あわてるなこれは陳寿の罠だ

| コメント(5)
相変わらず「ヤマタイコクはどこだ?」と喧々諤々なんだが、そもそも話の前提からちゃんと定義しておかないと。「クニ」とは何か? 中国という、統一政権を真似して「大和政権」が作られたのは確かなんだろうが、卑弥呼の時代には、まだ日本列島に統一政権がなく、戦国大名程度のささやかなクニがあちこちに点在していただけです。それも、それぞれが孤立していたわけではなく、飛び地のように離れた場所に、領地が点在していたりする。卑弥呼の時代の古墳が沼津で発見されて騒動になったが、あの頃の沼津は愛鷹山の麓に底なし沼みたいな泥地が広がっていて、背後は南アルプスや富士山を背負っていて、海からしかアクセス出来なかっただろう。水稲栽培を生活のベースにしていた民族が、小さな船に乗って、列島の海岸沿いに移動し、水稲栽培の適地を探して棲み着いていた。まだ、「国家」とか「領土」とか、確定してない時代なので、沼津もヤマタイの一部だったり、北九州、近畿にもヤマタイの地があったりしたのではないか? もちろん朝鮮半島南部も含めて、「もう一つの戦国時代」みたいな状況があったのではないか? そういう中から力を着けた勢力が、あちこちの地場勢力をまとめて、建国に至る。

 邪馬台国について考えるフォーラムが7日、吉野ヶ里町の吉野ケ里歴史公園で開かれた。近年の考古学研究成果を基に有力候補地について意見を交わした。
 福岡県久留米市文化財保護課長補佐の白木守さん、奈良県桜井市教委文化財課長の橋本輝彦さん、佐賀女子短大名誉教授の高島忠平さんが講演した。九州説では墳墓や山城、集落などを、近畿説では弥生土器の編年と古墳の規模・形状などを根拠とすることを説明。決め手となる文字史料が見つかっていない点も言及した。
 中国の歴史書、魏志倭人伝に記された邪馬台国の集落について「環濠(かんごう)集落を思わせるが(卑弥呼の時代に)九州では増えるが、近畿では無くなる」と高島さん。白木さんが「卑弥呼の居住地であれば環濠はあってしかるべき」とする一方で、橋本さんは「同一様式の土器が大量に使われ、一つの水系に位置する点で奈良盆地が有力地」と答えた。

まぁ「中国」という巨大な帝国、皇帝という巨大な権力を真似して、対外的な看板として「大和政権」は作られるんだが、中国と大きく違っていたのは、国土が狭いのに、山だらけで往来がままならぬw とても、国家統一のための戦争なんか出来ないw 隣の国に攻め込むには、山を越えなきゃならないw 唱歌「箱根八里」には「一夫關に当たるや、萬夫も開くなし」にはという歌詞があるんだが、元は李白の「蜀道難」という漢詩で、一人の男が関所を守れば、一万人が攻めても開くことはない。という意味。長安から蜀へ到る道の険しさを歌った詩だそうだが、日本はそんな山ばかりの国ですw なので、日本史を勉強しても、各地にテンデバラバラの勢力が乱立して、それが武力を持たず、なんとなく祭祀だけで君臨している天皇家を担いで繋がっている、という時代が長い。むしろ、それが普通。

そんな事より国産烏龍茶なんだが、台湾の凍頂ウーロン茶といえば、製法が門外不出でいまだに中国本土では作れないんだが、日本だったら真似して、同じような製品が作れますw 花いろ烏龍茶は、香り高いお茶、そして黒烏龍茶は安くてよく出る常用のお茶です。

K
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上ティーバッグ 2g×20 1080円(税・送料込み)
<ヤマセン・花いろ烏龍茶>特上リーフ 50g 1080円(税・送料込み

なんでお茶だけで添加物もないのに、こんなに花の香りがするの? と不思議に思う人が多いんだが、この製法で作るお茶はそれが特徴です。水色も鮮やかな金色で、さっぱりした爽やかな飲みくちです。ただ、日本茶ではないので、ちょっと淹れ方が違う。基本的に烏龍茶は熱湯で淹れます。お湯を冷まして入れる日本茶と違います。値段は高いですが、少量の茶葉で、何度でも淹れられます。

1300円(税・送料込み)
<ヤマセン 黒烏龍 5g×38個 38リットル分>

常用として飲みやすく、値段も安い、静岡産の黒烏龍のティーバッグです。一個で1リットル、煮出せば38リットル分になります。ポットで淹れる場合でも、19リットル分です。ボディがシッカリした美味しい烏龍茶です。癖がなく、和洋中華、どんな料理にも合います。豆州楽市オリジナルのパッケージ商品です。

豆州楽市がお届けします。
【佐賀】邪馬台国はどこ? 吉野ケ里で考古学フォーラム 「環濠集落、九州では増えるが、近畿では無くなる」「奈良盆地が有力地」、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
奈良つってるのはやっぱり奈良の奴
-----------------------
混乱の原因は陳寿
-----------------------
この早さなら言える
経理の弥生さん一緒にディナー行きませんか?
-----------------------
↑ごめんなさい、今日は先輩とやよい軒行きますので
-----------------------
↑女子ならもう少しマシな店に行けw
-----------------------
適当に作った魏志倭人伝の記述と一致する場所なんて日本中探してもない。
まあ、考古学者や関係者はメシの種なので色々と発表するけど
内心は、どうでも良い&結論が出ないのが正解 と思ってる。
-----------------------
1700年も騙し続けるとは魏志倭人伝書いた奴は一流の釣り師よのう
-----------------------
邪馬台国はみんなの心の中にあるんだよ
-----------------------
奈良盆地はないよ 現在の奈良の地位を見たら判るように単なるド田舎、天下に号する地勢じゃないんよ、あそこは避難所だよ、
邪馬台国は太宰府と思っている、卑弥呼の時代と平安時代は武器や交通 生活文化に大きく違わない、都を置く良位置は変わらないから邪馬台国の跡に太宰府が出来たんだと思う、
太宰府を護る水城は古墳時代に造られている 太宰府に都があった証拠だよ
-----------------------
↑大宰府自体の設置は白村江の戦いで負けた後に始まった、水城の築城と被るくらいだと思う
つか大宰府近辺は山ばかりで発展の余地があんまないし
あの辺りで、弥生時代から古墳時代にかけてのでかい遺跡ってのも知らんしな
-----------------------
本気で九州説唱えてる人は考古学学会の中で1割もいないって言われてたな。
-----------------------
↑そら学閥から無視されるし予算もらえないし
政治的に居なかったって話ね
個人的にはって人はたくさん居た
-----------------------
あ、これ、実はとっくの昔に解決されてるのな。何故なら古代中国の史書『旧唐書』と『新唐書』に邪馬台国と倭国の記録されているため

じゃどうして、いつまで堂々巡りが続いてるのかは
江戸時代から学者のロマンで邪馬台国の件を終わらせたくない都合上なんよ
-----------------------
↑旧唐書に皇帝に謁見するためにヤマトを名乗る二つの使節がやって来てどちらが倭国の代表か分からないので
二つのグループを集めたところ我こそが正当なヤマトだと言い争った云々
という記述がなかったかな。
旧唐書の時代に九州と近畿それぞれにヤマトがあったのかもね
-----------------------
↑7世紀には九州に倭国が在り
畿内にはプレ大和朝廷が在った
8世紀になっても九州には倭国の残存勢力が在ったんでしょうね。
-----------------------
晋の陳寿さんも伝聞で書いてるだけで実際に見聞きした訳じゃないからな。あまり記述に拘るのもどうかと思う。
-----------------------
こいつら、政治・経済・軍事・言語学・遺伝学が分かってないから、
頓珍漢なことばかり言ってやがる。

列島の覇権を握ったのは、一番最後に列島にやってきた日本語話者集団。
東亜では、北方の遺伝子が半島~九州周辺にかけて入っているが、それは、この地域の最後の変化。その過程で日本語が出来た。
その日本語話者集団が九州に大量に渡ってきて、大陸との交易を独占、それで列島の覇権を握る。弥生後期だ。

また、東亜の朝貢秩序で、小国分立の列島のどの地域が朝貢を握れるか、答は自明だ。九州北部を置いて他にない。
出雲・奈良の台頭は、それぞれ、新羅・百済地域の台頭と交易に関係しており、これにより、九州北部の邪馬台国の力が削がれていき、倭国大乱へと至る。
3世紀の卑弥呼(ヒメコ・日女子=太陽の娘=女王)を頂く邪馬台(やまと)国は、大乱の結果、覇権を失い、名目上の盟主の地位に落ちついた国の姿だ。

この大乱で、奈良が事実上、列島の覇権を握ったようで、3世紀の終わりから華北が混乱し、朝貢秩序が崩れると、邪馬台(やまと)国の命運は尽きる。
そして、奈良が、列島の覇者を意味する「やまと(大倭→大和)」を名乗ることに!
-----------------------
↑のような妄想はすでに徳島と特定された今は虚しいはなしです
-----------------------
大和と邪馬台国は恐らく無関係
大陸と先に付き合いがあったのが九州。邪馬台国。
七万戸を構える場所は筑後平野しかない。
-----------------------
邪馬台国自体が大したこと無い国だった説
-----------------------
↑まあそれは間違い無いだろう。司馬懿の功績を誇張させたいが為に大国でも強国でもないのにそうであるかのように仕立て上げられた感はある。
-----------------------
まだやってんのか 
-----------------------
むしろ古事記と日本書記が邪馬台国の存在を無かったかのようにスルーしていることの方が興味深いな。何らかの意図を感じざるを得ない。これらの書を書いた人物は当然東夷伝の記述を知っていただろうにあえて無視をした。
-----------------------
吉野ヶ里は邪馬台国の一施設、軍事的拠点らしい。
あと弥生人はそもそもとして大陸、呉の子孫。八が聖数
八女で間違いない。
-----------------------
金印が重要で 、当時の人々は「漢委奴国王」を
初代天皇として数えていたとすると年代が合うんだよな・・・

西暦57年 漢委奴国王(初代天皇)
西暦107年 倭国王帥升等(第5代・孝安天皇)
西暦57~137年 倭国で男性の王の時代が続いた(70-80年間)
西暦146~189年 倭国大乱、桓帝と霊帝の間(146年 - 189年)
西暦189年頃 卑弥呼が女王になる。
西暦239年  卑弥呼は第10代・崇神天皇の娘である十市瓊入(都市牛利)を使者として魏に送っている。
西暦249年頃 卑弥呼が亡くなった。
西暦258年 崇神天皇が亡くなった。

倭人伝には、第11代・垂仁天皇(伊久米入日子伊佐知命)が
官のトップは伊支馬(いきま)として登場する。

西暦239年、十市瓊入(都市牛利)の年齢を仮に25歳とすると
十市瓊入は西暦214年生まれ。
崇神天皇が30歳の時の子供とすると崇神天皇は西暦184年生まれ。
崇神天皇が亡くなったのは西暦258年。
年代的に全く違和感がない。
-----------------------
邪馬台国なんざ、九州の女酋長の話だ。
大和朝廷と何の関係もない。
九州の女酋長が勝手に朝貢しただけ。
万世一系の源たる大和朝廷が朝貢するなどあり得ない。
-----------------------
倭の五王が南朝宋から冊封を受けた事実を抹消している記紀。同じ理屈で直接の先祖である邪馬台国が魏の属国であった事実を抹消したいが為に邪馬台国の存在そのものが日本の歴史書に書き加えられなかったとしても不思議では無い。
-----------------------
九州説が糞なのは九州邪馬台国が東征して大和朝廷になったと主張するとこ
邪馬台国は熊襲の女酋長だって言うなら九州説でもいいよ
-----------------------
こんなの吉野ヶ里近辺の九州に決まってるのに恰も未だに真剣な論争があるかのように一部の関西人が頑張ってるだけだから( ̄σ・ ̄)ホジホジ
-----------------------
半島南部から近畿までが勢力下だと九州が中心の方が何かと便利だろしなあ
-----------------------
大和が奈良だと夷の発展が遅すぎるんだよな
大和から東にほとんど人が流れてない
東の僻地が奈良で中心が九州に無いと発展の仕方がおかしいんだよ
-----------------------
教授レベルはほとんど畿内ね。
悔しい町おこし豚骨カルトは予算がどうのこうのとか根拠もない泣き声あげるだけ。
-----------------------
結論が出たら食えなくなる人達がいる。
-----------------------
卑弥呼は韓国からの渡来人。当時の海流や地形から見て、北九州節以外に候補はあり得ない。
日本人はまず、卑弥呼がどこから来たのかというところから考えないのだろうか。あれだけの技能を持つものが、まさか自国から自然発生すると考えていたのだろうか。
-----------------------
最近の研究でほぼ結論出てるだろ。
邪馬台国は九州だが近畿には同規模かそれ以上のクニがあった。
また出雲地方にもクニがあり、邪馬台国規模のクニは全国に幾つか存在した。
その中の一つ、邪馬台国だけが偶然に魏志倭人伝に載っていただけ。
そしてクニとり合戦の戦いの結果、出雲勢力と大和勢力の2つが二大勢力になった。
この2つは戦ったが決着がつき切らず、大和が優勢だが出雲も残すという方向で和睦になった。
その成り立ちを神話にしたのが日本神話。天照大御神などの神々はこの時に作られた。
だから奈良で出てきた遺跡は後の大和国の物であり、邪馬台国ではない。
-----------------------
近畿も九州も関係ない地域の人間だけど、自分は近畿説が有力だと思ってる
インフラ皆無で、各地の食料生産力も貧弱なあの時代に東遷は無理があり過ぎるだろ
この時代よりは遥かに発展した戦国時代ですら本拠地を移すのは一大事業だったのに
-----------------------
魏志倭人伝に北九州から水行30日陸行1月の遠いところに邪馬台国はあるとかいてあるし。
-----------------------
むしろ人間の方に断絶が起こっている
日本書紀の大王家あたりは入れ替わってる
-----------------------
↑記紀が編纂された直前に大和朝廷が成立し
それ以前の歴史を焚書して分からなくしてしまったんです
記紀で歴史を新しく創作したんです。
-----------------------
旧唐書に倭国から2組の使者が訪れ、何れも倭国の使者と名乗り
「我々こそ正当な倭国の使者である」と皇帝の前で揉めたという記述がある
2つの倭国を名乗る勢力があったという事
-----------------------
↑ないぞ
あるというなら書の名前を答えろよ
-----------------------

旧唐書の記述というのが面白くて、確かに2つの日本について書かれている。

「日本国条」の冒頭は日本国から来た使者の証言を列挙している。
『その国日辺にあるを以て名となす』、
日が昇るところにあるので日本と名付けた。
『倭国自らその名の雅ならざるを悪み、改めて日本となす』、
倭国は「倭」が優雅でないのでその名を嫌って日本という名前に変えた。
『日本は旧小国、倭国の地を併せたり』、
もともと小さな国だった日本が倭国の地を併合した。

607年には「日出ずる処の天子、書を日没する処の天子に致す」との国書を渡して隋の煬帝を怒らせたり、663年には白村江の戦いで唐と戦ったりしていたので、「あの頃とは違う政権なのでヨロシク」と挨拶に来た、という見方もあったりするw まぁ、7世紀ですら、そんな感じでドタバタなので、卑弥呼の時代にはもっとドタバタだっただろう。

-----------------------
ヤマト王権の前身が邪馬台国
卑弥呼の宮中祭祀を天皇家に継承している、神道の原型
-----------------------
↑あとは、卑弥呼の鬼道と道教ないし太平道、五斗米道との関係だな。
太平道発祥の地たる山東は倭に近い。
太平道が三国志の幕を開いただけでなく、卑弥呼共立の幕を開いたとすれば、
それはロマンがある。
-----------------------
↑卑弥呼の鬼道が道教だとすると道教とは切っても切り離せない桃の種が出た場所はかなり卑弥呼のいた場所としてはかなり有力と言えるな。
-----------------------
あわてるなこれは陳寿の罠だ
-----------------------
場所がはっきりしないので
いつまでたっても大河ドラマできねーじゃねーかよ
-----------------------
↑ワロタ
問題はそこかよw
-----------------------
3世紀の硯とか北部九州で相次いで見つかってるし
文献的にも考古学的にも北部九州が邪馬台国は動かないでしょうね。
-----------------------
イルカが史料焼いちゃったから
-----------------------
↑最低だな。
もう二度となごり雪歌わない。
-----------------------
↑入鹿じゃなくて蝦夷じゃない?
自宅に火を放って天皇記は焼失した
国記は残ったらしいけど紛失してしまってる
-----------------------
卑弥呼の鬼道には神仙思想の影響が見られる。
これは大陸の太平道や五斗米道などの道教の影響だろうな。
この国は古来より、権力者は海の向こうから思想を持ってきて土着民を治める。
卑弥呼の鬼道は倭の人間にとって舶来の先進文化に見えたことだろう。
-----------------------
東遷説は許容範囲内だが、九州王朝説は天皇の地位を不安定にするため容認できないという現代政治からの要請で学会は機内説を採用してます
-----------------------
そもそも邪馬台国が何年間続いたか分からないが、初期と最盛期では領土が違っていてもおかしくない。
可能性で言えば、初期が九州で最盛期は西日本全体に広がっていたかもしれない。

重要なのは、場所でなく邪馬台国とヤマト王朝や出雲王朝との関係だと思う。

個人的には
ヤマト王朝の古事記や日本書記には邪馬台国のことが明確に書かれていないが、卑弥呼を連想させる女性の天照や神功皇后が出てくることから
邪馬台国とヤマト王朝は連続してはいないが、全く無関係ではないと思っている。

何とか古代天皇の墓と比定されている古墳の発掘調査をして鍵となる遺物を発見してもらいたい。
-----------------------
近畿勢は九州勢の下にいた倭国の構成国じゃねの
倭国が落ち目になるイベントは白村江敗北だし
そこから近畿勢が中心なって今になるんやろ
-----------------------
↑倭国の衰退の原因は白村江敗北ですね
その後に大和朝廷と入れ替わってる。
-----------------------
明末清初に中国人が書いた日本の戦国時代の話を読んでみると良い。
実に面白いぞ。
-----------------------
纏向遺跡が最初の朝廷だと思ってるけど
なぜ奈良盆地に支配者層が移住したのかが解せん
当時だったら大陸に近い位置の方が良いと思うんだけど
-----------------------
↑海に近い方が物流や交流はスムーズだけど防衛上よろしくない。
-----------------------
白村江の敗北となると天智治世だな
どこが都というより移動式野営スタイル
-----------------------
まーだ分かっとらんのか。俺が小学校から習ってからここまで、学者どもは一体何をしてきた!
給料泥棒め!
-----------------------
縄文人が住んでいた列島に韓人が侵入
縄文人は南北に分断された。だから鹿児島やアイヌは縄文顔。
凹凸がなく平べったい切れ長の目の弥生人すなわち、韓人。

日本のやんごとなき方々は半島顔ですね。
大和朝廷の最も重要な役職である軍事財政を司ってた東漢氏も渡来人系
任那日本府。あれは、列島から倭人が侵入したのでなく、逆で、あの辺を統治してた韓人が船で列島に侵入した。

こいつらは稲作も半島から日本に伝え、卑弥呼もその流れ。
地理的に考えれば、九州に侵入した韓人が徐々に東進し、大和朝廷を建てたと考えられるから
邪馬台国はおそらく九州と考えるほうが自然。
-----------------------
火縄銃の火薬はタイから輸入していた
いつまでもガラパゴス観測で日本を語ることからやめないと
-----------------------
卑弥呼(天照大神 )は3世紀中頃の人物。しかも卑弥呼の墓は円墳。直径100歩、145メートル。
3世紀中ごろ、皇室の先祖は九州にいた。ちなみに神武天皇は3世紀末頃の人物。

箸墓古墳は卑弥呼(天照大神 )の墓ではない。年代の推定が古すぎる。学者は年代推定をやり直したほうが良い。
もしも箸墓古墳が卑弥呼の墓なら、卑弥呼と天照大神は別人、邪馬台国と大和朝廷は無関係。

卑弥呼の墓は宇佐八幡の下
-----------------------
宝くじ当たったら適当に金印造って纏向に埋めとく
-----------------------
↑ゴッドハンドやめろw
-----------------------
高島教授って新人時代の討論会で九州説が誰もいないからって理由で担当教授に無理やり九州説役やらされて
そん時の怨念で九州説唱え続けてるって言ってたな
-----------------------
倭国大乱は半島南部にあった倭国領での出来事。
従って近畿など関係ない
-----------------------
方角も間違い、距離も日数も間違い、ついでに発音も間違い
-----------------------
大宰府は唐の植民地みたいなもので
筑紫都督府が置かれていたからね
唐の軍隊が高麗と百済の都をそれぞれ占領したときに
平壌都督府、熊津都督府を置いたように
大宰府は唐の占領軍司令部が置かれた外国の都のようなものだよ
-----------------------
↑半分正解
博多湾は外国人が雑居する治安の悪い地域
そんなところに王都を置くわけがない
-----------------------
辿り着かれたら困るから適当な行程を記したんだろ。
-----------------------
近畿は白村江の敗戦に腹黒天智が逃げ帰って起こした都だぞ。
そんな隠れるような近畿がそもそも倭国の中心なわけないだろ
-----------------------
太宰府は667年以降、唐による日本占領支紀の拠点だったわけよ
簡単にいうと第二次大戦後に皇居前の第一生命ビルに置かれたマッカーサーの占領軍司令部GHQと同じようになっていたわけ
戦後の日本が英語使用を強要されたのと同じように白村江の敗戦後の日本は、全面的な漢字使用を強制されたわけ
-----------------------
日本の今の地勢を昔に当てはめてはいけない
海はもっと内陸まで入り込み
低地は湿地や沼だらけ
人が住めるのはようやく台地上の地形だけという現実を忘れてはいけない
-----------------------
近畿の発掘された古墳は悉く渡来系ばかりで5世紀以降が主体。
肝心の皇族古墳は半島遺骨が出るとまずいんで宮内庁が隠蔽してるからな。
九州は掘れば出てくるのは大陸由来の一級品遺物ばかりしかも吉野ヶ里自体紀元前から存在する国内唯一の大規模都市遺跡。
どう考えても近畿のわけない
-----------------------
太宰府らへんは白村江までは前線の中央基地
百済までは倭国の支配地域だったからな
おそらく、倭国か邪馬台国か知らんが最盛期だったろう
史書の時系列から首都では無かったと思う
問題は倭国が日本勢力全体を指していたのか
邪馬台国が日本勢力全体を指していたのか
これが分からないところ
-----------------------
まぁ
仮に卑弥呼がいたとして
その墓地と規模が適合するのが、纒向遺跡の箸墓古墳 以外 に ひとつも存在しないからねぇ
九州に300m級の 3世紀中期後期の 古墳 が 発見されるんなら 話 別だけどなwww
考えてみろよ
5世紀後半に
日本武尊(ヤマトタケル)が埋葬されたと言われる
軽里大塚古墳が全長約190mだぞw
3世紀中頃に
全長278mの 纒向遺跡の『箸墓古墳』は、
当時どれだけの "大物" が埋葬された事になるんだ?
はっきり言って
この当時、実在した最大の権力者は、"卑弥呼"しか該当しないんだよw
-----------------------
中国の書物に出てくるのはやっぱり九州かと
奈良には奈良に別の集団はいただろうけど
卑弥呼ばかりに執着しすぎてメクラになってるよ
-----------------------
タヂカラ「ちわーすヤマト国からヒのミコの使いで来ました!タヂカラでーす」

魏の官吏1「どういう字を書くんだ?」
魏の官吏2「こいつら蛮族だから文字なんて書けないですよ」
魏の官吏1「じゃあ適当に当て字で書くか、蛮族らしく侮蔑表現を入れて邪馬台国、卑弥呼、都市牛利と、」

割とマジでこんなんだったんじゃないかと思う
-----------------------
↑というか、中国の歴史書ってほぼそれだぞ
明書の秀吉の項目とか酷いもんだ
ようするに伝聞情報
記述を大真面目に解釈してる連中が糞バカなだけ
-----------------------
邪馬台国論争は仕事リタイア組が暇でやる論争であり
学閥や出身で機内説と九州説とで必死にお互い叩き合ってエゴとプライドのぶつけ合い
社会にとって何も役に立たない不毛な議論を繰り広げられる論争ゲームである
-----------------------
邪馬台国は福岡だよ。
でも絶対に見つからない。
何故なら邪馬台国は大宰府政庁跡地の下にあるからね。
しかし今さら大宰府政庁跡地を掘り起こすなんて太宰府市が絶対に許さないだろうからね。
だから永遠に邪馬台国は見つからないよ。
とウチの婆ちゃんが言ってた。
-----------------------
↑大宰府政庁跡は最近までは田んぼだった
それを堀りまくって、今みたいに整備した
発掘時にかなり掘られてるから、多分大宰府の遺跡以上のものは無いとおもう
-----------------------

日本列島を統治するには、各地に諸侯をたくさん作って、それを「武力」だけではなく、話し合いやら、ポストを与える事によってナダメたり、そんな支配の仕方しかない。大規模な戦闘をやるような大平原がないからだw なので昔から、なかなか中央集権が進まなかった。やっと大和政権が統一しても、水稲栽培とは無縁の縄文系住人たちは、そんなの知ったこっちゃないw 中国と違って支配体制が複層的なのだ。それだけに、「歴史」として見るとグダグダで判りにくいw

コメント(5)

この際、丸く収めて、九州→四国→近畿 と遷都した、でどうでしょう。

>結論が出たら食えなくなる人達がいる。

コレに尽きる。それこそ研究者たちが決定的な証拠を見つけでもしたら、恐らく今まで熱く語ってきたことやそれを裏付けるために努力してきた仲間たちを裏切ることになるので、その場で完全に破棄するでしょう。私は性格的にそれが出来ない(不利な証拠は自ら取り上げはしないが、消しもしない)ため、アカデミックの世界には入っていくことが出来なかった。考古学は工学系と違って、途中経過の成果で世の中の役に立つってことが全く無いから。

むしろ、

http://emiyosiki.hatenablog.com/entry/20121124/1353686385

のように
>卑弥呼の女王国をあなたの町に誘致しませんか
とか
>女王国はおらが村だった説で町おこしなんていかがでしょうか。

ぐらいに完全に割りきって接するのが前向きでいいと思う。こういう人たちは決定的な証拠が出ても、あーあ、出ちゃったよ、残念って軽いのりで次の商材を探しに行くと思われる。それに、結果が出ていない間に現実の効果を発揮する。全国の誘致合戦している地域同士で、キミはどこだと思う(誰も正解は知らない)卑弥呼の女王国はどこだスタンプラリーとかも良いですね。その人気投票で、今年の女王国を決める毎年恒例行事にすんの。

西暦200年ころの、舶来の鏡や絹がどこで出土しているかを調べれば一目瞭然。

大和朝廷なんぞ、大宝律令以降成立した王権
それまでは、太宰府に・・・おっと誰か来たww

 入れ墨者というと、このごろでは温泉にも入らせてもらえないそうだが、古代の入れ墨者国家なら大歓迎だそうだw
 オレを奈良県知事にしてくれたら「いや、うちからは邪馬台国なんか出てほしくないです。 あれは邪魔大国」と言ってのけるんだがw  ・・・九州で間違いなかw

奈良・法隆寺が九州から移築された
33間堂も九州から移築された・・・といえば、驚くかな??
遺構が残っているから本当だよww

まあ、古代の歴史は天助さんに結び付けないと、金にならないから
学者は誰も言い出さないけどww

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山