北条裕子とかいう人の正体

| コメント(15)


「美人」という商売があるんだが、女優とかモデルとかそうなんだが、女優はそれでも演技のクオリティが求められるが、モデルは顔がキレイだというそれだけなので、年を取るとなかなかキツイw で、30歳過ぎて名前が売れていないと、違う商売を考えなきゃならないw よくあるのが、「地方議員」ねw 痴呆議員というくらいで、馬鹿でも務まるw この手の「売れなかった芸能人アガリの地方議員」、あちこちにいますw 美人という肩書で売れなくなると、美人議員と、肩書が長くなるw だいたい、「美人ナントカ」と呼ばれるような人は、そのナントカの方面では一人前で通用しない半端なヤツが多くて、もちろん美人というだけの肩書でも通用しないので、美人ナントカ。で、美人作家だw

 講談社は3日、芥川賞の候補になっている北条裕子さんの小説「美しい顔」について、同社のホームページで近く全文無料公開すると発表した。同社は、文芸誌「群像」6月号に掲載された同作について参考文献が未表示だったなどとしておわびの文章を同誌8月号に掲載する方針だが、このことが明らかになって以来、インターネットなどで中傷や誹謗が見られるため、同作の評価を広く読者と社会に問いたいという。

北条裕子さんだそうだが、@hojoyukoで検索すると、美人モデル北条裕子さんの輝かしき経歴の数々がご覧いただけます。インスタグラムは鍵かかっているんだが、お中華のサイトで覗き見出来ますw さて、盗作疑惑の北条裕子と、モデルの北条裕子。同一人物なのか?

18051002.jpg 3000円 税・送料込み
<三洋食品オリーブガーリックツナ 12缶セット>

スペイン産ピュア・ヴァージン・オリーブオイルを使ったシリーズです。こちらはガーリック味。仄かにニンニクの香りがします。選び抜かれた高級食材で作られた、国産ツナ缶最高峰です。ちょっと高いけど、その価値はある。

18051001.jpg 3000円 税・送料込み
<三洋食品 オリーブオイルツナ 12缶セット>

カスティーリャ・ラマンチャ地方 プエブラ デ アルメナーラ村で収穫されたオリーブのみを限定使用。パスタやパン、野菜とも相性抜群なのでアレンジ自在。オリーブオイルがまぐろの味を引き立てます。・ オリーブジャパン 2015年金賞・ ニューヨーク国際オリーブオイルコンテスト 2014年金賞のオリーブオイル使用です。
参考文献が未表示の芥川賞候補作「美しい顔」、ネット公開へ・・・ネットで誹謗中傷が見られるため、評価を社会に問いたいとの事、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
どういう理屈で無料公開なのか?
-----------------------
↑もはや売り物にならんってことだろうな
-----------------------
「群像」2018年6月号に掲載した第61回群像新人文学賞当選作、北条裕子氏の「美しい顔」における小誌の参考文献未表示の過失についてお詫びいたします。
本件については7月6日発売の同8月号巻末に告知を掲載します。告知文面は別紙の通りです。
6月29日以降の一部報道により、本作と著者について中傷、誹謗等がインターネット上等で散見され、盗用や剽窃などという誤った認識を与える文言まで飛び交う事態となりました。
これらの不当な扱いによって、本作と著者およびそのご家族、新人文学賞選考にあたった多くの関係者の名誉が著しく傷つけられたことに対し、強い憤りを持つとともに、厳重に抗議いたします。
今回の問題は参考文献の未表示、および本作中の被災地の描写における一部の記述の類似に限定されると考えております。その類似は作品の根幹にかかわるものではなく、著作権法にかかわる盗用や剽窃などには一切あたりません。
石井光太氏著『遺体 震災、津波の果てに』との類似点は弊社の調査により発見し、石井氏に事情説明に赴きました。
以後、石井氏および同氏の代理人である新潮社に対して、著者とともにできうる限りの誠意を尽くして協議を行ってまいりました。
しかし、協議を続けている中で、6月29日の新潮社声明において、「単に参考文献として記載して解決する問題ではない」と、小説という表現形態そのものを否定するかのようなコメントを併記して発表されたことに、著者北条氏は大きな衝撃と深い悲しみを覚え、編集部は強い憤りを抱いております。
北条裕子氏の作家としての将来性とその小説作品「美しい顔」が持つ優れた文学性は、新人文学賞選考において確たる信により見出されたものです。
上記の問題を含んだ上でも、本作の志向する文学の核心と、作品の価値が損なわれることはありません。

今後弊社としては、甚大なダメージを受けた著者の尊厳を守るため、また小説「美しい顔」の評価を広く読者と社会に問うため、近日中に本作を弊社ホームページ上で全文無料公開いたします。
なお、他の参考文献の著者および関係者の方々に対しても、誠意をもって協議させていただく所存です。
また本件に関する詳細な経緯説明も、追ってご報告させていただきます。
-----------------------
↑反省する気はないってこと?
-----------------------
↑裏でパクリ元にパクリ認める許可取ろうと動いてたのを
新潮にバラされて発狂してるだけじゃねーかw
-----------------------
↑盗人猛々しい
ラレの文章丸っと使っといて、抗議受けたら
「ハイハイ参考文献として挙げとけばいいんでしょ~その部分の文章なんて文学的な価値無いし(笑)」
って舐めた態度してたらそりゃキレられるわ
-----------------------
デビュー作に問題があった作家をそこまで庇う理由は何
-----------------------
編集部が主導でパクってて盗用は「ゴーストライター」本人とは無関係なんだろうさ。

おそらくどこかの芸能事務所に所属してるぞw 裏で契約が出来てて。芥川賞作家ってことでガンガン、番組露出して荒稼ぎする予定だったんだろ。

ピース又吉くらいから支離滅裂になってるな。作家でもない芸人、それも初の長編小説で「芥川賞受賞」ってドーピングやらかすから。結果、盗作や見え透いた上げ底作家、造られたインチキ受賞者しかでてこない。

カゲロウのおっさん(水嶋ヒロ)より酷いぞw 水嶋ヒロの時は発表時に「作品そのものがない」「誌面での発表もしない」という荒業使ってたけどな。

受賞が決まってからゴーストライターが書き始めるw
-----------------------
↑椎名桜子方式か
-----------------------
元ネタとパクリを比較かけちゃだめよ
とても愉快な結果になるから。

すごいパッチワークだよね
よくもまぁこれを通したよ。
もう少し放置して受賞でもしたら作家生命確実に死んでたレベルだな
いや、いろいろ大人の汚い裏工作があったみたいだし全力で隠蔽されたかな?
-----------------------
新潮社からダメ出し食らってるのに逆切れしてんのかwww
-----------------------
北条裕子さんの入浴シーン
-----------------------
無料公開で読んだ人たちが「そっくり」って感想抱いたら回復不能だと思うが
いや今でもかなり回復難しいけど
それを意地でもしらばっくれようとした講談社のダメージもとんでもないぞ
-----------------------
ええ...電子データ公開とか比較エビデンスがすげー作成されんぞ
こんなん傷広げるだけやろ...
-----------------------
参考文献としての記載漏れがあった
 ↑ 事実

パクリ疑惑の指摘で騒ぎになった
 ↑ 事実

騒がれた後にあとづけで許可とろうとしたら権利者は許してくれなかった
 ↑ 事実

こんなに「誠実な対応」をしているの叩くやつは誹謗中傷
 ↑ 講談社の願望妄想
-----------------------
ネットに戦いを挑んだら、たとえ自分が正しかったとしてもあちこちほじくられて再起不能にされるぞ
こういう時はそっと賞を辞退して沈静化を待つのが一番
とネット黎明期から2cにいる俺がアドバイスしてみるテスト
-----------------------
参考文献書き忘れただけにしようとしてるのかよ...
暇なネット民に新たなパクリ元を指摘されるだけの結果になるぞ。
-----------------------
>類似点は弊社の調査により発見し

パクった本人に聞けばすぐ分かるのに、何でわざわざ調査したんだ?
調査するまで発見できなかったってことは、北条はだんまりだったってことなのか?
-----------------------
優れた文学性はありまぁす
-----------------------
そもそも石井光太だけの話じゃないだろうに。
芥川賞の候補もとりやめて、ひっそり消えていくだけの話だと
思ってたから、ここまで暴れると思わなかったな。
-----------------------
↑今の講談社の若社長は終戦時に責任を取って自決した阿南陸相の孫なんだが、祖父と異なり、潔さに欠ける嫌いがあるよな。
-----------------------
講談社が被害者ぶってるのが謎だし
芥川賞やってるなんとか振興会(=文藝春秋)が未だに動かないのも謎
ほんとは芥川賞も取らせて群像新人賞とW受賞で煽って商売したかったんだね
両社とも
-----------------------
恥ずかしい激賞文を書いてしまい挙句に著者のパクリがばれてしまい評論家としての資質が問われる佐々木さん

佐々木敦 @sasakiatsushi: 北条裕子「美しい顔」にかんする問題についての講談社のプレスリリースです。
一読し、群像編集部と講談社が新しい才能を守る決断をしたことに心から感動しました。
僕は完全に同意見です。
読みもせず誹謗中傷してる連中は恥を知りなさい。
-----------------------
新潮社は規模的に講談社の3分の1程度だからな。容易く丸め込めるだろうと軽くみてたのが撥ね付けられたもんだから、変にプライドを拗らせて冷静な判断が出来なくなっているのかね?
-----------------------
「お前らがうるさいから」って佐野エンブレムが使用中止になった時と同じ理由ね
-----------------------
↑武藤氏は9月1日午前、佐野氏を呼び寄せて、デザインを選んだ審査委員代表の永井一正氏とともに話し合いをした。その際、佐野氏から「取り下げ」の申し出があったという。

佐野氏は「応募作品は盗用ではない」と改めて強調しながらも、
(1)昼夜を問わず本人・家族への誹謗中傷が続いていること、
(2)国民から受け入れられず、オリンピックのイメージに悪影響を与えていること
から、「エンブレムの原作者として取り下げたい」と申し出た。ただ、デザインの使用例に用いた画像については、サイトからの転用を認めたという。
-----------------------
新潮社もビックリだよなぁ
勝手に本を使われて、それで怒ったら「てめえ、怒るとは何事だ!とことん喧嘩してやる!」と怒鳴られるんだから
ポカーンだわ
何もしてないのに、一方的な迷惑しか被ってない
-----------------------
守るべき才能なんかねーだろ
新しい才能って人の物盗んで自分のとして金にすることか佐野小保方得意の
はやく日本から消えてなくなれ恥ずかしい
-----------------------
これもう新潮は法廷で争う一手なわけで
さすがに盗作で訴訟沙汰してたら芥川賞は無理じゃないか?
-----------------------
原作 北条裕子
音楽 佐村河内守
ロゴ作成 佐野研二郎
主演 安倍なつみ
助演 水嶋ヒロ

2020年、オリンピックの都市に向けて......
今、伝説が始まる......!
-----------------------
↑ヒロ先生は出来レースだがパクリはしてないだろw
勘弁してやれ
-----------------------
芥川賞も講談社の商売道具になってるわけね。
出版業界厳しいって割には安易な金儲けに走って自滅してるね。自分達から価値を下げるのはマスコミと一緒か?
-----------------------
これもまた、謝ったら死ぬ病なんだろうなー
-----------------------
文章まるまるコピーがあるらしいから、裁判で負けるね
結構な大御所ですら裁判で負けた前例あるのに
なぜ出版社はこんな逆ギレかましてるのか
-----------------------
「被災地に行ったことが無い」
無断転載
ポカーーーンΩ
-----------------------
今後の展開の絵が描き終って金もぶち込んでいるので変えられなくなっているか
講談社の上層部が関わっていて謝れない状態になっているか
損切りしないとどんどん損が増えていくんだけどね
-----------------------
誹謗中傷ってオモニ目頭切開とか整形疑惑のことだろw
-----------------------

そもそも純文学なんて、「アレは編集者が書くもんだ」と言ってる人がいたな。ヤツは芥川賞取れたのか? せっせと書いて持ち込むんだが、編集者がやたら口を挟んできて、しまいにゃ勝手に書き直すw 暇なんだね、としか言いようがないw おいらも小説家だったが、原稿料安かったので、基本、書き直しはしないw 月産何百枚も書いてりゃ、そうなりますw 大手は原稿料高いので、書き直しいっぱいしても採算が合うのだろうw

-----------------------
美人作家が震災をネタに書いた本。
テレビへの露出や映画化なんかもすすんでいるんだろうな。
いちゃもんつけられてそのへんの計画が頓挫したら大損害だから必死になってる。
ネット公開したあとはツイッターで「感動しました!」「パクリとは思えません!」ってつぶやきを大量生産させて
世論を擁護方向に持っていくつもりなんだろうけどうまくいくか?
-----------------------
新人賞では選考委員全員から賞賛されてたし、派閥問わずいろんな批評家が大絶賛、あの円城塔すらパクリ疑惑が出た後に自分が選考委員なら○を付けてたって言ってるくらいだから作品自体は面白いんだろうと思う
-----------------------
↑業界を挙げて応援(笑)
-----------------------
小説家だったら、絶対、自分で被災地に行って取材するよね。
芥川賞受賞を前提にしたゴースト・プロジェクトかなあ。
-----------------------
某所の弁護士さんによると、著作権法的には引っかからないか、一部はひっかかるかもだけど微妙、的な判断だったな。
-----------------------
引っかからないように継ぎ接ぎしたんだろうと思う
学生のコピペ論文とか知恵の回るやつはそうやって作るしw
-----------------------
↑一部の比較を見たがまさにそんな感じだったな
昇華した表現ではなく単語の並べ直しでやってるから元の文よりも劣化してた
-----------------------
こんなのなんで世間に問わないといけないのか
参考にした文献ってなんなんだ、まねしてたら盗作だろ
参考にしたってその文献を修正してよりよくしたとか言う本なのか、元の本を提示せずに
どっちにしても、誹謗中傷が酷いから世間に問うために無料公開っていうなんか逆切れのようなやり方が理解できない
完全にこの新人作家と出版社が参考にした著者へ挑戦的な態度にも見えるし
世間からの誹謗中傷がとか言ってるけど
-----------------------
この2社のスタンスの違いは
震災から離れたとき実際にどのくらいの筆力が著者にあるのかを知っているか、
知らないかの差だと思っている

新潮社の新人賞で落選してるから
まだ原稿持ってるはずだし
本当にとてつもない才能の新人なら新潮社は逆に
石井を切って北条に擦り寄るはず

『あなたが合コンに行く件について』
を新潮社は全文公開して世に問うべき
震災という派手な舞台装置がないなかでも
やはりそれでもすごい才能なのかを
-----------------------
政府が公文書改竄してもセーフな国だしw
-----------------------
CG、ワイヤーアクション、派手な爆破シーンなしの映画でも
素晴らしい役者ならやはり素晴らしい

講談社は新潮社の強気を不安に思うべき
だって事実上の第2作を向こうは持ってるんだから
-----------------------
震災遺児の作文からパクるって・・・
文学以前に人としてどうかと思うわ
-----------------------
講談社は全文公開するなら、ここはこの本から引用しましたって全部マーカー引いてほしい
いいなって思ったところ全部引用されたとこかもしれんのに
この文学を否定するなんて!とか言われても
-----------------------
おそらくもう、芥川賞に決まってるんだよ
この作品がね
売り出すための準備もメディアミックスもテレビ出演も予定調和なのさ
-----------------------
北条裕子さんはまず写真が詐欺だろ
-----------------------
ここまで擁護するなんて、講談社のしかもかなりのお偉いさんがこの女の枕をうけたということなのか
-----------------------
オワッタろこれ
作家も中学生レベルなら講談社の主張もまるで筋が通っていないし事実関係すら示せていない
これが表現を商売にしてる会社の見解か?

でもこれって日本の縮図なのかも
日本人全体がここまで論理も倫理もない
薄っぺらい感傷に訴えるのがせいぜいの民族になっちゃったって象徴なのかもな
と思ったり
-----------------------
完全に日大パターンだな
学習能力0
素直にごめんなさいしとけば傷口広がらなかっただろうに
-----------------------
震災というとてもとても大きな「事象」を、ルポで定評ある作家が緻密に取材して本を出して、
それを新人がバカ丸出しでまるっとパクって「小説」に仕立てた

・・・まあ、こういうのは小説ではよくあるパターンだけど、参考文献に挙げてないのはいまどき致命的
しかも、コピペレベルでやってたら、そりゃもう完全に「盗作」になるんで、話し合いの余地はないわ

講談社がついてながら、そんなみっともないマネすんなよ・・・終わってるな
というか、講談社内部からもちゃんと批判の声を出すべきだよ
出版社の根幹、矜持におもいっきり関わる重大なことだろ
-----------------------
芥川賞取った書籍でも実売3~4000冊、見栄で買われてるだけなのも多いので読まれてる冊数は10分の1程度って本当?
-----------------------
芥川賞が載った文芸春秋は数十万部出るな。
何割くらいが読んでるのか。
-----------------------
小説の参考文献ってのは具体的な数字データを引用する位だぞ
こんなに文章丸ごと使うのは盗作でしかない
-----------------------
しかしパクリ元の本って映画化もされた有名作品なのによくそこからパクるな
講談社の編集者もノーチェックでいい加減すぎる
-----------------------
美人作家として大々的に売り出そうと思ってたのに他社から横やり入れられて大激怒って感じか
全文公開がやぶ蛇にならなきゃいいけど
-----------------------
校閲部が気づいてたのかどうか知りたい
-----------------------
ノンフィクション本をネタ本にして小説書くってのはよくあること
ただ今回はタイムラグが少ない事、ネタ本が割と有名な作品であることが問題
30年後に書いたら「よく調べたね」で済むかもしれない
-----------------------
過去に読んだものを参考にしてじゃなくて
横に置いて見ながら書いてるっぽいし
パクリ元は体験談を被災者に許可を得てから本にしてるんだろうし
勝手に参考にして小説書きましたって言われても納得しないだろ
-----------------------
椎名桜子って今どうしてるかな
-----------------------
講談社の発表読んだけど講談社が類似点を見つけたといってるだけで
北条裕子が自身のコメントどころかこの発表内容の件にもまったく関わってないんだが?
参考文献載せるということは結局著書は参考にしたと認めてるの?
-----------------------
すごい整形顏だけど綺麗な人だね
ルックスの良い作家として売り出そうとしてたのかな
したらパクリがバレちゃったw
-----------------------
漫画家でアイディアモロパクや絵のトレースはよくあるが
バレる人って大抵常習なんだよな
二~三回トレースしたりパクったりして運良くバレなかったら
どんどん大胆になって、派手にパクるようになる
何回も派手にパクってるうちに読者の誰かの目にとまってバレる
ネットでパクリ検証が始まると、過去のパクリの数々が芋づる式にバレる、というわけ
デビュー作でいきなり派手にやってるこの人はどうかな
-----------------------
ノンフィクションライターが実際に体験して被災者に取材し文章にまとめたものを丸パクリして架空の主人公の勝手な感想を付け加える
これを文学っていうのか?
-----------------------
「素敵だな、と思ったフレーズをノートに書きとめておきました」
-----------------------
しかし、純文学なんてモデルのアイテム程度のしょうもないもんだと証明してくれたようなもんだね。
wikipediaを見たけど評論家もべた褒めじゃないか。
「これは本物の小説である」
これまでの震災作品を「震災が起きたという事実を「反映」しているだけで、本質的なところで表現しているとは言えなかった」とし、「ついに2011年に起きた東日本大震災を「表現」する作品が登場したと言っていい」

┐(´д`)┌ヤレヤレ
-----------------------

そういや昔、「椎名桜子騒動」というのがあったなw ブルマー姿で走ってグリコのCMに出ていた少女が、いつの間にか小説家になっていたというw

椎名は『家族輪舞曲』発表前年に、同じマガジンハウスの雑誌『an・an』に「作家」という肩書きでルポを連載した[5]。それと並行して「名前・椎名桜子 職業・作家 ただ今処女作執筆中」というキャッチコピーで広告展開をおこなう。発売時の1988年3月24日の全国紙に掲載されたマガジンハウスの広告では「22歳大型新人の書き下ろし処女作。新たな青春文学の誕生」と紹介された。

「作家・ただ今処女作執筆中」というタイトルのグラビアがあちこちの週刊誌を飾って、大笑いだったw 今はどうしているやら、「2018年5月21日、椎名の個人事務所である株式会社オフィシャル・タブーが東京地方裁判所から破産開始決定を受けた」というから、なかなか苦労なされておられるようでw

コメント(15)

>そういや昔、「椎名桜子騒動」というのがあったなw ブルマー姿で走ってグリコのCMに出ていた少女が、いつの間にか小説家になっていたというw

【1990 CM】大塚製薬 カロリーメイト

https://www.youtube.com/watch?v=z7NSR3txB3o

・・・・アンノン族は有名人、グリコヨーグルト・健康CMでハンドラー姿が1981年、9年後のカロリーメイトCMの方が宜しい。逝かれてるCMなら⇒1989年のカロリーメイトCMがダントツです♪バブル時代ならではの仕様、「椎名桜子騒動」の前兆を予感させマス。世代的に林真理子・吉本ばなな・俵万智ら新世代の女流エッセイスト&作家が時代の寵児。それに対抗する椎名桜子は奇策に走ります。処女作の出版前に『職業・作家』を名乗り、文壇を嘲った後に名著『家族輪舞曲(ロンド)』を上梓。さらに椎名桜子原作・共同脚本(楢原尊信)監督⇒映画『家族輪舞曲(ロンド)』が上映され伝説に。原作・脚本・監督映画の失敗例の代表と言えマスなぁ~。映画の興行収入は6000万円台は本当か?

【 カロリーメイトのCM(1989年) 】~BGMの素晴らしさに刮目~

http://www.nicovideo.jp/watch/sm5318403

「美人なんとか」で世の中を納得させることができたのは、それが女性に似合わない職業、と思われてたジャンルにきれいなねーちゃんが進出した時だすね。
いわく「美人車掌」だとか「美人船頭」だとか「美人タクシードライバー」とか。定冠詞の代わりにつけられてた。

それが、美人議員だとか、美人ビール売りとか「美人」って看板だけじゃ売れない程度の美人がしょう商売かけてきたころから「本家」とか「元祖」程度の意味になっちまった。

こないだ行った日本海側の町は、やたら美人ばっかりだったが、
「美人町民」とは言わないよなぁ ダハハ

拙者も小説を書いている美女というのに何度か遭遇したことがある。作品を読まされるのだが、いずれのケースも視野とこ心の狭さが見事に表現されており、いくら美人だからといって、こんな女とはヤリたくないモンだ、と思ったね。

>学生のコピペ論文とか知恵の回るやつはそうやって作るしw
 
コピペ小説wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>講談社 全文無料公開

 著作権侵害が確定したらどうなると思う?

 たとえば閲覧回数500万回×損害額100円@回で5億円w

 も、バカとしか言いようがないw

 ご近所なんで悪口は言いたくはないんだがw

 で、閲覧回数は、同じヤツが100万回閲覧かけても100万回なんだよなw   引用元とその愉快なオトモダチが気合い入れて閲覧回数アップに本腰入れたら1億回超すぜw

盗作かどうか知らんが石井光太なんかクズみたいなライターだと思う。ノンフィクションなのに絶対あれは創作話だ。(わしだけやない。疑ってる人は大勢いる。)タイも含めて東南アジアやインドのルポを書いてるが悲惨な面を強調しすぎ。だから別スレで浜の喜楽さんが言ってるような「貧困を見に行きたいから、お金を頂戴」みたいな学生が出てくる。石井のノンフィクションに出てくる人物も絵に描いたような(日本人が想像するアジアの最底辺。)悲惨さで短い期間で現地語も喋れず通訳頼みであんなルポ書けるわけねえわ。
この際だから新潮社は石井光太の創作疑惑で攻撃せえ。あいつはノンフィクションをバカにしてるし、東南アジアやインドの貧困を飯のタネくらいにしか考えていない。百田みたいなハゲやしこんな奴信じたらいかん。北条祐子さん、徹底的に戦って相討ちしてください。
レンタチャイルドamazonn書評より。(一般には高評価だが。)
「取材を元にした事実、を期待していた。
だが、出来の悪い小説でしかなかった。小説ならまだマシだが、取材を元にしていると主張しているのでタチが悪い。
実際に存在するであろう問題も、これでは作り物にされてしまう。」

Amazon書評高評価の人もこれはフィクションだとしている人も多いですね。
興味があればカスタマーレビュー読んでみてください。

中野ナンタラ膿科学者という逸材w
美人で有名でオツムもまともすぎww
小説家ジャンルでは考えられんねwww
なぜってブスが引きこもって妄想を文字化するてのが相場だからねwwww

数年後は著者AIが受賞する。

2006年には、こんなことが。
今回とはずいぶんと違う対応だよね。こんなことは起きないにこしたことはないけど、
この対応には、少なくとも版元としての良心を感じる。
https://2ch.live/cache/view/bizplus/1138025347


こちらでは、↓ 版元側の勝ち。
https://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1403B_U0A710C1CR8000/

今回の「美しい顔」だが、全文無料公開の結果、どんなことになるか。
刮目しましょ。

中野氏は金髪を黒髪のカツラで隠していたなどおもしろい内面がばれはじめていますよね。
今後のさらなる炸裂ぶりが楽しみです。

美人かイケメンかというのは、スピリチュアル方面の方に言わせると自分自身で見せ方を選択しているそうです。コスプレ説です。
鶴太郎のように漫才にもイケメンにも見える方を見ますと納得ですが、悪 目立ちという言葉があるように、美男美女は基本的に得になりえません。得になるとすればごく限られた平和な世の中でしかあり得ませんので、賢い変幻自在さと思います。今はヨガマスターだそうですね。

學力も家柄もない半端な素人”美人”の不安定な身分に言及してゐる。
https://diamond.jp/articles/-/126465

異色の組合せも内容自體も興味深いが印象的なのは以下の遣り取り。

---
中村 男子の場合もけっこうシビア。女性は子どものときからヒエラルキーが下の男は一貫して相手にしないので、カースト下位の男は悶々として過ごすことになる。中学生の時点で弱いオスは女子から排除される。

北条 それこそ男性は、コミュ力があったり運動ができる子が上位にいますね。その対極にいたのが、アニメや漫画が好きなオタクの子。

中村 男の3軍は、なかなか抜け出せないので深刻でしょう。現実社会での自己実現を諦めたとき、妄想の世界に切り替わりがち。二次元作品では彼らの理想の学園生活が描かれる。オタクコンテンツ業界はそれを知り尽くしているから、学園ものを量産する。巨乳の少女にモテまくるみたいな彼らの理想の学園生活を描くのが、オタクコンテンツの基本的なプロットのようです。

北条 それは初耳です。
---

三軍男子の自覺無き貧相な發達障礙兒共と交流が可能。
三島に趨いた際に當方が感ずる嫌惡感の正體を言語化して呉れた。

すぐにバレるようなパクりをするのが頭悪いよな
ちょっと文面替えればバレないとでも思ってたのだろうか

まずは、未読の段階でのコメントです。
①全文無料公開問題
  ・芥川賞選考日までの事態収拾が困難なため、
   とりあえず出来ることはしましたよ、というエクスキューズにも見える。
  ・自信があるのなら、緊急に電子出版もできたはず。
  ・無料公開は、商業出版としては白旗であり、
   事実上の芥川賞候補辞退と見ることもできる。
   仮に受賞しても、文藝春秋の部数が伸びない。
   もっとも、受賞後に速攻で無料サイトを閉じる手もあるが。
  ・現時点では出版社が対立しているが、狭い業界であり、
   すでに水面下で何らかの手打がされている可能性はある。
②参照文献示すと落選しちゃう問題
  ・応募原稿に参照文献をきちんと書くと、落選しちゃうと作者が考えた可能性はある。
  ・30も過ぎた大卒社会人が、重要文献を示さないのは非常識と言われても仕方ない。
  ・現時点では5作品からの参照が問題となっているが、本当にこれだけだろうか。
   ドキュメンタリー番組など、映像からの借用はないか。
  ・候補作は、マスコミの前で被災者を演じる女子高生の話らしいが、
   佐村河内の事件、映画『FAKE』に通底するものを感じるのは私だけか。
③作者矛盾問題
  ・作品の根底には、社会への憤りがあるようだが、
   先行の著作物に敬意を払うという社会マナーに欠け、
   参照された側を憤らせてしまっている人物の作品に説得力があるだろうか。
  ・類い稀な才能があるならば、他人の作品に依拠せず書けば問題なかっただろうに。
  ・オリンピックエンブレム事件の際に報道されたが、
   デザイン事務所が空港内の写真をパクった件があった。
   自分で写真を撮る手間すら惜しんで金儲けたんかい、と思った記憶がある。
④関係者面子丸つぶれ問題
  ・新人賞の下読み、校正、選考委員、編集部、芥川賞候補作選考委員、批評家。
   これらの面々の批評眼に疑問が生じてしまったかもしれない。
  ・『受賞のことば』には、震災時に布団かぶってたとあるが、
   編集部、芥川賞候補作選考委員、批評家は、
   「布団かぶってた割にはリアリティ充実過ぎじゃね?」と感じなかったのか。
⑤作者かばい過ぎ問題
  ・編集部の過失ということになっているが、
   応募原稿に参照文献一覧が無かったのだろうから、作者の責任。
  ・応募原稿には応募者の履歴が必須らしいが、選考過程において、
   応募者の画像や経歴が検索されていることは無いと思いたい。
⑥類似手法投稿増えちゃう問題
  ・こうした借用が多数あっても、文学性が高ければ芥川賞候補にもなって、
   出版社が守ってくれるとなれば、出来不出来はともかく、
   多くの作家が苦労するはずのデティールを借用で済ませるという手法の
   応募が増えてしまうのではないか。
  ・その場合、今後の文学界、出版界はどうなるのだろうか。
   また、過去の受賞辞退や作品回収などとの整合性は取れるのだろうか。
⑦先に候補作読んじゃった問題
  ・擁護する意見も多いようだ。凄い作品なのかもしれない。
   しかし、擁護している人は、候補作の方を先に読んだからかもしれない。
  ・実際に出版された順番通り、そして作者がしたように、先に参照5作品を読んで、
   それから候補作を読んでも、同じように感動、評価できるだろうか。

という訳で、出版社の陽動作戦に踊らされることなく、
参照文献を読んでから、『美しい顔』を読んでみたいと思います。
その場合でも、稀代の傑作に感動するのか、それとも、
コピペトレースアレンジ小説、FAKE小説と感じてアポーンとなるのか。
コメントする気になったら書いてみたいと思います。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山