開洋社

| コメント(3)
_DSC3726.jpg

凝ったフォルムに、シンプルながらも趣味の良い絵付け。明治11年から18年までのあいだに作られた製品です。「開洋社」と書かれているので、そこまで特定できる。開洋社というのは松村久助が作った会社です。

松村九助(まつむらきゅうすけ) 1845~1912
  佐賀県に生まれる。幼い頃から製陶に興味を持っていたため、西洋顔料が長崎に輸入されると、外国商人から西洋コバルトを大量に買い集め、古くから呉須を用いて染付をおこなっていた愛知県に導入することを考案する。明治7年(1874)に長崎を発ち、同9年(1876)名古屋で、主にコバルトの販売をおこなった。その後、陶磁器の販売にも取り組み、瀬戸・多治見の陶器にこの西洋コバルトを使用させた製品を、横浜の支店から海外に輸出した。陶磁器問屋数人とともに、同11年(1878)には輸出販売を目的とする開洋社を名古屋に設立、海外にも支店を出したが、同18年(1885)に会社は解散した。その後を単独で引き継ぎ松村商店として事業を拡大させ、磁器製造工場や神戸支店支店を設立した。その後、自らは横浜支店の田代屋商店で磁器改良に没頭した。

これを売った骨董商に言わせると「博物館級の名品」だというんだが、とりあえず小さくて可愛いので、これでコーヒーを飲むと美味しいw 150年経っても、普通に使える。陶磁器の絵付けは、こういう「手数が少なく、雰囲気が良い」というのが理想ですね。デザイン的にも、現代に通用する逸品です。

コメント(3)

ええ品ですなあ。

 絵が見事なのは説明不用だが、フリルがほぼ完璧。 フリルをつけると品がよくないものになりがちだが、これには気品すら感じられる。

 あと、柄の部分、実物を見ないのであれだが、写真で見る限りは透明感が半端ない。 まるでヒスイのように見える。 形も佳人の御耳のようだ。

高台が欠けてるのか不思議なかたち。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山