桃尻娘・卑弥呼

| コメント(7)
相変わらず邪馬台国なんだが、「桃」というのがひとつのキーワードになっていて、東南アジアなどの華人の多いところに行くと、道教の影響というのがあちこちで見られるんだが、おいらが見たのは、バンコクの路地裏でやっていた屋外映画だった。まぁ、ありきたりのカンフー映画とかやるんだが、まず最初に、道教の仙人たちが出て来て、深山幽谷で楽しげに語り合っている光景が、スクリーンに映し出されるわけです。安っぽいCG使って、ケタタマシイ音楽が流れて、アレは日本人にはちょっとピンと来ない景色です。

 今年は「古代史最大の謎」とされる邪馬台国論争に一石を投じるニュースがあった。最有力候補地とされる纒向(まきむく)遺跡(奈良県桜井市)から出土していた大量のモモの種の放射性炭素(C14)年代測定で「西暦135~230年の間に実った可能性が高い」という分析結果が出たことが、5月に明らかになった。卑弥呼(ひみこ)(248年ごろ没)の活動時期と年代が重なり、「畿内説」を強める成果として注目を集めた。

日本には「道教」は無縁だった。早い時期に日本は仏教を国教と定めたので、道教はほとんど知られていない。ところが、魏志倭人伝には卑弥呼は「鬼道」の使い手だという記述があるんですね。鬼道というのは、道教の元になった原始宗教です。なので、今の、あのキンキラキンに飾られたケバケバしい道教とは違って、もっと原始的な巫術のようなもの。魏志倭人伝の書かれた頃には、大陸では既に皇帝による道教の囲い込みが始まっていて、民間に伝承された巫鬼道との違いが生まれている。卑弥呼の集団は、魏や普の皇帝が庇護した道教以前の、原始的な巫鬼道を信奉していたのだろう。

待ちかねていました。オトスイの「鰹ジャーキー」。豆州楽市の通販でも、初期に物凄くよく売れた商品です。手作りで製造量が限られるので、あの当時から入手困難だった。音代丸漁業が経営不振になって、ずっと、作られてなかった。それがやっと復活です。ビールや焼酎のアテにうってつけなんだが、他にも使い途はありそうだ。オトスイさんは何と言っても原材料の魚の質が良い。

_DSC2892_300.jpg
<音代漁業>鰹ジャーキー ひと袋30g×3 990円(税・送料込み)
新鮮なカツオを、醤油ベースのタレに漬け込んで乾燥、焼かずにそのまま食べられます。噛めば噛むほど旨さが広がります。ガチガチに固いんだが、繊維に沿って割れやすいので、細く割って食べると食べやすい。味は、間違いなくカツオですw 醤油味のカツオです。黒胡椒を効かせてあるので、スパイシーです。ビールにも日本酒にも合うね、こりゃ。
【考古】邪馬台国論争、モモの種が一石 「畿内説」強める、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
ヤマトがヤマトでなければどこやねんという話
-----------------------
↑ヤマトなんていう地名は日本中にあるぞ
単純に山の入り口って意味の地名だからな
-----------------------
「桃の種をどこまで遠くに飛ばせるか選手権」で占いをやってたんだな
-----------------------
なぜ桃の種が大量にあったのだろう。
桃の実を集めて加工し、不要となった種をまとめて捨てていたということかな?
仮にそういう行為を数十年にわたって行っていたとすれば、年代測定に幅がある理由も説明できるのだが。
-----------------------
↑桃缶工場が在ったんじゃねえかな 
縄文時代ですら栗の木を纏めて植えて栗畑にしてたんだから、
桃畑が有ったっておかしくないよ
桃の種が出たから邪馬台国とはねww
-----------------------
何で桃の種で邪馬台国になるの??
-----------------------
↑これ 魏志倭人伝に「卑弥呼の好物はモモ」とか書いてあったわけじゃないのに
-----------------------
これは永遠のロマン
答えを出しちゃいけないんだよ
-----------------------
奈良は色々とあるんだから佐賀あたりに譲ってやれよ。
-----------------------
まだ桃の種言うてんのかw
確証ないもので仮説を立てても、仮説の域からは出ないのよ
-----------------------
鬼道で桃を使ってたからだろ
-----------------------
神事に桃使うのって、五斗米道だっけ?
-----------------------
↑その他物語としては、支那では西遊記の天界での長寿の実。
わが国では、イザナギの魔除け、水界他界で桃太郎が生まれる実。
-----------------------
1820BP以上がでたのは壺体部外面と桃の核だな
種を割って取り出したんだろう
割れてない状態が良いものであれば年代のズレは小さいよな
-----------------------
早い者勝ち卑弥呼の墓
-----------------------
九州説の人は
サンタクロースが居ると信じてる人と同じ
サンタクロースは居ないとどれだけ言っても受け入れない
-----------------------
道教の影響を強く受けているとかそんな所かね
測定の結果が気にくわない研究者は
自分逹でも独自に調べりゃ良いと思うのだが
文句ばかりで信用ならん
-----------------------
吉備の国を征服して桃太郎のモデルになった吉備津彦命(きびつひこのみこと)は、卑弥呼の墓といわれている箸墓古墳に葬られている倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)の弟なんだよな。
「ももそ姫」といい「桃太郎」といい邪馬台国では「桃」が決定的に重要だったのだろうな。
-----------------------
当時明らかな人物が卑弥呼くらいなので
ビジネスとして卑弥呼を奪い合ってるだけ

畿内にも同等のくにがあった
だとビジネスとしては弱いからね
-----------------------
卑弥呼が太陽を崇め宮中祭祀を行い、天皇家はそれを継承し天照大神を崇拝している
-----------------------
桃は木に兆と書く
形から想像したのかもしれんが当然子宝祈願
日岡神社はヤマトタケルのおかぁさんが子宝祈願したところだよ
ようしらんが誰かの姫も水害で流されたとか石碑も公園の石碑にある
即ち日岡御陵はヤマトタケルより古い
俺の認識では出雲へ行く際に彦五十狭芹彦命が祭神を行った場所だと記憶してる・・
-----------------------
「桃」が出た意味をわかってない人が多いなw
-----------------------
桃が重要なのは、朝鮮半島に桃の文化がないこと
10年くらい前から韓国で生産し始めたとこ
-----------------------
世界三大どこにあったかわからん国

邪馬台国
アトランティス
プリンプリン姫の祖国
-----------------------
当時の人も桃を見て尻だ!尻!
とか言ってたかと想像すると
とても身近に感じる
-----------------------
記紀に黄泉の国から逃げる伊弉諾が、伊弉冉の放った追手を避けるために
桃の実を投げた事が知られている
桃は記紀の時代以前から、魔除けの神聖な木だったのよ
-----------------------
そんなわけで倭の歴史や神話は
九州と済州島と沖縄と台湾~馬祖列島と東南アジアまでの一帯を視野に入れて解釈したほうがいいと思う
それに九州はもちろん関東以北にも国はいっぱいあった
-----------------------
科学的な検証と考察をベースとする畿内説に対して九州説は手数と声の大きさで勝負してる感じ
2ちゃんで邪馬台国関連のスレが立つと平日昼間は完全に九州派のペース
-----------------------
昔の桃はサクランボくらいの大きさの果物だったんだよな。
今のみたいに甘くも無い。
-----------------------
↑リンゴも原種はめっちゃちっちゃいよね
-----------------------
沖縄も中国から流れてきた穀物の種とか蒔いて栽培してたみたいだし
邪馬台国は冬でも生野菜食えるほど温かいって
奈良京都は平安時代から女房が冬寒いつらいって言ってるじゃん
冬はさむいよ
-----------------------
邪馬台国論争ってもう感情的なケンカをやってるとしか思えない
-----------------------
↑そりゃどっちも決め手を欠いてるからな
-----------------------
町おこしに利用できるんだろ。
「卑弥呼の里」とか「卑弥呼の湯」とかあちこちにあるからなw
-----------------------
うるせえっ モモぶつけんぞ
-----------------------
桃は中国でも神聖な食べものだから
畿内で神聖な儀式が行われた証拠
日本書紀にも神聖な桃で鬼を追い払う話が書いてある
-----------------------
卑弥呼がやってたのは張角とか張魯がやってた道教だろ 三国志
-----------------------
九州から移ってきたんなら九州に3~4世紀の大規模な遺跡があるはずだが、
実際にはないし、畿内の方が古くて古墳も大きい。
-----------------------
道教で不老長寿の象徴の西王母が桃食べてたんだよ
-----------------------
要するに大和政権は近畿に誕生したことは歴史的事実だから、
それと邪馬台国が繋がるのかどうかだけが問題だろう。
邪馬台=ヤマトと音が似ているし、纏向から3世紀の祭祀遺跡が大規模に出てくると「繋がってるのでは?」となってくるな。
遺跡がない九州は不利だろう。
そもそも九州には「ここだ」という有力な候補地すらないし。
しかし、最終的な決定打は金印でも出ない限りあるわけがない。
議論するだけ無駄だろう。
-----------------------
「諸国巫女対抗!チキチキ!桃の種飛ばし大会~!」
-----------------------
イザナギの頃から桃の話は出てくるから、大和朝廷は桃がある地域発祥の公算が高い
-----------------------
纒向遺跡は都市型遺跡で
巨大司祭施設もある
ここの巫女は卑弥呼以外に考えられんわ
-----------------------
コレっていう決め手はいつまでたっても出てこないんだな。
もっと後の時代の聖徳太子ですら実在するだのしないだの言ってるくらいだから、
無理もないか。
-----------------------
魏志張魯伝でも鬼道という言葉がでてくるから
普通に考えて卑弥呼がやってたのは道教だろ
道教の神のひとりで西王母が桃を食べてた
-----------------------
三角縁と桃の種しかネタがないのか?
-----------------------
卑弥呼が献じた貢ぎ物
男生口四人、女生口六人、班布二匹二丈

貰ったもの
絳地交龍錦五匹、絳地・粟・十張、・絳五十匹、紺青五十匹、紺地句文錦三匹、白絹五十匹、金八兩、五尺刀二口、銅鏡百枚、真珠鉛丹各五十斤

ちょびっとでも朝貢するとええもん貰えるな
昔からの支那のやり方ではあるけど。
それにしても卑弥呼せこいw
-----------------------
「桃」は文字通りさきがけの木として、「邪気を圧伏」。仙果として不老不死の妙薬とされた。
桃(もも)、杏(アンズ)、棗(なつめ)、李(すもも)、栗(くり)を、古来より五果と言い、中でも、「桃」は、春に先駆けて花をさかす陽木、その実は栄養価が高く薬効効果も有り、特に珍重された。
とりわけ、核が二つに割れた中から、命の源が宿る所から、命のシンボルや女性器その物に例えられ、色々な神事に使用された貴重な物で、これらからも、当時食用として用いられていた事が解ります。
-----------------------
この時代のモモって別の場所でも普通に出土してなかったっけ?
-----------------------
↑いろんな場所で出てるし、吉備では1万個以上出てるよ
桃の種が出たから邪馬台国なんて言ってる人はどこにもいなくて、纒向遺跡に年代推定のための、材木の炭素よりも確実なその年に光合成で固定された炭素試料が得られる材料として桃の種が使われたという話
-----------------------
でもなんか中国に似てるよな。
邪馬台国の鬼道とか奴隷、生贄の習慣とか紀元前の中国の商によく似てるし(時代はかなり違う)、その後、兵馬俑と埴輪も洗練度はかなり差があるけど同じ経緯辿ってるし。
隋や唐の集権国家体制に日本も習ってる。
ただ、文化的な影響は漢までが一番強い気がするけど。その後は仏教しか取り入れてない。
邪馬台国から飛鳥への跳躍があまりにも異質だけど、時代時代で中国を模したんじゃないかって機がするね。
そこまで頻繁に往来があったわけじゃないようだけおd。
-----------------------

日本の「神道」と呼ばれるモノも、かつての巫鬼道の末裔だとおいらは思う。山伏というのも、それ。深山幽谷に隠れ棲み、世俗を嫌い、山岳信仰をベースに持っている。

松岡正剛によると、道教の本には必ず道教とは何かを論じるー章が設けられるが、いずれも的確性を欠くのは「とうてい一義的な定義ができないから」だが、成立を見ていくとおそらく、神仙思想(キャラクタライズされた仙人と不老不死)が根本にあり、そこに老荘思想や陰陽五行説が混入し、伝わった仏教の影響から独自の様相に至ったと考えている。そして様々な流入要素を挙げている。[4]

魏志倭人伝が書かれるよりずっと以前に、中国から鬼道を携えて日本に渡ってきた集団がいた。中国では鬼道は道教へと進化したが、日本では神道へと進化した。更に、伝来した仏教と結びついたのが、修験道です。

コメント(7)

 泥や土を集めた巨大なお墓を作るのは得意な土人どもを西からやってきた文明人が征服した、という簡単なお話だ。
 纏向から桃の種以外に何が出てきたというのだ。 三種の神器が出てきたか?  三種の神器が出てきたのは博多の西の伊都のあたりだ。 
 巨大ピラミッドのエジプト文明は、纏向の土人文化よりは数段高度だったが、それでも、よりはるかに高度なギリシャ文明に征服された。 巨大墳墓とはそういうものだw

邪馬台国は列島内には無かったけど、大陸との交流はあったわけだから、モモの話をするなら、まず桃のDNAを調べて桃の移動地図を示してもらわなくちゃ、ね。

技術的に(あるいは政治的に?)それができないなら、「考古学者モドキ」のたわごと、ってことになりますので。

巻向付近には弥生時代後期→古墳時代前期の「古墳」がありますが、いずれも天皇のものです。
私の守備範囲からははずれるけど、奈良には、弥生時代にはすでに小規模ながらミヤコがつくられていたのです。

私の最近の「シベリアの夜長シリーズ」を読めば疑いは別の方へ向かうことがわかりますよ。
https://blogs.yahoo.co.jp/andro_gosse/34928812.html

「邪馬台国」は「学者未満」のダボラにすぎません。

タイは一応仏教国という事になっているが、大きなデパート、マンション、ビルなどの前には大抵、祠(ほこら)が備え付けてある。これはタイへの仏教伝来以前の「ピー」という民間信仰、あるいはインドのヒンズー教由来のものらしい。手が何本もある象の神様、ガーネイシャ(ヒンズー教の神様)がタイ人のお気に入りである。タイ人の日常生活や文化を観察すると、上座部仏教の厳格な国というイメージより、精霊やお化けを信じる、穏やかな国のイメージが強い。もちろん仏教僧は、国王•皇族と並んで尊敬されているが、、、

放射性炭素(C14)年代測定、
これ、最近知ったんだが、
かなーり、年代がいいかげんみたいねw
ぶつかる電磁波でいくらでも古く出来るw
あ、
俺はナマハゲまでなら信じるw
そりゃ、獣の革着た、
凍傷気味のスラブ系なヒト居たら
そら、ビビるぞw
こないだローソンで
バイクのラジエターに天然水補充してたw
手持ちのクーラントあげたw

桃尻かは、気になるw

> 巨大ピラミッドのエジプト文明は、纏向の土人文化よりは数段高度だったが、それでも、よりはるかに高度なギリシャ文明に征服された。 巨大墳墓とはそういうものだw

エジプトがペルシャに征服された後ヘロヘロになっていた時にアレクサンダ大王に征服された事実があるから、エジプトがギリシャに征服された、というのは間違いではないが、不適切であるだろう。

古代ベルシャの(ピラミッド程ではないが)巨大墳墓も一度はいってみたいなぁ。

>桃尻娘・卑弥呼

桃尻かどうかは分からないが、卑弥呼は歌が上手かったのではないかと勝手に想像している。
万葉集に見られるように日本には上下の別なく古くから和歌の伝統がある、歌は古代日本人の重要なコミュニケーション手段であったに違いない、古の人々は和歌に自分なりの節を付けて歌っていて、「卑弥呼は歌のうまいカリスマ的存在だった」と。
国民が一丸となって何かをせねばならぬような時には、人々の前に現れて、勅を歌うw
これを聞いた兵士達は勇み立って、狗奴國との戦に旅立つ、なんてねw

そこで、私が「卑弥呼~~」って感じた歌手。
森 麻季/Stand Alone
https://www.youtube.com/watch?v=XvCKV2iJtHM
野々村彩乃/国歌独唱/第82回選抜高校野球大会
https://www.youtube.com/watch?v=_ORh8TKxsMU

森麻季さんは美人だしボインだし、きっと桃尻でしょう、但し食べちゃった旦那はイタリア人作曲家で日本人ではありませんw
日本の国家「君が代」は言うまでもなく古の和歌です。
声のいい人の声はスピーカーの音量を上げていってもどこまでも澄んだままですネw

松嶋だろうが桃の木だろうがいいじゃねぇかっ!

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山