増刷出来!

| コメント(25)

18091201.jpg

ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ
新論壇のカリスマ書き下ろし最新作!
「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、永劫に収束することのない原発事故であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、貿易協定に偽装した植民地主義であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より)

コメント(25)

>響堂雪乃(きょうどう ゆきの);僕は「A日新聞系の広告代理店」で編集長に就任したとき、「読者のレベルに合わせて低劣なものをつくれ」と言われたんですよ。新聞の読者なんて馬鹿ばかり、特に高齢者や女性は低知能者ばかりだから、そういう連中のレベルに合わせて編集しろというわけです。しかたないから命令どおり極力簡単な言葉で記事を書いたのですが、それでも、まだセグメント(低知能者である読者)には難しいというわけです。

 で、今度は社長が自分の女房を会社に連れてきて、「今日からコイツに書かせろ」とかいうわけですよ。しかたがないから、そのオバサンを取材に行かせて記事を書かせたら、これがまた小学3年生の作文みたいな文章で、僕の仕事はそれをかろうじて読める程度の記事に編集するという低劣なものだったわけですね。これまで何度か仕事を変わりましたが、あれほどアタマを使わない仕事を経験したことはありません。1年も続けていると、IQが 30% くらい後退するような印象です。そして、それがクオリティペーパーだとか、オピニオンリーダーだとかを自称する全国紙の実態なわけですね。

>響堂雪乃;僕がつくっていたのはオリコミの補完媒体なのですが、本体の記事を書いている連中も同じです。調査報道なんてほとんどなく、記者クラブを経由して上がってくる官庁作文や経済団体のパブリシティをコピペするだけ。その隙間を通信社の配信や、どうでもいいスポーツ情報で埋めるだけの作業です。だから、読売も、朝日も、毎日も、全部同じわけですね。社会の木鐸(しゃかいのぼくたく:社会の人々を目覚めさせ、教え導く人)」や「権力の監視」なんていうのも題目で、今や三大紙の主筆は公然と与党幹部と飲食を繰り返しているし、一昨年の読売新聞本社の落成には安倍晋三が招聘(しょうへい:礼を尽くして人を招くこと)されていました。

 新聞協会に至っては軽減税率の適用を求め、自民党に献金する始末だし、そもそも、広告媒体である新聞が、自身のクライアント(依頼人・顧客・取引先)である経団連に不都合なことを書けるわけないじゃないですか。しかし、購読者はこの自明性が全く理解できないのです。今や新聞と公権力は不可分一体であり、だからこそ、彼らはTPP批准(ひじゅん:全権委員が署名して内容の確定した条約を、条約締結権を持つ国家機関が確認し、これに同意を与えること)を慶事のごとく書き立て、放射能は安全だと絶叫し、自民党の要望に従い捏造した支持率を一面に掲載するというわけです。いずれにしろ、新聞事業の本質とは「支配装置」であると同時に「言語機能を破壊して民衆の知性を低位に保つこと」にあるわけです。言わば、購読者は「カネを払って自分を洗脳している」わけですから、全く「オメデタイ」としか言いようがありません。

・・・・「植民地化する日本、帝国化する世界」の中の『第4章 過酷な世界を どのように生きるべきなのか』より抜粋。

縮小はしているが、滅びはしないと思いますが?
 
もしかして、滅亡余地連絡会のマーケッチング資料か何か、ですか?
 
>外国資本の傀儡と化した自国政府であり、
 
ネトウヨ自民党公明党薩長土肥明治政府、ですか?
米軍、とか、CIA、とか、も追加でw
 
>生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、
 
御意w
  
>永劫に収束することのない原発事故であり、
 
御意w
  
>正常な思考を奪う報道機関であり、
 
報道機関、って言うか、日本放送機関、とか、読み売り機関、広告宣伝機関とか、そういう感じ?
 
>人間性の一切を破壊する学校教育であり、
 
一切とは、随分思い切った表現でw
 
>貿易協定に偽装した植民地主義であり、
 
協定のみならず、諸条約についてもw
日米安保条約、とかw
 
植民地、のようだけど、でも、第3者からは守りませんよ、とか?
 
>戦争国家のもたらす全体主義である
 

まぁ、全体主義。
 

編集者: 国民はまさか新聞テレビが自分たちを洗脳しているなどと想像もできないでしょうが。

秋嶋(響堂): そもそも世界最初の新聞社がイギリス王室の所有であったとおり、マスメディアとは発生の段階から権力のスタビライザー(安定装置)なのです。ナポレオンだって35の新聞を廃刊して許認可制にしましたからね。レーニンは新聞やラジオを「イデオロギーの武器」と称していたし、ヒトラーはテレビを洗脳機械と位置付けていました。まして日本の報道機関はGHQによってそのまま占領統治の道具にされている。つまり終戦から70余年が経過した現在も、検閲コードがそのまま残っているわけですよ。だから反米的な記事は一切掲載できない。例えばトランプ大統領が財政法の上限を取っ払ってまで軍事予算を上積みするキチガイだとか絶対に報道しないでしょ(笑)。いずれにしろメディアは支配層が、国民層に仕掛ける心理戦争の中心ツールであると認識しなくてはなりません。

編集者: 今だ民衆は彼らが中立的な報道機関だと思っていますからね。

秋嶋 マスコミの実体は報道機関ではなく広告企業ですから、広告主である企業や官庁に言われるまま我々を欺き洗脳するのも当然なわけです。まして新聞などは購読料より広告料が上回っているわけですから、広告主である彼らに阿るのは当然です。なのに国民はそういう「主従関係」を全く理解していない。ちなみにフーコーは新聞について「教会に代わる現代の礼拝物」だと語っているんですよ。要は新聞が国民の意識を一つに束ねるエピステーメーの装置だと主張しているのです。そうやって我々の意識は規格化され作られているわけですね

編集者: もはやマスメディアは国民の敵だと言ってもいいですね。現実として我々は報道によって殺されようとしている。

秋嶋: 原作版の『仮面ライダー』の最終話を読んだことがありますか?1号ライダーと2号ライダーがショッカーの秘密基地に乗り込んで首領と対決するんですが、実は組織の正体が日本政府で、テレビを洗脳装置にして国民奴隷化計画を推進中だったというオチなんですよ。僕の社会学理論はそこから始まったようなものですが、研究を進めるうち現実は漫画の世界よりもずっと酷いと知りました(笑)。


http://www.asyura2.com/16/hihyo15/msg/429.html#c2

日本は滅びゆく国ではありません。
次の覇権国です

ご紹介して頂いたamazonのレビューの中の目次を読んだけど非常に興味深い。
第1章 「政治」が無いことを知ろう

1 国会議員が作る法律は2割もない
2 法律は資本家によって作られる
3 言われたとおりに法律を作るとおカネがもらえる仕組み
4 政治家はゾンビであるという意味
5 ニホン国の仕組みは北朝鮮と変わらない
6 なぜニホン人のためではなく、外国人のために法律を作るのか
7 総理大臣はコンビニの店長のようなもの
8 国会議員に世の中を動かす力などない
9 野党でないのに野党のふりをする人々
10 政党の役割とは政治が存在すると錯覚させること
11 アメリカでもニホンでも資本が国家を操る
12 議会も政治も国家も無いということ
13 おカネのために政治をする者を何というか
14 まともな政治家はこうして消された
15 知性のない国民が知性のない政治家を選ぶ
16 政治家も国のおカネの流れを知らない
17 公務員が税金の全てを使ってしまう
18 貴族と奴隷の関係として捉えればよい
19 人種差別で国民の不満を解消させる方法
20 反戦運動はニセモノだった
21 原子力発電は国民を犠牲にするから儲かる
22 ニホンは泥棒主義の国
23 私たちの民度は世界最低のレベル
24 もう資本家に怖いものはない
25 戦争の目的とは国民の財産を富裕層に付け替えること
26 国の本質は暴力である
27 信じられないほど残酷なことを平気でする
28 お笑い芸人と政治の関係
29 国民は馬鹿だから何をやってもいいという考え
30 すでにニホンは先進国ではない
31 テロが起きるたびに政治家が大喜びする理由
32 なぜ国民が貧しくなる仕組みを作るのか
33 若者は自分たちが売られたという自覚がない
34 巨大すぎる詐欺だからこそ見過ごされる
35 君が想うより社会は1000倍も汚い 
36 宗教家が政治家になっておカネを稼ぐ
37 経済の仕組みとはたったこれだけ
38 大企業はどれだけ脱税してもかまわない
39 身分制度を直視すること
40 国民を食い物にして肥え太るという図式
41 すでに憲法は止まっていた
42 人とおカネの繋がりから世界の現実を見る
43 無知な人々が絶望の国を作る
44 大学よりも戦争に行かせたい
45 教育におカネを使わないから未来がない

第2章 地球から「国」が消える仕組み

46 政府を廃止する運動の高まり
47 コカ・コーラとシャッター商店街の関係
48 ニホンは独立国家ではない
49 なぜ総理大臣は外国におカネを貢ぐのか
50 オリンピックはおカネ儲けのために開催される
51 北朝鮮のミサイルが危険ではない理由
52 戦争ほど儲かるビジネスはない
53 アメリカは戦争がなければ潰れてしまう 
54 徴兵のために選挙年齢を引き下げた
55 軍隊を駐留させて要求を呑ませる
56 大統領とは原稿を読むだけの仕事
57 資本家の道具としての政治家
58 世界は500年前から変わっていない
59 主権を奪われた国が廃れる状態を何というか
60 国民がパニック状態の時に行われていること
61 他国の混乱でカネを儲ける
62 右翼の意味もわからない馬鹿が右翼をやっている
63 株価と年金とネコの死体
64 消えた年金は誰のものになるのか
65 国民は主権があると勘違いしている
66 国民の暮らしではなく資本家の利益が第一
67 最も高い税金を払い、最も低い福祉を受ける
68 ニホンは「領土」を売る世界でただ一つの国
69 国民ではなく資本のために働くと誓った
70 戦争は銀行家によって作られる
71 なぜアメリカ兵はアメリカ製の武器で殺されたのか
72 私たちが共有する捏造の記憶
73 ニホン人のおカネがニホン人を貧乏にする仕組み
74 企業も政府も外国人に所有されている
75 アメリカとニホンの関係を表す言葉
76 国民を守る意思の無い国

第3章 新聞テレビは知能を破壊する

77 テレビを視るほど馬鹿になる
78 新聞と学校と洗脳
79 マスメディアは広告業者であって報道機関ではない
80 スローガンによって思考を麻痺させる
81 本当の経済の仕組みが語られない理由
82 「絆」という言葉の裏に隠されていること
83 目に見えない戦争を何というか
84 資本家がマスコミを所有している
85 これほど恐ろしいことが伝えられない
86 マスコミが何が重要であるのかを決める
87 危険な法案の成立をスキャンダルで隠す
88 どれほどニュースに触れても意味がわからないのはなぜか
89 こうして国民は知る権利を失った
90 おカネのためならどんな嘘でも流す
91 狂人は自分の狂気が認知できないから狂人である
92 著名人の言葉なら簡単に信じるという論理
93 これをナチ的状況と言う
94 現実とそうでないものをどう区別するのか
95 嘘を流すという職業
96 愛で地球が救えるはずがない
97 なぜ新聞テレビはアメリカのことを批判できないのか
98 テロリストなんてどこにもいない
99 国民を脅して軍事費を引き上げる
100 だから世論調査を信用してはいけない
101 新聞の社説が小学生の作文のようになった事情
102 要するにマスメディアは国民の敵であるということ
103 無知が悪なのではなく、無知の自覚のないことが悪なのだ
104 私たちの認識は常に歪んでいる
105 国民は家畜のように大人しくなった
106 マスコミがどれほど酷いことをしたのか
107 怒鳴り散らして反論を封じ込めるというやり方
108 テレビ局が国民に知られてはならないこと
109 ニホン社会は迷信によって成り立っている
110 新聞社は読者の生命よりも不動産の価値を優先した
111 国家と企業と報道が共同する暴力
112 国民が非科学的である限り新聞テレビは潰れない
113 当たり前のことがわからないバカ者を何というか
114 バラエティのノリで恐ろしいことを隠そうとする
115 小さな悪が積み重なると途方もない悪が出来上がる
116 誰もが仮想現実の住人であるということ
117 私たちは生まれてからずっと精神の牢獄にいる

第4章 学校は人間を機械にするところ

118 重要な歴史は教科書から削除されている
119 ヒップホップが必修科目になった理由
120 考えさせないための「教育」
121 学校は非公式の軍隊であるということ
122 なぜ才能の芽を潰そうとするのか
123 部活で身体も思考も壊される
124 スポーツは馬鹿を作るための道具
125 戦争したい人たちが教科書を書いている
126 なぜ先生を信用してはならないのか
127 歴史に学ばないから再び戦争する国になった
128 真面目に生きれば報われるという嘘
129 これはファシズムではないのか
130 自分を守るために知っておくべきこと
131 評価を真に受けると一番大事なものが死ぬ

第5章 これからニホンで起きること

132 国民はどんどん貧乏になる
133 移民が増えて失業者だらけになる
134 国民が進んで戦争に行くようになる
135 文化の廃れた国になる
136 緩慢な戦争が続く国になる
137 言論の自由がなくなる
138 国民が常に監視される
139 憲法が停止し、権利が縮小する
140 財政が破綻する
141 そこら中が病人だらけになる
142 食料の自給が止まる
143 先進国ではなくなる
144 企業が政府になる

第6章 なぜ大人は何も考えないのか

145 そもそも考える教育を受けていない
146 生まれてから死ぬまで刷り込まれること
147 聖書の時代から変わらない仕組みがある
148 洗脳は生涯途切れない
149 ほとんどの人間は社会の仕組みを知らないまま死ぬ
150 なぜ私たちはこれほど無抵抗なのか
151 自分を騙す心の働きがある
152 他人と同じであることで安心する心性
153 理解できないものを憎むという生理
154 思考はどのようにして歪むのか
155 信念や知識を覆す情報に触れると脳が「痛い!」と感じる
156 おカネをもらって「愛国」を叫ぶ人々
157 宗教によって思考力を奪う
158 今考えなければ永久に考える機会はないのに
159 ネットに依存するほど頭が悪くなる理由
160 権力者は知性を根絶やしにしたい
161 本を焼く国は、やがて国民を焼く
162 憧れる者に支配されるということ
163 教養がないから肩書に騙される
164 もはや当たり前のことが分からない
165 都合の悪い現実をなかったことにして自我を保つ
166 戦後から続く知能を低下させる取り組み
167 考えないことが一番良いという考え
168 まるで少女のミイラのようになった
169 生命よりも娯楽に関心がある
170 変化しないと精神が死ぬ
171 自分独自の考えというものはない
172 正常な人間を押しつぶす無理解の壁
173 無知であることはこれほどまでにおぞましい
174 人間が幼稚だから言葉遣いも幼稚になる
175 アリのように部分は見えるけど鳥のように全体が見えない
176 現実ではなく妄想に基づいて行動する
177 ヒトの群れもネズミの群れも同じということ
178 無知と迷信の密林に生きている
179 子供のまま大人になった人々
180 私たちは動物以下に堕ちたのか

第7章 これから君たちが考えなくてはならないこと

181 知性によって生存の確率が高まる
182 知識がなければネットの情報に触れても意味がない
183 読書しなければ人間になれない
184 繋がることよりも繋がらない価値
185 見るもの、聞くもの、読むもの、全てに作為が潜む
186 ネットで本を買うのをやめる
187 ツイッターやフェイスブックは致命傷になる
188 そもそもすでに国がないのだから愛国心なんて持たなくていい
189 政治や社会に関心のない馬鹿者のふりをする
190 信じるのは自由だが、依存してはならない
191 科学と疑似科学を見分けること
192 ニホンの未来はアメリカの今であるという学説
193 必ず遭遇する「敵」を理解しておく
194 意思の疎通ができないのは当たり前である理由
195 関連を捉えられなければ思考しているとは言えない
196 知識の砂浜を歩く君の知識はコップ一杯程度
197 死ぬまで学び続けること
198 国境に跨る社会を築こう
199 生命を授かると同時に残酷を授かった
200 悪意と暴力と矛盾の中で可能性を模索する
201 世界が闇であるのなら自分が光になればいい

人様のブログで長くなってごめんなさい。(ご迷惑でしたら削除してください。)


私たち日本人は望む望まない関係なくメリットもデメリットも与えられる。
今の世の中から戦国時代に戻りたいとは誰も思わない。

平和で自由で束縛されず、自分探しに勤しみたい。
嫌な仕事はやりたくないし、課長さん残業命令はパワハラですよ? 週休2日全休+祝日全休は当然の権利。

アメリカが自由で好景気なのは戦勝国で喧嘩が強く機軸通貨のドル決済の強要、だからインチキゴッコが続けられるだけでしょ? 日本人も身の丈をわきまえないと、敗戦経済植民地+アメリカ軍事拠点としての立場を。
昔から自由なんかない、あるように思い込んでただけ。

秋嶋亮(あきしまりょう)

>(旧著者名:響堂雪乃)社会学作家。「独りファシズム-つまり生命は資本に翻弄され続けるのか?-」(ヒカルランド)、「略奪者のロジック-支配を構造化する210の言葉たち-」(三五館)、「略奪者のロジック2-新世紀ファシズムを抽象する219の言葉たち-」(kindle)、「略奪者のロジック3-国家崩壊を警告する214の言葉たち-」(kindle)、「略奪者のロジック4-世界システムを論証する207の言葉たち-」(kindle)、「SLAUGHTERHOUSE-グローバル資本は国家と人間を解体する-」(kindle)、「思想犯罪CASCADE」(Puboo)、「Dystopia Japan」(Puboo)、「終末社会学用語辞典」(白馬社)、「植民地化する日本、帝国化する世界」(ヒカルランド)「ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ - 15歳から始める生き残るための社会学 - 」(白馬社)、「放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか」(白馬社)、「北朝鮮のミサイルはなぜ日本に落ちないのか」(白馬社)を上梓。

http://alisonn.blog106.fc2.com/

日本はローマに対するカルタゴの立ち位置でしょうねぇ。
日本もカルタゴも二度は帝国の心胆を寒からしめた。
三度目はなくて蹂躙されるのみ。
惜しむらくはカルタゴには武将ハンニバルがいてローマ失陥の寸前までいったけれど、日本には帝国の靴裏を舐めるしか能のないアベという無教養のポンコツしかいなかったこと。

郷堂雪乃 私は下世話ですが、お金の流れを追うんです。
真実をしるにはこれが本当にわかりやすい。

郷堂雪乃 私は下世話ですが、お金の流れを追うんです。

真実を知るには、これが本当にわかりやすい。

迷惑どころか目次を紹介していただいて腑に落ちました 。。

とりわけ第3章「新聞テレビは知能を破壊する」以降の

「学校は人間を機械にするところ」

「なぜ大人は何も考えないのか」

最終章の「これから君たちが考えなくてはならないこと」まで

読めば読むほど

小膝を打ちたくなる文言の連続で 15歳からといわず

理解できるならぜひ12歳でも10歳でも

サバイバルに必要な「考えるための補助具」として読んでほしい 。。

午前7時21分、東京・富ケ谷の私邸発。
 午前7時45分、羽田空港着。
 午前8時14分、日本航空141便で同空港発。
 午前9時8分、青森空港着。同18分、同空港発。


今日も人知れずひっそり行動してるみたいだけど
こういう移動経費って美しい国の国壊議員特権で
行ってるのか?それとも
政治資金から出てるのか? 航空会社脅してるのか?
どうなんですかね?

この本は、当たり前に知っていることを、当たり前に書いただけだと思うのだが、なぜすごい本だとして、みんなに持ち上げられるのだろうか? 
これも情報操作世論操作の一環なのだろうか? 
双頭作戦の一つなのだろうか?
新聞はスポンサーの意に反して書くことはできないと言っているが、単行本の出版ならば、支配者の意に反して本を出すことができるというのであろうか?
こういう本を出版できるということは、しかもネットで紹介できるということは、権力のお許しを得ているということに他ならない。
いうならば、暴れん坊の孫悟空は常識を超えた暴れん坊であっても、お釈迦様の掌の中で暴れているに過ぎない、ということであろう。
本当に手の平から飛び出せば、当然に排除される。
排除されないということは、手の平の内だということだ。

 若い人たちは現実主義的で無駄なことはしない。 50過ぎの世代より大人。 古いタイプのリベラルには現状は耐えられないのかもしれないが、古いリベラルのほうが周回遅れになっている現状が分かっていない。

今時、リベラルとか保守とか55年体制の延長でレッテル貼りをして意図的に本質が見えないようにしてごまかしていますよね。

「リベラル」と「保守」、そして「左派」の違い (1/2)
http://blogos.com/article/251246/?p=1

労働者の非正規化、移民の導入を推進する保守主義とかわらえますね。本来隷米売国政党が保守主義を名乗ること自体が間違っています。

ごまかし続けていた方が都合が良いんでしょうね。

買ってみようかどうしようかと思ってたらこんなの見つけた。

これ、あかんやつや。

https://twitter.com/emmamab0t/status/997745752842686464 

陰謀論が大好きな人にはお勧めやけど。

《 若い人たちは現実主義的で無駄なことはしない。》

  ホントカシラ 。。

厚生労働省のユルイ調査でも成人約421万人 

中高生52万人がゲーム依存症になっているとか

小学生だけでも10万人以上が重篤なゲーム依存症の疑い

高学歴ルンプロそのものポスドクが約2万人

ルンペンプロレタリアートの輝ける騎手 非常勤講師も万単位

医師の国家試験不合格者 医学部入学者数9500人の約1割

法科大学院や薬学部 歯学部を卒業しても国家試験に通らない

元学生の総数は万単位になる 。。

>当たり前に知っていることを
当たり前じゃないよw
この本に書かれていることを陰謀論ってな事で括っている方もいるし
弁護士や警察は正義の味方とか基本的にそう考えている方々のほうが
圧倒的に多いよ。
弁護士は単なる裁判所の出入り業者
このことは当たり前なのか?

第二次安倍政権発足当時
響堂雪乃氏は一時ネットですら発信できない状況に追い込まれた。
物書きなんだから今ある流通経路を使えないのはやっぱり死活問題だろう
その制約の中で、このような本が出るのは注目すべきことなんじゃね?

比較するのはまだ早いと思うが
原発事故問題で注目を浴びた広瀬隆氏は
財閥研究本で特筆すべき本を90年代に立て続けに出している。
最初は単なるユダヤ陰謀論とか揶揄されていたが
圧倒的な情報分析力で陰謀論などという
「お子ちゃまノイズ」を跳ね返している。
広瀬氏の本は学生時代からだからもぉ30年以上追いかけ読んでいる。
そういった作家というか社会分析者になってほしいと思う。

「山田」さん?何か細工して無い?

長いコピペに平然と及ぶは嫌がらせに非ずやと端的に思ふ。
然に非ずば援護射撃と嫌がらせの區別が附かぬ發達障礙兒ではと。

先づ以て増刷の情報であり、而も腦味噌の衰へた”年長者”への教へを諦め、對象を若年層に絞つた著作に關するエントリである。著者より家主樣に直々に入つた情報の開示であると思ふと共に、此國の病理に就いて思ひを新たにせざるを得ぬ所でもある。

LINEの携帯事業、ソフトバンクが51%出資

LINEは危険なアプリです。 これを推奨しているのが安倍自民創価学会公明党内閣(国)です
https://ameblo.jp/ax02ameba/entry-12423796331.html


【参考情報】
● LINE、大株主は韓国人、役員も韓国人・韓国政府はLINEを傍受し情報収集・赤字でも日米上場

【情報・通信の掲示板】
マイナンバー登録情報は韓国の国家情報院(旧KCIA)に筒抜け
危険なLINEを推奨しているのは安倍自民創価学会公明党内閣(国)
ネットで検索LINEはこんなに危険

支那朝鮮に支配されている反日売国テレビ局・
マスコミは連日連夜、 日本国民視聴者を愚弄
していて、日大アメフト騒動やドンファン某や
モリカケ問題を繰り返し繰り返し報道して、
真相を報道しない自由を行使している為に、
ここに掲載されている日本民族を滅亡させる
大変重大な問題から国民の関心を逸らしている
のです。
トンでもない時にありえない事故や事件を捏造
(大騒ぎをした結果 不起訴になったり、うや
むやになったりしている。)して国民の関心を
逸らすスピン対策(国民を騙す犯罪)を実施し
ているのです。
最近、連日石橋某のあおり運転を話題にしてい
る報道がこの手口の スピン対策です。
この反日売国テレビ局・マスコミを支配してい
るのは安倍自民創価 学会公明党内閣(国)で
ある事に気付いてください。

【関連情報】
LINEの携帯事業、ソフトバンクが51%出資
https://twitter.com/kazokudaira/status/958612253678317569

詳細は
【情報・通信の掲示板】第1巻
http://www.aixin.jp/axbbs/jht/jht.cgi

政府が携帯料金引き下げを迫るので!、ソフトバンク遅い。
公務員にはボーナスが支給されたので、コスト軽減に“川の竹伐採を”。
年貢を取り立てるだけじゃお上は満足されないようだ
いま、日本に何が起こってるんだ、一揆が起こるぞ。
http://blog.livedoor.jp/korban/archives/1073382259.html

安倍が金豚に金払ってミサイル飛ばしてもらっていたのはトランププーチンも知ってる事実wwwww で、ケチってミサイルしたもんだから怒った金豚に全部米朝会談の時にトランプにチクられたww トラ公はそれをネタに安倍を脅して5兆円のポンコツ兵器を押し付けるw 全員悪人ww

> 日本はローマに対するカルタゴの立ち位置でしょうねぇ。
パクスロマーナ パクスアメリカーナの対比なら、カルタゴのポストは今の所ロシア、今後の推移によってはチャイナ

ジャップランドはせいぜいローマに対するスパルタw
ローマ時代には既に観光地になっていて、見世物でスパルタ式やってたそうだw

諸外国からバカにされている恥さらしのペテン師アベシンゾーが居据わっている限り、崩壊で無く破滅の道には進んでいるのは間違いないよ。

ゆっくりが早足なっただけでベクトルは一緒。

大体何で浮上する気さ?。日本の電気、自動車はチャイナにトドメ刺されてオワコンだよw。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山