奴隷像を建てて謝罪と賠償を

| コメント(2)
後漢の銅鏡、という話なんだが、卑弥呼の時代よりちょっと古い。そんな時代に九州地方の政権が中国と交流があったというんだが、「奴隷を献上した」という記録があるわけですね。奴隷を献上するというのにどういう意味があるのか、ちょっと考えてみたんだが、今、思いついたんだが、そもそも当時の北九州の豪族たちが、中国本土の連中と、どうやって会話していたのか? 近くの部族の言葉くらいまでは判るだろうが、遠く隔たっていたのでは、会話もままならない。何人も経て、やっと意味が理解できる。そこで、生きた人間を献上する。「生口」と呼ぶんだが、まぁ、色々と使い途はあるんだろうが、中国の言葉を覚えさせて、通訳として使えるw 交流を続けていくためには、有効ですね。

 福岡市博多区の仲島遺跡で、2世紀前半(弥生時代後期)に中国・後漢で製作されたとみられる銅鏡が完全な形で見つかった。市によると、弥生後期の銅鏡が割れていない状態で発掘されるのは珍しく、福岡平野では初めてという。
 銅鏡は直径11・3センチで「内行花文鏡(ないこうかもんきょう)」と呼ばれるタイプ。コウモリのような文様に、子孫繁栄を意味する「長宜子孫」の4文字が施されている。さびもなく、鏡面に物がかすかに映るほど状態が良かった。
 中国の歴史書「後漢書」には、107年に倭国(日本)が奴隷を献上したとの記述があり、市は銅鏡と時期が重なることから「大陸との交流を考える上で貴重な資料だ」としている。

言葉の問題というのは基本で、ペリー提督が来日した時にも、幕府側にはほとんど英語が通じる人がいなくて、アメリカ帰りの唯一のジョン万次郎が大活躍した。もっとも、ジョン万次郎は身分が低かったので、直接、交渉の場には出られず、次の間に控えて聞き耳立てていたそうですw

2017年度産新茶が出揃いました! 
680円(税・送料込み)
<マルキョー 深蒸し荒茶(新茶)100g>

>仕上げの茎選別を行ってない「荒茶」なので値段は安いですが、ひとクラス、いや、ふたクラス上のクオリティが自慢の、牧之原の深蒸し茶です。熱湯でも苦くならず、水出しでも淹れられる便利さ。今年は品質が安定して良い出来です。


<勝国製茶 かぶせ茶 100g> 税・送料込み 1700円
>収穫前の新芽を直射日光に曝さずに作ったお茶で、ほとんど玉露のような甘み、旨みがあります。非常に手間のかかった繊細なお茶ですが、高温の湯で淹れると煎茶のような程よい苦み、低温で淹れると玉露のような至上の旨みが味わえます。ここぞという時の一杯にいかがでしょうか。


<勝国製茶 くき茶 100g> 税・送料込み 600円
>製茶の際に取り除かれる「茎」の部分だけを集めた物です。値段は安いが、旨みが強いというので、実は愛好する人も多い。甘み、旨み、香りについては、通常の茶葉よりくき茶の方が優っているとも言われます。また、沸かしたての熱いお湯でも上手に淹れられます。生産量に限りがあるので、ご注文はお早めに。

1200円(税・送料込み)
<姫の湯製茶工場 ぐり茶 2017年産新茶 100g>

かつてロシアへの輸出用として作られていた深蒸しのお茶です。清涼感がありさっぱりとしていながら、ほど良い渋みがあります。80度ほどのお湯を注ぎ90秒から120秒ほど蒸らした後で、最後の一滴まで椀に注ぎ入れて下さい。水出しも美味しいですよ。

豆州楽市がお届けします。
【福岡】「奴隷」献上の記述あり、銅鏡と時期重なる 後漢の銅鏡、完全形で出土 博多仲島遺跡、2世紀前半、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
【悲報】 福岡 2世紀からすでに奴隷を売り飛ばす修羅の国だった
-----------------------
↑弥生時代で半島に近い福岡だぞ
純日本人の縄文時代は奴隷などなかったからな
-----------------------
チョンを献上して鏡貰ったのか、ほんとジャップは狡猾やな・・・
-----------------------
いわゆる「倭の五王」が今の天皇家って言ってるけど嘘くさいよね
九州王朝じゃないの
-----------------------
あ~、こりゃ邪馬台国は博多で決まりだな
-----------------------
↑まあそうだろ
逆に畿内だとしたら、博多近辺の記述がまるで無いのがおかしい
-----------------------
↑魏志倭人伝で現在でも残っているハカタが出てくるしね
-----------------------
大陸の近さからすれば、九州方面に有力勢力があっただろうな。
-----------------------
邪馬台は魏の時代。北九州の遺跡は後漢の遺物ばかりで邪馬台とは時代が異なるんだよね。
100年早い。
つまり邪馬台国は奈良ってこと。
-----------------------
倭国と日本は別の王朝って説もあるよね
唐の書物に倭と日本が別記されてるとか
そのへんは腹筋崩壊ニュースさんに詳しい
-----------------------
http://fknews-2ch.net/archives/20170611.html
これか
-----------------------
土器と一緒に捨てられるっていうのは
宝物というよりは日常品の感じで使っていたんだろか
-----------------------
↑まあ、考えられるとすれば、漢帝国より銅鏡をもらった勢力を併呑した勢力が、否定の意味を込めて捨てたってのが一番可能性高いよね。
-----------------------
朝貢品って大量生産してどうせ僻地にはこんなもんないだろって
大量にストックされてて相手の近さ国力貢ぎ物の質なんかで差をつけられて
もらって見たら七十年も前のものだったってことがあるから
年代特定は大体のことしかできないんだよね
-----------------------
やはり当時の日本は格下だったか
さぁーーーーぁ!ネトウヨのいいわけを聞こうかァ!?!?!?w
-----------------------
ネトウヨ「大倭国が漢を支配していたんだ!」
-----------------------
天皇家が日本列島に来たの1500年くらい前だから
この鏡はそれより前の国の話やね
-----------------------
支配者だと威張ったり被害者だと強請ったり
忙しい民族だな
-----------------------
帥升か
-----------------------
いつも思うんだけど
銅鏡って表が見たいんだよね。
裏にはあんまし興味がない。
-----------------------
↑俺も子供の頃そう思ってたよwwwwww
まあ、実際に見てみりゃ確かに見る価値の無いものだったよwww
錆ついてしまって光すらほとんど反射しねえただの青銅の平面だったよwwwww
-----------------------
ごぎたない奴隷もらってもうれしくないけど 
-----------------------
> 今年4月、弥生時代後期の土器と一緒に捨てられたような状態で出土した。

何でこんな扱いされてんだろ?動機に興味ある
-----------------------
↑大和王権がのして来た時代にケチ付けられたくないから捨てたんだろ
-----------------------
↑金印もそうだけど、那国の最後は相当ドタバタしてたんだろうな...。
-----------------------
100年後の卑弥呼もやはり九州の人じゃないか
ところで大和王権が急速に台頭したのにはどんなアドバンテージがあったためなんだろう
武力では発掘物からなさそうだ
鬼道すなわちオカルト力か
進んでた九州が奈良の田舎になびいたのは何か天変地異のせいかもしれない
-----------------------
↑単純に人口だろ
畿内自体は大した生産力じゃないけど、周囲からあれこれ流入させるには地理的に都合がいい
おそらく九州の支配者の分家だった神武天皇の子孫が本家を凌ぐほどの力を付けて後に九州の本家である筑紫の君を滅ぼして西日本を掌握した
-----------------------
↑なるほど、神武天皇の東征とは征伐でも遷都でもなく、分家が移り住んできたって話か
やがて分家の方が強くなるというのも割とよくある話だな
-----------------------
↑このストーリーだと記紀で皇室が九州の出自としてるのもカバーできるな
なかなか良く出来ている
-----------------------
200回掘って、だんだん邪馬台国から離れていく畿内説。
掘れば掘るほど邪馬台国が補強されていく北部九州。
-----------------------
大体邪馬台国がそのままに大和王国に繋がったと考える人が多すぎる
記録がない期間が二百年以上あるんだぞ
普の時代の人間が来る価値もないぐらいあれてたんじゃないか
邪馬台国にあった勢力は落ちぶれて後の熊襲になり東の豪族が力を持ってヤマト王権になったんじゃないのか
-----------------------
言っておくが奴隷はお前らの御先祖だからな。上流は安倍になったが。
-----------------------
↑やったー中国から謝罪と賠償ゲットだ
-----------------------
恐らく、九州王朝が本家で大和に移住した方が分家だった
しかし何らかの理由で九州王朝は壊滅して残った大和が本家になった
こう考えると全て合点がいく
-----------------------
この頃の日本は、数十のクニが各地に乱立し、合併を繰り返し
大きなクニにまとまろうとしていた時期だな
自分たちのクニがより有利になるため、当時最先端の中国に使者を送り
競って文化や技術を取り入れようとしていた
107年に奴隷を送ったのは、そんなクニの中の一つで、九州北部にあったのではないか
といわれている
-----------------------
奴隷像を建てて謝罪と賠償を
-----------------------
後漢書に生口160人を朝貢した帥升等の記事があるからな。
ちょっと知ってる人なら当時
奴隷がいないとは思っていないだろう。
-----------------------
↑奴隷なんだか捕虜なんだかとか、奴婢とは違うのかとか、
いろいろ粘着している人はいる。
ぶっちゃけ奴隷なんだろうけどな。
-----------------------
日本は支那に奴隷を何度も贈ってる
今の安倍ちょんが金をバラ巻くのと同じ
-----------------------
どこにでもいるレベルのいわゆる「奴隷」をわざわざコストをかけて輸送する意味があるのか
-----------------------
↑ボスに奴隷を献上するのが当時の日本の礼儀だったんだろう
-----------------------
↑生口とは奴隷ではない。食い物の肉の代わりにもならない、只の穀潰しでもない。働き者のロボットみたいな人権の無い野獣のなりそこないではない人間のなりそこない。つまり、名ばかり人権主義国家の労働者みたいな北朝鮮の人民=労働者身分なのニだ。
-----------------------
当時はクニごとに王がいたんだから
それらをまとめる役職があってもいいように思う
「国王帥」で役職名だっていうのは捨てがたいなあ
倭国大乱といわれる名前が付いたのは直前の時期までは
まとまっていたことが前提だろうし
-----------------------
この手の鏡って当時は実際に鏡として使ってたのかな?
それとも祭事専用だったのかな?
-----------------------
↑おそらく100%祭事用だよな。
当時の首長の大半は男だし、女性の場合でも貴人は
自分で化粧とかしないから、そもそも鏡を見る必要がない。

当時の鏡はやっぱり「ミニ太陽」なんだと思う。
キラキラと反射光で民衆の目を射て、首長が太陽神に
連なるものだと思わせるのだ。
-----------------------
古代にも技能実習生がいたのか
-----------------------

日本にも「奴隷」というのは存在したが、基本的には「戦乱」の中から生じるモノであって、限定的だ。有名なところでは安寿と厨子王だな。人買いの山椒大夫というのが出てくる。

権力者の領地であった荘園から逃散(ちょうさん。農民が集団で土地を放棄して逃亡する事)したり脱落したりで浮浪化した者を、所から散った民、というので「散所の民」と呼ぶ。これらの人々を金で買ったり力ずくで拉致して利益を得た者を「散所の大夫」と言った。

安寿と厨子王の伝説はフィクションだが、逃亡農民が奴隷として売り買いされていたというのは史実です。

-----------------------
確か破壊された石人石馬が見つかっていなかったか?
筑紫の君は磐井の死後も日本書紀に登場するので根絶やしにしたわけでもないし、
あの墓は空という説もある。
破壊されなかったとしてもたまたまだろうな。
-----------------------
支那は日本人を奴隷にしてたことを謝罪しろよ
-----------------------
奈良には魏の皇帝から賜った錦(絹織物)がほぼ皆無。
ヤマト説では卑弥呼は麻織物を着てたってことになるが。
一方、博多ー朝倉には豊富に出土している。
-----------------------
↑邪馬台国からの朝貢品の中にも絹があるのに、女王卑弥呼が麻の服とか有り得んわな
畿内説は無理がありすぎる
-----------------------
この頃は殺伐とした時代だったからな
戦で負ければ男は皆殺し女は奴隷
ライオンの世界と同じ
-----------------------
57 倭の奴国王が後漢に朝貢、印綬を授かる(金印)
107 倭国王帥升、後漢に朝貢
147~188 倭国大乱、卑弥呼が女王に共立され争乱が鎮まる
-----------------------
曲線がすげー綺麗なんだけど加工技術すごくね?
-----------------------
↑中国の青銅器は紀元前2000年前から始まってる。
その時代から2000年以上経ってるんだから、このくらいは当たり前だろう。
-----------------------
ここまで、文物の吻合が取れてくると、やっぱり邪馬台国は九州やろな
-----------------------
↑だろうね。利権癒着の御用学者からしたらおもしろくないわなw
どんな手を使ってもでも奈良って事にしたいだろうねw
-----------------------
↑だろうね。利権癒着の御用学者からしたらおもしろくないわなw
どんな手を使ってもでも奈良って事にしたいだろうねw
-----------------------
酒部・織部・兵部など○部という苗字が存在する
ニートを労働力奴隷として送り込むのを担当するのがニート部
新たに外国へ渡るので新渡部(にとべ)と呼ばれた
外国より持ち帰った外国語と稲作に詳しい

現在5千円札になっている新渡戸稲造は・・・・
-----------------------
↑日本書紀の雄略記には、「少子部」という限りなくアウトっぽい苗字が出てくるw
-----------------------
とても2000年前の物とは思えない美しさと均整のとれたデザインだな
当時の中国は憧れの先進国だったのだろうな
-----------------------
↑日本が芝で屋根作って粘土こねこねしてる時代に
既に瓦屋根が当たり前のようにあったし
貨幣もあって借用など金融もあったそうだ
当時の倭人にはとんでもない世界に映ったと思う
-----------------------
↑まるで異世界のようにみえたかもね
かぐや姫とか浦島太郎みたいな異世界絡みの話の源流なんだろうか?
-----------------------
これ後漢へ奴隷とあるから何だ思ったら東夷伝の事だろ
生口と呼ばれ奴隷と技術者集団の事だよ
-----------------------
東征と書くから支配を受けた関西人が反発するが、要するに当時から関西人は抵抗する根性を持たない民族が住んでいたから簡単に近畿を支配出来た訳だよ。近畿で混乱が起きた記録は無い、出雲に逃げ帰った者も多少はあるけどね、そいつらが国譲りと言って造らせたのが出雲大社だよ。銅剣文化の近畿は鉄剣文化の北部九州に負けて出雲の地に大量の銅剣を埋めた訳だよ。
-----------------------
奴隷になったのは縄文人だ。史書に毛人と記載されているし
先住民が奴隷にされるのは歴史上良くあることだ
-----------------------
↑半島に倭人が攻めて来ることが度々あったのはあちらの石碑などで明らか。
戦時に捕虜は付き物で、捕虜の行く末は、捕虜の親族が身代金(品)を払って取り戻すか、奴隷。
朝鮮半島奴隷かと思うが、国内でも敗戦側の捕虜・女・子供などが奴隷売買されることは戦国時代まで行われていたがな。
-----------------------
当時の倭国に中国が欲しがるような生産物無さそうだしな
でも単なる下人としてもあんま使えなさそうだし
まあ異民族の珍しい下人を持ってるっていうステイタスのためだったんじゃないかな
-----------------------
新羅の入寇では北部九州沿岸などから浚って奴隷売買していた
やられやり返されの同次元でしょう
-----------------------
奴隷って言っても所謂小作農だろ
陸穂から水穂に移行すれば水利権や地権の問題も発生し強力豪族が誕生やがて王が生まれ小作農が生まれる
縄文から弥生にかけてネアンとホモが共存していたとの最新研究もあったし
-----------------------
現代の感覚だと中国は人余りの国ってイメージだけど、三国時代は戦乱が続いて
人口が減り続けた時代だったはず
労働力は案外歓迎されたかもな
-----------------------
委奴国の金印や倭国の金印を拝領した理由は半島の国よりも貢ぎ物が優れていたからだ
美女や勾玉、真珠、絹などシナ人が喜ぶ者を献上して気に入られたからだな。
古代の日本人は金印欲しさに人身売買を平気で行う野蛮人だったわけだよ。
-----------------------
弥生人というのは古代中国の春秋戦国時代に戦乱を避けて大陸から日本へ渡来してきた人たちらしい。
彼らは現在の九州へ上陸して稲作をしながら当時の原住民の縄文人を駆逐しながら次第に居住地域を広げていった。
これが神武東征のモデルとなった。
-----------------------
↑駆逐と言うより混血。渡来した人数はそう多くなかったらしい。日本語の文法が弥生より
古いのがその証拠。
-----------------------
もう弥生時代も終わりか~って言いながら土器と一緒に捨てたのかな
-----------------------

日本では、あまり大きな戦乱がなく、縄文から弥生、弥生からヤマト政権樹立が進行した。血腥い戦いを嫌い、平和を愛する人々が、戦乱の中国から逃れてやって来た、桃源郷。それが古代日本だったのだ。

コメント(2)

このあたりの時代の研究は
古田 武彦
が詳しいよ!アマゾンで安く書籍売ってるから、読むと目からうろこw

>奴隷像を建てて謝罪と賠償

 どうせなら朝鮮相手のほうが証拠もそろっているぞw

「高麗史(高麗史 十六 世家巻第二十八 忠烈王一 忠烈王元年(1274年))によれば、文永の役(1274年)で高麗に帰還した金方慶らは、日本人の子女を捕虜とし、高麗王と妃に生口として献上している。(侍中金方慶等還師、忽敦(忻都)以所俘童男女二百人献王及公主)」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%8F%A3

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山