ネトウヨは「存在しない伝統」を奉じる妄想カルト

| コメント(25)
日本の伝統、っていつから? という話なんだが、初詣に関して言えば、割と最近だというんだが、そもそも昔の人は歩いて行けるところしか行かなかったので、今みたいに電車やクルマで初詣には行かない。アタリマエだ。ウチの近所の道は三島大社に向かう道なので、いまだに混んでいる。大迷惑です。

著者はここで疑問を抱く。その伝統、本当に古くからあるのか??だいたい「古くから」「昔から」とは一体いつごろのことなのか??いつからなら「伝統」と呼べるのか?
たとえば正月。無病息災などを祈念するため、初詣に行かれる方は多いだろう。この風習、なんとなく大昔からあるような感じがするが、実は誕生は明治中期である。
1872年、東海道線開通が開通し、川崎大師へのアクセスが容易になる。川崎大師は江戸から見て恵方にあたり、行楽も兼ねて参詣に行く人が急増し、特に1月21日の縁日(初大師)は大盛況となった。
とはいえ、恵方は5年に1回しか来ない。当たり前だが鉄道会社としては毎年来てくれたほうが儲かる。そこで、大晦日から寺社に籠って元日を迎える「年籠り」、年明けはじめての縁日に参詣する「初縁日」、居住地から見て恵方にある寺社を参詣する「恵方詣り」といった古来からの行事を組み合わせ、縁日も恵方も関係ない「初詣」をつくりあげ宣伝文句としたわけだ。(以下省略)

それにしも、こういうスレになると、無知蒙昧なネトウヨと、そのネトウヨを煽る偽コリアンが延々と罵倒合戦を繰り広げていて、不毛です。パイパンがいいのは若い娘だけです。

そんな事より、プレミアム感満載の鯖缶です。こちらは旬鯖限定です。通常、鯖缶というのは冷凍のサバで作るんだが、こちらは獲れたてのナマのサバで作っている。よく品切れになる商品なんだが、豆州楽市では一年中扱ってます。


<伊藤食品・旬鯖限定>鯖水煮+味噌煮 180g×6缶×2 3300円(税・送料込み)
<伊藤食品・旬鯖限定>鯖水煮 180g×12缶 3300円(税・送料込み)
沖縄の塩「シママース」だけで味付けしました。
化学調味料は使用していません。
<伊藤食品・旬鯖限定>鯖味噌煮 180g×12缶 3300円(税・送料込み)
味噌は、あきたこまち米を原料に丹精に作られた秋田味噌を使用。
化学調味料は使用していません。

豆州楽市がお届けします。
【社会】「日本の伝統」の多くは明治以降の発明だった★4
、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
だって明治まで旧暦でまわってたんでしょ。
てか昭和まで実質は旧暦?に正月やってた?
-----------------------
↑戦前まではそうだったみたいだね、地方では多かったんじゃないかな。
学校の休みなんかは旧正月に合わせてたり。
農家の子供は田植え・収穫期の休みもあったと思うよ。
-----------------------
クリスマスイブにセックルする風習は確かに根付いてるよ。
いつからだろ?
-----------------------
現在の神道は確かに150年ぐらいしかない
神社は1000年以上前からあっても、
そこに巣くう神道は150年ぐらいの歴史しかないところがほとんど

150年前、
仏教と分離し、
ナショナリズムと儒教を吹き込まれ、
合祀を進め
天照大神を頂点に記紀神話に基づいて体系化された
新興宗教

天理教や黒住教などと同じ新興宗教なのだが、官製なので強力に布教され定着させられた
-----------------------
↑神道というか国家神道だよね、明治以降に作られたのは
神社本庁とかいう謎のものも
近代の天皇制も国家神道も同じ新興宗教
-----------------------
ネトウヨ「はい、江戸しぐさ!」
-----------------------
神武も神話だよ
初代天皇ではない
-----------------------
七夕もハイブリッドどころかごった煮の伝統だし、まあいいんじゃねえの
-----------------------
情報の伝達の速度が上がって文化の均一化が始まったのが明治以降だからな
ローカルな伝統はそれぞれの地域にあったとしても、日本共通の伝統なんて
中央集権国家となった明治以降にしか生まれようがない
-----------------------
むしろ明治以降に廃止ないし廃れた文化や風習の方が多い
-----------------------
都市部に来た田舎者は、地元に根付いた祭りに参加できないし、参加する気もない
だから新興のアホ騒ぎ起こす
それが数年すると恒例になる

現代でいうとハロウィン
-----------------------
なんでこんなスレが伸びて4まで来たんだろう
一応指摘しておくと、今の伝統行事とやらのほとんどは、江戸時代以降だよ
安土桃山や室町以前の風習なんてほとんど残っていない
-----------------------
日本文化の本質というか真髄は
多文化の吸収とそれに伴う改良だからな。
改良続けることこそ真の伝統なんだと思ってる。
-----------------------
スレタイを別の言い方をすると
日本の歴史なんて明治以降に出来たようなものだから、大した中身のものではない
・・・これにカチンと来た保守的な人と、揶揄する日本嫌いが4スレまで続いて衝突しているってこと?
-----------------------
事例が初詣だけ?最低3つくらいは挙げろよ低脳
-----------------------
神社での結婚式なんてのはでっち上げレベルではあるわな
-----------------------
↑祝言は自宅で挙げるよね
そういうシーンは新婦が向かって左なのよね
それが日本の伝統の並び
お雛様まで左右逆に置いてる今って、西洋文化に迎合しすぎてる
-----------------------
六曜(大安・仏滅など)は明治以降だね
明治になって、迷信を暦(カレンダー)に載せるなとお達しが来たけど
なんもないんじゃ寂しいので、業者がマイナーすぎて禁止リストに入ってなかった六曜を入れて売り出した
-----------------------
↑星の巡りが悪いだのなんだので仕事をスナック感覚で休んだりしてたそうだしな
それでは近代工業は回らないわなw
-----------------------
木造建築においで式年遷宮的なことを中韓がしていることは聞いたことがない。
-----------------------
また、日本人で無い奴が書いたガセ。
初詣の起源は、昔くからある年籠りな。
正月に1年の無事を祈願し、氏神の社に籠る慣習な。
これが初詣。
もっとも、これを行っていたのが、その家の家長だけ。
これを、明治時代になり、家族まで広げた。
さらに、鉄道会社が氏神様だけで無く、有名神社へも行くと、さらにご利益があるといいだした
-----------------------
トンキンオリンピックで安来節でも踊るんだろ
-----------------------
女性の地位が低くなったのも実は明治以降である
「男は外で仕事、女は内で家事」なんて日本の伝統でも何でもなく
欧米から輸入された慣習でしかない
日本はずっと夫婦共働きが伝統
家事についても夫が料理とか戸締りするのは当たり前だった
-----------------------
そもそも元旦から外うろうろほっつき歩くとかおかしいよなw
本来は年明け行事としての初詣は三日以降松の内に氏子になってる神社に詣でるんだろ?
まあまあ客足激減の鉄道会社に対する援助交際で好いんだよ
-----------------------
>>1872年、東海道線開通が開通し、川崎大師へのアクセスが容易に

百年以上続けば立派な伝統だ。
-----------------------
家制度とか貞操を重視とか、明治以降にキリスト教や儒教っぽい社会になった。
-----------------------
↑武家は嫁入りは処女だけだし、
大奥や城勤めも処女限定だったんだが。

歴史無知ならホラ語るな。
大朝鮮の属国の話でも語ってろ
-----------------------
↑おいおい、嘘つくな、江戸時代以前の女は貞操なんて観念はなかった
そんなソースあるなら出してみろ
「女は離縁したあとでもなんの名誉も失われず、再嫁できる」と
ルイス・フロイスの日本史に書いてある

家康も温泉に湯治に行った時に正室の侍女にふと手をつけて秀康を産ませているし
秀吉も外に出た時、気に入った女を持ち帰り、ニ、三回やって気に入らなかったら金を与えて返したとある
昔は貞操なんて意味なかった
-----------------------
100年間も経てば伝統だろ
だいたい、どこの大学でも明治以降にできたのに、
伝統がある大学とか言ってるし
-----------------------
明治の国家神道が日本古来の神道を破壊した

南方熊楠 神社合祀反対運動
-----------------------
正座も定着したのは、ほんの100年ほど前とか
-----------------------
↑それ以前は「立て膝」が普通だったんだよな
-----------------------
日本の歴史
● 国内統一をやったのは朝鮮半島からの渡来人
その後も朝鮮の文化や技術いれまくり、真似しまくり、
渡来人を政治の中枢に大量に入れ、科学技術の指導者として招き入れた
●文字などの文化は中国から。仏教も中国の漢字経典
●都市の設計などは中国から。

●その後、徐々に一人立ちして日本文化を作っていく

●黒船来て、日本が大幅に遅れてることにがく然

●欧米から様々な文化・制度・風習を導入、技術も導入
-----------------------
ウヨカルトは、いつも「存在しない伝統」を奉じる妄想カルト
例えば、ヒトラーは 「アーリア人の文化」「アーリア人の優位性」とか言ってたが
1.そもそもゲルマン人はアーリア人ではない
2. ゲルマン人はローマ帝国に「野蛮人」と呼ばれ、文化的に遅れた生活してた人々で、ローマ人の奴隷になってる人も多かった
3. キリスト教にしても技術や制度にしても、ゲルマン人はローマ帝国からもらったものを使っただけ
ウヨカルトという連中は、いつも「存在しない伝統」「存在しない文化」を奉じるカルト
w
-----------------------
正座は大昔からインド人がしてたから中国経由で入って来たのだろう
ただし「日本特有の伝統」というわけでも無くなってしまうがね
-----------------------
↑仏教の影響をほとんど受けなかった沖縄こそが本来の日本だと
岡本太郎や柳田国男は言ってたよね
-----------------------
福笑い、羽根つき、凧揚げ、獅子舞、双六

全然みかけなくなったなあ
-----------------------
で、昔の日本の女に処女なんて観念はなかったし、そんなものを調べる術もなかった
百姓は元より、武士であろうと処女でないと嫁にできないなんてアホらしい
当時は再嫁なんて当たり前だったし、例えば家康は後家好みで有名で、十数人の側室のほとんどが後家、
わざわざ気に入ってた侍女を配下の武士に結婚させて離縁させて側室した例もある
これは家康が「後家は子供をはらみやすい」と考えてたというのもある。

ちなみに絶世の美女として浅井長政に熱望された信長の妹の「お市の方」は長政に嫁いだ時には21歳で当時としてはあまりに遅すぎる事から再嫁説が有力になってる
昔は妻や女が処女であるかどうかなど、どうでもよかった
そう考えるのは現代のオタク的な処女厨の願望にすぎない
-----------------------

武家では、むしろ出産歴のあるオンナが嫁としては喜ばれた。せっかく結婚したのに跡取りが出来ないでは困るので、出産歴があればその意味では保証付きですw 処女を尊ぶのはキリスト教の影響で、処女マリアとか、イスラムでも天国には処女が、とか。仏教や神道では、処女に特別な価値を見出さない。

-----------------------
お歯黒ってのも、それを既婚女性が全員していた時どんな感じだったか見てみたい
白黒の古い時代劇映画では忠実にお歯黒にしているものもあるが、現在の時代劇では殆どない
時代考証といっても、丁髷と違って不気味すぎるからな
-----------------------
↑鬼平とか読んでると人妻は眉も落としてたとか
化け物w
-----------------------
年賀状無くならんかな...めんどくさすぎてたまらん
-----------------------
戦国時代の宣教師 ルイスフロイスの記述
「驚くことに日本の女性は処女の純潔を少しも重んじない。
それを欠いても、名誉も失わなければ、結婚もできる。」
「日本の娘たちは、両親に断りもしないで、何日も一人で好きなところに出掛けている。大変驚いた」
これが古来からの日本
-----------------------
↑マリア様と言い、処女性を異常に重んじるのは、アブラハムの宗教の特徴。
その文化の違いが異様に映っただけで、日本人が性にだらしない、とか無いから。
欧米だと、ワインスタインにしても、枢機卿にしても、陰湿にモラルを破っていくから。
日本人は、実質を重んじる傾向がある。
西洋は、あるべき姿に合わせようと言う傾向がある。
-----------------------
巫女は処女しかなれないから既婚者ダメとか、月経の女性は不浄だから神社参拝できないとか言ってるオタクはちゃんちゃらおかしいわ。
半島の腐れ儒教思想かよ。
-----------------------
クリスマスにフライドチキンを食べるのは日本の伝統文化ですよ
-----------------------
ネトウヨは恵方巻齧りながら初詣して江戸しぐさをする
-----------------------
そんなの知っとるわ
嫌なら日本から出て行け
-----------------------
相撲が国技になったのは昭和17年、当時の相撲好きの海軍大佐のゴリ押しが原因だそうだ
-----------------------
マンガもそろそろ文化なんだろうか
紙芝居とか貸し本屋が始まりとするのか
鳥獣戯画くらいまで遡るのか難しい
-----------------------
↑鳥獣戯画に関係なく
日本人は絵をつけるのが好きなんだよ
○○絵巻なんてものが昔からいくらでもある
物語があると絵をつけちゃうの
-----------------------
神道以外で比較的近世に生じた制度なのに多くの人が古代以来の伝統だと
誤って信じているものとして、「イエ制度」があるね。
最近の日本の自称「保守」はこういう伝統の捏造に依存しすぎて、
阿呆にならなければついていけない代物になってしまってる。
-----------------------
有名な逸話

ロシア人学者がインドネシアのとある島で研究していて、去る時に今まで研究に協力してくれていた現地人たちにロシア民謡の「黒い瞳」を歌ってあげた
それから、数年後、再びロシア人学者が島に戻ってきた時に多くの現地人が当たり前のように「黒い瞳」を歌っていたので仰天した、
しかも、現地人たちは「黒い瞳」が自分たちの先祖代々から歌い継がれている歌だと思いこんでいたという

「伝統」なんてそんなもんだ・・・・・・
たかだか、数年で「先祖代々から昔から行われていた」と思い込む程度のもの
-----------------------
その時代時代でブームや流行があって
その中で伝統として残る物があるってだけなんだけど
この記事はたんに明治以降の話を書いてるだけに過ぎない
-----------------------
戦前の民法で規定されているような「家」の概念は、もともとは公家や上級武士に限定された慣習に過ぎなかった。
その家概念をより広い階層に普及させたのが、寺請け檀家制度と仏教式の法事の一般化。
明治に作られた伝統と言うよりは江戸中期に確立した慣習。
-----------------------
伝統といえば学生の頃、中華の歴史小説に触れて本場の中華茶体験したいと思ってお茶屋に何件か入ったけど、
普通の店ではガラスコップに直接茶葉をぶっこんで熱湯注いで葉が下に落ちてから飲みなさい、ってものでショックうけたわ。

数年後、香港の下町で偶然立ち寄る茶屋で、小説にあった中華様式のもてなし茶を体験することになった。
その頃から大陸について興味なくなった。
中華伝統に触れたいときは香港と台湾に遊びにいってる。大陸よりも日本の漢字との互換性が取りやすい。
-----------------------
↑台湾の茶芸は中国茶の作法に日本の茶道の精神性を持たせたもの。

だから結構新しいものらしいんだけど、立派な台湾の、台湾だからこその文化だよね。
-----------------------
↑うむ、あの形で出されると
ただの茶が、150元と言われても高くない気がするから不思議だw
-----------------------
もはや「偽の伝統」やそれに基づく「偽の自尊心」などと言うものにいつまでも依存している時代じゃなくなったんだ。
そんなニセモノにすがらなきゃ自尊心一つまともに育てられないのか?
明治政府(英国の傀儡)が用意した偽物でなく、日本人本来の文化が形成された源には独特の豊かな感性があって、それが自分の中にも眠ってるじゃないか。

「日本人の結婚観(富国強兵政策と関係)」に続く近代呪術の種明かしが進むのはいいことだ。
本来は、「それを大切にしたいと思う人が世代を超えて大人数いたので長く続く習慣になった」と言うだけに過ぎない伝統と呼ばれる現象が、いつしか同調圧力を使って人々を縛り誘導し支配する為政者の道具になっていったわけで。
-----------------------
「いただきます」 「ごちそうさま」 は昭和10年代から
家族がちゃぶ台を囲んで食事するのは昭和30年代から
-----------------------
野球拳のメロディも実は中華風(清代)。
江戸時代後期~明治時代にかけて中華風の音楽が流行って、
中華民謡のアレンジや作曲法を用いた曲はポピュラーだった
-----------------------
正月行事は、やや複雑なんよ
もともと日本では、正月とは立春であり一年の始まりの日だった
関西ではこの傾向が強く残って節分には厄除けや恵方詣りなど行われた
シナから太陰暦が輸入されて、宮中では十五夜を正月にしたり朔を正月にしたりするようになった
全国的には3つが混在していた
そして明治に新暦が導入されて正月がまた変わった
なので大正月だの小正月だの節分だの、正月行事が分裂していった
昭和になってようやく新暦の正月が定着したんじゃないかな
-----------------------
中華料理も唐代ぐらいだと実は炒め物とか無くて生ものも結構食べてて和食に近い感じだったらしい
今のような炒め物が多くて生を嫌うのは明から清にかけて成立した
-----------------------
正月、お中元、お歳暮、年賀ハガキ・・・
日本の伝統と呼ばれてるのはみーんな当時の商人達のステマで広まったもんなんだな
-----------------------
冠婚葬祭のいわゆる常識はもっと酷くて、ほとんど全部戦後業者さんたちのでっち上げですがw
-----------------------
正月行事の分裂にしたって金のない明治政府が
公務員の給料を払いたくなかっただけ
旧暦から新暦に改めるだけで一月分の給料を浮かせることにしたんだよなあ
お上のその場しのぎに振り回されるのはいつも民衆なのさ
正月の伝統とか語るのがばからしくなるでし
-----------------------
寿司わさび天ぷらとかも、どっちかというと明治から急激に広がった文化やしなぁ
-----------------------
江戸時代の日本は発展してたって言う人いるけど、
明治時代の発展を見ると全然そういう風には見えない
200年以上あったのに、あまりにも発展がゆっくりすぎる
-----------------------

江戸時代は、発展というより、人口が増えない中で、逆に生活そのものは充実して行った時代で、江戸前寿司、鰻の蒲焼、蕎麦などの日本を代表するような料理が生まれ、洗練されて行った。明治になって急に近代化されたわけじゃなく、庶民の生活はそれからもゆっくりと近代化し続ける。元のスレでは、「朝鮮は水車がなかった」で延々と罵倒しあっているんだが、日本では水稲栽培が多く、水を水路から水分に揚げる必要があったので、水車が必要だったから、せっせと水車を作った。朝鮮半島では水田がほとんどなかったので、水車は要らなかったんですね。畑なら、人力で運べば済んでしまう。朝鮮人が馬鹿だから水車を作れなかったわけではないと思うw

コメント(25)

> 百年以上続けば立派な伝統だ。

?! 京都の人にそんなこと言ったら笑われますよ。

本日1月7日は旧暦の11月21日なんですね…旧正月は2月16日なので,2月中旬はまた(今でも多いのに)大阪駅周辺が中国人まみれになるのか(鬱

うちの集落の夏祭りは、太古の昔、市町村合併で新しく出来た集落として村起こしが必要だということで始まりました。
既に大変な年月が経過しており、それが伝統となってます。事の起こりは明らかなのですがいつ頃始まったのかもわからなくなっており紀元前まで遡る可能性も大。

>初詣に関して言えば、割と最近だというんだが、そもそも昔の人は歩いて行けるところしか行かなかった。


◇鉄道が変えた社寺参詣 (交通新聞社新書) 平山昇 (著)

https://www.amazon.co.jp/dp/B0191845R0?ref_=k4w_ss_dp_lp

>日本人にとって最もメジャーかつ“伝統的”な年中行事「初詣」は、意外にも新しい行事だった……?! そしてその誕生の裏には、近代化のなかで変化する人々の生活スタイルと、鉄道の開業・発展、そして熾烈な集客競争があった――“社寺参詣のために敷設された鉄道は多い"という語り方で語られてきた「鉄道と社寺参詣」の関係に一石を投じ、綿密な資料調査をもとに通事的に解き明かす、鉄道史・民俗学を結ぶ画期的な一冊。

子子子子子@図書館長@陰謀論者ではない@黒住も金光も天理も世界連邦側 @kitsuchitsuchi

>初詣は、神社勢力(和風キリスト教の戦争屋)の資金集めの為に明治中期に成立した創られた伝統。参詣客が増えたのは鉄道という交通網の発達のお陰。全国初詣客数ランニングを見るとキリスト教が再興した真言宗(金剛峯寺ができたのは明治以降)や、和風教会の神社に客が集まっていることがわかる。

・・・江戸時代までは「恵方詣」という、家からその年の恵方の方向にある寺社を詣でるのが一般的でした。歌人・小林一茶の句「足の向く村を我らが恵方かな」、歌人・高桑闌更の句「我が恵方多し松しまいつくしま」などが江戸時代の風習を詠んだ『俳句』が残ってイマス。正月の風習は簡素でしたから、「恵方詣」さえ行わない地方もアリマシタ。「年神様の棚」も祀らないのも珍しく無い。

 初詣の初出は明治18年の東京日日新聞、歳時記に初詣が初登場するのは明治41年。『俳句』で初詣が詠まれるのが明治移行の大正時代ですw。なにしろ明治時代からの大日本帝国の軍隊(長州藩・薩摩藩)は西南戦争を始め、日清・日露戦争、第一次世界大戦とシベリア出兵、満州・支那事変、対英米戦争と第二次世界大戦を遂行する為、土着の伝統を破壊して、デッチ上げた偽伝統で徹底洗脳する必要があった訳ですからねぇ~。

風の子 @makeanovel

>どこからともなく「創造神=神」が日本にいたと主張し、それが、恐ろしいほどの偶然で、キリスト教徒と同じ「神という単語」で物事を言い始めた時期と重なるという、不思議な「あるジャンルの人達」について説明しよう。それが「神道」である。

・・・勿論(もちろん)、偽伝統には「矛盾」が発生します。江戸時代までは 天皇は参拝しなかった『伊勢神宮(2千年の歴史を有し、内宮・外宮をはじめ125の宮社からなる日本人の心のふるさと)』って神社がアリマス。「お伊勢さん」は明治天皇から(初めて)参拝するようになりましたw。明治時代の「国家神道」は、日本古来の歴史・伝統を無視する⇒偽装のなんちゃって伝統文化の集大成。「伊勢神宮の真実」に興味をお持ちの方へリンクを張りますので、暇な時にど~ぞ。九州大名誉教授の田村圓澄氏&三重県立斎宮歴史博物館学芸課長(当時)の榎村寛之氏の指摘が読めます。

◇伊勢神宮への参拝で日本人なら知っておきたい7つの秘密【2018年初詣アクセス・渋滞回避方法】(週刊武春)

https://bushoojapan.com/scandal/2016/12/29/6629

◆安倍首相、伊勢神宮参拝後に年頭記者会見 「憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく」(2018年01月04日)

>安倍晋三首相(自民党総裁)は4日、三重県の伊勢神宮を参拝後に年頭記者会見を開き、党総裁として年内に憲法改正に向けた自民党の原案を国会に提出することに意欲を示した。「この国の形、理想の姿を示すものは憲法だ。今年こそ新しい時代への希望を生み出すような憲法のあるべき姿を国民にしっかりと提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく」と述べた。

>京都の人にそんなこと言ったら笑われますよ

京都では1月3日に鏡開きします。なんやコイツ、パンクなやっちゃなと思ったら、そういう伝統らしい。

> 京都では1月3日に鏡開きします。

京都が正しいのかもしれません,関西でも京都以外は11日だったハズですが。
ダンナが年末に明石の魚の棚で買ってきた丸餅(三木市のお百姓さんが手作りしてる餅,片栗粉まみれ)が,涼しい(寒い?)玄関先に置いてたのにカビが生え始めてましたから。
3日にはどうもなかったので…カビはペティナイフで全部そぎ落としました。明日ダンナが食べるそうです。

オラが村の小学校は100年以上の歴史があり、平安後期から室町時代にかけて、近くにちっこい城が有った事もあって、室町時代のカワラケが出土したりしたらしく、そこでドサクサに紛れて弥生時代や縄文時代の土器をどっかから調達してきて一緒に見せびらかしたりして、非常に紛らわしいです。

>武家では、むしろ出産歴のあるオンナが嫁としては喜ばれた

しぞーかみたいな田舎じゃあ戦前までは子供できてから籍をいれるケースが結構多かったでしょ?事実上夫婦なんだが奉公人扱いで子供が出来なければ嫁に暇を出して里に返したりした。返品される女もいれば、ウトメコトメと合わなくて自分から里帰りして、そうやっていくつか回って自分にあった嫁ぎ先を探すケースもわりとあったんだと思うよ。第1子の生誕日と婚姻の日付が前後してたり、第1子の生誕日を後ろにずらしたりすることもままあったでしょ。ってしぞーか出身の祖父母が生前語っていたことを思い出す。

昨今の少子化日本に必要なのはそんなゆるーい男女関係なんじゃないのかねぇ

日本の神話も製造後150年ぐらいなんじゃね?www

>京都では1月3日に鏡開きします。

使用人をこき使う為じゃね?wwwケチだからwww
いつから始まったのか知らんけどwww

>京都の人にそんなこと言ったら笑われますよ。

京都に乗っかってるだけのwwwネトウヨみたいなもんだからwww

京都の戦後は、応仁の乱が基準となるのって本当ですかw
ネタじゃないのw

>処女に特別な価値を見出さない

テレゴ(ny  ・・・

日本の伝統とかいう大嘘がパレ始めたのは、捏造「江戸しぐさ」のおかげですね。

いやいや、東京の神社はあの大嘘江戸しぐさ(二礼二拍手とか、馬鹿か)
参拝する糞馬鹿の群れでえらい渋滞して迷惑至極。
あんなもん昔から賽銭投げ込んで鈴ならしてパンパンでいいんです。
くだらないものに格式をくっつけるのは半島風味爆発です。

まあ初詣は昔から鉄道会社がせっせとマーケティングしてましたな。
これは関東より私鉄王国関西のほうがひどかったかもしれない。

東京は明治神宮という究極のディズニーランド風味神社があるので、
まあここで処理でいいんでしょう。

いやそのうちディズニーランドに神社作るんじゃないかな。
ミッキー神社とか「伝統」とかでっち上げ神話ができたら面白いです。
ぜひやっていただきたい。

日本には、極度に形骸化された様式は廃れていくって伝統なら有る様な気がするけど、オイラの気のせいかも。
近い将来の話だと、天…、何でもないです。

伊勢神宮内宮は、元旦は知らんけど、2日3日辺りは、朝の3時4時辺りを目指せば、車でも余裕です。
帰りは悠々と渋滞見物が出来ます。

正月は、働いてるか、あぶれて車で遠出するかのどっちか。
遠出するのは、箱根駅伝のせいで、車の便が極端に悪くなるのから逃げる為。

コレも伝統に則っちゃった習慣って事になるのだろうか。
いつからの伝統だか知らんけど。

箱根駅伝は、買った事ないし、生で見た事もない。
競技としては、マラソンの前座でよくやってる車椅子レースなんかは、生で観ると迫力があって面白いと思うけど。

経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 妻殴るなどした疑い
https://www.asahi.com/articles/ASL175J9ZL17UTIL00S.html

これ、微妙に面白いニュースだろ?

昔は、安倍晋三を礼賛する小説まで書いてた。
自民党から参議院選に比例出馬もしてた。
今は反安倍。韓国を馬鹿にする癖がある。

藝者に太卷き喰はせて之を眺めて樂しむ等と謂ふ下衆な遊びを考へたのは關西人か。
廣めたのは現代商業主義(コンビニ等)だらうが。

”傳統”演出の爲に海苔卷きを用ゐたのだらうが抽象性を廢し具象に走るならば豚の腸詰めを導入す可きだつたか。現實を重んじ羊の腸詰めを用ゐむとの向きには御愁傷樣と。

>「日本の伝統」の多くは明治以降の発明
肉屋って業態も老舗って呼ばれるところはみんな明治以降w

屠殺場、藩の処刑場に従事したエタヒニン層が転業したw

肉食文化普及と急速な近代化で
旧エタヒニン層の中で勝ち組、負け組という『格差』が生まれたw

負け組の中から輸入された人権思想にかぶれたグループが差別だと言い出し水平社なるものをでっち上げたw

『私達は差別されてるかわいそうな人達!』なるファンタジーを捏造し
密航朝鮮人を加え今に至るわけですねw

>東京は明治神宮という究極のディズニーランド風味神社

・・・明治神宮は実験場デス。高千穂・剣山・吉野山・伊勢神宮(内宮)・富士山・江戸城(皇居の東御苑)・鹿島神宮、西南23.4度の線(地軸の傾き)のレイライン上にあった⇒唯の荒地。「明治神宮御境内 林苑計画」で実験的に推し進めました。永続する鎮守の森が目標。

 (氏素性の怪しい)明治天皇と皇后をお祀りする神社は、歴史など存在しません。武蔵野の土地は栄養の乏しい荒地、時の大隈重信公は「針葉樹林(杉)」で設営指示を出しました。造園に詳しい学者達は「広葉樹」でないと、(元々は森が無い)荒地では人工林が育たないと大反対。数百年掛かる林苑計画を150年で達成させる、成功するか不明の大実験でした。・・・意外なコトに100年で、大凡(おおよそ)の造苑整備目標が達成。意図的に自然林化された原生林、その九割は立ち入り禁止。動物学・昆虫学的にも非常に貴重な緑地デス。

【 明治神宮・不思議の森 】~NHKスペシャル・100年の大実験~

http://www.dailymotion.com/video/x2plmq0

花見は安土桃山の豊臣秀吉とかやってるんじゃないの?

日本の伝統・・・あるじゃないですか!

「〜は無かった」と言いまくる伝統。

文字は無かった、とかね。

こうなる事もwww明治の破壊者=売国奴(の親分w)の思った通りの展開かも?wwwwww

>肉屋って業態も老舗って呼ばれるところはみんな明治以降w

それ以前からwすき焼き屋(牛鍋屋)があったりしないの?www

ホントwww明治の検証しないとダメだはwwwwwww
麻生、安倍wwwうんこまみれwwwwwwww

>東京の神社はあの大嘘江戸しぐさ(二礼二拍手とか、馬鹿か)

それの起源も明治以降の伊勢神宮なんじゃないのか?www
薩摩長州モンが田舎から出てきたのが起源じゃね?wwwwwww薩長スタイルwwwwwwwww
真ん中を歩くなとかwww薩長らしいはwwwwwwwww

>真ん中を歩くな

あーwww吝でクソな京都モンが起源かも?wwwwww
敷石が減るからな感じでwwwwww
阪神淡路の寄付金ノルマはキツイのにwwwwww
311の寄付はショボイ京都のクズな感じでwwwwwwww

>花見は安土桃山

土着の神社とか考えたらwそれ以前からの習慣じゃね?www
ソメイヨシノは無くても花見は出来るしwww
収穫祭があるならwその前の儀式もあるよね?wwwアホクサwwwwwwwwwwww

>初詣に関して言えば、割と最近だというんだが、そもそも昔の人は歩いて行けるところしか行かなかった

神社本庁を解体してwww明治以降(1800年)を解体しwww
その金で、地元の神社の再興しろよwww
松蔭神社なんてオウムと一緒だはwwwwwwwwww
解体売却した金で再興wwwwwwww

>ディズニーランド風味神社

一般人が立ち入れないエリアにある階段に、「天皇陛下が脚悪くて昇れない」って理由で、白装束に着替えさせられた店舗系の内装業者が丸ノコとインパクトドライバー持参でスロープ組みに行ったのは、何年前だったかな。
3年以上は経ってる筈だが。

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山