選択と集中で倒産寸前w

| コメント(10)
パイオニアが上場廃止というんだが、あすこは元は「福音電機」という名前の会社で、スピーカーユニットを作っていた。おいらも16cmフルレンジのPIM16Aというのを使っていた。メカニカル2ウェイ構造で、安いけど、大きなバスレフ箱に入れると、ゆったとした良い音で鳴ります。素晴らしい名作です。

創業者である松本望がアメリカ製のダイナミックスピーカーを聴き「いつか必ず自分の手で純国産のスピーカー(ユニット)を作りたい」と、1937年(昭和12年)に初の純国産ダイナミックスピーカー「A-8」を自らの手で開発したことより始まった。「パイオニア(PIONEER)」とは、そのスピーカーの商標であった。翌年、福音商会電機製作所を設立し、販売を開始した[1]。なお松本は後に印刷会社も興し、この会社は「フクイン(旧称・福音印刷)」としてパイオニア製品の取扱説明書やカタログの印刷を担当している。1961年(昭和36年)には商標であったパイオニアを社名とした。その後、世界初のセパレート型ステレオを発売し、オーディオブーム全盛の頃には山水電気(サンスイ、2014年7月に破産)、トリオ(後のケンウッド、現・JVCケンウッド)と並びオーディオ御三家(俗にいうサン・トリ・パイ)と呼ばれており、特にオーディオファンからは「スピーカーのパイオニア」で親しまれた[2]。

実は、おいらの身内にも、パイオニアの研究所に就職したヤツがいて、もう30年前だったか、その後、光学ドライブ映像機器の開発とかやっていたようだが、リストラで追い出され、東芝などあちこちの研究所を点々としてますw そういう研究者というのは、割とリストラを恐れないw どこからでもオファーがある。最近はアジア系外資からの誘いが多いらしいw 移る度に給料が上がるw おまけに、在籍時代の特許の分け前ボーナスまで、辞めた後も貰えたりするw やつの話を聞けば、日本のメーカーがなんで没落したか、理解できますw 目先の利益のために開発を捨て、その時に売れるモノだけを作ってきた末路だw

カーナビ大手パイオニアが3月に株式上場を廃止する。音響分野を中心とした高い技術力で存在感を放ってきた企業は、どこで失敗したのか。
 パイオニアが香港ファンド「ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア」の完全子会社となって抜本的な再建をめざす案が、今月25日の臨時株主総会で承認された。
「これから3年ぐらいは赤字になると思う」
 「ベアリングは5~7年、最悪10年かかってでも再成長させる意思を持つ」
 株主総会で森谷浩一社長はこう述べ、再建案への理解を求めた。
 当面は非正規を含む従業員の3...

目先の利益ばかりを追いかけて、開発、研究部門をリストラした。そんな会社が、10年後、20年後に生き残れるわけがない。

 税・送料込み 2980円
<サムラートの本格インドカレーお試しセット 4種×2pcs>

創業1980年の老舗カレー屋さんの作るレトルトカレーです。本格的なインドカレーをインド人が日本国内で製造しました。フィッシュカレーには静岡のカジキマグロを使用。カレー好きには見逃せない逸品ですね。
最後は銀行にも見放され パイオニアはなぜ失敗したのか、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
カーナビではなぁ
-----------------------
売るものがねえwww
買いたい商品が無い
-----------------------
山水電気
赤井電機
ティアック
オンキョー
マランツ
ナカミチ
ケンウッド
ビクター
-----------------------
カーステはデンソーテンとかクラリオン独占
高級オーディオはデノンマランツだろうし
ミニコンとかラジカセはパナとかソニー
パイオニアとかオンキヨーとかケンウッドJVCの出る幕はもうないよ
-----------------------
↑ケンウッドのカーステ買ったわ
スマホ繋げるとナビになるカーステはケンウッドかカロしかないから迷わずケンウッドにした
概ね満足してるよ
-----------------------
カーナビ関連はボッタクリ過ぎ
AirPlayとかに勝てる訳がない
-----------------------
カーステに絞ったのは本当に敗因だったな。
-----------------------
↑絞ったんじゃなくてそれしか残らなかっただけでしょ
-----------------------
開拓者。先駆者。役目は終わったw
-----------------------
傾きかける過程で優秀な社員は出ていちゃうんだよ
アホに最後まで付き合う奴らが真のバカ
-----------------------
欧州車OEMみたいな感じで残るのはアルパインだけか
アルプス電気
-----------------------
カーナビはアルパインの評価高いな
ルート探索や渋滞情報はパイオニアサイバーナビがいいらしい
-----------------------
レーザーディスク撤退
-----------------------
カーナビはもはや、スマホの方が優秀なのがわかっちゃったからな
-----------------------
↑スマホにバックモニターないのが最後の砦だな。
電池式は切れたら終わりだからあり得んし。
-----------------------
日本のオーディオ専門メーカーは軒並み衰退したのに欧州のブランドはまだ残ってる不思議
ピュアオーディオの世界はわからん
-----------------------
↑日本のメーカーは性能性能と数値化ばかりで数字ではないブランドの価値と言う物を作り出すのが非常に下手だな
-----------------------
そういやDVDレコーダーを最初に出したのパイオニアだったな
-----------------------
PCの光学ドライブはパイオニアの使ってたわ
-----------------------
↑同じく、日本製Blu-rayドライブ今も使ってる
-----------------------
誰だよ、"選択と集中"とか言ってコンサルしてたの。
-----------------------
↑選択と集中で思い出すのは東芝とパイオニアだな...
両方とも倒産寸前まで追い込まれた。
社長は諸価値の総合者でなければならないが、役職としては居たけれども実際には居なかったて事だな...
-----------------------
オーディオでパイオニアとサンスイのアンプ、チューナーの高級感は異常だった
普及機であっても良かった
パイオニアの持ってたけど、音量ツマミのクリック感やチューニングつまみの重さとか今でも感触が残っているわ
両者ともついにつぶれてしまったか
-----------------------
↑昔はオーディオが売れたけど、今じゃスマホで充分って人も多いからなぁ
そのせいかイヤホン売り場に物凄い種類のイヤホンが置いてあって結構売れてるみたいだけど
-----------------------
ここいろんな事業あったけど
カーステを最後まで残してたんだっけ?
取捨選択や新規事業の開拓とか下手なイメージ
-----------------------
結局韓国と中国に技術者骨抜きにされたんだわ。なさけねわ
-----------------------
マニア向け高級ステレオに走ればよかったのになぁ。
カーナビはスマホで済むのに・・・。
-----------------------
カーナビ高いのに、ナビの地図更新で二万とかはさすがに払いたくないわ
Googleナビで十分
-----------------------
道を星に聞いてた頃が
パイオニアの絶頂期
廃業解散でいいと思う
企業センスが致命的に悪い
-----------------------
今でもPC用のBDドライブは
全然主戦力だとは思うが
全従業員を養う程の規模じゃないな
-----------------------
↑それも
どうせ中国資本に切り売りされて終わる
パイオニアに未来はない
おつかれさまって感じ
-----------------------
マックの互換機も一時作ってたよね
すぐに止めたけど
-----------------------
↑止めたんじゃなくてジョブスがAppleに戻ってきて互換機認めなくした
-----------------------
一言で言えば
「カーナビは必要だけど、高機能で高価な物は必要無かった」ということだよ。

技術に溺れ、開発費にお金をかけ過ぎ、消費者の目線で物を見ず、車離れを予測できなかった
これら全てを含めて手を打たなかったというのが敗因だろな
要は経営陣が古すぎたってことだ

お疲れ様♪
-----------------------
スマホがあれば事足りるからなぁ
-----------------------
高いブランド力あったオーディオ捨ててナビに社運かけた無能ぶり。
-----------------------
↑一方オーディオテクニカはお寿司ロボットに社運を賭けた
-----------------------
オーディオで生きていればBluetooth接続スピーカーとかでもしかしたらワンチャンあったかもしれん
-----------------------
カーナビが儲かると思ったからだろ
カーナビが標準装備となり、車メーカーから選ばれなかったら終わり
-----------------------
今の時代にナビを売るには、新車装着しかない
後付けでナビ買うやつなんてほぼいないから
市場はかなり小さくなってる
-----------------------
LD撤退で大量のソフト購入してたユーザーを裏切ったのが大きい。モニターもアンプも基本パイオニアブランドで固めてた富裕層を自ら手放した
-----------------------
昔は土日になればカー用品店に列ができてみんな30万とかのナビ買ってたんだぜw
それを見てきたお年寄り経営者は「これはもうカーナビ注力の時代だろ」って勘違いしてしまった
道順調べるだけなら車にスマホホルダー付けるだけで事足りる時代になるなんて思わなかっただろうしな
-----------------------
90年代に率先してリストラと言う名目で大量解雇をやってから企業イメージも低下し社員モチベーションも失われ
出来る奴からスピンアウト。 経営陣の責任は大きいね
-----------------------
俺の若い頃はちょうどレーザ-ディスク黄金期だった。
当時の映像機器としてはEDベータに次ぐ画質を誇った、
LD-S1、CDとのコンパチを実現したCLD9000など
当時のパイオニアはオーディオから映像機器への転換に
成功し、まさに飛ぶ鳥落とす勢いで
VHDは、まったく太刀打ちできなかった。
-----------------------
しくじり企業で取り上げてほしい
-----------------------
道は死兆星(ほし)に聞け
-----------------------
ここまでDJ機材の話なし
-----------------------
なお、オーディオ部門は既にオンキヨーになっている模様
-----------------------
伝説のパイオニア無双
LD(パイオニア1社のみ) vs VHD(松下など 家電メーカー15社連合)
-----------------------

開発・研究部門の優秀なエンジニアたちは、とっくに日本企業を捨てた。サムスンの研究所が、なんで、横浜と大阪にあるのか? まぁ、そういう事だw

-----------------------
今まで同様に車速パルスやジャイロ信号も読みとる日本独自の高精度のハードに
G.MAPとオッケーグーグルを載せたやつを素直に出せばよかったのよ
自社技術完結のシステムにこだわりすぎんだろ、パイオニアに限らないけど
-----------------------
選択と集中ってのはリストラとセットだから、短期的には業績上がったように見えるから
コンサルとして勧めるのはこれ一択なのよ。
成功報酬も出るし。
10年後どうなってようが知ったこっちゃないしな。
-----------------------
バブル後率先してリストラしてたのに
-----------------------
カーナビ技術は2019年時点でいまだに世界トップなんだってよ、でも潰れる。これは安倍が悪い、
-----------------------
↑こういうのは長年のノウハウが重要だからね。
でもそれほど必要じゃない。
ナビ必須なのはタクシーと外回りの営業と宅配ぐらい。
-----------------------
随分昔にパイオニアに転職しようとして入社面接したら断られたけど、今にしてみたらむしろよかったな。
-----------------------
カーナビに絞ったのもたった数年の延命のためだったんだな
-----------------------
↑本当はあの時点で万事休すだったんだけど
経営陣が自分達の任期中は延命させる為に選択と集中したふりしただけ
-----------------------
カーナビに全フリしたらスマホと純正ナビに全部持っていかれたんだよな
何十年も研究してポッと出たIT企業にあっという間に追い抜かされるっていう
ソフト開発はこういうのがあるから怖いですわ一人の天才が全部ひっくり返しちゃう
-----------------------
↑こんな理由で大丈夫と太鼓判おしてたかも?w

先駆者としてのブランド
長年培ったノウハウ
量販店との信頼関係を築いたチャネル
足で作り上げた地図
専用機ならではのUI
通信状況に左右されない安定したナビゲーション
-----------------------
日本のオーディオメーカーの躍進の1つは、ベトナムからの帰還米兵が、PXでお土産にアメリカにオーディオ製品を持ち帰ったのが、大躍進の始まりなんだよ
-----------------------
Kenwoodはあちこち身売りされても
虎の子のオーディオを手放さなかったからな
何事も継続は力なり
-----------------------
めちゃくちゃカーナビのパテント持ってんだよね
世界一らしいけどこの国には助けて貰えなかった
-----------------------
↑都市銀行は助けるが地方銀行や他の業種には冷たいからなこの国は。
-----------------------
カーナビ本体 売ったんだから地図データの更新は ずっとやって欲しい。この機種は これで更新は最後ですは あり得ない。
-----------------------
LDからDVD迄は高級機は覇権取ったけどBDで優位性をPS3に取られてしまった。
実はパイオニアのBDプレーヤー使ってるがとても使い勝手が良く重宝してるがあまりに知られてない
オーディオも昔からの知ってるがウリがポンポン変わる
あと、デザインがダサい、と言うか中途半端
洗練されてないし武骨でも無い
-----------------------
↑ホームAVはオンキヨー傘下だから無関係じゃないの
-----------------------
森高千里が全国ツアー始めたらしいからまたライブのレーザーディスクを売れば復活する
-----------------------
Clarionごときが色々手を尽くして生き残ってるのに、パイオニアがダメになるとはな
変なプライドが邪魔をしたのかな
-----------------------
↑クラリオンは日立の子会社だったからな
日立と関係が深い日産の純正と他社の純正だけでも会社が成り立つ時代があった
去年の年末に日立はクラリオンをフランス企業に売却したから今後も日産ルノーで生きてくんだろ
-----------------------
借りた金湯水のごとく使って、はい無くなりました
まぁこんな無能な経営者はおらんて
三菱もあきれ果てただろ
-----------------------
HDD40GBで地図の更新が3万超えのカーナビを25万で売ってた会社だもんしょうがない
取り込んだ音楽は外に出せず完全な手間損な仕様だし
ゴリラなら2年毎に最新の地図に買い替えたって3万で済む
スマホのナビも結構使えるし、なるべくしてなった結果だよ
-----------------------
勘違いが多いから整理するぞ
売却済事業
・ホームオーディオ+電話機→オンキヨー
・DJ機器→KKR(ファンド)
・CATV事業→テクニカラー(仏企業)
・FA事業→デンソー
・中国国内でのパイオニア商標→蘇寧電器(ラオックスの親会社)

残ってる事業
・車載機器事業
・有機EL
・自転車(パワーメーター)
・高級オーディオ(TAD)
・電子地図(インクリメントP)
・土地建物 川越事業所
-----------------------
↑このフランスのテクニカラーて元祖アメリカのカラー映画を生み出したテクニカラーと関係あるの?
-----------------------
↑うん、そのテクニカラーで合ってる
-----------------------
レーザーディスクやめたのが原因
-----------------------
あのレーザーディスクで成功が唯我独尊の勘違い路線した。
車ならトヨタは戦前の国策販売網押さえて売る作戦が当たった。日産は販売で勝てないので技術の日産かかげ販売無視した車作り、売る売れる要素研究せず。
パイオニアにとってはカラオケとナビがDVDから通信に変わると気づかなかったのが敗因、まぁ見通した人もいなかったけど。
-----------------------
クラリオンくらいの規模なら細々とやっていけるんだろうけど
パイオニアは無駄に図体がデカいから車載機器だけでやっていける訳なかった
-----------------------
昭和は遠くなりにけり
日本の大企業がみるみる外資に吸収されもしくは終焉を迎え哀しくなるばかり
-----------------------
本業の市場自体が消えてく場合、会社存続は相当難易度高いよね
富士フイルムみたいに派生分野に移行して生き残るような例もかなりレア
-----------------------
TADがまだ存続してるんだな・・・
-----------------------
↑TADのベリリウム振動版は良いよ ああ今俺は核兵器の材料で音楽を聴いてるんだって
充実感があるw

それに比べてビクターのあのしょぼいウッドコーンとか言うへっぽこスピーカーの
ゴミっぷりには絶句 嘗てピュアファインセラミックダイアモンド振動版作ってた
メーカーとは思えない没落ぶり
-----------------------
昔、世田谷のほうに行くとカーオーディオ専門店とかあったな。ピットにはいつも高級車
が入っていて取付作業していた。
ナカミチとか高すぎて手が出なかったな。
クラリオンとか安いイメージ。ロンサムカーボーイは古い。カロッツェリアはミーハー。
なのでアルパインが好きだったな。
-----------------------
そういえば中学卒業のお祝いに、ジョージベンソンのCMやっていたオーディオ買って貰った。
あの頃は、厨房の俺でもライオネルリッチーとかいいアーティストを聞いていたからな。
今の厨房はAKBとかそんなのしか聞かないからな。
-----------------------
車のナビはオートクルーズとか衝突防止機能のコンソール的役目も組み込まれるので、
メーカー標準のナビ一択になってたよね。
トヨタなんかはケータイ網が標準で地図の更新機能もついてるくらい。
-----------------------

1970年代というのは、日本社会が大きく変わった時期で、オーディオブームというのも、そのひとつだった。おいら、上京しては秋葉原を彷徨い、何かに憑かれたようにスピーカーユニットやらアンプやら、探し歩いていたんだが、大学生や若い労働者までもが、自分の「音響再生機器」というのを持てるようになった、最初の時期です。この時期、スピーカーユニットメーカーだったパイオニアや、トランス屋あがりの山水とか、部品メーカーがオーディオメーカーに変身を遂げ、急成長した。会社が大きくなりゃ、上場でカネも集まるし、狭い市場だけでは食えないので、間口を広げざるを得ない。そこで、50年後、100年後を考えて、あえて、会社を大きくせず、自分のやりたい方向だけで、ささやかに続けようという選択肢は、資本主義社会においては、あり得ないのだ。

コメント(10)

>光学ドライブ映像機器の開発とかやっていたようだが

私の知合いは日立で光学ドライブ映像機器の開発とかやっていたが、
日立社内で開発が中止になり、パイオニア移った。
LDで私が一番驚いたのは、出て間もなく裏物が出回ったことだ。
日本のヤクザ恐るべき。

オーディオ•ショールームで欧州の教会の鐘の音をデジタル音源とアナログ音源で聞き比べた時の事。私のような鈍感な耳でも、アナログの良さがはっきり分かった。富士市の市民オーケストラ演奏会のチケットを頂いて聞きに行ったときの事。日頃自宅で聞いている欧州一流オーケストラのCDより遥かに豊かな音だった。音楽好きなので、一応そこそこのオーディオ機器を持っているが、デジタル音源にはあまり期待していない。サンプリング周波数3万ヘルツの問題を引き合いに出すまでもなく、人間の耳の能力はデジタル音源の容量を遥かに越えているらしい。アザラシの赤ちゃんが何ヶ月ぶりかで出会った母親の鳴き声を何千頭の群れの中で聞き分ける、というあれです。

1977年に馬車道にあった有隣堂内の楽器店の新製品発表会で聴いて、『一耳惚れ!』、当時1本\26,000で、給料2ヶ月分を叩いて連れ帰りました。
最初はSONYのコンポの大型スピーカーを取っ払って連結、その後何台かのアンプの連れ合いを務めてくれ、今はDENON ネットワークCDレシーバー RCD-N7Wに傅いてくれています。
これが、おいらの自慢
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1015863502.html

LDの心臓部になる光学ヘッドは外部からの購入品だから、「技術があるのか?」、、と思う。
 創業者が、日本初の無共鳴室を造った事は凄いように思うがその後の経営者が???だろう。
まあ、舵取りを間違えた例だろう。2003年にはもう工場現場は駄目だったから、よく15年も延命したとつくづく思う。

選択と集中の戦略は正しいが、それを行うのは至難の業だ。
先ず、正しい方向性を選択しなければならない、これが凡百の経営者には出来ない。
パイオニアの第一の躓きはプラズマテレビだろうけど、日本の大メーカー全てが参入していた上に、サムスンやLGも力を入れていた、さらに液晶という強力なライバルまでいたのに、なぜ弱小メーカーが勝ち抜けることができると判断したのか。
そのうえ集中に関してはさらに難しい、自社の経営資源、強みを生かし、さらにどのように集中すれば大メーカーを出し抜くことができるのか発見し、会社を運営していかなければならないのだから。
第二の躓きであるカーナビに於いては、確かにライバルは中堅企業ばかりだったが、やがて自動車自体がコンピュータの塊になり、カーナビもその中に組み込まれてしまう未来が想像できれば、資本も無く、元来音響専門で地図以外のソフトウエアに弱い、自社ではどうにもならなことが分かっただろう。

>光学ヘッドは外部からの購入品

 ずっと愛用してたCDプレイヤーがぶっ壊れたので解体してヘッド見てたんですが、どうやってあんな精度の細かい角度変化を高速に追いかけて正確な場所をトレースするのかとずっと謎だったのが氷解しました。なるほどね。軽さが命ですなぁ。動くのはレンズの角度だけで、動かす動力はレンズ側にあるコイルで、永久磁石は本体側(といっても可動ヘッドの本体だが。)に置いてある。一種のダイナミックスピーカーです。
 久しぶりに家電分解して得るものがあった。しかしDVDやらBDやらはもっと要求がきつくなるからさらに軽く器用な配置なんだろうな。もしかしたら梃子とか使って速度調整とかもしてるかも(これは憶測。見たヘッドはそのまま方向が違う二つのコイルがついてただけで、糸で空中に浮かしてあるだけでした。)

パイオニアといえば、ナビゲーション技術がまだ優位にあるのはこの時期の技術者のおかげなんですな。今の日本はこの時期の技術の残照で生きている。

https://www.dailymotion.com/video/x3lmi5l
(膳場貴子が若い)

世界で初めて民生用車載GPSナビゲーションシステムを開発したというのは大したもので、本当は開発製品のいたるところに特許や実用新案のトラップを造っておくべきだったんですな。それさえできていたら今頃知的財産だけで十分食えた企業です。
リバースエンジニアリングでパクりまくったのは他の日本企業ですが。

まあ買主が香港企業でよかったかもしれません。
中国での日本のオーディオブランドは大切にされていてなくなることはないでしょう。山水もラックスも今は中国企業。
現実問題として流通している製品もほとんどが中国製ですな。

なにケンウッドだッて元はアメリカの小さな通信機会社のブランド。
トリオが米販社として買収した後自社ブランドにしたのです。
因果は繰り返すということです。


シャープさんのこともたまには思い出してあげてください。

【 パイオニア ランナウェイ その2 】~二十歳までに、僕はいくつ川を渡るだろう~

https://www.youtube.com/watch?v=--gQxBwUKtg

【 1977~1993パイオニアCM集 】~株主総会で香港ファンド傘下入り承認~

https://www.youtube.com/watch?v=hYB-uumFAnE

携帶電話の端末にGPS受信機が實裝されるやうになつて早何年。
携帶することが健康に惡い電波送受信機の端末を個人が常時携へるやうになつて+何年であらうか。
現在は車にSIMが割當てられるconnectedの一億總監視社會である譯だが。

袋井工場の跡地は如何なつてゐるだらうか。
元Schindler社の昇降機工場共々氣になる所ではある。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山