、田舎から都会に貧民が大量に移動し、少女売春が多かった。

【 From Hell (2001) Official Trailer # 1 - Johnny Depp HD 】~1888年のロンドンが舞台で新説を元にした切り裂きジャック事件~

https://www.youtube.com/watch?v=EpOwhXPhPQ8


・・・・切り裂きジャックの正体は、ヴィクトリア女王の侍医のウィリアム・ガル博士とした説を採用。史実ですとガル博士は脳溢血の後遺症で、連続して猟奇殺人事件を起こす事は無理筋。 「Jack the Ripper」は世界で最も有名な未解決事件で、リッパロロジストが有力視した犯人ダケでも7名も。常軌を逸した犯行の残虐性、「伝説の殺人鬼」で社会に与えた影響が巨大。その後もメディアに与えた影響は計り知れず。未解決事件の代名詞で、「切り裂きジャックは存在しなかった」学説も存在します。

【 How Green Was My Valley (1941 cinema classic) (日本語字幕) 】~宮崎駿監督『天空の城ラピュタ』の世界観は、ジョン・フォード監督の『わが谷は緑なりき(How Green Was My Valley)』から~

https://www.youtube.com/watch?v=jEWkjOIB7iM

 
・・・・19世紀末のイギリス・ウェールズ地方のある炭坑町を舞台に、男達が皆働いているモーガン一家の人々を主人公にした人間ドラマ。貧しい家族の末っ子の回顧録なんですが、70年以上前の作品がBlu-ray化される程の古典的名作。羽振りが良かった炭坑町の労賃値下げ騒動、鉱夫達のストライキ運動の果に来る「どん底」。イギリスの労働者階級は悲惨なんですが、惨めったらしいお涙頂戴物語にしないのはジョン・フォード監督だから。労働問題や炭坑事故、信仰心と宗教的な偽善の分別など⇒バランス配分が絶妙デス。

コメントする

最近のコメント

_DSC41521_210.jpg

_DSC4277_210.jpg
産地は同じながらも、異なる焙煎で仕上げた2種類をセットにしました。今風のサードウェーブと、伝統の炭焼焙煎。どちちらもベースは同じタイ国メチャンタイ村の無農薬、化成肥料不使用コーヒーです。
税・送料込み1230円
2種類のお試しセット100g×2
IMG_2186150.jpg
AAは大きめの豆を選別して、最新型の強制熱風焙煎機によるサードウェーブ系の浅炒りで仕上げた、香り高く、フルーティーな酸味を活かした逸品です。炒り加減としてはミディアム・ローストくらい。
200g 1100円(税・送料込み)
sumiyaki150.jpg
Aはちょっと小ぶりの豆で、ファーストウェーブ系の原始的な炭火焙煎による、苦味とナチュラルな甘みを活かした渋い好みです。炭焼の焙煎度はシティロースト程度になります。こちらはエスプレッソマシンにも使えます。 400g 2480円(税・送料込み)
DSC01537_210.jpg
有史以来一度も肥料をやった事がない、という土地で粗放的に作られたアラビカ・ロブスタ天然ハイブリッド種の深炒りです。アイスコーヒーはもちろん、カフェオレやエスプレッソなど、使い途は多彩です。キリッと効いた苦味が特徴です。
税・送料込み1080円
東チモール豆フレンチロースト200g

DSC01554_210.jpg
自然栽培の豆を、手間のかかる炭焙で仕上げました。ギリギリまで深く炒って、自然の苦味と甘味を出していますが、酸味もちゃんと残っていて、バランスの良い出来になってます。ホットでもアイスでも美味しく飲めます。
税・送料込み.1280円
東チモール豆炭焙フルシティ200g

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g850円

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1150円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2500円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山