ちょっと薄めのコンビニコーヒー60円

| コメント(1)
_DSC4194.jpg

最近、「インスタントではないけど、正式に淹れるよりは簡単」というレギュラーコーヒーが出廻っていて、コンビニでも人気商品になっている。まぁ、近頃のキッチンには急須もないというんだから、まして、正式にコーヒーを淹れる道具など持ってないだろう。コンビニなら淹れたてのレギュラーコーヒーが100円で飲める時代、色々と便利になりました。おいらがコーヒーに目覚めた中学生の頃には、レギュラーコーヒーは喫茶店に行かなきゃ飲めず、中学生が喫茶店入れないし、まだマクドナルドもない時代、仕方ないので、道具を揃えて、自分で淹れていた。隔世の感がある。アタリマエだ、半世紀も昔だものw さて、コンビニで買ってきたコレは、KEYCOFFEEEの「まいにちカフェ」という商品です。THERMOSの350ml保温ポットというのは、イマドキの水筒の定番になっているようで、保温ポットにティーバッグ状に加工されたコーヒーバッグと熱湯を入れておけば、30分でマトモなコーヒーが飲めます、というアイテム。飲んでみた印象としては、「ちょっと薄めのコンビニコーヒー」です。8gの材料で350mlのコーヒーを淹れてるわけで、薄いのは当然だろう。ちなみに豆の種類は「ブラジルとコロンビア他」となっている。コーヒー生豆の値段は、皆さん、あまり知らないと思う。ブラジル・サントスNo.2(最高級。等級は2からで、1は存在しない)で、1kg500円台で買えます。コロンビアのスプレモはもう少し高いが、それでも500円台。世の中にはもっと安い豆もあるんだが、大規模農場の豆だと、それくらいが相場です。まぁ、8gで5円か6円くらいですね、豆の代金としては。出汁パックみたいな不織布の袋は、市販品でも一個3円くらい。粉にしたコーヒーを計量して8gずつ供給する機械というのがあるんだが、それが11万くらい。ティーバッグを自動的に作る機械は100万くらいからあります。というわけで、原価は袋とコーヒー生豆で一個あたり10円、あとはパッケージだが、箱入りなので、パッケージの方が高いかも知れない。いちおう定価では「5個入り300円」という事になっているらしい。一個60円。加工費がそれなりにかかるので、まぁ、妥当なところだろう。おいらが同じような商品を作るとしたら、コーヒー豆や出汁パック袋は同じような値段で仕入れられるが、全自動化されたラインなんか作れないので、シルバー雇って手作業になるw とても、この値段では売れませんw

 税・送料込み 1100円
<タイ国メチャンタイ村アカ族アラビカ種AA級コーヒー 100g×2>

タイ王室がフェアトレードで始めたコヒー栽培事業、50年の成果が、メチャンタイのコーヒーです。希少な、香りと酸味に優れた豆です。中炒りですが、個性を活かすために若干、浅めのローストです。焙煎済み、挽いてありません。

 税・送料込み 700円
<タイ国メチャンタイ村アカ族アラビカ種ピーベリーコーヒー 100g>>

メチャンタイのコーヒー豆の中でも、ピーベリーと呼ばれる特に選抜された特級品です。通常、コーヒー豆はひとつの実に2つの豆が入っているのだが、稀に、1つしか入ってない実がある。豆は小さく、丸い。同じ産地の同じ品種でも、このピーベリーは味が良いと言われていて、高額で取引されます。数に限りがございます。お早めに。焙煎済み、挽いてありません。

コメント(1)

・1杯60円のコンビニ•コーヒー
・100g700円のメチャンタイ•コーヒー
1回に10g使うとして(?)10杯で700円 → 1杯70円
紙代は省略すると(?)コンビニ•コーヒーの方がたった10円安いだけ!
コンビニコーヒーを買う奴は安物買いのゼニ失いだな。
(本物のコーヒー飲みはこんなセコい計算はしない)

コメントする

最近のコメント

  • 10円やすいコンビニ•コーヒー: ・1杯60円のコンビ 続きを読む
雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山