イエメンのモカマタリ

| コメント(5)
_DSC4023.jpg

ふるさとの訛(なまり)なくせし友といてモカ珈琲はかくまでにがし 寺山修司

昔から有名な「モカ」なんだが、最近はめっきり、入手困難。単味でも飲まれるが、ブレンドする際にアクセントとして個性を出すのには欠かせない豆で、貴重なんですね。味の特徴としては、酸味があって、香りが高い。グレープフルーツの香りとも言われます。

モカマタリは、独特の風味とコクが日本で特に愛され、その人気は圧倒的なものがあります。ただし、荒っぽい原始的農法と石臼による脱穀という、小規模で昔ながらの生産方法により、豆のバラツキや割れ豆(というより「カケ豆」)の混入も多くなるところが難点でもあります。

正確には「モカ」という産地はなく、モカというのはイエメンの輸出港の名前です。15世紀から盛んに、ヨーロッパに向けて輸出された。産地は、大きく分けて2つ。イエメン北西部と、エチオピア産。どちらも「モカ」なんだが、イエメンの方は「モカマタリ」と呼ばれたりする。産地は標高1500mから2000mの高地。原種に近い品種で、粒は不揃い、豆は小さく、カタチが悪いw 険しい急勾配の山地で、粗放的な栽培をしていて、収穫後の処理も人力です。他所の産地だったら不良豆と言われるような豆ばかりで、見ただけで、肥料をやってないのが判るw ピーベリーに分類されるような丸まっちい豆も多い。今の産地はどこでも、整然と整備され、機械化によって安く大量にコーヒー豆を生産しているが、イエメンは違うようだ。内戦などもあって、生産量は激減、入手困難です。コーヒーに凝ると判るんだが、モカマタリだけは、「豆を見ただけで判別できる」w 商売で生産しているところは、どこでも品質の均一化に留意するわけで、ちゃんと肥料を与え、農薬で管理して育てた方が、豆の粒は揃う。だからって、味が良くなるわけではないがw

_DSC4000_300.jpg 税・送料込み 1100円
<タイ国メチャンタイ村アカ族アラビカ種AA級コーヒー 100g×2>
タイ王室がフェアトレードで始めたコヒー栽培事業、50年の成果が、メチャンタイのコーヒーです。無農薬栽培の、希少な、香りと酸味に優れた豆です。中炒りですが、個性を活かすために若干、浅めのローストです。焙煎済み、挽いてありません。

_DSC3997_300.jpg 税・送料込み 700円
<タイ国メチャンタイ村アカ族アラビカ種ピーベリーコーヒー 100g>>
メチャンタイのコーヒー豆の中でも、ピーベリーと呼ばれる特に選抜された特級品です。通常、コーヒー豆はひとつの実に2つの豆が入っているのだが、稀に、1つしか入ってない実がある。豆は小さく、丸い。同じ産地の同じ品種でも、このピーベリーは味が良いと言われていて、高額で取引されます。数に限りがございます。お早めに。焙煎済み、挽いてありません。

なお、生豆が欲しい方、大量に仕入れたい業者の方などは、バイヤーさんに繋ぎますのでメール下さい。

コメント(5)

昔アラブの偉いお坊さんが恋を忘れた哀れな男に痺れるような香りいっぱいの琥珀色した飲み物を教えてあげました。
そのお坊さんこそ、アラビアコーヒーの創始者シークオマルだとか聞いたんですけど、誰かが作った都市伝説なんでしょうか?

 ワインもテロワールドだったか、フランス語だからテロワールか、なんかテロリストの世界みたいな言い方があって、どこでとれたブドウかが大事らしいが、それでも品種というのがいろいろあって、ブルゴーニュの高級赤ワインの品種をキャリフォーニァのセントラルコーストに持っていくと、それなりのブルゴーニュタイプのワインになったりするようだが、モカは、その種をブラジルで育ててもモカにはならんのかね。 

 としたら、モカ種をブラジルにもってったところで、ホボボブラジルw

(ボボブラジルは九州では「僕、ブラジル」)
https://bokete.jp/boke/tag/%E3%83%9C%E3%83%9C%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B8%E3%83%AB


ウイスキー業界もテロワール重視の傾向が顕著になりつつあります例えばブルイックラディ

はアイラ島で栽培した古代種ベアバーレイを原料にするなど本気で努力し始めています 。。

初めて焙煎豆を挽いてペーパーでこして飲んだのは、確か「モカ」だった気がする。印象は「ねっとりして苦い」だったが、それ以来、もう2度と「ネスカフェ」には戻れなかった。ブルーマウンテンの半値ほどだったで手を出し易かった。時々、贈答品でネスカフェを貰うことはあったが、内緒で「処分」していた。(スンマソン)

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山