古樹銀針

| コメント(1)


_DSC2365.jpg

白茶とは何か? 日本人のほとんどが、飲んだこともなければ、その存在すら、知らない。歴史的にはお茶の原点で、1000年も前から、いや、もっと昔から、同じように作られている。もっとも原始的な製法で作られるお茶です。これは「古樹銀針」という雲南省で作られているお茶で、英語で言えば「シルバーチップ」なんだが、おいらが最初に白茶を買ったのは、スリランカのヒルトンですw スリランカもお茶の産地で、白茶も少しだけ、作っている。お茶摘みでは、通常、一芯二葉とか、一芯三葉とかそういう摘み方をするんだが、シルバーチップは芯だけを摘む。その芯を、日陰でゆっくりと乾燥させると、乾くまでの時間で萎凋作用で芽が発酵してお茶になる。もっとも、白茶の全てが芯だけで作られるわけではなく、一芯二葉で作られる白茶というのもある。要は、「摘んだ後は手を加えず、萎凋による弱発酵だけで作られたお茶」です。さて、その味なんだが、味というほどの味はない。肥料たっぷり与えてアミノ酸の旨味を作っているわけでもなし、発酵や焙煎で強烈な個性を作っているわけでもない。自然の、微細なミネラル分だけの味です。おいらみたいにタバコ吸いで、雑食で、薄汚れた舌では、最初は「なんだよ、これ」としか思えないんだが、飲み続けていると、その奥に、深いコクが潜んでいるのが分かるようになる。紅茶だろうが日本茶だろうが、良いお茶というのは、この、「コク」を持っている。アミノ酸の「旨味」とは違います。お茶とは何か? という、問いに対する回答が、この一杯にある。ほのかな植物の香りと、芳醇な甘さ。いつも飲んでいる水が、いきなり「甘く」なったように感じられる。もちろん糖分なんか含まれてない。子供は苦いお茶は嫌いなんだが、白茶は大好きで、グビグビ飲む。甘いからです。

というわけで、ネットゲリラのオフ会、ブルースハープのヒロキングが来ます。ライブ演ります。いよいよ今週です。美味しいお茶を用意して待ってます。





なお、予約というわけでもないんですが、茶菓子の準備があるので、一応、コメント欄に「参加希望」と書いていただけると有り難い。黙って来ると、菓子がないかも知れないw

8月13日(日曜日)午後3時から

場所は箱根西麓市場です。自動車バイクでお見えの方は、沼津インター下車、伊豆縦貫道の塚原・箱根インターで降りて、5分。電車でお見えの方は、三島駅南口からバスです。元箱根、山中行きのバスに乗車で、17分。「玉沢入口」で下車、そこから西麓市場は徒歩1分です。

コメント(1)

オフ会に参加希望です。よろしくお願いいたします

コメントする

最近のコメント







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山