エネルギー革命のかほり

| コメント(13)
太陽の光を当てるだけで水を分解して、水素と酸素というんだが、今までの酸化チタンよりずっと効率が良くて、実用化までもう一歩、というんだが、「太陽光発電の方が効率いいんじゃね?」と言われりゃその通りなんだが、電気は運搬するのが大変だ。まだ水素の方がマシ。水素も気体のままでは運びにくいので、そこは工夫が必要だが。

太陽の光をあてるだけで、水を完全に分解して水素を作り出すことができる特殊な触媒を開発したと大阪大学のグループが発表しました。
新たなエネルギー源として活用が期待されている水素の可能性を広げる技術として注目されています。
光触媒を使って水を分解する技術はこれまでもありましたが、非常に効率が悪く実用化は難しいとされていましたが、今回の光触媒は光を当てるだけで水を完全に分解できるということです。
グループではさらに研究が進めば燃料電池など新たなエネルギー源として期待される水素を効率よく製造する技術につながるとしています。

そこで、有機ケミカルハイドライド法だ。

トルエンに水素を反応させてメチルシクロヘキサン(MCH)に転換し、このMCHの状態で水素を貯蔵・輸送します。
トルエン、MCHともに常温・常圧で液体状態です。
このMCHを用いるOCH法によれば、水素ガスを約1/500の容積の常温・常圧の液体として貯めて、運ぶことが可能です。
水素の輸送先、すなわち水素利用地で、触媒を用いる脱水素反応によりMCHから水素を分離して、需要家に供給します。
脱水素反応で得られるトルエンは再びMCH生成の原料として利用します。

ガソリンや石油と同じように扱えるので、ハンドリングが容易。どこか海のまん中に巨大な水素製造プラント作り、タンカーで消費地まで運ぶ。日本は圧倒的に広大な排他的経済水域を持っているので、沖ノ鳥島とか、南鳥島あたりに作れば良い。

_DSC1813_300.jpg 1100円(税・送料込み)
<ヤマセン 遠州産干し芋 180g×2>

今では日本中どこでも作っている干し芋、安い物では中国製もあるんだが、元祖は遠州です。さつまいもを蒸して切って寒風に干しただけの、無添加自然食品です。干し芋は茨城で生産されている物が多いんだが、発祥は遠州地方、それも浜岡周辺です。その、元祖の干し芋です。素朴な甘みがヘルシーなオヤツとして人気です。

豆州楽市がお届けします。
【日本】太陽の光をあてるだけで水を完全に分解して水素を作り出すことに成功 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
これすごくね?
水素は燃えたら水に戻るだけだし
-----------------------
メジャー、いままで儲けたんだからもういいだろ
日本政府と日本の石油会社は投資して取り込んで囲い込め
日本の反撃タイム
-----------------------
これまた中東が潤いそうな技術
-----------------------
その粉の製造コスト次第だな
-----------------------
↑触媒だから消費されるわけじゃないぞ
藻とか対処しなきゃならんが
-----------------------
石油メジャー「はい!君消えた」
-----------------------
大阪大学産業科学研究所 第3研究部門 (生体・分子科学系)
励起分子化学分野 真嶋研究室
http://www.sanken.osaka-u.ac.jp/labs/mec/member-1.html
-----------------------
もんじゅみたいな金喰い虫よりこっちに資金投入してくれよ。。
-----------------------
水素自動車で日本勝ち確やん
資源問題の完全解決きたあああああああああああ
-----------------------
マツダが水素ロータリー復活のための準備運動を始めるね
-----------------------
琵琶湖全部使っても車一台走らないんだろ、どうせ
-----------------------
震災の時に持て囃されてた石油を作る藻オーランチオキトリウムも消息なしだしなw
-----------------------
ぼくは太陽光を浴びると光合成で太るよ!!
-----------------------
コレ使った水素エンジンの潜水艦作れ
-----------------------
↑光源がない
飛行船に積むべき
-----------------------
安倍「やれ」
光「はい」
-----------------------
黒リンって簡単に採れるもんなの?
-----------------------
↑黄リンから作れるみたいだな
12000気圧で加圧しながら200℃に加熱する必要があるが
-----------------------
中国に売ればすぐ実用化されるだろうよ。日本は利権で潰すだろうし
とりあえず日本で実用化できなければ中国やインド辺りに売ってしまえばええ
-----------------------
こういうの続報全然無い
ガソリン作る藻とかどうなったんだよ
-----------------------
↑いろいろ実証実験やってるぞ
タイでジェット燃料の実証実験までやってる
-----------------------
水素兵器量産の暁には大日本帝国復活だ!
-----------------------
出来たとしてもその生産スピードは?
うんこひねりだすくらいの速度じゃ糞詰まりだぞ
-----------------------
良かったなTOYOTA
-----------------------
トヨタのミライは水補給で走るってことか?
-----------------------
産総研でやってて効率最初は4%だったが、
だんだん向上してきたやつよりも性能良いのかね?
-----------------------
前から可能やったやろ、問題は効率やで
-----------------------
エネルギー革命のかほり
-----------------------
太陽光発電で作った電気で水素を作るのと、
この仕組みで水素を作るのとではどちらが効率いいのか?
-----------------------
水と太陽があればずっと走れる車が出来ると言うことだな
-----------------------
↑ソーラーセルだと水も要らないだろ
-----------------------
↑ソーラーセルで走り続けられるのはソーラーセルレース用の1人乗りの特殊な軽車両くらいしかない。
市販品だとプリウスPHVだけどソーラーセルだけで永久に走れるほどの能力はない。
ソーラーセルはまだ効率が悪すぎるんだよ。
-----------------------
もうさ、北関東の僻地とかに「マッドサイエンス特区」ってのを整備して
ココでだったら、政治に影響されずに何をやってもいいってことにしちゃえよ
-----------------------
酸素もたくさんできるから、緑化は中止でいい?
森林伐採しまくって、そこら中に箱物つくろーぜw
-----------------------
効率が悪かったのが問題と書いてあるくせにどの程度効率が上がったのか書かないアホ記者
-----------------------
酸化チタンも光触媒で水分解しなかった?
-----------------------
光合成は水H2Oも必要だけどCO2をCとOに分解してCHとかで
植物の構造作ってなかったっけ。そして余分な酸素Oを排出。忘れたな。
黒リンとH2Oが反応し五酸化二リン 4P + 5O2 ->P4O10
余ったHが飛び出す? 触媒なら減らない?
黒リンって作るコストって安いのかな。
黒リン村とクルミの木
-----------------------
一番の壁は工業的にお安く大量産出来るのかどうか
-----------------------
ソーラーパネルで水を電気分解するより効率が悪かったらどうするんだ?
-----------------------
科学の進歩が凄いな
100年後の子孫たちが羨ましい
-----------------------
メタンハイドレートの立場が、どんどん悪くなってくるなw
-----------------------
何がどう凄いんだ?
わかりやすく説明しろアホども
ぶちまわすぞ
-----------------------
↑光触媒ってのは光を当てるだけで水を水素と酸素に分解してくれる物質(電気分解ではない直接分解だね)。
ところがこれまでの製品は紫外線にしか反応しないため、太陽光を当ててもその中の紫外線成分だけにしか反応せず、実用化には程遠かった。
>>1は紫外線だけじゃなく、可視光から赤外線まで利用できると言う。
これが本当なら、お天道さんを当てるだけで高効率に水素を発生させるプラントができることになる。
-----------------------
人類は近い将来水不足になる
-----------------------
生成した水素と酸素を大気中にぶちまけて火つけようぜ!
-----------------------
で、効率は何%なんだ?
太陽光発電+電気分解より低いと意味ないからねぇ
-----------------------
↑現段階で7%、改善の余地多々ありとなってるな。
ソーラー&電気分解が12%なのでもう少しだね。
-----------------------

こういうのは、それ自体が実用化されなくても、選択肢として色々あるに越した事はない。何故なら、石油価格の高騰をコレで抑えられるからだ、石油の値段は、こうした隠れたライバルのコストによって決まる。石油そのものの値段なんて、タダみたいなもんだからw

コメント(13)

第3研究部門にXとかLとか
ローマ字で読みにくい名前が多数あるんだが

 引用先が消えてましたが、こっちならどうだろうか。

(NHK 水を分解 水素作る触媒開発)
http://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20180113/4283571.html

 それにしても、イーロン・マスクから「フール・セル」車(馬鹿細胞車)と嘲られた水素燃料電池車がまさかの逆転勝利?w いや、そんなことはないと思うw  そのうち、MAZDAあたりが、水素ディーゼルとか、水素フリーピストンエクステンダーでも発明して燃料電池車を超える熱効率を達成するのじゃなかろうかw

>黒リン

 こどものころ、ライフかどっかの元素案内本みたいなのにでてて、ほぉっと思った記憶が。 
 黒リンは、光通信用の半導体や、超伝導物質としても注目されているそうで、まさにライジングスターですね。

「光通信を改善する不思議な材料、Black Phosphorus(黒リン)」
「半導体としての可能性があることが分かったのは過去1年のこと」(2015年の記事です)
http://ex-press.jp/lfwj/lfwj-news/lfwj-science-research/7054/

「黒リンの二次元薄膜「フォスフォレン」で超伝導を確認」
https://news.mynavi.jp/article/20170420-a114/

 ・・量子コンピュータの素材になるかもしれないそうです。

(黒リンの高性能トランジスタ 東大など)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00420780

 人間どもを支配するロボット様の人工知能が黒リン製・・・なんかシュールですねw

(黒リン 単結晶)
https://em-japan.com/img1/P.jpg

(阪大の別のグループ)
「最近我々は、炭素、窒素、酸素からなる有機半導体を合成し(図参照)、この粉末を水に懸濁させて酸素分子の存在下で太陽光を照射すると、不可欠な化学試薬である過酸化水素が生成することを見つけました。」
http://www.es.osaka-u.ac.jp/ja/research/news/20151019-022033.html

 大阪大学の人工光合成というと、過酸化水素を発生させる研究をしているグループの方を、長年の思い入れもあって注目していたのですが、やっぱふつうに水素を発生させるほうが素直かw

 

>MAZDAあたりが、水素ディーゼル

BMWが水素レシプロやってたよね?w
つか、武蔵工の先生はお亡くなりになったけどww

水素ロータリーは、なぜ出来たのかは、燃焼室とシリンダーが別々の場所だからw

昔、セラミックエンジンもいすゞ辺りでやってたけどw
熱が篭って吸気が出来ないw
スーチャーで掃気しないとダメで終了w
水素も同じ臭いwww
つか、水素は炭素付けて使えばいいんだよwww
炭素が循環する社会ならインフラそのまま使えるから無問題www
カス公務員が困るだけwwwwwwwwww

問題があるとしたら、PMだなwww
それぐらいは、解決するだろwww

>有機ケミカルハイドライド法

その昔ハイドライドというゲームがあったな。あの時代の生き残りはドラクエだけか。

何を使うにしろ、一番の問題は
「エネルギー密度」
であるという事が、全く認識されていない件w

>酸素もたくさんできるから、緑化は中止でいい?
>森林伐採しまくって、そこら中に箱物つくろーぜw

何をおバカんs事を…
エネルギー発生させる為に分解時と同量の酸素を
消費するので±0 じゃねーの?????

◇ついに大手電力が「再エネは怖い」と知った

2018年は日本の電力市場の転換点になる 山根 小雪=日経エネルギーNext 2018/01/05

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/031400070/010400041/

>大手電力が変化を受け入れた背景には、再エネの大量導入だけでなく、電力需要の減少があります。電気事業連合会が公表しているデータを見ると、リーマンショック前の2007年をピークに需要が減少していることがわかります。2017年はバブル期以来の空前の好景気となりました。それでも、「期待したほど需要が戻らない」(大手電力幹部)。その理由は、省エネの進展です。

>好業績となった企業の多くが、生産設備の追加や更新、工場に冷暖房を設置するなどの快適投資をしています。かつては設備が増えれば、電力需要も増えるのが当たり前でした。ところが、「設備の省エネ化が猛烈に進み、設備投資すればするほど需要が減る時代になった」(大手電力幹部)のです。

・・・人口減少を前提とした、新たな電力インフラを構築しないと駄目デス。大型系統電源(BER型)と分散型電源(DER型)と蓄電(S型)のバランスを取って電力インフラを構築する。電力の議論が行き着く先は⇒インフラを融合させて、効率良く解決するに限りマス。日本の電力システムは、欧米に数年遅れてふんぞり返っている。欧州の電力会社は、2015年後半から経営改革に乗り出しているのに。電力市場における公正な競争の旗振りを、政治家・官僚がしないと噺にナリマセン。

 蓄電(S型)は米帝国での競争が始まってイマス。「家庭向け蓄電池」なんですが、米テスラ、独ダイムラー子会社のメルセデス・ベンツエナジー、独ゾンネン、韓国サムスンSDI、韓国LG化学、そして田淵電機アメリカ。田淵電機が唯一の日本メーカーで、太陽光発電と蓄電池をセットで設置します。当然の様に停電する米帝国、天災と組み合わさると死活問題に発展します。カリフォルニア州やハワイ州のように、再エネ比率50%や100%を目指すとなると、蓄電池は商売になる。ビジネスモデルの面でも、太陽光発電の10年後ろを追いかけてイマス。

◇シンポジウム「欧州の電力システム改革と再生可能エネルギー」中継まとめ

https://togetter.com/li/1079336

・・・原発マフィアや原油マフィアはどうなってしまうの

> 何を使うにしろ、一番の問題は
>「エネルギー密度」
そこで常温核融合ですよ

水素生成量が1桁増加する光触媒の開発に成功
http://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2017/20170410_1

これ読むと、以前話題になった全固体電池の場合と良く似てて、材料中にナノ結晶の特殊な配列構造を作り、その構造の性質を利用して材料中で有効に働ける電子の数を増やす、ということのようですね。

文部省は糞学園に金ばらまくの止めて、こういう研究分野に注ぎ込んでもらいたいもんだ。
若くて頭のいい人にはぜひ材料工学をやってもらいたいですね、日本再生に役立つような技術がきっとあります・・・なんか匂いがする。

弱い敵ばっかり倒してるとカルマがたまって「ローパー」が出てきてやられちゃうの☆

>昔、セラミックエンジンもいすゞ辺りでやってたけどw
>熱が篭って吸気が出来ないw
>スーチャーで掃気しないとダメで終了w


 水素を燃料とするセラミックスエンジンの潤滑にはオイルではなく水を使うので過熱防止できるはずだった(30年前)が、やっぱダメだったのかw

「無冷却のセラミックス水素エンジンにおいて、水素に見合う水を潤滑に用いると、燃料水素の燃焼によってできるものも水であるため、シリンダ内がクリーンになり、オイルに代わる水の冷却作用でノッキングの抑制にもなる。」(工業技術院の30年も前の発明)
http://idea.db.aist.go.jp/cgi-bin/detail_data.cgi?kind=1&seq=1040

 もし水を潤滑に使うんなら、水素単独ではなく、過酸化水素水もいっしょに使えば一石二鳥かも。 というわけで、「超高圧水素&過酸化水素水セラミックコーティングフリーピストンレンジエクステンダー」がダークホースというか次世代エンジンの本命だな、たぶんw

(豊田忠犬のフリーピストンレンジエクステンダー)
「シリンダーとピストンリングは、セラミックコーティングされ、オイルによる潤滑はされていない。」
http://www.kyomi.atelier.link/tech/tech-07.html

コメントする

最近のコメント

雲南思芽スーマオ炭焙 200g1500円
ジックリと炒り込んで、苦味の奥から微妙な糖分を引き出した雲南コーヒーです。国際市場では新顔の雲南コーヒーですが、100年前に宣教師が自家用に持ち込んだという歴史があります。砂糖なしでも飲みやすい甘みがあります。
 
略奪者のロジック 超集編 1650円
「ディストピア化する日本を究明する201の言葉たち」です。まさに今現在の日本の状況を冷静に見極め、何が起きているのかを鋭く考察した注目の一冊 となっています。
二ホンという滅びゆく国に生まれた若い君たちへ ―15歳から始める生き残るための社会学―「君たちが対峙する脅威とは、外国資本の傀儡と化した自国政府であり、生存権すら無効とする壮絶な搾取であり、正常な思考を奪う報道機関であり、人間性の一切を破壊する学校教育であり、戦争国家のもたらす全体主義である」(本書「まえがき」より) 税・送料こみ1650円
 

雲南思芽熱風焙煎 200g1400円
香りを活かしたサードウェーブ系の炒りです。炭焙より香りが強く酸味があり、苦味は抑えめです。

炭焙モカブレンド 400g2080円
モカマタリに、コロンビアとブラジルを当量ずつ。今では極めて少なくなった伝統の炭焙で、深煎りの極みに、苦味の中から仄かな甘みが味わえます。 400gのお徳用です。
  
20020801.jpg
「究極の抹茶ラテset」の内容は、抹茶50g、乳の粉200gです。砂糖は含まれていないので、普通の白砂糖でも、三温糖でも、お好きな砂糖を用意して下さい。このセットで12杯分の抹茶ラテが作れます。街なかで売られている抹茶ラテとは格段の差があります。飲んだら驚く。
税・送料込み.2110円
「究極の抹茶ラテset」

chichinoko_210.jpg
お湯に溶かすだけで「ほぼ」牛乳! カフェオレやカフェラテ、ロイヤルミルクティーが簡単に作れます。
丹那牛乳の全脂粉乳200g1120円
続・ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ―16歳から始める思考者になるための社会学― 私たちが直面する「重層化する危機」とは何なのか? もはや国家の消滅は避けられないのか? そして私たちはこの時代を生き抜くことができるのか? 本書はそれに明晰に答える最高峰の社会学テクストである。 税・送料こみ 1650円
放射能が降る都市で叛逆もせず眠り続けるのか- 原発事故は終わっていない。それは今なお進行する現実であり、身近に迫るカタストロフなのだ。なぜ国家は何もしないのか、なぜ報道は何も伝えないのか、なぜ国民は何も考えないのか、社会はどう変わるのか、経済はどう動くのか、そして我々はどうなるのか......... 答えは本書にある。 税・送料こみ1870円
makisent_300.jpg
無農薬で無施肥、南アルプスの自然に還った山のお茶を、薪火による釜炒り、炭焙による乾燥で仕上げました。今年の春摘み茶はこれでオシマイです。限定500袋の発売となります。

_DSC41521_210.jpg


<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 税・送料込み1320円
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ

  
<友和組合株式会社> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。税・送料込み2600円


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)







伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  帆船Ami号
  ずっと富士山