燕図

| コメント(8)
_DSC3451.jpg

これもまた輸出用として作られた磁器の筈なんだが、何故か日本国内に伝世し、洋館に所蔵されていたらしい。バックスタンプは無し。手描きで生き生きとしたツバメが金彩をまじえて描かれている。日本でも、昭和の初め頃には、紅茶やコーヒーが一般的にも飲まれるようになるんだが、初めてのデートで流行のカフェに入り、コーヒーを注文したものの、どうやって飲むのか知らず、付いてきた角砂糖を齧った、という話を聞いた事があるw デートのお相手の娘さんもまた、そういうもんだと思って、角砂糖齧っていたらしいw 二人はその後、無事結婚し、戦争も乗り越え、割と最近、80歳過ぎて亡くなったそうですw

コメント(8)

 放射状になってるのは雲間の陽光か。 

「戦犯旗」だ!と半島人がヒステリー起こしそうw 

「韓国でも、太陽の光が雲の間から放射状に出る現象も見られるだろうが、その度に怒り狂っているのであろうか。」(私の主張・ひとりの日本人として さん)
https://blog.goo.ne.jp/threeforest2014/e/1f700540bd95c52508b4a94c5dbc7b17 

角砂糖をかじりながらお茶を飲むのは、けっこうある。
なかなか通なお二人ではなかったろうか。
https://plaza.rakuten.co.jp/katya/diary/200601120000/
http://futarifurari.blog.fc2.com/blog-entry-577.html?sp

燕という図案も縁起が良くていいですね。
https://kimonode.me/design02_japanese_traditional_animal_patterns/
「渡り鳥のツバメは、『恋を運ぶ』と言われています。雄雌共同でヒナを育てるため『夫婦円満』『家庭円満』の象徴とされています。」

本文中のお二人は、もともとこのカップセットの持ち主(ご夫妻で洋館に暮らしていた)と考えましたが、当たってますかねwww
ならばワンオーナーものでしょうか。ちょっと妄想してみました。

 うっかり余計なことをコメントしてしまいましたが、言うまでもなく、朝鮮併合は、近代日本が犯した最大のミスの1つです。 中国あるいは支那(これ、どの日本語変換でもヒットしないんですな。これはかえっておかしいと思う。)がなぜ朝鮮を大中華の一員として迎えずに夷狄扱いしてきたか学ぶべきだったのです。 あるいは日清戦争なんてバカなことをせずに半島を清に委ねるべきだったのです。 ロシアがちょっかいだしてきたら、清をサポートする、というスタンスで、清や、それでも足りないならイギリス、それでも不足ならダメリカを引き込んで、ロシアに対処させるべきでした。

(やっとわれわれは大中華の一員となれるのだ)
「朝鮮人も「朝鮮省」の設置を「小中華」から「大中華」へ昇格したと喜び、恩恵と謝恩を感じており、なかでも中国人になりたくてもなれなかった中国かぶれの両班にとっては願ってもない恩寵だったという」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B5%E8%AC%87

 この張謇という御仁は、あの悪名高い科挙の主席合格者ですが、実は、そのずっと前に清国軍において袁世凱と共に皇帝へのトップアドバイザーだったわけで、朝鮮の清への併合(内国化)と琉球(沖縄)への侵攻つまり対日戦争を皇帝に具申した御仁なのです。

「日清から日露までの流れを日本が主体的に選択した」
という前提から怪しいわけで。
明治維新の主目的は欧州勢の対露工作でしょ。
当時の日本が「対露軍事行動=朝鮮への陸軍の上陸」
を拒否することが可能だったかどうか。
>足りないならイギリス、それでも不足ならダメリカを引き込んで
これが逆で欧米は極東に大量の陸軍を送れない
=陸軍大国のロシアを押さえらない
からこそ日本を軍国化したんだから。
ソ連の南下対策でタリバン強化したのと同じ枠組み。

当時の帝国主義総本山の意思決定(米国ではありませんぞ)が無い限り、国境線の変更等できない訳で・・・><

総本山に対抗したロシアを食い止めたご褒美に、未開の地「朝鮮半島」の近代化を押し付けられ、喜々として統治に勤しんだ云ったところでしょうか?
(日韓併合も列強の承認なしには成立しないでしょう)
日本は当時まだ列強ですらないのですから。

半島の一括併合(直接統治)の愚には同意します。
しかしながら、半島の分割(分断統治)、間接統治が難しい(それを許さない状況・情勢)ほどにロシア(後のソ連)の再来攻が怖かったのでは?

角砂糖にブランデーをひたして火を灯すのが正しい作法ですねw

昔、氷砂糖のかけらが紅茶に付いてきて、先に氷砂糖を口に放り込んでからお茶を含むのだというのを、どこかで経験したような気がする。
紅茶に最初から砂糖を溶かしたのより、味の変化が楽しめて、お茶自身の味がよく分かったような・・・。
紅茶と最適な大きさに砕いた氷砂糖のセット販売も有りかもなァw

日本茶のお菓子の、和三盆みたいで良いアイデアですね~。
ブランデー氷砂糖とかフレーバー氷砂糖みたいなのでも
個人的にはお茶そのものにフレーバーつけたのより受け入れやすい気がします。w

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山