使うたびにバッテリーの寿命を縮める

| コメント(17)
急速充電、というんだが、どう計算してもとてつもない大電流になるわけで、日本はそういうの、資格だとか設備だとかやたら厳しいので、充電ステーションの負担が凄い事になる。ウチの会社にも、以前は屋上にキュービクルの変電設備があって、点検だけでも結構な費用がかかった。メインは家庭での充電だろうというんだが、全ての家庭が、電源付きの駐車場なんか付いてるわけじゃない。屋根もないところに駐車しているのがほとんどです。

ポルシェ(Porsche)は12月13日、新たな急速充電プロジェクト「Fast Charge」の実証実験を行い、EVのテスト車両のバッテリーの100km走行分を、3分以内に充電することに成功した、と発表した。

そういやこないだオフ会に大阪から電気自動車で駆けつけた人がおりまして、道々、充電ステーション探して充電しながに来たので、到着した頃にはオフ会が終わってましたw 完全電気自動車はまだまだだなw


<音代漁業 最期の大特価 白缶 80g×18個 税・送料込み2980円>
<音代漁業 最期の大特価 白缶 80g×72個 税・送料込み9800円>
人気のビンナガマグロです。一本釣りの高級素材を使いました。

<音代漁業 最期の大特価 青缶 80g×18個 税・送料込み2980円>
<音代漁業 最期の大特価 青缶 80g×72個 税・送料込み9800円>
使いやすいキハダマグロのツナ缶です。
<音代漁業 最期の大特価 赤缶 80g×18個 税・送料込み2980円>
<音代漁業 最期の大特価 赤缶 80g×72個 税・送料込み9800円>
カツオ素材のツナ缶です。魚好きの方に、特に人気です。
ポルシェ、電気自動車の急速充電の実験に成功!100km走行分を3分で充電可能に、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
こうして規格が欧州主流になっていくんだよな
-----------------------
↑ならんよ
すでに中国と日本が採用している規格がシェア過半酢以上だからな
-----------------------
400Vか800Vで何アンペアなん?
結構ヤバそう。
-----------------------
↑400kwって書いてあるし、400vなら1000Aで800vなら500Aでは?
-----------------------
↑AとmA間違ってるのはともかく
日本で800Vだと電工2種ないと充電できないのか
-----------------------
↑二種は交流600V、直流750Vまでだ
-----------------------
450kwって一般家庭には設置できないじゃん
こんなのスタンド形式で用意したら半端ない電気食う設備になるよ
-----------------------
↑スタンド専用に決まってるだろ
自宅では100~200Vでちまちま充電
何にしても急速充電はバッテリー寿命を縮めそうだ
-----------------------
そんな出力のもん触りたくねーな
-----------------------
ばっくはつするぞまじで
-----------------------
安全性や電池寿命は考えないものとする
-----------------------
キャパシタみたいなもので急速充電するのは昔からある
これに騙されるアホはいない
-----------------------
ガソリンなら3分あれば500kmの給油ができるじゃん
-----------------------
> 最大450kWの出力を持つ充電

おっかねぇよ...
一般住宅の契約単位で言うと、4500A契約って感じだぞ(100倍前後)
800Vタイプでも562.5Aの電流。400kW充電で500A流す
-----------------------
バッテリガチャコンて替えるだけでいいのになんでいつまでたってもやんないの?
規格統一足並みそろわない時点で温暖化防止もお里が知れるわ
しょせん買い替え需要あてこんだ阿漕な商売の屑ども
-----------------------
↑やってるよ
中国ではそれが主流
-----------------------
テスラの100kwhのバッテリーを3分で充電するためには2000軒分の電力供給能力が要るけど電柱がばくはつしてしまいます><
-----------------------
450Kwか・・・

高圧業務用電力(500Kw未満)契約になると大変だな
基本料金だけで毎月75万円以上かかるし・・・
主任技術者の選任が必要だし
年イチ、月一、日一の定期点検で年30万円くらいかかる

合計1年で1000諭吉が飛んでいく
-----------------------
800Vだと日本じゃ高圧の括りになるね
-----------------------
この先の世界経済を牽引するアジアが水素ステーションを建てるわけねえじゃん
そんなの利権にたかりたいジャップだけ
インドも電気自動車推進だしフィリピンのジプシーも既に電動に代えてってる
経産省が推し進める事業は全て失敗
-----------------------
水素自動車の開発も原発事故で泡に消えたからな
電気自動車も欧米には敵わない
-----------------------
アッツアッツになってドンドン劣化するじゃん
小四かよ
-----------------------
昔のラジコンは一晩充電して5分走るぐらいだったのに
-----------------------
どんだけ電気代かかるだろ
-----------------------
↑イニシャルコスト
・受変電設備の導入に500万円
・低圧配線と充電設備の設置費が1000万円

ランニングコスト
・電力会社との受電契約に年あたり1000万円
・電気主任技術者の外部委託、保守契約で年間150万円
・年間1万km走行すると仮定すると電力料金が36000円
-----------------------
普通の6600vの架線で何Aまで配電できるんだろう
-----------------------
↑その辺の電線はほとんど300Aで変電所近くの太いのでも500Aが限界
-----------------------
ウソつき欧州の新技術
-----------------------
鉛バッテリーでさえ急速充電を掛けるときは、
液補充キャップ六個を全部外して、発生する水素ガスを逃がしながら充電するのに?
其れでもゴボゴボ発生して怖いぞw
-----------------------
↑基本、化学反応だからおっかないよな
リチウムキャパシタが実用化されたとしてもこの速度は怖いわ
-----------------------

いきなり送電線から大電流取れないので、充電ステーションで事前に蓄電しておいたりしなきゃならないらしい。効率的にも悪いな、そりゃw これで新たに「電気自動車税」みたいなのも導入されるようだしw

-----------------------
45万ワットの電力を一般人に操作させるって書いてるように見えるけど
そんなわけないから錯覚だな

仕事のしすぎで疲れてるのかもしれない
ゆっくり休もう
-----------------------
給電には電験3種以上のライセンサーが必要です。
-----------------------
ゴメンよ
給電づるのには電験1種じゃなきゃダメわ。
ライセンス持っている人そんなにいたっけ?
-----------------------
自宅に給電装置設置するのに国の許可と
ポルシェより高い装置必要になるだろうな
あと電気取扱資格もな
-----------------------
電気自動車ブームってどう考えてもろくな内燃機関を作る技術のない中国が火を付けてるよな
-----------------------
有線自動車にするしかない
-----------------------
ピカチュウでも100マンVだからな大丈夫
-----------------------
こないだの出川の電動バイク旅イタリア編見て思ったけど
あっちのロケで使用した現地の電動バイク見て、日本製って何もかもが時代遅れでしかないんだなぁって思った
-----------------------
回生ブレーキとかもポルシェが特許持ってたけど
トヨタがプリウス出す頃は既に時効になってたのでトヨタはタダで技術利用出来たんだよな
-----------------------
直流なんだからケーブルの太さが半端ないだろ。過熱するから冷やす機構も必要だし。
実用性あんのか?
-----------------------
ガソリンでいいよ
どうせ経費だし
-----------------------
一方、日本は30キロしか走れない充電に30分も掛かります
-----------------------
↑家庭用コンセントから電気取ってるのに大電流流すとブレーカーが落ちるぞ。
-----------------------
40万ワットの電源直結で3分でEVの充電終わるって言われても
ガソリン300気圧で給油すれば0.5秒で給油終わりますって
言われるくらいどうでもいいし
間違っても自分で触れないのは明白
ジャパン語でスピークするところの タワ=ゴット でございます
-----------------------
充電ステーションって奪い合いにならないのかな?充電したまま居なくなってるじゃんか。
次の人困るよな。
-----------------------
↑都市部だと問題になってるね
ショッピングセンターに併設の充電ステーションの放置車両をどかすように店内アナウンスが常時流れてる始末
-----------------------
スタンド毎に変電所がいるんじゃないか?
無理やろ
-----------------------
冷暖房入れたら半分も走らんだろ
一番重要なのは容量だよ
-----------------------
100km分3分てよく考えたら長くね
ガソリン車同等だと400km分チャージで12分かかるだろ
-----------------------
↑400kmを走る為のチャージが12分で終わる訳ないでしょう
100kmが3分だからってその倍数にはならない満充電に近づくにつれて入りにくくなるから時間はもっとかかる
バッテリーの寿命を無視して高電圧の設備を用意すれば簡単だし急速充電はバッテリーのダメージも大きい
何の新鮮味もない記事だよ、不正排ガスから今度はEV推進で騙す手口だろ
-----------------------
バッテリー、充電機の劣化、故障で大爆発の予感
製造ラインの不良品率がきっちり事故発生率に反映されてガソリンスタンド以上に大事故発生しそう
-----------------------
東京大阪間くらい普通に走れないと高速乗った車の殆どが充電スタンド使うことになるからインフラ的に整備できないだろうね
-----------------------
ただしバッテリーの寿命は100分の1
-----------------------
充電時ものすごく発熱しないか?
車一台を100km移動するエネルギーを
僅か3分で詰め込むんだぞ
-----------------------
今リーフのサイト見たら、40分で400km分充電できるみたい
100km分を10分だから、意外に速いと思ってしまった
家庭用の充電設備だとフル充電に10数時間掛かるらしい
-----------------------
400と800vって
日本の電柱の上を通ってる3相交流は6600v来てるから、独自に引き込んでトランスつけると800vも得られるが
専用設備でかなり大がかり
普通の家庭用コンセントは240Vまでだから、専用品でないと資格が必要
この800vコンセントはEUで規格化されたのなら、日本にも同規格のを作ればいいが
-----------------------
ドイツ車の電気系統をおれは信じてないね
BMWで懲りたよ。。。
-----------------------
ドイツは電気系統に弱いんだよ
ICE TDとか強制振り子のディーゼル新幹線、コンピュータがフリーズして使い物ならなくて放置するレベル
-----------------------
充電始めたらご近所の明かりが暗くなったでござる
-----------------------
充電よりエンジンを限りなく小さくした補助エンジンの方が実用的に使えそうだけのなぁ
EVは充電の問題を解決しないと普及しない
基本的な充電は自宅や旅先で長時間かける事でMAXまで充電するとして
町のいたるところに、このレベルの急速充電器が普及しないと誰もEVに移行できない
-----------------------
これ一見すごいと思うかも知れないが、100km毎に充電せんとあかんのやで。
考えてみたら地獄やで。
-----------------------
使うたびにバッテリーの寿命を縮める必殺の禁じ手みたいな扱いになりそう
-----------------------
4台分置くと、特別高圧受電の設備が要るのか
-----------------------
ワン充電5000円くらい取られそうだな
-----------------------
国内での自家用車の走行距離が1兆km
電気で賄うと1000億kwh 原発10基分くらいか?
平均すると充電器の稼働率100%でも2万箇所のスタンドがいることになる
-----------------------

急速充電には電験一種免許が必要になるというんだが、電験一種というのは技術系の資格の中でももっとも難関で、年間100人くらいしか合格しない。弁護士より少ないんじゃないかw 急速充電とか大型トラックとか、無理でしょw

コメント(17)

発電所が大変ですね。

それから、これから地球温暖化で洪水が増えたりして水没する車が増えると感電死する人も増えそうですね。

詰まり、地球温暖化すると感電死する人も増える(笑)

みんな気がついているはずなのに、スマホのバッテリーだって半年もするとww
ハイブリットはエンジンが主力だから気がつきにくいだけ、バッテリーの容量なんてすぐにww

この技術が普及するまでにあと何年かかるんでしょうw

充電するだけならスタンドにガスエンジン(エネファーム10台パラランとか壮観じゃね)導入すればいいけど、それじゃおもしろくないから、最初からCNGとかでいんじゃね。
(タクシなんてフツーだし)

EVは役所を利するだけかも。
ま、いずれお中華様が解決するからそれまでは車は買わないってことで。

技術的展望だけなら物理電池一択かな。
これも、電車とかは大容量キャパシタとかに向かってるから、電気がぜんぜんダメってわけじゃないんだよね。

お中華の後塵を拝するのが平和なのでは。

 やっぱ大容量キャパシタに電気ためこむしかないか。

 キャパシタを使った電動車(あと電動自転車)というのを、20年くらい前、いろいろ考えをめぐらしたこともあって、なんとか発展してほしいのだが、ただ、あれって、ちょっと怖いんだよね。 

 自動車10台急速充電分がドカーンといくと、札幌のアパマン(犬HKもアカヒも不動産会社としかいわんがw)どころじゃないぞw

 アパマンは100本くらいであの惨状だが、自動車10台分のキャパシタショートとなると、白い閃光が天を焦がして、見た目、ちょっとした核爆発並みだw

(Capacitor explosion from excessive voltage)
https://www.youtube.com/watch?v=_WheLp0RdLQ

 こうしてみると、オットー(ガソリン)にしろ、ディーゼルにしろ、炭化水素を燃料とする陸上運搬体系というのは、そう捨てたものではないという気が。 ガソリンエンジンなら、10万そこらで、ふつうにコンパクトカーくらいは動かせる動力がゲットできるわけだが、ほかはそうはいかんだろ。 年にせいぜい3000キロくらいしか乗らなかったら、こっちのほうが、むしろ環境にも優しい。 だって、電気自動車を一台こさえるためのエネルギーって、10万キロくらい走らせないと、いわゆるグリーン収支が釣り合わないんだろ?
 だから、MaassじゃなかったMassか、一台の車を寄って集って乗り回すのならともかく、田舎んちみたく、オヤジ用、ババ用、大きくなったガキンチョとムスメ用で4台敷地に留め置く、なんて使い方するのに、電気自動車なんて、環境にやさしいどころじゃないぞ。

 だから、もう大昔からコメントしてるんだが、「この地球に石油というものがなければ、人類は陸上運送用エネルギーとして、炭化水素燃料を発明していたであろう」という名言があるのだ。
 そして、これは、ほかに誰もまだ言ってなかったとしたら、オレの名言なのだw  

 すんません、すこし酒入ってます。 何しろうちのカァチャンは、あろうことか外飲みの日なのだw

 ただ、ガソリンは、走ればその分、ガソリン代というか、税金がかかるわけで、ソーラーかなんかで、自家製のタダの電気がゲットできるようになれば、ガソリン税払うのはバカらしい、というのは、そのとおりだ。

 とはいえ、何百キロも充電なしで走れるフルスペックの電動自動車なんてのは、年にそうたくさん乗るわけでもないから、そのときだけ借りればいいわけで、ふだん、10キロかそこいら走るだけの、いま中国様の田舎で流行りの「なんちゃって田道自動車」で十分なのだ。
 これなら、どこにでもある鉛蓄電池でも何とかなるしw

 あと、これは個人的な趣味というか、希望的観測だが、野良燃料電池車というのも面白いかもしれない。

 これは、畑でできる「過酸化水素水」を燃料とする「逆説的燃料電池」を使った車だ。
 あいにく時速は60キロが限界だろうし、走行距離も20キロが限界だろうが、野良車ッテそんなもんだろ、ふつうw
 

時計を何個も腕に巻いて水道の蛇口をジャラジャラ首から下げて、故郷に帰ったら村に水が出るようになるという、ソ連兵と同じ程度のアタマだって最初から言ってるんだけどね。
JRだって強力な電気機関車作ったのはいいけど、前後の列車ダイヤがメロメロになって実用化をあきらめたんだってね。
まあ、ドイツもフランスもお中華も全部電気自動車で電源ショートしていただきたいもんだって切に願う今日この頃です。ハイ
中学生程度の知識を持とうよみんな。コンクリートから人へ、脱ダム宣言とか、自衛隊の最高指揮官は首相になってみて初めて気がついたなんて、もう酔っ払い無免許運転より酷いのを選んで懐かしがる馬鹿はタヒんでもらいたい。
馬鹿は死ななきゃ治らない、死ねばお釈迦の邪魔になるホイ。

 だんだん思い出してきたが、20年前だったか、もっと前だったか、これを「電気水」と名づけて、一人で悦に入っていたものだったw

 阪大のセンセだったか、そういうのを研究してる学者センセがおられると知って、感激したのだったが、残念ながら、このところ、あまり進展はないらしい。

 まだ、やってはくれてるようだが・・

(阪大 環境光工学グループ)
「過酸化水素は漂白剤、殺菌剤として不可欠な化学試薬であり、最近では燃料電池発電の燃料となる新たなエネルギーキャリアとして注目を集めている。我々は、炭素と窒素からなる新しい有機半導体光触媒を開発し、太陽光照射下、水と酸素を原料として過酸化水素を合成する新しい人工光合成反応を発見した。現在は、水分解による水素生成を超える効率で過酸化水素を合成するプロセスへのアップグレードを進めている。」
http://www.cheng.es.osaka-u.ac.jp/hirailab/research.html

ワルター機関かな?

なんいしても、「脱税」という概念を捨てることからはじまると考えられるわけです。
日本政府にはもともと徴税権なんてないんだから。
それをごまかすために「申告」なんてのを思いついたわけですから。

 ワルター機関は、過酸化水素を酸化剤として使うが、「過酸化水素水燃料電池」は、酸化剤ではなく、燃料として使う。 だから「逆説的」。 

 あと、フォンブラウンらのV2号のターボポンプ用燃料として使われた過酸化水素水は、酸化剤としてではなく一元自発分解剤として使われており、酸化剤ではなく一種の燃料だった。

 ちょっと意味が違うが、頭の体操的に付け加えると、高校の化学くらいでも、過酸化水素は、場合によっては還元剤ともなる、と教えてもらえるらしい。

「こんにちは。高校2年生で、学校の化学で化学をやっています。
酸化還元の単元で、過酸化水素は酸化剤にも還元剤にもなる
ということを習いましたが、その理由がどうしてなのかわかりません。」
http://fchem.4rm.jp/log/rika/12153.html

 wikiを見てきたら、ヴァルター機関にも2タイプがあって、高温式ヴァルター機関では過酸化水素の酸素を燃料とするが、低温式では一元燃料として使う、とあって、さっきの説明は訂正が必要なようです。

(ヴァルター機関 wiki)
「低温式ヴァルター機関は、この高濃度過酸化水素と触媒とを反応させ、分解時に発生する酸素と水蒸気の混合ガスを作動流体として利用するものである。

高温式ヴァルター機関は、発生した酸素と燃料(軽油、メタノール、水和ヒドラジンなど)とを混合して燃焼させ、発生する高温高圧ガスを作動流体として利用するものである。」

 ただ、燃料電池は、このどちらでもなく、過酸化水素の鵺的性格(還元剤にも酸化剤にもなる)を使ったイオンによる電気的なな反応を使うもの。

(過酸化水素燃料電池の仕組み)
「過酸化水素は適当な電極を選ぶことで、酸化剤としても還元剤としても働くので、一般の燃料電池で必要とされる電解質膜が不要 である。そのため、一室型の簡単な構造の燃料電池を作ることができる。」
http://www.a-chem.eng.osaka-cu.ac.jp/yamadalab/research.html

ついでに
https://www.artificialphotosynthesis.net/jitsuyouka/

 ただ、いかんせん、エネルギー密度が低いので、運搬手段用としては、せいぜい野良車にしか使えん。 とはいえ田舎の普通の用事としては、それで十分だと思うがw


最近葛飾区だか足立区だか忘れたけど、セブンイレブンの店頭に置いてあるのを見かけたので調べてみたけど、まあ、流石にトヨタは抜け目が無い感じ。
嫌いだけど。
でもまあ、トヨタであるにも関わらず、「面白そうだから乗ってみたい」とは思う。

http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1207/03/news019.html

どうでもいいけど、中国をライバル視してたら、インドネシア辺りに美味しいとこを掻っ攫われたりしてね。

流石、大阪民国!早く独立した方が良い。
イルミネーションが綺麗で好景気ですが。草
そんな事より
テスラの株価は年内に新高値更新しそうだ。
2000万円のテスラの車は阪神間でも走っています。
人生は移動してなんぼ!
金が幾らあっても、土地にしがみついて張り付いていては底辺貧困生活です。

まあVWはインチキディーゼルエンジンがバレたんで今更電池に突っ走ってるだけの話ですな。三周くらい遅れてるんでどうでもいい。
夏休みの工作=テスラと同列の頭の悪い技術です。

さて内燃機関が普及したのはコンパクトな機関とコンパクトな燃料(タンク)につきるわけで、およそ二百年続いた蒸気機関(外燃機関)を一気に代替したのは実は航空機の動力源として搭載できるのは内燃機関だけだからだという理由のようですな。

電気が動力源としてトータルで実用化されるのは航空機に載せられたときということになりますがまだまだ先は長い。
エネルギー密度の低い巨大エンジンは、見た目には面白くてスチームパンクの格好の題材だが、再登場することは永遠にないでしょう。

あたしは何も電気を持って走る必要はないんで遠隔送電で解決だと思いますがね。リニアだッてそれがあって初めて実用化。
航空機はちょいと難しいが、地面の上を走る車なら不可能ではないとだけ言っておきやしょう。

急速充電と電池寿命といったらICC充電なのだが、鉱業も化学も電気メーカーも敵に回して完全消滅するまでの一部始終確かに確認しました。陰謀論と一笑に付されようとも見ましたからね。やはり電池は適当な時期で買い換えてもらわないと産業上がったりですから、その都合で消されました。
10分で充電できて、メモリ効果なし、充放電寿命は2000回以上。電池にぎゅーっと突っ込んで冷却がてら様子見て次どんだけ突っ込めるか見極めてまたぎゅーっと突っ込むという野蛮ながらそれまでに無い、充電器だけに閉じたやり方で、電池は普通のニッケル水素。産業としての広がりがないから嫌われた。

船は?と言ってみる。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山