有史以来畏れ多くも初の積ん読の詔が発せられた

| コメント(10)
皇后陛下が引退したら読みたい、と名前を挙げられたのが、イギリスのユーモア小説「ジーヴス」シリーズで、ところが発売元が国書刊行会という超弩級のマイナー出版社だったので大騒ぎw

今回のニュースをうけ、両出版社のツイッターは早速反応。国書刊行会の方は、「た、たいへんなことが...」と動揺しながら大喜び。さらに、「有史以来畏れ多くも初の積ん読の詔が発せられたジーブスシリーズですが、在庫が少ないものもございます。お早目に」とアピール。
しかし、「慌てたせいで『ジーヴス』→『ジーブス』に大間違い!」と、肝心の主人公の表記ミスを報告するという、おまけもついた。
文春側も負けていない。
「皇后陛下が読むのを楽しみにされているシリーズ。文春文庫で読めます」(文春文庫)
「(略)文庫2巻によりぬいた弊社版と、多数の作品をそろえた国書刊行会版となっておりますので、まずは弊社版でお試しいただき、沼に落ちたら国書版、というのが(弊社としては)あらまほしきルートかと存じます」(文藝春秋 翻訳出版部、国書刊行会にリツイート)と、やはり鼻息は荒い。

国書刊行会というのは、日本でももっとも売れない本を出す版元として有名で、3000部も売れないだろうというラインナップばかりです。それでも一定数のマニアがいるらしくて、ずいぶん長く商売を続けている。

81VLgCcVbNL.jpg

〈DVD〉天才執事ジーヴス vol.1 (<DVD>)
英国発、世界最高のユーモア小説の日本語字幕版!!
全2話収録:特典映像と解説小冊子付き
第1話「ジーヴス登場!」
ボートレースの夜に悪ふざけが過ぎ、警察裁判所で罰金を言い渡されたバーティーのもとに天才執事ジーヴスがやってくる。
恐怖のアガサ伯母さんはバーティーに天下最強娘との結婚話を持ち込むが......(50分)
第2話「犬のマッキントッシュの事件」
性格よろしからぬ美女ボビーとの結婚を決意したバーティー。ボビーはバーティーに、恋がたきの湯たんぽを錐で突き刺せと命じる。
おまぬけなタッピーはオペラ歌手との恋に落ち、バーティーは公衆の面前で歌うはめに......(50分)

ジーヴス・シリーズは映像化もされているようで、DVDも出てます。実は、うちにも国書刊行会版が一冊ある。おいらが買ったわけじゃないので、読んでません。
【書籍】退位後読みたい小説...皇后さま効果で問い合わせ殺到 英小説「ジーヴス」、出版社「一日で数千冊の注文が」、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
我が社の本も読んで欲しいです。
-----------------------
↑富士見書房さん、ロマン文庫はさすがにちょっと‥‥
-----------------------
皇后陛下は、皇太子殿下が幼いころからずっと読み聞かせとかされてきたが
皇太子殿下が生まれて初めてご自分のお小遣いで買った本は「ウルトラ怪獣大百科」
無駄だったなw
-----------------------
↑まあでも大百科とかはあの家の人間らしい感じがするけどね
-----------------------
メジャーなマイナー出版社、国書刊行会
-----------------------
皇后陛下は時々萌える発言なさるわ
初音ミクを、ミクちゃんと呼んだり
くまモンの中の人の話をしてくまモンをうろたえさせたり
探偵小説に夢中とか
-----------------------
アガサ・クリスティよりも年上で30年代ミステリ黄金期にも作品を発表してたろうに、日本での紹介が遅れたのは何故?
ユーモア作家と云うレッテル貼りの所為かな。
-----------------------
そもそも日本のミステリ主戦場はアガサ・クリスティなんかからつながる長編で、短編はあんま盛んじゃないねん
欧米だと(ほとんど長編だけど)アンソロジーの文化があるから今でも短編が一定の人気があるんだけどね
-----------------------
数冊読んだけど、ビクトリア朝に価値観形成した人畜無害なユーモア作家
政治センスがゼロだったから、ナチに逮捕された時に無自覚にもナチ擁護のような演説して、英国中から顰蹙買ってしまった。
-----------------------
今上帝だったか昭和帝だかちょっと忘れたが(不覚!)
『王子と乞食』を読んでるんだよねw
いや陛下があれを読むなんて面白いじゃないか
で、感想がふるってるんだよ
「自分が一庶民と数日身分を変えたとしても結局はあの本の通りになっただろう」って
それでウリもあの本を読んだねw 面白いぞwww オヌヌメwww
-----------------------
まあ皇后陛下なら原書で読まれるということだと思うんだが。
-----------------------
探偵小説やら黄金期のミステリーはちょくちょく読んでたが、ジーヴス知らんかったわ。今度のことで興味湧いたが、果たして手に入れられるだろうか?
-----------------------
ジーヴス面白いけど、わくわくする面白さじゃないから
皇后陛下にあやかってとか読んでも投げ捨てる人結構出そう
だからドラマやってくれ。ドラマだけまだ見た事ない
-----------------------
皇室の人の好きな趣味のひとつがビブリオバトルなんだよな
読書家が多いっていうか用意されし教養といった面もあるだろう
-----------------------
これ、書店が見込み注文してるだけでしょ。
国書刊行会は原則買い切りだけど、ジュンク堂とかの大手なら返品も出来るはずだし。
-----------------------
↑ツイッターやらなんやらではたしかに読んでみたいって人が散見されるが、たしかにそんなに売れるのか?とは思ったわ。
読書好き、推理小説好き、皇室好きのいずれかに該当するなら買うだろうが、どうなるか分からないね。
-----------------------
↑10年くらい前に本読みの間でジーヴスブームが地味に起こってて
読む人はその時に買い漁ったってのも影響しそう
-----------------------
アニメ化は来秋枠ですか?
-----------------------
言っちゃったんだ
普通こういう時に固有名詞は出さないもんじゃないか?
昭和天皇は贔屓の力士を明かさなかったというし
-----------------------
高学歴な教養人を気取る奴が多い板だけど、
スレは伸びない上に、肝心のジーヴス・シリーズの内容に触れるレスはほとんどない。

まあ、そういう事なんだろう。
-----------------------
そんな昔から存在したのに今まで一度も聞いたことがなかったのが凄い
-----------------------

国書刊行会にしてみりゃ、一年分の注文が一日で来てしまったわけで、仰天だろうw 家人の絵を表紙に使うようなマニアックな版元なので、是非、儲けていただきたいw

コメント(10)

翻訳より英語原書を読む方が、読みやすいお。
ヘミングウェイの「老人と海」も、L・M・モンゴメリの
「赤毛のアン」シリーズも、アーサー・コナンドイルの
「シャーロック・ホームズ」シリーズも、
英語原書の方が良く分かるお。

畏れ多くも天皇陛下におかれては書評紙「読書人」を定期購読され、
その中から気になる書籍を注文されるとか。
我が国の皇室は皆様、読書家でいらっしゃるようで何よりです。

国書刊行会。
糞忙しい時には到底読めないような本ばかり出してくれる本当の愛書家のための出版社ですなあ。
引退したらお読みになりたいというのが味噌です。
畏れ多くもあたしもそうでございます。

若いころ読んでたラブクラフト関連は長らく書架で頁を繰られるのを待っております。あれは悪夢の夜でしたが、今後はやはり世界幻想文学大系ですなあ。あれ読みながら夢うつつのまま絶命するのはなかなか良いのではないかとぼんやり考えております。

スレにもあるがジーヴスはちょっと前に流行ったことがあって、まあ大人のメリーポピンズですなあ。
イギリス流のちょっとクスッと笑うようなやつで、ブームになっても誰でも面白く感じるかどうかはまあ微妙ですが。

畏れ多くも皇后におかれましては、俺が以前書き込んだことがあるIBBY国際児童図書評議会のスピーチがよろしいぞよ。
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/ibby/koen-h10sk-newdelhi.html
なかなかいいこと言ってます。これで皇后のファンになった。

このなかで紹介されている新美南吉の「でんでんむしのかなしみ」は名作です。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000121/files/43403_16820.html
救いのないような話ではあるが、読後に勇気が湧いてくるような気もする。
これは、野次馬さんが紹介していた佐々木マキの「やっぱりおおかみ」の読後感に似ているところもあるように思う。
https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=274


国書刊行会の主力商品は、じつは仏典関係と聞いたことがあるが、定かではない。

>英語原書の方が良く分かるお

向こうに住んで達者に話せるようになった人ならそうなんでしょうが、巷の日常会話の慣用表現のニュアンスなんて分かんねーもんなァ。
アメリカに長く住んでる親戚と英文メールのやり取りして、それを痛感したな。
向こうにハリケーンが来た後のこと、[power]って単語が出てきて、それが[electric power]のことだと気付くのに暫くかかった。
あちらでは、状況にもよるんでしょうが、電力のことを単に[power]と言うだけで通じるらしい。
メールの最後の[Take care]なんてのも「ではお元気で」程度の意味なんだろうが、[Take care]というのは使う状況によっていろいろ意味が違ってくるらしい。他にもいろいろw

翻訳本は翻訳者で良くも悪くもなる、とりわけユーモアのような微妙なニュアンスは翻訳者の感性と日本語の力量がものを言う。
昔は中野好夫さんという名翻訳者がおられましたね、この方の翻訳は好きでした。

>[Take care]

 どう訳すかで育ちが分かるw

「今後はお気をつけになったほうが」 ・・まぁまぁの育ち
「せいぜい気つけるこっだな」 ・・平均的な育ち
「夜道には気をつけろよ」 ・・ヤンキーが何人もいるような小学校の出
「しまやかすぞ」  ・・口曲がりの小学校の周り

”Take care”は、毎日使えて意味は幅広い(Teppiさん)

「取りあえず、

「なにかしっぱなし、終止符がうててないものにおいて」

”終わらせる”

っていう意味があるのです。

結構悪くも使えます。

また洋画とかに例えて恐縮ですが、

”誰かを始末する”

”何か犯罪を犯す”

”ダマしたりする”

みたいなシーンで、その輩が

”Don't worry, I'll take care of it.”
(ご心配なく、任せておいてよ)

っていう風に使ったりします。

具体的に”〜の犯罪を犯すぜ”

って言わずに、

”Take care”=始末しとく

っていう風に、少しアバウトな感じで(←アバウトな感じは和製表現で英語ではない)

わざと言ってるんですね。隠して。

ただ、もちろん、毎日そんな場面で使う訳はないので(苦笑)」
https://ameblo.jp/english-t-star/entry-12245201346.html

(きさん しまやかすぞ)
「きさん→貴様  しまやかすぞ→お終いにするぞ=殺すぞ」そんな意味だと思います。」
「きさん、しまやかすぞて、言葉は、筑豊の川筋の暴力団構成員の言葉ぞ?麻生総理大臣も川筋もんやから使用されるでしょう!」
「下品な言葉ですね~。
そんな言葉を言われたのなら、その人は福岡の中でも下級な出の人だと思って下さい。」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1123966111

 いや、あの口曲がりさんはともかく、一族の現役の方々は上品な方がほとんどだと思いますよ。 あと一族の女性は・・の締まりがいいという噂は本当だろうか。 試したことないから分かりようがないですw


本当は「『定本 夢野久作全集』の完結を愉しみにしております。」でしたが

夢野や久生十蘭では皇后として奇矯なので穏便なジーヴスに変更しました/笑。

今上陛下の平和指向は本物だらうが先の大戰が先帝承認の事業であつた事を知り、また倭國が現在まで強ひられてゐる占領や收奪の現實に接するとき、天皇家を尊崇する思ひも兩陛下のお言葉を有難く思ふ氣持ちも決して湧いては來ない。

名實共に世捨て人となつて積讀の解消に勤しみたくはあるのだが。

今日は、毎年楽しみにしている神保町の古本祭りに行ってきた。
国書刊行会の出店に行ったが、当該書はちょっと見つからなかった。
場所柄、宮城から内務官が買い付けに来たかwww

俺は本はあまり買わずに、安吾のTシャツ(絵柄は林忠彦撮影の有名な写真)を買ったりして、でも大満足。

それはともかく、野次馬さんの奥様の作品が装丁に使われている本は、何でしょうな。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山