そうね 誕生石ならルビーだわ

| コメント(25)
カシミール地方でルビー、というんだが、カシミールは昔、「カシミール・サファイア」という素晴らしいクオリティのサファイアが採れたので有名で、もっともカシミール・サファイアは資源が枯渇してもう採れません。100年以上前に採られたモノしかないので、市場に出て来たら天文学的な値がつく。サファイアが採れるんだから、ルビーも採れるだろう。写真を見たところ、岩の合間に挟まった状態の一次鉱床みたいで、採掘は大変そうだ。

カシミール(Kashmir)地方のパキスタン実効支配地域に住む人々は宝箱の上に座っているといっても過言ではない。5億ドル(約570億円)相当の価値があるとされるルビーの鉱脈が、彼らの下にあるからだ。
 だが、古い道具や設備への投資不足、技術不足が、同地方を宝石産業における重要な存在に変貌させることを妨げている。
 カシミール地方のうちパキスタンが実効支配する地域には、鉱山と採掘調査用地がそれぞれ1か所ずつあるだけだ。しかしこの地域には、地質調査によって40トン以上に相当するルビーと、推定50トン近くに上る資源が眠っているということが判明した。
 しかし、荒涼とした地形と、領有権をめぐって対立が続くインドとの境界に近接した場所での採掘に対し、民間企業は消極的だ。

カシミール地方というのは、インド・パキスタンが領有権をめぐって揉めていて、中国とも国境を接しているので、ややこしいw 宝石のバイヤーというのは、腹巻きに現金収めて、こういう土地を巡るw 命知らずの漢の仕事だw 宝石が採れるのは、例外なくこうしたアヤシイ土地で、バイヤーがジャイプールに持ち込んで、宝石市場に出てくるw おいらもそうした原石系の宝石バイヤーとはずいぶん付き合ったが、腹の座った、良い漢ばかりですw 自分の命を掛けてショーバイやってるヤツは、目つきから違うw

_DSC1902_300.jpg 5500円(税・送料込み)
<マルヤス延命酢 900ml×6本>

お得な6本セットです。健康に良いというのでお酢を飲む人に絶大な人気なのが、近藤酢店の「延命酢」。ミカンから作るお酢です。静岡市の小さな工場で作られています。4倍に薄めてドリンクとして飲む、というのがポピュラーです。

豆州楽市がお届けします。
【パキスタン】岩の中に眠る大量のルビー、掘り出せない理由は? 5億ドル(約570億円)相当のルビー鉱脈とほかにも地下資源 、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
-----------------------
あーコレってシナチクが狙ってたヤツか
-----------------------
つ採掘コスト
海底資源の話で2ちゃんで教えられたから知ってた。
-----------------------
どんな宝石も掘っただけじゃただの石ころだ
市場を取り仕切る財閥を通さなけりゃな
-----------------------
あの辺の連中に金持たせるとろくなことがないからそのまま放置しとけ。
-----------------------
ルビーだけで5億ドルって相当だぞ
一応パキスタンはイギリス連邦加盟国だし英国王室に貢ぎ物として渡せば
-----------------------
資源国ほど豊かでないってのはなんなんだろう。
カネは商業が作り出すってことなのかな。
-----------------------
↑掘ってるだけで金が儲かるからその他の産業技術が発展しない。
-----------------------
ルビーじゃちょっとなあ。
これがサファイアならやる気になるんだろうけど。
-----------------------
↑ルビーのほうが希少なんじゃなかった?
大きい石が取れない。
-----------------------
そうね
誕生石ならルビーだわ
-----------------------
誕生石プレゼントされて喜ぶのは、四月生まれと七月生まれだけ。
それ以外の生まれはダイヤかルビーじゃないと喜ばない
-----------------------
↑俺はルビーよりサファイアの方がいい。というか両方ともコランダム主成分で化学組成はほぼ一緒
-----------------------
↑昔、化学の先生が、ルビーとサファイアとエメラルドは、いとこ同士 みたいなもんと言っていたのを思い出した
-----------------------
サファイアとオレンジ色の宝石が好きだな・・・
ゲーム内でしか手に入れた事ないけど(白目)
-----------------------
カシミールのサファイアなら価値があるが、パキスタンのルビーじゃなあ
-----------------------
資金が無いのなら、あのルーピー鳩山が大絶賛中のAIIBに資金を借りればいいだろ
その代わり確実に借金焦げ付かせて中国に鉱山を没収される無茶苦茶な返済計画を押し付けられるだろうけどw
-----------------------
サファイアとルビーはコランダムと呼ばれる酸化アルミニウムの結晶。違いは不純物による発色。
いとこ同士なのは酸化アルミニウムの結晶の一部がマグネシウムと置き換わったスピネル。
エメラルドはべリルなので赤の他人。
-----------------------
たくさん掘り出したら、ルビーの価値が下がってしまうから。
-----------------------
俺に返すつもりならば捨ててくれ
-----------------------
オレはエメラルドが欲しいよ。
見ていて落ち着くからなぁ
-----------------------
この辺りは歩いていると普通に拾える
-----------------------
ちょっと昔(1970年代)ならレーザー兵器のコアパーツとして拳大のルビーをめぐって秘密結社スペクターと007が凌ぎを削って争奪戦を繰り広げる展開になるのにな・・・
-----------------------
パキ土人には不相応なものなんだよ
-----------------------

バンコクのニューロードには、こうした原石系ブローカーの集まる宿があって、ロシアがアフガニスタンでドンパチやってる時分、アフガニスタン人が貴重なラピスラズリの原石をトン単位で持ち込んで商売やっていた。アフガニスタンではラピスラズリが採れるんだが、あの石をキレイに磨く技術がない。ラピスラズリをピカピカに磨く技術を持っているのは中国人だけだそうで、バンコクを経由して中国に運ばれ、そこで磨かれて香港市場に出てくる。宝石の産地をめぐる旅というのも、なかなか面白いですw

コメント(25)

>カシミール・サファイア

 矢車草(コーン・フラワー)の青・・
 
 日系人がとっちゃったのでもうダメではないかと言われてる村上春樹ですが、その小説はほとんど読んだことがないのですが(ネジ巻き鳥クロニクルの皮剥の頁だけ本屋で立ち読みしたことがあるw)、雑文や翻訳はなかなかのもので、じぶんにしては珍しくカネを払って「サリンジャー戦記」とか「ロンググッドバイ」の翻訳を読んだものですが、そこに瞳が矢車草の青という絶世の美女がでてきて、一度でいいから、そういう美女がカシミール・サファイアのネックレスをかけてるとこを拝んでみたいですw

>カシミール・ルビー

 なんか色がちょっとピンクっぽいような。 この手の色の石なら、本邦のマンガン鉱山にもゴロゴロ転がっていたものですが。

>そうね 誕生石ならルビーだわ
誕生石ならルビーなの
じゃないのがスゴイ違和感w

写真の原石はピンク味のレッドですね,ルビーです,決してピンクサファイアではないです。
非加熱でその色なら上等,ミャンマーでも非加熱でキレイなのは枯渇しかけでものすごい値段になってますから,パキスタンでルビーが商業ベースに乗ったら…
色石は産地によって色の違いがあるので

> たくさん掘り出したら、ルビーの価値が下がってしまうから。

価値が下がるのは加熱のものです。

自分はルビーよりピンクサファイアのほうが好きですが(若干安いし)。

そういや アフガニスタンにはエメラルドがあるらしいけど,爆撃で石がばらんばらんになっちゃってるとか聞いたことがあります。

宝石って,なぜか「ややこしい所」でとれるのが品質よかったりするようです,困ったことに。

カシミールサファイアは今ではアンティークジュエリーでしかお目にかかれないが、鉱脈が標高4000m級の山の中で採掘が極端に困難なうえ、掘り尽くしたらしい。
非加熱で高品質の大粒ルビーは恐らく色石の中では一番高価なもので、それが産出すれば目球が飛び出すような価格がつくだろう。
ところ寺尾聰の「ルビーの指輪」は銀座ジュエリーマキのCMソングで、プリンセスプリンセスの「ダイヤモンド」も同じ、当時のヒット曲は殆んどすべてがジュエリーマキのタイアップ曲だった。

カシミールルビーの母岩を見ると、純白の石灰岩の様なので、これはビルマのモゴック産のルビーと同じで高品質の宝石が出ます。
エメラルドもパライバトルマリンも高品質なものは母岩が石灰岩です。

カシミール地方かぁ・・・懐かしいなぁ。高校三年生の時に作文書いたら、インド観光局ご招待当選!確かにルビー売りつけられました。高校生になんてことするんだ!ハウスボートに乗ってのんびりしてたら、遠くで銃声がした。カシミール紛争のごたごたか?ボンヤリした高校生だったので、「生まれて初めての銃声だなぁ」なんて、思っただけでした。その時の体験を短編小説にして学習雑誌に応募したら、時計もらったよ。審査員は奥野健男で、「会話はとても面白いが、話の構成がダメ」とのお言葉をいただきました。構成がダメと言われては仕方がありません。小説は諦めました。今なら、「構成は有能な編集者が付けば、なんとでもなる」と思えるけどね。

カシミール産ルビーなら、米国宝石学会GIAの機関誌に散々出ています。ルビーの価値の序列からいえば、ビルマのモゴック産が最上位。カシミールサファイアといっても、マダガスカル産非加熱サファイアをつかまされた人も。また、日本で区別出来る人も少ないです。

カシミール産サファイアは、ペグマタイトに産出します。ミャンマーのモゴック産ルビーは変成岩の中。白くても母岩が違います。多分、詳しい人がバラバラと湧いてきます。

モゴック産ルビーの母岩付き画像がネットに一杯転がっているから見て御覧、みな白い石灰岩が熱で変成した大理石だから。

世界では最も権威のあるGIAのホームページでも「ミャンマー、ヒマラヤ、およびベトナム北部から産出されたような最も有名なルビーは、通常、大理石で形成されます」 と書いてあるが、GIAが間違っているのでしょうか。
石灰岩中には鉄分が少ないためにルビーが黒ずむことが無く、鮮やかな赤いルビーになる。

領有權と稱するがゆゑに多くが目の色を變へるのでは。採掘權と換言すれば支拂ふ可きコストとの兼合に思ひを致す事叶ふかと。日中兩國の懸案も。

映畫BloodDiamondを想起せざるを得なかつたりもする。
DeBeers社を告發する”educative”な内容であつたが。

カシミールは4年前、インド側から入ってカルギルまで行ったし、去年はイスラマバードを拠点にFATAの@k:0.%まで行ったが、実感としてパキスタン北部は今、急速に治安が改善してきている。
確かにマララ・ユスフザイさんは未だに母国での安全が確保できない為に、今も帰れないままイギリスかどこかにいるし、ペシャーワルではテロが散発的に起こってはいるものの、概ね周辺の村の急進的なイスラム指導者は追放され、国内の観光客が急増して、私が行った村は宿がどこも一杯だった。

マララさんの話は事実ではあるのだが、長年の紛争で地域全体が疲弊しており、主に外資が観光資源として開発しようとする向きが当時からあり、こういう記事が出てくるのもその流れだろう。
まあ、危なくないとは言わないし、おすすめするつもりもないが、ネットの情報が如何にデタラメか、行けば良く分かるwww

さらに言うと、GIAは米国宝石学会では無いから、ただの民間会社で正しくは米国宝石学協会。
世界で一番権威があると言ったのは皮肉も込めて。

ルビーは変成岩起源が最高、いいやつは黒みを帯びず、綺麗だったり。ひと昔か二昔前のタイなど玄武岩起源は鉄分を帯びる。黒みを帯びる。
カシミールサファイアはペグマタイト起源、石英質の白い中に出来る。それだけに特徴があります。
両方とも白色。GIAの機関誌は当たり前のことを言っています。
ま、こんなことを言っているとスッピンの美人しか認められない、というのと同じかも?

日本語では、ここ数十年いい文献がないので、近山晶の「宝石 小科学を科学する I」92頁の表を参照してください。
92頁にカシミールサファイアは長石質ペグマタイト、ビルマ、ベトナムなどは接触変成岩起源とあります。
両方とも白いから、色が綺麗で、たまには透明度も良いのが出来るんでしょう。

すみません、カシミールサファイアが石英質のペグマタイトと2つ前のコメントに書いたのは誤りで、近山晶によれば、長石質のペグマタイトだそうです。訂正します。そろそろ、お休みなさい。みなさん、産地はともかく、自分で満足のいく石を選んで下さい。

おいらが見た産地は、タイもスリランカも、河の砂利が堆積したみたいなところで、固まってないので、探すのは楽みたいでした。井戸を掘って、昔の河床から砂利をバケツで上げて、水で洗うだけです。色んな石が出ます。

そうらしいです。タイもスリランカもそうだと。雪崩を恐れて、探しに行くところは例外でしょう。

DE BEERS、日本から撤退しちゃったんだよね。
https://www.youtube.com/watch?v=VHxDb-Ry05Q
「Diamond is forever」、「ダイヤモンドは永遠の輝き」「スイートテンダイヤモンド」
昔は広告力がすごかった。

https://www.youtube.com/watch?v=8-X_J36zxeg

最近は、ダイヤはダイヤでも、石でなく花のダイヤモンドが売れていると聞く。
ダイヤモンドリリー。東京オリンピックのブーケに採用されるというウワサ。

ふんふん、6月まばゆい陽の下でコート着てるような暑苦しいやつとはつきあいたくねーな。
そもそも、赤いのがルビー、その他の色がサファイアと言われたが。
レーザーロッドは合成品で透明だったけど、ルビーって言ってたな。

透明といえば、透明アルミニウムだな、クジラも飼えるし。
オキアミでなく、サクラエビを餌にすればクジラの色揚げもできるのか?
水槽もだんだん赤くなってくるか?
夢があって、いいのぉ

 ヴェトナムからも大理石の中からルビーとかサファイアが見つかったらしい。 トゥルマリンやペリドット(貴橄欖石)の大きなルースも。スピネルも取れるので騙されないように(ちなみにエリザベス女王の王冠のブラック・プリンス・ルビーはスピネル)w
https://www.gia.edu/gems-gemology/wn13-long-gemstone-mining-vietnam
https://en.wikipedia.org/wiki/Pargasite#/media/File:Spinel-Pargasite-Marble-66637.jpg
https://en.wikipedia.org/wiki/Black_Prince%27s_Ruby

 このGIAの記事には書いてないけど、母岩は、いわゆるスカルンではなかろうか。 小学生のころ近くの石灰岩がスカルン化してるとこに石ころ探しにいったことがあったが、きれいな石ころというと、せいぜい薄緑色のベスブ石くらいだった。

 ちなみにベスブ石をひろったのは、うちの持ち山から6、7キロのとこだが、うちの山から何かでてこないかなw

以下の全宝協のレポートにもカシミール産ルビーの母岩が大理石(結晶質石灰岩)とはっきり書いてあるようです。
ttps://grjapan.ddo.jp/gaaj_report/2004/kan_2004_07-01.html

ルビーを含めほとんどの宝石がマグマ由来だが、マグマが地中深くでそのまま固まればペグマタイトが、石灰岩中に貫入すれば大理石が母岩となる。
ペグマタイト中では不純物が多く色も透明度も良くないものが多いが、大理石中に析出したものは不純物が無く鮮紅色のルビーが出来る。
だからGIAも全宝協もカシミール産のルビーは大理石母岩だと言っているわけだ。
私も最初から屑石の話なんかしていない、宝石質のルビーの中でも高価なモノのことを語っていると思うが。

【 TVアニメ『宝石の国』OPテーマ「鏡面の波」ノンクレジット映像 】~フォスフォフィライト(phosphophyllite・燐葉石)リン酸塩鉱物に分類される稀な鉱物の一種~

https://www.youtube.com/watch?v=C9MuI4gfyiA

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山