「お茶を汲む」と言う。「煎茶」と言う。

| コメント(1)


DSC01091.jpg

「お茶を汲む」と言う。「煎茶」と言う。「汲む」というのは、どういう動作を言うのか? 汲むというのは、「液体をすくって取る」動作を言う。けれど、会社のOLは「お茶汲み」と揶揄されるんだが、鍋からお玉でお茶をすくって茶碗に注いでるわけじゃないですね。それなのに何故、「お茶を汲む」と言うのか。また、「煎茶」なんだが、今のお茶は煎じて淹れるわけじゃない。急須の中でほどよく抽出されたモノを、茶碗に注ぎます。こうした言葉から、かつての【お茶】というのがどういうシロモノだったのか、推測できる、という話です。

さて、番茶です。上級の煎茶というのは、春になって出てきた新芽を摘んで作る。一方で庶民が飲んでいたのは番茶。こちらは新芽ではなく、育った葉から作る。蒸して発酵を止め、乾燥させて保存する。番茶には急須なんか使いません。そもそも急須が出現するのは17世紀で、歴史的にはそんなに古くない。急須のない時代から、人はお茶を飲んでいた。日本の庶民がいつ頃からお茶を飲んでいたのか、歴史的にはほとんど判ってない。どうも、弥生時代には間違いなくあったらしい。縄文時代にあったという証拠はないんだが、茶樹というのは「焼畑農業」と密接な関係があるのだそうで、縄文末期には、既に日本に入っていたかも知れない。まぁ、少なくとも1000年以上は、急須のない状態で飲んでいた。鍋のお湯にひとつかみ番茶を放り込み、グラグラと煮え立たせて「煎じ」、火を止め、茶葉が沈んだら上澄みを「汲んで」茶碗に注ぐ。だから「煎茶」であり、「お茶を汲む」だった。江戸の街にはあちこちに「お茶屋さん」というのがあって、一杯いくらでお茶を飲ませるんだが、そういう店では、鍋にザルを沈めて茶葉を押さえ、ザルの中のお茶を汲んでいた。だから「お茶汲み」なのだ。茶樹というのは、関東以南だったらどこでも育つので、基本的には「商品」ではない。宇治の抹茶とか玉露のように、都会の貴族という特権階級に売るモノもごく一部あったんだが、基本的には自宅の庭先に生えている茶樹の葉っぱを毟り取って使うだけです。

コメント(1)

>日本の庶民がいつ頃からお茶を飲んでいたのか、歴史的にはほとんど判ってない。

あれ?小学生のころ、エーザイが中国から輸入販売したのが日本のお茶の始まりと聞いたのですが。

コメントする

最近のコメント

  • 匿名仮面あのにマスク: >日本の庶民がいつ頃 続きを読む






<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山