関東人の12%が縄文人のDNA

| コメント(17)
縄文人のDNA解析、という話なんだが、こういう客観的で科学的な分析では、ちゃんとした結果が得られるので、間違いは少ない。歴史学者とか、アタマの中で考える学者は、数字でなく妄想に基づいてモノを言うので、間違いだらけ。で、縄文人が分岐したのが2-4万年前だというんだが、古モンゴロイド時代に分岐しているので、中国大陸や朝鮮半島の新型モンゴロイドとは違う。まぁ、現実に「俺が100パーセント純粋な縄文人」という人がいるわけじゃないし、純粋な弥生人というのも生きて存在するわけではない。

 では、縄文人の祖先が分岐したのはいつごろか。「オーストラリアやパプアニューギニアに移動した集団が分岐したのが約5万年といわれるので、5万年より古くはないでしょう。2万~4万年前の間ではないかと考えられます。日本列島に人類が現れるのが約3万8000年前の後期旧石器時代ですから、4万年前あたりの可能性は十分にある」と指摘。「旧石器時代人と縄文時代人のつながりは明確にあると思う。後期旧石器時代はもともと人口が少ないですから、日本列島にいた少数の後期旧石器時代人が列島内で進化し、縄文人になった可能性も考えられます」と語る。

 また、縄文人のDNAがアイヌ、沖縄の人たち、本土日本人(ヤマト人)の順に多く受け継がれ、アイヌと沖縄の人たちが遺伝的に近いことが確かめられた。ヤマト人が縄文人から受け継いだ遺伝情報は約12%だった。「その後、核DNAを解析した北海道・礼文島の船泊遺跡の縄文人骨(後期)でも同じような値が出ているので、東日本の縄文人に関してはそんなにずれることはないと思う」。アイヌと沖縄の人たちの遺伝情報の割合についてはヤマト人ほどくわしく調べていないとしたうえで、「アイヌは縄文人のDNAの50%以上を受け継いでいるのではないかと思う。沖縄の人たちは、それより低い20%前後ではないでしょうか」と推測する。

 以前から、アイヌと沖縄の人たちとの遺伝的な類似性が指摘されていたが、なぜ北のアイヌと南の沖縄の人たちに縄文人のDNAが、より濃く受け継がれているのだろうか。

 日本人の成り立ちに関する有力な仮説として、東大教授や国際日本文化研究センター教授を歴任した自然人類学者・埴原和郎(1927~2004)が1980年代に提唱した「二重構造モデル」がある。弥生時代に大陸からやってきた渡来人が日本列島に移住し、縄文人と混血したが、列島の両端に住むアイヌと沖縄の人たちは渡来人との混血が少なかったために縄文人の遺伝的要素を強く残した、という学説だ。斎藤教授は「今回のDNA解析で、この『二重構造モデル』がほぼ裏付けられたと言っていい」という。

本土で縄文の色が残ったのは、たとえば山奥深く、南アルプスの縄文犬、甲斐犬です。縄文時代の犬は、今の柴犬と違って口吻がキツネのように突き出して長かった。甲斐犬は特有の虎柄が出るんだが、柴犬に虎柄は出ない。日本犬で虎柄が出るのは、琉球犬と北海道犬です。あと、伊豆にも縄文の痕跡は残ったと思う。伊豆でも南半分は極端に交通の便が悪く、生産性の低い土地なので、権力者の興味を惹かなかったw

そんな事より、豆州楽市の蕎麦です。乾麺としては究極の贅沢さで作りました。サロマ湖を望む丘で作られた蕎麦の別嬪蕎麦、日本一寒い地域である多度志の黒蕎麦と田舎蕎麦、もちろんツナギの小麦粉も国産、塩も希少な天日塩と、贅沢の極みです。

3500円(税・送料込み)
<日本のそば3袋×3種混合 + 豆州楽市そばつゆ5袋>

豆州楽市のそば入門セットです。それぞれ風合いの違う3種のソバを、それぞれ3袋。それに、豆州楽市が精魂込めて作り上げた究極のそばつゆ70mlを5袋です。どれを買おうか迷ってらっしゃる方、いかがでしょうか?

 750円(税・送料込み)
<豆州楽市オリジナルそばつゆ 60ml×10袋 使いきり10人前>

超高級食材だけで作った、至上の蕎麦ツユです。田子のカネサ製の本枯節、網代のカツオ節問屋、丸藤さんちの本枯れ宗田節、ヤマサの特選丸大豆醤油、三河本味醂、そしてザラメです。いずれも、現在入手可能なベストの食材を使いました。市販の蕎麦ツユで、これだけ贅沢をしたモノはないと思う。もりそば、ざるそば専用として、そのまま使う原液タイプです。一人前60ccずつパックになってます。そうめんには倍に希釈してお使いください。

豆州楽市がお届けします。
歴史】遺伝的に近かった「出雲人」と「東北人」...「縄文人」は独自進化したアジアの特異集団だった!、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
> 「縄文人は東南アジアの人たちに近いと思われていたので、驚きでした。
> 核DNAの解析結果が意味するのは、縄文人が東ユーラシアの人びとの中で、遺伝的に大きく異なる集団だということです」

えーと、これ驚くところなんでしょうか?
縄文人が大陸で絶滅した古モンゴロイドの末裔で、
大陸のアジア人種は新モンゴロイドの末裔で遺伝的に大きく異るなんて常識じゃなかったですかね?
-----------------------
↑どこでお前が目にしたのかは知らんが核DNAの調査で明らかになったのはこれが初めてだろ。
-----------------------
今の日本人は自覚していなくても縄文人>弥生人の潜在意識があるよな
昔は大陸的な平安美人が上だったかもしれないが、今はブス扱いだ
-----------------------
↑平安貴族の間ではクリッとした目は
「獣の様な目」として忌み嫌われていたらしい
-----------------------
日本列島の中心から離れていくほど標準語とかけ離れた方言になっていくのと類似してるね
-----------------------
沖縄、アイヌ、アメリカインディアン、南米の原住民。

これ、太平洋を中心にして、同じ顔してんだよな。
派手な装飾を顔や髪、体に施したり、テントみたいな家屋も同じ。
だから、北極からアメリカに渡ったり、太平洋を渡っていったんじゃないの。
-----------------------
縄文人は南との交易ルートを持ったポリネシア人だろ。
その最北端が日本だっただけ。
-----------------------
なるほど、日本古来からいた出雲王朝は、
朝鮮半島出身の天皇家の先祖「ヤマト王権」に滅ぼされたわけだ

ヤマト政権は、日本を蹂躙した悪の帝国だね
-----------------------
何かの本で
「縄文人は、青銅器文化で、宗教は国津神の一族」で日本で先住していた、
「弥生人は、鉄器文化で宗教は天津神の一族」で後から日本に入ってきて、縄文人を征服した

というのを読んだ記憶があるが、だれが記した書籍だったかな?
-----------------------
↑征服ていうより、
縄文人は採集狩猟生活だから
人数もごくわずかで
野山を移動して 暮らしていた

もちろん、採集狩猟民は、文明を持たないわけで
布の衣服は無しで、
毛皮を体にまとっていたわけ。
よく、鬼が、皮のパンツはいてないか。
アレね

いっぽう、 弥生人は
稲作農業を行っていたので
人口も多く、
もしも戦いになったら はるかに数の多い
弥生人が必ず勝つというわけ
鉄の刀も、持ってたしな

青銅器 の縄文人は、
刀 でなくて、
青銅のこん棒だ。
これは、鬼の武器だよ
山中にいる鬼退治に、
金太郎や桃太郎が、 行くだろ
アレね

稲作農業は、寒冷地の朝鮮半島 あるいは
黄河流域地帯 は不可能だから、な。

稲は、熱帯植物で、ベトナムやタイで
天然に自生している植物。

日本で品種改良が進んで
東北でも稲作ができるようになったのは、
もうかなり後の時代だ。 それでも、
東北では よく冷害による飢饉が発生していた。

中国の長江流域地帯 から、
稲作農業文明を持って
日本列島へ海を渡って来たのが、
弥生人だからね
-----------------------
↑酷すぎる。それじゃ土人以下だよ。。

縄文人ってか縄文時代の日本人も
相当早くから稲作農業を行っておりました。
布も縄文時代からあるから服はあるし、
その説明だとなんで布もないのに青銅器があるんだよw
-----------------------
今の韓国、北朝鮮の朝鮮族は元々韓半島には住んではいなかった。
勿論、日本人、中国人も同じだ。
日本でもアイヌが北の方に住んでいたと誤解されているが、現在の諸民族の居住地と数千年前の居住地は大きく異なる。
これは世界の諸民族に共通することだ。
米国の白人が欧州から移り住んだのと同様に、我々日本人も大陸から移り住んだと考えるのが自然だ。
日本では、稲作を始めとして、漢字文化や仏教文化が「渡来」したと教えられているが、こういう民族生存の根幹をなす食文化や倫理概念が海を越えて伝搬することなど有り得ない。
そういう文化を保有していた民族が移動してきたのだ。
最新の生活文化を持った民族が大陸から移り住んで、先住のアイヌ民族を北方に追いやったと、そういうことであろう。
従って縄文文化と現在日本人とは何の関係もないことだよ。
-----------------------
↑縄文人の遺伝子は今もしっかり残ってるし科学的に証明されている
縄文系の日本人が多い地域と弥生系の日本人が多い地域の分布とか調べると楽しいよ
-----------------------
↑日本は島国、海を渡らなければこれないよ。
いつの時代のことを言っているのか。
>1をよく読め。
日本人を構成する遺伝子がほかのアジア人とは違うということ。
平和的に混雑したという研究も出ている。
男系の遺伝子が残っているというのがその証左。
半島では駆逐されていたよね。
-----------------------
出雲の人がアイヌに近いか
それは面白いね
大和朝廷の初期には出雲王朝に服属していたのではないかとも考えられる
記紀に書かれた国譲りの神話は、それを反映したものと考えられるし
出雲地方からは、これまで発見された銅剣のトータルを上回る数の銅剣が発見されているのだから
かなり力があった王朝があったことは、現在では間違いないと思われている

出雲の人たちが縄文人の流れを組んでいるとするなら
弥生系の人たちの流れが強い畿内の人たちとの間での覇権争いがあった
そういうことも考えられるからな
先住民系の民族と渡来系の戦いってわけだ
-----------------------
出雲がスサノオの子孫でオオクニヌシ、日本の旧支配者。
今の天皇の子孫が、国譲りとか称して、それを奪い取ったんだっけか。
DNA分布と神話と合致しているみたいだな。
-----------------------
数万年前に中央アジアに分布していたと考えられるデニソワ人だが
現代の人たちの遺伝子を調べたところアジア系の人たちにデニソワ人由来の遺伝子が受け継がれていることがわかっている
アフリカから西に拡大した人類の一派が中央アジアでデニソワ人と出会い
恐らく対立して抗争を行いながらも、交雑も行ったのだろうな

そしてデニソワ人の遺伝子をもっとも色濃く受け継いでいるのは、彼らの生息域よりもっとも遠いところに現在、住んでいる豪州の先住民のアボリジニーなのだよね
縄文人がアボリジニーと同じグループから別れたとなれば、縄文人もデニソワの血をほかの人類より色濃く受け継いでいたことになる
いろいろと想像が巡り面白いですね
-----------------------
混血が進んでいてもモロに縄文人の形質を受け継いでいる家系ってあるよね
うちの父方がまさにそう
-----------------------
↑縄文人は顔の彫が深く
毛深いと考えられている
この特徴はアイヌ人に色濃く残され
人類学の初期には、アジア人の特徴とはかけ離れ
白人のような特徴があるのだから、アイヌ人はこれまで知られている
コーカロイドやモンゴロイドとは別に分類される人類ではないか
との説もあったそうだよ。

現在では、これはもともとモンゴロイドがもっていた形態であり
一般の日本人などの新モンゴロイドの方が特異だってことになっているけどね
-----------------------
DNAの細かいことは分からないが、大阪は異界だと思う
日本の原風景とは思えない
-----------------------
弥生土器・・・・東京都文京区弥生(東大農学部がある)から土器が出た
縄文土器・・・・青森県東津軽郡大字縄文から土器が出た
-----------------------
北朝鮮の木造船みたいに
大陸からの季節風で日本海側に流されてきたパターンもあると思う
-----------------------
最初は北の方からブリヤート人がやってきて
その後、東南アジアから黒潮に乗ってきたんだよ
朝鮮半島からは、もっと後。
-----------------------
読んでると、
勘違いをしている人だらけだけど、
事実は事実、
事実をねじ曲げて
史実だとするのは、
とても低知能な日本人の悪習

そもそも、
京都で
夜な夜な
鴨川沿いを
百鬼が夜行する
というのが、
ようするにまだ山中にいた
縄文人のこと、なんだ。

弁慶 も、
この山から出て来た
縄文人の盗賊ね

平安京では、
山中で狩猟生活している
縄文人のことを
鬼 とか、 ツチグモ とか、呼んで恐れていたんだ

弥生人が征服ていうより、
縄文人は採集狩猟生活だから
人数もごくわずかで
野山を移動して 暮らしていた
-----------------------
弥生人の一部に呉の屯田兵部隊という話も記憶にある。
男部隊が縄文人女性と結婚し繁栄した。
農作と狩猟は住み分けもあり、縄文男の遺伝子も残ったとか。
農作の技術移転も行われ、日本中に稲作が普及し、両方の遺伝子が残り
日本民族が形成されたのかと。
-----------------------

日本は、山脈に隔てられて、独立性の高い孤立した地域が多い。弥生式の水田が作れる土地は限られている。中国でいえば、山岳少数民族みたいなもんで、先住民は天下を取らなくても、細々と生き延びてきたw 中国でも、広大な中原の地では、天下を取らないと生き延びられないw

-----------------------
弥生人は、中国の春秋戦国時代に日本に逃げてきた奴が多い
だから武装化できてた
-----------------------
↑水田稲作を持って日本列島へ土地を耕しにやって来た弥生人というのは、長江流域 の江南人のことだろ
中国の 長江流域は、背も低くて典型的ないわゆる 東アジア人 風になるけど、思っているより優秀で、ローマ帝国の鋼鉄スティールと同じものを開発したのも、雨が多く森林燃料が豊富で製鉄業が盛んだったこの長江流域地帯 だった
後の時代に、 モンゴル帝国の主要兵器となった硫黄と石炭を混ぜ合わせた黒色火薬 を、世界でもっとも最初に発明したのも、この長江流域の江南文明圏だった。
-----------------------
ここ300年くらいの人類の発展は物凄いのに縄文時代とか土人生活長いよね
-----------------------
↑耕作農業の発明
これ以降で、これを越える発明は、まだ存在していない
それ以前なら火というのもあるが
-----------------------
関東人の12%が縄文人のDNAって...
残りの88%は何なんだよwwww
-----------------------
実は弥生土器より縄文土器の方が焼くのも難しいし
芸術性があるんだよね
-----------------------
弥生人は秦の始皇帝に不老不死の薬探すから
カネ出せと騙し数千人規模でやってきた徐福一党だぞ
-----------------------
東北が日本の源流なのは事実。
しかしそれでは明治政府が作った皇族による「国つくり」の神話と齟齬をきたす。
こうして皇国史観は、実態と乖離した日本史ストーリーを定着させた。
今や過去の軍国主義時代でない。
歴史を純粋に学問として正面から考察しても良いのではないか。
縄文人と縄文文化に光を当てて、ありのままの日本の歩みを伝え残そう。
-----------------------
↑そう思う
日本は天皇の国ではない
一番長い時間住み続けた縄文人の土地だ
弥生人によっていろいろ狂ってしまったがな
-----------------------
弥生の血が一番濃いのが関西
顔も態度も中国人ぽいし、納得した
-----------------------
アイヌや沖縄に土地返せよ弥生系渡来朝鮮人
-----------------------
雲南省や四川省の少数民族が日本に流れたと言われてるけど実際そうなんだろうけど
単にそれだけではなく日本独自の毛深い縄文人がしっかりいたんだな
こいつらのせいで毛深い倭人なんて呼ばれちまったんだな!
-----------------------
昔の人たちがよく言ってた「関西人は、本当は日本人じゃないんだよ」って伝承は的を得てたんだな。
-----------------------
映画「砂の器」でもキーワードにしてたけど山陰の出雲弁は
東北のズーズー弁と同じ訛 北前船みたいに船で交流があったのか
移住したか、のどちらか
-----------------------
中国四国九州と関西は、同じ西日本でも人種的に真逆なのはイメージではなく事実だな。
関西人は、鼻の穴が上向きに開いて出っ歯のネズミ顔がやたら多い。
-----------------------
とりあえず雲南省の少数民族などはとても興味深いね
たしかに日本人の何割かの血にあの辺の文化が刻まれてるのはよくわかる
でも日本は北方からの血も混ざるし縄文人もいたしでアジアで独特な人種なんだな
人間の歴史てすごいな
-----------------------
北で冷凍保存されていたアイヌ人が原日本人に近い
って感じ面白いね
-----------------------
基本的に北海道と九州にしか縄文はいない
アイヌと縄文の関係がわからないからなんとも言えんが
関東圏の人は弥生か弥生に少し縄文が混ざってるぐらい
-----------------------
そののっぺりした関西人をサムライとして勃興した旧縄文人が関東を拠点として
鎌倉幕府を皮切りに律令体制を打倒したとも言える。
-----------------------
縄文=出雲=国津神
弥生=伊勢=天津神

国譲り神話とか割とガチだったんか
-----------------------
次は縄文人すごい日本すごいか
大陸から渡来した人たちに駆逐された雑魚だろ
-----------------------
↑逆。
渡来人が縄文人に飲み込まれた。
言語と文化宗教の連続性がそれをしめしている。
-----------------------
↑20年くらい前は渡来人が征服したと思われてたが
研究すればするほど、渡来人と縄文人が融和していった事実が発掘されるんだよなぁ
-----------------------
↑本当に征服されていたなら日本語はもっと大陸言語と近いものになってるはずなんんだよね。
-----------------------
全部が新モンゴロイド、旧モンゴロイドで分けれるものでもない
各地で多様な比率で混血している
それは日本でも、中国でも、朝鮮でも東南アジアでも南北アメリカや太平洋の島々でもいっしょ
どちらかが濃かったり薄かったりという差異で太古から交配・交流は起こっている
-----------------------
そもそも神道で考えてもあまり意味がない
神道の様式って平安から江戸にかけて中国のやり方を取り入れたからそもそも日本風な部分は多くない
さらに明治維新では水戸学などを取り入れたからますます訳の解らないものになった
神道の原型を知りたければ、沖縄や、各地の古い祭りを見るしか無い
それを実際にやった柳田國男の結論は、神道は南方由来ちゅうことだった
南方の道、参照
-----------------------
↑何阿呆な事を言ってるんだ
奈良以前にできたもんだぞ
-----------------------
↑だから奈良以前の古い神道でないと中国と混交して意味がないと言ってるんだがな
それを知るには沖縄や日本の古い祭りを知るしか無い
そして中国様式に毒されない日本の古来の祭りを研究した柳田國男は最晩年には南方の道を唱えるに至った
-----------------------
日本人のルーツは大陸のミャオ族では無いかと言われているらしいがミャオ族も納豆のような食い物を食べているとか読んだ事がある。納豆を食べる地域の日本人はミャオ族の血を引いているんだろう、関西人は納豆嫌いが多いからミャオ族の血が少ない、言い換えれば縄文系の遺伝子が非常に少ないと言えるだろう
-----------------------
長野県あたりの山地民だとすごいがっしりした顔と体格だからな
これが日本人の原型と思うよ
外国でこれに似た色白がっしりはほとんど見かけないが
唯一、ブータンのある地域の地元民は色白がっしりで
見た感じ日本の東北のおっさんと全く見分けがつかない
-----------------------
遺伝学的にもそうだけど
語源学的に見ても元々日本人ってのは自分を単一民族だと思い込んでるだけのハイブリット民族だしそれでいいんじゃねえのかね
-----------------------
↑「ハイブリッドで良い」「どっちでも良い」灰色で済ませようとする感覚が日本人的ではある
縄文人と弥生人の融和、不自然な国譲り神話、この辺も日本人的な感覚として信じてもいいのかなとw
-----------------------

「神道」以前の縄文信仰としては、「ミシャグジ」というのがあって、柳田国男はミシャグジを「塞の神」だというんだが、縄文人と弥生人がそれぞれの居住地に立てた境界を示す標識が由来らしいのだが、国家神道には取り入れられなかったので、廃れてしまった。長野県から東日本にかけて、まだ痕跡が残ってます。

コメント(17)

>歴史学者とか、アタマの中で考える学者は、数字でなく妄想に基づいてモノを言うので、間違いだらけ

 んで、清張のフィクションの方がよほど真に迫っているちゅうわけw

「東北弁とよく似た出雲方言が事件解明のカギを握る松本清張の小説『砂の器』(引用記事)

 あと、縄文時代の出雲はウラジオストクとも交流があったようです。

「(ウラジオストクのやじりの)産地は(出雲の鏃の産地である)隠岐の黒曜石が五〇パーセント。四〇パーセントが北海道の赤井川が産地の黒曜石」
http://www.furutasigaku.jp/jfuruta/sinjitu7/izumben2.html

 古田武彦さんは、いろいろ毀誉褒貶のある方ですが、この黒曜石の鏃の分析は、証拠もあるし、この人の業績なのだろう。

江戸時代の絵は
すんげ、のっぺりして、、こう
のらないのな、春画やらなにやら。
平安からずっとな、
んで、
縄文土偶はエロいんだw
ダイナミズムww
ありゃ、人が違うんかなw

確かに、縄文の出土物を見ると直径10cm以上もあるプーリー状円盤のイヤリング(耳たぶに大きな穴をあけそこにはめ込む)など大振りな装身具が沢山出土するし、土器なども非常に装飾的だ。
しかし奈良時代以降、世界的にも珍しいことだがイヤリング、ネックレス、腕輪と言う装身具が日本から消えてしまい、それが明治維新まで続く。
古い仏像を見れば分かるが、装身具好きなインドの影響で、腰まで届くロングネックレスを幾重にも袈裟がけにしたり、ティアラ状の額飾り、上腕の腕輪、手首のバングルなど装身具のオンパレードなのに、なぜか上流階級からもそういったものが消えてしまうので、仏教の影響でもない。
あきらかに、装身具をきらう民族が移住してきて、文化的には占領してしまったのだ。

ミシャグチ神の総本社は、諏訪大社(上社)の神長官・守矢氏の氏神様で、今でも健在です。長野県茅野市の神長官守矢資料館(http://www.city.chino.lg.jp/www/contents/1000001465000/)の裏手にあります。なお、狩猟神・諏訪神のお祭りは、現今では「おんばしら(御柱)祭」ばかりが著名ですが、四月の酉の祭り(御頭祭)も注目されるべきものです。縄文人の息吹を感じさせる、謝肉祭的祭儀については、江戸時代の旅行家・菅江真澄が旅行記にスケッチ入りで紹介し、守矢資料館に一部再現展示(http://mummymummy.blog.fc2.com/blog-entry-43.html)されています。

いいですねー

諸説あって楽しい☆

日本人は征服もされてないし、いろいろ受け入れてるんですね。
EGなど「百済族が征服した!」とかほざくし。
日本書紀は7回改ざんされている!とか言うくせに日本書紀が重要だ!とか、ありゃ、やっぱアカサギだわ

そうそう、わしはアベッチが百済族でもいいんだけど、どーやら、百済族はタミが飢えても気にしないようなんで、そんなのを祭り上げちゃダメだろ。

はやくシベリアに逃げたいわ〜

>ロングネックレスを幾重にも袈裟がけにしたり、ティアラ状の額飾り、上腕の腕輪、手首のバングルなど装身具のオンパレード

 ありぁ、それは出会ったときのうちのかみさんだw おまけに日本語か英語かわからんような早口でしゃべるし。 この人、いったいなんだろうと訝しんだものだった。 まさかあとで結婚する羽目になるとは・・ さすがに額飾りまではつけてなかったので、なんとかw

これは縄文人骨のY染色体から、
D2遺伝子が抽出できたという事ですかね?
なら良いんだが、
未だ抽出もできずにノルマに押されて、
従来説を繰り返してるようにも見えんでもない。

三島にあるんですねw

ネタは去年のこれ↓ですかね
A partial nuclear genome of the Jomons who lived 3000 years ago in Fukushima, Japan : Journal of Human Genetics (2017) 62, 213–221 (2017)
Published online: 01 September 2016
https://www.nature.com/articles/jhg2016110

プレスリリース概要 2016.09.01
『縄文人の核ゲノム配列をはじめて決定〜東ユーラシア人の中で最初に分岐したのは縄文人だった〜』
https://www.soken.ac.jp/news/30232/

単行本を今年の10月に出したから記事は宣伝みたいだけど、もう品切れw
https://www.amazon.co.jp/dp/4309253725

そんな事よりwシンギュラリティーだっちゅにwwww

>三島にあるんですね

通称「遺伝学研究所」です。
アレが「大学院大学」だというのを、地元の人は知らないw

>現今では「おんばしら(御柱)祭」ばかりが著名ですが、四月の酉の祭り(御頭祭)も注目されるべきものです。

【御頭】中世には氏人や信仰者が輪番で祭事の費用・労役を負担し、これを「頭番役」または「頭役」と称し、この祭事を「御頭」と言った。 (諏訪市史編纂委員会『諏訪市史』)

・・・その時代によって御頭祭(酉の祭り)の名称、内容が変化しています。ミシャグジにまつわる「一年神主」はトテモ興味深い。

1) 殺害口碑説・・・諏訪の郷土史家・今井野菊氏、神使(おこうさま)殺害の「口碑」を伝える「ミシャグジ神」の研究の大家。

2) 柳田國男の神主殺害説・・・御頭祭など柳田國男が『一つ目小僧その他』で言及した事例と深く関わる。(柳田國男は、各地に残る片目の神や片足の神の伝説から、かつて祭を行うごとに神主を殺害した習俗が存在したと主張。)

3) 一年神主に関わる言説の流布・・・任期を終えた神官が次の神官が決まると同時に人身御供として殺されるという「一年神主」の伝承も残る(あくまで伝承)。

・・・その昔『五十六億七千万年の孤独 摸捫窩のジオログへようこそ』のブログがあり、「汝、神の眷属とならん」諏訪のミシャグジにまつわる⇒一年神主の「伝説」を解説されていました。

>かつて諏訪上社の御頭祭の後に、県廻儀礼の中心となる児童が神域で殺害されたという「口碑」です。この児童は神使(こうどの/おこうさま)と呼ばれ、厳重な物忌みの後に儀礼に参加します。古くは神長の子(大祝そのものだったと主張する人もいます)が勤めましたが、時代が下るにつれて下級の家柄の者が勤めるようになったといいます。そしてその神使は御頭祭の夜に密殺されたという「口碑」が存在するというのです。

>また、これに関連して、神殿において殺された者は神直系の人間として生まれ変わることが出来るという「口碑」もあったといいます。さらに、神使を縄で柱(杖)に縛り付け、「馬から落とした」とか「打擲の体をなす」など、神使を虐待したらしい古記録が残っていること、そして馬での古道を廻る向きが所謂「葬式廻り」であること、「物忌令」中に社内で人死にが出た場合の記述がある。

・・・「神使殺害説」は否定される事も多く、一年神主は、あくまで一年ごとに交替で祭祀の責任者を勤める制度のことで、頭屋などとも呼ばれ各地にあった説が有力です。

【 The ONTOHSAI festival in Suwa Taisha Shinto shrine (1/2) 御頭祭 】

https://www.youtube.com/watch?v=EviBftk-2p0

有り難うございます。神使殺害説は、慥かに旧来の神道家には「ウケ」が良くありませんね。ともあれ、ここらへんの話題と埋もれ掛けていたミシャグジをほじくり返した今井野菊女史は、一人でたいへんな分布調査をされ、後学に裨益するところ大です。野次馬大人が仰せの「長野県から東日本にかけて、まだ痕跡が残ってます。」も、彼女のような在野の篤志者がいなければ明らかになっていなかったはずです。

古い、神事なんて生贄が基本なんじゃないの?
ある意味、人殺しを正当化するのが神事ってヤツじゃないの?
その行為をオブラートどころかwwwアルミホイルに包んで神格化してるのが長州明治神道じゃね?www

能動的な殺人から、事故死(期待)による生贄への変遷が御柱じゃね?
今の倫理観で綺麗事を言ってもしょうがないよね?

そんな意味では、最後の長州神道の生贄に、安倍晋三は相応しいのかもね?www麻生太郎と小泉の倅とセットでwwwwwwww

>塞の神
諏訪大社が諏訪湖を囲む4つの神社から出来ていて、その諏訪湖が中央構造線と糸魚川静岡構造線の交点で、文字通り「境界を司る」神様だそうで。

諏訪大社は、日本で唯一、動物の生贄を捧げ物とする神様だそうで、神官の子供が生贄だったり、後世それが動物に置き換わったりするあたり、旧約聖書の「イサクの燔祭」そのままだったり。
また神官の家系がモリヤと名乗る一族だったり。
古代ヘブライ研究者が泣いて喜ぶ因縁が多い土地柄ですね。

 イサクの燔祭にモリヤ・・
 
 そりゃ泣いて喜び松ねw

(ドーム内部にある聖なる岩@エルサレムのシオンの丘の岩のドーム=エルサレム神殿跡)
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/45/The_rock_of_the_Dome_of_the_Rock_Corrected.jpg/616px-The_rock_of_the_Dome_of_the_Rock_Corrected.jpg

(岩のドーム)
「ユダヤ教において「聖なる岩」は、アブラハムが息子のイサクを神のために捧げようとした台であるとされる(イサクの燔祭)」
「岩のドームを現在の場所から取り除いた上でその場にエルサレム神殿を再建しようとする運動すら存在している」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B2%A9%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0

(モリヤ)
「ユダヤ人の伝承では、ソロモン王が神殿を建てたエルサレムのシオン山がモリヤであるとされている。歴代誌では、「エルサレムのモリヤ山上」と言われている。さらに、アブラハムがイサクをささげようとしたのが、オルナンの打ち場だと言われ、今日、「聖岩」といわれているものが存在する。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%83%A4_(%E8%81%96%E6%9B%B8)

 ・・トランプのエルサレム首都発言で中東がきな臭くなってますが、その争いの核心のそのまた核心がまさにこれですね。

 そんな遠い中東のいさかいに諏訪が巻き込まれなきゃいいですが、何とイスラエルの陰がw

「御頭祭の資料が展示されている守矢(もりや)史料館に着きました。まずはお勉強です。
 到着すると、先に着いていた他の面々は、まだ史料館の外で待機中でした。どうやらVIPが訪問中の様子。・・・
 さて、中からVIPが出てきました。なんと! そこにいらしたのはイスラエル大使御一行様。私たちと同じく、御頭祭の前にここを訪問されたようです。
 ユダヤの方々が訪れているということは……御頭祭にまつわるユダヤのお話は、ただの都市伝説ではなかったのかもしれません。」
http://www.gentosha.jp/articles/-/8096

聞いた話ですが、パズルのピースを予定の完成図にあてはめるプロが、じつは自分こそが猿と人のミッシングリンクだといった人がいるそうであります

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山