加藤繁十のデミタスカップ

| コメント(0)
_DSC3930.jpg
_DSC3934.jpg

加藤繁十のデミタスカップです。瀬戸には「加藤」を名乗る陶工がいっぱいいて、いちばん有名なのは加藤唐九郎だろうが、このサイトでも加藤五助加藤五輔は以前、取り上げている。

加藤繁十家は清栄軒と号して瀬戸の印所地区で江戸時代から昭和時代の約100年間、四代にわたって活躍した磁器窯屋です。瀬戸の窯業史の中でも大変革の時代において、繁十は染付磁器に始まり、名古屋・横浜などの輸出港で絵付した作品、釉下彩、マンガン釉・青磁釉などのその時代を象徴する作品に取り組み、また登窯や焼成方法の改良などの技術開発にも余念がなく常に瀬戸の窯業界をリードし、実に多彩な作品を生み出していきました。

やはり、名工の名が高い人のようです。このカップは、多分、1882年頃。二代目か三代目だと思われる。日文研データベースによれば、同じ筆致の署名が確認されます。1882年製の壺の署名です。明治15年。特に外国人に媚びるわけでもなく、ずっとやってきた手法で、ボディが洋風のコーヒーカップというだけですね。落ち着いた絵柄で、今でも実用で使えそうだ。

コメントする










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山