白茶作りのワークショップ

| コメント(1)


ゴールデンウィークは白茶作りのワークショップで! 日本ではほとんど知られていない、作られていない、お茶の原点。それが白茶です。収穫した茶葉を、自然の微発酵のみで仕上げたのが白茶。葉にストレスを与えず作るので、苦みや渋みはなく、自然な甘さと旨みだけが優しいお茶です。でも、コレが意外にも「決まる」んですねw うまく作られた白茶は「酔う」ので知られている。お茶に酔うというのはどういう意味か? 白茶はカフェインが多いので、そのせいだという人もいるが、よく判らない。でも、遠州のサーファーは自家製の白茶でキメて海に出るというのが定番になってますw 

摘んだ茶葉を竹製のザルに拡げておくと、萎凋という作用が起きる。要するにしおれるわけだ。揉まないで放置しておくだけだが、均一に乾燥させながらムラなく萎凋させるのには高度な技術が要る。数十時間かかって、緩やかな空気の流れの中で、茶葉は甘い、花の香りを放つようになる。微発酵です。茶葉そのものが持つ酵素で、時間をかけてゆっくりと熟成させる。機械でガシガシ揉んで作るお茶とはまったく違う。



さて、今回は「標高750m」という、お茶の栽培ではもっとも厳しい気候の高地で、「10年以上放置された自然栽培茶」の新芽を、一芯二葉、または一芯三葉で摘みます。中国本土でも既に途絶えた技法で、「月光白茶」です。夜、月明かりで摘み、冷涼な山の空気の中で、じっくりと発酵させる。現在、中国で作られている「月光白茶」というのは単なる商品名であって、月明かりで摘んでいるわけではない。でも、こちには本物の月光白茶です。月明かりで摘んで、冷涼な深夜にじっくりと微発酵。最上の条件で素晴らしいお茶が出来る、その筈なんだが、原価計算したらどうにも商売にならないので、仕方ない、ワークショップにしましたw 
4月29日(日)朝 静岡駅集合
4月30日(月)夕 静岡駅解散
29日の昼食から30日の昼食までの食事は、こちらで用意します。手伝いだけ、お願いします。
参加費は1万円、中学生以下のお子さまは5千円です。
茶摘みをするので、働ける格好をして来て下さい。
宿泊は静岡市葵区杉尾の古民家です。寝袋は持参して下さい。
摘んだお茶は全量、白茶にして自分の物になりますが、仕上げ(炭火による乾燥)に時間がかかるため、後日、宅配便で配送します。

主催は薪炒り番茶株式会社です。スタッフは毎年、自分の分の白茶は自分で作っているベテランなので、逐一、指導します。誰でも美味しい白茶が作れます。お問い合わせは下記アドレスまで。

コメント(1)

写真がぬくそーで裏山です。
はやく山に行きたいなぁ、
白茶は?酔う?マジか、興味でたw

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山