揉捻の違い

| コメント(0)


_DSC2337.jpg

右と左、どちらもずしゃだちです。ただし、製茶の工程で違いがあるようで、先ほど紹介したヤツは葉が大きいままだし、揉捻も弱く、そのために抽出に時間がかかる。その代わり、何度でも淹れられます。左側は揉捻が強くて、割と粉砕化されている。そのために抽出が早い。最近はせっかちな人が多いので、短時間で抽出される粉砕化された深蒸し茶がはやりです。もっとも、左側のヤツも、揉捻が強いだけで、蒸しはあまり深くないので、味はあまり変わりません。山のお茶を濃く淹れて、苦くして飲むと、甘いお菓子と合って良いものです。

コメントする







<蔵元 田中屋本店> 三年漬梅干 
17-23粒袋入 ☆メール便送料無料
塩だけで漬けた梅干しです。添加物一切ナシ。豆州楽市でどうぞ


<落合ハーブ園> なんと贅沢な、国産無農薬ハーブだけで作られた入浴剤はいかがでしょう。無添加・無着色・無香料です。


<(農)友和組合> 明治時代から愛され続けた、熱海の元祖七尾たくあん三年漬 3本入りです。


<盛田屋> 太陽と風の塩 (完全天日塩) 1kgパックです。ミネラル豊富な駿河の海水を、太陽の熱と風の力だけで作り上げた天日塩です。
ネットゲリラのTwitter
ネットゲリラのfacebook
ポルノ雑誌の昭和史 (ちくま新書)
欧米人の見た幕末日本

伊豆マラソン2014/ノーカット版

伊豆マラソン2014

チャオチャオバンビーナ

草笛リズムマシンの奇跡

帆船ライブ/スイートメモリーズ

ネットゲリラの夏祭り

ルンミーブルースバンド

チョトマテクダサイ
戦場のテディベア
on the road
追悼・宇佐英雄/柳ケ瀬ブルース

アーカイブ

  通販専用水着屋さん
  帆船Ami号
  ずっと富士山