プーアル生茶+ネパール1stフラッシュ

| コメント(3)


_DSC3012.jpg

「大雪山野生茶 毛茶 2017」と、「ネパール・ジュンチャバリ農園1stフラッシュ」の半々ブレンドです。大雪山というのは、日本のではなく、中国雲南省の山奥。ジュンチャバリ農園というのはダージリンのひと山隔てたところで、「ほぼダージリン」だ。通常、お茶のブレンドというのは、安い、欠点のあるお茶の欠点を補うために行われるのだが、コレはどちらも個性豊かで、クオリティの高い素晴らしいお茶で、混ぜたら勿体ない、という気もしないでもないんだが、いつもこうしたお茶を買っている北条さんところのメールマガジンで、「プーアル生茶とダージリンの1stフラッシュは素晴らしいぞ」とあったので、そそのかされてやってみたw もともとジュンチャバリの1stフラッシュは白茶に近いような喉越しとコクのあるお茶で、あまり紅茶っぽくないんだが、一応、紅茶です。プーアル生茶というのは、日本ではほとんど飲まれていない。市場に出廻っているのは熟茶です。生茶は野性的なお茶で、素朴な味だ。しかもコレは栽培されているお茶ではなく、自然に生えている山のお茶なので、お茶の原点だ。さて、どちらもおいらは好きなんだが、混ぜてみたらどんな味か? これが、驚くほど癖がなく、ナチュラルな味。一般的にブレンドというのは、「混ぜれば混ぜるほど、癖がなくなる」わけで、主張が奥に引っ込んで、深い喉越しのコクと、仄かな香りだけが残る。プーアル生茶は癖があって、好き嫌いが出るところなんだが、これは誰でも好き嫌いがなさそうだな。薪炒り番茶株式会社では、今年の新茶で1stフラッシュの紅茶を作ります。良い目標が出来た。ところで、日本で栽培されているお茶の9割以上が「ヤブキタ種」なんだが、薪炒り番茶株式会社では在来種にこだわっていて、あちこち探し歩いているんだが、在来種というのはそういう種類があるわけではなく、実生なので、一本一本が微妙に性格の違う樹なんですね。もちろん、それぞれ味も違う。それが製品になるまでにミックスされ、おのおのの個性が消えて、キャラクターの異なった樹々の奏でるハーモニーとなる。在来種のお茶は、ヤブキタのような単純な味ではなく、深みのある、豊かな味です。ウーロン茶も紅茶も、在来種からだったら作れる。ヤブキタではどうも、うまく往かないですw

 1100円(税・送料込み)
<豆州楽市 薪炒り番茶ティーバッグ 3g x10pc ×3> 

自然食品業界では三年番茶と呼ばれ、定番のお茶です。10年以上も放置され、農薬も肥料もナシで自然に還った自然栽培茶。茶の樹の旨味が存分に味わえます。苦味がなく、優しい味ですが、ミネラルが濃く、ボディが強くてしっかりしています。

リーフもあります!<豆州楽市・薪炒り番茶リーフ100g>1100円

コメント(3)

野次馬さんが存分に
お茶の説明をしているのは上の空で、
いつもお茶請けが気になっています。

今回は中身は、まんじゅうだと思うけど、
表面を焼いていますね。

それは菊川工場近くの「桜屋」という和菓子屋さんの名物で、「ちびあげくろ」という小さなお饅頭です。

https://tabelog.com/rvwr/000182265/rvwdtl/B112532210/
それと、「ちびあげくろ」カップに入れ放題?最高記録18個?女房さんが挑戦しましたが9個でした(^^;
それでも、十分に満足感あります。
味は生かりんとう的、小さな揚げ饅頭(中にはたっぷりのこし餡)の外側に飴でコーティングしてゴマを付けています。
カリッ、サクッ、シュワッ、ジュワッ、って感じでなかなか美味しいですよ。
人気があるのか?残り僅かでした!

紅茶はあまり飲まないが、某菱和の有機シリーズを10年以上愛用してるので、野次馬さんとこのもお試しさせていただきます。

コメントする

最近のコメント










<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山