| コメント(6)
カゴイケさんが記者会見で言っていたのはコレです。
《貞観政要・その三》君道第一/上理まりて下乱るる者はあらず

 貞観初年のこと、太宗が側近の者にこう語った。「君主たる者は、なによりもまず人民の生活の安定を心がけなければならない。人民を搾取して贅沢な生活にふけるのは、あたかも自分の足の肉を切り取って食らうようなもので、満腹したときには体のほうが参ってしまう。天下の安泰を願うなら、まずおのれの姿勢を正す必要がある。いまだかつて、体は真っ直ぐ立っているのに影が曲がって映り、君主が立派な政治をとっているのに人民がでたらめであったという話は聞いたことがない。わたしはいつもこう考えている。身の破滅を招くのは、ほかでもない、その者自身の欲望が原因なのだ、と。いつも山海の珍味を食し、音楽や女色にふけるなら、欲望の対象は果てしなく広がり、それに要する費用も莫大なものになる。そんなことをしていたのでは、肝心な政治に身が入らなくなり、人民を苦しみに陥れるだけだ。その上、君主が道理に合わないことを一言でも口にすれば、人民の心はばらばらになり、怨嗟の声があがり、反乱を企てる者も現れてこよう。わたしはいつもそのことに思いを致し、極力おのれの欲望を抑えるように努めている」

コメント(6)

> いつも山海の珍味を食し、音楽や女色にふけるなら
大腸炎でモノも満足に食えず、音楽といえば AKB とかで、インポでやらせのアキちゃん一人すら満足させられないアヘは名君の脂質を備えておるなぁw

貞観政要、差し入れた人誰でしょうね? 察しはつくけどw

 太宗というと初代皇帝かと思いきや二代目だw
 
 では初代はというと高祖と呼ぶ。

 日本でも初代皇帝が降臨した地を高祖山(たかすやま)という。

 いわゆる貞観の治で、いい治政ではあったのだろう。
 しかし「地獄への道には善意という名のレンガが敷かれている」わけで、治政がよすぎると、人口がどんどん指数関数的に増えて、やがて限界に達して戦乱の世となり殺し合ったあげく人種がいつのまにか入れ替わるほどの惨劇になりかねん。 そして人口が減り尽くすと、またいい治政が始まる。 中国の歴史はその繰り返し。 あの異常ともいえる一人っ子政策は、この黒歴史を抜きには理解できないだろう。

 日本は百姓から厳しく取り立てて間引きが頻発するほどだったが、人口は生産力の伸び以上には増加せず、血で血を洗うような惨劇にはならずにすんだ。 

 いや、だからといってアベでもしょうがないというわけではない。 そもそも人が増えすぎるどころか減りすぎて困ってるわけだし。

秋篠宮ご夫妻、明治150年記念式典にご臨席
https://www.sankei.com/life/news/180525/lif1805250016-n1.html

詳細は
【皇室関係の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj7.cgi

PS:
日本の神代文字で20万年~30万年前の
岩絵(ペトログラフ)に刻まれた文献資料が解読できるそうです。

海底に沈んでいる太古の遺跡、ムー大陸の岩絵やインカ帝国など

詳細は
http://www.aixin.jp/gktj/sss/sss.cgi

【書籍街の掲示板】第3巻

記事番号ー13 【驚き】日本のペトログラフが歴史を変える?古代文明

貞観政要によると、太宗李世民の統治はあまりに素晴らしいので突厥(トルコ系西方民族)、匈奴(歴代中華帝国の宿敵)他すら彼に恭順した、とあります。勿論遣唐使を多数派遣した地域があったことは言うまでもありません。
あの玄宗も女たらしになる前は「開元の治」という善政を成功させています。
ついでに唐帝国までの中華帝国は基本的には国際交易や文化交流が盛んでした(中華思想は別にして)。東ローマ帝国、ササン朝ペルシア、イスラム帝国(アッバース朝とは戦争もあったけどw)他。世界帝国はまさにこの時代に実現されていました。
以降は閉鎖的傾向が強くなりますが、宋や明が対外的な交流を解放していた時期とそれらの繁栄した時代は概ね一致しています。元帝国(モンゴル帝国)の強さの源の1つは貿易を重視したこと&商人を優遇したことです。
要するにある地域が傾くと国粋的思想や原理主義が支持を得てそれが政治を支配しますが、経済的には破滅が加速していき内政が破滅してしまうので歴史に消えてしまうと言うことですw
どこかで既視感がありますがそれは気のせいですw

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山