アベシンゾーにSAYONARA

| コメント(5)




ナンシー梅木の歌う「SAYONARA」。彼女は戦後、進駐軍の慰問活動の関係から歌手になり、米国に渡ってハリウッドで活躍、1957年、マーロン・ブランド主演の映画「サヨナラ」で、アカデミー助演女優賞を受賞。東洋人俳優としては初めての、アカデミー賞です。日本よりアメリカで有名かも知れない。「サヨナラ」というのはアメリカ人の見たエキゾチック・ジャパンで、今からしたら国辱映画だw 中身は、まぁ、蝶々夫人みたいなもんですw 「ハリウッドはプッチーニを乗り越えられない」という言葉があるねw ちなみにナンシー梅木は「サヨナラ」というタイトルの曲だけでも3曲歌っていて、全部、違う歌ですw



映画もヒットしたし、曲もヒットした。スタンダードナンバーとして、多くの歌手が歌ってます。アメリカでは、「日本と言えば、この曲」という定番なんだが、日本人は誰も知らないですね、こんなのw



桜の咲く季節だというのに去って行く恋人。さて、そこでアンサーソングとして作られたのが、「チョットマッテクダサイ」という曲だ(嘘 この曲はハワイのミュージシャンが歌ってヒットした。この曲も、海外でむしろ有名な日本を歌った名曲です。おいらは映画「サヨナラ」と、こちらの曲を繋げて歌いますw よく合いますw おいらの歌える、唯一の英語の曲ですw



これもSAYONARAという曲なんだが、歌っているのはタイ出身で米国で活躍したソンディ・ソッサイで、カヴァー(1959年)です。元は「ジャパニーズ・フェアウェル・ソング」というタイトルだったが、映画「サヨナラ」のヒットにあやかろうと、ムリヤリ変えたらしいw 作曲者は「Hasegawa-Yoshida」という偽名。おそらく、作詞のフレディ・モーガンではないか?と言われている。彼はスパイク・ジョーンズとよく共演していたバンジョー弾きで、作曲も達者。「五匹のこぶたとチャールストン」を作った人です。

以上、「サヨナラ」と呼ばれる曲について、なんだが、アメリカ人の見る東洋というのは、タイも日本もごっちゃだし、銅鑼が鳴って、チャカチャカチャーンみたいな、そんなカンジダw 

コメント(5)


ワタシはアベシンゾーにこの曲を送ります。

Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye / Steam (原曲)

https://youtu.be/QaG2Acg8n60


Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye / Bananarama (バナナラマバージョン)

https://youtu.be/HnYWmgSZdlM


この曲はアメプロではいつも退場する選手に向かって

観客がチャントする曲なんです。

じゃー俺は天才音楽詐欺師の細野さんのバージョンで。
https://www.youtube.com/watch?v=YAPShuz6Vjs

テレビドラマの方は知らないけど、映画の「M★A★S★H」では、“ホットリップス”の一件で暴れたバーンズが強制送還される場面で使われてましたね。youtubeにはなんでもあるな。
https://www.youtube.com/watch?v=LXtVS8SFmJw

「MASH」と「サヨナラ」で検索すると「大学教授から犯罪者に転落しちゃった」とかいう不思議な人のサイトがヒットして、この曲について詳しく書いてありますね。

ついでに言うと、ミス・ユニバースのナショナルコスチュームっていうヤツを知った時は、帝国主義時代の白人の男が夢見る“世界の女”のグロテスクなカリカチュアそのものなんで嫌になりましたが、最近はマシになったんでしょうか。まあ、そんなことはないんでしょうね。夢よもう一度。

終戦直後の日本を彩った華といえば、遠い異国の兵隊さんを慰めていた、
沙知代さんを思い出します。
知人の白河の家に時々、田舎では見たこともない毛皮のコートを着て、
訪れていたそうです。
知人はまだ幼かったので、東京の女優さんだと思っていたそうです。

「もう終りだね 君が小さく見える♪ ・・・さよなら、さよなら、さよなら、もうすぐ君は塀の中♪ 」
https://www.youtube.com/watch?v=xq95tN57bvQ

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山