ゆで汁なんて飲んでうまいのか

| コメント(10)
そば湯を飲むか飲まないか? という話なんだが、ところで関西と関東では、食生活が違うというのは良く言われるんだが、関西の食文化は宮廷もあれば、由緒正しい先祖伝来の大商人もいる。もちろん貧乏人もいる。格差が大きい。関西の商家で定番だったのは、「茶粥」です。それも番茶粥。腹が膨れるまで食っても、単なる水膨れなので、すぐにまた腹が減ってしまうw ダイエットには最適だw 豆州楽市の薪炒り番茶粥、好評です、よろしくw

18102502.jpg 税・送料込み 980円 <炒り玄米の番茶粥セット 6食分(2食分×3)>
弱火で20分間コトコトと煮るだけでカンタンに作れる番茶粥セットです。一人前ずつ小分けされているので、とても便利。コメは、無農薬・無施肥の自然栽培米です。番茶ももちろん、無農薬・無施肥の自然栽培茶。「日本の食」を追求して来た豆州楽市、薪炒り番茶KKが辿りついた、ひとつの結論です。

大阪は商都なので、代を重ねた大商人もいるが、そこで働く丁稚もいる。江戸は、基本的には武士の街で、そもそも武士は贅沢をしない。質素な生活をしている。多くが地方から出向して来た連中で、武士と言っても貧しく、生活も質素だ。江戸の商人は多くが「成り上がり」で、カネは持っていても口は驕ってない。「食は三代」という言葉があるんだが、カネに余裕が出来ても、それが「口が驕る」ところまでには、三代、75年かかる、という事。また、庶民でも、職人はカネを持っているので、美味しいモノを食べる。鰻の蒲焼、握り寿司、蕎麦、どれも、金持ちではなく、庶民が育てた料理です。江戸は、将軍を除けば、あまり食生活での格差は激しくなかったのだ。

円グラフを見て分かる通り、東日本と西日本では「必ず飲む」と答えた人の割合に20ポイント近い差が出た。「たまに飲む」派では西日本の方が上回ったが、全体としてはやはり東日本の方がメジャーなようだ。
1度も飲んだことがない、そもそも知らないという人の割合で見ても、東日本はたった8%。一方、西日本では2割強の人がこれに該当し、くっきりと地域差が出た結果になった。
続いて、そば湯を「必ず飲む」と答えた人の割合を都道府県別でみていこう。
一目瞭然だが、関西地方が真っ白(=必ず飲む人の割合が50%以下)だ。一方で、九州や四国では比較的「飲む派」が多い結果に。実際、関西地方の必ず飲む率は35.4%。それ以外の西日本地域では59.3%という数字で、25ポイント近い差がついている。
なぜ、こういった差が出るのだろうか。
その理由について、筆者は過去に専門家の見解を聞いたことがある。そば文化の普及活動をしている一般社団法人「全麺協」の担当者に「そば湯、関西ではマイナーでは?」という説を聞いたとき、
 「そもそも西日本ではあまりそばを食べず、うどんを食べる人が多いので、そもそも『そば湯』を出すような専門店に行くことが少ないのでは」
との回答があったのだ。

大阪では、伝統と格式の宮廷料理もあれば、凝った懐石料理もある。けれど、そんなモノは一生食わないで死んで行く貧乏人もウジャウジャいる。安くて腹が満たせるうどんは、そういう連中の格好の餌w 今の時代だと、お好み焼きとかたこ焼きとか、いわゆる「粉もん」ですね。幕府は税金を「コメ」で徴収していたので、コメは最終的に江戸に送られ、そこで消費される。武士の俸禄もコメ本位制です。江戸では貧乏人が白米ばかり食って脚気になるほど、コメばかり食っていた。大阪では、番茶で雑穀粥ですw

 750円(税・送料込み)
<豆州楽市オリジナルそばつゆ 60ml×10袋 使いきり10人前>

超高級食材だけで作った、至上の蕎麦ツユです。田子のカネサ製の本枯節、網代のカツオ節問屋、丸藤さんちの本枯れ宗田節、ヤマサの特選丸大豆醤油、三河本味醂、そしてザラメです。いずれも、現在入手可能なベストの食材を使いました。市販の蕎麦ツユで、これだけ贅沢をしたモノはないと思う。もりそば、ざるそば専用として、そのまま使う原液タイプです。一人前60ccずつパックになってます。そうめんには倍に希釈してお使いください。
【調査】関西人は「そば湯を飲まない」 そもそも、存在自体を知らない人も...★2、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
そばのゆで汁だ
まあ栄養は豊富だな
そばの栄養は、むしろゆで汁の方に
しみ出ちゃってるからな
-----------------------
ジャップ名物、残飯再利用か
-----------------------
というか十割蕎麦の袋に「蕎麦湯が取れます」と書いてあって。
それがわからなかった。他はあかんの?
茹で汁を、ざるそばのつゆで割れば蕎麦湯できるでオケ?
-----------------------
↑普通のそばはほぼ小麦粉だから
ゆで汁飲んでもルチンとか摂取できない
-----------------------
関西の蕎麦はくそまずい。
うどんもふにゃふにゃでまずい。
ラーメンもダメ。
だから関西人は粉もんばかり食べてるんだろうね。
-----------------------
↑関東の出汁は美味しくない
-----------------------
関西人の関東コンプレックスは凄いからな
-----------------------
こんな論争になるほどのシロモノじゃないだろ
蕎麦湯しか出さない店でもあるのか?
-----------------------
↑蕎麦湯のが旨い蕎麦屋とか嫌だなww
-----------------------
飲まないのは勝手だが
蕎麦湯しらないとかまともな関西人やないな
-----------------------
↑いやマジで知らん。
-----------------------
関西でも穴場的に蕎麦ウマイ店がある 数は少ない
-----------------------
煮え湯なら飲まされてる
-----------------------
俺も関東住みだけど蕎麦湯っての知ったのは二十歳過ぎだなあ
関東でもそんなにポピュラーって訳でもないと思うけどね → 蕎麦湯
蕎麦屋でも高級店で出すイメージだな、蕎麦湯は
-----------------------
↑知ってても今や若い人ほど好んで飲まないと思う
-----------------------
茹で汁捨てると店の排水溝が詰まるのだよ
だから客に飲まして下水処理させてる
関西ではそのような馬鹿な文化はない
-----------------------
昔は蕎麦と言ったら蕎麦がきのことで
蕎麦粉を単にお湯で練ったものを醤油につけて食ってたんだよな
もともとが貧しい地域の食べ物だから、食文化が豊かな関西であまり馴染みがないのは仕方ない
-----------------------
飲んだ事がないとゆで汁と聞いただけで飲みたいとは思わないわ。
-----------------------
関西でもざるそば頼んだらもれなく
蕎麦湯はついてくるからな
足らんかったらお代わり言えばいい
その前につゆが少なすぎて蕎麦湯だけじゃ味気ないけどな
-----------------------
戦前までは関西でも毎月蕎麦食ってたのに廃れたな
-----------------------
つか蕎麦は一枚だと量少なすぎ
重い蕎麦湯があってちょうど腹が満たされる気がする
-----------------------
↑まあな。そばは「おやつ」よ
-----------------------
関東人は勘違いしているが、九州では30年前は蕎麦湯なんて飲まなかった。
そばや自体少ないこともあるが、うどん屋にある蕎麦には蕎麦湯なんてついていなかった。
東京に来て、初めて見たが、それでも友人から言われるまで飲まなかった。
なんて汚いんだろ?とさえ思ってたんだよ。
-----------------------
関西の女がそば湯知らなくて炎上したのいつの話だっけ?
本物を食べたことがないとかマウントがひどかったな
-----------------------
うどんの茹で汁だって飲まない。
汚れ出汁汁なんか飲むなよ、貧乏人。
そもそも蕎麦なんてコメができない地域へ逃げて行ったか、人里から追い出された地域で何これ?こうやって食えるぞって始まったもんだろ。
もっといいもの食え。
-----------------------
つけ麺の追いスープはこれが元かな?
関西から関東来て、初めて存在を知ったわ。
関西はうどん文化だけど、歳取ると蕎麦の方が美味しいわ。
-----------------------
関東は蕎麦汁少ないから蕎麦湯入れてちょうどいいかもしれないが、
関西はざる蕎麦の蕎麦汁多いから蕎麦湯入れても辛いだけだしなぁ。

蕎麦湯飲むために蕎麦汁だけ飲むのも嫌だしw
-----------------------
ゆで汁なんて飲んでうまいのか
-----------------------
親がおかわり頼むくらい飲んでるから存在は知ってた
つゆも美味しいとこじゃないとそんなに飲めない
-----------------------
神戸に蕎麦屋があったんで食ってみたら信州人のおいらからすればうどんが出てきた。
-----------------------
そばつゆが薄くならないように継ぎ足しながら食べる
最後に残ったそばつゆに蕎麦湯を入れて飲む
これでお腹の中が蕎麦で一杯
-----------------------
関西には蕎麦専門店が無い
蕎麦もうどんも同じ湯で茹がくんだから当然蕎麦湯も無い 当たり前ですわ
-----------------------
蕎麦がうまいのは当然で尚且つツユがうまい店でしか飲まない
どっちかが欠けてるだけで蕎麦湯なんて拷問になる
-----------------------
そば湯て何?
-----------------------
蕎麦は雑穀です
旨いものではありません。
東京の人が蕎麦を好むのは慢性栄養失調が理由です
ビタミンB1のサプリメントです

旨い旨いと食うやつは味覚障害
雑穀なんだから、旨いわけねぇだろw

香りがぁ

アホかw
-----------------------
上司が「煮え湯を飲まされる」を間違えて「蕎麦湯を飲まされる」と言ってしまってその場の空気が微妙になったのを思い出した
-----------------------
そば湯って飲んだ事無いんだけど何か味付けとかしてあるの?
単なる茹で汁?
飲み方は?ダシやツユを割って飲むの?
どんな物かすげぇ気になるし飲んでみたい
-----------------------
↑今の蕎麦湯は新しい蕎麦粉を足して蕎麦味を濃くしているところが多いが
昔は本当にそばをゆでた後の湯だった
余ったそばつゆを薄めて飲むための道具
-----------------------
余ったつゆを茹で汁で割って飲むなんて 
粋を好む江戸っ子が貧乏臭いなあ
-----------------------
↑いどっこはけちで見栄っ張りでみみっちいんだよ
知らなかっただろー関西人
-----------------------
↑江戸っ子って粗暴で堪え性がなく無計画に生きる粗忽者って意味だぞw
武士はもちろんのこと昔江戸にいた学のある商人などは江戸っ子などと言われたら怒り狂ったそうだ
-----------------------
蕎麦湯のマネをしたのがつけ麺の最後に出てくるスープ割り
-----------------------
ビンボクセェだろ
たかがそばの茹で汁ありがたがるって戦後かよwwww
-----------------------
↑茹で汁がどうの言ってる奴って本場イタリアンのパスタソースに茹で汁使われてること知らなそう
-----------------------

豆州楽市では蕎麦も看板商品なんだが、ウチの蕎麦は製麺の時に1kg4800円の天日塩を使っている。乾麺は茹でる時に塩分が流れ出すので、普通、乾麺の茹汁を飲む人はいない。しょっぱいからだ。でも、ウチの蕎麦の茹汁はまったりした程よい塩加減で、飲んでも美味しいです。

-----------------------
出石そば食べに来てた関西人
みんな蕎麦湯飲んでたけどな
飲み方知らない人も居るっちゃ居るが
-----------------------
蕎麦湯飲まないのは勝手だが
知らないのはどうかな

古くから京都大阪に伝わる文化
毎月そばを食べることも伝わってる
-----------------------
関西系筋トレYouTuberが蕎麦湯がなにかわからなくて右往左往してる動画見てビックリした
-----------------------
関西は昔から食のレベルが低いからな
京都然り
-----------------------
ようするに江戸というのは超絶過密都市だったの。
十分な栄養を輸送できるほどの生産力やインフラがない。
米を運ぶのが精一杯で根菜などのビタミン、必須栄養素は後回し
そこで蕎麦が出てきた。輸送や保存性、ビタミンB1(不足すると脚気、
江戸患いの原因になる)の補給に都合が良かった。
なおかつ折角ビタミンB1の溶け出した茹で汁すらもったいなくて、飲んだ。
どんだけ貧しいねんw

うなぎ、肉じゃがに臭い豚を好んで使うのも同じ理由。

関西人は豊かなな食文化を持っているので
小麦を食い、汁などすすらない。
肉じゃがには美味しい牛肉を使う
-----------------------
今はどこも暖房きいたりしてるから冬も普通にもりそばとか食うけど、江戸時代の連中は冬は素直に汁蕎麦食ってただろうなw
-----------------------
↑時代劇に出てくる屋台の蕎麦屋は汁蕎麦だよ、ザル蕎麦が異型ナンヤ 
ともかく 欠食な時代で茹で汁を捨てるなんて勿体無いから飲んでただけだよ
-----------------------
フェラした後も飲み干すのが関東流
-----------------------
そば湯を飲むのを考えた奴と、
パスタの茹で汁を再利用するのを考えた奴と、
焼きそば弁当の戻し汁を再利用するのを考えた奴は同一人物だろ('・ω・') ?
-----------------------
↑何その場所も時間も無視した不老不死設定
うしおととら的なキャラを想像したw
-----------------------
京都のいいとこのそばやにはそば湯あるよな たしか名古屋東海にもあるし信州はもちろん岡山広島でもある
大阪だけじゃないのそばのうまさわかんないのって
-----------------------
↑尾張屋も大黒屋もあったと思う。
田毎も確かあった。
-----------------------
もぐりの関西人は納豆の文化も捨てたからな
蕎麦も捨てても仕方ない
戦前までは毎月蕎麦食ってた歴史が残ってる
-----------------------
関西人は蕎麦湯を飲まないけど、無料の天かすを大量に食べる。
ざるそばにも平気で天かすを入れる。
関西の蕎麦は油ぎった天かすメインの異質な食べ物なんだよね。
-----------------------
蕎麦湯とは違うが、坊主の食事の時も器に残ったカスをお湯入れてこそげ取って飲み干すとかあるじゃん。
今も昔の人なんかはご飯食った後にお茶入れてきれいに食べるじゃん。
日本人の食文化は元々貧乏臭いんだよ。
-----------------------
最初、出されてなんだかわからなかったけど、お湯だと思って飲んでた
-----------------------
ちょっと昔だけど関西弁を話す人がそば湯の蓋を開けて蕎麦の短い物を食べてた。
理由はこれか!やはりそば湯を知らないのか。。。
-----------------------
そもそも関西人はざるそば食べないから
うどんのつゆにそばを入れて食べる
-----------------------
つけ汁飲んだり茹でた湯を飲んだり
兵糧攻めにでも遭ってる のか?
-----------------------
ドヤ顔で茹で汁なんか客のテーブルに出してくるんじゃねえよ
-----------------------
飲むって言ってるヤツさ、そば食うたびそんな必ず飲んでんの?
外食だけじゃなくて家で食うことだってあるべ?
「そばを食べた後はそば湯でシメるという人が圧倒的に多い」
こんなん絶対信じられんわ・・
-----------------------
わさび入れすぎた後に
それを忘れて飲むそば湯。
あのやり場のない後悔。
それがまた愛おしい。
-----------------------
そばを茹でた後のお湯を飲むわけ?
京都人だからか普通に知らんぞ
-----------------------
↑ほかの京都人が京都には蕎麦湯おますってゆうてはるで
-----------------------
九州だがそもそも「蕎麦屋」ってあんまりないな
うどん屋がついでに蕎麦出してくる店なら結構あるけど
-----------------------
↑関西は庶民的なうどん屋兼定食屋みたいな店が多いね。
吉本新喜劇でもよく出てくる。
関東には無い業態。
まぁ関東にもそば屋はあるけど、ちょっと雰囲気が違う。
-----------------------
初めて店で茹で汁持って来られた時は面食らったわ
大体食後とかに仰々しく持って来るよな
-----------------------
そば屋で一番美味いのはそば焼酎のそば湯割り
-----------------------
ニシン蕎麦だって
きわの日に蕎麦を食ってた流れから生まれたものだしな
京都に古くからある文化
知らない奴はもぐりや
-----------------------
蕎麦のたんぱく質は水に溶けるから栄養学的には正しい。
-----------------------
出されたとき嫌がらせかと思った
そばって踏んで腰をだしてたりするしそれを洗ったようなお湯とかのめない
-----------------------
↑それ饂飩しかも讃岐w
-----------------------
↑親父が素手で一時間近くこねくり回すんだよ
親父の手汗、手垢、手脂
たっぷり練り込まれてその茹で汁w
-----------------------
↑1時間こねくりまわすってどんな蕎麦だよw
-----------------------
手軽なうどん屋とかだと先ず出て来ないけど美味しいお蕎麦を食べさせる店なら関西でも蕎麦湯は出て来るんじゃないかな?
そう言う店に行った事有るか無いかの違いじゃないのw
-----------------------
在日色が濃い地域は蕎麦湯飲む習慣ないよ
-----------------------
レーダースレより勢いあってワロタ
まあナショナリズムを勃起させてシコり合うスレよりは健全か
-----------------------

関西は食文化が豊かなわけじゃない。豊かな食文化を持った階層がいる、というだけ。江戸の食文化は、むしろ庶民が産み、育てた。江戸を代表する料理は全て、殿さまが食べられなかった料理ですw

コメント(10)

昔は脱穀、製粉技術が発達してなかったので皮がそば粉にまざってしまっていた。そのせいでお腹を下す人が多かったんだが、その対処法はお湯を飲むこと。どうせなら茹で汁を飲もうということになって蕎麦湯を飲む習慣ができた。
貧乏くさいとかそういうことはない。


古くから半可通が跋扈するその世界では誤解しているひとの方が多いくらいですが蕎麦の

    「ゆで汁」と「そば湯」とは異なったものと考えた方が正解です 

蕎麦を切る際にはくっつかないよう振る「打ち粉」が必要でその店によって多少違いますが

ほとんどの場合打ち粉には小麦粉を使用しています ですからゆで汁に溶け出しているのは

小麦粉成分がほとんどで客に蕎麦湯を頼まれた場合そば粉だけを溶かした蕎麦湯を別に作り

本来ならば塗りの四角型をした湯桶に入れて「蕎麦湯」として出します 。。/笑。

 少しちゃんとした店だと「そば茶」出してくれるので、それをお代わりw

蕎麦専門にやってる店は、蕎麦湯が出て来るので
たいして美味いわけじゃないが、ざるそばのつゆの
残ったのを足して飲んで完食としているなw

>関西の蕎麦はくそまずい。
>うどんもふにゃふにゃでまずい

伊勢うどんほどふにゃふにゃじゃない。
三重は関西ではない。(厳密に言うと関ヶ原より東なので
関東です。でも近畿ではあり、内部に和歌山県の植民地
が存在しつつ、中京圏でもある。なんでこうなったのか
と考えると、やはり利権が旨し国なんだろう。)

車で10分くらいの所に『十割 手打ち 蕎麦』って看板を出してる
蕎麦屋が二件あって、競い合ってる所為かどちらも良い店なので
交互に通ってます。
蕎麦粉は玄蕎麦、更科、韃靼から選べて二種盛り合わせもアリなので
「ざるそば」一択で食べ比べを楽しめる。
で、こういう店では当然のことながら食前にそば茶、食後にはそば湯
が供されるわけで、これで800円くらい。
満足度は高いっすね。

いろり庵きらくでは飲むけど、箱根そばでは飲んだ事がない。
共に、気分の問題。

蕎麦湯を出せるということは、手打ちの生蕎麦という証拠でもあるんですなあ。乾麺使うと塩分があるのでそば湯は出せないんで、そのあたりの符丁でもあります。飲む飲まないは客の勝手。
関西で蕎麦湯の習慣がないのは昔は生蕎麦の店は珍しく乾麺出すところが多かったからでしょう。(今は山ほどあります)

さらに古い時代は五穀の頂点は米でその下に麦があり、粟稗豆あたりがあって、蕎麦はまあ昔は野草です。
貧乏人は麦を食えなんて暴言吐いた政治家か昔いたが、そういう古い階級意識からするとまあ蕎麦食いは代用食で好かれなかったんでしょう。まあ蕎麦といえば蕎麦ぼうろなんですな。

一方江戸は庶民も米食ってたわけで貧しいから蕎麦食ってたわけでなく、嗜好品として切蕎麦が育ったんですな。香りを楽しむというのも粋だが、それ以上に握りと同じく屋台店の出し物としては最適。
江戸の庶民は自炊なんかしなかった。
細切りは短い茹で時間で出すためですな。
しかしゆで汁は少しずつ淀んでいくから継ぎ足して余った分は捨てる代わりに客に飲ませたんでしょう。体も温まるし腹も膨れるというぐあいです。

しかし年越しそばのシーズンですな。
あたしは実はきちんと茹でたヒネ乾麺が好きなんで今年はそっちになりそうです。
皆さんもよいお年を。

山葵の入ったざるそばのつゆを混ぜて飲む蕎麦湯は美味い。
いい山葵ならなおさら、残すのがもったいないしw
普通の蕎麦屋じゃ山葵も大したものは出てこないんだろうけど、ましな料亭で刺し身に付いてくる山葵は、ちょっと箸につけて山葵だけ食っても美味いもんねw

江戸時代までは蕎麦がきが普通の食べ方で、あまり美味しい食べ物では無かった。
しかし江戸時代の少し前甲州で蕎麦きりが発明され(信州説もあり)美味しかったので江戸でファストフードとして大流行し、蕎麦湯も自然発生的にできた。
最初は屋台なのだから、夏ならともかく冬は暖かい飲み物が無ければ蕎麦など食っていられないだろう。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山