なーにが通称おとちんだよ

| コメント(8)
まぁ、お下劣、といったタイトルで恐縮なんだが、「夫のちんぽが入らない」です。売れてるらしいね。歴史捏造ハゲとどっちが売れてるのかな?

61x7CH9pleL.jpg
夫のちんぽが入らない (講談社文庫)
〈いきなりだが、夫のちんぽが入らない。本気で言っている。交際期間も含めて二十年、この「ちんぽが入らない」問題は、私たちをじわじわと苦しめてきた。〉
書き出しから心を掴まれる。愛し合いながらも体では繋がれない夫婦。その魂の遍歴を妻の目線から描いた私小説が、刊行直後から増刷を重ね驚きの売れ行きを見せている。同人誌に発表された同名の短いエッセイに編集者が目をとめ、書籍化に向けて動き、改稿を重ね小説の形に昇華した。

素人が同人誌に書いたエッセイが元になっているので、内容は推して知るべしなんだが、扶桑社から単行本として出版されて、今は文庫にもなっている。Amazonのカスタマーレビューが面白いw 扶桑社版の方がかカスタマーレビューは多い。

夫のちんぽが入らないのは、夫のちんぽだけが入らない現象で、
何かを解決していくような内容ではなく、本人たちも医者に行こうとすら思いません。何故なのか、を知りたい人は消化不良を起こします。
もとより自己肯定感の低い主人公が性交できないことも含め自分が欠陥人間だという事を様々な事象を追って再確認し続ける暗澹たる気分になる私小説です。
*********
ある番組で取り上げられていて涙無しでは読めないと言っていたのである程度内容を確認してから購入しましたが内容は本当に他の皆さんが言っている通りクソでした。
初めて買う前にAmazonのレビューを見れば良かったと後悔してしまった作品です。
自意識過剰で自分勝手な愚痴、わざわざ作品にしなくても出会い系で知り合った男性にベッドの中で伝えればいいだけのどうでもいい話。
ほんと、最後にどんでん返しでもあるのかと思いながら最後まで読みましたが何もなく近所のゴミステーションの井戸端会議で一方的に家庭の愚痴を言われて言った本人だけ満足して聞かされた側は不愉快になりその日1日をイライラしながら過ごしてしまう・・・そんな内容でした。
*********
この夫婦の最大の疑問は、なぜ病院に行かないのか?ということ。
周りに病院がひとつもないのでしょうか・・?
1.夫のちんぽが入らず血まみれ
2.死にたい衝動が続く妻
3.風俗に通いすぎた夫が性病
最初から最後まで解決法がないままだけれど、病院へ行くことで解決することってあると思うんです。
なのに1~3どの場合も、「病院」という言葉がひとつも出てこない。
最大の謎です。健康保険入ってないのですか・・?
*********
内容は本当にKUSOでした。ただただ自分が悲しかったこと、辛かった事を聞かされるだけの内容。
人に面とむかって言えなかった事をここで顔を隠して公に吐き出すようなだけの内容。
なんて卑怯で卑屈で浅ましくておこがましい。
そんな自分を作者は自分で肯定して、他人にとやかく言われたくないと、この本を通して今まで面と向かって言えなかった人たちに言い返してるのです。
私はこの作者が嫌いです。本当にこんな顔も知らないような人をこんなに嫌いになれるなんて・・・


まぁ、否定的な意見が多いのは、「純文学の私小説」というのがどういう物なのかを知らない素人の読者が多いという理由もあるんだろうが、私小説なんていうのは、主人公がスーパーマンではなく、むしろダメダメなキャラで、そのダメさ加減を味わう物ですw つげ義春の「無能の人」を読んで、「何で主人公は働かないんだ!」と怒ったってしょうがないw

主婦のこだまさんが2017年に出版した自伝「夫のちんぽが入らない」(扶桑社)。
タイトル通りにセックスができない夫婦の物語はベストセラーとなり、文庫化、コミック化に続いて2019年には実写ドラマ化が決まっている。
快進撃を続ける通称「おとちん」だが、タイトルが直截的な表現であることから、出版当初から版元が「お客様がタイトルを声に出して言わなくても書店さんにご注文できる申込書」を用意するなど、配慮がされてきた。
しかし、書店では女性店員にこのタイトルをわざと言われる男性客が続出しているという。

「なんで病院に行かないんだ?」って、行ったら、そこでストーリーが終わってしまうからだw

参考リンク
鰻は何分蒸すのか?
伊豆の鰻は山葵で食べる


<山本実生商店>鰻白焼 約110g×2 4980円
お得な3匹パックもあります 6980円
白焼きです。そのまま日本酒をふり掛けてラップしてレンジで1分半で食べられます。蒸しは掛けてないので、あるいはお好みで、自分で蒸しを掛けて、タレを刷毛で塗って、自家製の蒲焼きを作るというのも楽しい。つうか、もともとここの白焼きは、料理店のために作っている「半完成品」です。専門店ではない普通の和食店では、この白焼きを仕入れて、自分の店風に仕上げて提供しているのだ。特筆すべきはそのコストパフォマンスの高さで、コレを買って自分でタレを付けて焼くというのが、今のところ、「もっとも旨い鰻を、もっとも安く食べる方法」だと思う。コレにも山葵が付きます。関東風に仕上げる場合、10分から20分の蒸し時間です。関西風の場合は、蒸さないでそのままタレを付けて焼いてもいい。


<山本実生商店>鰻蒲焼 約105g×2 5980円
お得な3匹パックもあります 8480円
注文生産です。注文を受けた分は、その翌日、早朝5時から割かれ、焼かれます。蒲焼きは関東風です。一度焼いて、10分蒸して、タレを付けてまた焼く。タレ付けは三度ほどです。焼いたその日に真空パックに詰め、夕刻発送します。入金確認があってから鰻を割くので、ご了承下さい。パックごとお湯で温めるだけで、すぐに食べられます。なお、せっかくの三島の鰻なので、本物の山葵を付けました。山葵で食べる鰻というのも、一度試してみて下さい。

なお、「注文生産」です。入金確定後、翌日焼いて発送します。文書扱いの郵便振替などの場合、入金確認が数日遅れる事があるので、ご了承下さい。

豆州楽市がお届けします。
【本屋】ベストセラー「夫のちんぽが入らない」、わざと女性書店員にタイトルを言わせる男性客が続出、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
昔の女性店員がいるレンタルビデオ店かよ
-----------------------
↑ごめんなさい
女性店員のとこに並んでました
-----------------------
↑お姉さんオマンコのモザイク薄いのどれ?顔射ある?
-----------------------
「嫁のまんこが臭すぎる」

これでベストセラー狙える
-----------------------
↑それじゃ直球すぎるから
「嫁から漁港の匂いがする」
くらいで
-----------------------
↑のちの「潮騒」である
-----------------------
ファミレスの順番待ちで名前を書くやつで「万古」と書いて遊んだことある。
バイトの女の子がもじもじしてた。
-----------------------
↑関西の芸能人(女優?)若い女の子「満子」さんがいて、
まわりから「まんこちゃん」と呼ばれていたけど、呼んでる人も、
女の子も、なんとも思わなかったてのを聞いたことがある。
関西では、そっちの言い方しないから。

野球選手でマンコビッチてのがいたな。
-----------------------
しかし、こんな直球でデッドボールみたいなタイトルでよく出版したなw
-----------------------
夫のちんぽ下さい
-----------------------
本を買った時店員がタイトル読んだ事なんて一生に一度もないわ
無理して言わせるとしたら取り寄せ頼むぐらいか
-----------------------
言えないタイトルつけんなよ
-----------------------
相手のお名前を聞いてから「夫のちんぽが入らないをお探しの〇〇(フルネーム)様本のご用意が出来ましたのでレジまでお越しください」
って放送で呼んでやれよ
-----------------------
こんな本に関心を示す時点で低知能だからさもありなんwww 女ユーチューバーに下ネタを投げかけてリアクションを見て喜んでるアホと同じ。指原莉乃の話す下ネタにヨダレを垂らして見入ってるキモヲタもこれと同じ種類。
-----------------------
俺の予想なら本を読まずして
女のあそこが異常に小さいんだと思う
-----------------------
↑凄い狭い人居るね
-----------------------
↑たぶんあっち系なんじゃね?
狭いし浅いが多い
-----------------------
↑半島系?
逆に広くて深い人も居てその差に驚く
-----------------------
このタイトルじゃなかったら話題にもならなかったであろう
-----------------------
この程度で恥ずかしがるとかプロ意識が足りない
もっと卑猥なタイトルの同人誌を売ってるまんだらけの店員を見習え
-----------------------
田山花袋の布団とか谷崎潤一郎の鍵とか直接的な表現はせずとも隠された秘密やエロスを感じるタイトルはあるというのに
この本のタイトルはただひたすら下品なだけ
書く人間も読む人間も出版社も総じて情けないわ
-----------------------
若い女性店員にいつもエロ本を包装してくれというおっさんがいたな
おっさんがレジに来ると女性店員から男性店員に変わると包装は頼まないからわかりやすい糞だった
-----------------------
わたしのちんぽは役に立たない
-----------------------
略しておちんぽ下さいでいいじゃない
-----------------------
コンビニでバイトしていた時に、エロ本の問い合わせがしつこいジジイがいた。
若い女性バイトにタイトルを言わせるので、電話を取るのは男性バイトのみにした。
しばらくしたら店に来て、女性バイトに面と向かって言わせようとするんで、店長とSVが出禁にしたわ。
こういうバカはいつの時代もいるんだな。
-----------------------
未成年の女性レンタルビデオ店員に
AVのオススメを聞く奴は昔から居るな
ブラックリストに面白おかしく書かれているぞ
-----------------------
ちんぽはどこに置いてますか
-----------------------
俺「夫のちんぽが入らない、あります?」
女店員「夫のちんぽが入らないのぉ♥ですね。少々お待ちください」

こんな本屋なら毎週通ってもいい
-----------------------
わたしこの本読みましたけど、出産の時に赤さんがでてくるんですよ、そこに入らないちんぽとか日本人ではありえなくないですか?
-----------------------
男「あの本探しているんですけど」
美人店員「はい、なんですか?」
男「男の担保に入らない、だったかな、そういうの」
美人店員「ああ、夫のちんぽが入らない、ですか?」
男「それそれ!あれ、どういう中身なんですか」
美人店員「妻の膣が狭すぎて、旦那のデカマラが入らなくて困ってるって話しですよ」
男「そんなことあるんですか?ボクのもそうだったらどうしよう・・・」
美人店員「試してみますか?私でよければ。」
-----------------------
閃いた!
「私のマンコに入れて!」って本を出版しよう
-----------------------
これ一巻読んだんだけどさ。
さんざん既出かもしれんが、婦人科行けよ、の一言だよな。
旦那だってそう言うなり、連れてくなり、一緒に行ってやるなりすりゃいいだけだろ。
-----------------------
子供の頃流行った替え歌思い出したw、
アルファベットの歌のメロディーなんやけど...
エービーシーディイ~エフジィ~♪
蟹に~チンポ~挟まれた、
痛いよ痛いよ離してよ~♪
離してたまるか、抜けチンポ......
...私はヌケチンポがどんなものか悩んだわい(^o^)
-----------------------
夫のちんぽが入らないをお買い上げの方レジ脇にてお待ち下さいとか大声で言われたらどうすんだろ
-----------------------
男性客「夫のちんぽが入らない、ありますか?」
女性店員「はい、あります」
男「すいません、確認のため復唱してくれますか?」
女「夫のちんぽが入らない、ですよね?」
男「え?ちょっと聞こえなかったんでもう一回いいですか?」
女「耳遠いのかよ...キモイオヤジ....」
男「なんだおまえ!全部聞こえてんだよ!」
女「え?」
男「え?」
-----------------------
マジで夫のちんぽがでかすぎて入らないって話なんだよなこれw
-----------------------
俺もうろ覚えで夫にちんちん入れられたという本ありますかと若い女性店員に聞いたら腹抱えて笑われて恥ずかしかったわ
-----------------------
え?どこに入らないんだよ
ほら、言えよ、どこに入らないかはっきり言えよ
とか聞いて頬っぺたを嫁に叩かれるオレ
-----------------------
「はっ 早く入れて」
「もう入ってるよ!」
-----------------------
夫のアナルに入らない
-----------------------
すごいおもしろい泣ける本らしいんだけど
まあタイトルのせいで買う気にはならないよね
-----------------------
俺のセフレのお股はフサまん
だけどおいらの頭はツルツル
-----------------------
だってな、主人公はキングサイズのチンコを普通にフェラしていかせてんのよ
なんかおかしくね?口に入るレベルならちょっと開発してガバったらすぐ入るだろ
-----------------------
↑おかしいね
ソースは俺の巨根
-----------------------

ちなみに、オカマが性転換する際の手術では造膣工事をするんだが、最初は小さなディルドで、次第にサイズを大きくして行って、少しずつ拡げます。オトコだってそこまで出来るんだから、子供を産めるオンナが出来ないわけがないw

-----------------------
夫のちんぽがデカくて入らないのお客さまー!
はいオレでーす!
オレのがでかくて入らないのオレでーす!
-----------------------
こんなタイトルの本、間違いなく有害図書だろ
夫のちんぽが有害図書ポストに入らない
-----------------------
いま、本屋に電話したら若い女が出て、
「夫のちんぽが入らないって本置いてる?」って聞いたら、
即効、切られた
-----------------------
レンタルビデオでわざとAV延滞させたら
電話かけてきたの男でがっかり
延滞料は取られるし踏んだり蹴ったり
-----------------------
昔知り合いが韓国美女と付き合ってて
しまりはいいがキムチの食い過ぎで臭すぎるとも言ってたが
あほな奴だったんで多分性病だったんだと俺は今でも思ってる
-----------------------
なーにが通称おとちんだよwww
-----------------------
夫の何が入らないんでしたっけ?
-----------------------
↑つ 給料
-----------------------
夫のちんぽは入ってるけど
ガバガバすぎて気づかない
-----------------------
夫のチンポがデカすぎて入らないから精神病んで不特定多数の男とセックスする話
-----------------------
夫のちんぽが入らないって
本人からしたら笑えねぇんじゃねぇの?
-----------------------
↑まさにそう、笑えないはなしを笑える文章で書いてる
ちんぽ部分もそうだが、教師になってクラス崩壊して病んで行く描写もキツかったけどなんか一気に読んでしまった
-----------------------
夫のチンポだけがはいらない
不特定多数の男のチンポはちゃんと入ってます
-----------------------
Twitterで話題になってたから本読んでみたけど、内容は真面目に面白かった
ツラいことを軽快に表現してて文章力はあると思った
...ただやっぱり買う時恥ずかしかったよw
レシートに本のタイトルばっちり記載されてたしw
-----------------------
読んだことないからあらすじググッたけど...うーん
ヤケになって出会い系で不特定多数の男とやるんだけどそれは正常に挿入できる
夫だけはなぜか挿入できない
愛する人とだけはできない、その原因はどうやら処女喪失した時の体験と母親からの虐待に原因があるらしい?
「号泣必至!」らしいけど予想とはだいぶ違ってただのメンヘラの話のようだ
-----------------------
店員のことなんかどうでもいいが
こんな本出したらこの著者の夫の社会的立場が無いじゃん
-----------------------
↑後書きによると、夫にはまだバレていないらしい
女性の作者だが、絶対に両親が本屋で手に取らないようなタイトルにしたと言っていた
-----------------------
金払って読むほどの本じゃないぞ
-----------------------
俺のチンポは簡単に入るぜ
-----------------------
↑(つД`)
-----------------------
通称「おとちん」
これ俺のあだ名やねんけど...
-----------------------
主人公は高校時代に夏祭りで声かけられたそのへんの見ず知らずの若い男とセックス
その時に血がダラダラ出てトラウマになってる
-----------------------
作者Twitter↓
@売るためのタイトルだと決めつける人がいるけれど、あれは会社の反対を押し切って付けたものです。
やめろと言われていた。書籍化が決まる3年前からあの題名だった。
書店に置いてもらえない前提で、担当編集さんと手売りする覚悟で、私達はヤフオクで一番安いリヤカーを探していたのだ。
-----------------------
「お、夫のち、ち、ちん...キャッ(≧∇≦)」
-----------------------
次回作「夫にちんぽが入らない」
-----------------------
村上龍の限りなく透明なブルーは最初タイトルを「クリトリスにバターを」にする案があって
それはさすがに下劣すぎるということで見送りになった
夫のちんぽとかまんしゅうきつことかそんなあからさまに卑猥な名前つけるのはダメです
-----------------------
オヤジ 「えーっと何だっけ。主婦のこだまさんが去年出版した本を探してるんだけど......。」
女店員 「タイトル分かりますか?」
オヤジ「うーん夫婦の話で......」
女店員「お調べしますね。.........夫のちんぽが入らない、ですか?」
オヤジ「えっ?」
女店員「夫のちんぽが入らない、ですか?」
オヤジ「えっ?」
女店員「夫のちんぽがー」

以下、延々と続く
-----------------------
わざとじゃないけどTSUTAYAで「キチガイチンポハンター」というタイトルのAVを返却し忘れて半年くらい経ったけど全く連絡来なかったな。
-----------------------
これ結局なんで入らないの?読む気はしないから誰かネタバレして
-----------------------
↑医学的にはありえないフィクション
夫のちんこが入らない
でも他の男のはズボズボ入る。
読者の心理→は?なら夫のがデカマラ?
でもちんこのデカさについては触れない。
そして離婚。

まったくもってクソな物語。
実話といいつつ実話でもない。そういう作品。
-----------------------

それにしても、オンナがセックスについて書くと、どうしても下品になってしまうのは何故なのか?

コメント(8)

>通称「おとちん」だが、タイトルが直截的な表現であることから、出版当初から版元が「お客様がタイトルを声に出して言わなくても書店さんにご注文できる申込書」を用意するなど配慮

HK/変態仮面も映画館でタイトルを直截的に言わなくても済むようにという配慮で"HK"が付けられたのだとか・・(都市伝説) ちなみにこの映画"HK"は今大河ドラマ『西郷どん』の主役張ってる鈴木亮平と、幸福の科学で有名になった清水富美加がとっても素敵な演技を魅せており、それはそれは素晴らしい変態映画になっております。個人的にはラスボスで出てくる教師役の安田顕が醸し出す底知れぬ変態性がヤバかったです。

サイズ違いでなしてケコンすたんだ?w
こりは<不順部ン隔><不純分が苦>てな悶やなww
サテ立ち読みとくいなワテですが手にとる気にもなりま栓なwww
続編<おっと そのちんぽは いらんよ>代筆OKでやんすwwww 

>つげ義春の「無能の人」を読んで、「何で主人公は働かないんだ!」と怒ったってしょうがないw

これまさにそれですよw
チンポが入らない云々を読むんでなくて
作品(世界観っつうか受ける感傷っつうか心のひっかかり)を味わうもん。
そういう意味ではこれ面白い(興味深い)ですよ。

>「嫁から漁港の匂いがする」

笑いすぎて涙が出てきた。
そうかそうか、オンナは『漁港』か。
つまり次の曲も、そういうことが言いたかったワケね。

https://www.youtube.com/watch?v=OFNW0IZUdto


『他人の夫のちんぽならスムーズに入る』、じゃないや、
『夫のちんぽが入らない』、明日、買ってこよっと。
講談社文庫の装丁、イイわァ。すばらしい。いったい誰が作ったんでしょw

今日エンポリアム紀伊国屋で立ちチラ(立ち読みまで行かない。)してきた。
活字がでかい本は警報がなるのでいきなり買う気失せた。しかも文庫本。
バンコクだから駐妻も簡単にキャッシャーに持って行けると思うが日本の主婦はやはりAMAZON利用か。

ネトウヨがゲリしてるみたいじゃんこれ

結婚する前に体の相性を実験するのが正しい。
トマス・モアのユートピアに書いてあった。

コレ、
古本ヤに並んでたぞw
続編あるのかw
なるほろ、世界観をたしなむ、かw

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山