「ガラッ茶」「ヒドリッ茶」

| コメント(5)


DSC01110.jpg

中村羊一郎という人の書いた本なんだが、著者は元静岡産業大学教授です。番茶研究の専門家。さて、番茶とは何か? 商品としてのお茶ではなく、農家の普段使いとして自家製で作られていたお茶です。庶民のお茶。各地に違った製法があり、千差万別。また歴史的にも時代によって違います。

51+2JOZHaPL._SX350_BO1,204,203,200_.jpg

番茶と庶民喫茶史 (日本歴史民俗叢書)
従来、茶文化の研究は「茶の湯」の文化や歴史を指していた。しかし「日常茶飯事」というように、茶は人々の暮らしの中で当たり前の存在である。庶民の茶(番茶)はいかなる製茶法で作られ、利用されてきたのか。茶の木のあるところ日本全国各地はもとより、中国やミャンマーなども現地調査。「食べるお茶」など、お茶の持つ独自の文化を探究する。
++++++++++++++++++++++++++++
静岡県では割と早い時期、明治時代には、輸出用に茶産業が合理化されてしまったので、それまで各地で作られていた多種多様な番茶は消えてしまった。輸出用に均一な品質の製品を作るには、家庭でなく、工場でマニュアルに従って作業をしなければならない。煎茶というのは生葉を収穫したらすぐに製茶する必要があり、小さな工場があちこち、茶畑のあるところならどこにでも作られる。いったん工場が作られると、自宅で製茶をする【番茶】が消えてしまう。製茶の機械化は大正期には完了していたので、わざわざ手間かけて自家用のお茶を手作りしなくなるのだ。ところが、その静岡でも、昔ながらの番茶が最近まで生き残っていた。

静岡県の大井川最上流部に、川を隔てて小河内と田代という二つの集落がある。(ともに静岡市葵区井川)。下流の村々が井川ダム建設によって移転を余儀無くされた中で、この二つの集落は古くからの景観を保っている。このあたりでは、少し前まで、日常のいわゆる飲み茶として、通称「ガラッ茶」とか「ヒドリッ茶」というお茶が作られていた。これは。その製茶の仕方から来た名称である。一番茶の終えた頃、残った新芽や古い葉も一緒に手でこきとり、熱した鍋か釜に入れ、カラカラになるまで箸で掻き回す。この、煎る動作のことを「ヒドル」ということから、ヒドリッ茶という言い方ができ、またガラガラと掻き回すことから、ガラッ茶という呼び方が生まれたと説明されている。

このお茶は、薬罐にいれて煮出すと黄色を通り越した樺色に近い色だが、香ばしくて美味しいといって、先年亡くなる前まで、自分で作って飲んでいた人もいた。

この製法と、これで作られる製品、実は、京番茶や三年番茶とほぼ同じです。ついでに豆州楽市の薪炒り番茶とも同じ。番茶の製法としては、ポピュラーです。ただ、「昔ながらの」というわけでもない。日本の製茶法としては、中世以降、むしろ近世に入っての、割と新しいやり方で、九州や西日本では中国から伝わったというので唐式と呼ばれる。そもそも庶民に「鉄の鍋、釜」が普及したのがそれくらい。それまでは煮炊きをするための「土器」しかなかった。なので、「煎る」のが難しく、「蒸す」方法が主流だった。そして今でも、日本のお茶というのは「蒸す」方法が多く、中国との違いを見せている。

コメント(5)

茶々入れてすみませんけれど 鉄鍋で炒ると鉄分がうつりませんか?

今は鍋でなく、どこの工場でも鉄製の釜でやっているんだが、それ以外の方法というのは誰も経験してないので、鉄分の含まれない味というのは誰も知りませんw まぁ、鉄分の補給で、貧血防止になるんじゃないですかw

 鉄分補給したら鐵観音w 

 冗談はさておき、家庭用なら焙烙(ほうろく)があります。 工場で使うのは無理だがw

(常滑焼の焙烙)
http://www.lupicia.com/shop/g/g41006001/

 土鍋同様、ペタライト(リチウム長石)を配合して直火でも割れにくくなっているそうです。

>明治時代には、輸出用に茶産業が合理化されてしまった

最近まで知らなかったんだが、カネの亡者で日本文化破壊者でISISもんの明治薩長クーデタ政府の弾圧で「釜炒日干茶」の製造が禁止された歴史があるんだねw
1883年だとかw

でも輸出しようとした「日本茶」は、インドやスリランカの紅茶に負けてしまって、10年ほどでピークを打ったのち国際市場から姿を消すことになったらしいww
味障のくせに欲張るからだww

釜炒日干茶って、生茶を440度の鉄釜で炒ってから日光干しして最後にもう一度釜で炒る製法

九州の釜炒り茶は嬉野とかだけど、茶葉を日影で風乾して自然に萎凋させてから(ココ重要)、鉄鍋で炒って、コモに広げて揉んで、また炒って、また揉んでを繰り返すのね

どちらも「香り」が特徴w

果実でも、日本で近年に品種改良されたものって、味だけ(糖度だけ)で、芳香は無視されてる品種がほとんどなんだけど、どこか共通している気がしますw

やっぱ明治薩長モンって下品で、嗅覚・味覚障害だったんかなww

釜炒り茶自体の生産量も少ないけど、釜炒日干茶の製品は更に少ないみたいね
https://mitochanara.wordpress.com/%e5%95%86%e5%93%81%e6%a1%88%e5%86%85/%e3%81%bf%e3%81%a8%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%ae%e8%8c%b6/%e7%86%8a%e9%87%8e%e9%87%9c%e7%82%92%e3%82%8a%e8%8c%b6%e3%81%84%e3%82%8d%e3%81%af/

さつまいもの屁臭が漂ってきそうな良コメントですねw
流石に文明の香りは一捻りしてるw

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山